2017年6月24日土曜日

遅まきながら、映画レビュー: Alien: Covenant (2017)

最近ブログのバックログ化が激しくて、なかなかリアルタイムで更新できないのが残念なのですが、一応寝る前に頑張って映画のブログを一本。

Alien の最新作(5/19 全米公開)の感想ですが、ものすごく楽しみにしていた一本でしたが、一言で言うと、ぐるっと一周して元に戻ったというか、ビジュアル的にも、ストーリー的にもそんな感じでした。← ちょっとがっかりしているように聞こえたら、それは不本意なので、補足すると、全然悪くないです。というか、むしろ最初に Alien を見た時のあの怖い感じも味わえて、Alien の路線にとても忠実な最新作でした。前作の Prometheus (2012 年公開)の時のレビューに比べると、確かにちょっとトーンダウンしてしまうのですが、それは映画を観れば、なるほど、確かに... と頷く人も多いのでは? と思います。あとは前作に続き、主人公がいまいち魅力に欠ける気が... 日本ではこの秋公開らしいので、ネタバレにならないよう、この辺でやめておきますが、劇場で観て損はない最終章? かと(^^) 似てないと言う人もいると思いますが、自分的には、AVP: Alien vs. Predator (2004) を見て、面白いと思った時の、あんな感じがする映画でした。



2017年6月23日金曜日

年度末で忙しいながらも...

年度末で忙しいながらも...
今朝は株価が軒並み好調(*´▽`*)
そして今日はものすごい夏日になりそうな予感(朝から既に室内の気温が上がってます)
昨日のクラスストア(Class Store)は、大盛況で厚紙の子猫やリスやウサギはみんな里親?に買われて行ったとの事(^^) ジャック曰く、買って行った子のほとんどが男の子だった!?とのこと(うちの子もそうですが、男の子の方が、所謂カワイイ~動物に弱い模様。隠れた父性にアピールするものでもあるんですかね^^?)あとは、先生も買いに来たと言ってとても喜んでいました(^^)

聞きかじりな今朝の米国内のニュースより...
ロシアのアメリカ大統領選への干渉が、ロシア問題としてずっと話題になっていましたが(そろそろそのニュースに飽きてきた頃なのですが)、今朝 CNN ニュースを見ていたら、実はオバマ大統領が選挙活動をしていた頃にもロシアの干渉が確認されていた? ような話が流れていて、その時もクリントン氏が優勢だった時で、結果的にはオバマ氏が勝ったというような話でしたが、おぉ~それだったんだ~!と。今までモヤモヤしていた疑問がいっきに晴れた気がしました(少なくとも自分にとってはそれが一番理にかなった動機のような気がします)これまで、なんでロシアがトランプ氏を大統領に押す必要があるんだ? 何かいい事でもあるわけ? と思っていましたが、彼らはクリントン氏に大統領になって欲しくなかったのだと思います。クリントン氏への妨害行為=対立候補を支援しているように見えますが、だからと言って、例えばオバマ氏がロシアに頼んで選挙に勝ったわけでもなく、トランプ氏も同様なのでは? と、今朝のニュースを見ながら思いました。もし、ロシアの影響力がなかったら、クリントン氏はオバマ大統領に勝っていたのか? その方が自分的には気になるところです。

2017年6月22日木曜日

家内制手工業: 最終回、4 年生限定、Class Store ~ 年度末 Fun Day(^^)

今日は全校をあげての Fun Day で、朝から楽しいイベントがてんこ盛りの一日 & 4 年生の子供達にとっては、今日が今学年最後のクラスストア(Class Store) の日。ちなみに 5 年生は、学校の伝統で Fun Day には参加せず動物園に遠足とのこと(5 年生は 9月には中学生になってしまうので最後の思い出の遠足らしいです) ← 来年はジャックも遠足に行く模様... 考えるだけでなんかちょっぴり寂しいです。
これまでのクラスストアも大盛況のイベントだったのですが、第一回目は Fuse Beads で作ったアイテム、前回の 2 回目はロックペインティングと紙粘土ときて、最後は厚紙で作ったバーチャル卓上ペットです。材料は、好きな動物の写真を印刷したもの(要カラープリンター)、両面テープ、厚紙、セロテープ、ハサミと、家にあるものだけでササッと作れるようになっています。裏側にはセルフスタンド(=自力で立てるように)トライアングル(三角形)の細い厚紙が貼り付けてあります (^^) 小学生ぐらいの子供と一緒に作ると楽しい工作でおススメです(*´▽`*)

6 月は卒業や進級シーズンで、友人・知人の子供達の卒業式の写真を見かけることも多いのですが、すっかり大きくなった子供の姿(もはや子供ではなく、なんか死語っぽいですが、Young people(=若者)と化していて、子育て期間というのが人生の中でも実に期間限定のイベントなんだな~とつくづく思いました。うちの旦那も最近よく「ジャックが最高にかわいかった時期は 4 ~ 5 歳ぐらい(max cuteness)だったよね」と口にするのですが(ちなみに自分は数年前からずっとそう言い続けていますが)、振り返ってみると本当にあっという間に大きくなり、気がついたら巣立って行くのだろうな~と思う今日この頃。自分自身が大学を卒業して大手の企業に就職した後は、その後 10 年以上、お盆や正月に実家に帰る事もなく、会社の同僚や、仲良しの友達、彼氏や、結婚してからは旦那と常に一緒で、滅多に親に会いに帰る事はなかった(基本的には今も正月に日本に帰る事はほとんどないのですが)ので、ジャックが大学を卒業したら、同じような感じになるのだろうな~と(それともアメリカで育っているから、サンクスギビングとかクリスマスには帰って来るのか?)思っています。その代わり、親にはお歳暮を過去数十年間に渡り贈り続けています。楽天みたいなサイトのおかげで、誕生日のギフトやお歳暮、お中元を贈るのが実に簡単になりました(^^) 自分の希望としては、かつて自分がそうだったように、年末年始や、祭日に、いちいち家に帰って来るような子供ではなく、家に帰る暇もないぐらい自分の人生をエンジョイして欲しい(パラサイトシングルになられたら困る)派なので、社会に送り出した後は、できるだけ独立した人生を歩んで欲しいと思っていますが、まずはその前に、大人になったら当分帰って来なくても、10年ぐらい顔を見なくてもお腹いっぱいなぐらい、楽しい思い出いっぱいの子供時代を経験させてあげたい、という気がします。ジャックを見ていると、ジャックは将来いいお父さんになりそうだ、とよく思います。

少々話は飛びますが、うちの同僚に「ワタシは最高にツイている!」と豪語する金髪+青い目のおねーさんがいる(若くて健康的な魅力の彼女)のですが、自分以外でこんなに運がいい! ということを声を大にしてアピールできる人も珍しい! と思ったものですが(笑) その彼女とランチタイムに色々話をしているうちに、こういう人こそ子孫にその武勇伝を伝えるべきだわ(^^! と真剣に思いました。彼女はまだまだ若いので「ん~。いつか持つかもしれないけど、大変そうだし、ん~、今は考えられない」みたいな典型的なリアクションでしたが、彼女みたいな人は子孫がいないと勿体ない! と思えるなかなかの大物です(^^) 若い頃にはそういう目で他の人を見ることもなかったし、また、かわいいから、という理由で子供を産みたがる人の気持ちは理解できなかったのですが、若くてやんちゃな同僚や、いかにも才色兼備な同僚達に囲まれながら、全員に対してではなく、その中の数人には、この人が一代で終わってしまうのはホントに勿体無い! から、子供を持つべきだと、勝手に思っていたりします。思い返せば、遥か昔、自分も友人に「子供がいたら絶対面白いと思う!」と(子供なんぞ欲しくもない時期に、これまた子供なんて要らないと豪語する友人に)言われた事があったのですが、それは単に若くして結婚していたからだと思っていましたが、もしかしたらその友人も自分の他人とはちょっと(かなり^^?)違う所を見ながら、「コイツの子孫が存在しないのはつまらんっ(勿体無い!)」と思っていてくれたのかもしれません(が、ただ面白がっていただけなのかもしれません^^;;) 子供は重荷にもなり得ますが、今の所、自分のようなやんちゃで未熟な大人にも子供がいることは、ある種の privilege(特権)か、Reward(ご褒美)に近い感じだと思っています。とりあえず、これから難しい年齢を経て大人になるうちの子が、将来刑務所に入ったりするような子にならないよう、しっかり育てねば! と思う年度末でした。

