2015年10月31日土曜日

Riverdance 20 周年記念ワールドツアー シアトル公演(^^)

ハロウィーン当日の夜は、いつもなら夜は家で子供達がお菓子を貰いにやってくるのを待っているのですが、旦那が Riverdance の20周年記念ツアーのシアトル公演のチケットを買っていたので、Riverdance を観に、家族三人でパラマウントシアターまで行って来ました。Riverdance と言えば、若かりし頃の Michael Flatley の Riverdance を思い起こす人も多いと思うのですが、なんとあれからもう 20 年も経っているとは!? Riverdance 全盛期に、テレビではなく、どうしてもライブで見たくてロサンゼルスまで T ちゃんと二人で公演を観に行った日の事を思い出しました(^^)
旦那とジャックは今回が初めての Riverdance 。自分は二回目ですが、湧き上がる感動に惜しみない拍手を送りまくりでした(^^) 前回自分が Riverdance を見たのはかれこれ 15 年ぐらい前の事で、今回見た内容とは演目が少々違っていましたが、オープニングの音楽もダンスも、ほぼ前回と同じ構成で、フィナーレも前回観た時と同じような構成でした(何度見ても感動してしまうフィナーレでした^^) 前回と違うけれど、実に良かったのが黒人ダンサー二人とのダンス対決で、ダンスも素晴らしいのですが、お笑いの要素も盛り込まれ Riverdance のさらなる進化に絶賛の嵐でした。 
パラマウントシアターは劇場としてはとても小さい(と思う)ので、ダンサー同士がぶつかったり、転んだりしないか、少々ハラハラしながら見ていました。15年前と大きく違うと思ったのは、バッグのスクリーンに映し出される映像でした。映像と照明がかなり改良されたおかげで、Irish タップダンスをお腹いっぱい観るショーから、もっとミュージカルっぽく、エンターテイメント性が増幅された素晴らしいショーに進化していました(^^) 音楽もとても素晴らしく、ステージ上でのライブ演奏もとてもよかったです。最後はスタンディングオベーションで拍手喝采に包まれて終わりましたが、ジャックも旦那も惜しみない拍手を送っていました(^^) シアトル公演は日曜日が最終日です。興味のある方は是非チケットをチェックしてみて下さい。以前見た事がある人も、20 周年記念公演の Riverdance はかなり気に入ると思います(^^)

朝から雨模様の Halloween 当日

ハロウィーン当日の土曜日は、なんと朝から強風で、しかも雨も降っていて、例年になく悪天候。金曜日に旦那の職場のハロウィーンイベントで既に致死量のお菓子を貰って大満足なジャックなので、最悪今晩近所の家を訪問しなくても、まぁいいか... と思っていたのですが、毎年うちにお菓子を貰いに来る子供達用の準備はしておかねば... と思い、いつものように、戦利品のお菓子の 2 割ぐらい(2 割でも相当な量)を玄関前に置いたボウルに入れておく事に... これもエコシステムの一部で、貰ったお菓子は近所の子供達へと分配されるのでした(^^) 
朝から降っていた雨は、午後になってもなかなか止まず、強風のせいか一瞬停電したり、と踏んだり蹴ったりなハロウィーン当日でしたが、ジャックもバルーンアートでオレンジ色の犬を作ったりして、飾り付けに意欲を見せていたので、雨が小降りなうちに玄関前にパラソルを立て、その下に Trick-or-Treat 用のお菓子を入れて、雨が降っても雨水で濡れないかどうかをチェックしたりしていました。 
ハロウィーン当日に子供達に訪問されるのが嫌な人達(知らない人達がやって来るのはなんだか落ち着かないという人達もたくさんいるので) は、ハロウィーンの夜には夕方から外出する(外食)人も多いのですが、今年はなんと自分達も夜にシアトルのパラマウントシアターで有名なアイルランドのタップダンスのショー "Riverdance" を観に行く事になっていて、ジャックが生まれて以来初の、ハロウィーンの夜に不在という珍しい一日となりました。
それでもジャックが生まれて、二足歩行ができる年齢になって以来、毎年お菓子を貰いに行っている近所のおばあさんのお宅等、行かないとそれもなんだかガッカリさせてしまうかも? という、大人の事情もあり、小雨降る中(まだ暗くなる前から)ご近所を駆け足で訪問。これが平日だと、夜 7 時前に行くと仕事から帰って来ていないのか、不在率 90 %ぐらいなのですが、今日は土曜日でしかも天気も悪かったせいか、在宅率も高く、雨の中やって来た自分達を皆さん快く迎えてくれました(^^) 数軒しか回る時間がなかったのですが、天候不順できっと子供達の訪問も少なめだろうと思った訪問先の皆様が、一個じゃなくて、ガツっと掴んで行っていいから‼ とまだ夕方 6 時だというのに太っ腹なお言葉で、ジャックのパンプキン型容器はあっという間にお菓子でいっぱいになり、天気はかなりいまいちだったものの、ジャックにとっては予想外にいいハロウィーンとなりました(^^;;

2015年10月30日金曜日

Halloween 2015 職場編(^^)

小学校でのハロウィーンパーティーの後は、ダウンタウンシアトルにある旦那の職場のハロウィーンイベントに行って来ました(^^) 旦那も今日は、毎年恒例のナイト(騎士)のコスチュームとお菓子を持って出社。金曜日はいつもよりも早目に渋滞が始まるので、ジャックに今年のコスチュームのキャプテン アメリカにとっとと着替えるように指示し、自分も毎年恒例の森の妖精風なロングドレスに着替えて、帰宅ラッシュの中、ディズニーのシアトルオフィスへ。
受付けロビーにはプリンセスが二人、訪問客からの写真撮影の依頼に快く応じてくれていて、自分達も便乗して、一家揃ってプリンセス二人と記念写真撮影でした(^^) 自分の隣にいる女性が着ているドレスがとても素敵で、「どこで買ったんですか?」と聞いたら、自作との事(さすが、ディズニー)(^^) 隣のプリンセスの顔が小さくてかわいらしく、「アジア人は(体に対して)顔がデカい!」と旦那にいつもからかわれるわけだよな~と思いながらも、相手はプリンセスだから許す(^^) と思ったり…
プリンセスは受付けの他にもいて、別な階でこれまた素敵なプリンセスを発見‼ こちらはオフィスの一角がお城のような飾り付けになっていて、プリンセスの横に立っているナイト(騎士)の人もなかなか素敵で思わず見とれてしまいました(^^) 
ジャックのキャプテン アメリカは(Marvel もディズニーの傘下なので)軒並み好評で、しかも前日に激混みのパーティーグッズ屋さんから買って来たシールド(円盤)がまた好評で、たくさんの人達から「イイネ」と声をかけて貰っていました。 実はジャックだけでなく、旦那も自分も他人の目からみると、相当気合の入ったハロウィーンコスチュームに見えるようで、三人揃って歩いていると、「おぉ~っ! ナイス(^^)」というリアクションをたくさんの人達からいただきました(^^)
巨大なクマさんにトイレットペーパーを巻いてミイラっぽくしていたのも実にかわいらしい演出でした(^^) これは Costco で売っている巨大クマさんかも?
輪投げゲームを楽しむ子供達 & 順番待ちのジャック。今年のジャックの衣装は実は自分のリクエストもあり、キャプテン アメリカ。実は The Winter Soldier (2014) を見て以来、自分の中では Steve(=キャプテン アメリカ)の株が鰻上りで、ジャックにも Steve みたいなカッコいいアメリカ人になって欲しいと思うぐらい今や大ファンなので、今年はキャプテン アメリカにしようよ~と言っていたのでした(^^; ジャックは Ant-Man になりたいような事を言っていたのですが、蟻~? と、自分は断然キャプテン アメリカを一押ししていたら割とすんなり合意してくれました。
そんなこんなで、旦那のオフィスビル内で、向う半年分ぐらいの大量のお菓子を貰って来て大喜びのジャックでした(^^) ファミリーイベントは夕方 5 時までの予定だったので、5 時には旦那のオフィスを後にして、再び渋滞の I- 5 でイーストサイドへ...

