2016年11月30日水曜日

Garden d'Lights 2016

今年も Bellevue Botanical Garden で開催中の冬のライトアップイベント Garden d'Lights に家族で行って来ました(^^) 昨年に比べると、ライトアップしているエリアが縮小されていたのですが、イベントの Web サイトにも "THE LIGHTS ARE BRIGHTER THAN EVER!" と書いてあったので、ライトの個数自体は多分変わっていない感じ(レイアウトが変わっただけ?)でした。イベントはサンクスギビングデーの直後から始まり 12 月末まで開催中。ちなみに今週の平日と来週の木曜日までの平日は入場無料デーになっています(^^)
今年は雨が多くてお天気がいまいちな非が多いですが、今日のように夜には星空が見える日もあるので、雨や雪が降る前に見に行くとよい冬の恒例イベントです。

詳しいイベント情報はこちらのリンクをご覧ください!

悲報: 尻尾がちぎれそうなアライグマの訪問

今日の夕方、割と早い時間帯に大人サイズのアライグマが早々と餌を食べに来ていて、寒いから餌が他に見つからなくてお腹が空いていたのかな? と思ってガラス窓越しに見ていたら、一通り餌を食べたあと、ゆっくりと暗闇に消えて行く際に、なんだかお尻のあたりがパックリ赤色に見えていて、どうしたのかな? と思っていたら、なんと、大きな尻尾がほとんど皮一枚で繋がっているような状態になっていて、なんとも痛々しい姿でした。隣りの家との植木の間に消えて行ったので、キッチンの横のドアを開けて、さらにキャットフードを出しておいたら、尻尾がちぎれそうなアライグマが再び餌を食べにやって来て、その際にじっくりと尻尾を見たら、やはり尻尾はもう自力では動かせないような感じ(ダラリとぶら下がっているだけ)で実に痛々しかったです。

仕事から帰って来た旦那にその話をしたら、アライグマ対アライグマの縄張り争いでななく、多分お腹が空いて、どこかの家のドッグフードでも食べようとして、犬に噛まれたのだろう... との事。猫達が全員亡くなってしまった後、うちの庭に来る動物達がペット代わりで、家族にとっても毎日動物の姿を見るのが楽しみの一つにもなっているので、傷を負ったアライグマの事は家族みんなで見守ろうという話をしていました。先日のアライグマの子供もそうですが、うちに来れば少なくとも餌はあるので、お腹が空いたらうちに来ればいいと思っています。ちなみに一人ぼっちだったアライグマの子供は、一週間ぐらい一匹だけでうちに通い続けていたら、どうやら母親や兄弟と合流できたようで、昨日は家族で餌を食べに来ていました(ほっ)

ネットで調べたら、尻尾を(戦いで)失くしてしまうアライグマは他にもいるようなのですが、冬を越すのに尻尾は保温効果以外にエネルギー(脂肪)を蓄えておく所でもあるらしく、尻尾がないと色々と困る事もある模様(><)とりあえず、傷が元で死んだりしないよう、陰ながらアライグマの傷の回復を祈っています。

11月最後の美術部、部活(^^;; ~ Catronauts(猫の宇宙飛行士)

昨年のクリスマスにアクリル画の画材セットをプレゼントして以来、今年の 2 月にあった Heritage Festival 用の展示ボード作りに活用したり、学校のアートコンテストでもアクリル画を描いていたジャック。でも、水彩絵の具に比べると、アクリル絵の具はかなり勝手が違い、色を混ぜ合わせたり、細かい所を筆で描くのが難しい、とジャックが言うので、アクリル画の描き方(筆の使い方やら、色の重ね塗りなどの基本的な事)を実演して見せるために適当に想像しながら描いたのがこの猫の宇宙飛行士の絵(^^)
自分としては、メインは猫の部分ではなく、四分の一ぐらいの惑星(ちら見せっぽく描く構図)やら、平面を球体っぽく見せる塗り方の例やら、宇宙空間の部分は重ね塗りの実演だったり、失敗したと思っても濃い色で上から簡単に塗り潰せるから大丈夫という例を実演して見せていたのですが、9 歳児のジャックの目には猫が宇宙遊泳をしている様子が実にいい感じに見えたようで、"Catronauts"(Cat と Astronauts の造語)というタイトルまで付けて絶賛してくれました(^^;; 自分的にはお遊び半分で描いた絵なのですが、ジャックの部屋に是非飾りたい! と言うので、ジャックからのリクエストでもあった、宇宙空間の部分の色をもっと暗い色(青と紫系から黒っぽい色)に修正してジャックにプレゼントの予定です(クリスマスプレゼントとして、ちゃんと包んでリボンも付けて欲しいのだとか(^^;; 遠い将来に、「これはボクのお母さんが描いた絵」と言って孫の代までこの一枚が受け継がれるのは不本意なので、冬休み中か来年あたりの暇な時に風景画の 2 ~ 3 枚も描かねばと思っています(^^;; こう見えても子供の頃は学校の絵画コンクールで入賞したりしていたので、もうちょっとマシな絵も描けるはず...(^^? と思っているのですが、結果は次回以降の作品を乞うご期待(笑) YouTube で絵の描き方も学べる時代ですが、絵の具で透明感を出したい! というのは、自分にとっては永遠のテーマとも言えるのですが、その透明感を生卵の絵で実演しているビデオが実にいい感じだったので、参考までに...(ビデオのリンクはこちらです)。