2017年6月21日水曜日

年度末は大忙し(汗)

いよいよ今学年も 4 登校日を残すだけとなりましたが、学年末の行事が目白押しで、毎晩♪母さんは~夜なべ~をして~♪工作の手伝いとか、工作とか、明日の準備とか、工作とか...な日々が続いています。今年は雪で休校の日があったので例年よりも 2日遅めの夏休みなのですがサマーキャンプが始まってしまうので、学校を一日休んでサマーキャンプの初日に行かねば、とか、色々と時間をやりくりしながら今週、来週を乗り切ろうと思っています。とりあえず 忙しい時は FB に写真だけアップして、ブログは後で更新(できたらするかも?)な予定です。

ちなみにジャックと毎日運動するプラン(365 Days of Sports!!)は、今の所一日も欠かさず進行中で、父の日の週末以降は Razor A5 で家から近所の公園やサイクリングルートを走ったりしています。今日はいいお天気で(夏至の直後だけあって)夜 9 時頃でもまだ明るい日で、夕飯の後 8 時半過ぎまでレドモンドにある川沿いのトレイルを A5 でジャックと一緒に走っていました。そのトレイルはジョギングだけでなく、自転車用としても人気のトレイルで今日も沢山の人達がサイクリングを楽しんでいました。

夏休みが始まると、それはそれであっという間に夏が終わっていくので、9 月の新学期早々にランチマネーがいきなり底をつかないように、学校にランチマネーの追加に行ったり、学年末はなにかと忙しいです(^^;;

2017年6月20日火曜日

アメリカ国内のニュースより ~ 人間扱いされない、ということ

リアルタイムでは全然チェックしていなかったのですが、Airbnb でアジア人だから、という理由で宿泊を断られた女性(=子供の頃からアメリカに住み、自他共に認めるアメリカ市民)が泣きながら「人間以下の扱いを受けた」と訴えるビデオと、北朝鮮から 6 月半ばに "無反応の覚醒状態" で帰国した元バージニア大学生の白人男性が亡くなったニュースの両方を見ながら、どちらの件もなんとなく釈然としない気持ちを抱いてしまった自分でした。

Airbnb の件は、雪山で、夜で、みんな疲れていて、泣きたい気分なのはよくわかるのですが、クローズアップされない部分に、実は 2 人で宿泊の予定で予約しておいたのが、4人と犬2匹になっていた、という話もあるようで(← その部分はきちんとした証拠のビデオもなくて、信頼できる情報なのかどうかわからず釈然としない部分) 、4人 + 犬2匹で $50 で泊まれる宿って!? と思うのですが、何度も泊まれるかどうかを確認しているあたり、予約した側に予約内容の変更があったのだろう... と思っています。宿泊先のオーナーは、予約内容の変更に対応できない(したくない場合も含め)と言えばよかっただけなんじゃないか? と。アジア人だから、という差別発言に至るまでの、すべてのやりとりを知ったからと言ってどーなのよ? という話もありますが、最近のニュースは一方的な報道が多過ぎる気がして、もはや何が真実なのかわからない事が多いと思う今日この頃です。また、トランプ氏を引き合いに出している部分(トランプ氏が大統領なんだから外国人にとやかく言われる筋合いはない、みたいな発言)がクローズアップされているのも、なんだかいいように使われてしまっている感じがするのでした。事件の内容は全然違うものの、北朝鮮から生きて帰国できたものの、植物状態に近く、結局亡くなってしまった元大学生の件で、もっと早く帰国させられなかったオバマ前大統領を責める声も上がっていますが(同時に、なんでこれがオバマ前大統領のせいなのさ? という声もあり)、元大学生を診察した医師団の話では、脳全域に重度の損傷が見られるとの診断でした。脳の全域がそれほどまでに損傷を受けるのは、心停止で酸素の供給が途絶えてしまうような場合に起き得る症状とのことで、それこそ、拷問で「人間以下の扱いを受けた」のではないだろうか(水責めとか、窒息しそうな状況に置かれたとか?) と想像するだけで身震いしてしまいます。そんなこともあり、Airbnb の件は、人間以下云々というよりも、旅行関連の気の毒な一件、という印象でした。

アメリカに長年住んでいますが、誰がアメリカ人で誰がアメリカ人じゃないのかを当てるのは実はかなり難しいです。自分達が外国人だと思っている人達の半分ぐらいは、正確にはアメリカ生まれのアメリカ人なのかもしれないし、市民権を取得してアメリカ人になった人達だったら、昨日までは外国人だけれど、今日からはアメリカ人、みたいな状況もあり、差別云々にかかわらず、よく知らない人達との会話では「お国はどちら?」みたいな会話は日常茶飯事です。そういう時はやはり ”見た目” が判断の鍵になりがちです。黒髪で切れ長の一重瞼の人はアジア人だと思うし、きれいな青い目の人を見るとヨーロッパ系だな、と思います。今回の件では「アジア人だから泊めない」という件でしたが、日本人だから、アジア人だから(部屋をキレイに使ってくれるだろうと)泊める、貸すという場合も多々あると思います。

Airbnb はいつか試してみたいと思いつつも、Airbnb=民宿なイメージがあり、自分はどちらかというとコンシェルジュ付きや、フルサービスありのホテル派なので、今後もあまり Airbnb を使う機会はないかもしれません。ちなみにちらっと見た限りでは、その値段を払うんだったらホテルの方が値段や便利さでも勝ってるかも? と思える値段の所もあり(クリーニング料が結構価格を押し上げている気が?)ホテルの予約が取れない時のバックアップ的な位置付けかな? と思っています。

猫がいる夏、予告編(^^)

今年の 3 月に仔猫を同僚から譲り受ける予定が、仔猫の可愛さにメロメロになり、結局その同僚が 2 匹とも育てていて、うちに猫がやって来るのは、もう少し先の話になりそうだと思っていた所へ、会社の上司が「その後猫を貰う計画はどうなったの?」と聞くので、「ゆっくり探す予定で、別に今すぐ飼うぞ! みたいな感じではないけれど、もし誰か猫の里親を探していたらご一報ください」と言ったら...
「猫の里親を探している人は知り合いにはいないのだけれど、よかったら、うちの猫を暫く預かってみる?」と上司談。7 月中旬から 1 ヶ月ほど母国のドイツに休暇で帰る予定で、その間親戚に猫を預ける予定ではあるものの、前回預けた時に(猫が? なのか? 預かった側がなのか? は不明ですが) あまりハッピーではなかった... との事で、猫好きな自分に白羽の矢が立った模様。
近所の猫の面倒もよく見ているジャックは、上司の猫が暫く同居する! と聞いて大喜び! ベッドで一緒に寝るんだ! とか、自分がベストフレンドになるんだ! と今から張り切っています。猫好きとは言え、知らない人のうちに猫を預けるのは心配だろうと思い、ジャックや旦那が猫と戯れている写真を上司に送り、うちは猫一家だから、シャイな猫でも、すぐに打ち解けると思う、という話をランチタイムにしていました。上司も猫と子供が一緒にくつろいでいる写真や、凛々しい姿で座っている猫の写真を送ってくれて、ジャックも旦那も久々の猫がいる夏を楽しみにしています(^^)(上の写真の猫はうちの近所を巡回している近所の猫です)

