2015年1月31日土曜日

Super Bowl 前夜 ~ 青と緑の Seahawks カラーの Space Needle 2015 年版(^^)

去年もスーパーボウル前夜にシアトルの夜景を見に軽くドライブでしたが、その時にはまさか二年連続で青と緑の Seahawks チームカラーにライトアップされた Space Needle を見られるとは夢にも思っていませんでした(^^) フットボールというどちらかと言うと男気溢れる武骨なスポーツでシアトルがこれだけ盛り上がる様子を見ていると、珈琲とコンピューター GEEKとボーイングとゲイとマリファナだけぢゃない、スポーツもできる骨のあるシアトル! という感じがしてよいな~と思います(^^)
昨年スーパーボウルで優勝した後、一ヶ月ぐらいは青と緑のチームカラーの Space Needle をキープするのかと思ったら、あっさり普通の色に戻っていたので、今年もとりあえずチームカラーにライトアップされた Space Needle の姿を写真に収めておこうと思い、夕飯の後シアトルまでカメラを持って出かけて来ました。 
定番の Kerry Park からの一枚。去年の写真とほぼ同じ場所で撮っただけあり、見比べてみてもほぼ同じに見えます(来年以降、また Seahawks が優勝する機会があったら、次回は別なアングルから撮った方が面白味があるかな?) 
Space Needle の上には 12 の旗が! 街中が応援ムードで包まれる中、明日はいよいよ決戦の時。フットボールのゲームでこんなにドキドキした気分になれるのも珍しいです(^^)
ちなみに、上空はいい感じに風が吹いていて、12 の旗がひらひらと風になびいていたのですが、これがまたカメラマン泣かせで、ものすごく高そうな望遠レンズを付けたカメラを三脚にセットしたおじさん達が、12 がキレイに見えたかな? という瞬間にこぞってシャッターを押す音が聞こえて来たのですが、「あ~、またダメだったよ」とか、「I missed it again!」と言った声が聞こえてきて、やはりいい写真を撮るためには忍耐も必要なんだな~と思いながら、自分も風になびく旗を見ながらシャッターを押していました。自分が撮った中ではこれがベストショットでした(残りはいまいち数字が読めない写真でした) 明日はどこへも出かけず、テレビで試合の観戦をできるよう、ジャンクフード系、ドリンク系、おつまみ系その他を買い込んで、明日の備えは完璧です(^^) Go Seahawks!! 勝っても負けても、いい試合になりますよう!! (昨年のスーパーボウルはSeahawks が強すぎてややつまらなかったので^^;;)

映画: Paddington (2014) ~ 二枚舌のレビューでスミマセンっ(^^;;

ジャックの誕生日のプレゼントの一つでもあった、今年の新作映画 「Paddington」。アメリカでの公開は 2015 年 1 月でしたが、UK や Peru (^^) では昨年の 11月に公開の作品でした(他ヨーロッパ各国も昨年 12 月に公開)

ジャックの保育園時代のお友達のお母さんから 「any good?」(よかった?)と聞かれ、「すごくよかった」と心にもなく絶賛してしまいましたが、正直自分としては久々にガッカリした一作でした。でも、うちの旦那やジャック、そしてアメリカの二大映画レビューサイトの Rotten Tomatoes でも imdb でも絶賛していたので、自分の思いっきり二枚舌な感想も世間から見れば全然ハズレではない、という事で許して貰えれば... と思っています(^^;

Paddinton の何にそんなにガッカリしたのか? ですが... 
恐らく自分は British English や、所謂紳士の国、英国的ジョークのかまし方や、英国的ボケとツッコミが苦手なのだと思います。アメリカのハリウッド映画では、やたらと感情に訴えるような劇的なシーンには劇的な音楽... と、盛り上がる所は盛り上げ、暗い所はとことん暗い... みたいな起伏の大きさが映画の醍醐味だと思っているので、台詞にも演技にも起伏があまりない Paddington のあの雰囲気にまずガッカリしたのだと思います。British 系でも、Bridget Jones's Diary (2001) のような映画はまさに英国の良さをうまく引き出しているコメディ映画でよいと思ったのですが、Paddington ではもうちょっと熱いモノが欲しかった… と思いました。

次にガッカリだったのが、ハリー・ポッターのプロデューサーの映画という事で、マジカルなファンタジーワールドを期待していたのですが、妙な所はディテールにこだわり、それが演技とは全然関係ない所でここが見せ所とでも言いたげにクローズアップされるのが、ビジュアル効果や特殊効果としてはいいけれど、全体的にはそんなに作品の面白さには貢献していないような印象を受け、アンバランスな感じが残る映画だと思いました。

ただ、旦那に自分の感想を話した時に 「Paddington は昔からそんな感じだから…(別に British English でも気にならなかった)」 と言っていたので、Paddington を知っている世代(がいる事すら知りませんでしたが)には、違和感なく楽しめるんだな~と、それはそれで新たな発見でした。

自分にとってはイマイチでしたが、うちのジャックを含め、映画を観に来ていた子供達は笑ったり歓声をあげながら喜んで見ていたので、子供には余計な先入観なく楽しめる映画だと思います。


2015年1月30日金曜日

ジャックの 8 歳の誕生日(^^)

