2016年1月31日日曜日

Pixel が亡くなってちょうど半年

昨年の7月末にピクセルが逝ってしまってから今日でちょうど半年。今でもピクセルの事をよく思い出すのですが、ピクセルみたいな賢い(雌)猫を飼いたいな~と日々思います。ジャックの誕生日の後、旦那とジャックが小さかった頃のビデオを見ていたら、ジャックのベビーベッドに寝ている Enzo の姿やら、歩き始めたジャックの周りに群がる 3 匹の猫達の姿やら... 旦那と二人で猫達やジャックのビデオを見ながら、次の猫もきっと十数年という年月を共にすると思うので、ピクセルのような賢さと運動神経の良さに、Mr.W のような人懐っこい性格と、Enzo のような鳴き声と甘えっ子な性格を兼ね備えた猫が飼いたいなぁと心底思いました。また猫を飼う日が待ち遠しいです...

リトルリーグ、一月最後のトレーニング

一月最後の日曜日はリトルリーグの冬季トレーニングでの初の屋外トレーニングで、まだ風邪が完全に治りきっていない状態ながらも、特に熱があるわけでもなかったので、2 時間半のトレーニングにフルで参加してきたジャック。ウォーミングアップ中に咳が込み上げてきて、いつもより息が上がり気味だったのを理由に、「今日は調子が悪いから家に帰りたい」と言うので、家に帰ってもいいけど、そんなに具合が悪いなら、テレビを見たり遊んだりは無しだからね! と言ったら、考え直したらしくそのまま練習に参加(苦笑)  
個人的には、コーチのあの武骨な雰囲気と、子供達への Tough Love が気に入っていて、甘やかされて育っているジャックにちょうどよい愛の鞭だと思っています。なので、ジャックにも、少々調子が悪いぐらいでドロップアウトしないように!! と言い聞かせ、もし本当に具合が悪い時には、練習自体に出て来ない(All or Nothing)ぐらいの心構えじゃないとダメだよ、と説明。ついでにコーチはお医者さんじゃないから、健康管理は自分でしっかりやるように! という話をして、旦那と自分は一旦グラウンドから退散。自分はそのまま買い物に出かけ、旦那は家に帰って行きました。
小一時間ほど買い物をした後グラウンドに戻ってみると、千本ノック(^^? の最中で、ベンチからジャックの姿を見ていたのですが... カキ―ンという金属バットの音がなんともいい感じで、見ているとむしょうにバッティングセンターに行きたくなる音でした(^^) 今日の練習には全てのギアを持って来るように! と、お知らせメールに書いてあったので、もしかしたら打撃練習もあるかも? とバット持参で来たのですが、今日は千本ノックを受ける所までで時間切れだった模様... 
家に帰っていた旦那も再びグラウンドに戻って来て、子供達の練習風景をサイドラインの外から見ていました。他のお父さん達はヤル気満々なスポーツウェアに身を纏い、グラウンドの端でお父さん達だけでキャッチボールをしたりしていましたが、彼らはもしかしたらボランティアのコーチ達なのかも? と思いました。
トレーニング最後は恒例のグループ対抗リレーで締めくくり。練習が終わる頃にはだいぶ咳もおさまっていたジャックでしたが、来週末の Skill Assessment までに風邪が完治していますよう! ちなみに、前のシーズンでプレーしていた子達は、ユニフォームを着て練習に来ていましたが、みんななかなかサマになっていて、早くジャックもユニフォームを着て試合に出られるようになって欲しいな~と思いました(^^) 

2016年1月30日土曜日

ジャックの 9 歳の誕生日(^^)