2017年6月18日日曜日

父の日の週末 Part 2 当日編

既に朝一の FB の投稿を見た方も多いと思いますが、父の日当日は、なんと朝 4 時起きで物置部屋にあった工作プロジェクト用のスチロ―ル製のカラーボードで Happy Father's Day!(父の日おめでとう) のサインを作っていた自分。前の晩にジャックに「いちいちマミーを巻き込まないで、やると決めたら遊んでないで自分で最初から最後までやりなさい!」とは言ったものの、結局何だかんだで手伝う羽目に...
一人っ子だからなのか、ジャックにはある種仔犬のような所があって、親の事が(飼い主になついている犬のように)大好きでたまらないようで、父の日ともなると、朝 6 時に起きて旦那へ父の日のカードを作ったり、朝食のプランを練ったりしていた模様。ちなみに左の写真はジャックが紙で作った STAR WARS のライトセーバーで、分解したパーツの部分を開けるとカードになっているというものでした(^^)
朝起きたら飾り付けが増えていて、それがジャックにはよほど嬉しかったようで、朝 7 時には枕元にライトセーバー型のカードを見せにやって来たり(^^;; さらに旦那のために、ホットケーキを作りたい! というのでジャックと一緒にホットケーキを焼き始めたら、先週の冷蔵庫の再配達の前に色々なモノを廃棄処分にしたせいでメープルシロップがないという事態に気づいてしまった自分(><)
ホットケーキを一枚焼き終わった後、車で近所のスーパーまでメープルシロップを買いに行ったのですが、よく考えたら、ケチャップも、ドレッシングもマスタードも卵も、キューピーマヨネーズも、みんな旦那が捨ててしまったため、調味料類を色々買い込んで帰宅。家に帰るとジャックが STAR WARS の玩具を朝食のトレーに並べてメープルシロップの到着を待ち構えていました(^^;
午前中はいまいちなお天気だったので、昨日旦那が玩具屋さんで買った Halo コレクターズエディションのモノポリーをお昼過ぎまでやることに... ちなみに Amazon Prime で買えば 2 日待つけれど $10ほど安い値段で買えたらしいのですが「ダディと父の日に Halo のモノポリーで遊びたい!」=Halo モノポリーが今すぐ欲しい! というジャックに押し切られて買ったというのが真相な模様(ーー;
モノポリーで旦那と自分に惨敗を期したジャックは、少々ご機嫌ななめになりつつも、午後は旦那と Nerf Gun で遊んだり、チョコレートクッキーを焼いたりして、お父さんがのんびりする父の日というよりも、ジャックがダディと一緒に遊び倒す日... みたいな父の日でした(^^;; 夕食の後は、今週末に買って来た Razor A5 Lux で近所の坂道を 1 マイルほど下り、帰りは 1 マイルの上り坂を A5 を押しながら上るという(計 2 マイルの)お散歩を楽しみました(^^) 下りは超楽ちん、上りも普通に歩くのと同じぐらいの軽い運動で、運動嫌いな旦那にもそんなに苦にならないお散歩でした。そのうち通勤に使ってみようかと思っている A5 です(^^)

2017年6月17日土曜日

父の日の週末 Part 1

旦那の怠惰な生活ぶりに疲れ Maroon 5 の Cold がお気に入り状態な今日この頃だと言うのに、そんな自分とは対照的に父の日の週末をワクワク楽しみにしていた旦那。金曜日には会社帰りにキャンドル各種 ← ロマンチックな夜を演出するためらしい(;´Д`)を買い込んで来たり、ここまで心が通じない相手も珍しい、というぐらい、ウザいっ、ウザすぎる旦那‼! と思いつつも、一応父の日なので、カードやプレゼントは用意しておきました。毎度の事ながら、旦那が好きな事というと、映画を観に行く事 & 外食で、今回は Wonder Woman を観てその帰りに鼎泰豊で食事というコース。
旦那もかなり中年太りが進行中なので、夕飯はベジタリアンなメニューな事が多いのですが、父の日の週末はお腹いっぱいな上にさらにデザートまでしっかり食べてしまったので、明日がメインのはずだったのに、父の日はちょっと軽めにしなくては...な状態に(^^;;
今回も定番メニューで、食わず嫌い大王のジャックも好きというグリーンビーンのガーリック炒め。
こちらも定番のエビシュウマイ。自分は小籠包だけでも全然満足だったのですが、旦那が好きなので、シュウマイも注文。
ジャックはビーフヌードルをメインディッシュに注文し、旦那はエビの入ったヌードル(皿うどん)  も注文。ベトナム麺の Pho が好きなジャックなので、これはジャックの味覚のツボにハマった一品でした(^^)
うちの定番の一品ではないのですが、いつも "隣りのテーブルの中国人家族" がみんなでつついて食べていて、いつか自分でも試してみたいとおもっていた Eight Treasures Sticky Rice を初体験。フルーツや豆類を甘く味付けしたもち米と一緒に炊き上げたデザートで、中国では長い歴史がある伝統的なお菓子とのこと。お正月に食べたりするようで、縁起のよいデザートでもある模様。小豆とご飯の組み合わせなので、日本の和菓子、おはぎにも通じるものがあるのですが、艶々した餅米と、フルーツや小豆の組み合わせと、ジャスミン茶(またはウーロン茶)はちょっと癖になる美味しさでした(^^) 注文を受けてから作る(蒸している?) ようで、少々時間がかかると言われましたが、アツアツで美味しかったです(^^)

2017年6月16日金曜日

アメリカ国内のニュースより: Amazon が Whole Foods の買収を発表

朝のニュースで、アマゾンが今度は自然食品(有機栽培野菜など)が売りの Whole Foods を買収するというニュースをやっていて、あら、そうなんだ? と思って両社の株価をチェック。アマゾンは昔からなんとなく敬遠している株なのですが、気が付けば $1,000 クラスの株になっていて(アマゾンから転職して来た友人/知人の話とは裏腹に)かなり順調に株価を伸ばして来た会社です。アマゾンは日常生活の一部としてかなり浸透してきていると思うのですが、自分自身に限って言うと、アマゾンを一番利用していたのは 6 年ぐらい前? までで、その後、アマゾンで売っている物が、実は他店で買うよりも高いことが何度かあって利用頻度が減ってしまった、という経緯があります。ビデオ配信も今のところアマゾンではなく、ケーブルTV会社+Netflix(← Netflixがこんなに生き残れる会社だとは 10年前には思っていなかったのですが^^;)、テレビと冷蔵庫の中身を抑えた会社、という点ではアマゾンの今後の顧客獲得率は上がることはあっても下がる事はなさそうな、そんな気がしています... が... やはりアマゾンに行って燃え尽きるほど仕事をして他社に流れて来る人達の話や、別な会社での職を失って(or 辞めて)アマゾンに転職していく人達の生の声を聞いているせいか、遠くで傍観するだけにしておこう... という感じです(^^;; でもアマゾンはいつも社員を募集中なので、仕事を探している人にはよい会社だと思います。Whole Foods も今日は株価が上がっていましたが、すごい量の取引きが行われているようで、アマゾンは高くて買えないけど、Whole Foods 株を買収が完了する前に買っておこう! ということなのだろうな~と。

ちなみに、Whole Foods は「高い!」という定評があり、同僚で前職がジャーナリストだった人によると、Whole Foods はぼったくりだ! とのこと。自分もこの手の有機栽培系(Organic)のラベルの信憑性にはかなり疑問を抱いている一人で、よほどお店が身近にあって便利、ということでもなければ、Whole Foods や PCC で買い物をすることはありません。以前 Organic 認定に関する番組を見て、あまりにも多いシステムの抜け穴に、何が体にいいんだか、ますますわからんっ、というのが正直な感想でしたが、ま、その件はさておき、アマゾンのこの買収は、個人的にはど~なんだろな~これは? と思う点がいくつか... ビジネス的には在庫を持たない形式のビジネス形態の方が安全だと思うので、野菜とか生ものを売るのは、下手をすると廃棄処分になるものを大量に背負い込んでいる気がしないでも... アマゾンはもともと Amazon Fresh なる食品・日用品の販売+配達サービスもやっているので、これが生ものを扱う初めてのビジネスではないのですが、何年もの間、Amazon Fresh の緑のトラックはポツポツと見かける程度で、地方の中小都市のシアトルで、しかも引退したお年寄りよりも IT企業系に勤める若者達が集まるエリアなので、爆発的なニーズにはつながらないのかもしれません。どちらにしろ、今後の展開が気になる Amazon による Whole Foods 買収のニュースでした。

2017年6月15日木曜日

クソガキもやはり成長するのものらしい(^^?

