2014年10月31日金曜日

ハロウィーンパーティー 2014

今年のハロウィーンは小学校の新方針でハロウィーンパーティーをやらない事になってしまったので、学校が終わった後、ジャックは映画 Guardians Of The Galaxy の主役の "Star-Lord" の衣装に着替え、自分はアライグマではなく、去年と同じ緑色のロングドレスに魔女の帽子を被って旦那のオフィスへ... 例年、保育園または小学校でのハロウィーンイベントの後は、会社のハロウィーンイベントへ行っていたのですが、今年はシアトルにある旦那の会社のオフィスへ行き、そこで騎士の衣装を纏った旦那と合流。
金曜日でしかもハロウィーンなので早目の帰宅ラッシュで道路の混雑が心配だったので、そのままシアトル側のハロウィーンイベントにジャックを連れて参加してきましたが、通常は入場料を取る Seattle Children's Museum が Costume Carnival という無料のハロウィーンイベントを親子連れを対象に開催していて、親子で楽しめました(^^) 10 歳以下の子供がいないと大人だけでは入場できないイベントで、ジャックがいてくれたおかげで自分達も参加できました(^^)
会場には子供よりも気合の入ったコスチュームの親達もたくさんいたのですが、長身の旦那のコスチューム姿が目を引くせいか「Nice costume!」や「Game of Thrones?」やら、「I'm a knight too!」と見知らぬ子供にまで声をかけられまくりで一夜限りの人気者状態の旦那でした(^^) ここでは手作りの衣装を着た人達をたくさん見かけ、写真を撮り損ねてしまいましたが、ものすごく秀逸なお手製コスチュームを着た子供のお母さんに思わず「Awesome costume! Did you make it?」と聞いてしまったほどでした。
赤ちゃんを連れて来ている人達も見かけましたが、その中でも目を引いたのが Dr. Suess の Thing 1 と Thing 2 に扮した二人でした(^^) 大人では王様のマントを纏った黒人のおじさんや、アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「マレフィセント」になりきった(角みたいな被り物をした)女性がとても印象的でした。イベントは午後4時から夜8時までなのですが "Neighborhood Trick or Treat” にも行きたい! とジャックが言うので、7時頃 Children's Museum の上の階にあるフードコートで軽くディナーを済ませ、旦那の車を拾いに行き、橋を渡ってイーストサイド(湖の東側)へ戻りました。
今年は、うちの近所は未曽有の建設ラッシュで、工事中の家が多いので、あんまり子供達が来なかった... と近所の人が言っていたのですが、生まれて以来ずっとこの界隈で Trick or Treat に行っているジャックは、坂の下にある同級生の子の家を皮切りにパンプキンを外に飾っている家を軒並み訪問。沢山のお菓子を貰って大満足なジャックでした(^^) 自分達が Trick or Treat に出かけている間に子供達が来るといけないと思い、家の前にお菓子を出しておいたのですが、去年ほどではないものの、子供達がお菓子を取っていった形跡がありニンマリ。 
子供がいる家庭にとっては、ハロウィーンは一年の中でも重要な行事の一つなのですが、子供のいない家庭(または独身者)は、見知らぬ人の訪問を避けるために、ハロウィーンの夜は外食に出たり外出しているケースも多いのですが、うちの近所ではそういう人達も割と玄関先にお菓子を出しておいてくれたりして、ジャックはむしろ近所の家の呼び鈴を鳴らしたりせず、Trick or Treat! どころかセルフサービスの Treat だけの方が気が楽でよいと思っていた模様(単に怠け者なだけかも^^?) そんなこんなで今年もバッグにいっぱいのお菓子を貰って楽しいハロウィーンを過ごせたジャックでしたが、何と言っても一番良かったのはあんなに降り続いていた雨がハロウィーンの夜には止んでくれた事でした(^^) というわけで 10 月も無事終了。

全然つまらなくなかった Harvest Party (^^)