今日はジャックの 9 歳の誕生日で、午前中はヘリウム風船を膨らませたり、ケーキを買いに H Mart ベルビュー店まで行ったりしていたので慌ただしく過ぎて行ったのですが、買い物を終えて家に帰った後は、ジャックが昨日せっせと作っていた誕生日の予定表(=ジャックが誕生日にやりたい事リストとそれぞれの開始時間が書かれた表)に沿って、ほぼ予定通りに進行(^^) ジャックは自分に似て予定表を作るのが好きなのですが、よくよく考えると、予定表(何時に何をする)を作る習慣は実家の父親譲りなのかもしれないと思う今日この頃(^^)
ココアパウダ―がたっぷりかかった普通に素敵なケーキだったのですが、 ジャック的には物足りなかったようで、またしてもアーミー(軍隊)の飾り付けをせっせと施し、雰囲気的には二年前の自分のバースデーケーキみたいな仕上がりに...(^^;; 旦那と二人で ♪ Happy Birthday の歌を歌いながらビデオを撮っていましたが、子育てをしていると "Blink of an eye" (瞬きするぐらいの短い時間)という言葉をよく耳にしますが、この 9 年間はまさに "Blink of an eye" だと思いました。次の 9 年もきっとあっという間なんだろうな~と思います。 
年寄り夫婦の間の一人っ子として生まれたジャックは、時には「えっ?マジですか?」と思うような一人っ子気質を見せる事もありますが、基本的にはいつも Happy な子で、夫婦喧嘩が絶えない家庭に育ちながらも、本人は幸せな環境に育っていると思っているようで、親としては子供というのは、意外と真っ直ぐに育つものなんだな~とほっとするやら、ありがたいやら…(^^;; 大人になってもその性格を維持できたら、どこにいても比較的幸せに暮らしていけるんぢゃないかな? と親バカながら思っています(^^)
さて、午後はジャックの予定表にある項目を順調に消化。ケーキカットの後は待ちに待ったプレゼントタイム。家族や親戚から贈られたプレゼントの箱を開けながら大喜びのジャック。先月末に沢山のクリスマスプレゼントを貰ったばかりなので、そんなに欲しい物もないんぢゃないかな? と思っていたのですが、クリスマスの Wish List にあって、クリスマスプレゼントに含まれていなかった物が出て来るととても嬉しそうでした(^^) ちなみに自分からのプレゼントは、絵を描く時に使うイーゼルや、アート用品で、旦那からは本やビデオゲームのキャラクターや T シャツ等。
でも、ジャックにとってはプレゼントよりも、いつも仕事で家にいないダディと一緒に遊ぶ時間や、カラフルなヘリウム風船など、日頃あまりできない事をして遊ぶのが一番のプレゼントだった模様。特に旦那はジャックが寝た後、夜遅くに帰宅し、朝はジャックが学校に行った後に起きてくるパターンなので、下手をすると全然顔を合わせる機会がないまま週末に突入する事も... 自分も会社員時代は帰りが翌日になる事はザラだったので、IT・ソフトウェア業界は忙しい時はそんなもんだと思っていますが、それでも子供がいると早く帰れるにこしたことはない、と思う今日この頃。 
ところで、非日常的な遊びを楽しむという事で、ジャックがやりたがっていた紙吹雪。Walmart で以前買ったピニャータはジャックの宝物と化しているので、叩いて壊したらまずいな、という思いもあったので、紙製のバケツに折り紙を切って作った紙ふぶきを入れ、叩いたり揺らしたりするとパラパラと紙ふぶきが舞い落ちるように蓋の部分を作り、旦那に天井から吊るして貰いました。
紙吹雪は形や大きさで落ちる速度や落ち方が結構違うらしいのですが、ネットで見つけた三角形の紙吹雪もひらひらと宙を舞いながら落ちて来てなかなかいい感じでした(^^)
作るのも見るのも楽しかった紙吹雪なのですが、片付けは意外と面倒臭かった...(^^;; 最終的には掃除機で吸い取ったのですが、掃除機が詰まりそうでドキドキしながら吸い取りました。(S本さんからのイタダキ物の掃除機とは言え、高い掃除機なので紙吹雪で壊れてしまったら勿体ない~と思っていたので^^;;)
さて、非日常的な遊びの決定版とも言えるのが、ジャックの予定表に書かれていた "doggy fly"。旦那が "doggy fly" って何? と聞くので、内心、ジャックと一緒に遊んでいないから "doggy fly" が何の事かわからないのだね、キミは... と思ったのですが、文字通り "犬が飛ぶ" んだってば(^^) まぁ~見ればわかるから... と言う事で一家揃って家の外へ...(笑)  
"doggy fly" は、ジャックの部屋のデコレーション用に作ったバルーンアートの犬に、ヘリウム風船を括り付けて空に飛ばす、という実にわくわくな企画なのでした(*´▽`*) これはジャック以上に自分の方がワクワクしてしまった企画なのですが、横でビデオを撮っていた旦那も相当ワクワクしていたに違いない... と睨んでいます(笑)ジャックも相当喜んでいました(^^)
結果はご覧の通り(*´▽`*) バルーンアートの犬、思いっきり飛んでます(^^) もぅ~大満足~ 必然的に、もっと高く飛ばしたい! というジャックのリクエストもあり、ヘリウム風船を二個から四個に増やし、紐の部分も延長することに...
結果はご覧の通り(*´▽`*) バルーンアートの犬、さらに遠くまで飛んでます(^^) いやぁ~最高~!! 親子三人で風船を飛ばしている楽し気な様子に、斜め向かいに住む三姉妹も家の外に出て来てバルーンアートの犬の様子を見つめていました。ジャックに「あの子達にあげたかったら、あげてきてもいいよ! ただし電線には注意するように言ってね」と言ったら、本当はあげたかったらしいのですが、ちょっと照れ臭かったようで、そのまま風船共々家に戻って来ました。
そんなこんなで午後いっぱいジャックの予定表にある項目を一つずつこなし、夕方少し早目にバースデーディナーに出かけ、家に帰ってからは卓上ビリヤードセットでジャックとダディで 3 回戦ほど対戦しながら、ジャックの好きな映画 Earth to Echo (2014) を家族で見て、無事に全予定終了(^^) Earth to Echo は子供心をくすぐる夢や冒険が詰まったなかなかよい映画で、ジャックはもう 5 回も見ていると言っていました。好きな映画は飽きるまで何度でも見るあたりも、ジャックはホントに自分に似ているな~と思います(^^) というわけで、ジャックの 9 歳の誕生日は、ジャックにとって楽しい事満載の一日でした(^^)

2016年1月29日金曜日

8 歳最後の日 & 誕生祝い@小学校(^^)

