2017年7月30日日曜日

バックログ消化 ~ 夏休みにおススメ、Olympic Game Farm

夏休みももう半分が過ぎ、残りあと一ヶ月となりました。今年は仕事に復帰してしまったせいもあり、平日は遠出できない状態なのが実に残念!、残り少ない週末に、山にも行きたいし、海にも行きたい! という気持ちでいる人も多いと思いますが、5 月末の連休中に行った Olympic Game Farm が実におススメなので、このブログを日々チェックしてくれているローカルな読者のみなさん用に、バックログ化していたブログのリンクを載せておきます(^^;;  メモリアルデー 3 連休: 3 日目 超おススメ、Olympic Game Farm

最近別な猫ブログの方ばかりを更新していて、こちらのブログの更新が停滞しているせいで、下書きのブログエントリだけが増え続けている状態ですが、猫の飼い主がドイツから戻って来たらぼちぼち夏休みのブログも更新予定です(^^;;

2017年7月28日金曜日

夏休み 33 日目 ~ Chick-fil-A 初体験 & もしかして Finn Wolfhard 本人?

2015 年の 4 月に Bellevue に Chick-fil-A が オープンして既に 2 年以上経ちましたが、最初の一年ぐらいは近所に住んでいるのに一度も店内に入るチャンスがないぐらい常に行列ができているお店でした。お店の前の渋滞があまりにもひどいので、警察官が入り口に立って交通整理をしなくてはいけない日々が続いていました。あれから 2 年。ようやく店内で食べる機会を得たのですが、うーーーーーん、これがそんなに丸一年も行列が絶えない味なのか?? についてはちょっと微妙な気が...
チキン専門店というと、ケンタッキーフライドチキン(KFC)の他に、以前シアトルの南にあるアウトレットモール(その昔 Super Mall と呼ばれていたモール)のフードコートに入っていたチキンのお店の二店を思い浮かべるのですが、Chick-fil-A はどちらかというと、そのフードコートに入っていたチキンのお店と同じ路線のチキンのお店でした。
旦那がレジで清算している間に、ジャックと2人で席を確保しに店内を見回していたら、お店の一角にある席に Netflix の人気ホラーシリーズ、Stranger Things の主役の男の子に瓜二つな男の子が、母親らしき人と座っていて、それがもぅどこからどーみても Finn Wolfhard 君本人としか思えず、失礼は承知で、意を決してご本人かどうか聞きに行ってしまいました(^^;; 「Excuse me... お食事の邪魔をしたくないのですが、もしかして、Stranger Things に出ていたのはあなたですか?」と聞いたら、母親らしき人が「いいえ、違います。でも、よく間違われるんですよ(^^;;」とのこと。うーーーん、他人の空似なのかーーー。それにしても似ていました。ちなみに本物の Finn 君はカナダのバンクーバー出身だから、隣接するワシントン州の Chick-fil-A にチキンを食べに来てもおかしくないような気がして、違うと言われても、もしかしたら本人かも??? と密かに思っていた自分でした(^^;;

2017年7月27日木曜日

夏休み 32 日目 ~ Best Cat Yoga Ever (*´ω`*)

(バックログ消化シリーズ =7 月から下書きフォルダに入ったままのブログを 9 月に入ってようやく公開^^;;) CuCu (キュキュ)がうちで暮らすようになって 2 週間以上が経ち、お客様気分も抜け、すっかりうちの子になったようなくつろぎぶりの CuCu。来た当時はあまりに太りすぎていて、ゴロンゴロンできずにいたのですが、うちにいる間に少々スリムに...なってないか(^^;;
CuCu がこのポーズのまま固まっていると、むしょうに一緒に Cat Yoga をしたくなるのは自分だけではなく、ジャックもサマーキャンプに出かける前の忙しい時間の合間を縫って CuCu のヨガクラスを受講中(^^)
両足伸ばしポーズから片足を曲げるポーズへ。毎朝、毎晩ブラッシングしているおかげで、なんともツヤツヤの毛並みの CuCu。
飼い主から CuCu のこの十字(クロス) に組んだ前足の話を聞いていたのですが、ホントに寝ている時とか、くつろいでいる時に前足を交差させている事が多い CuCu です。
CuCu のポーズに合わせてジャックも Cat ヨガポーズ。
 CuCu のゆっくりした動きに合わせて、ジャックも少しずつポーズを変えてみたり...(^^)
最後はこんな感じのポーズでフィニッシュでした。

やっぱり猫がいる生活は楽しさが違うよな~と思った夏休みでした(^^)

