2017年6月14日水曜日

曇り時々投資家:子供にもわかる株式投資 ~ 一番難しいレッスン Starts Now(^^?

今日も朝から絶好調の TSLA 株でしたが、子供にもわかる株式投資シリーズの中でも、最も重要で、最も難しいレッスンの時期に差し掛かって来ました。自分が子供の頃(云十年も前の話ですが)は、郵便貯金の定額貯金の利息がかなり良く、下手な銀行よりも郵貯な時代でした。今は銀行はスズメの涙にもならないような利息で、明細に毎月表示される利息を見ながら(そんなん要らんわ! と言いたくなるような少額で^^;;) 笑ってしまう日々が続いています。
そんなこともあり子供には物心ついた頃から正しいお金の運用方法を教え込んでおこうと思って、ここ 2 年ほど株のしくみやら、元金キープの鉄則やら話して来たわけなのですが、TSLA 株が好調なために、株式投資の中でも一番難しいレッスンを教える時期が早々到来。その一番難しいレッスンとは... 「Play safe! Don't be greedy」の実践です。子供にもわかる株式投資シリーズでの初回の TSLA 株売買では、1ヶ月ちょっとで、80ドルの利益をあげ、その時は株式売買のしくみを教えるという練習モードでもあり、80ドルでも全然いい感じだったのでした。当時のブログを読み返すと、目標利益額は 200ドルぐらいで一株に付き 50ドルも儲ければ大満足だと思っていたのですが、最近の自分とジャックの会話は、すっかり欲張り親子の会話と化していて、最初は利益が 400ドルに達したら一旦売って利益を確定しよう、という話が、あっという間に一株につき100ドルの利益を達成してしまい、今日現在では利益総額は 500ドルを超えています。一日で 20ドルぐらい株価が上下する株でもあるので、この一週間の株価を見ても、かなりの変動がありましたが、長期的に見ると右肩上がりで(某アナリストの話では、独立記念日の前に一株400ドルを超えるんぢゃないか?、や、TSLA はいずれ 1000ドルを超えるね、やら、いまや TSLA 株はドリーム株状態)先行きは明るそうなのですが、"絶対負けない株" の基本は、高値で売る! の一言というか、売らないとダメなのです(^^;; 売った後に株価がさらに倍額になっても、そこで悔しがったりせずに、勝ちは勝ちなんだから、それでいいのだよ! という心の境地に到達しないといけないのですが、これがなかなか難しい...いつの間にか、元金の 1,000 ドルが 2,000ドルになったら売ろう! という話になっているのですが、もう今の時点で十分勝っているから、ここらで売るべきなのかもしれない、という気持ちとの間で葛藤中。実はこの葛藤は自分よりもジャックの方が大きくて、売りたいけど、決断できない...みたいな状況です。だから欲張ってはいかんのよ、と思うのですが、"Don't be greedy!"(=欲張らない)これが本当に難しいです(^^;;