2017年6月16日金曜日

アメリカ国内のニュースより: Amazon が Whole Foods の買収を発表

朝のニュースで、アマゾンが今度は自然食品(有機栽培野菜など)が売りの Whole Foods を買収するというニュースをやっていて、あら、そうなんだ? と思って両社の株価をチェック。アマゾンは昔からなんとなく敬遠している株なのですが、気が付けば $1,000 クラスの株になっていて(アマゾンから転職して来た友人/知人の話とは裏腹に)かなり順調に株価を伸ばして来た会社です。アマゾンは日常生活の一部としてかなり浸透してきていると思うのですが、自分自身に限って言うと、アマゾンを一番利用していたのは 6 年ぐらい前? までで、その後、アマゾンで売っている物が、実は他店で買うよりも高いことが何度かあって利用頻度が減ってしまった、という経緯があります。ビデオ配信も今のところアマゾンではなく、ケーブルTV会社+Netflix(← Netflixがこんなに生き残れる会社だとは 10年前には思っていなかったのですが^^;)、テレビと冷蔵庫の中身を抑えた会社、という点ではアマゾンの今後の顧客獲得率は上がることはあっても下がる事はなさそうな、そんな気がしています... が... やはりアマゾンに行って燃え尽きるほど仕事をして他社に流れて来る人達の話や、別な会社での職を失って(or 辞めて)アマゾンに転職していく人達の生の声を聞いているせいか、遠くで傍観するだけにしておこう... という感じです(^^;; でもアマゾンはいつも社員を募集中なので、仕事を探している人にはよい会社だと思います。Whole Foods も今日は株価が上がっていましたが、すごい量の取引きが行われているようで、アマゾンは高くて買えないけど、Whole Foods 株を買収が完了する前に買っておこう! ということなのだろうな~と。

ちなみに、Whole Foods は「高い!」という定評があり、同僚で前職がジャーナリストだった人によると、Whole Foods はぼったくりだ! とのこと。自分もこの手の有機栽培系(Organic)のラベルの信憑性にはかなり疑問を抱いている一人で、よほどお店が身近にあって便利、ということでもなければ、Whole Foods や PCC で買い物をすることはありません。以前 Organic 認定に関する番組を見て、あまりにも多いシステムの抜け穴に、何が体にいいんだか、ますますわからんっ、というのが正直な感想でしたが、ま、その件はさておき、アマゾンのこの買収は、個人的にはど~なんだろな~これは? と思う点がいくつか... ビジネス的には在庫を持たない形式のビジネス形態の方が安全だと思うので、野菜とか生ものを売るのは、下手をすると廃棄処分になるものを大量に背負い込んでいる気がしないでも... アマゾンはもともと Amazon Fresh なる食品・日用品の販売+配達サービスもやっているので、これが生ものを扱う初めてのビジネスではないのですが、何年もの間、Amazon Fresh の緑のトラックはポツポツと見かける程度で、地方の中小都市のシアトルで、しかも引退したお年寄りよりも IT企業系に勤める若者達が集まるエリアなので、爆発的なニーズにはつながらないのかもしれません。どちらにしろ、今後の展開が気になる Amazon による Whole Foods 買収のニュースでした。