2017年7月8日土曜日

夏休み 13 日目 ~ Arlington Air Show

土曜日は Arlington で毎年開催している Air Show (航空ショー) に行って来ました。この Air Show は、デモ飛行を観に来るといいうより、自家用機 (特に自作の自家用小型機) のお披露目一大サマーキャンプみたいなイベントで、滑走路の傍の空き地が駐機場になり、カナダやアメリカ各地から飛んで来て (fly-in) 宿泊する人達は自家用機の横にテントを張って過ごすようになっていました。
この Air Show では、飛行機に触れるぐらい近いところに観客が近寄れるというところが、他の Air Show と違う醍醐味のような気がします。
展示してあるだけなのかな? と思って見ていると、「離陸するので離れてくださ~いっ」と係員の人がやって来て、周囲の人達を安全な距離まで移動させるのですが、アメリカ軍のヘリコプターが離陸する際には、強風で帽子が飛ばないように! との注意通り、プロペラがフル回転するとサングラス無しでは直視できないぐらい風と一緒に砂粒やら小石が飛んで来てちょっと目が痛かったです。
滑走路の両脇には大きなレンズが付いたカメラを構えた人や、家族連れなどが鈴なりになっていましたが、数メートル先で離陸する様は、そんなに飛行機に興味のない自分でもかなり見入ってしまいました(^^)
空港なのでとにかく日陰が全然なくて、暑い陽射しに耐えられなくなると、誰かの自家用機の翼の下で涼むという状態でした(^^;; ジャックは Leavenworth で買ったミニ扇風機付き水のスプレーボトルでせっせと水を吹きかけていましたが、これは暑い夏の必需品だと思いました(もう一個買っておけばよかったと思ったほど、重宝しています^^)
滑走路の横の広い空き地にはこんな風に自家用機が駐機してあるのですが、このミニジャイロコプターは色といい形といいカワイイな~と思いました。飛行機オタクな旦那によると、上のプロペラにはエンジンは直結していなくて、写真中央に見えるプロペラが回るとその推進力で上のプロペラが風を受けて回るのだとか... アメリカでは、こういうのも趣味のガジェットの一つなんだろうな~(スケールが違うな~)と思いながら見ていました。