2017年7月24日月曜日

夏休み 29 日目 ~ Summer Ball 第 5 戦目 & 実際はかなり辛い「タッチ」な世界

夏の間、5 週間だけのお気楽野球も半分終了。夏がどんどん終わって行く感じなのですが、四球で出塁してホームに帰還するも、相変わらず三振を食らいまくって打点低過ぎな状態のジャック。コーチにも、このスランプを脱出するいい方法(おまじないでも何でも)、ないっスかね? と聞いたりしたほど (ちなみにコーチ曰く "バッティングセンター") との事でした。
これまでの試合を観ながら、ジャック同様にいまいち打撃がパっとしない子が数人いるのですが、そのうちの一人が、双子の男の子の一人で、見ているとちょっと切なくなってしまうのでした。この双子君達、実は去年も夏の野球 (Summer Ball) で同じチームだったのですが、今年自分の目に止まったのは、双子のうちの一人が黄色いヘルメットを被っていたからでした。黄色いヘルメットは、春のシーズン終了後にあるオールスター戦の選抜選手だけが被れるヘルメットで、明らかに双子のうちの一人はオールスターチームのメンバーに選ばれていた模様。二人のプレーを見ていたら、黄色いヘルメットの方は、ピッチャーもこなし、打撃もここぞという時にヒットを放ち、観客席にいる両親も満足気に見守っているのですが、もう一人の子の方は、ジャック同様、なんでそのど真ん中のボールにバットを振らないのだ~っ!!という感じで、三振になる度に両親から漏れる溜息が、まさに自分と同じ状況 (親よりも子供の方がガッカリしているのはわかっているのですが、つい ”惜しいな~っもぅ~” と思ってしまう自分)。バッターボックスから帰って来る打てない方の双子君を見ると、なんかもぅ~辛そうなのです。ジャックとの違いは、また打てなかったよ、パトラッシュ... と一瞬落ち込むものの、次の打順まではケロっとしている(むしろ、同じピッチャーのままだったら、次の打順に向けてもっと考えて欲しいぞ! と思う)のですが、双子君を見ていると、華々しく活躍する双子の兄弟のせいで、余計に落ち込む... といった感じ。ホームインして、嬉しそうに親と話す双子君と、三振でベンチにいる間、双子の一人が近くにいない時を見計らってお母さんとボソボソと話すもう一人の双子君。コーチも言っていたのですが、こういうのって運動能力云々よりも、精神的なものが大きくて、緊張せずにのびのびプレーできるかどうか、のその一点にかかっている事が多いので、他人事ながら、見ていてもどかしくも切ないな~と思うのでした。二人ともいい選手だと思うのですが、片方が少しだけ実力が上な故に起きるこの状況、「タッチ」のカッちゃんが長生きしていたら、だいぶ苦悩したんぢゃないだろーか? と... タッチのカッちゃんは、あまりにも良い子に描かれていましたが、読者的にはもっと人間臭いカッちゃんの姿も描いて欲しかったぞ (>あだち充) と思ったものでした。旧約聖書の時代から既にある、兄弟同士の競争心や葛藤(カインとアベル)のように、子供の頃に常に比較される対象が傍にいると、どちらか一人が伸び悩む結果になることは、ある程度避けられないのかもしれない? と思うのですが、その子達を育てる親にしても、かなり難しいんだろうな~と、思います。不妊治療が今のように一般的ではなかった時代には、滅多に見かけることがなかった双子達ですが、過去 30 年余りの間に、アメリカでの双子(以上)の出生率が 2 倍近くに増え、今や、赤ちゃん 30 人に一人は双子として生まれている (1980 年代は 53 人に一人の割合だったとのこと)という事実を踏まえると、今後双子を育てる親達はもっと増え、子育てにおけるこういった問題を抱える事も多くなるのだろうと思います。中にはラッキーな親もいて (うちの旦那の伯母さんがまさにその例) 双子の息子達はどちらも仲がよく、どちらも医学部を出て医者になり、30 代前半で、どちらも美人の女医さんを奥さんに持つという身近な実例もあり、双子だからと言って必ずしもそういう問題に直面するとは限らないようなのですが、さすがにスゴイなと思い、「How did you do that?」(どーやったらそんな風に子育てできるの?)とその伯母さんに聞いたら、「I don't know. I didn't do anything special.」(何も特別なことはしなかったわ)と笑いながら言っていました。その時一緒にいた双子のお父さんが、"高校生の時にサイエンス(科学なのか化学なのか? 微妙ですが)に興味がある、というから、家庭教師を雇ったら、その人が良かったんだよね" みたいな事を言っていて、どうやら、双子が医学部を目指すきっかけになったのは家庭教師のおかげだった模様?? 親であれ、他人であれ、子供の人生によい影響を与える人との出会いは大事なのかもしれない、と思いました。男の子の場合は特に、親以外で信頼できる大人がいるとよい、と子育ての本に書いてあったのですが、そういう点では、野球のコーチや、お父さん達、そして Cub Scouts のリーダーやお父さん達は頼れる存在になっています。ジャックも既に年齢が二桁になり、今後色々と難しい年齢になって行くだろうと思うと、自分ももっと子育ての本や記事を読まねばだな~と思います。