明日はハロウィーン当日で、雨が降っていなければ、夕方近所を回ってダメ押しの Trick or Treat の予定です。今年は珍しくハロウィーン当日の夜に別なイベントの予定が入っているので、短時間での Trick or Treat になりそうです。 

Halloween 2015 小学校編(^^)

ハロウィーン前日の金曜日の午後は、ジャックのクラスのハロウィーンパーティーのボランティアで、ランチを済ませた後、小学校へ。 ジャックが一年生の時は、普通にハロウィーンのコスチュームを学校に着て行って OK だったのですが、昨年からの新しいポリシーでは、コスチュームもキャンディーもダメというルールで、少々味気ないハロウィーンなのですが、それでも子供達は親達が準備したゲームを楽しんでいました。
自分は輪投げコーナー担当だったのですが、子供達が投げた輪を拾い集めるのに、立ったり座ったりしていたので、後半は汗ダラダラで、甘く見ていたら結構な肉体労働でした(^^;; 
輪投げコーナーの向こうでは、写真撮影コーナーがあり、ボランティアの親達が持って来た仮装用のグッズを身に着け、記念写真を撮っていました。他の男の子達に触発されて、ジャックも蝶の羽を背中に付けたり、帽子を被ったり…(笑) 
これが今年のコスチュームだったら笑ってしまうだろうな~と思いながら、ボランティアの合間に写真を撮っていましたが、仕事中の旦那にこの写真を送ったら 「Oh! No!?」 という返事が速攻で返って来たので、いや、これは、ジャックだけぢゃなくて、ほとんどのクラスメートの男の子達が面白がってやってたから... と返信しておきました(笑)
そして一番盛り上がったのは Bingo 大会。担任の先生が無造作に選んだカードを読み上げる度に子供達の間からは、おぉ~っ! (喜びの声)とか、うぅ~っ! (うめき声)という声が上がり、かなり白熱していました(笑)
最後はチャーリー=ブラウンのハロウィーンエピソードをみんなで見て今年のハロウィーンパーティー(小学校編)終了でした(^^) 近隣の他の小学校では、コスチューム OK だったり、お菓子もピーナッツ等のナッツ類が入っていなければ OK なのに、うちの小学校は健康への意識が高い親が多いのか? または、ハロウィーンの風習がない外国人が多くなってきたからなのか? いつか、この新ポリシーが覆される日が来ることはあるのだろうか? と、思う自分でした。強いて言えば、上級生の女の子達が、ミニスカート等露出の多いコスチュームや、やたら胸を強調するような(コスプレ系)コスチュームを来て学校に来るような状況を考えると、細かいガイドラインを設けるよりかは、コスチューム無しの方が単純なルールでよいのかも? という気がします。

2015年10月29日木曜日

雨季到来 & 大人しかいない職場 & ハロウィーン前の買い物ラッシュ

今週は火曜日を除いて全部曇か雨の予報が当たり、今日も朝から雨が降っては止み、止んでは降りな状態でした。雨の日は、子供を迎えに来る親達の車が並び始める時間がいつもよりも早く、学校のすぐ傍や、校内の駐車場に止めて待っている親達はきっと 30分 ~ 40 分ぐらい前には駐車スポットを確保すべくスタンバイしているのだろう... と、思いました。せっかく、いつもより早めの 20 分前に行ったのに、脇道にしか空きスポットが空いていなくてちと残念な想いをした自分でした。

今日はザーザー降りかと思えば、ピタっと雨が上がったり... おかげで兼ねてから行かねばと思っていた某証券会社のオフィスへも雨の合間に行けてよかったです(いい加減提出せねば... な書類を持って行っただけなのですが、ようやく提出できてよかったです)証券会社のオフィスには、落ち着いた雰囲気で、パリっとしたシャツにきちんとネクタイをしめ、背広を着たおじさんが数人デスクに座っていたのですが、これまで若い人がまったくいない職場を見た事がなかったので、大人しかいない静かで落ち着いた空間に非常に新鮮なものを感じました(笑)異業種への憧れもあるのだと思いますが、冬でも短パンを履いている太ったおじさんやら、誰もネクタイなんぞしめて来ない会社に長く勤めていたせいもあり、背広が似合うアメリカ人を見ると無条件に素敵だな~と思ってしまいます(^^)

今週末はハロウィーンなので、ジャックのハロウィーン用の衣装の小物を買いにパーティーグッズのお店に行ったら、さすがにハロウィーン二日前というだけあって、店内は大混雑。さらにレジに続く列がお店の端から端まで連なっていて、たった一品を買うために 20 分ほど列に並びましたが、無事にお目当ての(そんなに小さくもない)小物を購入。今週はお天気はイマイチですが、毎年 Trick or Treat の時間帯だけは雨が止んでいる事が多いので、今年も雨に降られませんよう!

2015年10月28日水曜日

South Park Season 19 ~ ボーイズラブ、キタ━(゚∀゚)━!

9 月半ばから放映の South Park (Season 19)の新エピソード。毎回時事問題等をエピソードに盛り込み、面白かったり、いまいちだったり、当たりハズレは大きなアニメ且つ、F ワードあり、お下劣な表現ありと、PTA からは敵視されているようなアニメなのですが、"誰も教えてくれなかったアメリカの諸事情" を学ぶのには結構いい情報源だと思う番組です。(旬な話題をネタにする点ではアメリカで人気のコメディ&パロディ番組の Saturday Night Live=SNL のアニメ版のような感じでもあり...)

シーズン 19 は、アメリカで最も有名なトランスジェンダーとなった Caitlyn Jenner に始まり、 Trump 氏を彷彿とさせる政治家や、Whole Foods や Yelp ネタと、出だしはまぁまぁな感じでしたが、今週は日本で流行っている "ボーイズ ラブ" がテーマで、一緒に見ていた旦那は「That's your country.」(キミの国はホントに変だよ...の意を込めて)と言いながら笑っていました。自分が日本に住んでいた頃は "腐女子" なる呼び名などまだなかった頃なのですが、その昔自分が高校生だった頃、仲良しの友人から、青池保子の「エロイカより愛をこめて」というマンガがもの凄くいいから読んでみろ、と、半ば強制的に勧められ、読んでみたら、すごく新鮮で(← それまで男の人が男の人を好きになるマンガは読んだ事がなかったので)、全然その気がない硬派の少佐(追う側)と金髪のロン毛の伯爵(追われる側)が一緒にいる場面には、何度となく胸をときめかせた思い出があります(^^; その後、パタリロなんかもテレビで放映されていましたが、あれは解説では美少年なマライヒでも絵がイマイチだったので、ボーイズラブと呼ぶにはコメディ過ぎた感も... そんなわけで、 "腐女子" の "腐" という漢字は嫌いですが、究極の妄想系女子というか、ボーイズラブを好む女子の気持ちは理解できる気がします。でも 2D(マンガとかアニメ)だから OK なんだろーとも...  "ゲイ" という一括りにしてしまうと、なんかちょっと違う気がします。アジア人の女の子達が描くアート=ボーイズラブみたいなエピソードでしたが、ボーイズラブ、キタ━(゚∀゚)━! と思った今回のエピソードでした(^^;;

