2017年5月31日水曜日

バイオハザード (Resident Evil)

仕事中にジャックが FaceTime(ビデオチャット) で話しかけてきて、テレビで放映していた Resident Evil (日本ではバイオハザードで知られるホラー映画)を少し見てしまったら、怖くて不安だから、早く帰って来て、との事。だからホラーなんて一人で見ちゃダメなのに~、と言ったものの、やはり子供には甘い自分なので、4 時頃帰宅し、月末のレポートは家から提出。夜寝る時も、昼間に見たホラー映画のシーンが脳裏に焼き付いて眠れないというので、寝付くまで一緒にいてあげて、ぬいぐるみ達によるコント? 寸劇? もどきで、気を紛らわせたりしていたのですが、ジャックが突然灯りをつけて、自分の皮膚が青紫色に変色していないかをチェックしていたのには笑ってしまいました。ウィルスに感染してもすぐにゾンビ化するわけではなく、突然ゾンビになって襲って来たりするのを恐れてのことらしいのですが、ジャック曰く、ゴジラとか、エイリアンとか、ジュラシックパークのような映画は、現実には起こりそうにない感じの映画だから大丈夫だけれど、バイオハザード (Resident Evil) は本当に起こりそうで怖いのだとか...(^^;;

2017年5月30日火曜日

City Tournament 2017 第一戦(^^)

リーグ内トーナメントが終わった後は、City Tournament に突入で、連休明けの火曜日は、シアトルでもお金持ちが多く住む Mercer Island のグラウンドで、そのエリアのリトルリーグのチームと対戦でした。旦那も自分も仕事を終えて、Mercer Island へ向かったのですが、この島(もどき)に来ると、なぜかナビゲーションがおかしくなるのが難点。
同じ所をグルグル回ったり、I-90 にまた乗るように指示されたりと、一体全体グラウンドに辿り着く事ができるのだろーか? と運転しながら心配になりましたが、野球のボールが金属バットに当たる音と共に、名物コーチの声が橋の下から聞こえ、車を止めて橋の上から見下ろすと、おぉ~あったよ~グラウンド~っ!! とほっと一安心。橋の上に自分の姿を見つけたジャックがライトから手を振ってくれました(^^)
ジャックの送迎を担当してくれているバイト君に、グラウンドに簡単に辿り着けたかどうか後でメールしてしまった程でしたが、無事に到着してみると、ジャック達のチームが圧勝していて、コーチも見学に来ていた親やおじいちゃん、おばあちゃん達も大喜びで試合を見守っていました。
ジャックはここの所スランプなのか? 全然バットに当たらなくて、アッサリ三振を取られ、うーん、そんなに速球でもなかったのに、何故に打てないのよ? と、親としてはちと残念(コーチもきっと残念がっていると思う)だったのですが、旦那は、三振に終わった子は他にもたくさんいるから... というのですが、これが今季最後のトーナメントなので、シーズンが終わる前にカッ飛ばして欲しいぞ~と切に思う母でした。とりあえず、第一戦目を勝利で飾り何よりでした。ちなみに、昨年の City Tournament 第一戦の様子はこんな感じで、やはり一年前の方がみんな子供に見えるな~と思いました。



2017年5月29日月曜日

メモリアルデー 3 連休: 3 日目 超おススメ、Olympic Game Farm

バックログ化して早 2 ヶ月なのですが、この Olympic Game Farm はワシントン州内でも超おススメな場所で、このブログでも絶対紹介しようと思っていたので、遅まきながら更新中! 夏休み中に機会があれば家族で、またはカップルで出かけても楽しい場所です(^^) 場所はオリンピック半島の Sequim という小さな田舎の町のさらに端の方にあるのですが、辺鄙な所にありながらも一度は訪れてみたい場所の一つです。
基本的にセルフツアーサファリパーク(専用のバスなどはなく自家用車で通過型)で、入り口で料金を払い、オプショナルで Whole Wheat (全粒小麦) のパンを買ってセルフツアー出発です。パンは動物達の餌なのですが、一斤 $2 で、うわ~見るからにお腹いっぱい! と思うかもですが、一人一斤は必要かと! 同乗者全員で一袋などと言っていたら、あっという間になくなってしまうので、多少余るぐらい購入がおススメです。
というわけで、パン三斤と共に、セルフツアー開始! ちなみに、他の人達のレビューを参考に、朝一で Olympic Game Farm に到着するように出かけました(前日から Port Angeles に宿泊していたので朝一でも楽に行けました)。午後に行くと、観光客がいっぱいで混んでいたり、動物達がすっかりお腹いっぱいになってパンを貰いに来てくれない... などの情報がレビューには書いてありましたが、朝は腹ペコな動物達でした^^
動物達は虎や、オオカミなどの危険な動物以外は園内を自由に歩き回っていたり、熊もとても低い柵 (でも通電しているので近寄らないように要注意!) の中で自由に歩き回ったり、寝ていたり(^^) 車で園内をゆっくり走っていると、まずは腹ペコなリャマの登場です。リャマにぶつからないように、ゆっくりと進むと窓の隙間から餌くれ~と鼻先を突っ込んできます(^^)