2017年7月23日日曜日

夏休み 28 日目 ~ 真夏の一本勝負、アライグマ vs. 猫 (;゚Д゚)

日曜日は午後からじわじわと気温が上がり始め、家の中の気温もかなり上がってこれはもしかしたら外の方が涼しいんぢゃないか? と思って裏庭に出たら、思った通り、既に日陰になっていた裏庭側の方はいい感じな気温だったので、急遽ハンバーガーでも作って元上司の猫も含めて夕涼みをしようと思ったら、いつも餌を貰いに来る近所の猫が裏庭に待機していたので、元上司の猫は家の中でも比較的涼しい一階で夕飯が終わるまで寝ていてもらうことに...
元上司の猫がうちに滞在するようになってから、近所の猫がやたらとうちの窓の外で寝ていたり、なんか目に見えないテリトリー争いでも展開しているのかもしれない? と思うほど、猫大集合な今日この頃... と思ったら、近所の猫の飼い主曰く、彼らの家にさらにもう一匹猫が加わり、その猫と以前からいる猫達の相性がよくないのだとか... 新参者なのにボス面で一番威張っているとのこと。
裏庭でバーガーを食べていたら、何やら垣根越しにガサゴソという音がして、見下ろすとアライグマの姿が! 通常夜遅くに現れるアライグマなのですが、日曜日は明るいうちからの登場に自分達もビックリ。でももっとびっくりしたのは、自分達と一緒にベランダでくつろいでいた近所のオレンジタビ―が、いきなり猛ダッシュでベランダから駆け下りて行くではないですか!
それを見て垣根の中へと逃げて行くアライグマ... 大きさからしてまだ子供のアライグマでした。親と一緒ではなく一匹で行動しているようなので生後 10ヵ月ぐらいなのかも? しれません。
そしてこちらが尻尾をピーンと立てて、ものすごい勢いでアライグマを追いかけているオレンジタビ―。木の下で戦っている音が聞こえたので、この後旦那がオレンジタビ―とアライグマの喧嘩を止めるために慌てて走って行きました。猫の心配をしているのかと思ったら、旦那は子供のアライグマの方を心配していた模様。これまでにもうちに餌を食べにくるアライグマ達のうち何匹かは顔に傷があったのですが、もしかしたらオレンジタビ―の爪で引っ掻かれたものだったのかも? という話を旦那としていましたが、猫とアライグマ、意外にも追いかけ回しているのは猫の方な模様。

さらに厳しくなった、よそ見・ながら運転禁止法施行にご注意ください!

今日からさらに厳しいルールが適用されることになった、Distructed driving law(州法)。ニュースをちゃんと見ていなかったり、「え? そんなの聞いてないよ~」と言っても後の祭りなので、ワシントン州内で車を運転するみなさん、是非新しいルールを念頭において運転されますよう!

え? 何スか? それ? という方のために... 以下の行為で警察に止められたら罰金です。二回目以降は罰金の額が二倍ぐらいに跳ね上がるので要注意です。

  • ワシントン州内では、運転中に携帯電話を片手に持った状態での通話は禁止です
  • 片手を使ってテキストメッセージを送るのもダメです
  • 信号待ちの間にスマホをいじるのもダメ
  • 車の中で運転車が食べ物を食べるのもダメ(バーガーを食べながら運転とかコーヒーを飲みながら...も、警察に止められたら罰金な模様)
  • 車の中でのお化粧直しもダメ(自分も時々リップクリームを塗ったりしてますがそれもダメっぽい)
スマホで行き先のアドレスを運転中に入力したりすることがあったのですが、そういうのもこれからはどこかに一旦駐車してやらねば、です。今回の車の更新で初めて保険料が下がったので(もぅ~十年以上高い保険料を払い続けて来て、そろそろ下がるかな? というあたりで一時停止無視で違反切符を切られたりして、保険料が全然下がらない生活を強いられてきた(← というと自分が被害者みたいに聞こえますが^^;;)ので、こんな所で捕まっては元の木阿弥... なので、運転中は極力両手でハンドルを握りしめるようにしようと思います。