健康メモ: 転倒後の具合 & Book Fair

日曜日の朝にジャックのお友達の家の階段から足を踏み外し、ボッコリ背中を打ってから 4 日目。痛み止めは初日と月曜日には服用していたものの、今日はもう痛み止めのお世話になる必要もなく、順調に回復中。昨日は、晴れているうちに短い距離ながらも、走れるかどうかチェックしてみたところ、特に痛みも何もなく、走るのに使う筋肉は特にダメージを受けなかったようでほっと一安心。でも背筋を使うようなスポーツは、今やったらきっと痛みを感じるだろうな... と思うので、スポーツは暫く控えようと思います。その他気になる症状としては、首を後ろに反らせると、肩凝りがひどい時のような感じがする事で、転んだ勢いで軽いむち打ちにでもなったのか、それとも転んだ勢いで頸椎を痛めたとか?? 年も年なので、小さな不調のサインも見落とさないように... と思っています。

その他健康メモとしては、最近朝晩かなり冷え込むようになり、とうとう暖房(ガスヒーター)をつかい始めたら、やはり乾燥(目、喉、鼻、お肌)がひどく、ジャックが「鼻をかんだら鼻血が出ちゃった」と早朝に自分を起こしに来て、あぁ、これも暖房のせいだな... と。暖房を入れる季節になったら、加湿器を各部屋に常備しないとダメだな、と思いました。

さて、今夜はジャックの小学校で Book Fair があり、晩御飯の後、家族三人で学校の図書館へ行って来ました。Book Fair は午後 6 時から 8 時の間に開催されていたのですが、夜でお天気もいまいちな割には、たくさんの人で賑わっていました。図書館には、近所に住む子供とその親や、ジャックのクラスメートの子達もたくさん来ていました。小学三年生にもなると、読む本のレベルが格段と上り、ジャックが最近読んでいる本が、もう絵本ではなく、分厚くて文字ばかりの本になっていて、寝る前に一緒に読んだりする時に自分の方が、「この単語、何て読むの?」と発音を聞いたりしています(自分の英語力は小学三年生ぐらいだろうと思っていたのですが、まさにそんな感じです)。

2015年10月27日火曜日

猫パンプキンデビュー(^^)

月曜日に続き、火曜日もパンプキンねたですが、先々週の週末に買った猫パンプキンキット。買い置きのパンプキンに手順通りに貼り付けてみたら、こんな感じになりました(^^) 彫らないハロウィーン用パンプキンとしては、かなりいい出来なんぢゃないかな(^^? と家族からも大好評。なんとなく、猫パンプキンキットの写真と違う感じがするのは、パンプキンの大きさの差によるものだという事に気づきました。来年はもうちょっと大きめのパンプキンに貼り付けよう!と、来年も猫パンプキンキット買う気満々なぐらい気に入りました(^^)

2015年10月26日月曜日

Cub Scouts の Pumpkin Carving 2015(^^)

月曜日の夜は毎年恒例の Cub Scouts でのパンプキン彫り(Pumpkin Carving)の日で、学校から帰って来たジャックが宿題を終わらせた後、パンプキン彫りの下準備としてパンプキンの中の種を取り除く作業から。 何か詰まっているんだろうと思って空けて見ると、パンプキンの中は意外にもスカスカの空間。初めてパンプキン彫りを体験する人は、そのスカスカぶりにまず驚くのでは(^^? と思います。
子供達はお父さん達と一緒にパンプキンに気に入ったデザインを描いてから、専用の小さな鋸でキコキコと彫って行きます(^^) ジャックは妙な所にこだわる子で、デザインを決めるまで随分と時間をかけていたので、横で見ている自分はちょっとハラハラしたのですが、一旦デザインが決まれば、彫るのは子供にもそんなに難しくないので、彫り始めたらいっきに遅れを取り戻す事ができました(^^) 
でもやっぱり妙な所にこだわるジャックなので、彫り終わって、みんなが作品を壁づたいに並べ初めている時にも、一人黙々とパンプキンの内壁をさらにキレイにしようとお掃除中(中は誰も見ないというのに...^^;;)← 故 Steve=Jobs 氏が誰も中を見ないアップルコンピューターのマザーボードさえも美しくなければいけない、と言っていた逸話をふと思い出してしまいました(^^;;
写真ではちょっとわかりづらいですが、巨大なパンプキンを抱えてやってきた親子に、子供達は「おぉ~っ!」「すご~い!」と興味津々。実は自分も興味津々(笑)旦那はミーティングルームを見回して、「来年はもっと大きなパンプキンを買って来よう!」と大きい事はよい事だ!という事に気づいた模様(^^) 
黙々とパンプキンの内壁をキレイに削り取っていたジャックを見て、上級生の子から「もう十分キレイになったよ~」と(とっとと、パンプキンを並べておいでよ~)と催促されて、やっと作業終了(^^)  
ジャックのこだわりのパンプキン。親達が審査員になって、色々な賞を発表してくれるのですが、ジャックは "一番怖いパンプキン" 賞に輝き、本人もとても嬉しかった模様(^^) 
子供達が彫ったパンプキン。端の方に巨大なパンプキンが置いてあったのですが、前に立ちはだかる子供達の影に隠れていて、写真に撮れず残念。でも、今年も力作揃いの楽しいイベントでした(^^) ハロウィーンまで残すところあと4日です(^^)

知らなかった... Mickey's Halloween Party

ジャックのプレイデート & Sleepover の際に、V 君と R 君の両親と 5 人でワインを飲みながら、ディズニーランドの話をしていたら、来週ディズニーランドに行くという V 君のお母さんが、「Halloween Party の日は、一般の入場者は午後 3 時で閉園らしいのよ」という話をしていて、その後の時間帯は Halloween Party Tickets (特別なイベントチケット)を持っている人達だけが園内にいられる… という事で、えーっ? そんな日があるんだー? と思って調べてみたら、Mickey's Halloween Party という、大人気のイベントでした。知らずに Disneyland または Disney World に行くと、半日で追い出されてしまうらしいです(でも、どうやって一般入場チケットの人を園内から追い出すんだろ~? と、謎だらけ) イベントチケットを持っている人達は、イベントの 3 時間前から入場可能との事。(多分それが午後 3 時ぐらいで、実際のイベントは 6 時または 7 時以降との事)

ハロウィーンイベントなので、Trick or Treat もあるらしく、子供達には無料のお菓子も用意されているらしいです。9 月の後半から 10 月末にかけて、指定の日にちに行われている特別イベントらしいですが、肝心のイベントチケットは既に SOLD OUT らしく、「やっぱりチケットは前もって購入しておいた方がいいのかしら?」という V 君のお母さんに、「当日券をゲートで買おうとしたら、それだけですごい列に並ばなくてはよ!」と真剣にアドバイスしていた R 君のお母さん。R 君一家は、ハワイにできた Disney Resort へも行った事があるので、どちらかと言うとそちらに興味がある自分は、「どーだった? よかった?」と色々参考意見を聞いたりしていました。実は V 君一家とは入れ違いの日程ですが、自分達も 11 月にカリフォルニアの Disneyland へ遊びに行く予定。それまでに背中の痛みが完治していますよう!!