今日はジャックがずっと楽しみにしていた月末最後の金曜日。ジャックが通う小学校では、誕生日のお祝いに Goody Bag の差し入れが OK になっていて、今年も月末最後の金曜日に用意しておいた Goody Bag を持って小学校へ... ちなみに一年生の時まではカップケーキなどお店で購入したもの(手作りのケーキやクッキー等は不可)でナッツ類が入っていないものなら OK だったのですが、食物アレルギー対策強化で二年生になる頃には食べ物の持ち込みは不可に。
Goody Bag も低学年の方が色々な物が詰まった Goody Bag が多かったのですが、三年生にもなると、鉛筆一本だけとか、ホントに心ばかりの一品という感じらしく、何やら暗黙のルールのようなものができているようだったのでジャックの意見を取り入れながら Goody Bag の品選びをしていたら、ちょうど昨年末にクリアランスセール品の中にあったディズニーの Frozen と Avengers の柄のシャープペンシルのセットが、破格を通り越してタダみたいな値段で売られていて、ジャックと二人ホクホクしながら買い占めておいて大正解でした(^^)
ちなみに七歳の時の誕生祝い@小学校はこんな感じで、八歳の時の Goody Bag は Seahawks の Super Bowl 二連覇なるか!? な時期でもあったので、Seahawks 応援グッズでまとめたり(^^) 八歳の時も旦那が仕事を抜けて来てくれて、ジャックにとってもいい思い出になっています(^^) 九歳は、さすがにもうだいぶお子様モードから脱していて、両親揃って来るような時期は過ぎてしまった模様(それはそれでなんだか寂しい気も...)
三年生では、誕生日の子がクラスのみんなで遊べるゲームを一つ選べるようになっていて、ジャックは Silent Ball というボール投げゲームを選び、みんなと楽しく遊んでいました(^^) Goody Bag はゲームの後、帰りの時間の間際にみんなに配って無事に一日を終了(^^) 一人だけ早退した子の分は先生が預かってくれて、ついでに転校生などで人数が増えた時用の予備の分は、先生のお子さん達用に持って帰って貰って無事に Goody Bag 配達終了でした(^^) ジャックもとても喜んでくれて、楽しい金曜日でした。 
実際の誕生日は明日、土曜日なのですが、ジャックが、「誕生日に何かサプライズがあるといいな...」と以前つぶやいていて、「例えば部屋を風船でいっぱいにしておいてくれるとか...」と結構具体的なリクエストもあったので、こっそり風船を買い足しておいて、ジャックを学校に送り届けた後でせっせとジャックの部屋の飾り付けをしていた自分でした(^^) 
足の踏み場もないぐらいジャックの部屋を風船でいっぱいにするのも楽しそう、と思ったのですが、意外と時間が足りなくて、風船を 14 個使った風船シャンデリアもどきを天井から吊るし、買い置きしてあったラッピング用のリボン(太目)をねじって飾りにした所でほぼ時間切れ。 
Finishing Touch(=最後の仕上げ)にベアに動物愛護団体の WWF から貰った無料ギフトのメモ帳(ジャックが好きなトラの写真付き)を持たせ、Happy Birthday! のメッセージと共に部屋の隅にあるビーズチェアの上に乗せておき...
さらに、昨年マスターしたバルーンアートの犬も作って、ジャックのベッドの梯子の部分に置いて、なかなかいい感じ(^^) と自己満足に浸りつつ、Goody Bag の詰まったバッグを持ってジャックの小学校へと猛ダッシュでした(^^;
学校から帰って来たジャックは、朝出て行った時にはなかった風船やら飾りのリボンやら、バースデーメッセ―ジ付きのベアに目を輝かせながら喜んでくれました(^^) 朝から飾り付けした甲斐がありました(^^) 
ニコニコしながら風船を見上げていたと思ったら、ベッドの梯子部分にいい感じに飾っておいたバルーンアートの犬をリボンの飾りにひっかけて、空中浮遊犬にし始め、えーっ、せっかくいい感じだったのに~と心の中で思ったものの、「That's better!」と楽し気に再配置している姿を見ると、ジャックの誕生日だから、ま、いっか... と思い傍観。 
本人はかなりご満悦でしたが、これが男の子の考えるイケてる飾り付けなんだろうな~と思うと、なんか男の子って...(*´Д`) と思う母でした。明日は美味しいケーキを買いに行って、ジャックがやりたがっている "紙吹雪"(← ピニャータの中身をお菓子ではなく紙吹雪にしよう案)ができるかどうかを検討し、あとはジャックが作った明日のプランに沿ってひたすら実行するのみ、な土曜日になりそうです^^;; (← 何時からケーキを食べ、何時にプレゼントタイム、ファミリーゲームタイム等々、15分刻みのスケジュール表を作っているジャック^^; 将来いいプロジェクトマネージャーになれそうな勢いです^^;)

2016年1月28日木曜日

続・風邪の症状

昨日風邪で熱を出していたジャック。ぬいぐるみや自分と一緒にジャックのベッドで一晩寝て起きたら、熱も下がって平熱に(^^) 夜中に何度かジャックの額に手をあてて熱の下がり具合をチェックしていたのですが、夜中に熱が上がる事もなく、今朝は元気に学校に行きました(^^) 

2016年1月27日水曜日

風邪の症状

ジャックのクラスで風邪が流行っているらしく、クラスメートの子達が何人か風邪で休んでいるらしい... という話を聞いた矢先に、あれ? なんか熱っぽいよ? ジャック? と思って体温を測ってみたら、37度8分(華氏 100.04 度) 明後日金曜日はジャックのクラスに誕生日の Goody Bag を差し入れに行く予定なので、ジャックは金曜日には這ってでも学校に行く! と張り切っていますが、熱が下がってくれる事を祈りつつ… 思えば、先週の金曜日には旦那が風邪で会社を休み、会社でも風邪の菌が蔓延している模様。今年に入って、ワシントン州の住む 12 歳の健康な女の子がインフルエンザで亡くなるというニュースもあり、たかが風邪と言っても油断しないようにと思っています。

熱があっても子供だからか至って元気で、玩具で遊んだり、テレビを見たり... 体温が一度上がると、体の中の抗体の力が 5 倍ぐらいになるらしいので、今の所は様子見中。早く元気になりますよう!