さて、ジャックにも "マミーの絵の上手い友達" と呼ばれている、美術部員の Y 子さんは、既にカリフォルニアで越冬中で、来年の春まで不在なので、冬の間は一人美術部状態ですが、12月は師走で何かと忙しいので美術館に行く暇がないかも? です。あとは、越冬と言えば、例年この時期には彼氏と一緒にフロリダの別宅で春まで暮らすカナダのお義母さんとその彼なのですが、今年は彼の癌の治療(確か前立腺癌)があるのでカナダで冬を越す予定です。そんなわけで今年の冬は別宅は貸家にするらしく、明日からお義母さんだけフロリダに別宅に行って賃貸の事務手続きなどを済ませてくるらしいです。幸いお義母さんの彼の癌はそんなに深刻な状態では(まだ)ないようで、ネットなどで見る前立腺癌の情報でも、進行が遅く生存率も高いようなので、今の所そんなに心配はしていなくて、少なくともこの冬は穏やかに過ごせそうな気がします。

2016年11月29日火曜日

2016年版、レモン化粧水仕込み完了(^^)

昨年 5 月に作ったレモン化粧水が残り少なくなってきたので、来年まであと一ヶ月ほどですが、遅ればせながら2016 年版、レモン化粧水を仕込みました(^^) 今回、いつも使っているジンの残りをちゃんと計量せずにガラスの瓶に入れてしまったので、グリセリンも目分量で入れてしまいましたが、この化粧水のレシピでは、1 対 10 の割合でグリセリンを入れるようになっています。 「これ一本でその他は不要!」みたいな胡散臭い化粧品の CM のような事は言いませんが、少なくとも、過去 10 年ぐらい化粧水に関してはこれ一本で、市販の化粧水は全然買わなくなりました。
仕込み期間は10日間なので、12月10日にはレモンを取り出して、使用開始の予定です(^^) 今回グリセリンの量がいつもより少し多めだったかもしれないので、サラサラ感よりもしっとり感の方がやや強いかもしれません。さて、お世辞も半分以上入っていると思うのですが、自分は年の割には肌がきれいだとよく言われるのですが、肌がきれいな秘訣は手作りのレモン化粧水にあるのかも? などと、誤解を与えないように一応一言書いておくと(^^;; 肌がきれいに見えるのはファンデーションのおかげです(いや、ホントに!)自分はここ数年花王ソフィーナのプリマヴィスタを愛用していますが、プリマヴィスタの宣伝文句 "マイナス 5才肌" は誇大広告ではないな~といつも思っています(^^) 手作りの化粧水を愛用している自分が言うのも何ですが、手作り化粧品が一番! みたいな事を言う人達の言葉は信用できないな... と(^^) 自分が思うに、ちょこちょこっとハーブやらアロマオイルを混ぜたぐらいのもので、肌の調子がよくなったり、シミが消えたりするぐらいなら、2 兆円を超えるような化粧品業界なんて存在しないし、富士フイルムが化粧品を開発したりする事もないと思うのです。お肌のトラブル続きな人達が、色々試して行きつく先が手作り化粧品...のような例は多々あると思いますが、お肌のトラブルが多い人はストレスが多い人か、油脂が多い人なのだと思っています。若いうちはテカりまくりな脂っぽい肌も、おばあちゃんになると乾燥して肌のトラブルも自然と消滅していくものだと思っています(妙に脂ぎっているおばあちゃんは逆にキモイかもですが...)化粧品は昔に比べるとかなり進化していて、市販のものや、SPA や皮膚科で勧められるような商品の中には目から鱗な効果が期待できるものもあるので、手作りが一番だと思い込まない事や、ブランド名だけに惑わされないようにするのも大事だと思っています。自分の経験上では、ブランド品の化粧品でこれまでよいな~と思ったものは、機能よりも香りに惹かれる事が多かったです。やはり同じような商品でも、上品な香りがするものと、香りが果てしなく安っぽいものの間にはそれなりの価格差が生じるのは仕方がないかな~というのが率直な感想です。

化粧水に関しては、自分は手作りのレモン化粧水を使っていますが、美容液は Estee Lauder の Advanced Night Repair だったり、そうかと思うと、保湿クリームには Shea Butter 入りハンドクリームを使っていたり...(← ハンドクリームは顔に塗っても大丈夫らしい^^;;)年齢と共に肌に馴染む化粧品が変わってきたりもしますが、巷の広告や宣伝文句を鵜呑みにするよりも、肌がきれいな同年代の友人・知人が使っている化粧品のメーカーを聞いて試してみると、なるほど、確かに! と頷けるものがあるので、気になったらその人が使っている化粧品を聞いてみるとよいと思います(^^)

続・アイススケート無料デー(図書館利用者感謝デー)