2015年10月25日日曜日

Sleepover 無事終了 & よそ様のお宅で、まさかの転倒(><)

土曜日から日曜日にかけて保育園時代のお友達の家にプレイデート & Sleepover(泊りがけ)で遊びに行っていたジャック。V 君のお母さんの話では、男の子達は夜中 2 時ぐらいまで夜更かしをしていたそうですが、特に夜中に騒いだりもせずに割とよい子に過ごしていた模様(← その言葉を 100% 信じたい所ですが、きっと多少は煩かったのでは? と思います) 
朝 9 時頃迎えに行ってみると、男の子達三人で Disney Infinity (ビデオゲーム)で遊んでいて、ジャックはこれまで知らなかった操作方法を教わってとても喜んでいました(← 家にもあるゲームでよく一人で遊んでいるのですが、友達と一緒の方がさらに楽しかった模様^^) R 君のお母さんが迎えに来たら、そのタイミングでジャックを連れて帰ろうと思い、ジャックの荷物をまとめておこうと二階に行き、寝室で寝ている V 君のお父さんを起こさないように、音をなるべく立てないように階段を下りて来たら、音を立てないどころか、ガタン、ドスン、ドタッ。その音にびっくりして、V 君のお母さんや子供達が駆け付けて来たのですが、床の上にうつ伏せになって倒れていた自分はさぞかし情けない姿だったことだろう(恥ずかし過ぎる~)と、今思い出しても赤面しまくりな朝の出来事でした(><)幸い足を滑らせたのは最後の一段で、高さにして15 cm ぐらい?、ツルツルに磨かれた廊下や階段は滑りやすいので、昨晩お邪魔した時には、子供達は靴下を脱いで走り回っていたのを思い出すも、後の祭り。「Are you all right?」(大丈夫?)と聞かれ、「I don't know... yet...」(大丈夫じゃない、かも? )と、じーっと床の上にうつ伏していたのですが、心配のあまり二階で寝ている旦那さんを起こそうとする V 君のお母さんに、「ちょっとこのままでいさせて... 多分骨は折れていないと思うけど、無理して体を起こさない方がよさそうだから...」と言うと、「実はうちの母ももっと高い所から足を滑らせて落ちてしまったのよ。その時と同じだわ。母も、暫くそのままにしておいて...と言っていたの」との事。なんでもお掃除に来るメイドさんが、床磨きに使っている製品のおかげもあって、いつもツルツルなのだとか(^^;;

数分間床にうつ伏せになっている間に、足の先の方から順に動かしてみて、普通に痛みもなく足が動かせる事を確認した後、上体を自力で起こせるかどうかを試してみると同時に、ぶつけた箇所を手で押さえながら、どのぐらい痛みがあるかもチェック。おばあちゃんがいきなり転倒する、緊急時用のブザーみたいな商品を売るテレビのコマーシャルみたいだ、と内心苦笑しながら上半身を起こしてみると、痛みはあるものの、立ち上がる事も、歩いたり、座ったりする事も難なくできたので、とりあえずほっと一安心。V 君のお母さんもほっとしていました(もし救急車で病院送り... な状況だったら、V 君のお母さんもかなり寝覚めが悪い思いをしただろうと思うと、大事に至らず本当によかったです^^;;)

生まれてから一度も骨折した事がないのですが、なにせ年が年なので、家に帰ってから、背中から転んだ時の対処法(冷やすのか、温めるべきなのか?)を調べたり、ただの打身か捻挫だと思っていたら骨折していた、という症例などの情報を一通り読んだ後、痛み止めの薬と、日本帰国時に買って来た、アンメルツ ヨコヨコ(無臭タイプ)を塗ったりして様子見でした。若かりし頃にぎっくり腰を患った時にはお風呂が一番効いたのですが、純粋な打身の場合には、お風呂自体というよりも、お風呂上がりのアンメルツの効果の方が絶大なんだな、と思いました(^^;; とりあえず、今日は一日安静にして過ごし、明日どのぐらい痛みが引いているかに期待したいところです。

2015年10月24日土曜日

動けないほど満腹 & 静かな夜

今日はジャックの保育園時代の友達で、先週 Spartan Kids Race に参加していた V 君の家に、R 君一家と共に Dinner & Sleepover に誘われて、夕方 6 時過ぎからお邪魔していましたが、その後 5 時間半に渡りよく食べてよく飲みました。子供達はかなりハイパーテンションで仔犬のように走り回っていましたが、食べ物もワインも美味しくて、食べ過ぎて一歩も動けない感じです。若い頃はパーティーに行って死ぬほど食べて帰って来る事は多々ありましたが、ここ数年でこんなに食べたのは久しぶり!というぐらい、前菜、メインディッシュ、デザートと食後のスナックを食べて帰って来ました。ジャックは Sleepover(お泊り)なので、そのまま置いてきましたが、真夜中にはおとなしく寝ていてくれますよう!枕代わりに持って行ったハムスターのぬいぐるみの Hemi (ヘミ)も一緒にお泊りなので、きっとベアがいなくてもちゃんと寝られるんぢゃないかな? と思います。

ジャックがいないので今夜は静かです。でも、明日は早起きしてジャックを迎えに行かねば~

見ている方が照れた "アンドレ 青いレモン" (*´д`*)

TV Japan で日本の番組が月末まで無料視聴できるので、面白そうな番組をいくつか録画していますが、アニメ版の「ベルサイユのばら」もついでに録画しておいたら、うわ~っ、なんかこれ、見てる方が照れるんですけど~っ(*´д`*) と思ったエピソードのタイトルがまた口に出すのもハズカシイ感じなのですが、"アンドレ 青いレモン" のタイトルを考えた人ってスゴイな...(笑)と思いました。

アニメではアンドレが「バラはライラックにはなれない」と言う台詞があり、あれ?そんなのあったっけ?と、思わず本棚から "ベルサイユのばら" の引っ張り出して、アニメでやっていた部分を読み返してしまいました(^^)

日本語の番組をお茶を啜りながら見ているとほっとするのですが、普段日本語の番組を見ない状態でもかなりテレビ漬けな生活をしているおかげで、1日24時間しかないのに、録画の消化も含め見る番組が増えてしまうと、それはそれで自分の首を絞めている気も...