2016年1月26日火曜日

Cub Scout イベントで、ショッピングモールのセキュリティセンター見学

火曜日の夜は Cub Scout のイベントで、近所のショッピングモールのセキュリティセンターの見学ツアーがあったのですが、予想以上のハイテクなセキュリティシステムで驚きました(セキュリティセンター内の写真撮影は不可なので中の様子を紹介できないのが残念!)この十年程で都市開発が進んだベルビューは、高層ビルの建設が今も進行中で、人口も年々増え続けている模様。住民としては、いまだにアライグマが出没するような、田舎の中心街的なイメージなのですが、将来的にはベルビューがシアトル規模の都市に、そしてレドモンドがベルビュー規模の都市に発展していくのだろうと思っています。

さて、ショッピングモールのセキュリティシステムですが、ビル内のあちこちに監視カメラがあるのは周知の事実としても、駐車場の出入り口にある監視カメラが、ライセンスプレート(ナンバープレート)を読み込み、犯罪データベースに登録されている車ではないかどうかをリアルタイムでチェックしているとは知りませんでした。また FBI や CIA と協力し合う事もあるらしく、万引き犯を捕まえたりするだけじゃないんだ~と、知られざるセキュリティセンターの仕事ぶりに感心しました(^^)

今年初のヘアカットx2

今日は兼ねてから切りたいと思っていた旦那の伸びきった髪の毛と、これまた鳥の巣かラーメンのようなカーリーヘアのジャックの髪の毛をカット。ホームバリカンセットのおかげで旦那やジャックのヘアカットもだいぶ簡単にできるようになり、手際もだいぶよくなってきたのですが、ジャックはどちらかと言うと長めのヘアスタイルが好きなようで、次回はもうちょっと長めにしてとのリクエスト。これが女の子だったら前髪が短くなっただけでものすごく気にしそうですが、男の子だとそこまで落ち込まないようで、「ちょっと切り過ぎちゃった?」と聞いたら「It's okay... but I like it a bit longer...」との返事でした。日本だと野球小僧=坊主刈り(しかも気合の入れ具合によっては三分刈りとか長くても五分刈り)みたいなイメージが強いのですが、アメリカでは少年野球の子供達を見る限り割と普通のヘアスタイルで実は内心ほっとしています。もし試合前に全員丸刈りにして来い! などと言われたら、ジャックは嫌がるんぢゃないかな? と思っていたのですが、とりあえずこれから始まる春季のリトルリーグは気候的にも涼しいシーズンなはずなので、要丸刈りのような状況には陥らないのではないかと思っています(^^;

一方旦那の方は、伸びると髪の毛の質やら雰囲気が Dumb & Dumber (1994) の Harry のようになりがちで、今回も 10 cm ぐらいバッサリ。こちらもホームバリカンで大まかに短くしたあと、サイドやトップは旦那のシェーバーとハサミで微調整。結婚当時、ハサミだけでチョキチョキ切っていた頃に、何度か虎刈りにしてしまった事があり、その度にスマンっ! と思ったものですが、最近ではほとんど失敗もなく今夜もいい感じにスッキリした仕上がりに(^^) 毎朝旦那の長い髪を見ては、もぅ~切らねば! と悶々としていたので、自分もこれで気分的にスッキリしました(^^)

2016年1月25日月曜日

連休最後の月曜日 & Sara Lee の Artesano Bread

今週は月曜日がお休みで、朝から全然起きる気無し、で、金曜日から風邪で寝込んでいた旦那の "会社に行ってキマース!" という声も無視して寝ていたら、お昼近くになっていました(^^;; ジャックは映画を見ながらポップコーンを食べて空腹をしのいでいたようで、慌ててサンドイッチなんぞ作ったのですが... 先日パン売場で見かけて試しに買ってみた Sara Lee ブランドの Artesano Breadが実にヒットでした(^^) 基本的に、うちでは旦那の健康管理の一環もあり、胚芽入りや全粒粉(Whole grain や Whole wheat)が主流で、ホワイトブレッドを食べなくなって久しいのですが、たまに日本帰国時に、ヤマザキのダブルソフト(=耳まで柔らかい食パン)を食べたりしている自分としては、あの厚みとフワッとした食感と、子供でも耳まで美味しく食べられるパンの存在は偉大だよな~と思っていたので、このパンはかなり気に入ってしまいました(^^) 予想通りジャックにも好評だったので、旦那用には Whole Wheat や Whole Grain のパンで、ジャック用にはこのホワイトブレッドを暫く買ってみようと思います(^^)

