2017年4月19日水曜日

桃栗三年... 栗の二年後... & 芝刈りおじさんの仕業

2015 年の晩秋に、ジャックの小学校の近くに落ちていた栗を拾って庭先に植えていたら、昨年の 4 月に栗から芽が出て葉が付き始め、これは楽しみ(^^! と思って観察していたら、植えた場所の土が痩せていて、しかも粘土質なので根が思うように伸びないのか? 発育の速度が遅くなってしまったので、掘り起こして鉢に植え替えたのが昨年の秋頃でした。
植物も人間と同じで、悪い土壌で育てるとうまく育たないんだな~と思い、植え替えた鉢の中は、肥料などが混ざった肥えた土を入れて陽当りの良いベランダ側に置いていたのですが、寒かった冬を乗り越え、春になって勢いがついてきた栗の木です。こちらの写真は 3 月に撮影したものですが、4 月に入ってからは葉がさらに大きくなり、成長ぶりを見るのが実に楽しみです。
こちらは根元に近い方の写真ですが、細いながらも木の幹らしくなってきて、このペースで大きくなって行ったら、今年の秋ぐらいにはまた土に植替えられるようになっているかも? と楽しみです(植替え先=前庭の土の入れ替えが必要になるかもですが...)下の写真は上から見た写真で、葉っぱ随分大きくなっているのがわかります(^^)
ところで、動物が集まる家、植物が育つ場所にはいいエネルギーが集まっていると思うのですが、うちは割と動物もやって来るし、植物も適当に育ち、いい感じなんぢゃないか? と思って昨年ガーデニングプロジェクトで、お花の種を大量に発芽させて、庭に植え替えたまではよかったのですが... 実はうちの庭の芝刈りに来るベトナム人のおじさんが、昨年自分が植え替えた植物の芽に向かって何かスプレーをシュッ、シュッと吹きかけているのを見かけたのですが、実はそれが雑草の除去剤だと悟ったのは元気よく伸びていた芽が翌日にはみんなクタ~っとなってしまったのを見た時でした(芝刈りおじさんめ~っ!!)冬の間はご無沙汰していた芝刈りおじさんが、春になってまた芝を刈りにやって来たのを見て (基本的に好きな時にやって来て、芝刈りをして、請求書を送って来るというパターン) 昨年の苦い思い出を思い出してしまいました(ーー; とりあえず、今のところはこの栗の木の成長を見守るのが楽しみになっています(^^)