ジャックにせがまれ、結局二日連続で学校が終わった後、アイススケートに行って来ました。今日は市内の図書館のカードを提示すると、一人分の入場料+レンタルスケート代が無料の日だったので、ジャックの分は無料で自分は $12を払って入場(^^) 昨日に比べると客の数が全然少ない! とスタッフの人も言っていましたが、無料だとやはり集客率が全然違う模様(^^;; ← ちなみに昨日は二名まで無料になるので家族連れ、友達同士、カップルなどでかなり賑わっていました(^^)
自分達が入場した頃のスケートリンクは 10 人ぐらいしか人がいなくて、そのうち滑っているのは 5 人ぐらいだったので、ジャックも自分も普段は(小さな子供に譲ったり、自分で使うのは恥ずかしくて)使わない補助器具を使って練習してみました(^^;;
自分は補助器具アリだったら、かなりいい感じに滑れるのですが、ジャックは補助器具アリでも転んでいて、なぜに転ぶ?? と自分的にはかなり謎でした(;´Д`) ジャックの場合、補助器具アリでも無しでも、あんまり変わらないというか、むしろ補助器具無しの方が転ばずに滑っていたように見えました(実に謎)
自分は昨日も極力転ばないように滑っていたのですが(それでも一回ぐらい尻もちをついてしまいましたが)、今日は実は厚手の靴下も履いて来なかったので、ジャックが滑っているのを見ているだけの予定だったのですが、例によって例の如く、何でもマミーと一緒にやりたがるジャックの「一緒に滑ろうよ~」という熱意に負け、滑る事に... 運よく予備の手袋が持っていたバックパックの中に入っていたので助かりましたが、靴下以上に手袋は必須アイテムだなと思いました。
火曜日はかなり空いていて、練習しやすい環境だったので、思ったよりも長居をしてしまいました。スケートの先生(毎年見かける女性で、多分個人レッスンなどをシーズン中に有料で提供している模様)も今日は早い時間から滑っていて、時々子供達にワンポイントレッスンみたいなアドバイスをしていて、偶然ジャックのクラスメートの子が先生から滑り方の基本アドバイスを受けているのを見ていたのですが、それを見たあと、試しに自分でも試してみたら、「あっ@@;」これは、もしや、スケートのコツはそこだったの? というぐらい目から鱗な瞬間でした。
これまで自分は、手すりに捕まらずに滑れるものの、何かが違う... これは歩いているのとも違うけれど、滑っているというわけでもないな~と思っていたので、氷の上で、いまだかつて味わった事のない安定感を体験し、ジャックに「ねーねー、マミー、スケートのコツが掴めたかもよ~」と自慢気に滑って見せたのですが、なぜかフリースタイル(=基礎ができていない)のジャックの方がスピードは全然速くて、ウウム...(ーー;と思いました(笑)一応、自称スポーツ万能な自分なので、滑り物が苦手という事実を返上したく、また機会があったら練習しに行こうと思います(^^;;
今日は夕方までいい感じに空いていたので、アイススケートの先生の華麗な滑りやら、普段テレビのフィギュアスケートの選手権でしか見ないスピンを目の前で見る事ができて楽しかったです。バイトのスタッフにもスケートが上手な子がいて、彼女の滑りもカッコよかったです(^^) チビッ子でも白のマイスケート靴の子達は大概かなり上手な子達で、しかも細身で可愛らしい顔立ちだったりすると、大人の自分でも思わず見とれてしまいました(^^)
ジャックは利き足ばかりを使う癖はあるものの、手すりは全然使わずに滑れるようになり、友達と一緒に滑ったり、今回は友達やらスケートの先生がやっていた後ろに滑る技を練習したりして 2 時間弱ぐらい滑っていました。自分も時々ジャックの写真を撮るためにリンクの外に出ていましたが、延べ 1 時間ぐらいは練習し、今日も尻餅一回に留まり、今の所筋肉痛にもなっていなくていい感じです(^^)

続・残念なローカルねた: NWCN の終焉 ~ 来年の一月初旬に放送終了

自分の過去 20 年近いアメリカ生活の中で、毎日のように見ていたチャンネル 2 の Northwest Cable News(=NWCN)。24 時間、繰り返し放映しているニュースチャンネルで、地元のニュースソースとしても利用していましたが、何も見る気がしない時に BGM 代わりにつけっぱなしにしている時間も相当なもので、そういう意味では、かなり視聴していたニュース専用チャンネルでした。先月末に、NWCN の親会社の Tegna が NWCN の放送終了を発表して以来、既に一ヶ月が経ってしまいましたが、来年の 1 月 6 日金曜日の最後の放送は是非見届けたいと思っています。番組の終了はこれまでに何度も見た事がありますが、テレビ局の放送が終了するのを見るのはこれが初めてかも? ローカルニュースは他にも 3 つほどあるのですが、なんだか最近やたらとケバイ雰囲気の女性キャスターを前面に出しているチャンネル(確か Q13)があったり、これまでもニュース番組のスタイルに流行があったりしたのですが、NWCN のキャスター陣はケバくなく、また Kiro 7 のような "現地から生放送" な鼻息の荒さもなく、ちょうどいい感じだと思っていたので、彼らのニュースがあと一ヶ月ほどで見られなくなると思うとかなり寂しい気がします。キャスターの何人かは King 5 に吸収されるような話もありますが、家族の次に毎日必ず見る顔を見なくなると思うと、なんだか寂しいです。 

NWCN は放送開始から 21 年目らしいですが、ある年(多分 18 年ぐらい前?)キャスターや天気予報の人もみんなアジア系になった年があり、アメリカに来たら金髪のおねーさんがお天気予報とかニュースを読み上げると思っていたのに、なんだこのアジア人だらけの現実は!? と、不思議に思った時期があったのですが、今にして思うと中国系アメリカ人の Gary Locke(ゲイリー・ロック)がアメリカ史上で初めて州知事(地元、ワシントン州の州知事)になったり、アジア人の台頭とも言える時期でした。ちなみに、Gary Locke は、親しみの持てる顔立ちや話し方が好きでした。今のキャスター陣はまた非アジア系に戻っていますが、個人的には Cam Johnson (女性キャスター)の優しいお母さん風なニュースの伝え方が結構気に入っています。NWCN がなくなってしまったら、CNN(全国区のニュース)のお口直しに見るローカルニュースチャンネルがなくなってしまうようで、かなり残念...