ハロウィーン当日、まずはハロウィーンなのにハロウィーンテーマ厳禁の Harvest Party(収穫祭)@ジャックのクラスでしたが、これが全然つまらなくなく、かなり楽しいパーティーになってボランティアの親達も先生もかなり楽しめました(^^)  自分は教室のデコレーション担当だったので、子供が楽しめそうな飾り付けを持って、助っ人に来てくれた友人 Y と共に小学校へ行ったのですが、セットアップ時間が 15 分程度というハードスケジュールなので、飾り付けをテープでペタペタ貼付けながら汗だく状態でした(が、達成感アリ^^;) こちらが Harvest Party 用のメインポスターで、Daiso で買ったカラーボード(軽量なのでテープでどこにでも貼り付けられる)三枚を使って作った完成図(^^)
こちらはゲーム担当のお母さんが作って持って来たパンプキンの口にボールを投げ入れるゲームなのですが、これを作ったお母さんとは友達になれるような気がするぐらい Good Job!! と思った一作でした。常日頃から「自分には "ママ友" なんぞ要らない」と豪語し、 友人 Y にも自分の食わず嫌いというか、外見やらちょっとした会話から、この人とは趣味が違う、好みが違う、共通の話題がなさそう、IT系や同業種ではなさそう...な人達と話す努力ゼロなのはどうなのよ(^^? と指摘されていますが、この作品はそんな自分に、お友達になりたいと思わせるほどの良い出来でした(^^) 
今回重宝したのが Daiso で売っていたこのフルーツ? & 野菜の顔がプリントされた紙皿でした(^^) テーマが Harvest だったので、これはいただきっ! と思って買って来たのですが、これも軽いし、持ち運びにも楽で、教室内に吊り下げたら、触ったり、蹴ったり(^^? まるで猫じゃらしにじゃれる猫のように、子供達の注意を引いていました。 
一番最初に聞いていた話では、子供達の休み時間の間に教室をパーティー仕様にする事になっていたので、窓ガラスを覆う感じのデコレーションを用意していたのですが、蓋を開けてみると実はお昼休みはとっくに終わっているので、子供達が見守る中での飾り付けとなりましたが、それでも子供達がワクワクしながら見ていたので、親としても楽しかったです。時折「ジャックのママが作ったんだって(スッゲー)」みたいな声を背中に聞きながら、心の中で小さくガッツポーズ(でも外は汗ダラダラ^^;)
子供達の反応以外でとても嬉しかったのは、ジャックに対する褒め言葉を他のお母さん達から聞いた事でした。今年は実はあんまりボランティアに参加していなくて(日本に帰る予定があったりするので、下手にボランティアにサインアップすると、授業のお手伝いに来れなくて逆に迷惑をかけるので)、クラスメートのお母さん達の事をほとんど知らないのですが、ジャックと話す自分を見て、ジャックの母親だとわかり「ジャックはとてもいい子で、彼の性格がとにかく大好きなのよ」や、「ジャックはとてもかわいい(ハンサム?)ですよね」等、親としてはとても嬉しかったです(^^)
2 年生にもなるとみんな大きくて、日本では標準身長ながらもアメリカでは(旦那やジャックに小人扱いされるほど)チビな自分。来年はもう子供達と目線が同じなんぢゃないか(^^? という気もしますが、みんないい子達で、ジャックも男の子とも女の子達とも仲良く遊んでいて、いい環境ですくすくと育っているな~と思いました。
ところで、子無し未婚の友人 Y は、この怒涛のようなクラスパーティーと、イマドキの小学二年生達を見て軽いショックを受けた模様。彼女は高校生の頃からアメリカに過ごしているので、半分アメリカ人みたいなものなのですが、それでもアメリカの小学校は体験していないので、「す、スゴイ! Chaos だ! 先生がスゴイね!」と言っていましたが、子供と 365 日過ごしている親にしてみると、意外とそんなに Chaos には見えていない所に、こんなに受け止め方が違うんだ~!? と少々驚いた自分です。ただ、1年生の時よりも、2年生の方がまとまりがない感じがしたのは、1年生よりも2年生の方がもっと自我が確立していて、先生の言う事をただ黙って聞くだけではくなっているからなんだろうな~と思いました。


小学校でのパーティーの後はハロウィーンコスチュームパーティーへ... つづく

2014年10月30日木曜日

雨ザーザー

木曜日の朝から降り続いている雨は本当にハロウィーンの日(金曜日)には上がるのだろ~か? と、天気予報が気になります。さらに週末は晴れるらしいけれど、本当なんだろ~か? というぐらいすごい雨。

坂が多い場所では、坂の上は問題ないのですが、坂の下には結構な量の水が溜まっていて、車高の低い車はできればどこか迂回路を見つけた方がよさそうなぐらいの水の溜まりよう...