ジャックの 8 歳の誕生日。小学校でのお祝いも大成功に終わり、嬉々として家に帰って来た後は、近所のお店に先々週注文しておいたバースデーケーキを受け取りに行って来ました。昨年はシーホークスのロゴ入りケーキだったのですが、今年は数あるケーキカタログの写真の中から、How to Train Your Dragon ケーキを選んだジャック。カタログの写真にあるような四角いケーキだと 20 人とか大人数用ですが、丸型だと 10 人以下の少人数に最適のサイズなので、注文時に丸型を選んで正解でした(^^)
数字の 8 の字のキャンドルだけだとなんとなく寂しいので、普通のロウソクも 8 本ついでに立ててみました(^^) 毎度の事ながら、アメリカのケーキは自然界にはあり得ないような色(合成着色料使いまくり)のケーキですが、一年に一度ぐらい舌がブルーまたはグリーンに染まっても、まぁいいか... という感じで、クリームの色を何色にしたいですか? と注文時に聞かれた時には、とりあえずシーホークスのチームカラーっぽく青と緑でお願いしておきました。
ぬいぐるみの中でも一番のお気に入りのベアにもシーホークスのロゴ付きスカーフもどきを巻き付け、今週末は家族全員シーホークス応援モード。また 8 歳からの新ルールで、これからは買い物や映画、レストランへ行く時にはベアは持ち歩かない事(もういい加減 8 歳なので "Wherever I go Bear go" は無しね、という事)になり、ベアは家にいる時や、旅行の際にホテルに連れて行くのは OK という事になっています。8 歳になっても寝る時にはベアを腕に抱いて寝ているジャックですが、こういうのも長くてあと 1 ~ 2 年で卒業かもですね(^^) 
旦那が仕事から帰って来るまでケーキもプレゼントもおあずけで、旦那の帰りを悶々としながら待っていたジャック。クリスマスに沢山のプレゼントを貰ったばかりなので、特にこれが欲しい!! という強いリクエストはなかったのですが、強いて言えば、大きな Beanie Boos(目が大きいのが特徴のぬいぐるみシリーズ)のブルーグリーンの猫と、カメのぬいぐるみをアフタークリスマスセールで見かけた時に猛烈に欲しがり、その二匹は誕生日用に... と買っておいたものでした(相変わらずぬいぐるみ好きなジャック)
旦那からは xbox one で遊べる Disney Infinity 2.0 のプレゼント。クリスマスプレゼントに貰った 3DS がトラベル用に最適なら、こちらは家でまったり遊ぶのにちょうどよいゲーム。3DS の Smash Bros. もそうでしたが、10歳以下の子供に HaloCall of Duty のようなリアルな戦争・戦闘モノゲームはまだ遊ばせたくないので、子供向けとしては、ビジュアル的にも、バーチャルアドベンチャーという点でもよいゲームだなと思いました(ちと与え過ぎな気もしますが、旦那がゲーマーなので仕方ないか... と^^;)
こちらの対戦型ロボット玩具は自分からのプレゼントの一つで、こちらはリモコンを握って刀のように振り回すとロボット同士が対戦する玩具。Nintendo Wii ゲームのリモコンのパクリっぽい感じですが、実はこちらの方がいい運動にもなって他のビデオゲーム系よりいいかも?(定価で買う気にはならないものの、クリアランスセールで $20 ほどで売っていたので、試しに買ってみましたが $20 ならお買い得感すら感じる玩具でした^^)その他、今持っている物がやや小さくなったのでトイザラスで 8 歳児+用の大き目のスクーター(日本ではキックボードと呼ばれている商品)を購入。
ゲーム系だけでなく外で遊べる玩具という事で、自分からの一押しプレゼントはこちら!! 空気で膨らませる巨大フリスビー(もどき)ですが、飛んでいく様子はまさに UFO のようでかなり楽しいです。天気の良い日に公園で遊ぶのが楽しみです(^^) ちなみにこちらは一個 $10 程。開くと巨大ですが折り畳むと薄くて小さいです。
何年か経ってジャックが自分の 8 歳の誕生日の写真を見た時に、この年はシーホークスが二年連続でスーパーボウルに出場した年だったと思い出せるのではないかな(^^? という家族写真の一枚です。ジャックの人生の最初の 8 年間は、色々な経験や大好きなぬいぐるみに囲まれた 8 年でしたが、これから先も元気にすくすく育ってくれたらと思います。