あちこちのニュースでもやっていましたが、参考までに、Q13 FOX News のリンクです。 

2017年7月22日土曜日

夏休み 27 日目 ~ この夏一番のアドベンチャー!! スノコルミ川で川下り

 土曜日は朝 9 時に Snoqualmie River (スノコルミ川) の畔に集合で、ジャックが所属する Cub Scouts と、近隣の Cub Scouts だか Boy Scouts との合同イベントで川下りでした(^^) このスポットは自分達がよく釣りに行くスポットで、昨年ちょうど釣りをしていたら、川を流れて来る人やらペットやらで、釣りどころではない状態になった思い出の場所です(^^) その時に、白鳥の浮き輪に乗った若者達を見て、家族共々、楽しそう~!! と思ったものでした。
そんなわけで Cub Scout のスカウトマスターから、「川下り、やるよ~」のお知らせが来た時には、これはもぅ白鳥を入手せねば! と思ったものでしたが、庶民の味方、何でも売っていて何でも安い Walmart には Mega Duck と Mega Toucan しかなかったので、それを買ってこの日を楽しみにしていました(^^) 9 時集合で、それぞれ浮き輪やボートや Duck に空気を入れ、準備ができたら、ビーチでまずは安全確認と講習。
昨年ここで大学生達の川下りの様子を見ていなかったら、自分達もカヤックを持って来たと思うのですが、巨大ダックとオオハシを見て、子供達はおおはしゃぎで、親や別なグループのスカウトリーダーの人からも、ナ~イス(^o^)、やら Cool!! と人気でした。安全講習では、もし浮き輪やボートが破れた場合は、岸まで持って行こうとしたりせず、すぐに近くにいる安全なボートやカヤックに移ること! との事でした。
このイベントを企画したリーダーが、川下りの後で上流まで車を取りに行く際に言っていたのですが、Cub Scouts では白波のある川下りはダメ(Boy Scouts なら OK)という規定があって、実は反対されていたのですが、ここは穏やかな川で白波なんてないから Cub Scouts の子達も参加できるはずだ、とかけあってくれたおかげで実現したイベントだったとの事。みなさんのおかげでイベントも安全に無事終了して、本当にありがたく思いました。
スノコルミ川は流れが緩くて、携帯のカメラでは収めることができませんでしたが、比較的浅い所を鹿の親子が川を渡っている姿を目撃したり、日頃見る事のない鴨? の水上レースを間近で見たり、子供達にとってもこの夏一番のアドベンチャー&心に残る川下りとなりました。ちなみに、週末でよく晴れた日の午後には、この川を何百人もの人達が浮き輪で流れているのですが、自分達は朝一で川下りを始めたので、鹿にも遭遇できてラッキーでした(^^)
ところで、こんな楽しいイベントなのに、うちの旦那は数日後に皮膚がんの定期健診を控えていて(日焼けすると正確な検査ができなくなるらしく)家で留守番という、なんとも惜しい状態に!! こういうアドベンチャーはまさに父と息子のイベントにピッタリだというのに、またしても母子家庭状態。自分も子の手のアドベンチャーは大好きなのでよいのですが、Cub Scout や Boy Scout 系は ”おか~さんといっしょ” ぢゃなくて父と子がしっくりくるんだけどな~
このブログを見て、スノコルミ川で水遊び、または川下りをして遊んでみようかな? と思う方用への情報ですが、週末はかなり大勢の人達が浮き輪で川下りを楽しんでいます。一番下に紹介がてら写真を付けてありますが、浮き輪のレンタルと送迎(川下の駐車場に駐車して、上流まで送迎してもらって、そこから川を下って駐車場近くの河原まで戻って来る模様)サービスもあるので、浮き輪持参じゃなくても楽しめます。
小学生の高学年ぐらいで、泳げる子だったら、ライフジャケットを付けていて、大人が近くで監視できる状態での川下りだったら全然問題ないぐらいの緩い川の流れです。所によっては非常に浅く、子供の膝ぐらいの水深しかない場所もあります(ゴムボート系はそこで結構底を擦るので注意) 水温は暑い日だったら気持ちよく感じる冷たさですが、気温が低めの日に泳ぐのはおススメではありません。
逆に暑い日の場合には、川下りでほぼ日陰のない川の上を流れて行く(時々川岸にボートを寄せて休憩もしていましたが)ので、暑い時には川に飛び込んでクールダウンするのも気持ちよいです。今回のイベントでは、川下り中に流れがほぼ止まっているような場所で泳ぐのを許可するかどうかは保護者の判断に委ねられていましたが、かならず浮き輪やボートが近くにある場所か足が付く場所で泳ぐようにしていました。
ところでレンタルサービスですが、レンタル料一回で、自分達が持参した Duck が一個買えるぐらいの値段だと思うと、自前の浮き輪類を持って来る人達も多いのですが、その人達の多くは若い人達(学生、または社会人) の一行で、Discovery Pass が必要な正規の駐車場ではなく、ビーチ付近に路駐している人達もたくさんいます。駐車場が満杯の場合もありますが、Discovery Pass を購入して、正規の駐車場に止める事をおススメします。車が二台、もしくは二家族以上のグループで行くと、上流に車を一台、Fall City の分岐点近くの駐車場に一台止めておくと便利です。二台車がない場合ですが、浮き輪のレンタルサービス屋さんが、シャトルサービスも提供しているので、それを利用する手もあります。