2016年11月28日月曜日

今年初のアイススケート ~ 月曜日は無料デー(^^)

今年は Bellevue Park が公園内の拡張工事中なため、ベルビュー図書館の横に設置されたアイススケートリンク。サンクスギビングデーの翌日から営業で、通常料金だと大人と 9 歳以上の子供は $12(スケート靴のレンタル料 $3 含む)の所が、月曜日は Bank of America のカードホルダーまたは、Alaska Airline の Visa カードホルダーは無料の日(^^) というわけで、今年もジャックと一緒に初アイススケートに行って来ました。
Bank of America のカードで二人まで入場無料なので、自分もジャックと一緒に滑って来ましたが、自分ぐらいの年齢になると下手に転んで腰骨やら尾てい骨にヒビが入ったりしたらまずいと思い、できれば向う 50 年ぐらい、杖や車椅子ではなく自力で歩ける生活をしたいと思っているので、ものすごいへっぴり腰で、亀のようにノロノロと滑っていました(^^;; 
一方ジャックは転ぶのも全然怖くないといった具合で、見ている方が冷や汗タラりな勢いで人混みの中を滑っていました(^^) やはり子供は違うな~と思いながら、目で追っていましたが、ホントに下手に後ろを振り返ろうとして重心が動くと、それだけで自分は転んでしまいそうになり、とにかく尻もちをつかないように! と踏ん張っていました(苦笑)自称スポーツ万能な自分も "滑り物系"(=スケート、スケートボード、スキー等)は何度やっても全然上手くならないという苦手エリア(でも決して嫌いではないです^^;;)
壁に激突... というほどではないものの、自分に似て? スピードのコントロールがゼロなジャック(エッジの使い方をマスターすればきっとコントロールできるようになると思うのですが)ガハハハハーっ! という笑いと共に勢いよく壁に激突して止まっていました(笑)見た目はだいじょーぶそうなのですが、お尻、痛くないのか~っ? >ジャックぅ~ 
ところでアイススケートリンクはジャックの小学校からも近い場所にあるので、毎年ジャックの同級生やら同じ小学校の子供達の姿を見かけますが、今回もジャックのクラスメートの子や、元クラスメートの子達も来ていて、ジャック的にもかなり楽しかった模様(^^)  結局一時間ぐらい滑った所で、ジャックも自分もかなりいい運動になった(ジャックは汗びっしょりになっていました)ので、スケート靴を返してテント内の売店で売っていた Dippin' Dots を買って家に帰りました。 
Dippin' Dots、普通のアイスクリームに比べると、1 個 $5 とかなり割高ですが、この食感がたまりません(^^) Dippin' Dots、食べた事がない人には(少々高いですが)おススメの氷菓子です(^^)
スケート客を見ていると、スナックとか飲み物持参で来ている人達も結構見かけますが、今年はホットドリンク以外にカップラーメンも置いてあって、これはちょっとだけ心惹かれました(^^) 昔のカップラーメンの冬の CM では、雪山でスキーヤーがカップラーメンを食べていたと思うのですが(今もやってるのかな? そういう CM?)冬に外で食べるカップラーメンはなぜか美味しそうに見えます(^^)
... というわけで、Dippin Dots を食べながら、家に帰りました。家に帰った後は、汗まみれなジャックはシャワーに直行。自分はスケートリンクで濡れたジャックのジャケットやら手袋を洗濯でした。毎週月曜日の無料デーなど、アイススケートリンクのスケジュールの詳細情報はこちらのサイトをご覧ください(^^)

2016年11月27日日曜日

残念なローカルねた: 冬の新名所 Seahawks House の終焉...

サンクスギビング中にちょっとしたニュースになっていた件ですが、近隣の町 Kirkland でここ数年冬の新名所になっていた通称 Hawk House が、近所からの苦情で終わりを迎えてしまったというニュースを読んで残念 & Hawk House のおじさんが気の毒になってしまいましたが、確かに場所は静かな住宅街で、普段は住人以外の交通と言えばきっと郵便配達の人か、宅配サービスの人ぐらいだと思うのですが、ここ数年でシアトル近郊だけでなくあちこちから観光客が見に来るようになり、近所の家の前に車を停める人達などのマナー違反も苦情の原因になっていた模様。自分達も 2 年前の冬にこの家を見に行きましたが、家の周辺には車がぎっしり並んでいたので、少し離れた所に車を駐車して歩いて行った記憶があります。今となっては、あの時に見に行っておいてよかった... としみじみ思いました。

ローカルニュースのリンクはこちらです。

うちの近所にも二年前まではクリスマスのライトアップで有名な家が一軒あったのですが、近年の建て替えラッシュと、高齢化で、家を売ってどこかへご隠居されたようでした。その家の取り壊しが始まる前に、隣近所の住人達がその家で使われていたクリスマス飾りを少々譲り受けたので、今でもクリスマスの時期になると、懐かしいクリスマス飾りに灯りが灯っている様子を見る事ができてなんだかほっこりした気分になります(^^) その家の取り壊し工事が始まる前、まだ家主さんが家の片付けをしていた頃に、これまで長い間ありがとう、というお礼のカードを家の主宛てに送っておいたので、自分達的にはありがとうのメッセージが伝わればそれで満足かな... と思いました。ジャックはいまだに、「なんでうちだけクリスマス飾りを譲り受けに行かなかったの?」と言っていますが、よそ様の家の前に飾って貰う方が、飾る手間も片付ける手間も、うちは電気代すら払わず、冬の間ライトアップを楽しめるから、それでい~じゃない(笑)← 基本的にかなり他力本願な自分、と言うと、なんとなく納得したような、騙されたような顔で静かになるジャックです(笑)うちはクリスマスツリーすら間際まで飾らない家なので、近所の家のライトアップを見るぐらいでちょうどよいかと(^^)


ところで、建て替えラッシュのおかげで、ここ数年のうちに、うちの近所には家族連れがたくさん引っ越して来たおかげで、明らかに世代交代が進み、季節が戻って来たような活気を感じます。ハロウィーンやクリスマスの時に、通りには子供の影が全くないような年もありましたが、やはりお年寄りばかりが住んでいると、通りが静かで暗い感じがしますが、家族連れが増えると、登下校時間に子供達が歩いている姿や、送り迎えに出る親達の姿などを見かけ、同じ波の上にいる回遊魚みたいな心境になります(^^) あとは、近所のスーパーに行くと、ジャックの同級生のお母さん達に会う事もあり、日曜日も雨がザーザー降る中、牛乳を買いに出かけたら、駐車場で隣合わせの車がジャックの親友 B 君のお母さんの車で、雨の中バッタリ遭遇。「もぅ~この雨ナントカして~」と言いながら、お互い車に駆けこんでいました。