明日はハロウィーンなので仮装してお出かけする家族連れも多いと思うのですが、うちも雨がひどくなければ旦那と夕方合流予定なのですが、自分の衣装は裾を地面に引きずるほど長いドレスなので水溜りがある所はちょっと遠慮したいぞ~と... とりあえず、明日は朝一で夕方子供達がうちに来た時にあげるお菓子を買いに行って、出かける前に家の前に出しておかねば...

そしてハロウィーンが終わったら、もう11月。

つまらないパーティーの準備開始 ~ Daiso ベルビュー店に行ってみた(^^)

今日は朝からかなりの大雨で、時折豪雨に近い勢いで降っていたかと思ったら、急に小降りになったりして、雨の合間を縫うように買い物に出かけたりしていたのですが... 明日はハロウィーンだというのに、ジャックの小学校では、子供達があまりにもハロウィーンに気を取られ過ぎてしまって、収集がつかないからか、今年のテーマは "収穫祭" で、ハロウィーンパーティーではなく "Harvest Party" になりましたのでヨロシク!的なお知らせが来ていて、それだけでも子供達にはかなり残念なハロウィーンになってしまっていたのですが、追加で食べ物持ち込み禁止のお知らせも来て、つまらない度がさらに増してしまった金曜日のパーティー。 
アメリカではピーナッツアレルギーで死者が出る事もあり、食べ物アレルギーにはとても神経質な国だったりするのですが、時折、十代の子供がピーナッツを食べた子が、ピーナッツアレルギーのある彼女とキスをしたばかりに病院送りになってしまったというような事件がニュースになったり、ひどい場合にはピーナッツアレルギーの子が亡くなってしまう事もあり、本当にたかが食物アレルギーなのですが、子供達の安全を思うとピーナッツに限らず何かと気をつかうアレルギー関連食品です。
そんなわけで、ハロウィーンパーティーでもなく、カップケーキも何もないクラスパーティーを明日に控え、せめて飾り付けだけでも楽しいものにしてあげましょう! というクラスペアレント(クラスのイベントのまとめ役の親)からメールが出ていて、そんなお知らせが来る前に、パーティーの飾り付けのボランティア要員にサインアップしていた自分は、これはちょっと気合を入れ直さねば? と思い、クロスロードモールに新しくオープンした Daiso ベルビュー店へ飾り付け用の材料(折り紙等)を買いに行って来ました。 
飾り付けは、秋や収穫に関するもの(ハロウィーンの飾りつけではないもの)というガイドラインだったので、折り紙を切って作った野菜をカラーボード(Daiso で一枚 $1.50 で買えるボード、かなり重宝してます^^)に貼り付け、学校から帰って来たジャックに見せたら、ジャックが 「Mommy! You did a great job!!」と言って褒めてくれました(^^) セットアップの時間が短いのでテープやらピンで壁やら窓に簡単にセットアップできる飾りを作ったのですが、天井から下げるタイプの飾りのセットアップは時間との戦いになりそうな予感で、明日は他の子のお母さん他、助っ人同伴の予定です。 
自分が工作プロジェクトをやっていると決まって一緒に作りたがるジャックなのですが、明日のお昼過ぎに持って行く飾り付けなので、あんまりタラタラやっている時間もなくて、下絵を自分が描いて、それをジャックがハサミで切り抜いたり... していたのですが、こういうのはザクザク行かないと... と、最終的にはジャックからハサミを取り上げ、自分が切り抜き係でジャックが下絵を描いたりもしたのですが、ジャックが妙に細かい絵を描こうとするたびに、ザックリした絵じゃないとダメなのよ、こういう飾り付けは! と、何度も念を押しながら、ゴジラ? の絵を描いていたジャック。テーマは一応、秋、または収穫なんですけど...(^^? ちなみに、こちらのうさぎの絵は、仕事から帰って来た旦那が描いたもので、なんかちょっと違うけど、ザクザク型通りに切れるから、ま、いいか... と。超つまらないパーティーの飾り付け全容は、明日クラスで飾り付けをした時にでも記念写真を撮って来ようと思いますが、うまく 15 分で飾り付けができたら、つまらないパーティーも雰囲気だけは楽しいんぢゃないかな (^^? と、飾り付けする気満々の自分でした(^^)

2014年10月29日水曜日

タン塩旨し! ~ 塩レモンに白胡椒、最強の旨さ(^^)