2015年10月23日金曜日

続・ラッキーデー(^^)

朝から IT Tech 株が好調で、マイクロソフトの株価も過去 15 年で最高値を記録し実に Feeling Lucky でした(^^) 過去の経験では、そこで喜んで傍観していると「あの時売っておけばよかった…」という事が多かったので、最高値更新時には少々売って利益確定だな、と思い、$52 ~ $53 あたりで取引きが行われているところを $54 で売り注文(← 自分的には強気な Limit Order)を入れて、ランチに出かけて帰って来たら、一瞬ですが $54 を超えたようで、売り注文成立(^^) 儲けるとすぐに旅行に使ってしまったりする自分なのですが、今日はいつもよりかなり贅沢なランチに出かけてきました(^^) まさか $54 で売れたとは思っていなかったので、美味しいランチの後の朗報にニンマリ。美味しいランチ、と言えば、今日のランチは本当に美味しゅうございました(^^) 最近かなり中年太り気味なので、無難にスープ & サラダ & フルーツセットを選んだら、これが結構なボリュームながらも実に美味しくて、久々に "太る価値アリ" なランチでした(笑)毎日お昼前にノロノロと会社へ行く旦那に、左の写真を送ったら、来週にでも一緒に行こう!とかなり乗り気。レストランレビューはちゃんとした写真(撮った写真がピンボケ気味だったので)また別エントリーでブログにアップの予定です(^^) 

ラッキーデー(^^)

今日は珍しく朝から旦那の車でジャックを送りに行き、3 人一緒に学校のオフィスに来週の月曜日が締め切りのアート(絵)を提出しに行ったのですが... 家に帰ったら小学校の PTA からメールが来ていて、「ジャックが今朝提出した絵は、厚紙とか板とか、固い台紙に貼り付けてないとアートコンテストの規定で失格になってしまいますが、 絵を取りに来て台紙に貼り付けて月曜日までに再度提出できますか?」との連絡が!傍から見ると、そんなにすごい傑作でもないのですが、本人がいたく気に入っているので、これがいきなり失格はかわいそうだな、と思い、「今から厚紙を持って行きます!」と言って、厚紙の台紙にジャックの絵を貼り付けて帰って来た所です(^^) 提出した作品を誰かが事前にチェックして連絡をくれるとは思っていなかったのと、締め切りは月曜日だけど、いつもギリギリだから今年は少し余裕を持って金曜日に出そう、と言っていたおかげで、助かりました(^^;; これぞまさにラッキーデー。これが例年のように締め切り当日に提出していたら、そのまま失格扱いになっていたかも(← 締切日はたくさんの子供達がいっきに作品を提出するので、いちいちチェックして個別に連絡など入れてくれないかも)?と思うと、見えない何かに「ありがとう!」という気分でした(^^) このアートコンテストは全米の PTA が主催のアートコンテストで、うちの小学校では、さらに Academic Challenge(アカデミックチャレンジ)と呼ばれるこれまた PTA 主導の課外学習課題の一つでもあるので、毎年参加しているコンテストです。7 つの課題を全部終わらせると、学年末にみんなの前で校長先生から記念の盾やトロフィーやメダルを貰えるようになっています(^^) 幼稚園の時に、どこからどーみても親が全部やったようなサイエンスフェアのプレゼンボードを提出していた子供達(のせいではないのですが)を見て、なんだか本来の主旨とはズレている感じがしたのを今でも覚えていますが、ジャックも 1 年生から課題に挑戦してみたら、実は結構面白くて、プレゼンテーション用のディスプレイボードを作るのを、今ではかなり楽しみにしているので、今年も挑戦する事に(Academic Challenge 2015 -2016)(^^) そんなわけで最初の課題を無事提出できました(^^)

学校に行ったついでに、ジャックが転校するお友達にあげたいと言っていたのに、鞄に入れ忘れてがっかりしていた小さな玩具を届けてあげることに... 「前の日にちゃんと明日の準備をしなさい!とあれほど言ったでしょう?」と、朝学校に送り届けた時には、諦めるように言っていたのですが、ジャックのアートの件でまた学校に行かねばだったので、休み時間に届けてあげたら、モンキーハグ(=ガシっと両手両足で自分の体に抱き付いてハグ)をするほど喜んでくれました... が、このモンキーハグ、いつか自分の腰を痛めるのではないかと、実は内心ビクビク(^^;; 本人は小さな子供のような気持ちで抱き付いてくるのですが、いい加減重いし、大きいし... そのうちモンキーハグ禁止令を布かねばと思っています。とりあえず、今週もあっという間に終わり、明日はジャックのお友達の家でディナー&プレイデート。忙しいけれど、楽しみです(^^)

曇り時々投資家: Tech 株好調 & GOOGL、MSFT、FB 他(^^)

今朝の天気はどんより曇空ながら、Tech 株が好調でニンマリ。MSFT 株も売り上げが好調で久しぶりに $53 台!!! 超えられそうでなかなか超えなかった $50 の壁の向こう側にやっと戻って来られた~という感じ(^^) 元社員 & 株主の一人としてはとても嬉しいです... せっかくなので記念に少々売り注文を入れておきました(笑)

アルファベットなる会社の子会社と化した GOOGL 株も、$730 台と、こちらも朝から目が @@! でした。GOOG 株の方は $709 あたりでしたが、こちらは随分前に売ってしまったので持ち株ではないのですが、それでも $700 超えたのはおぉーっ!という感じです。

Facebook も $100 を超え、Tech 株好調な金曜日の朝です(^^)  

2015年10月22日木曜日

朝から CNN Live ~ 大統領選候補のクリントン氏の証言を見ていたら既にお昼過ぎ...

今日は朝から大統領選候補のヒラリー・クリントン氏の議会の特別委員会での証言を見ていたら、意外にも面白く(興味深く)あっという間にお昼過ぎ。既に 5 時間もの質疑応答が続いていますが(そのうちの 4 時間分ぐらいを見ている自分)肉じゃがを作りながらも目はテレビに釘付け。証言が休憩に入り中断されると、月末まで無料期間という TV Japan で放映の番組をいくつか録画しておいたものを見たり... (黒子のバスケに思わず見入ってしまったり^^;) ベッドルームに用事で移動する時はベッドルームのテレビで証言の続きを見ていたのですが... 居間のテレビとマスターベッドルームのテレビの画素数の差をこんなに感じたのは今日が初めてでした。居間のテレビで見るヒラリー・クリントン氏は、割と普通に見えるのですが、マスターベッドルームのテレビで見ると、彼女が何か発言する度に、ホウレイ線やら、首から胸元への皺が(英語ではターキーネックと呼ばれる縦皺)浮き彫りになり、居間のテレビで見ているクリントン氏とはまるで別人でビックリ。その昔、ハイビジョンテレビ(HDTV)が売り出されたばかりの頃は、世の中の女優達はハイビジョンテレビで彼女達の真の姿(シミやら皺やら)がお茶の間に映し出されてしまうのを恐れている!というような、どうでもいいような記事を読んだ事があるのですが、その当時は、綺麗な人はますますキレイに映るだけなんぢゃないか? と思ったものでしたが、今日二つのテレビを見比べてみて、その考えは実に間違っていたという事に気づきました(^^; 最近は携帯電話もかなり高性能なカメラを搭載していますが、エアブラシなど、最もキレイに仕上がる化粧の力を借りても、High Definition の力の方が勝っているんだな~と思いました。

でも、ヒラリー・クリントン氏の皺以上に、実に興味深いやりとりが続いていて、政治の舞台裏を見るような(まるで政治ドラマのよう)今日の特別委員会です。(今現在も CNN で Live 放映中...)

2015年10月21日水曜日

iWalk 6 週目!?