ジャックの 8歳の誕生祝い@小学校

今日はジャックの誕生日で、朝からジャックのクラスへ Goody Bag を届けに旦那と二人で行って来ました(^^) ジャックはこの日を超楽しみにしていて、今朝は自分の目覚ましが鳴る前に起きてきて、学校へもいつもより早く登校できました。今日はシーホークス( Seahawks) のスーパーボウルの試合直前の金曜日という事で、生徒達の大半はシーホークスのユニフォームやシーホークスのチームカラー(青、緑)を身に着けて登校する日で、ジャックも自分も旦那も今日はシーホークスの T シャツで過ごしました。
担任の先生から、「午前中の最初の休み時間の前=9時半頃に教室にお越しください」 というメールを先週頭に貰っていたので、約束通り指定の時間に Goody Bag を持って行ってみると、待ちかねたように満面の笑顔で駆け寄って来たジャック。子供達も、大きなバッグを抱えた自分達の姿を見て 「What's going on?」 と嬉しそうに駆け寄って来たので 「Today is Jack's Birthday :)」 と言うと嬉しそうに Goody Bag を覗いていました。中には待ちきれなくて 「What's in there?」(何が入っているの?)と聞きに来る子も。 
担任の先生が、今日はジャックの誕生日だから、みんなでバースデーソングを歌いましょう!ジャックからみんなにプレゼントもあります(^^! と言うと子供達はさらにワクワク。ちょっとした事なのですが、先生が "ジャックの親からの差し入れ" というニュアンスではなく、ジャックからクラスメートのみんなへのプレゼント、と言っていたのが、なんとなくいいな~と思いました。日本だと持って来た親に対してお礼を言いそうな所が、ジャックに対して「ありがとう」で、今日の主役は親ではなくジャックという感じがよかったです(^^)
先日のブログにも書きましたが、今年の Goody Bag はお菓子系は無しなものの、今週末の Seahawks の試合の応援に使えそうな自称 "非公式シーホークス応援グッズ" で、子供達は袋を開けるなり青と緑のネックレスを首にかけたり、音が出る小物アイテムで遊んだりして楽しそうでした(^^) 自分とジャックはクラス全員にちゃんと Goody Bag が行き渡るように、貰っていない子のテーブルを回って Goody Bag を配っていました。
朝、ジャックや自分が子供用タトゥーをしているのを、子供達に見せたので、みんな「Cool!!」(おぉ~っ!!カッコいい~!!)と思ったようで休み時間やランチタイム(我慢できない子は授業中にトイレに行くふりをして^^;)にタトゥーを腕や顔に貼っていたとの事。この手のタトゥーは貼り付けるのに少量ですが水が必要で、濡れたティッシュやペーパータオルでシールを覆って皮膚に転写するようになっています。ジャックの話ではタトゥーはクラスで超大ヒットだったとの事(^^) 学校から帰って来たジャックが 「最高の誕生日だった」と笑顔で言ってくれたのが本当に嬉しかったです。(1 から 10 点満点のスコアだと 10 点の一日だった、と言ってくれました。そして去年の誕生日も 10 点だったよ! と言ってくれたのも嬉しかったです^^) ジャックのクラスでの誕生日の模様はこんな感じでした(^^) Facebook に書いたコメントなのですが、日本の小学校で親が子供の誕生日に出て来てちょっとしたギフトを配たっりすると、ものすごく浮いてしまうか、甘やかし過ぎもイイところというか、そんな事をされるとみんながやらなきゃいけなくなるから迷惑!みたいな苦情が他の親から出たりしそうなのですが(日本だったら、お子様用タトゥーでも、入れ墨なんて!! と言われかねないかも? ですが)アメリカだと、そういう強迫観念とか親同士のプレッシャーを感じずにできるのがいいなと思います。うちも他の子がやっているから、という理由ではなく、単に子供が楽しみにしているから、という事と、学校側からも奨励も禁止もしていない誕生日のちょっとしたイベントで、下手に会場を借りてバースデーパーティーを企画するよりも、精神的にも経済的にもかなり楽なので親としても助かっていたりします。会場を借りてする "パーティー" も楽しい事は楽しいのですが、誰を招待するか、や、実際に来れる人は何人いるのか? 食べ物はどのぐらい用意すべきか等々、これまで企画したジャックのバースデーパーティーの時もそれなりにプランニングには気をつかったので、この先大きなパーティーを企画する時は、きっと人生の節目的なイベント(女の子だったら Sweet Sixteen とか?)に限るかな? と思います。

ちなみに職業病の後遺症からか(^^? いまだに "Under Budget" でプロジェクトを終わらせる事に最大の喜びを感じる自分。専業主婦の皆さんの大半は、安く上げる事に生き甲斐を感じていると思うのですが自分もまさにその一人で (先日のブログにも書いたように Goody Bag の寿命は短いので)今回も低コストで最大限の満足度を引き出すのが目標でした(^^) ジャックとのプランニングやら、誕生日までの間に買い物ついでにあちこちのお店を回ってリサーチ等もしたのですが、一体 Goody Bag にどのぐらいお金をかければいいのか? と疑問に思っているお母さん達もいると思ったので参考までに...小学二年生ぐらいだったら、パーティーグッズのお店に売っている安いアイテム(価格帯 $0.20 - $1.50 ぐらい)でもまだ喜ぶ年齢なので、今回も Tattoo の $0.99(1ドル弱)を除けば定番アイテムのネックレスもまとめ買いだとせいぜい一本 $0.20 (20円ぐらい) で一袋 $2 ぐらいでクラス全員分を用意できてよかったです。予備も含め少々多めに Goody Bag を用意しましたが、$60 - $70(6 ~ 7 千円) でクラスのみんなと思い出に残る誕生日を学校で迎える事ができるなら全然安いものだな、と思いました(^^)