日曜日は、ホントに天気が悪かったので、家でまったり Family Movie & Game Night でしたが、ジャックがファミリーゲームナイトが好きな子でいてくれるのもあと何年ぐらいなんだろ~?(オンラインゲームで友達と遊ぶ年になったら、ちとさびしーかも?)と思うと、今の時期を楽しんでおこう、としみじみ思うのでした。子育て期間はホントに自分が思っているより全然短いものなんだな~と日々思います。

2016年11月26日土曜日

ブラックフライデーとサイバーマンデーの狭間(^^)

土曜日は旦那とジャックはシークレットショッピングデーと称して、夕方から二人で買い物に出かけて行きました。自分もブラックフライデーセールの続きで買い物にでも...? と思ったのですが、サンクスギビングホリデー中で晴れ間が見えたのは金曜日ぐらいで、またしても雨だったので、家でまったり映画を見ているうちに旦那とジャックが帰宅。ジャックに手を引かれてベッドルームに行ってみると、秘密のショッピングで買った品の写真が Lion 4 兄弟と共に置いてあり、旦那曰く「木曜日配達予定だから(^^)」との事。これまで使っていた Bosch の洗濯機は確かジャックが生まれた頃に買い替えたものだったので、かれこれ 10 年。最近脱水がちゃんとできていなくて、終わったと思ったら水をたっぷり含んだ洗濯物だった... という事が何度もあったので、新しい洗濯機のプレゼントはありがたいと思ったものの、家電でも何でもやたらと機能にこだわる旦那の事なので、不要な機能満載の高い洗濯機を選んで来たのではないか? と内心ドキドキ。実は結婚前に旦那が持っていた高級洗濯機にはあまりよい思い出がなく、壊れたら修理派の旦那と、壊れたら買い直せばいい派の自分とは、日頃から買い物に関してはほとんど意見が一致しないので、この手の買い物はもう事後承諾の方がお店で喧嘩にならなくてよい、と言えばよいかな(^^? と。なので、ジャックと旦那で買い物に行ったのはそれはそれで正しい選択だと思いました。家電なんて10 年も経ったら化石並みに時代遅れだと思うので、壊れた時点でどんどん買い替えて行けばいーんじゃないの? と自分は思っているのですが、その昔旦那が持っていた高級掃除機も、過去 10 年の間に修理に二回ぐらい出していましたが、最終的には交換する部品すら無くなっていたような気が... ちなみに旦那は、高機能で製品保証期間が 10 年ぐらいあるようなものを本当に 10 年ぐらい使い続けるタイプで、メーカーに無料で修理して貰う、というシステムに満足感を味わうようなタイプなのだろうと思っています。旦那の武勇伝の一つにもなっているのが、チタンコートのハサミで、一見普通のハサミなのですが、宣伝文句ではこれ一本で一生使えます... みたいなハサミが壊れて一生使えなかったと言って、カスタマーサービスに連絡したら、同じチタンコートのハサミが10 本ぐらい箱に入って送られて来た事があり(それらのハサミは今でもうちで活用しています)そんな事もあり、xx 年保証付き! と書いてある商品をやたらと買って来る旦那です。

洗濯機の話に戻りますが、今年からジャックがリトルリーグに参加するようになって、しつこい泥汚れや、全然とれない草の(緑)色を経験したので、自分にしてみると、かなり高めの洗濯機ですが(自分だったらその半額ぐらいの洗濯機を買ってくると思う)もし、野球のユニフォームの泥汚れや草の色を、手揉み洗い無しで落とせるぐらいだったら、自分も旦那の買い物の視点をちょっとは理解できるようになるかもしれません(^^)

アライグマにもお裾分けの今年のターキー & Wishbone

Thanksgiving Day のブログに焼き上がりの写真が一枚もない事に気づき、今更ながらですがブログにアップ(^^;; お料理備忘録としては、今回玉ネギを(最初の一時間ぐらい)入れて焼いたのですが、これが功を奏し、今回のグレービーソースはジャックがソースだけ舐めるぐらい美味しいグレービーソースになりました(^^) なので、今後も玉ネギを(途中まで)入れて焼く方法で行こうと思います。ちなみに、グレービーはターキーを焼いた容器の底に焦げ付いた部分を使うのが伝統的な作り方な模様。

ちなみに、玉ネギが焦げるとキャラメルのような色(飴色の玉ネギ=caramelized onion)になり、甘い味になるのをご存知の方も多いと思いますが、3 時間以上オーブンで焼いているとキャラメル色どころかかなり焦げた色になりますが、こんなに焦げているのにグレービーに使えるの? と心配な方用へのアドバイスとしては焦げた部分をお鍋の底から少々削ぎ取るか、ターキーを取り出した後の容器にお湯または水を少々入れて、焦げ目の表面をかき混ぜるようにすると、玉ネギやらターキーの脂分を含んだスープが取れるので、それをグレービーの素に混ぜて使うと OK です(^^)
10 パウンド強($12 ドルぐらい)のターキーでしたが、ディナー 2 回にランチ 1 回分と、うちにくるアライグマ達にも骨の周りから削ぎ落した部分を外に出しておいたら、朝にはきれいさっぱり無くなっていました(^^) そしてターキー 1 羽につき 1 個だけ取れる  Wishbone (ウィッシュボーン)は、今年もちゃんと洗って丸一日乾燥させておいたら、金曜日の夜にはすっかり乾燥していたので、サンクスギビングの伝統行事として、今年も二人で骨の両端を引っ張って骨の割れ具合を見る Wishbone 占いをしました。今回は、ジャック vs. マミー。
例年ジャックが長い方の Wishbone という結果に終わっていたのですが、今年は自分の方が長くて、年末にかけて何かよい事でもあるかな(^^? と淡い期待を抱いていますが、ふと、これも一種の亀甲占い=亀卜(きぼく)なのか~と、思いました。子供の頃、日本史にはそんなに興味がなかったのですが、そう言えば大昔の巫女が、骨の割れ具合で占いをしていたような話には興味があったのを思い出しました。ありがちですが、卑弥呼とか邪馬台国とか、その手の歴史ミステリーは心惹かれる時期があったのを思い出しました(^^) そんなわけで、あっという間にサンクスギビングも終わってしまい、いよいよ師走。今年もあっという間でした。