9 月半ばから始まった徒歩通学推奨デーの iWalk (Walk to School Day) も今週でなんと 6 週目。昨日はまたしても朝寝坊で、起きて 3 分後にはジャックを車に乗せて学校へ送り届けていましたが、今日は近所の D 君親子と一緒に学校まで一緒に歩いて行きました。先々週ぐらいまでは近所の子供達が連なって歩いていたのですが、そろそろ天気も悪く、気温も下がってきたせいか、今朝の徒歩通学はうちの近所では D 君とジャックの二人だけでした。うちも冬になったら多分毎日車で送って行くと思うのですが、朝のお散歩はちょうどよい運動なので、雨が降っていない水曜日はジャックと一緒に歩いて行ってもいいかな、と思っています。

2015年10月20日火曜日

火曜日は Lego Robotics クラス & 老化現象 、お次は眉(ーー;

毎週火曜日は小学校で無料の Lego Robotics クラスに参加しているジャック。今週で既に 3 回目で、前回はプロペラが回るようなものを作り、今回は音が出るものを作ったのだとか。毎回とても面白かったと言っているので、来週あたり、偵察がてら、少し早目に学校に迎えに行って、クラスの様子を見て来ようと思っています(^^) 

さて、最近更年期障害によるイライラ感はだいぶ和らいできたのですが(きな粉の効果なのかも?)、爪の乾燥やら、抜け毛や白髪に、季節柄かドライアイも進行中で、老化がさらに進行中。40 から 50 の間に起きる体の老化は今まで生きてきた中でも一番大きな変化だな~としみじみ思います。そんな中、今日一番ショックだったのは、寝坊して顔も洗わず、パジャマ+コート姿でジャックを学校に送り届けに行ったら、知り合いの Y さんにその情けない寝起き 3 分な姿を晒してしまった事ではなく(^^; 白い眉毛を発見した事でした。たった一本とは言え、根元から毛先まで真っ白な眉毛(T_T) もしかして、中高年の女性は髪の毛だけじゃなく、眉毛の白髪も染めているのかも? と思って検索してみたところ、眉毛の白髪に悩む女性もたくさんいて、お仲間いっぱいでほっとする反面、普通の白髪染めで眉毛を染めるのは(万が一液が目に入ったりしたら最悪失明もあり得るらしく)とても危険という、美容師さん達の書き込みを見て、そのアイデアはダメなのか... と思ったり(白髪染めで眉を染めている人もいるようですが、自分はやめておこうと思いました)その昔、会社の自分のオフィスで人知れず、白髪を見つける度に油性のマジックで白髪を黒く塗っていた時期があったのですが、世の中には油性のマジックで眉の白髪を塗っている女性もいて、やっぱりいるんだ~(同じ事を考えているヒト)(^^;; と思いました。油性のマジックユーザーとしては、色が地毛とマッチしていない事を除けば、油性マジックは、最速かつ持続性アリの即席白髪染めだったりします。店頭で見かけた事はないのですが、世の中には眉毛カラ―もあるようなので、少々リサーチ中ですが、半永久的に眉毛を維持できる、眉毛の刺青は、体験者の話を読むと、ものすごい激痛がするとの事(痛いのは論外なのでこのオプションは没)。しかも眉の形を変えたい時や、微妙に時代遅れな眉になってしまった時に困る模様。年を重ねるのが楽しみでもあった 40 代前半に比べると、50 代はいかに劣化を遅らせるか? がポイントになりそうな気がします。

あとは、最近物をよく手が滑って物を落とす事が多くなり、これもちょっと気になる老化現象なので健康メモとして記しておこうと思います。手の皮が薄くなってきたからか? 指紋がなくなってツルツルになってきたのか? 料理をしようと思ってオリーブオイルの瓶を掴もうとしたら、掴み損ねてオリーブオイルが飛び散ったり、寝る前にいつものようにホットミルクを飲もうとミルクを電子レンジで温めて、レンジから取り出した途端にマグカップを倒してしまったり… 脳梗塞の前兆だったりしたら? 等々、色々と考える事も多く、万が一自分が急死した場合に、残された家族がとるべき必要な手続きについて調べたり... ← いきなりそこ(^^? 次の半世紀も生きる気満々ではありますが、子供もまだ小さいので、不測の事態についてもあれこれ考える自分です(^^;;

参考: 
5 Things You Need To Do Immediately After the Death of a Loved One 

2015年10月19日月曜日

小学三年生の宿題に √ (ルート)(*´Д`)

"やっちまった感 120%" なリスのイラスト付きの宿題表を持って学校に行ったジャック。学校で友達から「何それ~?」とか、ツッコミを入れられなかったかどうか学校帰りのジャックに聞いたら、「友達の目がこーーんな(@@!になっていた」と嬉しそうに教えてくれました (^^) そのうち、絵なんて描かないで!と言われる日が来ると思いますが、今の所気に入ってくれているのでよかったです。

さて、今日も宿題をやっているジャックの横で、時々回答が合っているかどうかをチェックしていたら、??その答え、違うんぢゃない?という算数の問題があり、小学三年生でもう代数(Algebra)なんて習うんだー!?と感心しながら、問題が意図するところの図を書いて見せて、ジャックの回答は問題を解くための数式の一部だけど回答自体ではない、という話をしていたのですが、英語で算数の説明をしていると、自分の英語力の非力さ故か、自分が伝えようとしているポイントがつかめないようだったので、旦那にバトンタッチして、問題の意図を英語できちんとジャックに説明して貰う事に。「ダディは大学でエンジニアリングを専攻していたから、数学は得意なんだよ」と(いつものように自慢気な口調で)ジャックに言っていた旦那は、数行に渡る方程式を書いていたのですが、それって小学三年生のレベルの算数ぢゃないんぢゃ??それに、答えも間違ってると思うんだけど?と、再び宿題に参戦(笑) 横から数式を一行書いて、「There! That's the correct answer.」(ほらね、それが正しい答えだよ)と言った後、ジャックに、「ダディは大学でエンジニアリングを学んだのに、ジャックの三年生の問題が解けなかったよ(うひひ)マミーは経済学専攻だけど、数学は得意だったからね(一応経済学も色々計算する事があるからね)(ウヒヒヒヒ^^)」と笑っていたら、ジャックが「Mommy is smarter than daddy! Admit it, Daddy!」(マミーの方が頭がいいんだー! ダディ―も認めなよ~!)と、旦那に詰め寄っていて、旦那は照れ笑いをしながら「Mommy's answer is correct. But daddy is smarter than mommy.」と負けを認めず、ジャックからは「Admit it!」(負けを認めなよ~)とさらに詰め寄られていました(笑)単純な問題を必要以上に複雑にしてしまい、√(ルート)まで持ち出してしまった事がよほど悔しかったのか(*´Д`) 旦那が書いた数式の説明をしようとするので、自分に、じゃなくて、ジャックがわかるように説明してあげないと!と言いながら、ジャックには、実家の母(おばあちゃん)が数学が得意で、高校生の時に数学の問題を解くのを手伝ってもらったりしていた思い出話などをして、算数が得意な血筋なんだよ~と話していました(^^) 

2015年10月18日日曜日

"やっちまった感 120%" な宿題表(^^;