2016年1月24日日曜日

The X-Files 新シリーズ

噂の The X-Files 新シリーズが今日から始まり、その昔 The X-Files シリーズにハマった一人としては絶対に見逃せない番組... ということで、録画予約を入れておいたら、フットボールのチャンピオンシップゲーム(AFC、NFC 共に Super Bowl 出場を賭けた最後の試合)の報道が長引いていて、夜 7 時 ~ 8 時の録画だけでは半分しか録れていないという事実が 8 時過ぎに発覚。今日の放送を自分以上に楽しみにしていた旦那が慌てて録画ボタンを押し、運良く後半もちゃんと録れましたが、いや~危なかった…(冷や汗タラり)

明日、月曜日には第二話を放送の予定で、夜のゴールデンタイム(7時台とはかなり強気^^?)に二夜連続で放送という力の入り具合。ねたバレにならない程度に感想ですが、スカリーとモルダーが老けてました。スカリーは痩せたからか顔が細長くなり皺が目立つようになり、モルダーも老けて目が小さくなった気がしました。

さて、肝心の第一話ですが、ストーリー的には観客を第二話に繋ぎ止めるのには十分な材料が詰め込んであったように思います。放映前に読んだ新番組のレビューでは、死んだはずの The Lone Gunmen も劇的な再登場の予定とのことで、そういう予備知識も念頭に入れて見ると、次の放送が待ち遠しいと思えなくもないですが、個人的には第一話はこれまでのいきさつを駆け足で説明する感じで、斬新さには欠けていたかな... と思いました。でも、最初の掴みとしてはオッケーなのでは、と思える出来でした(^^) 明日はフットボールの試合もないので、定刻にちゃんと録画できていますよう!

ちなみに、フットボールですが、American Football Conference (AFC) は、Broncos が、National Football Conference (NFC) は、先週 Seattle Seahawks に勝った Panthers が勝ち残り、2 月 7 日 日曜日の Super Bowl 50 はこの 2 チームで争う事になりました。

東海岸での記録的な積雪 & アラスカでの M 7.1 地震で、災害対策を考える

東海岸の記録的な積雪から一夜明けた朝のニュースでは、交通機関が動き出している都市部の映像から、雪による通行止めで渋滞した車の中で 15 時間過ごした人達の様子などを流していましたが、長時間ひたすら車の中で暖をとっている間に、トイレに行きたくなった時など、大変だったのではないかと思いました。

自分が住む西海岸側は今季は雪で都市機能が麻痺するような事態には陥っていませんが、それでも時々嵐(暴風雨)で住んでいる地域によっては停電が数日続いたりする事も... 加えて西海岸は大地震がいつ起きてもおかしくない時期に来ているというレポートや、今朝起きたというアラスカでのマグニチュード 7.1 の地震のニュースもあり、うちにある 72 時間キットをもう少し補強しておくべきだなと真剣に思いました。さらに最近車のトランクの中を掃除した際に、不要なモノを除いてきれいにしたのですが、車の中にこそ非常食、ボトル入りの水等を入れておくべきだな、と雪に閉ざされたハイウェイで 15 時間も過ごした人達の様子を見ながら思いました。

ワシントン州では体で感じるほどの地震はあまりないのですが、最近シアトル北部でマグニチュード 1 ~ 2 ぐらいの群発地震の数が異常に増えているというニュースを見て、大地震の予兆なのか、それとも小さな地震が何百、何千と起きている事で少しずつ地殻変動が進むのか? などなど、素人なりにあれこれ想像しています。また貸家にしている自宅の事を思うと、不動産収入があるのは実にありがたいのですが、地震等で被害を受ける前に売っておいた方がいいのではないか? という考えが常に頭の片隅にあります。いつ起きるかわからない地震で、老後の財産になるか負債になり下がってしまうのか? 天災は忘れた頃にやってくるので、そこら辺の判断はなかなか難しいです。

日本と違って瞬時に地震速報がテレビやラジオで流れているわけではないのですが、シアトル周辺の地震情報は Earthquake Tracker で確認できます。Earthquake Tracker の情報を見ると、ほとんど毎日のように地震が起きているんだ!? と驚かされます。

2016年1月23日土曜日

今週末も三連休 & Enzo 三周忌 & 東海岸は雪で非常事態宣言中

来週の月曜日は学校がお休みの日で、ジャックは今週末からまたしても三連休。休みの日に限って早起きで、朝からマンガを見たりゲームをしたり...  今日は 2013 年の今日に亡くなった飼い猫の Enzo の三周忌で、本来だったら昨年同様キャットフードを Seattle Humane Society へ寄付しに行きたい所だったのですが、昨日から旦那が風邪で寝込んでいるのでそれはまた日にちを改めて... ということにして、今日は家でひたすらまったり。

CNN ニュースを見ていたら、東海岸は豪雪で New York や Washington D.C. をはじめ 非常事態宣言で、飛行機の欠航、交通規制の他、メリーランド州のボルティモアでは外出禁止令も敷かれているとの事。死者も出ているようなので迂闊に雪合戦やら雪だるまを作りに外に出たりしない方が賢明なようです。