今回、このイベントを企画したリーダーが、入念にリサーチをしてくれていたおかげで、自分達は Boat Launch から出発して、Fall City の分岐点に出る手前にある、Public Fishing Access 用のエリアに予め車を何台か止めてあり、川下りの一般客達と同じ場所で混雑しないようになっていてよかったです。

川の流れほぼ全体的に緩いのですが、途中 2 ヶ所ほどハイライト的な場所(比較的流れが速い部分)があり、そこは小学生には大冒険的な川下りスポットでした(^^)
興味のある方は、こちらの Youtube ビデオをご覧ください。楽しいはずの川下りが、悲惨な水難事故にならないように、ライフジャケットは大人も子供も必ず着用する事をおすすめします。

2017年7月21日金曜日

夏休み 26 日目 ~ この夏一番のアドベンチャー^^? に向けて準備・点検中

近隣の Boy Scout 支部とうちの Cub Scout 合同の川下りイベントを翌日に控えた金曜日の夜。Walmart で買っておいた Mega Duck (巨大ダック、メガダック)と Toucan (オオハシ) を箱から出して穴が開いていたりしないか点検しようと思い、夕飯の後に外で膨らませてみたのですが、デカっ! 大人用サイズとは書いてありましたが、こんなに大きかったとは(^^! ちなみに Walmart で $25 ぐらいで売ってます(^^)
子供だったら 3 人ぐらい、大人も、小ぶりな人だったら二人でも十分に乗れそうな大きさでした。ことの他大きかったので、空気をいれるのにも時間がかかり、結局日没前にジャック用のダックと自分用のオオハシを膨らませることができなかったので、オオハシの方は明日ぶっつけ本番ということに... 多分大丈夫だとは思いつつ、事前の安全点検は大切だよな~と一抹の不安を抱きながらも翌朝早い時間の集合なので、車にメガダックやオオハシやライフジャケットなどを車に積み込んで前日の準備・点検を終了。土曜日はジャックにとって人生初の川下り!

2017年7月19日水曜日

夏休み 24 日目 ~ Summer Ball 第 4 戦目 & 猫がいる風景(^^)

なんと、夏休みももう 24 日目!! 今年は全然ブログの更新が追いついていませんが、ボチボチ更新しながら夏休み中の思い出を書き残しておこうと思っていますが、水曜日はジャックは朝から市内の小学校でサマースクールで、夕方は夏のお気楽野球。暑い日が続いているものの、夕方から近所のグラウンドでやっている試合観戦に行くと日陰だと肌寒いぐらいな気温です。
夏の野球(Summer Ball)はトーナメントではないので、基本的にコーチも、そんなにガツガツ勝ち抜かねば! という感じではなく、みんなで集まって野球をしよう! 的な感じなのですが、それでもホームでアウトになった子がヘルメットを投げて目には涙を浮かべていた姿に、おぉ~っ! と思った自分でした。ちなみにその泣いていた子はかなりプレーが上手な子でした。ジャックはいまだにバッティングではスランプ状態から抜け出せず、ちと残念! でも試合を終えて家に帰ると猫と戯れる生活満喫中(^^)
牛みたいな黒白のデブ猫ですが、動きは猫らしく機敏で、ジャックと旦那から、"チャビネーター" (Chubby + Terminator" の造語)というニックネームを付けられたりしていますが、性格のよい猫でしかも意外にも賢い猫で、家族みんなのお気に入りとしてかわいがられています(^^)