3 年生になって宿題の量も多少増え(でもそんなに多いわけでもない)、毎日宿題をきちんと終わらせるのが日課になっているのですが、ジャックは結構不注意で、宿題のプリントを学校に忘れて来る事が多く、せっかく家に帰ったと思ったら、「あ、宿題忘れた...かも?」(かも?ぢゃねーだろーが~ゴルァ!!)で、その度にまた学校に戻ってプリントを教室から取って来たり... 何で忘れるかな~もぉ~っ!!! (ムキーっ!!)と毎回目を吊り上げて怒っています。
宿題のプリント以外にも、朝一で提出するようにと念を押しておいた書類は出し忘れるし、なんかもぅウガーっ!!! という気分を新学期に入ってから既に何度も味わっているのですが、「プリント忘れたから宿題できない」というような事態を少しでも減らし、宿題を済ませるのが楽しみになるように、とジャックの宿題表には親のイニシャルの他にちょっとしたイラストを描くようにしています。宿題表というのは、毎週金曜日に家に持ち帰る表で、一週間宿題をちゃんとやって、忘れずに提出したら(← ココ大事)金曜日に担任の先生が、香り付きのシール表に貼ってくれる、というものです。 
親は毎週末、子供が持ち帰る宿題表を見て、ちゃんと宿題を提出しているかどうかをチェックし、「チェックしましたよ」という確認として、イニシャルを宿題表の中に書き込むようになっています。ジャックは日本旅行で一週間不在だったり、その翌週は宿題のプリントを一枚提出し忘れシールを貰えなかったりで、表の中に空白の部分ができていたのですが、この週は宿題を全部きちんと提出したので久しぶりに香り付きのシールが貰えたこともあり、母さん、今週は頑張っちゃったよ... でも、ちょっとやり過ぎちゃったかな(^^? 風なイラストが、左のリスのイラストです(^^;; やっちまった感 120% なイラストですが、日曜日の夜、ジャックが寝てから描いたので、ジャックが見たのは月曜の朝になってからでした。ジャックが「マミー、これはいくら何でもやり過ぎでは?」 や 「大き過ぎる!」 または 「女の子みたいで嫌」、「友達に笑われるかも」等々、文句を垂れるのではないか? と心配していたら、「Wow!! So cute!! I like it!!」と、とても気に入ってくれて一安心(ほっ) ちなみに日曜日の夜中に旦那に見せた時の反応は、「で、デカっ!でも上手いよ。ちょっぴり Girly(女の子みたい) だけど…」でした(^^;; 自分が子供だったら、他の子と違うような事はしないで!! (他の子達はみんな親のイニシャルだけだと思うので)や、絵なんて描かないで‼ と思っただろうと思うのですが、ジャックはその点他人と違う事を恐れないタイプなので、来週は何の絵だろう(^^? と楽しみにしていると言ってくれたので嬉しかったです。でも、「It's not girly.」(女の子っぽくないよ)というジャックの意見には、これはどこからどーみても Girly だよ(女の子っぽいよ)、と思った母でした(^^;; こういう余計な手間に時間を割く自分なのですが、これはお弁当で言うとキャラ弁みたいなもの(=やらなくてもいい事についつい力を注いでしまう母親の心理)なのだろうな、と思います(^^;; どちらも、根底にあるのは、子供が喜ぶ顔が見たい、という親心だと思いますが、こういうちょっとした事が、ジャックの記憶に残ってくれたらいいな~と思っています。

2015年10月17日土曜日

お買い物デー ~ ハロウィーン用猫パンプキンキット(^^)

ジャックの Spartan Kids Race の後、I - 5 を北上して Seattle Premium Outlets へ買い物に行ったのですが、途中にある Walmart に寄ったらそこで一時間ぐらい費やしてしまいました(^^;; ハロウィーングッズだけでなく、既にクリスマス用のグッズが並んでいて、玩具セクションから離れようとしないジャック。相変わらずサンタクロースの存在を信じていて、サンタさんに Wish List (欲しい物のリスト)を送るから、と欲しい玩具の写真を旦那に延々と撮らせていたのですが... 自分は "Wish List" は他人(家族やら親しい友人等)に、「これが欲しい」「何かくれるなら、これ買って」という姿勢がなんか嫌だな~と長年思っていて、旦那へのプレゼントもほとんど Wish List を無視した品物を買っています。Amazon の Wish List だと、誰かが既に買ってくれたかどうかが送る側には確認できないようになっていて、時々同じ物が二つ届いてしまうというような事態も... 効率悪過ぎる~と思うのですが、日本のお年玉のように現金をプレゼントする習慣が定着していないので、貰ったプレゼントを翌日返品するような人達が後を絶たないのだと思います。そんなわけで、お金で渡すとあまりにも味気ないと思われるので、一応ギフトカードをプレゼントにする事が多い自分です。あとは、レストランでのお食事やら、旅行のプレゼントが多いです。

予想外に長居してしまった Walmart で一番ヒットだったのは、こちらの猫パンプキンキット(^^) 近所の Walmart では見かけなかったような気がするのですが、単に売り切れていたのかも? 旦那も、これはカワイイ!! と即座に気に入っていましたが、ジャックの気に入りぶりも相当なもので、来週は Cub Scout で Pumpkin Curving のイベントがあるというのに、彫る気ゼロで、猫パンプキンをいっぱい飾りたい! と言っていました(^^;; 彫るのも楽しいので、とりあえず猫キットは一個だけ購入しましたが、実は自分も家の前にズラリと猫パンプキンを並べてみたいかも(^^? と密かに思っている一人だったりします(^^;

Seattle Premium Outlets では、旦那は旅行用のスーツケース屋さん(TUMI や Samsonite)で、ジャック用のちゃんとしたスーツケースをいくつか見たり、自分は子供服を主に見て回りましたが、自分用の買い物はゼロでジャックの服だけで両手いっぱいになっていました(子供が生まれてからというもの、かなりこのパターン)。旦那は、GAP と Tommy Hilfiger でズボンを数本買って満足そうでした。旦那もようやくジーンズだけのクローゼットは 50 近い大人としてどーなのよ? と思い始めたのか、カラーパンツ系に目覚めた模様(笑) 自分もヒトの事は言えませんが、IT 業界にいると、スーツではなく、カジュアルな服装で出勤するのが普通なので、実にファッションセンスのない服を着て会社に行っていましたが、旦那のファッションセンスのなさは、亡くなったハワイの伯父さんが、「そのシャツにチェックの短パンはダメだよ」と、ダメ出しをするほど。でも、最近ちょっと服装に気を配るようになってきたので、多少は進化している模様(^^)

結局この日はお昼前から出かけて、夜 9 時過ぎにようやく家に帰るという長い一日となりましたが、スパルタンレースも面白かったし、たっぷり買い物もできて満足度の高い一日でした(^^)



Spartan Seattle Super 2015 ~ キッズレース初参加(^^)