ここ数年、ジャックの友達を見ながら思ったのは、子供はみんなクソガキな時代を経て成長するのかもしれない... ということです。たまに、全然手のかからない良い子を育てている親もいるようですが、そういう子供や家庭の話はおいといて... 普通のクソガキの成長ぶりについての話ですが... 数年前までジャックと遊んでいた子がいたのですが、その子のあまりの ass hxxx! ぶりに、さすがの自分も、密かに "うちの子には相応しくない友達" の一人に認定して、かれこれ一年半ぐらい滅多に遊ぶ機会を設けずに過ごして来ました。その子はジャック同様に一人っ子で、一人っ子特有の親に甘えまくった態度に加え、自己中心的で、親に怒られたくないがために平気でウソをついたりする姿に(親に告げ口したくなるぐらい、平然とウソをついていたり、挙句の果てにはジャックに罪をなすりつけるような事を言っていて←たまたま近くで見ていてジャックが何もしていない事知っていた自分は、うわーこんな子と一緒に育ったら、将来無実の罪でジャックが捕まったりして? と本気で思ったほど)さすがの自分もあの子とは暫く遊ばないように! と敬遠しているうちに 1 年半以上経ってしまいましたが、最近ジャックが、その子は前ほどひどくない、むしろ親切なぐらいだ、と言っていて、この夏あたりにまた一緒に遊ぶようになるのかもしれません。

自分的にはどうしても以前のイメージが強くて完全に信用しているわけではないのですが、それというのも、昨年の秋に Cub Scouts で行った夜の動物園ツアーでは、あれほど赤いライトで動物を照らしてはいけないと釘を刺されていたにもかかわらず、大人が近くにいないとみると、カンガルーの親子の顔をライトで照らしたり、夜の動物園では大声を出したり、大きな音を立てないように! と言われていたのに番犬かオオカミのモノマネ状態で吠えていたり(ーー; 子供とは言え、その非常識さに強い怒りを抱いたものでした...が、確かに最近は落ち着いた感じで、ちびっ子の時に多少クソガキだったとしても、年齢が二桁にもなると、心も体並みに成長するのかもしれません (^^)

気分は Maroon 5 Cold ~ 久々に不治の病(^^?

会社への短い通勤の途中、ラジオステーションから流れて来た Maroon 5 の Cold という曲を聴きながら、相変わらず才能はあるんだけど、上手いんだか、下手なんだかよくわからないボーカルの Adam Levine の歌声を聞きながら、あぁ~この歌はまさに(自分じゃなくて) 旦那の心境を歌ってるよな~、と思いながら聴き入っていました。自分は若い頃、「お別れしたい病」という不治の病を患っていて、誰と付き合っても、すぐにお別れしたくなるという、付き合った相手には非常に申し訳ない傾向があり、特に一番盛り上がっている時期のお別れは(要は突然相手をふってしまうだけの話なのですが)「え~っ?なぜなんだ~っ?こんなにうまく行っているのに(T_T)」と、突然の失恋に打ちひしがれている相手の様子に人知れず萌え(^^? ←というとかなりヒドイ女状態でした。自分をよく知る友人達はそんな自分を「ドS」と呼んでいましたが、さすがに結婚して子供までいると、不治の病のお別れしたい病も、親としての責任の前にやや影を潜めていた感じでした← 自称、責任感は強い方なので、毎度「離婚したるわ!」と言っている割には子供の世話はちゃんとやっていた自分。

...が、2 月に検査入院になって以来、考えれば考えるほど、加齢に加え、この10年余りの生活習慣が原因だったんだな、と思うようになり、10年間一緒にいてダメだった事が、この先の10年で変わるか? と言ったら、絶対変わらないんじゃないのか? と。付き合っていた当時の旦那は、あたかも毎週末アウトドアライフを楽しむようなライフスタイルをアピールしていたものの、蓋を開けてみたら全然違った上、普段の生活パターンを見ていても夜は遅くまでダラダラとゲームやテレビを見て過ごし、朝は10時近くまで寝ているし(会社員なのに...)(ーー;人生のパートナーだから長く一緒に健康に暮らせるように、と思っていた時期もあり、スポーツクラブやプールへ通うように勧めた時期もありましたが、結局会費の分だけ無駄だったよ、パトラッシュ... みたいな状況を経験し、相手を変えようとか相手を変えられるなんて思わないようにするしかないんだな... と悟った自分でした。でも、自分の健康は大事なので、旦那ではなくてジャックと2人でスポーツをする事が多いのですが、育ち盛りのジャックとは、きっと来年には体力、運動能力、すべての面で逆転して、ジャックにとってはもはや物足りないスポーツの相手になってしまうだろうな~とも思うのでした。10年間、色々な事をする機会があったのに、旦那は実に残念な選択を繰り返してきた、と思うのでした。オタク系はやはり家に閉じこもっていてダメなのかもしれない... あ、でも、前の旦那もオタク系で、一ヵ月に一回ぐらい(二人しかいないのに)ドッジボールをして遊んでくれたのですが、それも、ドッジボールやりたい~! と、自分があまりにもせがむので、渋々家の前でドッジボールをしてくれた、というのが真相で、率先して外で遊ぶようなタイプの人ではありませんでした。また、ボールを投げつける時の自分の顔が(マジで怖くて)嫌だ、とか(^^;; 至近距離から手加減無しでボ―ルを投げつける自分に恐れおののいていた元旦那のことを思い出しながら、基本的には20年前も 10年前も自分を取り巻くスポーツ環境は変わっていないのかもしれない... と思いました。

とりあえず、ジャックが大きくなるのを見届けたいので、旦那が運動もせずに不健康な人生まっしぐらでも、自分は毎日運動してできるだけ健康に気をつけよう! と心に固く誓うのでした。

2017年6月14日水曜日

曇り時々投資家:子供にもわかる株式投資 ~ 一番難しいレッスン Starts Now(^^?

今日も朝から絶好調の TSLA 株でしたが、子供にもわかる株式投資シリーズの中でも、最も重要で、最も難しいレッスンの時期に差し掛かって来ました。自分が子供の頃(云十年も前の話ですが)は、郵便貯金の定額貯金の利息がかなり良く、下手な銀行よりも郵貯な時代でした。今は銀行はスズメの涙にもならないような利息で、明細に毎月表示される利息を見ながら(そんなん要らんわ! と言いたくなるような少額で^^;;) 笑ってしまう日々が続いています。
そんなこともあり子供には物心ついた頃から正しいお金の運用方法を教え込んでおこうと思って、ここ 2 年ほど株のしくみやら、元金キープの鉄則やら話して来たわけなのですが、TSLA 株が好調なために、株式投資の中でも一番難しいレッスンを教える時期が早々到来。その一番難しいレッスンとは... 「Play safe! Don't be greedy」の実践です。子供にもわかる株式投資シリーズでの初回の TSLA 株売買では、1ヶ月ちょっとで、80ドルの利益をあげ、その時は株式売買のしくみを教えるという練習モードでもあり、80ドルでも全然いい感じだったのでした。当時のブログを読み返すと、目標利益額は 200ドルぐらいで一株に付き 50ドルも儲ければ大満足だと思っていたのですが、最近の自分とジャックの会話は、すっかり欲張り親子の会話と化していて、最初は利益が 400ドルに達したら一旦売って利益を確定しよう、という話が、あっという間に一株につき100ドルの利益を達成してしまい、今日現在では利益総額は 500ドルを超えています。一日で 20ドルぐらい株価が上下する株でもあるので、この一週間の株価を見ても、かなりの変動がありましたが、長期的に見ると右肩上がりで(某アナリストの話では、独立記念日の前に一株400ドルを超えるんぢゃないか?、や、TSLA はいずれ 1000ドルを超えるね、やら、いまや TSLA 株はドリーム株状態)先行きは明るそうなのですが、"絶対負けない株" の基本は、高値で売る! の一言というか、売らないとダメなのです(^^;; 売った後に株価がさらに倍額になっても、そこで悔しがったりせずに、勝ちは勝ちなんだから、それでいいのだよ! という心の境地に到達しないといけないのですが、これがなかなか難しい...いつの間にか、元金の 1,000 ドルが 2,000ドルになったら売ろう! という話になっているのですが、もう今の時点で十分勝っているから、ここらで売るべきなのかもしれない、という気持ちとの間で葛藤中。実はこの葛藤は自分よりもジャックの方が大きくて、売りたいけど、決断できない...みたいな状況です。だから欲張ってはいかんのよ、と思うのですが、"Don't be greedy!"(=欲張らない)これが本当に難しいです(^^;;