2017年7月18日火曜日

夏休み 23 日目 ~ 宅配ディナー@友人宅 & 健康メモ

火曜日の夕方はジャックと一緒に仲良しの友人宅へ、会社の Potluck Party でも好評だったライスヌードルを持って宅配ディナーでした(^^) 前回遅めの誕生祝いをした時に会って以来なので、約 3ヶ月半ぶりの再会でした。4 月に会った時にはまだ 2 月の入院時の後遺症的的症状があり、やや舌に違和感があった時期でしたが、最近はほぼ全快と言える状態にまで回復(^^)   
5 ヶ月弱、会社で無料の朝食、昼食、スナックを食べ続けているうちに、産後の体重ぐらいにまで太ってしまった事を除けば、割と健康な生活を送っているのですが、メタボリズムの低下による最近の中年太りぶりは、かなりヤバく、ライスヌードルなんぞ食べている場合ではないのですが、そうめんとはまた違った夏の冷麺シリーズとしてはかなりおススメなライスヌードルで、今回も 赤、黄、オレンジのピーマンを麺の上に乗せて出来上がり。
デザートはレモンクッキー&バニラアイスに元上司の旦那さんの家庭菜園で栽培中のミントを添え、あとは、うちの旦那が "Next Big Thing" と言うほど気に入っている、Fanta Orange Zero(ゼロカロリー版のファンタオレンジ)と Blue Moon Beer のビアカクテル= inspired by Red Robin の Blue Moon Shake を作って試して貰いましたが、Red Robin は子供と一緒に行くファミレス系ではかなりいい線行っている気がします(^^) 最近元上司のデブ猫を家で預かっている話やら、彼らが夏休み中に計画している旅行の話など、お互いの近況などを話している間、ジャックは iPad で Jim の似顔絵を描いたりしているうちにあっという間に日が暮れてお開きとなりました(ジャックは毎日サマースクールがあるので、平日はなるべく夜更かししないようにしているので、午後9時頃には友人宅を後にしました)。

2017年7月15日土曜日

夏休み 20 日目 ~ CAR WASH & レッカー移動(別名ドナドナ) の巻

(このブログも気づいたら丸 2 ヶ月下書きフォルダに入ったままでした^^;;)
こういうちょっとした子供関係の思い出は書き残しておきたいネタなので今更ながら公開ですが、思い起こせば、今年の夏は本当に暑かったです。炎天下の中、いつもジャックを小間使いのように使っている旦那が、例によって例の如くジャックに「ダディのお手伝いをして小銭を稼ぎたくない^^?」と持ち掛け、今回は洗車をさせられていたジャック。
うちではジャックが生まれてからというものこれまでに毎月のお小遣いをあげる、ということが全くないまま 10 年経ってしまいましたが、旦那が怠け者なので、ジャック的にはビジネスチャンスらしく、せっせと手描きで洗車の料金表を作っていました。Brown Bear Car Washのロゴを拝借してジャックとベアの洗車サービスのチラシ作りをちょっとだけお手伝い(^^)
ジャックが旦那の BMW を洗車している間、旦那は冷房が効いた部屋で自分だけテレビを見ていて、それって父親としてど~なの~(まったくもぅ)と思うのですが、ジャック的には短期集中アルバイト的なノリらしく特に苦にならない模様。ジャックの手洗い洗車の後、その車で出かける予定だった旦那なのですが、車のソフトウェアのエラーでエンジンがプスっとも言わない状態でまったく動かず(天罰かも^^?) AAA のお世話になることに...
アメリカの AAA は日本の JAF みたいなもので、自分ももう 20 年ぐらい会員なのですが、滅多にお世話にならないけれど、本当に必要な時にはものすごく頼れるサービスの一つです。完全にワンオペながらも、子供にもできるぐらい簡単なボタン操作で、みるみるうちに車を荷台に乗せて BMW ディーラーへと運んで行ってくれました。この日ドナドナ状態になった旦那の 6 Series ですが、後日ちゃんと治って帰って来ました(約一ヵ月後に新たなオーナーの元へ売られて行くことになるとは、この時点では思っていなかった 6 Series でした... つづきはそのうちアップします^^;;)

2017年7月12日水曜日

夏休み 17 日目 ~ 家に帰ると猫が待っている生活(^^)

火曜日からうちに滞在中の元上司の猫。一日経って自分にはかなりなついてくれて、名前を呼ぶとどこかに隠れていても出て来るという扱いやすい猫であることが判明。動物は飼い主に似る! と思うのですが、元上司もかなり性格の良い人だったので、猫もそうなのかもしれません。世の中には名前を1万回ぐらい呼んでも出て来ない猫もいるので、よそ様のおうちに置き去りにされてもちゃんと名前を呼ばれると出て来るこの子は、自分の基準から言うとかなりいい猫の部類に入ります(^^) そんなわけで長らく猫がいない生活でしたが、家に帰ってドアを開けると階段の上で猫が待っている! というだけで楽しい気分を満喫中!