ジャックの保育園時代からの仲良しの R 君のお母さんが誘ってくれた Spartan Kids Race(スパルタン キッズ レース)自分の読みが甘くて、途中渋滞にハマったりして登録していた 12:30 のレースに間に合わなかったジャックですが、会場で運よくすぐに R 君親子と、V 君親子に合流。いや~もぅホントに遅れてスミマセンっ!! と平謝り。携帯のテキストメッセージで少々遅れていることは連絡していたのですが、一緒のレースに参加できなくてホントに、本当に申し訳なかったです(><)でもジャックもちゃんとこの日最後のレースに参加できたのでよかったです(ほっ)
真ん中の V 君はジャックとは生後 6 ヶ月ぐらいの頃から 5 年弱の月日を共にした仲なのですが、卒園してからはあまり会う機会がなかったので、久しぶりに会えて懐かしかったです。R 君と妹の A ちゃんとは、R 君のお母さんと自分が元同僚だった事もあり、以前から時々子供達を一緒に遊ばせる機会があり、今回も、この夏一番のプレイデート(保育園時代の仲良しとの Reunion)の後、R 君のお母さんがこの Spartan Kids Race の情報を教えてくれて、9月頭には参加登録を済ませジャック共々楽しみにしていました。
来てみたら、こんなに楽しい体育会系運動会もない(^^! というほど健康的かつ楽しくて、これからこのイベントがシアトル近郊で開催される時には毎回参加したい! とジャックも相当気に入っていました(^^) ちなみに、次回は来年の 4 月で、R 君のお母さんは大人用のレースに出場するべくトレーニングを始めたそうです(^^) 自分ももうちょっと若かったら絶対出場していただろうな~と思うのですが、年をとると転んで怪我をしたら大変だな(捻挫とか骨折等)という思いが邪魔をして意外にも "観客でいいや" と思った自分。
ところで、土曜日はずっと天気予報で「曇のち雨」の予報で、ドロドロになって帰って来るんだろうな~と思い、着替え一式にバスタオル数枚等を用意して行ったのですが、日頃の行いのせいか(^^? それとも、ジャックと自分が晴れ男、晴れ女だからか(^^? 結局雨には降られず(暗くなる頃に雨になった模様)気温も予想以上に温かくて、運動会日和のとてもいい一日となりました(^^) 昔から天気予報が雨でも、自分が旅行やら出かける日には晴れる事が多かったので、自称 "強力晴れ女" だったりします(^^)
12:30 のレースは逃してしまいましたが、2:30 からの、最後のレースに変更してもらい、まさにレース開始 5 秒前な様子がこちら。大人用のレースと違って、FINISHER (完走者)T-Shirts はチェックイン時に貰えるようになっていました。またゼッケン安全ピンでシャツに留める Bib タイプではなく、一人一人の番号が印刷してあるヘッドバンドでカッコいいな~と思いました(イマドキのレースはヘッドバンドがゼッケンなのが流行っているんですかね^^?)番号の部分が見えるように腕に付けていた子もいて、それもカッコよかったです。
大人用のレースと同様に、レースの前にスタッフが「Who are we?」と掛け声をかけると子供達が声を揃えて「Spartan(スパルターーーーーン!!)」と答える姿がかわいかったです(^^) 大人用のレースの前にもみんなで声を揃えて「Spartan!!!!!」と叫んでいましたが、そちらは映画 300 みたいな感じで迫力がありました(^^) そして、カウントダウンの後はレース開始! トップを走るジャックの姿をカメラを持って追いかけていたのですが速過ぎて追いつけず...
後方から望遠レンズで覗きながら一生懸命追いかけていたのですが、あっという間にジャックの姿は遥か彼方へ...  望遠レンズもそろそろ限界に近づき、残りの写真は、走って追いかけるのは無理だろうと、コースの先の方で待ち受けているはずの旦那に任せる事に...
身長が高い子にはそんなに難しい壁ではないのですが、明らかに壁よりも背が低い子達には "一山越える" といった感じでしたが、子供達にしてみればどの障害物も楽しい冒険の一コマのようでした(^^) ちなみに、子供用のコースは親も一緒に走ってよいらしく、カメラや携帯を片手に子供達と走っている親もたくさんいました(^^) 旦那の話ではジャックは 4 位でゴールインしたとの事。Good Job!!>ジャック
こちらは会場内に設置されていた大きな黒板で、参加者達が備え付けのチョークで名前を書き残していました。せっかくなので、ジャックも自分の名前を書いて記念写真撮影。自分が子供の頃にこんな楽しい障害物レースがあったら絶対参加したいと思っただろうな~と思いました。色々な意味で、今の子供達の世代は楽しい事に囲まれていていいな~と思いました。
先にレースを終えた R 君と V 君親子は既に帰途についていて、遅く来た自分達はジャックのレースまでの待ち時間、会場内の特設テントを見て回ったり、ホットドックを食べたりして時間を潰していましたが、後半は、ジャックは大きな水溜りで遊ぶ子供達と友達になって、レースが始まる直前まで水溜りで遊んでいました(^^) 
会場内では無料のスポーツドリンクやらプロテインバーの他に、ウォータボトルやらカップ、ペンやらバッグ等、この日も戦利品をたくさん貰って大喜びのジャックでした(^^) こうやって貰っても全然使わないウォーターボトルが増えていく運命にあるのでした(^^)
Spartan Kids Race 完走者はオレンジのメダルを貰ってレース終了(^^) ヘッドバンドと Spartan Kids FINISHER T-Shirts とこのメダルは記念の品としてジャックの宝物コレクション入りとなりました(^^)

Spartan Seattle Super 2015 ~ 体育会系運動会(^^)

土曜日は Spartan Race (スパルタン レース)と呼ばれる、思いっきり体育会系運動会(障害物レース)の子供向けレースにジャックの友達と出場するために、家族でお昼前から Snohomish にある レース会場の Meadow Wood Ranch へと向かったのですが... なんと、土曜日なのに予想外の渋滞にハマってしまい、さらに駐車場でも長い列でまさかの遅刻(><)現地で合流予定だったジャックのお友達とその家族には大変申し訳なく深く反省(><)
レース開始時刻を過ぎてしまったので、受付けで次のレース(子供用のレースの最終レース)に変更してもらい、お昼のレースに参加したジャックの友達を探しに、子供用のコースへ行ったら、運良くジャックの友達とその家族と合流。平謝りで詫びを入れた後は、お昼のレース終了後のコースで暫く子供達を遊ばせてから、会場内を見て回りましたが、Spartan Race ってこんなに人気のイベントだったんだーっ!? と改めて驚きました。
まるでテレビで見るスポーツバラエティ番組のような障害物の数々が広大な敷地に設置され、見ている方もワクワクするような大人の障害物レースでした(^^) 子供用のコースにはない泥沼のコースを柵越しに見ながら、「I want to do that!」(僕もやりたい!)と目を輝かせながら泥だらけの大人達を見入っていたジャック。今回シアトルで開催されたのは Spartan Super というレースで 8 マイル(12km 以上)25 の障害物をクリアするというもの。
Spartan Super の上には、さらに長い距離と 30 の障害物が待ち受ける Spartan Beast があり、その上には、全米や世界各地で行われるレースに参加し、年内に三種目制覇 (Sprint、Super、Beast)を達成するという Spartan TRIFECTA があるそうです。会場には赤、緑、青のメダルを首から下げた参加者もたくさん見かけ、あれが TRIFECTA を目指しているアスリート(または達成者)達なのか~と思いました。ちなみに、泥沼の最後は、泥水の中を潜らないと先へ進めず、板壁の前で躊躇する人の姿も...(^^; 
かなり広い会場で、レース参加者達が遥か彼方を走っている姿やら、障害物を乗り越えようと板にしがみついている姿を遠目に見ながら、ゴール地点付近を見ると、もくもくと煙が上がっていたので、近くに行って見てみると、ゴールの直前に薪を燃やしている場所があり、スタッフの人が時々薪をくべて火が消えないようにしていました。
最後の障害物(火)を飛び越えるとその先には FINISH ラインがあり、レース終了(^^) レースの結果をチェックしたら、一番速かった人(25 歳の男性)は 1時間17分台で完走していました。 
レースが終わった人は、左の写真のテントで FINISHER(完走者) T シャツとメダルを貰うようになっていました。レースのタイムは別なテントに設置された端末でチェックできるようになっていて、記念に画面の写真を撮っている人もいました(^^) ジャックのレースの時間まで、2 時間ほど時間が空いたので、大人用のレースを見たり、会場内のテントを回って無料のドリンクやらグッズを貰ったり、ランチ休憩をしたり、会場内のショップを覗いたりしていました。 つづく