2017年6月13日火曜日

初めての WFH & 冷蔵庫到着(^^)

今日は予定通り新しい冷蔵庫が配達されて来るということで、午前中だけ会社に行って、午後は家から仕事(Work From Home)にしました。前の会社ではよくやっていた WFH でしたが、今の会社に入社してからは初めての WFH。同僚達は家から仕事の人も多いのですが、家の近所でしかも、朝、昼、食事付きともなると、いまだに嬉々として会社に向かう自分です(^^) 年を取ってからの再就職先としては、こんないい会社もないな~と、日々思うのですが、一年後も同じように思える職場なのか? 今後が楽しみです。なんだかんだでお気楽会社員生活をも満喫中(^^) ちなみに、50 歳からの再就職シリーズのブログへはいまだにたくさんのアクセスがあり、アメリカで就職・再就職活動をしている人達の参考になれば幸いです。

会社でランチを済ませた後は、ラップトップを持って家に戻り、冷蔵庫の到着を待っていたら、まずはジャックが学校から帰って来て、久々にマミーが家に先に帰っていて大喜びしてくれました(^^) ジャックは学校の帰り道に生えているラベンダーを毎日 1 ~ 2 本摘んで来てくれるのですが、今日もラベンダーを握りしめて帰って来ました(^^)

冷蔵庫もほどなくして到着し、配達のお兄さん達が梱包をほどいて、冷蔵庫を家に運びこんだあたりで旦那も帰宅。ところで、配達のお兄さんのうち一人(黒人の方)は彼の口調からして土曜日に配達に来た人のうちの一人なのですが、自分にはその人が同一人物なのかどうかが全くわからず、ジャックに後で聞いたら、「似てるけど違う人」との事。記憶力の悪いジャックに言われると、益々信憑性がないというか(^^;; 自分は、似ていない人なのに、話ぶりがまるで先日会ったような話し方だったので困惑していたのですが、ジャックの言葉に、またしてもさらに困惑してしまった自分でした(苦笑)

2017年6月12日月曜日

冷蔵庫のない生活、2 日目

土曜日に設置予定だった新しい冷蔵庫が不良品だった(新品なのに凹みや傷や汚れがあった)のですが、古い冷蔵庫は既に撤去して持って行って貰ったので、日曜、月曜と冷蔵庫のない生活中。冷蔵庫がないと、長期的には困ると思うのですが、短期的には意外にもそんなに困らないという、意外な結果に(^^;; そんなに暑い日でもなかったので、冷たいドリンクが必要、というわけでもなかったのが幸いした模様。

旦那の話では明日、火曜日に新しい冷蔵庫が届くとのこと...


2017年6月11日日曜日

Cub Scouts 年度末パーティー & Thank You Dinner(^^)

今日も子供関係の行事で埋まった一日でしたが、お天気もよくいい週末でした(^^) まずは、お昼に開催の、Cub Scouts の卒業セレモニー&パーティ。年度末で、今いるレベルを終了した子供達に進級記章(ワッペンです)がスカウトマスターから渡され、9 月からは一つ上のグループで、ハイキングをしたり、キャンプに行ったり... 年相応の楽しいイベントが待っているという仕組みになっています。
ボランティアのお父さん達がグリルでハンバーガーを焼いたり、ホットドッグを作ってくれていて、子供達だけでなく親達も一緒にバーガーやホットドッグランチをいただきました。ランチの後は色々なアクティビティが目白押しな中、定番の綱引きが最高に盛り上がっていて楽しそうでした(^^) 自分達は夕方にやや遠い所にある町まで行く用事があったので、少々早目に退散でしたがとても楽しかったです。
話は変わって、本日のスポーツはバスケットボール。15 分ほど 1:1 をやったのですが、15分後には息切れ状態で子供の頃に比べるとすごい体力の低下だわ~と思いました。走るのに疲れた自分は、3 ポイントショットを立て続けに二本決めたら、ジャックの目がキラキラ。ただのラッキーショットなのですが、ボールがリングに触れず吸い込まれるように決まり自分自身ニンマリでした(^^)v
夕方は Lynwood の Alderwood Mall で買い物をした後、今年の 3 月から、ジャックの野球場への送迎を担当してくれていたバイト君のアパートまで送迎時に使っていたカーシートを受け取りに行き、ついでにこれまでのお礼を兼ねて近所のレストランで Thank You ディナーをみんなで食べて帰って来ましたが、動けないぐらい食べ過ぎました(^^;; 野球のシーズンが終わってしまったので、送迎のお仕事も終了になったのですが、うちから 2 分のグラウンドに送迎するために、こんな遠くからわざわざ来てくれていたのか~(ありがとう~)と旦那も自分も改めてバイト君には感謝でした(^^) ジャックはもう家に迎えに来てくれないんだ~と思うとちょっと寂しいと言っていましたが、City Tournament で一番盛り上がった一戦も最後まで観戦して貰ったし、お別れする前に一緒に夕飯を食べる機会も持てたのでよかったです(^^) というわけでお腹いっぱいの日曜日でした。

2017年6月10日土曜日

朝からスポーツ三昧 & プレイデート & Free Fishing Weekend

野球のシーズンが終わってしまったので、土曜日に早起きする必要もなくなってしまったのが嬉しいようで寂しいような... そんなわけで、夏休みも近いし、自分の中年太りも激しく進行中なので、365 Days of Sports!!(毎日スポーツ!)と題して、ジャックと毎日何かしらスポーツをすることにしよう! ということで意気投合(^^) こう言っては何ですが、旦那よりもジャックの方が自分のパートナーとしての資質を備えている気がします(^^)
今日はテニスラケットと野球のグローブを持ってジャックの小学校へ。小学校の敷地に隣接の公園にはテニスコートが二面あるのですが、退職して悠々自適風な(65 歳ぐらいの)カップルがテニスをしていて、それがもう超上手くて、あのぐらい、パワフルなラリーが続くようになるといいよね? と、ジャックも自分もかなり刺激を受けました(^^) 上手い人達(特にお年寄りや小さい子供達)のプレーを見ると本当にやる気が出ます(^^)
ジャックと軽くテニスでウォーミングアップして、野球のキャッチボールを始めた頃、携帯にジャックの親友のお母さんからメッセージが入り「今日、これから 3 時間ほどプレイデートしに遊びに来ませんか?」とのことで、ジャックは喜び勇んで Nerf Gun やらレーザータグのセットを抱えて親友 M君宅へ。M 君は午後にカンフー教室があるので、2 時頃 M 君宅へジャックを迎えに行きました。
プレイデートがかなり楽しかったようで、なかなか帰りたがらない(M 君もカンフーに出かけねばで、みんな忙しい)ので、「帰りに Top Pot ドーナツに寄って帰ろう!」とドーナツで釣ってM君宅を後にしました。Top Pot ドーナツで、自分は定番のチョコレートリング、ジャックはチョコレートバーを食べ、家で待っている旦那にはチョコレートバーを買って帰りました。
実は今日はワシントン州の Free Fishing Weekend で、ライセンス無しで釣りができる日(ジャックは子供なのでいつでも無料ですが、大人は普段は年間ライセンスか、一日用の釣りライセンスが必要)なので、近場の釣りスポットに家族で行く予定だったのですが... またしても旦那の(あまり熟考せずに決めた)プランにより、新しい冷蔵庫の配達&設置日で、結局夜 7 時過ぎまで家で配達の人達の対応に追われることに...
当初旦那のカリフォルニア出張直後の週末は、野球のシーズンが終わっていなければ野球、終わっていたら、釣りに行く予定だったのですが、一週間早く配達できるけど、どーします? と配送センターから言われたらしく、じゃ、今週で! と、慌ただしい週末だと知っていながらの予定変更。しかも冷蔵庫は梱包を開けてみたら大きな凹み(ダメージ)があり、さらに新品なのに、泥汚れが付いていたり...
結局古い冷蔵庫だけ持って行って貰うことに(冷蔵庫、無いと困るのですが、数日後に新しい冷蔵庫が来る手配をしたので) そうこうしているうちに夜 7 時過ぎになってしまい、旦那は冷蔵庫に繋げる水の管のキャップを買いに Home Depot へ行くというので、キサマのプランはいつもこれだから嫌なのだ!! と、思いつつも、キャップがないと水が常に管から流れ続けてしまうので、しょーがないっ! と思い、旦那を置いて、近場の Lake Washington で釣りでした。Lake Washington で釣れる魚は、水の汚染の問題もあり、基本的に Catch & Release か、一年に三匹ぐらいなら食べても OK という感じなのですが(よく行くスポットで見かけるアジア系の釣りおじさん達は、逃がさずに持って帰っているので、多分焼き魚や煮魚にして食べている模様)釣った魚をキープしたいジャック(食べるのではなく、ペットとして)的には、ちょっと不満そうでしたが、今日は本気で釣りモードというよりも、久々に釣りの(のんびりと魚を待つ)雰囲気を味わう程度でも十分だと思っていたので(冷蔵庫の一件で自分もかなり疲れていたので)一日の終わりに、よい息抜きとなりました。