実はこの子を預かったと同時に、ドイツにいる元上司(とその家族)がいつでも猫の様子をチェックできるように Web サイトを作ってあげて、バックログが溜まる一方でそちらの方は毎日更新中という、完全「浮気モード」。このブログを日々チェックくれている皆さん、ごめんなさい~。Google Analytics で訪問者のデータを見る度に、こっちも更新しなくては~と思うのですが、すっかりバックログ化が定着していて申し訳なく思っています(ネタだけがどんどん溜まるのですが、だいぶ挫折して未完に終わったネタもアリ)生き物を預かるというのは、やはり預かる側も預けた側も心配なので、近況は知りたい(知らせてあげたい)、でも、メールで写真を送ると、いつもメールが受け取れる場所にいるわけではない場合(休暇中なのでさらにヨーロッパを旅行中)やら、重たい写真付きのメールが毎回届くのもアレだし、何と言っても近況を送る側の自分も、いちいち季節の挨拶とか一言、二言何か適当な文面を書くのも面倒... ということで、Web だったら写真だけアップしておけば出先で公共のコンピュータなど、どこからでもアクセスできて便利な上、ログインが必要なサービス(FB、Pinterest、他 SNS) は利用していないので、元上司が気軽に彼女の家族や友人達に URL を紹介できるようにしています。サイトを見るのにアカウントを作らないといけないようなサービスは、お年寄りには面倒な事が多いのでなるべく避けるようにしています。さて、自分のブログですら常連のリピーターの皆さんよりも、新規の訪問者の方が断然多い(誰がこんな個人のブログを見に来るのだろう? と毎回思うのですが^^;;)ので、新たなブログも知らない人達が見に来たら厄介かもしれないと思い、猫ブログの URL は会社の同僚と元上司ぐらいにしか送っていない(+広告表示もしていない)のですが、それにもかかわらず、既に結構なアクセスがあり、インターネットってすごいな、と。そのサイトでは(このサイトでは長らく非表示にしているコメント機能ですが)元上司の家族や、友人も気軽に使えるよう、匿名のコメントも許可しているので、サイトやコメント欄が荒らされないよう、秘密のサイドプロジェクト的に進行中です(=浮気中^^) でも猫ネタはこちらのブログにも今後投稿予定なのでお楽しみに!

2017年7月11日火曜日

夏休み 16 日目 ~ なんというデブ猫! & 長身の旦那に怯える猫

Facebook に投稿した写真をご覧になった皆さんもいるかと思いますが、鼻にハートマークのある猫が今日からうちのゲストとして滞在中。うちにある猫用のブラシでブラッシングしてあげたら、かなり自分にはなついてくれたのですが、旦那が仕事から帰って来て、旦那を見上げるなり、猛ダッシュで逃げまどい、その旦那を見上げる姿の怯え具合がかなり可笑しくて笑ってしまいました。

自分のコンピューター用のデスクの下に入り込み(一年ぐらい掃除機をかけていないエリアなので、埃まみれになっていないかと心配でした)なかなか出て来ないので、カヤック用のオールでジリジリとお尻を押して机の下から引っ張り出したのですが、抱えてみたらなんというデブ猫! 顔が小さいから(体に対してかなり小顔なので)、まさかこんなに太っているとは夢にも思っていませんでした(*´Д`) 旦那が猫を捕まえて抱き上げた時に「うわ~、Mr.W の全盛期より太ってる! 太り過ぎだよこれは!」と言っていて、だから餌は朝、夕二回で、ちょっぴりで OK だと言っていたのか... と今更ながら思いました。

ちなみに、雄猫にしてはかなり賢い猫で、No!(ダメ) や、一階に下りて隠れないで! のような事を英語で話かけると、ピタっと止まってじーっとしていて、お座り! がわかる犬のような猫だな~と思いました。

2017年7月10日月曜日

夏休み 15 日目 ~ 顔合わせに行ったはずずぶ濡れで帰宅... の巻

怒涛の金曜日の後、もしかしたら休暇の予定が変わってしまうかも? という一抹の不安はあったものの、この夏母国に休暇で帰るという元上司宅へ、夕方ジャックを連れてお邪魔して、彼女が帰省している間に預かる予定の猫と初対面。外猫兼家猫でデッキに気持ちよさそうに寝ている姿に、割と世話がかからない猫でよさそう! という第一印象を受けました。ジャックは彼女の子供達を水鉄砲で遊び始めたら、終いには上から下までずぶ濡れになってしまいました(;´Д`) 猫を見に来ただけだったのに... まったくもぅ... という親の気持ちとは裏腹に、子供達にとっては超楽しい時間だったようで、ジャックも元上司の子供も、こんなに楽しいのは初めて! とかなり楽しかった模様。「また明日もジャックと遊びたい!」や「明日も遊びに行ってもいい?」とジャックも新しくできた友達と遊びたがっていましたが、彼らはこれから長いフライトを控えているので、休暇から戻って来てから... ね、と言って別れました。

2017年7月9日日曜日

夏休み 14 日目 ~ 早いモノで既に 2 週間経過 & 夏バテ?