2016年1月22日金曜日

遅めのバースデーランチ@Le Grand Bistro

今日のランチはジャックの保育園時代のお友達 S ちゃんのお母さんと Kirkland のウォータフロントにある Le Grand Bistro で待ち合わせてランチでした(^^) 家から車で 5 分ぐらいの距離なのですっかり油断してしまい、気がついたら待ち合わせの時間ギリギリに(汗)今週お誕生日を迎えたばかりの S ちゃんのお母さんのバースデーランチのつもりだったので、現地で待たせては申し訳ない~と思ったのでかなり焦りましたが、とりあえず無事にレストランで合流できました(ほっ) 
今日行ったお店はフランス料理+アメリカンがコンセプトのお店だそうで、レストランレビューでも概ね良かったので、お店の選定時に第一候補に挙げていた一軒でした。フランス料理と言えば、フレンチオニオンスープ。ここのフレンチオニオンスープは評判がよかったので、スモールサイズ(カップ)を二つ注文。これは予想を全く裏切らない仕上がりで大満足(^^) 昔元彼のフランス人のおばあちゃんが作ってくれたフランス仕込みの本場のフレンチオニオンスープの味と遜色のないお味でした(^^) ちなみに元彼のおばあちゃんは高齢ながらもまだ健在(そろそろ 80 歳に近いのかも?)
余談ですが、自分達のテーブルのサーバーのお姉さんが女性の目から見てもうっとりするようなカッコいいお姉さんで、彼女がテーブルに来る度に、(女性に)モテまくりだろうな~このお姉さん(^^) と、要らぬ妄想に走ってしまいました... という話はさておき、自分が注文したメインディッシュの Cod (鱈)は、身が柔らかく、付け合わせのトマトや野菜やパスタもそれぞれ美味しかったです。
こちらは S ちゃんのお母さんが注文したチキン。この写真ではちょっとわかりにくいかもですが、外側のパリパリ感が実に美味しそうでした。S ちゃんのお母さんと最後に会ったのは 10 ヶ月ぐらい前で、すっかりご無沙汰していた事もあり、積もる話が積もり過ぎて気がついたらランチ+おしゃべりで 2 時間半も経っていました(^^;; お互い Facebook で近況は見ているのでそれで Catch up できているような気がしていましたが、ハヌカまで祝う事になった(ヒドい)いきさつを S ちゃんのお母さんに話をしたら、面白過ぎる、とかなりウケていました(^^;;
デザートはサーバーのお姉さんおススメのレモンタルト。レモンタルトは甘いお菓子の中でもかなり甘い部類なのですが、コーヒーを 3 杯ぐらいお替りするぐらいしっかり甘かったので、この後夕方に家の近所のトレイルを 5 km ほど歩いて今日食べた分の幾分かのエネルギーを燃焼してきました(^^;; このレストランが Le Grand Bistro になる前のお店には来た事があったのですが、今回来てみて、East Side で使える一軒としてメモっておこうと思いました(^^) 
余談ですがこのお店は、ジャックが大好きな映画、Ratatouille (2007) (邦題=レミーのおいしいレストラン)の最後に出て来る Ratatouille(ラタトゥイユ)というお料理が食べられる店という情報をネットで見て、一度試してみたいと思っていたお店でした。ランチメニューには Ratatouille(ラタトゥイユ)載っていなかったのですが、ディナーにはあるのかも? 次回、お店の人に聞いてもし出していたら試してみようと思います。

2016年1月21日木曜日

男の子って(^^;; ~ 伝説のバトル、進行中

「玩具を片付けなさい!」と言ったのに、人間対動物の壮大な戦い(Epic Battle)を始めたジャック(*´Д`) ハリネズミ軍団のヘッジ―達を指揮するのはトラやらオオカミやらキツネ? で、自分が子供だったらきっとこういう遊び好きだろうな~などという思っている場合ではなく、いい加減に絨毯の上に配置された動物のオモチャやら戦車やら戦闘機を片付けて欲しい今日この頃。
ビーバー達もかなりマジな雰囲気で玩具の軍隊に立ち向かっていたり...(^^;; 個人的にはビーバーの姿に "がんばれ、ビーバー!" と思わなくもないのですが、いい加減に片付けて貰いたいものです(><)
恐竜軍団もいて、トリケラトプス(=Triceratops、英語読みだとトライセラトップス)も玩具の軍隊に突進中。ジャックの部屋の中でひっくり返っている動物達はみんな人間側に攻撃されてやられてしまった事になっていて、勝手に起こすと生き返った事になってしまうらしく、玩具の軍隊も、動物達も触ってはいけないのだと力説されました(^^;;
それにしても動物チームの面々を見た後だと、余計にヤル気(戦闘意欲)満々の人間チームが実に悪者に見えるから不思議です(笑)ストーリー展開的には、映画 Avatar (2009) で、動物チームの方に肩入れしているジャックでした(^^)
暇な時ならばまだしも、夕飯時の忙しい時に限って、「Mommy! Come see this!!」と呼びに来るおかげで、アルデンテに茹で上がるはずのパスタが何度も中華麺のような太麺に(*´Д`) でも、ジャックも来年は 10 歳で、こうやって子供らしい遊びをしている時期も見納めかもしれない、と思うと、「見てて~!」と呼ばれるうちが花なのかもしれない...と思い直し、ジャックが動物達をジリジリと動かす姿を見ていたりしますが、もっとチャチャっと戦ってケリをつけてくれると良いのだけれど... と思ってしまう母でした(苦笑)
そんなわけでなかなか掃除機をかけられずにいるジャックの部屋。来週までには部屋から溢れ出ている玩具をナントカしたいところ。それにしても、小学生の男の子ってなんだか幼いよな~といつも思うのでした(^^;