2016年11月25日金曜日

Black Friday は魚釣りゲームを買ってピザランチへ(^^)

サンクスギビングまでに 10 パウンド(約 4.5kg)減量の賭けに負けてしまったので、約束していた玩具を買いに朝から近所のショッピングモールへ。お目当ての玩具は、昔からあるロングセラーの魚釣りゲーム。ジャックが小さかった頃、ちびっ子用の魚釣りゲームを持っていたのですが(チビッ子用は磁石式で小さい子供でも簡単に釣れる仕様)毎度、ジャックが魚達をどこかに持って行き、そのうち全部失くすパターンでした。そんなわけで、「魚達がまたジャックに連れ去られないかと箱の中でビクビクしているよ!」という話をしながら旦那とのランチの待ち合わせ場所へ...(^^)
うちでは、動物でもぬいぐるみでも、玩具の魚も、みんな会話の中では擬人化されていて、それぞれ個性やら、意見があって、日々の親子の会話の中でも疑似人化されたキャラクター達の武勇伝やら、面白ストーリーがてんこ盛りなのですが、今回は釣りゲームの魚達が箱の中で戦々恐々としているという話をジャックも笑いながら聞いていました。サンクスギビングの翌日にもミーティングがあると言って朝から仕事に出かけていった旦那を励ますべく? ジャックも 4 連休中なので、久々にシアトルでランチでした。
旦那が待ち合わせ場所のレストランに入って来るなり、買って来たばかりの魚釣りゲームを始めるジャック。電池が入っていない状態なので、魚の口は自動的に開かないので、二人とも四苦八苦しながら魚の口の端にフックを引っかけて釣っていましたが、二人ともゲームに熱が入り過ぎて飲み物を倒したりしないか心配しつつも、見ているとかなり白熱したゲームで楽しそうでした(^^) ちなみに、サンクスギビングデーの翌日だけあって、日頃は混んでいるレストランが今日はさすがに空いるとの旦那談。
ジャックが釣り上げようとしている魚を同時に釣り上げようとする旦那。そういうのって暗黙のルールを無視しているんぢゃないの? と思いながら見ていたら、両方から引っ張られた魚の口の部分がパクっと取れて(壊れたわけではなく、外れるようになっていただけだったので、ほっ)お隣のテーブルの足元に飛んで行ってしまい、その時点で自分の目は吊り上がってしまいました。 "自分の常識は他人の非常識" という言葉がありますが、カフェでコーヒー片手にチェスはアリでも、レストランでゲームをするのは非常識なのかもしれない? とその時思ったのですが...
旦那とジャックが本当に楽しそうな顔で遊んでいたので、家にいる時のような怖い怒り方はせず、やんわりと二人に注意。こういう時、旦那自身が親として全然機能していなくて、まるで男の子供が二人いるようで、もぅ~っ(><)と思う瞬間だったりします。
魚釣りゲームが一段落した頃、キッズ用パスタとピザが運ばれて来てゲームタイム終了。家には向う 2 晩分ぐらいのターキーの残りがあるので、お昼はターキー以外のものを食べるのは正しい選択だなと(^^) ところで、Tutta Bella は今年の 7 月から会計にあらかじめチップを込みにした額を請求するようになった事をすっかり忘れていて、領収書にチップを書く欄がなくて一瞬、あれ? と思いましたが、そう言えば前回ベルビュー店に行った時に、店員の人が新しい Service Charge について説明してくれたのを思い出しました。 
ランチの後はまた仕事に戻って行った旦那。年中仕事という、そんな時期が自分にもあったよな~と、忙しかった頃を思い出しながらジャックと一緒に旦那を見送りました。旦那やジャックからは、"Mommy is on a 100 Year Vacation"(マミーは100年の長期休暇中)と言われていますが、誰もがこういう時期を過ごせるわけではない、と思っているので、こういう一日を当たり前だと思わずに大事にする気持ちは持ち続けたいな~と思いました(^^)

2016年11月24日木曜日

Happy Thanksgiving Day(^^) & ダイエットの結果発表!