昨日あまりにも直射日光に当たり過ぎたせいか、今日は朝からなんだか体調不良で、結局旦那とジャックは Spider-Man: Homecoming を観に行って、夕飯を食べて帰って来ました。自分は胃の調子が良くないのか、ただの夏バテなのか、夏太りなのか... 食欲もいまいちなくて、一日寝ていました。明日は忙しい一日になりそうなので、とりあえず今日はもう体調を整えることにだけ専念しようモードです。

2017年7月8日土曜日

夏休み 13 日目 ~ Arlington Air Show

土曜日は Arlington で毎年開催している Air Show (航空ショー) に行って来ました。この Air Show は、デモ飛行を観に来るといいうより、自家用機 (特に自作の自家用小型機) のお披露目一大サマーキャンプみたいなイベントで、滑走路の傍の空き地が駐機場になり、カナダやアメリカ各地から飛んで来て (fly-in) 宿泊する人達は自家用機の横にテントを張って過ごすようになっていました。
この Air Show では、飛行機に触れるぐらい近いところに観客が近寄れるというところが、他の Air Show と違う醍醐味のような気がします。
展示してあるだけなのかな? と思って見ていると、「離陸するので離れてくださ~いっ」と係員の人がやって来て、周囲の人達を安全な距離まで移動させるのですが、アメリカ軍のヘリコプターが離陸する際には、強風で帽子が飛ばないように! との注意通り、プロペラがフル回転するとサングラス無しでは直視できないぐらい風と一緒に砂粒やら小石が飛んで来てちょっと目が痛かったです。
滑走路の両脇には大きなレンズが付いたカメラを構えた人や、家族連れなどが鈴なりになっていましたが、数メートル先で離陸する様は、そんなに飛行機に興味のない自分でもかなり見入ってしまいました(^^)
空港なのでとにかく日陰が全然なくて、暑い陽射しに耐えられなくなると、誰かの自家用機の翼の下で涼むという状態でした(^^;; ジャックは Leavenworth で買ったミニ扇風機付き水のスプレーボトルでせっせと水を吹きかけていましたが、これは暑い夏の必需品だと思いました(もう一個買っておけばよかったと思ったほど、重宝しています^^)
滑走路の横の広い空き地にはこんな風に自家用機が駐機してあるのですが、このミニジャイロコプターは色といい形といいカワイイな~と思いました。飛行機オタクな旦那によると、上のプロペラにはエンジンは直結していなくて、写真中央に見えるプロペラが回るとその推進力で上のプロペラが風を受けて回るのだとか... アメリカでは、こういうのも趣味のガジェットの一つなんだろうな~(スケールが違うな~)と思いながら見ていました。

2017年7月5日水曜日

夏休み 10 日目 休暇明けは Potluck

またしてもバックログ化していますが、休暇明けにあった Potluck パーティーの写真を何枚か備忘録的にアップ(^^) この手作りブレッドはベネズエラ人の同僚の手によるもの。
上のブレッドを輪切りにしたものがこちら。オリーブ、レーズン、ハムにチーズが入ったロールパンで、おつまみ的に食べられるなかなかの逸品でした。自分的にはレーズンの絶妙な甘さがポイント高し! と思いました(^^)
こちらは自分が持って行ったライスヌードルで、タイ料理を、和風胡麻生姜風味に仕上げたもの(^^) レシピは元同僚から教えて貰ったもので、ベジタリアンな人にも食べられるよう、エビ (シュリンプカクテル用のエビ) は別の容器に入った状態で提供。備忘録的としては、ライスヌードルは実は2日ぐらい前に作り置きして冷蔵庫に入れておくといい感じにほぐれる(当日に作って持って行ったらかなり麺同士がくっついていたので) ことを後日発見!
こちらは(多分)デンマーク料理だと思うミートボール系のお料理 (バックログ化が進むうちに、誰が作ったお料理なのか思い出せず... ーー;)
こちらは心優しいタイ人の同僚のベジタブルたっぷりヌードル(^^)
写真の一番左に見えるパンは、フィンランド人の同僚の手作りパンで、カレーのスパイスとしてもお馴染みのカルダモン(Cardamon) 入り。実に新鮮な甘い味のパンでした(^^) 手前は、「ごめーん、ポットラックの事、すっかり忘れてたわ~」という同僚が急遽レストランから買って来たものでしたが、それはそれでかなり美味しかったです(^^) この他にもたくさん食べ物があったのですが、とりあえず備忘録兼バックログ消化ということで、今回はこれにて...