2017年6月10日土曜日

朝からスポーツ三昧 & プレイデート & Free Fishing Weekend

野球のシーズンが終わってしまったので、土曜日に早起きする必要もなくなってしまったのが嬉しいようで寂しいような... そんなわけで、夏休みも近いし、自分の中年太りも激しく進行中なので、365 Days of Sports!!(毎日スポーツ!)と題して、ジャックと毎日何かしらスポーツをすることにしよう! ということで意気投合(^^) こう言っては何ですが、旦那よりもジャックの方が自分のパートナーとしての資質を備えている気がします(^^)
今日はテニスラケットと野球のグローブを持ってジャックの小学校へ。小学校の敷地に隣接の公園にはテニスコートが二面あるのですが、退職して悠々自適風な(65 歳ぐらいの)カップルがテニスをしていて、それがもう超上手くて、あのぐらい、パワフルなラリーが続くようになるといいよね? と、ジャックも自分もかなり刺激を受けました(^^) 上手い人達(特にお年寄りや小さい子供達)のプレーを見ると本当にやる気が出ます(^^)
ジャックと軽くテニスでウォーミングアップして、野球のキャッチボールを始めた頃、携帯にジャックの親友のお母さんからメッセージが入り「今日、これから 3 時間ほどプレイデートしに遊びに来ませんか?」とのことで、ジャックは喜び勇んで Nerf Gun やらレーザータグのセットを抱えて親友 M君宅へ。M 君は午後にカンフー教室があるので、2 時頃 M 君宅へジャックを迎えに行きました。
プレイデートがかなり楽しかったようで、なかなか帰りたがらない(M 君もカンフーに出かけねばで、みんな忙しい)ので、「帰りに Top Pot ドーナツに寄って帰ろう!」とドーナツで釣ってM君宅を後にしました。Top Pot ドーナツで、自分は定番のチョコレートリング、ジャックはチョコレートバーを食べ、家で待っている旦那にはチョコレートバーを買って帰りました。
実は今日はワシントン州の Free Fishing Weekend で、ライセンス無しで釣りができる日(ジャックは子供なのでいつでも無料ですが、大人は普段は年間ライセンスか、一日用の釣りライセンスが必要)なので、近場の釣りスポットに家族で行く予定だったのですが... またしても旦那の(あまり熟考せずに決めた)プランにより、新しい冷蔵庫の配達&設置日で、結局夜 7 時過ぎまで家で配達の人達の対応に追われることに...
当初旦那のカリフォルニア出張直後の週末は、野球のシーズンが終わっていなければ野球、終わっていたら、釣りに行く予定だったのですが、一週間早く配達できるけど、どーします? と配送センターから言われたらしく、じゃ、今週で! と、慌ただしい週末だと知っていながらの予定変更。しかも冷蔵庫は梱包を開けてみたら大きな凹み(ダメージ)があり、さらに新品なのに、泥汚れが付いていたり...
結局古い冷蔵庫だけ持って行って貰うことに(冷蔵庫、無いと困るのですが、数日後に新しい冷蔵庫が来る手配をしたので) そうこうしているうちに夜 7 時過ぎになってしまい、旦那は冷蔵庫に繋げる水の管のキャップを買いに Home Depot へ行くというので、キサマのプランはいつもこれだから嫌なのだ!! と、思いつつも、キャップがないと水が常に管から流れ続けてしまうので、しょーがないっ! と思い、旦那を置いて、近場の Lake Washington で釣りでした。Lake Washington で釣れる魚は、水の汚染の問題もあり、基本的に Catch & Release か、一年に三匹ぐらいなら食べても OK という感じなのですが(よく行くスポットで見かけるアジア系の釣りおじさん達は、逃がさずに持って帰っているので、多分焼き魚や煮魚にして食べている模様)釣った魚をキープしたいジャック(食べるのではなく、ペットとして)的には、ちょっと不満そうでしたが、今日は本気で釣りモードというよりも、久々に釣りの(のんびりと魚を待つ)雰囲気を味わう程度でも十分だと思っていたので(冷蔵庫の一件で自分もかなり疲れていたので)一日の終わりに、よい息抜きとなりました。

旦那がいない一週間は、精神的にもかなりリラックスできてよかったのですが、旦那が帰って来た途端、キッチンには旦那が好きなマーマレードジャムがベットリ落ちていたり(視力が悪いから見落とすのだと思いますが)キッチンまわりがいきなりきたなくなってゲンナリでした(T_T) 結婚当時の方がもうちょっとマシだったのか、それともずっとこんな風だったのか? 自分でも最近若年アルツなんぢゃないかと思うほど、自分の記憶力に自信がなくなってきたのですが、うちの男共はジャックも含め記憶力が悪過ぎて、全然助けにならないのが難点です(><)冷蔵庫の配達のお兄さん達に、チップを渡す際に、$20じゃなくて、一人ずつに $10あげたいと、旦那が言うので、旦那に 20ドル札をを渡した直後に、10ドル札を探しにほんの 15 秒ほど旦那の傍を離れて戻って来て旦那に渡し、その後、旦那がチップをお兄さん達に払って自分の所に戻って来たので「さっきの 20ドル札返してね」と言ったら「え? 10ドル札と引き換えにもう返したよ」と自信満々で言われ、「いや、受け取ってないよ」と抗議したら、旦那が、いかにも、えー? 渡したのに、なんだよ、それ。でもここでまた大喧嘩になるのも嫌だから、とりあえず20ドルあげるよ、的な態度で20ドルをお財布の中から出してくれたのですが、横にいたジャックが「Daddy, you didn't give mommy $20.」 と、言ってくれたのですが、ジャックも相当記憶力がないからな~、益々わかんなくなってきたよ... 自分は受け取ってないと思うけど、もぅいいよ。自分がいつか本当にアルツと診断されて、何が本当なのかわからなくなってしまった時に、彼らの言う事も全く信用できない... と思いながら不満たっぷりな態度で 20ドル札を返そうとしたら、旦那がお財布ではなくジーンズのポケットの中に、自分が渡した 20 ドルを見つけ、「あ、返してなかったか(^^;」(デヘっ)みたいな... デヘっじゃねーだろ! と、自分はもうかなりキレそうになってしまいました。うちの家族の中で、自分が記憶力が一番よかったのですが、自分の記憶が曖昧になると、本当に生活に支障をきたすよな~と思った土曜日でしたが、そんな日だっただけに、湖で夕日を見ながらの釣りはよい心の休養になりました。