2017年4月16日日曜日

春休み 9 日目: Easter Egg Hunting 2017 準備編 & 怖い体験

今年もまたイースターの時期がやってきました。去年同様、朝起きたらイースターエッグハンティング (Easter Egg Hunting) をするのを楽しみにしているジャックのために、色付きの卵を作ったり、プラスティック製の卵に入れるチョコレートを買って来たり、と準備に追われていましたが、なんといっても部屋の中に卵を隠すのが一番の仕事でした。
前日からカラーエッグ作りを始めましたが、今回は卵が 3 個しかないのをよいことに、ゆで卵を 3 個作って、紫、青、緑の 3 色のカップに浸けておくこと 1 時間余り... 水の量が少ないほど濃い色に染まるのですが、ちょっと水が多過ぎたようで、パステル調な青と緑に、紫というよりはピンクに近い色に染まった卵達でした。
染色用のプラスチック製のカップから取り出した後は、表面が乾燥するまでエア―ドライ状態(乾かしている間に、土曜日はミニゴルフに行ったりしていました)
卵の表面が完全に乾いた所で、ゴールドの塗料を付属のスポンジで塗るのですが、ゴールドの塗料をたっぷり塗ると下地の色など関係なく、ただの金の卵になってしまうので、表面に薄く伸ばすように塗って行ったら、パール調というか、パッケージの写真とは全然似て非なる仕上がりになったのですが、これはこれで良しとしよう、という事でジャックは寝る時間になったので作業を終えてベッドへ。
実は今年はプラスチック製のイースターエッグの中に入れるチョコレートやお菓子以外の小物を何も買っていなかったので、ジャックを寝かしつけたあと、夜 11時頃近所のスーパーへ買い物に行ったのですが、実はそこの駐車場で怖い思いをし、今後は二度と夜中に買い物に行くのは止めよう! と思いました。ちなみに旦那はまだ会社で深夜残業中で不在でした。
近所のスーパーで、水に入れると大きくなるスポンジの玩具を見つけたのでそれを掴み、あとは個別包装になっているチョコレートを買って(このHERSHEY'S のスペシャルダークチョコレートはかなりヒット^^) レジに並んでいたのですが、レジにはイースター間際にチョコレートや風船を買って帰るお客さんの列ができていて、なんだかんだで深夜までお店にいてしまった自分。
駐車場に行くと、自分の車の真横に止まっていた車から、非常識なほどの大音量の音楽が流れていて、運転席には黒人の男性が座っていました。その向かい側の車には白人の男性が運転席に乗っていたのが見えたので、もし何かあったらその人に助けを求めようかと、一瞬頭の中で考えましたが、素早く車に乗り込み、ドアをロックしてエンジンをかけました。
ギアをバックに入れ、とっととこの場を立ち去ろうとした瞬間、隣の車の向う側(多分助手席側から)、浅黒い肌でもアフリカ系アメリカ人の黒人ではなく、インド人のお母さん風の女性とその息子と思われるインド人風の男の子が二人、自分の車の目の前に歩いて来ました。その瞬間に、ヤバい、ヤバい、女性の一人買い物客で完全にターゲットにされている!! と冷や汗がタラり。
その女性や子供、そして隣りの車の中の男性と目が合い、こんな時間に知らない人がが話しかけて来たら、お金をせびられるとしか思えない、と思い、女性と子供に危険にならないように注意しながらバックを続け、そのまま駐車場から逃げるように走り去りましたが、今回の事で、お店にいる間からチェックされていたかもしれない、と思うと家に帰り着いてもドキドキしまくりでした。
最近のベルビューは人口が増え、こういっては何ですが、見るからに娼婦のような女性が夜に一人で歩いていたり、買い物に来ていたりする姿を見かけるようになったり、派手な車や、マフラーを改造して爆音状態で走る車が増えたりして、治安が悪くなって来た感じがしていたのですが、イースターを控えて、ついつい夜中に買い物に出てしまった事を激しく後悔しました。
後ろから車で尾行されたらどうしよう? と思い、バックミラーに映る車の陰に怯えながらも、とりあえず無事に家まで帰り着いた後は、気をとり直して総計 54 個のプラスティック製の卵にチョコレートやスポンジの玩具を入れて部屋のあちこちに隠し始めました。ジャックのホームドクターでもある、ドクター・マミー・カンガルーのポケットにも一個(^^)
本物のゆで卵に混ざって、プラスティックの卵もエッグスタンドに立てておいたり... 余談ですが、エッグスタンドと言うと、若かりし頃新婚生活の必須アイテムのように思っていた食器の一つです(^^; 小さなテーブルの真ん中にはコップに入ったお花があって、白いエッグスタンドにはゆで卵が、そしてトーストとコーヒーとジャムみたいな朝食の風景が幸せの構図のように思っていた時期がありました。
結局夜中 1 時半頃までかかって、あちこちに卵を隠していましたが、保護色になって見つけにくそうな場所を探しては、一人でニンマリする自分。ここはなかなか見つからないだろう、と思い、ジャックの玩具の中に隠したり、あまりにも目と鼻の先にあって見落としがちな場所等々(^^)
54 個の卵を隠し終わった後は、ジャック用にメモを残しやっとお仕事終了。ふと、もし夜中の駐車場でトラブルに巻き込まれ、家に無事に帰り着く事もなく、卵を隠す事もなかったら... と思ったら、無事に家に帰れて本当によかった、と思いました。自分も年齢的には年寄りグループとなり、油断して夜中に一人で買い物に行ったりしたら、恰好のターゲットになってしまうということを再認識した夜でした。これからは、どうしても翌日に必要なモノがある時で、買い忘れてしまったものがある場合には、深夜に買い物に行くのではなく、早朝に行くようにしようと思いました。