旦那がいない一週間は、精神的にもかなりリラックスできてよかったのですが、旦那が帰って来た途端、キッチンには旦那が好きなマーマレードジャムがベットリ落ちていたり(視力が悪いから見落とすのだと思いますが)キッチンまわりがいきなりきたなくなってゲンナリでした(T_T) 結婚当時の方がもうちょっとマシだったのか、それともずっとこんな風だったのか? 自分でも最近若年アルツなんぢゃないかと思うほど、自分の記憶力に自信がなくなってきたのですが、うちの男共はジャックも含め記憶力が悪過ぎて、全然助けにならないのが難点です(><)冷蔵庫の配達のお兄さん達に、チップを渡す際に、$20じゃなくて、一人ずつに $10あげたいと、旦那が言うので、旦那に 20ドル札をを渡した直後に、10ドル札を探しにほんの 15 秒ほど旦那の傍を離れて戻って来て旦那に渡し、その後、旦那がチップをお兄さん達に払って自分の所に戻って来たので「さっきの 20ドル札返してね」と言ったら「え? 10ドル札と引き換えにもう返したよ」と自信満々で言われ、「いや、受け取ってないよ」と抗議したら、旦那が、いかにも、えー? 渡したのに、なんだよ、それ。でもここでまた大喧嘩になるのも嫌だから、とりあえず20ドルあげるよ、的な態度で20ドルをお財布の中から出してくれたのですが、横にいたジャックが「Daddy, you didn't give mommy $20.」 と、言ってくれたのですが、ジャックも相当記憶力がないからな~、益々わかんなくなってきたよ... 自分は受け取ってないと思うけど、もぅいいよ。自分がいつか本当にアルツと診断されて、何が本当なのかわからなくなってしまった時に、彼らの言う事も全く信用できない... と思いながら不満たっぷりな態度で 20ドル札を返そうとしたら、旦那がお財布ではなくジーンズのポケットの中に、自分が渡した 20 ドルを見つけ、「あ、返してなかったか(^^;」(デヘっ)みたいな... デヘっじゃねーだろ! と、自分はもうかなりキレそうになってしまいました。うちの家族の中で、自分が記憶力が一番よかったのですが、自分の記憶が曖昧になると、本当に生活に支障をきたすよな~と思った土曜日でしたが、そんな日だっただけに、湖で夕日を見ながらの釣りはよい心の休養になりました。

2017年6月9日金曜日

City Tournament 第五戦 ~ 今年の野球シーズン終了

3月下旬のオープニングデーから約 3ヶ月弱の野球シーズン。実際には 1 月の Winter Workout から練習開始で丸 5 ヶ月間、毎週野球生活だったわけですが、蓋を開けてみると、監督の采配力からして、優勝候補の一つと思われたうちのチームはリーグ内では最下位から二番目というしょぼい成績でスタートした City Tournament でした。が、その後はまるで映画のような展開に大いに沸きました(^^)
今年は本当に雨が多くて、寒空の下傘をさしながらの観戦の日々でしたが、第五戦でも青空から一転雨雲が上空を覆い、途中小雨が降る中での試合&観戦でした。この時点ではもう強いチームしか残っていなくて、今日負けても全然不思議はないという日だったのですが、前回の第四戦で勝てた事が何よりも嬉しい結果だったので、もうこれは正直オマケみたいな感じの第五戦でした(^^;;
金曜日の時点で Bellevue West リーグで City Tournament に残っていたのは、Coast Division では Red Sox と Pirates だけで、リーグ優勝の Cubs も敗退という中での快挙でした。聞いた話では、リーグ内で最下位だった Pirates が優勝した Cubs を破ったらしく、彼らも Red Sox のような熱い試合を経験したとの事^^
試合は前半から相手チームに押され気味で、決して悪いプレーではなかったのですが、相手の方が上手だった... というのが自分の感想でした。結構アッサリ負けたおかげで、早く終わったので、ゲーム終了後は背後のグラウンドで接戦を繰り広げていた Pirates の応援へと向かいました。コーチ陣はこの後、同じリーグ内の優秀な選手を集めたオールスターチームを率いて新たな対戦に向けて忙しい日々なのですが、ジャックや、オールスターに選ばれなかった子達は実質今日が最後の試合でした。
最後の回の、ジャックがホームに向かって走っている最中に最後のバッターが一塁でアウトになり、ホームプレートを踏んだ瞬間が End of 2017 Baseball Season というエンディングでした。親的には、もう勝っても負けても、もう大満足なシーズンだったので、よくやった! という感じで本当にいいシーズンでした(^^)

2017年6月8日木曜日

雨時々投資家:TSLA 最高値更新中! & 朝からニュースに釘付け

TSLA 株が最近また好調で、今朝も登校前のジャックとの会話は TSLA 株の話だったほど! その昔、TSLA は $300 を超えると思う... とこのブログでも自分の予想を書いていましたが、この勢いが続けば $400、$500 超えも全然夢ではないかな... と(^^) 最近トランプ大統領が、パリ協定からの離脱を表明して、かなり不評を買っていましたが、電気自動車に限らず、Tesla のようにクリーンエネルギーへの転換を推進している企業は多いので、アナリストによる、パリ協定の離脱=地球温暖化防止への取り組みをやめる、というわけではなく、離脱によってアメリカの温室効果ガス(CO2等)の排出量が激増する、というわけでもないとの予想は、多少は当たっているかな、と思います。自分もメーカーや消費者がクリーンエネルギーを利用する傾向を今後も維持する事で、温暖化防止に貢献できるはずだと思っています。うちの近所でも Tesla に乗っている人が増えて来ましたが、いつか Tesla が小型車を製造するようになったら、ガソリン車から電気自動車に乗り換えるよい時期かな? と(^^) 大きい車は最近だんだんと狭くなる駐車スペースにはちょっとキツいので、Tesla に Tiguan ぐらいの大きさの車を作って欲しいと切に思います。

ところで、今日は朝から FBI 元長官の公聴会の様子に釘付けですが、James Comey 氏の受け答えがとても明確で、曖昧さや隠匿しているような感じがなくて予想以上に見ていて好感を覚える公聴会ですが、自分的には、この正義感たっぷりな Comey 氏が、昨年のヒラリー・クリントンのプライベートメールアカウント使用の件には目を瞑る結果になったところに納得がいかなくて、ロシアとの関係云々の前にそこを明確にしてくれていたら... と思うのでした。そういうことを考えると、実に惜しい! と思う Comey 氏でした。ちなみに、自分と同じように、ロシアもそうだけどクリントンのメールの件はどうなのよ? と思っているのは自分だけではないようで、ネットでは昨年のメールの件での Comey 氏の発言などもふたたび取り上げられています。この公聴会の結果、何がどうなるということもなさそうな気がしていますが、今日は朝から James Comey 氏に釘付けでした(そろそろ会社に行かねば!)