「ほら、お食べ~」「どんどんお食べ~」と、ここでパンをあげまくっていた自分達でしたが、後にそれは実に大きな間違いだったことに気づくことに! というわけで、このブログを読みながら、Olympic Game Farm に行ってみようかな? と思ったアナタ、リャマの後に餌をあげたくなる動物達がまだまだたくさん登場するので、是非ここはグッとこらえて、せいぜい 3 枚ぐらいで先へ進む事をおススメします(^^)
圧巻だったのは、エルクとバッファローで、どちらも自分達が映画のワンシーンにいるような、動物園ではちょっと味わえない楽しさでした(^^) ちなみに、混んでいるとこのあたりも車が数珠つなぎ状態になってしまい、やや楽しさ半減かもしれないので、繰り返しになりますが、混んでいない時間帯=朝一狙いがおススメです。
シアトルの Woodland Park Zoo のクマよりもここのクマの方が見応えがあり、こんなに近くに熊がいる~と感動でした(^^) こんな低い柵で、しかもこんなに間近にいると、後ろにファスナーとかついてないよね? と思ってしまいましたが、愛らしくもデカい熊達の姿に、ここはみんな車を止めて写真を撮ったりパンを投げたりしていました。
車は常にゆっくり動いていないといけないルールなのですが、ここではみんな止まっては徐行を繰り返していました。 園内にはいたるところに孔雀もいて、孔雀の鳴き声って、こんなにうるさかったのね(^^? ということを初めて知りました。
セルフツアーの後半になる頃には車がやや渋滞しはじめこんな感じに... 混んでいる時期に行くと、セルフツアーの前半からこんな感じになってしまうんだろうな~と思います。後半のコース内に虎などがいる檻があるのですが、そのあたりは、急に一方通行ではなくて対向車が現れたりするので要注意です(虎やオオカミを見るために、ぐるっと回って 2 巡目中の車な模様)
セルフツアーを終えた後は魚(トラウト)が入った大きな水槽のあるエリアと、その昔ディズニーの動物映画の撮影にも使っていたという納屋の見学に行きました。こんな人里離れた所に誰がこんなサファリパークを! と思っていたのですが、Olympic Game Farm は、28 年もの間、ディズニースタジオと専属契約で動物映画の撮影を行っていた場所とのことでした。
ディズニー兄弟の死後、ディスニーは動物映画の製作から遠のいて行ったそうですが、その後 1972 年から、Olympic Game Farm を一般公開するにあたり、Disney Studio はその後も Disney の名前を使う事を許可してくれたそうです (小さな田舎町の動物園にとっては宣伝効果大だったと思います)。動物好きなオーナーの心温まるストーリーなど、詳しくは、Olympic Game Farm の歴史をご覧ください。というわけで、夏休みにもおススメの Olympic Game Farm でした(^^)