今年のサンクスギビングデーは朝から雨。庭の紅葉(もみじ)もすっかり葉が落ちて冬も間近な感じです。一昨日から解凍し始めたターキー(七面鳥)は、お昼前にはオーブンに入れる予定で、ターキーディナーに必要なものを確認していたら、マッシュルームを買い忘れていた事に気づき、朝から近所のスーパーへ。マッシュルームを買ってとっとと家に帰るつもりが、あ、そう言えばデザート用のパイも買ってなかった! と思って、パイを買い、パイと言えば横に添えるバニラアイスも買っておかねば! とバニラアイスも買い... なんだかんだで色々買って帰って来ました(^^;;
時間短縮のために、スタッフィングはターキー(Turkey、七面鳥)のお腹に詰めずに今年も焼く事にして、まずはターキーの袋を開け、軽く水洗い。お腹に詰めてある、パウチ入りのターキーのレバーや、袋入りのグレービーソース(← Butterball にはグレービーも付いて来る事をすっかり忘れていました)やターキーの首を取り出し、ターキーロースト用の大きな器にターキーの首と玉ネギと一緒に入れました。
オーブンの温度 325F(華氏)で約 3 時間 ~ 3 時間半で焼き上がる予定。今回珍しく玉ネギを一緒に入れてみましたが、特に深い理由があるわけでもなく、たまたま 2 ヶ月ぐらい放置していた玉ネギが残っていたので入れてみたのですが、途中で玉ネギの香ばしい香りがしてきて、実に美味しそうだったのですが、これではベーコンの時と同じでは? と、1 時間後ぐらいに玉ネギは全部取り出し、ディナーの時の温野菜にしようと別な器に保存中。 
スタッフィングはターキーをオーブンに入れた後に作りましたが、例年通り、マッシュルームの微塵切り、セロリの微塵切り、クラムの微塵切り(クラムジュースもスタッフィングに使用)にしたものをよく炒め、チキンストックを加えて 10 分ほど煮込んだ後、スタッフィング用にスパイスが加えてある小さく切ったパンを加えて出来上がり。好みにもよりますが、パンを加える際に、パンの量が多過ぎるとドライになりがちなので、パサパサしてしまったらチキンストックを加えるか、または少しずつパンを加えて行くと、適度に柔らかいスタッフィングが出来上がります(^^)
サンクスギビングディナーを食べる前に、10 パウンド(約 4.5kg)のダイエットの成否の結果発表ですが... 10 パウンドの減量に成功しなかったら、罰ゲームとして玩具を買ってあげる、という約束をジャックとしていたら、「You look beautiful just the way you are! Don't lose weight!」(そのままで全然きれいだから~ 痩せないで~^^)やら、「Would you like popcorn?」(ポップコーン食べる?)やら、「How about ice cream?」(アイスクリームはどう?)と、あの手この手で減量を阻止しようとするジャック。ついでになぜか旦那も、「I made grilled cheese sandwich for you :)」(グリルドチーズサンドイッチ作ったよ~^^)やら、「Would you like a beer?」(ビール飲む?)など、毎日のように食べ物を作ってくれたり、勧められたり...(笑)そんな中、実は順調に体重を落としていた自分。一番効果があったのは、夜 9 時前に寝ることで、朝まで間食しないせいで、朝起きると必ず 2 パウンドぐらい痩せている上、一番楽な方法(寝るだけ)でよかったのですが、痩せるとかなり油断して、炭水化物を食べてしまったり(← 結局これが一番守れなかった項目)、おやつにロッテのチョコパイを食べてしまったり(^^;; ロッテのチョコパイ、外側のチョコレートが全然甘くなくてものすごく自分好みなのですが(中がしっとりしていないのがちと残念)、カロリーを見たら(@@? えっ? そんなにあったの? というぐらいあり猛烈に反省。ホントに、全然甘く感じないので、油断して 1 回に 2 ~ 3 個食べていましたが、それだけで晩御飯一食分ぐらいのカロリーになってしまっていました... というわけで、結局 10 lb は落とせなかったものの、5 lb 減だったので、今日のターキーディナーはデザートのパイもバニラアイスも含めて、心おきなく楽しみたいと思います(^^) 12 月は冬休み中に旅行の予定があるので、また太ってしまいそうですが、とりあえず太ったら早く寝る! は今後も実践しようと思います。

余談ですが、今日はジャックが朝から体重計に乗れ、乗れ! とうるさかったのですが、「出すもの出してからじゃないと...」(by 自分)やら、体重を測る時に服を脱ぐのは反則だ(by ジャック)やら(笑)、ジャックにしてみると、玩具がかかっているので、まるで小姑にでも絡まれているような感じでした(苦笑)最初は $200 ぐらいする玩具を欲しがっていたジャックでしたが、先日 Bellevue Square に一緒に買い物に行った際に、クリスマスショッピング用の玩具屋さんで見かけた $10 ぐらいの玩具(小さい時に遊んで楽しかった思い出がある玩具)
を欲しがっていたので、賭けに負けた時用の伏線として、痩せてなかったら、その玩具を買ってあげるよ^^! と言ったら、OK してくれたので、ブラックフライデーはその玩具を買いに行く予定です(^^;;

サンクスギビングデー ~ 珍しくオンラインショッピング(^^)

あっという間に日付が変わって今日はサンクスギビングデー(^^)洗濯物が終わるまでテレビを見ながら何気にメールを見ていたら、Black Friday(ブラックフライデー=サンクスギビング明けの金曜日からのホリデーセール)まで待たなくても OK! 半額セール開催中! みたいなメールがバンバン入っていて、おかげで迷惑メールフォルダーに配信されて来る広告メールの数も鰻上りでした。普段はゴミメールには全然目を通さないのですが、サンクスギビング前にはスパム以外のちょっといいお買い物情報なども入って来るので目を通していたら、普段はせいぜい 20% オフなある商品が今週末まで 50% オフ!!! と、フォントサイズ 72 ぐらいの文字で書いてあったので、釣られて深夜にオンラインショッピング(^^;;

今年は景気が良いのか? それともここ数年実はそうだったのか? クラフト(手芸や工作、アート)用品のお店 Michaels がサンクスギビングデーの夕方 6 時から真夜中まで開店するらしく、思わず広告に目を通してしまいました。昔はサンクスギビングデーの事をよく知らずに夕方買い物に出かけたら軒並みお店が閉まっていて、しかもレストランも閉まっていて(映画館ぐらいしか開いていなかった記憶が...)驚いた記憶があるのですが、近年小売店はオンラインショッピングに押され気味で、店舗でのセールは金曜日からだと思っていたらどうも違った模様。ちなみに Bellevue Square は木曜日は一日休業な模様。食糧品で買い忘れた物があったので、午前中に QFC に行っておこうと思います(QFC は確か夕方 5 時ぐらいまでは毎年開いていた気がします)