2017年6月7日水曜日

ピクニックハイキング & チームで人気沸騰の Sen の弁当

今日の午後はチームイベントで会社から比較的近い所にある Bridle Trails へピクニックハイキングでした。このトレイルの近所にあるらしい? Sen (泉) というお弁当屋さん? (テイクアウト専門のお店) がうちのアジア系チームメートの間でものすごく好評だったので、そこから弁当をテイクアウト(アメリカ英語だと To Go) にして、ハイキング+ピクニックというイベントでした。
このトレイルはジャックの Cub Scouts でも来た事があるトレイルで、ダウンタウンベルビューからも割と近くて(どちらかと言うとカークランドに近い) 近隣の人達にも人気のトレイル。木陰も多くて大人のハイキングによい場所なのですが、乗馬用のトレイルでもあり、トレイルのあちこちに馬のうんちが山盛り状態で転がっているのがなんとも残念。産地直送! とでも言いたげなホカホカのうんちの山があったりするとうわ~(><)と思ってしまうのですが、デンマーク人の同僚が、「ただのうんこじゃない」と平然としていた姿には感心してしまいました(^^)
ちなみにそのデンマーク人の同僚はなんと、裸足でハイキングで、どんだけ自然が好きなんだ~!? と、感心するやら驚くやら... (^^;; そんなわけで裸足のデンマーク人を含む総勢 15 名でのハイキングでした。
夏にこのトレイルに来た時には、気温が高かったこともあり、風向きによっては馬のうんちの香りが森の中に漂っていたのですが、今日はうんちは落ちていても森の香りを損なうほどの強烈な香りではなかったのでよかったです(^^)
ハイキングの後は、ピクニックエリアに配達されたSen (泉)のお弁当をみんなで食べましたが、下手なレストランに行くよりも、そのお店のテイクアウト弁当の方が全然美味しく、満足度も高い! と思いました。(年を取って食べ物の嗜好が変わった事もあり)最近食べ物への執着がなくなってきたのですが、注文した鰻丼が美味しくて箸が進みました(^^)
同僚の話では、Sen (泉)のシェフはこれまでに色々な賞(アワード)を受賞しているとの事なのですが、鰻の切り方がちょっと日本の伝統的な鰻とは違ったものの、柔らかな身に美味しいタレがかかっていて大満足な鰻丼でした。うちの上司の上司が食べていた鯖塩弁当も美味しそうで、次回は鯖塩を試してみようと思いました(^^)

2017年6月6日火曜日

City Tournament 2017 第四戦 ~ 奇跡の一勝 & もしや若年アルツ!?  

 今日の試合は感動の一言に尽きました(*´ω`*) もぅまるで映画のスト―リーのようで、最後にはうちのめちゃくちゃ男気溢れる名物コーチも目に涙を浮かべていたほどいい試合でした。今日の対戦相手は、これまでうちのチームをことごとく打ち負かして来たチームで、リーグ内トーナメントの準優勝チーム。
日曜日の Pizza Dinner の時に、ヘッドコーチが自分に笑いかけながら、対戦相手を今度こそやっつけて欲しいよね(^^? と言っていたのですが、正直またボコボコにやられて、野球のシーズンが終わってしまうんだ... と日曜日の時点では思っていたので、ちょっぴり遠い目で微笑み返しな状態だったのですが... よくやったよ! Red Sox!! いや~もう感動しまくりでした。
男の子の成長過程に、父親以外にも信頼できる大人の男性が身近にいるとよい、というような事が子育ての本に書いてあったのですが、昨年のチームを含め、リトルリーグのコーチ陣は親としても彼らがジャックの人生の中にいて本当によかった、と思える人達ばかりで、とてもありがたく思っています。特に今年のコーチ陣にはうちの旦那にはない男気を感じます(^^)
今日の試合を映画にたとえると、ドラゴに勝ったロッキー(ロッキー4)、苦境を乗り越えておじいさまに正体を明かす日が来たペリーヌ(ペリーヌ物語)、Solomon Lane にやられっぱなしだった Ethan Hunt が最後に勝ったような喜び(Mission: Impossible - Rogue Nation)でした。これまでの対戦では、アタック No.1 でシェレーニナの十字トスの後に飛んで来た、ボルチンスカヤの殺人スパイクでボコボコにされたケニアのマヌンバ選手みたいだったうちのチームが、今日はすごい接戦の末、延長 7回の表に追加点をあげ、さらに裏を守り切っての勝利でした(´▽`*)
コーチも今日、この試合に勝てただけで大満足で、次はどこと当たっても、勝っても負けても、もう悔いはなし! みたいな喜びようで、親達もまさにそんな感じで、リーグ戦では勝てなかったけれど、それよりもさらに大きなトーナメントで勝てたので、これ以上の喜びはない(^^) といったところです。

ところで、今日が恐らくシーズン最後の試合になるだろうと思い、いつもジャックの送迎をしてくれているバイト君に、前回同様バーガーを買って来るので (5/18のブログがバックログ化していて未公開ですが)グラウンドで一緒に夕飯を食べながら試合観戦をしませんか?(ジャックも喜ぶし^^)と誘って、自分は仕事の帰りに Burger King に寄って Mercer Island へと向かったのですが... 例によって例の如く、島に入ったあたりから、ナビゲーションシステムがグルグルと変な道を告げるおかげで、島に入ってものの 3 分ほどで到着する場所に、30 分ぐらいかかってしまったという悲惨な状況に... Mercer Island の道がわかりにくい... ということであって欲しいという願いの反面、もしかして、自分、若年アルツハイマー症なのかも(T_T) という漠然とした恐れから、車を運転しながらかなりパニクっていた自分でした。以前は一度行った場所は地図などに頼らなくても行けていたのに、今では何度か訪れている場所なのに、曲がる場所がわからなくて何度も通り過ぎたり... あとは先日、ほんの数分程ですが、いつも使っている掃除機の使い方がわからない、という状態にも陥りアセったり... アルツハイマーにしては記憶力がよい、というのも事実なのですが、こういう事が起きるとかなり心配になってしまう自分です。最終的には辿り着けたのでよかったのですが、色々な事(特に古い友人、知人、芸能人など、人の名前と顔がわからない事が多々)があるので要チェックだと思っています。

今日の試合の様子(ほんの一部分ですが)はこんな感じでした。子供達の様子や、名物コーチの大声やら、リトルリーグの何もかもが来週にはよい思い出になっているんだろうな~(既に過去形)と思うと、どれも宝物のような瞬間でした(^^)
https://youtu.be/mhP3f3THuzo (子供達の様子)
https://youtu.be/do1rJU9txXQ (観客席からの様子)
https://youtu.be/uJI4GAeXAWc (試合に勝ってしまいました^^)
https://youtu.be/bbpyXHwC5lo   (試合後、解散前のかけ声のビデオ)

晴れ時々投資家: TSLA 最高値更新 & Stay in the game

朝起きて、何気に株価をチェックしたら、TSLA 株が $354 超えで最高値を更新していて、ジャックと朝から株価の話なんぞしていました(^^) トランプ氏が大統領になってから(もう彼が何をやっているのかもよくわからないぐらい政治のニュースは見ていないのですが)株価はずっと好調なので、ホントにもう、ロシアがどーのこーのと言ってないで、4年ぐらいトランプ政権でいーんぢゃない? と個人的には思っているのですが、いつかガクんとアメリカ経済が落ち込む日が来るのではないかな? と思うと、どこかのタイミングで売り抜けないと... とも思うのでした。(ちなみに、自分的にはロシアの件よりも、昨年発覚したヒラリー・クリントン氏の個人メール問題の方が、全然大問題だったのにもかかわらず、お咎めなしでうやむやになっていることに、疑問を感じる一人です。他の人は "不注意でした" で済む問題だと、本当に思っているのだろうか? といまだに疑問だったりします)