2017年5月28日日曜日

メモリアルデー 3 連休: 2 日目 Hurricane Ridge

(更新が滞りがちですが、ブログ緩々と更新中)5 月末のメモリアルデーの 3 連休は、晴天に恵まれ山方面、海方面、どこも結構な人出でした。Kingston フェリーも、フェリー乗り場で 1時間半待ちでしたが、1時台のフェリーに運良く乗れて、オリンピック半島にある Olympic National Park 内の Hurricane Ridge へ行って来ました(^^)
どのぐらい雪があるのか行く前にチェックしていなかったのですが、Hurricane Ridge の東側の斜面は既に雪がかなり溶けていて、鹿の家族が草をムシャムシャ食べていました。気温も高めで、気持ちのよい一日でした。
前の週末のMt. Rainier 同様、雪遊びをするのを楽しみにしていたジャックは、雪がまだたくさん残っている西側の斜面を元気に駆け上がっては上からソリで滑り下り、また駆け上がっては滑り下りて来ていました(^^)
夕方 7 時過ぎでもまだこの明るさで、ジャックはもっと雪山で遊びたがっていたのですが、映画 Twilight でも有名になった Port Angeles のイタリアンレストランでの夕食を楽しみにしている旦那の希望もあり、7 時過ぎに下山開始。この夏は National Park の入場無料パスがあるおかげで、州内の National Park に足を運ぶ機会も多くなりそうです(^^) Hurricane Ridge へも雪が溶けた頃にまたハイキングに来たいと思います。

2017年5月27日土曜日

メモリアルデー 3 連休: 1 日目

来週の月曜日がメモリアルデーなので、今週末は 3 連休。朝から青空が広がる快晴で、夏のような暑い日でした。例年メモリアルデーの連休には旅行に行っていたり、アウトドアで過ごすことが多いのですが、今年の連休の 1 日目は、家関係でやらねばな事が溜まっているので、To Do List のバックログ処理的な 1 日でした。旦那はゲストバスルームの便器の取り換えに朝からかかりっきりだったのですが、便器の取り換えは、実は素人にも簡単にできる=$500 ぐらいセーブできる、ということで、旦那が Youtube ビデオで学んだ方法で取り換えてくれました。昨年の夏休みに温水器の取り換えに成功した(← すぐに来れる業者がいなくて、素人でもできますよ! と言われ試した)事でこの手の取り付けにちょっと自信が出て来た模様(^^)
旦那がトイレを付け替えている間、自分は(動物の仕業と思われる)穴の開いた網戸を張り替えるべくベランダで網戸と格闘でした。数年に一回ぐらいしかやらない作業なので、毎回必要なツールを探すのに時間がかかってしまうので、旦那が Home Depot に買い物に行った際に、新たに網戸の張り替え用のツールを一個買って来て貰う事に... こうやって同じツールが増え続けるのでした(^^;;
5 月ももうあと数日で終わりなのですが、6 月は学年度末 & Cub Scouts の年度末昇級パーティーなんぞもあるのですが、毎年規定のアクティビティを完了しないといけないことになっていて、今年はリトルリーグの練習や試合の日と Cub Scouts のミーティングの日が重なってしまって、必須のアクティビティをジャックは完了できなかったので、前回のハイキングに続き、今日はメニューを考え、材料を買いに行ったりそて、アウトドアクッキングに挑戦でした。
Coleman のキャンプ用グリルと、キャンプ用のストーブ(簡易コンロ)の両方を使って、マッシュルーム、ベーコン、バーガー用のビーフを焼いて、出来上がり。
ベーコンを乗せると何でも美味しくなる(^^)ということで、ベーコンバーガー。旦那はさらにチーズも乗せてベーコンチーズバーガーにしていましたが、旦那も最近ぶくぶく中年太り気味なので、もうちょっとカロリー制限した方がいーんぢゃないの? と。ま、自分もヒトの事は言えないぐらい太っているのですが...(^^;;
夜はジャックのテントの中から星空を見上げながら夕涼み。家の中の気温がかなり上がっていた(冷房があるのはマスターベッドルームだけなので)ので、ベランダに置いたテントでのひとときはかなり快適でした。iPad に入れてある、Star Walk というアプリで、夜空の星を確認しながら、太陽系内の惑星の拡大イメージを見たりしていましたが、自分が子供の頃に iPad やこんなアプリがあったらな~とつくづく思いました。
自分も子供の頃から天体に関する写真や本を読むのが好きでしたが、ジャックも宇宙やロケットなどに興味があり、そういう所は旦那や自分に似たのかも~と思います。旦那も天体観測が趣味だった(過去形になっていますが^^;;)ので、家には旦那の天体望遠鏡セットが転がっていますが、昨年は警察まで出動させてしまったり... 今年は旦那がミニキャンピングカーを買う予定なので、天体望遠鏡を積んで人里離れた場所で天体観測...も夢ではないかもしれません。

2017年5月26日金曜日

初自転車通勤(^^)