2015年1月29日木曜日

7 歳最後の日の諸々& 一押しアイテムの子供用タトゥー

明日が誕生日のジャック。8 歳になったら(さすがにもう赤ちゃんじゃないから)ベア(大親友のぬいぐるみ)を連れて買い物に行ったり、映画を観に行ったりするのは無しで、ベアはおうちでお留守番。でも旅行に行く時にはホテルに一緒に連れて行くのは OK と言い聞かせていたのですが、そんな事もありジャックが「Bear, After tomorrow you have to stay at home but you can use my DS anytime you want...」(明日以降は家でお留守番だけど、僕の任天堂 3DS を好きな時に使っていいからね)とベアに語りかけていて「Thank you Jack!」とベアの声担当の自分が答えたり(^^;
これまでベアと自分とジャックの三人で小話をしたり、笑い話をしたりしてきたのですが、時には他のぬいぐるみ達も加わり(声の担当は全部自分)伝説のアニメ 『すごいよ!!マサルさん』 の秘技 "マサル会議" を地で行くような時も多々あり、ジャックがぬいぐるみ達との世界にいつまでも浸っているのは自分の影響なんだろうな... と(^^;; (解説:秘技!マサル会議とは、マサルの頭の中に住む数人のマサル達が いろんな意見やちょっとした小話などを言い合う状態。フィナーレには総勢607人のマサル達によるキャンディーのつかみ取り大会等が行われる(らしい)... というものです)
ところで、明日の準備の一環として、Goody Bag の中でも目玉グッズの一つの子供用タトゥーをお風呂上がりのジャックの腕やら手に試しに貼り付けてみたところ、予想以上にイイ感じでした(^^)ジャックぐらいの年齢の子達はほぼ全員 Temporary Tattoo の使い方を知っているので、使い方はあまり心配ではないのですが、ごくたまにきれいに肌に貼り付かない(安物? 不良品?な) tattoo があるので、どのくらいキレイに貼り付くのかを確認できてよかったです。 
Temporary Tattoo 8 個組の中からジャックが試しに選んだ 4 枚は、緑色の GO TEAM! と黒色の Touchdown にホットドッグのソーセージみたいな形のフットボールのタトゥーでしたが、びゅ~ちふる~な付き具合にジャックも自分も大満足(^^) 先週頭に Party City で見かけ、8 個組がたったの $0.99で売られていたので、お店にあったタトゥーを全部買い占めて来たのですが、それでもクラス全員分には足りなかったので Everything Party まで行って同じ商品を購入したら $1.99 (約二倍の値段)でした。でも他のお店でも $1.99 だったので、Party City が格安だった模様...
ジャックが学校で貰って来る Goody Bag の行く末を見てもわかるように Goody Bag の Life span (寿命)は非常に短く、(鉛筆やら小物等)その日のうちに存在すら忘れ去られる物がほとんどで、実質、貰う瞬間の楽しさを味わえればそれでいい、という感じです。そんなわけで、自分もあまり費用をかけずにシーホークスのチームカラーのグッズ等をGoody Bag に詰めましたが、ジャックがとても喜んでくれていて、今年もクラスで楽しく誕生日をお祝いできそうです(^^)
ところで今日はジャックの誕生日プレゼントを買いに玩具屋さんと TARGET の二店を梯子していたのですが、以前 TARGET で見かけて以来気になっていた "雪だるまキット" の誘惑に負け一つ購入(^^; 今年は雪が異様に少ない年で、スキー場では深刻な雪不足らしいのですが、春先に急に大雪が降ったりするかもしれないし、雪のある所に行くかもしれない... と思ったら、やっぱり手が伸びてしまいました(^^;
雪だるまキットの中身は、帽子、人参の鼻、服のボタン、メガネ、目(各種)、唇二種、ヒゲ、目三種で、車のトランクに積んでおいたらそのうち使う機会が巡ってきそうな気がします(^^)

シアトル ローカルねた: 巷で大人気、売り切れ続出の品物とは...!?

二週間前の日曜日に、シアトルシーホークスが奇跡の大逆転でスーパーボウル出場を決めてから、シアトルはシーホークス応援ムードで盛り上がっていますが、昨年の今頃もまさにそんな感じで、月末にあるジャックの誕生日には、シーホークスのチームカラーのカップケーキと Goody Bag を持ってジャックのクラスで誕生日のお祝いをした記憶がいまだに鮮明に残っています。今年もシーホークスの試合を日曜日に控え、明日、金曜日にはジャックのクラスへジャックの Birthday Goody Bag を届けに行く予定です。
担任の先生に事前に確認したら、今年は生徒の誕生祝いのための食べ物の持ち込みは原則禁止というポリシーという事だったので、カップケーキは無しで、シーホークスの応援グッズを持って行くことに。ジャックもいつものようにプランニングから参加して、一緒に応援グッズを買いにパーティーグッズのお店に行ったのですが... なんと、シーホークスのチームカラーのブルーとグリーンの品物(特に定番のビーズのネックレス)が完売状態。Party City Crossroads 店とレドモンドの Everything Party 二軒を回ってもクラス全員分を確保できず一瞬焦りました。 
お店の人曰く、先々週の試合の前にブルーとグリーンの商品がかなり出てしまったけれど、毎日入荷してくる予定だから... と言っていたので、日にちを改めてビーズのネックレスを買いに出直してみると… Party City の方は入荷が遅いのか? それともすぐに完売なのか? ブルーのネックレスがなかったのですが、Everything Party は沢山入荷していたのでそこで必要な数のネックレスを買ってほっと一安心(ちなみにお値段は一本 20円程)一方こちらのお子様用タトゥーは、Party City では半額に近い価格で売っていて、超お買い得でした(^^)
シーホークスのロゴ入りオフィシャルグッズともなると、小物でも値段が10倍ぐらいに跳ね上がるので、チームカラーのブルーとグリーン系の小物で、音が鳴る物(応援に使える)やら、貼ったら数日は剥がれないフットボール応援用のお子様用タトゥー(顔ではなく腕に貼るのがよさそう)やら、定番のネックレス二色組をフットボールの絵が付いたカップに入れて、応援グッズの Goody Bag の出来上がり(^^) 明日の朝最初の休み時間の前にクラスに来て下さいとの事でジャックも金曜日をワクワクしながら待っています。
ところで、意外とあちこちにありそうでないパーティーグッズストアなのですが、レドモンドにある Everything Party はかなり品揃えが豊富で、もし Party City で気に入った Goody Bag アイテムやパーティーグッズが見つからない場合には、レドモンドまで足を伸ばす価値は大アリかと(^^) ちなみに Everything Party で売っていたこの NFL オフィシャルグッズは、掌サイズで、しかもこの小さなシーホークスの T シャツ風な小物を広げるとお買い物バッグになりちょっと便利だったので自分用に一個買ってしまいました(^^) お値段は一個 $4.99 でちょっとしたお土産にもよいかも(^^?
シーホークス関連の小物で(買わなかったものの)心惹かれたのが、レドモンドの手芸・工芸・アートフレームのお店 Ben Franklin の特設シーホークス応援コーナーで見かけたこのリボン。髪に巻いてもよさそ気だし、腕でも首飾りでも、切って結ぶだけでシーホークス応援モードに浸れそうなリボンでした(^^) 18年ぐらい前にレドモンドに住んでいた時に画材や手芸用品を買いによく通ったお店ですが、今でも繁盛しているようでよかったです(^^) 一緒にいたジャックも面白そうなお店… と興味深そうに色々な物を見て回っていました。(手芸好きにはかなり楽しいお店です)
同じく Ben Franklin で見かけたシーホークスプリント生地。こちらも手作りが好きな人にはこの時期ちょっと使える素材かと(^^? ところで、シーホークスの T シャツ、パーカー、ジャケットに帽子等、衣類系は昨年シーホークスがスーパーボウルで優勝した事もあり、シアトルに住むほとんどの人が箪笥の中に一枚は持っているのではないかと思います。また持っていない人も日曜日までに買おうかな? と思っているかもですが、スーパーボウル目前の今の時期は微妙な時期で、もし日曜日に二年連続で優勝でもした日には、スーパーボウルチャンピオンのプリントが入った T シャツが即座に発売になるので、なんとなく買うなら日曜日の試合の後(勝ったら買う、みたいな)かな^^? と。 Go Seahawks!! 日曜日が楽しみです(その前にジャックの誕生日も楽しみです)