"Play Safe" で、欲の皮が突っ張ったような投資をしてはいかんよ、と思いながらも、既にジャックは、当初の目標額を達成している ($500 以上の利益) ので、ここで一旦潔く売ってしまうのもアリだという話をここ数日しているのですが、もしこのまま持っていたら、さらに株価が上がる確率はかなり高い (と思われる) から、"stay in the game" でこのまま暫く持ち続けても全然 OK だとも言っています。案外ジャックが大学に入るぐらいの頃まで(あと 8 年ぐらい)寝かしておいたら、軽く元金の 3 倍ぐらいになって、TSLA 株が母親との思い出の一株としてジャックの人生のを通してキープ... なんて結末もあるかもしれない? と思っていますが、過去に MSFT 株で、高値から一転どん底の低迷期に入り、長い暗黒時代が続いた経験があるので(← もぅ上らないかも? と全部売ってしまった人達も多々いるのを知っているので)そういう状況に陥る前に売る & 低迷期にやたらと損切りせず春を待つ(^^? みたいな、自称「負けない株」のやり方を教えたくもあり... 自分も低迷している株がゼロというわけではなく(Twitter とか^^;;)低迷具合にもよりますが、もう一波来るかもしれない? と思うものは、損切りせずに保持しています。BABA 株だけは、中国株でなんかやっぱり怪しすぎるという先入観に負け随分前に手放してしまいましたが、BABA 株もなんだかんだでちゃんと復活していて $125 超えているので、今にして思えば、持っていても悪くはない株でした。でも、なんだか怪しい、と、思っている時点で、買うべきではなかったのかもしれない? という反省もあります。以前テレビで見たウォーレン・バフェット氏のドキュメンタリーがいまだに印象に残っていて、彼の投資スタイルは今後見習って行きたいと思っています。子供が大人になる前に、親が教えてあげられることとして、まずは自分でやってみて上手く行ったら、ジャックにも伝授してあげたいと思っています(^^)

さて、株価の話で始まりましたが、今日の夕方は今年の野球シーズン最後の試合になるかもしれない一戦が控えていて、これまで家からグラウンドへの送迎を担当してくれていたバイト君も誘って夕方から(これが最後かもしれない)試合観戦の予定です。会社の帰りにバーガーとドリンクを買って Mercer Island に集合な火曜日です(^^)

2017年6月5日月曜日

ブログ更新、全く追いつかず(><)~ Webelos 最後のミーティング & Small World!!

毎日、毎日、色々な事があり過ぎ(^^? て全然ブログの更新が追いついていない状態ですが、この際バックログの事は後回しにして、とりあえず今日のメインイベントの記録から... 自分にとってのメインイベントは、プロのカメラマンによる顔写真の撮影でした。自分のような新入社員に限らず、前回撮って貰った写真が気に入らない人も参加 OK という撮影会でしたが、さてどんな仕上がりになっていますやら...
一方、ジャックの今日のメインイベントは、Cub Scout の Webelos 1 (小学 4 年生のグループ) の今年度最後の Den Meeting でした。近所の D 君のお父さんが Cub Scout のスカウトマスターをこの 10 ヶ月余りの間担当してくれて、最後のミーティングは D 君宅の裏庭で、焚火を囲んでの和やかなミーティングでした。
去年までは割と全部のミーティングに参加していたのですが、今年は野球の試合や練習とミーティングの日が被ってしまう事が何度かあり、ご近所なのに出席率が低くて申し訳ないっ、と心の底で思いながら出席と欠席を繰り返し、とうとう最後のミーティングに至った次第ですが、今日は運良く練習も試合もなかったのでちゃんとミーティングの始めから参加できてよかったです(^^)
D 君のお父さんが焚火で焼き上げたというパイナップルアップサイドダウンケーキ (Pineapple Upside-down cake) の出来具合が完璧で、非常に美味しゅうございました(^^) ジャックはハイキングと、料理という残りの必須アクティビティを完了したので来週末の Cub Scout 年度末卒業式で無事 Webelos 1 を終了して、もし来年度も Cub Scout を続ける場合は、Webelos 2 に参加できることに(^^) ちなみに、Webelos は、"We'll Be Loyal Scouts" の頭文字を取った略語です。

来年も続けるかどうかは、実はちょっと悩みどころで、毎年他のスケジュールとの兼ね合いが合わず 1 人、2 人ぐらい、Cub Scout から抜ける子供がいて、うちも来年はそのうちの 1 人になってしまうかも? しれません。

ところで、今日のミーティングで、ジャックの元クラスメートの子で、親子共々割と交流のある K 君のお父さんが、最近日本に旅行に行った際の写真を見せてくれたのですが、そのお返しに韓国経由便で日本に帰省していた時の写真を色々と見せていたら、「あれ? この人、サムソンに勤めている人? 妻がこの人の奥さんの友人で、彼は僕の患者さん(歯医者さん) の xxx にソックリ、いや、ソックリじゃなくて本人かも?」と言うので、「え? 彼は前職で仲良しだった同僚の xxx ですよ」という話で盛り上がり、なんと世間の狭いこと! (It's a small world!!) と真剣に思いました。3 人で一緒に写真を撮って、Facebook のメッセージに添付して送ったら、「おぉ~元気~? 夏にシアトルに帰って来るから会おう!」 と返事が来て、この夏は懐かしい友と再会できそうです(^^)

2017年6月4日日曜日

Little League Day: マリナーズの試合 & City Tournament 2017 第三戦

...というわけで、日曜日の午前中。旦那は日曜日の午後からカリフォルニア出張の予定が入っていたので、今年の Little League Day はジャックとジャックの親友の B 君の 3 人で行って来ました。朝 11 時過ぎに球場に付き、まずは 12 歳以下の子供達に無料配布のバットとボール (プラスティック製) を貰ってからファミリーパレードへ。
英国では全然人気がないという野球なので、英国生まれの B 君的にはど~でもいいスポーツなんだろな~と思っていたら、最初は控え目ながらも「野球? う~ん、いまいち、ど~でもいいです」というような反応だったのですが、観戦しているうちに、野球も案外面白いかも? という感じに(^^)
試合が始まる前に、時間が多少あったので、ジャックと B 君はそれぞれギフトショップで $20 分ぐらいの買い物をしていましたが、ジャックが自分の欲しいものだけでなく、マミーにプレゼント、と言って、シアトルマリナーズの "S" の文字のネックレスを買って来てくれたのには(親バカですが)Jack Love(*´▽`*) な気分でした。
結局 Safeco Field では三人で、綿あめ二袋、ホットドッグ三個、レモネードを平らげ、7 回の野球の歌の合唱の終わりまで球場内にいて、その後は駆け足で駐車場から車を出し、Safeco Field からの帰宅ラッシュが始まる前に脱出成功でした。特に I-90 が混んでいる時間帯でもなく、集合時間に間に合うぐらいの時間にグラウンドに到着。
余談ですが、B 君のご両親が Mercer Island 内の野球のグラウンドまで来てくれたので、B 君を家まで送り届けて、また出直して来る手間が省けて助かりました。B 君のご両親は、たまたま同じ公園内の別なグラウンドで試合中だった別なチームの親御さんの中に、彼らの歯医者さんがいた!? と言って、偶然の再会に驚いたという話をしていました。B 君はジャック達がプレーする姿を金網越しにじーっと見ていて、「ボクも野球がやりたい!」と英国出身で、野球には全くと言ってよいほど興味のないご両親達に懇願していて、英国生まれの B 君にも野球の面白さがちょっと理解できたのかも~(*´▽`*)と少々嬉しく思いました。

試合前に、今日がシーズン最後の試合になるかもしれないと思っていたに違いないコーチから、試合終了後は Mercer Island 内のピザレストランにみんなで食事に行こう! というメールが来ていたので、実質これがお別れ会になるんだろうな~と思っていたら、なんと、なんと、第三戦目に勝ってしまったので、しんみりお別れ会から一転祝賀ムードに(^^)次の試合は火曜日の予定で、対戦相手は同じ Bellevue West リーグで準優勝したチームなので、どうやら火曜日がシーズン最終戦になる確率はかなり高そうです。というわけで、第四戦へとつづく...