金曜日は朝から超快晴で、兼ねてより懸案だったオフィスへの自転車通勤を敢行(^^) 家からオフィスまで行きは自転車で 15 分ほどの距離で、思ったよりも早く着くことができました(^^) 母の日のプレゼントの一つだった、自転車通勤用のバックパックは、背中側に通気性のある素材が使われていて、背中が汗まみれにもならずなかなかグッド(^^)
肩紐もワイドで、ラップトップを背負っていても肩が痛くならず、予想以上に快適な自転車通勤でした。今いるオフィスにはシャワールームがないのですが、夏に引っ越し予定の次のオフィスビルにはシャワーがついているとのことで自転車通勤にはさらによさそうです(^^) ドイツ人の上司が先週自転車通勤 (彼女も家が会社の近所) していて、それに触発されたというのもありますが、会社で出るタダ飯+スナックのおかげで入社 3ヶ月で 5 パウンド(2.2㎏)も増えたので、本気で運動しなくては~と思っていたところでした。ちなみに行きは下り坂が多いのでかなり楽勝なのですが、逆に帰りはきついので、距離的には少々遠回りですが上り坂が少ないルートを通って帰宅でした(^^)

2017年5月25日木曜日

リトルリーグ、リーグトーナメント終了 ~ ベイブと呼べる男らしさ(^^?

二戦目であっけなく優勝レースから脱落後、その後の第三戦でも負けてしまい、ちょっとブルーだった Red Sox でしたが、リーグ内でのトーナメント最終戦となった今日の試合は、18 -4 ぐらい? の圧勝(あまりにリードしていて途中から何点なのかどーでもよくなってしまったほど^^;)で、優勝は逃したこのの、こういう終わり方も、ま、いいかな(^^? と思えた最終戦でした。
旦那と自分が、キャッチャーの真後ろにある特別席? でピクニックディナーを食べながら観戦していたら、左上の写真で三振になったばかりのジャックがまたしてもベンチを抜け出して来たので、ちゃんとチームのみんなと一緒に応援しなきゃダメだよ~と言っていたのですが、自分達の姿を見ると子犬のように駆け寄って来るジャックです。
相手チームには散々な試合だったとは思うのですが、一人ホームランをかっ飛ばした子がいて、その子には敵も味方もなく、みんな拍手を送っていました(^^) というわけで、来週からは今度は City Tournament(シティトーナメント)で、近隣の市のリトルリーグとの試合が始まります。そしてそれが終わったら春の野球シーズン終了で、夏休みに突入です。
ところで、今年は熱血コーチのチームの下でプレイしてきたジャック達ですが、試合などでコーチが良くも悪くも熱くなって来ると、子供達の事を「ベイブ」や「ベイビー」と呼ぶのですが、最初はちょっと抵抗があった(自分自身が彼氏にもベイブなどと呼ばれたくなかったタイプなので^^;;) のに、今ではむしろそこに男らしさを感じてしまうというか、人間変われば変わるものだ、というか(^^;; とにかく、他人の子供に向かって太い声で「カモン! ベイブ!」やら、「ベイビー!」と言える男性は、男の中の男なんぢゃ? と思うほど、男らしさを感じます。うちの旦那には口が裂けても他人の子供に対して言えない言葉で、「ベイブ!」と大声で怒鳴っているうちの熱血コーチは、あれはあれで実はカッコいいんぢゃないか? という結論に達しつつある自分です(笑)

2017年5月24日水曜日

Cubs、優勝おめでとう\(^o^)/

水曜日はリーグトーナメントの決勝戦の日で、試合に出ないチームも優勝決定戦を観に来るべし! とメールが来ていたので、夕方から試合を観に近所のグラウンドへ行って来ました。決勝戦はうちのチームをボコボコにして駒を進めた Blue Jay 対 去年ジャックが所属していたチームのコーチ率いる Cubs
夕方 6 時から 8 時までの試合なので、保温ジャーにチキンヌードルスープを入れてピクニックディナーを食べながら試合の様子を見ていたジャック。Cubs には昨年一緒にプレーした友達も何人かいるので、金網越しにベンチにいる友達に声をかけたりしていましたが、試合は前半から Cubs がリードしていて、昨年は優勝には程遠かった Cubs も今年は当たり年のような勢いが感じられました。
10 -5 ぐらいのリードがあったのが、最終回には 10 - 9 と追いつかれ、これはもしかしたら Blue Jay の逆転優勝もあるかも? と、他人事ながらもかなりヒヤヒヤしながら家族三人で見守った最終回でした。 そして 6 回裏を守り切った Cubs 優勝の瞬間は本当にジーンときました(*´ω`*)
昨年、今年と二年連続で Cubs でプレーしている子の親達や、コーチにおめでとう! と声をかけ、メダルの授与を見届けてから家に帰りましたが、やったね! Cubs!! すごい快挙! と他人事ながらも自分の事のように嬉しく思いました(^^) ちなみに、ジャックは Cubs 時代に仲良くしていた青い目の R 君に会えて喜んでいましたが、4 年生になった R 君、ますますカッコよくなっていました(^^) というわけで、Cubs! 優勝おめでとう!