晴れ時々投資家: とりあえず全部売却 Alibaba (BABA) 株

中国の Alibaba (BABA) の不正に関するニュースは昨年冬の段階でも出ていた (Fake Sales) のですが、一昨日から Alibaba が正式にライセンス供与していない会社にも彼らのオンラインセールスプラットフォーム (Taobao と Tmall) の使用を許可していて、消費者に被害が出ているというニュースがアメリカ国内のニュースでも流れ株価もガクンと落ち始め、とりあえず持っていた BABA 株を市場価格 (Market Price) で全部売却。BABA 株は、中国株は危ないんぢゃないか? と思いつつも、昨年の 9 月に一株 $87 で買ったものだったので、株価が落ちたとはいえまだ利益がある分マシでしたが、三日前に売却していたら、ピーク時よりは安値とは言え、軽く数十万の利益をあげられたのに... という思いはゼロではないものの、そこは欲張らず、損失にならずに多少なりとも利益をあげられたのはラッキーだと思う事に。実際損失にはならなかったのでよかったのですが、こういう局面を回避したり乗り切るための手段が "情報" なんだな、とつくづく思いました。

中国という国の事をあまりよく知らないので、単なる憶測に過ぎないのですが、自分が持っている中国のイメージだと、官僚への賄賂は日常茶飯事で、今話題になっている不正に関する中国政府からの報告も実は昨年の IPO 前に報告されていたものを、IPO に影響が出ないようにと公表しなかったという事なのですが、その時点で既に口止めの賄賂があったのでは? や、賄賂の効力が切れたから、今問題が表面化しているのか? さらには、水面下でまた賄賂を使って数か月後には何事もなかったかのように事態が収拾していたりするのでは? と... 色々想像してしまいますが、
アメリカの証券ニュースでも、ALI-BAD-BAD というテロップを流しつつも Alibaba の会長のJack Ma が中国政府に単に屈しない姿勢を見せている事に対しては、中国でも異例(前代未聞)の事らしく、とりあえず株は手放したものの今後の展開が気になる会社です。ただ、中国にありがちな偽物の販売や詐欺まがいの販売は Jack Ma も言っているように、Alibaba 側がきちんとした防止措置をとるようにすべきだと思います。

2015年1月28日水曜日

8 歳児検診、無事終了

ジャックの誕生日を間近に控え、今日は学校が半日で終わる日だった事もありジャックの 8 歳児検診に行って来ました。身長はアメリカ人の男の子の成長基準表によると 75% - 90 % で、標準よりは高い方なのですが、ジャックのクラスの子達はみんなジャックと同じかそれ以上の子が多いので、特に背が高いという感じではなく至って "標準サイズ" に見えますが、とりあえずチビっ子グループではないのが親としては救いです(自分は小学校の低学年まではクラスの中でも前から5番目ぐらいのチビッ子グループにいて、あまりいい思い出がなかったので...^^;)

体重は相変わらず痩せ型で、25% - 50 %でもうちょっと太って欲しい所。アジア人の子供は痩せ型だけどほとんど遺伝だから気にする事はない、とか、肥満よりは全然健康でいい、と小児科医の先生は毎年言うのですが、ここはアメリカ… みんな発育がよくて、特に男の子よりも発育が早い女の子達はスラっと背も高く、既にカワイイモードから美人系に移行しつつある子もちらほら。アメリカのティーン向けドラマ等を見ていると、ダサ男はだいたい細くて、メガネをかけているというパターン。メガネはかけていないものの、ジャックの細さはダサ男のカテゴリーだよな~と思うと、母親としてはこの先をちょっと案じてしまうのでした(^^;

毎年、近所のショッピングモールでプロムだかダンスパーティーの季節になると、カワイイというよりもセクシー路線なドレスを着た女の子達と、どこか七五三的に見えるスーツ姿の男の子達(パーティーの前にモールを流すのがしきたり?)を見かけるのですが、ジャックもあと8年? もしたらスーツ姿でかわいい女の子をエスコートしてたりするんじゃないか? と思うと、スルメ男(干しスルメのような薄い胸板の男)ではダメなのよ、と思う心配性な母でした(^^; 自分が子供の頃を思い出してみても、小学生ぐらいになると好きな子の一人や二人できるもので、ジャックにも毎年クラスでどの子が一番好きなの? と聞いているのですが、親バカですがジャックの女の子の好みは結構イイ線行っている気がします(ただし、アメリカ人の女の子達は手厳しいので、数年後にはジャック自身が人間的にイケてないと好きな女の子が振り向いてくれないかも^^? とりあえず、今現在はまだマミーと結婚する!と言っている時期なので、女の子の手厳しさの洗礼を受けるのはまだまだ先になりそうですが、フラれても Suck it up and move on! (グダグダ悩まず、次!っすよ!)が大事だからね、というのはジャックが保育園時代ぐらいからピカチュウの教えとして教え込んでいるので、フラれてもうちの子は鬱病とか引きこもりにはならないような気がします(ま、フラれ方にもよるかもですが...)