米国内のニュースより ~ 雪の影響 & インフルエンザ

今朝一番のニュースで、ワシントン D.C. とバージニア州とメリーランド州が雪の影響で交通網が分断され、緊急事態宣言まで出される状況に陥っている様子を流していましたが、天気予報を元に路面の凍結防止用の塩を撒いたりする対応が十分に取れていれば、そういった事態を避けられたのに... という話もあり、天気予報の情報(特に台風や暴風雨や大雪情報)には日頃から注意を払うべきなんだなと思いました。

ちなみに地元ワシントン州でも、I-90 がスノコルミパス(峠)が雪のため一部道路封鎖になっているとの事(一日中封鎖らしいです)

ワシントン州の最新の道路情報は Washington State Department of Transportation (WSDOT)Travel Alert ページに掲載されています。

日本も今週始めに大雪が降り、交通機関に大幅な遅れが出て大変だったようですが、実家の父の話では九州でも雪が降ったらしいですが、交通や生活に影響がでるほどのものではなかったとの事。

その他、今朝のニュースで、ワシントン州の 12 歳の女の子がインフルエンザにかかって一週間後に亡くなったというニュースを見たのですが、健康な 12 歳の子が亡くなるほど強烈なインフルエンザが流行っているのかと思って心配になってしまいました。ニュースでは、インフルエンザが腎臓に障害を引き起こした結果死亡したような短い説明だったのですが、気になってローカルのニュースサイトを検索していたら、具合が悪くなって親が病院に連れて行った際にタミフルを処方されたという情報があって、タミフルの副作用がインフルエンザで弱った体に最悪の結果をもたらしてしまったのではないか、と子供を持つ親としてはかなり気になるニュースでした。一般的にウィルスに効く薬というものはなく、基本的に体の中の抗体が風邪の菌に対抗できるまで待つしかなく、風邪薬などは、頭痛、発熱や咳、鼻詰まりなどの諸症状を一時的に抑えるに過ぎないという話なので、できれば薬に頼らずに回復を待ちたい所ですが、きっとその女の子のお母さんも、あまりにも具合が悪そうな子供を見て尋常ではないな、と思ったのだろうと思います。治療を拒否して子供に万が一の事があっても問題だし、治療を受け入れて子供が亡くなっても問題で、なかなか素人には判断が難しい事態だと思いました。

2016年1月20日水曜日

"Good call" ~ カスタマーサポートからの電話(^^)

今朝、ジャックを学校に送り届けた後、Wall Street Journal (朝刊)を読みながら、モーニングコーヒーを飲んでいたら、珍しい事に旅行サイトの Expedia のカスタマーサポートからの電話が。いつものようにかかってくる電話には居留守モードで無視していたら、緊急の要件でお電話お待ちしています、とのメッセージ。カスタマーサポートに電話する事はあっても、カスタマーサポートから電話がかかって来た事などこれまでなかったので、新手の詐欺では? とまずは疑ってかかる自分(基本です^^;)。緊急と言うからには、メ―ル(書面)で連絡が来ているはずと思い、メールをチェックしたら、来てました... 緊急な要件のメール。何が緊急なのかと思ったら、来月半ばの Mid-Winter Break 中に予定している旅行の宿泊先がリノベーションのため予約を受け付けられない状態になってしまったとの事。冬休みの次は Mid-Winter Break (冬休みパート 2)と、アメリカの学校はなんだかんだで休みが多いので、親も早めに休みの間の予定を立てたりしなくては、で、結構忙しく、今回は少々早目の今月半ば頃に予約を入れておいたホテルでした。メールや留守電のメッセージによると、カスタマーサポートに電話してくれたら、代りのホテルを予約してくれると言うので、カスタマーサポートに早速電話して、担当者の人と話をして早速代わりのホテル探し。カスタマーサポートの人が、「xxxx ホテルはいかがです? 同じ条件(=2 Queen beds、Free WiFi、Free breakfast 付) と言うので、インターネットでホテルのレビューをチェック。レビュー自体はかなり良いのですが、なんかしょぼい...かも...? 元々予約を入れておいたホテルも破格のお値段に惹かれて予約したものなので、値段的には同じレベルなのだけれど... という自分のためらいが伝わったらしく(苦笑)、Yes とも、No とも言う前に次のホテルを紹介してくれました(Are you on your computer too? ← あなたもコンピューターでホテルをチェックしてる? と聞かれたので、自分もチェックしてると言ったからか、次の候補は単に安いだけじゃないホテルでした(^^) カスタマーサポートの人とやりとりをしている最中に、ふと、予約取り消しになったホテルには、一銭も払っていないので(予約時に現地支払オプションを選択していたので)実質キャンセルになってもそんなに困っているわけでもなく、これって彼女も Expedia サイトで部屋を検索しているだけだったら、自分で好きなホテルを選んで新たに予約を入れればいいだけなんぢゃ? という素朴な疑問が頭に浮かんだのですが、一生懸命ホテルを探してくれているカスタマーサポートの人の努力を無駄にしても悪いな、と思い、そのまま彼女がコンピューターで作業をする間の保留 → 会話 → 保留 → 会話 → 保留 → 会話を何度も繰り返した後、最初に予約を入れていたホテルよりも 2 倍ぐらいの値段のホテルが、自分が希望する条件を全部満たしていた上、屋内プールがついていたのでそこにする事に(← ジャックはプールがあるホテルが好きなので^^; また子供がいると、プールがあると雨で外で観光できない時に重宝するのでそのホテルに決定)