2017年5月21日日曜日

雪山にパジャマ!? ~ 今年初の Mt.Rainier Paradise(^^)

昨年 National Park Service が 100 周年を迎え、昨年の夏休みのブログでも紹介した、オバマ政権時代に始まった Every Kid in a Park プログラムで貰った National Park 入場無料パスを使って今年初の Mt. Rainier (レニア山) へハイキングに行って来ました(^^)
日曜日は夏のような暑さで、いまだに深い雪に覆われた Paradise 側のビジターセンター付近では、T シャツに短パンでも寒くないという陽気でした。今回カリフォルニアから越冬を終えてシアトルに戻っていた美術部員兼お散歩の友の Y子さんも一緒だったのですが、久々の再会で車中もずっと日本語で話していたら、後部座席で車酔いしていたジャックの声に気づいてあげられず、吐いてしまったジャックでした(T_T)
カーブの多い山道で、ずっと iPad で遊んでいたのも敗因ですが、麓で立ち寄ったマクドナルドのチョコレートシェークが逆流してしまったようで、着ていたシャツもズボンもチョコレートシェークまみれに... ビジターセンターのお土産屋さんでシャツは売っていたのですがズボンは売っていなくて、唯一使えそうだったのが、このピンクのパジャマのズボンだったので、とりあえず購入。
自分とジャックは、靴や洋服のサイズがほぼ同じになってきていて、自分が履いていたハイキング用のズボンをジャックに譲り、自分はお土産屋さんで買ったピンクのパジャマを着て雪山を上ることに...(^^;; 寒い日だったら凍死しそうな薄着でしたが、ラッキーなことに木綿のパジャマでも大丈夫な陽気で助かりました(^^;;
ウェストは自分の半分ぐらい? しかないジャックながら、足の長さはほぼ同じぐらいになってきて、お土産屋さんで買った Mt. Rainier の写真付き T シャツと、自分のハイキングパンツを履いて雪遊びに余念がないジャックでした。車酔いは吐いた後は結構回復が早いので、それが救いでしたが、ジャックにとって生まれて初めての本格的な車酔いで、かわいそうな目に遭わせてしまったと思いました。ゴメンね~ジャック!
Paradise Inn では今季のオープンに向けてスタッフが既に仕事をしていたのですが、こんなに雪に閉ざされた状態で今週中にオープンできるのだろーか? と思いました。今まで何度も訪れている Paradise Inn ですが、建物が雪で囲まれている時期に来たのはこれが初めてのような気がします。
ちなみに秋の紅葉の時期に Paradise Inn に訪れた時はこんな感じでした。ところで、昨年から今年にかけて、記録的な降水量のおかげで、Paradise 側に来る途中にある Alder Lake (去年までは干上がるほど水不足だった湖) の水位がかなり上がって、ほぼ元通りになっていたのが印象的でした。一昨年あたりは、湖の底が見えていて深刻な水不足になったりしないのか? 心配でしたが、この一年雨続きだった甲斐がありました(^^)

2017年5月17日水曜日

健康メモ: 遅まきながら 10 歳児検診 & 思春期に向けての色々

今年も誕生日から数ヶ月経ってしまったあたりでようやく連れて行った年に一度の子供の健康診断。本来誕生日の前後一週間ぐらいの間に受けるべきな健康診断なのですが、今年(10歳)は、何のワクチンの接種もないということで、とりあえずほっとしました(来年はワクチンの接種があるとの事)

ジャックが生まれて以来ずっとお世話になっているのは、(自分達よりも)若い女性の小児科医なのですが、十年の年月は自分達だけでなく、彼女にもやはり重くのしかかっていて... なんて書き方をすると先生に失礼かもですが(^^;; 旦那と、Dr. B、随分老けたね... と自分達の事を棚にあげ、久しぶりに会った先生の姿についてあれこれ語る自分達でした。お医者さんもやっぱり中年太りするんだ~と、マフィントップ=お腹の贅肉が服の上から見える先生の豊かなお腹を見ながら、医者も所詮は人間なんだよね(^^;; と思ったり... 