今回の検診で、何か気になる点は? と先生に聞かれたので、視力検査について質問したら、ついでに視力検査もしてくれました。アメリカも小学校で視力や聴力検査があるのですが、こちらのシステムだと、メガネが必要、補聴器が必要というレベルではない限り、子供達は一律 "問題なし" で片付けられ、一体視力がどのぐらいあるのかわからず実は気になっていたので助かりました(^^) アメリカの視力は 20/20 (Twenty - Twenty)=  日本での 1.0 相当が見えたらそれで OK みたいな感じで、日本のように 1.5 や 2.0 までチェックせず(要は 1.0 が見えてたら普通に暮らす分には十分だからなのか?)以上終わり... という簡単な視力検査。視力は遺伝要素が強いということなのですが、自分は40代後半まで視力は裸眼でも 1.5 - 1.5 ぐらいあり、最近は右目が 1.0 か 0.8 ぐらいまで落ちてきた気がしますが、それでもメガネ無しでもまだ生活できるぐらいの視力です。一方旦那は子供の頃から分厚い眼鏡をかけていて、今もコンタクト無しでは何が見えているのやら? というレベルの視力なので、もしジャックが旦那の遺伝子を受け継いでしまっていたら、子供ながらにメガネ生活を強いられる日がやって来るのかも? と自分的にはかなり心配でした。今日の視力検査では 20/20 と 20/25 という結果で、片目の視力がやや弱いんじゃないか? という自分の読みは当たっていて、小児科医の先生と二人で、オンラインでやる宿題(コンピューターを使う時間)とテレビを見る時間と、ゲーム機(iPad や iPhone も含め)を使う時間の合計が 3 時間を超えないように!!と言い聞かせていました。自分自身がいまだに経験していない事もあり、子供の頃からメガネ生活というのが、とにかく面倒臭そうというか不便というか、できればそういう事態は避けたいと常日頃思っているので 8 歳にして視力が20/20 以下なのは痛いな... と思いました。

血管がブチ切れそうなぐらいキレにキレた後...

お皿が割れるぐらいキレた夜からほんの一週間も経たないうちに、またしても旦那にキレる事があり、今回はお皿が割れるとまた面倒(旦那が片付けてもどうせまた余計な仕事が増えるだけ)だと思い、お皿が割れたりすることはなかったものの、今回も額に青筋が浮き出るぐらい怒ったら、これまでとは違う頭痛+吐き気+眩暈がして、これは脳溢血か脳卒中かもしないと思い、顔の筋肉を動かしてみたり、腕が上がるかをチェックしたりしていました。頭痛薬を飲んでいないと頭や顔の筋肉が重く、とうとう怒り過ぎて脳内の血管が切れて半身不随になってしまうのかもしれない... と、不安な数日を送っていましたが、頭痛で体重が 2 kg も減りかなり心配でしたが、とりあえず、今日も両腕を上げる事ができほっと一安心。ちなみに、くも膜下出血だと、バットで殴られたような痛みがするという事だったのですが、今回はかなり頭が痛くて、もし一週間後ぐらいに急死したら、間違いなく旦那にキレまくったのが原因だろうな...と思いました。結婚して1年目ぐらいだったか、やはり旦那にキレまくり、あまりにも頭が痛くなって血管が切れたんじゃないかと心配になり、会社を半日休んで病院に行って診て貰った事があったのですが、その時お医者さんが、血管が切れてたら頭が痛すぎて歩けないぐらい(病院にも自力で来れないぐらい痛い)と言っていたので、それを目安にしています。あとは、もし倒れたら 48 時間以内に治療をしないとひどい後遺症が残るらしいので、倒れたりしたら即救急と思っています。怒ると血圧が急上昇するので、日頃から旦那にキレながらも体調には気をつかっているのですが、今回はかなりヤバい感じの頭痛で、万が一自分が(バカ旦那のせいで)この若さで激憤死してしまったら日本にいる家族もびっくりするだろうと思い、万が一の時の事を思い、ブログの更新もなく一週間経っても連絡がなかったら本当に具合が悪くて倒れているかもしれない... と念の為に連絡を入れておきました。心配した親からは、「諸縁を放捨し、万事を休する」(道元禅師の引用 by 父)と「他人に期待しない & 病院に行きなさい」(by 母)等のアドバイスが送られて来ましたが、とりあえず、この頭痛が良くなったら対策を考えようと思います。妙な所だけ合理的な自分は、もし一週間後に死ぬ運命にあるとしたら、今あれこれ考えても無駄だからそんな事に時間を費やすのはやめよう、という思いと、残された方が大変(シングルファーザーも大変)だろうと思ったら、旦那のせいでブチ切れて死んでも、その後の苦労を背負うのは自分ではなく旦那だと思ったら、それはまぁ旦那への天罰だろう... と...(天罰は他人に落ちるもので、たとえ自分が怒り過ぎて死んでも、それは自分への天罰だと思わないあたり、相当自己中な自分なのですが^^;)、最近長年可愛がっていた猫の Mr.Whitelegs が亡くなったばかりという事もあり、あの世にも知り合いがいるような気分がしたり... (変な所はかなり非科学的な自分^^;)