前置きが長くなりましたが、オチとしては、予想外の出費(と言ってもオフシーズンなので夏場の半額以下)になったと思ったら、差額は Expedia が払ってくれるという事で予期せぬホテルアップグレードになりました(^^) カスタマーサポートとのやりとりを面倒くさがって、自分で予約し直していたら、結局値段の安さに負けて最初に勧められたホテルあたりで手を打っていたかもなので、今回の件で予約時にお金を払っていなくても自力で新たに予約し直ではなく、カスタマ―サポートを通して予約したのは "Good Call" (=良い判断)だったと思いました(^^)

それにしても、アメリカの学校は休みが多いです。今月は冬休みの他に月曜日がお休みの週が二週もあり、三連休 x 2 な月になっていて、子供には楽しい連休ですが、親はあんまりゆっくりできない月です(^^;

2016年1月19日火曜日

健康のために続けている事: チャガ茸

もし自分が長生きできたら、"あの人も続けている、健康の秘訣" シリーズ(^^? の一アイテムとして絶対おススメしようと思っているのが、飲み始めて今年で 4 年目になるチャガ茸茶。お茶と言っても、単にチャガ茸の砕いたものにお湯を入れるだけなのですが、ウーロン茶または麦茶のような色と、癖のない飲みやすい味でおススメです。自分はコーヒーを飲まない日が続くとひどい頭痛に見舞われるので、コーヒーは毎朝、毎晩飲むようにしているのですが、チャガ茸はどちらかというと体調がいまいちかな? という時によく飲んでいます。
先日首筋のリンパ腺が腫れていたのをきっかけに、最近はまた毎日飲むようになったおかげで残り少なくなってきたので Amazon でいつものチャガ茸(粉末ではなく砕いたもの)を速攻で注文。小さなパッケージなので、封筒に入って普通郵便で送られて来るのですが、メールボックスを見たら本日無事到着していました。ちなみに首筋の腫れ(しこり)は完全になくなりほっと一安心(^^;;
日本でも、チャーガ、チャガ、シベリア霊芝、カバノアナタケの名称で通販で売られていますが、チャガ茸は白樺の木に寄生するキノコで、10 年ぐらいかけて白樺の樹液を栄養にして育ち、寄生された白樺を枯らしてしまう白樺にとっては迷惑なキノコらしいです。まるでゆっくりと進行する癌のようなチャガ茸ですが、ロシアでは抗がん剤として実際に使われているキノコ。癌と言えば、最近 69 歳という若さで亡くなったデビッド・ボウイや、ハリーポッターでスネイプ先生を演じたアラン・リックマンも癌で亡くなり、やっぱり癌は手強いな... と思います。チャガ茸が自分の健康にどれほど貢献しているのかはわかりませんが、結果は... 20 年後? みたいな感じですかね(^^?

2016年1月18日月曜日

MLK Day & 気がつけば 三連休三日目

今週と来週は実は月曜日がお休みの日で、三連休だという事をすっかり忘れていましたが、気がつけば今日が三連休の三日目。よくよく考えたら土曜日は Nerf Gun バトルに行き、その後旦那とジャックは三回目の Star Wars Episode VII: The Force Awakens を観に行き、日曜日は恒例のリトルリーグの冬季トレーニングに行って汗を流し、今日は午前中はまったり、午後はキャッチボールと、ジャック的にはかなり充実した三連休だった模様(^^) 
今季初めてリトルリーグに参加で、前シーズンからプレーしている子達ほど親も子供も慣れていないので、二月頭に予定されているスキルチェック(Skill Evaluation)までは、旦那も自分もキャッチボールの相手をして基本スキルの向上に努めていますが、リトルリーグの Web サイトの説明では、勝つだけが全てではないような(未経験で下手でも)誰にでもプレーする機会が均等に与えられるような感じの事が書いてあったので、ベンチに座っているだけで終わる事はないだろうと思うのですが、本人は無名の自分が実はプロ並みにうまかったらどうしよう^^?」などと脳天気なことを...(笑)
さて、今日は Martin Luther King Jr. Day で、キング牧師の生誕を祝う祭日でした。実際の誕生日は 1 月 15 日なのですが、Happy Monday 制度で毎年第三月曜日が MLK Day で祭日となっています。珍しくキング牧師について、生い立ちやノーベル平和賞の受賞から 39 歳という若さで暗殺されるまでの伝記を読んでみたのですが、女性問題が絶えない人物だったという話や、FBI がキング牧師の女性問題をネタにほとんど脅迫に近い手紙を送っていた話など、なんだか知らぬが仏的な気分でした。
なんとなくクリントン元大統領とモニカ・ルインスキーの一件を思い出してしまいますが、女性問題の醜聞は事業に失敗するよりも情けない感が強い気が... 次期大統領選の民主党候補として現在支持率トップのヒラリー・クリントンも、共和党候補のドナルド・トランプ氏にモニカ・ルインスキーの件を蒸し返された時にはきっと腹立たしかっただろう(トランプ氏にではなく、夫のクリントン元大統領に)と思いました。キング牧師といい、クリントン元大統領といい、多くの人々に支持されていた人達だっただけに、実に惜しい気がします...