さて、早いもので、もう10歳 (2桁) なので、今年か来年には、親子で男の子向けの保健体育? 別名、性教育のクラス(← 思春期の子供達にあんな事やこんな事を教えるクラス) に連れて行くとよいですよ~と言われ、ついでにジャックに「思春期って何だか知ってる?」と聞いていて、ジャックは「なんとなく知ってる。マミーが教えてくれたから」みたいな返事をしていましたが、さすがお医者さんだけあって説明が上手だな~と思いました。少年から一人前の男になる? みたいな話ではなく、リトルリーグでの野球選手の例を交えながら、これからさらに強くて速い選手になるのが puberty だから、楽しみにするように! と説明していたり、去年あたりから、汗が男臭い時があるという話をしたら、これからはスポーツの後は眠くても、疲れていてもシャワーは必須よ! と念を押してくれたり、制汗剤を使うのもよいしとアドバイスをしてくれたり、親的にも安心して聞いていられる説明でよかったです。旦那はジャックとほとんどそういう話をしないので、なんか自分のいい加減且つストレートな英語で聞く思春期の話に比べたら、かかりつけの Dr. B の話の方が本当に 50 倍いい話だと思いました(笑)

ちなみにジャックのクラスには背が高い子が(男の子も女の子も)結構いるので、ジャックの事も平均よりちょっと背が高いぐらいかと思っていたら、75パーセンタイルから、90パーセンタイル(=100人いたら、10番目に背が高い=平均よりもかなり身長が高いグループ)に入っていて、あぁ、もうじき本格的に思春期突入なんだな、と思いました。体重は、相変わらず 25 パーセンタイルと痩せ型で、Dr. B 曰く、アジア人の子は 20 代後半ぐらいまでずっとスリムなまま育つから、いっぱい食べさせても多分太らないと思うわ、と言われ、うーん、かなりふくよかなアジア人の子供達がいっぱいいるのに... 不思議だ... と今年もまた思いました。

とりあえず、来年のための健康メモとしては、11歳児検診ではワクチンの接種アリ! とのこと。

2017年5月16日火曜日

トーナメント第二戦、あっさり敗退(T_T) ~ 単なる迷信だとは思うものの(^^?