最悪の事態の時に慌てずに済むように、旦那にも、もし自分が(旦那のせいで怒り過ぎて)死んだら火葬にした灰を今月頭に亡くなった Mr.Whitelegs のお墓の傍に埋めておいて... と頼んだら、横で聞いていたジャックが、Mr.Whitelegs の顔の傍に撒いてあげたいから、お墓を堀り起こす、と真剣な面持ちで言うので、「No! No! No! No! No!!!! He's resting peacefully! Don't disturb him!!」(ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、絶対掘り起こしちゃダメ!!! 安らかに眠っているんだから、邪魔しちゃダメよ!)と念を押したものの、マミーの為に大きな穴を掘ると言っていたジャック(ウウム)


今日は昨日よりもだいぶ頭痛が治ってきましたが、コンピューターの画面を見ていると目が重たくなってくるので、ブログは緩々と更新の予定です。


2015年1月24日土曜日

アーチェリー初体験 ~ おデブな Legolas &Katniss

(頭痛で更新が遅れましたが土曜日のブログをようやくアップ)
土曜日は Next Step Archery というアーチェリークラブ兼ショップで、アーチェリーを初体験。ジャックの Cub Scout のアクティビティは大人でも楽しめるものもあり、過保護かな? と思いつつも毎度両親揃って出かけていますが、これは本当に面白かったです(^^) こういう面白い体験をする度に Cub Scout に入れてよかったと思います。この先もまだまだ面白そうなアクティビティが用意されていて、年間を通して緩く楽しめる Cub Scout です(^^)

Lord of the Rings や The Hobbit に出て来るエルフ(Legolas もその一人)が颯爽と矢を放つ姿に、ジャックも旦那も、自分こそ Legolas と勇んで弓矢を放っていましたが、旦那はいきなりど真ん中付近で、隣にいた男の子が 「おぉ~っ!」 と感嘆の声を上げていました... が、実はその隣の子がまた上手くて、ど真ん中に立て続けに打ち込んでいたりして、後方から見ていた二列目部隊(=自分やジャック)は旦那の横にいた男の子に目が釘付けでした。その子も含め Scout メンバーの何人かは昨年もここでアーチェリーを体験したとの事で、どうりで慣れているわけでした。
ジャックは Disney 映画の Brave (2012) が流行っていた頃に、主役の Merida(メリダ)が持っていた弓と矢のセットをディズニーストアで買って貰っていた事もあり、アーチェリーは全くの初めて、というわけでもないせいか、自分よりも落ち着いた様子で弓を放っていて、やるじゃん、ジャックぅ~と思いました。自分は正直、弓ってこんなに大きいんだ~!? やら、矢を落としてしまったらどうしよう等(不注意な旦那はいきなり矢を床に落としていましたが、インストラクターが子供達の安全上の規則として、絶対に床に落ちた矢を自分で勝手に拾わない事=インストラクターかアシスタントが来るまで放置するように、との事と念を押していました)結構緊張しながらの初アーチェリーでした。
インストラクターから指導を受けているジャック。このインストラクターのおじさんは、口調や声の大きさが怖い教官かミリタリー(軍隊)風で実は超気に入りました。学校の先生達も声を荒げるような事もなく、家でもずっと甘やかされて育ってきているジャックは、一番最高に怖い声と言ってもせいぜい自分がマジ切れしている時の怒声ぐらい(ま、それも相当怖いのですが^^;;)なので、彼のようなタイプの人にビシっと言ってもらうと最初はヘラヘラと笑いながら聞いていた子供達も真剣に話を聞くようになってよいな~と思いました。子育てには時に怖い教官の存在も必要だな...と(^^)
最初のグループの全員が矢を放った後、みんなで一斉に的に刺さった矢を抜くと言う段取りで、これだと誤って矢を取りに行った誰かを後ろから刺してしまう事もなく安全との事。矢の先端はかなりシャープで、インストラクターのおじさんも、これが突き刺さると痛いし何もいい事がないから、必ずインストラクターの指示に従う事!! と何度も子供達に念を押していました。(「俺の言う事を聞けないヤツにはアーチェリーはさせないからな!」的な指導が非常に良かったです(^^))
"飴と鞭" ではないですが、キビシイ口調の指示に従って何度か弓を射った後には大人にも子供にも楽しいゲームタイムが待っていました(^^) ゲームタイムでは、通常の的に代わって色とりどりの風船が的になり、風船を矢で割るという楽しいルール。やってみるとこれが意外と難しい... 3 個全部割れた人は誰もいなくて、自分もジャックも 1 個、旦那は 2 個の風船を割りました。
ところで、子供が大きくなるにつれ、相対的に自分がどんどん小さくなるような気がするのですが、今回のアーチェリーでも、身長によって弓のサイズが違うので、例の強面のインストラクターが一人一人上から下までジロリと睨むような目で見て、アシスタントの人に、この子とあの子はサイズ XX と体格に適した弓と矢を決めて行くのですが、ちびっ子達の後ろに並んでいた自分には、これだな、と手渡された弓が前に並んでいた子の弓と同じでううっ... と。大人の参加者はみんな一回り大きな弓を貰っていたので、やはり知らない人がみると間違いなくお子様サイズな自分(ーー;
ゲームタイムで楽しかったのが、チーム対抗得点制ゲーム。適当に 3 人組を作るように! という事だったので、うちは家族でチームを組み、ジャックも的の中心に近い所に矢を打ち込んでくれたおかげで、このゲームはうちのファミリーチームが優勝でした(^^) 自分もピンと張った弓から矢が放たれ、中心に近い所にビシっと刺さると、The Hunger Game の Katniss になったような気分で、獲物を射止めたような気分を味わえました(^^)
一列目のグループが風船割りゲームをしているのを二列目グループのジャックが楽しそうに見ている所。このゲームは見ていても楽しいゲームでした(^^)
この日のアクティビティ終了後の写真撮影。一人だけ女の子が混じっていますが、彼女はこの Cub Scout のスカウトリーダーのお子さんで、弟が Cub Scout のイベントであちこち行く時にはスカウトリーダーのお父さんと、スカウトの Web Master でもあるお母さんと一緒によくイベントに参加している女の子(多分中学生ぐらい?)です。この手のイベントは任意参加なので Cub Scout の子供達全員が来るわけではないのですが、今の所どれも楽しいイベントばかりなので欠かさず参加するようにしています(^^)
ディズニー映画の Brave や、The Lord of the Rings に The Hobbit そして The Hanger Games と、弓矢を使うヒーロー・ヒロインのおかげで、アーチェリーは実はかなり人気なスポーツなようで、こんな所までアーチェリーを習いに来る人がいるのだろうか? と思ったら、子供から大人まで、各練習場やショップには人がいっぱいいました。
アーチェリーのショップに入ったのはこれが初めてでしたが、色々なタイプの弓矢があり、見ているだけでも面白かったです。アーチェリーショップでは、所謂ボウガン(クロスボウ)みたいなものから、The Hobbit や The Lord of the Rings に出て来るエルフが持っているような木製のエレガントな弓もあり値段も安いもの(100 ドル前後)から数十万円ぐらいのものまで、色々とありました。自分達だけだと絶対に行きそうにないお店だったので、こういった子供用のイベントとはいえ、親にとっても新しい体験ができて面白かったです(^^)