2016年11月23日水曜日

朝の訪問者 ~ アライグマの子供が可愛過ぎる(*´Д`)

日曜日にうちのキッチンの窓の外で猫のように丸くなって寝ていたアライグマの子供。例年、春から秋にかけて出没し、冬の間はあまり見かけなくなるアライグマ達なのですが、最近この春に生まれたと思われるアライグマの子供がうちに餌を食べに来るようになり、親とはぐれたのか? それとも親はもう冬眠体制なのか? 家族のみんなにとってもなんとなく気になる存在です。これまでうちに来ていたアライグマ一家は、餌を食べたらとっとと帰っていたのですが、この子は夜に洗濯をしていると、乾燥機の熱風がキッチン側にある通気口から出て暖かいので、暖を取っているのかもしれません。
そんなアライグマの子供が、今朝は朝 7 時過ぎにキッチンの外にいて、餌もなにもない状態ながら、前日小鳥達にあげたパン屑の粉みたいなものを一生懸命両手で掬って食べようとしている姿にジーンと来て、なるべく大きな音を立てないようにキッチン側のドアを開けてキャットフードを少々外に出してあげたら、ドアが開く瞬間に秒速でキッチンの外にあるウッドデッキの端の隙間に潜り込んでいました。
バックデッキ(バルコニー)同様、近いうちにリフォームが必要なウッドデッキなのですが、釘が外れて板が少々浮いている所には以前にもアライグマの兄弟が入り込んで遊んでいました。個人的にはアライグマ達が秘密の洞穴を掘って中に住んでいたら楽しそう、とか、実は 20m ぐらいの地下トンネルができていたら面白そうだと思っていたのですが、チェックしてみた感じでは猫か子犬が辛うじて入れるぐらいの小さな空間があるだけで、アライグマの巣はありませんでした。
ウッドデッキの隙間から顔だけを出している様子があまりにも可愛くて、いつも午前 9時過ぎにならないと起きて来ない旦那を起こして来るように! とジャックに言って、自分はカメラを掴んでビックリさせないように気をつかいながらアライグマの子供の写真を撮っていました。 
ファインダー越しに見ていたら、ペタンと座ってこっちを見ていて、あぁ~やっぱり日曜日に来てた子なんだ~^^! と確信。日曜日に丸くなって寝ていたアライグマは、夜中に起きて、窓ガラスによりかかり、ちょうどこの写真のようにペタンと座った状態で餌を食べていたので、まずこの子に間違いないだろうと思いました。
ジャックに起こされ、キッチンに旦那がやって来た頃には、アライグマの子供はウッドデッキの隙間から出て来ていて、その後警戒しながらもキッチンの窓の方へ戻ってきて、キャットフードを食べていました。 
明日はサンクスギビングデーという事もあり、お腹が空いている子がいたらたとえ動物でも餌をあげるのがサンクスギビングの助け合いの精神だな~と思うので、今週末にかけてアライグマや近所の猫や小鳥達には沢山餌を出しておいてあげようと思います(^^)

2016年11月22日火曜日

GAP Tuesday ~ 同じセーター 3 枚目(^^;;

火曜日と言えば GAP Tuesday(^^) 学校の授業が終わった後、玩具屋さん以外のお店にはいまいち興味のないジャックを連れて Gap Kids へ。今週末のサンクスギビングセールの時に来たら、半端なく混んでいる可能性大で、欲しい商品の価格も恐らく GAP Tuesday より値が下がる事はないだろうと思い、Gap Card ホルダーにとっては割引率が大きい火曜日に買い物しに行って来ました。毎度の事ながら、割引きに次ぐ割引きプラス Reward ポイントで、今回もレジのお姉さんに「Wow! Good deal!」と、この上ない満足感に浸って帰って来ました(^^) 子供がいると Gap Kids で買い物する機会が多いので、ジャックが生まれて以来結構役に立っている Gap Card。ちなみに今回は定価 $44.95 の品を $5.70 (600円ぐらい^^)で購入。87% OFF ぐらいで、持ってけドロボーみたいな価格で大満足でした(^o^)
今回の戦利品は毎年冬になると GAP Kids で売っているセーターです。ジャックの成長に伴い、同じデザインで違うサイズのセーターを買い続けることこれで 3 回目(^^) 縄編みで厚みのある(所謂ケーブルニット)セーターで、冬の定番アイテム & 上品な感じが実に気に入っているセーターです。子供なので、一年も経つとすっかり体が大きくなってしまい着られなくなるので、ワンシーズン着たら Goodwill(グッドウィル)に寄付していますが、GAP Kids の服は結構丈夫で長持ちな服が多いので、このセーターもいずれGoodwill 経由で次の子供に受け継がれて行けば幸いです(^^)
ちなみに 6 歳の時はこんな感じに着ていました。旦那は毎年のようにサンタと写真を撮ろう! と言っている割には、後にも先にも、これが今の所最初で最後のサンタさんとの写真です。今年サンタさんと写真を撮る機会があったら、同じセーターを着て、同じポーズで撮ってもらうのもよいかも(^^? 右はバックスタイルですが、後ろにも縄編み模様があり、この分厚い感じが好きなセーターです。
こちらは 8 歳の時で、BMW Welt のラウンジで撮った一枚。12月中旬のドイツはかなり寒いかもしれないと思い、厚手のセーターをスーツケースに入れて持って行ったのですが、旅行の後この写真を見て、セーター、滅茶苦茶似合ってるよ~ジャックぅ~(´ー`)と、(親バカですが)旦那も自分もこの写真は、旅行中の写真の中でもお気に入りの一枚です。そんなわけで今年で 3 枚目の Gap Kids のケーブルニットセーター(Cable knit mock sweater at Gap Kids)でした(^^)