なんというか... 勝負の世界は非常やね... と思った試合でしたが、相手チームが強かった、というだけじゃなくて、これまで一度も勝てなかった相手でもあり、ちょっと気負けしていたのも敗因かな? と。コーチ陣は今度こそ勝って優勝決定戦へ駒を進める気満々だっただけに、名物コーチの辛そうな顔を見るのが心苦しい気さえした第二戦でした。
途中から雨も降って来て、反撃の機会を得られないまま、開く点差に応援の声も小さくて、うーん、ピンチな時ほど元気を出さねばなのだよ~と思いましたが、よくよく見ていると、子供というのは、あ、もぅダメだな、勝てないな、と思ったら(試合を捨てているわけではないけれど)、勝手に気持ちの中で終わってたりして、別に元気がないわけではなく、Move on! (また次回、じゃ! また!) みたいな(;´Д`)
「Fight! Fight!」(最後まで戦え! 戦うんだ!) と叫ぶコーチの姿が 70 年代のボクシング映画のロッキーシリーズを彷彿とさせるものがあり、なんか自分も心の中で 「You can do it!」と呟きながら観戦していました。ところで、非科学的なモノはあまり信じない(前世占いとか)自分ですが、"予兆" にはかなり敏感で、この試合が始まる前に既に今日は負けるだろうな、と思う出来事があり、敗退を予感していました。
試合前、家でジャックがユニフォームに着替えたりするのを待っていた時に、ジャックの部屋にこの 3 年間ほど飾ってあったドリームキャッチャーが絨毯の上に落ちていたので、拾って元の位置に戻そうと拾い上げたら、Push Pin(プッシュピン、画鋲)の針の部分が指に刺さり、痛っ! (ここで既にかなり不吉な予感)、次にドリームキャッチャーを元の位置に戻そうと Push Pin を押し込んだものの、うまく固定できずにドリームキャッチャーごと絨毯の上に落ちて、これって悪夢が現実になる予兆? と思ったほどでした。結局元の位置には戻せず、ジャックの部屋の壁の別な場所にピン止めしておきましたが、アニメの見過ぎなのか、日本人だから迷信深いからなのか? 悪い事が及ぶ範囲を最小に留めるために、(結界を張るとか、呪文? を唱えるとか)何かをしなければうちの子が危ない... という気分にかられ(← いや、ホントに^^;; 非科学的なのですが、母親としてはそんな気分になるのです) まずは庭先に眠る Mr.W のお墓に墓参り。庭に咲いている花をお供えして拝んだものの、所詮猫なので、これでは悪い予感を中和するにはちょっとパワー不足かも?(← 何のパワーなんだか、実に非科学的なのですが^^;)と思ったので、ジャックの部屋に飾ってある、厳島神社で買ったお守りをジャックの野球バッグに入れてから試合に向けて家を出ました。試合の途中、バッターボックスにいたチームメートの子の指にボールが当たって爪が割れてしまったりと、ヒヤヒヤする場面の直後に迎えた最終回。最終回の二死満塁という状況でジャックの打順が回ってきてしまい、旦那も自分もうわ~っ、これはキツイ~とガクガクブルブル(;゚Д゚) うちの子の打席のせいでコーチやチームの優勝決定戦への夢が完全に断たれたら面目ないっ! と思いながら見守っていました(でも既にかなりの点差がついていたので、現実的に考えると、夢は随分前に打ち砕かれていたのですが...^^;;) 苦しい時の神頼みで、どうか三振しませんように! と心の中で祈っていたら、相手のピッチャーの子のペースが乱れ始め、コーチがジャックに「バットを振るな!」というサインを送っていて、幸運にもフォアボールで一塁へ。ここでストライクが立て続けに入って振らずに三振... の可能性もゼロではなかったのですが、アウトにならずに済んだ時に、厳島神社のお守り、効いたのかも(^^? と思った母でした。ジャックが一塁に出たおかげで、押し出しの1点が入り、引き続き二死満塁という緊張の最終回の続きを引き継いだのは、ジャックの次の打順の子でしたが、これはもう傍から見ていても 10歳児が背負うにはものすごいプレッシャーで、結局その子が凡退して試合終了。最終的なスコアは、13 - 8 と、なんともアッサリ、そしてボコボコにやられたトーナメント第二戦でした。

それにしても、いつもどちらかと言えば運だけはよい方の自分なだけに、何か不運な事が待ち受けている時には、なんとなく事前にわかる(予兆、サイン? や気配を感じる) & 逆に何かいい事が待っている場合にも、事前になんとなくわかることが若かりし頃から多々あったので、自分ではちょっと超能力入ってるかも(^^? と思っていたりします。

2017年5月15日月曜日

またしても雨の中で練習 ~ 決戦は火曜日

火曜日の試合に向けて最後の練習になるはずの月曜日も、またしてもこんなお天気でしかも気温も低め。非科学的ですが、こんなに雨に降られるのは、絶対チームに雨男がいるに違いない! と思っているのですが、子供達は雨の中でもあまり気にせず練習していて、子供ってすごいよな~と思いました。ちなみに火曜日は雨でも雷が鳴らない限り試合続行。
熱血コーチ陣にしてみると、明日が実質今季最大の決戦の日で、この試合に負けたら優勝への道が断たれる... ということで、すごい熱の入りようだったのですが、子供達も宿敵? との最後の決戦を前に、明日こそ! という想いはあったんじゃないかな~と思いました。ところで若干二名ほど、ものすごい咳をしている子がいて、明日の試合に出られるのか~? とちと心配になりました。
昨年無敗の優勝チームを率いた名物コーチにしてみると、ホントにもうこれが最後というか、正念場というか、どうしても勝ちたい! という思いでいっぱいなのが見ていてわかるのですが、そういう大人の事情は抜きにして、子供達に「いーか、おまいら、今こうやってリトルリーグで野球をやっている瞬間を存分に楽しんでおくんだ!朝起きて気がついたら高校生になっていた...なんて日がすぐに来てしまうんだぞ! 」みたいな事も力説していて、ホントにそうなんだろうな... としみじみ思いました。今年は全然お天気に恵まれない感じなのですが、それでも暑い日に練習や試合があるとなんだか半日放置されたチキンナゲットみたいな香りがする=マミー、脇の下からチキンナゲットの香りがするから嗅いでみて~ そんなに臭くないよ~(*´▽`*) みたいな脳天気な事を言っているジャックですが、寒い日にみっちり練習や試合があっても汗臭くならない今ぐらいの年齢は本当に Wonder Years だな~と思います(^^)