2015年1月23日金曜日

Enzo 二周忌 ~ 恵まれない猫達訪問 & 寄付

今日は旦那が可愛がっていた猫の Enzo の命日で、昨年の一周忌の時のように、Seattle Humane Society へキャットフードを寄付しに行って来ました。 キャットフードの大袋をいくつか買い込み、旦那が初めて Enzo と出会った Seattle Humane Society へ。仔猫と違って、成長した猫達はなかなか新しい飼い主が見つからない事も多く、結果として長く Humane Society で暮らす事になると思い、シニアの一歩手前ぐらいの Adult Cat 用の餌も買って行きました。
とりあえず、持病があって特殊な餌しか食べられない猫達以外の猫が数ヶ月ぐらい生きられるぐらいの量のキャットフードを寄付。小さい頃は病気がちだった Enzo も、ここで旦那に出会い、旦那に引き取られて以来健康になり長く幸せな人生を送る事ができました。Enzo が亡くなって二年が経ち、nzo が亡くなるまでの最後の一ヶ月の写真を改めて見直してみたら、どうしてあの時には明らかに死期が近づいている事が見えなかったのだろう... と不思議に思いました。当時は共働きで忙しかったから、注意して見ていたつもりでも、見逃していた事がたくさんあったのだと思いました。 
Seattle Humane Society で真っ先に目に飛び込んで来たのが、先日亡くなったうちの猫に似た黒白のタキシードキャットで、旦那もジャックも自分同様にそのタキシードキャットに心惹かれるものがあった模様(^^)  
こちらがそのタキシードキャット(左)と、同じ部屋で寄り添って寝ていた猫ですが、うちに老猫がいなかったら二匹とも引き取ってあげたい!と思うほど、この二匹の姿には心を動かされました。
Library Room にいた猫達は、みんな大人の猫達で、きっと事情があって飼い主の元を離れ、Humane Society で次の飼い主を待ち続けているようでしたが、入り口のドアの前で、誰かが入って来てくれるのを待っている姿がいじらしく、中に入ってブラシをかけてあげたら、次々と猫達が寄って来て、みんな順番にブラシをかけてあげたら、とても喜んでいました。 
この猫達の奥の部屋には糖尿病の猫が一匹寝ていましたが、入り口に貼ってあった猫の情報によると、糖尿病だと診察された後、治療費を工面できない飼い主が Humane Society に連れて来たというような事が書いてあり、これが猫ではなく自分の子供だったら、持病があっても手放したりしないだろうに... と思うと、持病がある上に飼い主の元からここへ連れて来られた猫が気の毒になってしまいました。どの猫も色々な事情があってここへ来たと思うのですが、一匹でも多くの猫が新しい飼い主に出会えますよう...
この写真は2012年頃、猫三匹がまだ健在だった頃の思い出の写真です。 2013 年の 1 月には Enzo がいなくなり、2015 年の 1 月には Mr.Whitelegs がいなくなり、今は旦那の猫の Pixel 一匹だけになってしまいましたが、毎日キッチンに餌を食べにやってきます。
猫三匹から猫一匹になり、猫砂、猫餌等の減り具合も少なくなり、楽になったと言えば楽なのですが、Humane Society で寄り添って寝ていた猫二匹が、在りし日の Enzo と Mr.Whitelegs を彷彿とさせ、今飼っている最後の一匹の最後を見届けたら、次は二匹一緒に引き取るのも悪くないなと思いました。ジャックも 12 歳になったら猫を飼ってあげるという約束を楽しみにしていて、本人も Humane Society にいる猫達を見て、必ずしも仔猫でなくてもよいと言っています。とりあえず動物に優しい子供に育ってくれているのは親としても嬉しいです(^^)
こちらの写真は Enzo の病状が悪化して動物病院の救急に連れて来た時のもので、ジャックも長い待ち時間と遅い時間という事もあり診察室の椅子の上で寝てしまっていました。深夜の診察室で、不安な夜を過ごした日々を思うと、今月初めに自宅で家族に見守られながら逝った Mr.Whitelegs は、見送る側の家族にとっても精神的にも体力的にも、そして経済的にも一番楽に最期を看取ってあげることができた猫でした。最後の一匹も Mr.Whitelegs のように見届けてあげられたらいいな、と思います。