2017年5月14日日曜日

母の日 2017 (*´▽`*)

今年の母の日は自分がフルタイムの仕事に復帰している事もあり、例年のように母の日の旅行には出かけず、家でのんびりな一日でした(^^) 実際にはのんびり... というほどのんびりできなかったのですが、まずは Breakfast in Bed で、ジャックが朝 6 時から起きて準備をしてくれていて、ほのぼのした朝食でした(^^) ちなみに朝食のメニューはこのてんとう虫付きカップケーキと目玉焼きでした(^^)
今年のお花は、花束よりも長持ちしそうだと思ったので鉢植えをリクエストしたら、鉢植えのミニローズをジャックが選んでくれました。ジャックは家族には結構太っ腹な子(^^;;で、貯めたお小遣いやら、TSLA 株での含み益が 4 株で $400 弱あることも手伝って、巨大な蘭の鉢植えをお小遣いで買ってくれそうな勢いだったのですが、浪費はいかんよ! と、小さくてかわいい鉢植えを選んでもらったのがこちらです(^^)
そしてこちらが学校で作ったという、ジャックの自信作の手作りポップアップカード。本人も満足の仕上がりで、とてもよくできていました(^^) クラスでもかなり上手に出来た方だと言っていましたが、またしても親バカ全開ですが、子供にしてはかなり上出来なのでは^^? と思いました。
正面から見るとこんな感じのポップアップカードで、チューリップが咲いていたり、川が流れていたり、橋が架かっていたりと、親バカですが、なかなかよくできたカードでした。中央には、ジャックのお気に入りの Munchkin Cat(マンチキンキャット)の写真が貼り付けてありました(^^;
カードの他にも小さなメモに書かれたメッセージやら庭から摘んで来たお花などが朝食のトレイに乗っていましたが、定番の You are the Best! に加え、自分を讃える? 形容詞にやたらと Funny=面白い、が増えていて、昔は Mommy, you are so beautiful!(マミーはキレイ!) みたいなメッセージが多かったのに、今年はキレイから面白いにすっかりシフトしていて、子供ながらに母親の本性を見抜いたのかもしれないと思いました(自称お笑い系なので...)
ちなみに朝はいまいちなお天気で、雨も降っていたのですが、ジャック曰く朝 7 時には外に出て、朝食の飾り用に庭先に生えている木から花を摘んできてくれたのだと誇らし気に語っていました(^^)

午後には気持ちのよいお天気になり、貰ったミニローズを日光浴がてら裏庭側(ベランダ)に出しておきました。デスクで植物を育てている同僚もいるのでミニローズを会社のデスクで育てようかと思案中。

ところで、母の日なのでのんびりしたかったのですが、ジャックが一緒に遊ぶプランとやらを練っていたおかげで、朝食が済んだ後はジャックとベアの秘密基地もどきを作るアシスタントとしてこき使われていました(苦笑) 「ボクが基地を作るから、マミーは旗を作って! 旗には戦車と戦闘機の絵があるといいな(^^)」と注文の多いジャックでした。
そんなこんなで出来上がったのがこちらの旗と秘密基地。10 歳児のジャックの目にはすごくイケてる秘密基地と旗に見えるようで、嬉々として砲台用の穴から Nerf Gun を撃っていました。
今年の母の日はギフトの充実度が高く、自転車通勤用の新しいバックパックに始まり、衣類では会社に着て行けるようなワンピースやカーディガン、老化の波が止まらないお肌のお手入用には、これまでも愛用している緑色の美容液や、資生堂の SPF 36 のファウンデーション、使用感は Estee Lauder の美容液にちょっと似てるかも? な資生堂のアルティミューン、香水はほとんど使わない自分なのですが、ジャックが好きな香りの Marc Jacobs の Daisy シリーズ 3 本入りや、Crabtree & Evelyn のハンドクリーム等々、毎日使えるものや、身につけられるものが盛り沢山の母の日でした(^^)