一ヶ月漬け込んだ塩レモンで、チキンの塩レモン焼きや、鱈のムニエルと成功続きの塩レモンレシピだったのですが、最強、最高に美味しい組み合わせはやはり、塩レモンのレモン汁と白胡椒の組み合わせでした(^^) これはもう相当癖になる美味しさで、牛タンと熱々のご飯と、塩レモンがあればもう何も要らない! と思うぐらいヒットでした(^^)  塩レモンの瓶からレモン汁を大匙一杯ほど取り出し、それに白胡椒をお好みで加えるだけで美味しいタレの出来上がり。
これまではレモン汁を絞ったものに味塩コショウを入れて作ったタレにつけて食べていましたが、塩レモンのレモン汁を使うとレモンの香りや味がさらに濃厚で、しかもフレッシュなレモンのシャープな酸味に比べると熟成された感じがいい感じでした(^^)

超ヒットな塩レモン。作り方も簡単なので、レモンと塩味が好きな方は是非一度試してみると良いかと(ハマります)!!

塩レモン仕込み塩レモン漬け込み完了のブログ)

秋限定お散歩クラブ活動 ~ Yarrow Bay Wetlands(湿地帯)

今日は起きたらいまいちなお天気だったので、"今日の部活は無し" の連絡が携帯に入っていたので、そのまま二度寝していたら、かなりお天気がよくなってきたのでやっぱりお散歩に出かける事に... 水曜日は小学校が早く終わる日なので、いつもよりも早目に切り上げねばなので、とりあえず顔を洗ってうちから車で 5 分ほどの友人宅へ... 
今日の行先は Yarrow Bay Wetlands 経由 Yarrow Point。地図上でみると、グリーンで表示されているエリアが湿地帯なのですが、この湿地帯の外縁を通るトレイルが住宅街の中にあるというちょっと不思議な公道でした。

閑静な住宅地の中のトレイルを歩いて行くと、SR 520 沿いの道に出てきて、その後はワシントン湖側へ大きな住宅が立ち並ぶエリアをひたすら歩いて行きました。途中でいかにも有閑マダム風な人達がジョギングしていたり、犬の散歩をしていたり... こんな時間に犬の散歩をしている事自体優雅な生活だな~と思っていたのですが、気が付けば自分達もこんな時間にお散歩できるのは、優雅な生活をしていると言えるのかも(^^? 
Yarrow Point のウォーターフロントまで辿りつき、そこでしばし休憩。こんな日は釣竿を持って湖のほとりに座って過ごすのもいいな~と思えるいいお天気になりました。が、今日は水曜日。小学校は半日で終わるので、Yarrow Point から小学校まで坂道をやや速足で登って行ったのですが、最後は坂道を小走りに駆け上りながらジャックが待つ小学校へ。いつもの待ち合わせ場所に自分の車が止まっていなかったのでちょっと心配気味に待っていたジャックでしたが無事に合流できてよかったです(ほっ)
車を友人宅の駐車場に置いて来てしまっていたので、ジャックと合流した後も、お散歩は続き、途中のお店でミルクとドーナツを買って休憩しながらベルビューからカークランドまでお散歩でした。友人 Y によると、今日は2万歩ぐらい歩いたとの事(かなりいい運動になりました^^)車を拾い、ジャックの宿題を済ませた後は、せっかくお天気がよかったので Issaquah まで 3 人で出かけて来ましたが、紅葉とキノコがあちこちにあって、秋のノースウェストの風景を楽しめた水曜日でした。

2014年10月28日火曜日

雨時々投資家:Cramer says... & YHOO、BABA に FB が好調

年末に近づくにつれ、証券会社からの税金対策の情報やらお知らせメールが頻繁に届くようになり、自分的にはそろそろ今年の仕事納めモードなのですが、ジャックに株式投資のしくみを教えて、短期で伸びそうな株を買って、もし年内にそこそこいい利益が出そうだったら売る所まで実際にやってみてもいいかな(^^? とも思っていますが、その前に "Play safe & Don't be greedy!"(安全第一 & 欲張らない事)の二つの基本精神を教え込まねば...と思っています。

さて、Jim Cramer が Yahoo と Alibaba はどちらも買いだと言ったおかげか、二株とも結構好調な伸び。Jim Cramer が番組で口にした銘柄は株価が翌日上がる傾向にあるのですが両方の株を保持している身としては、1.Yahoo のCEO が Alibaba IPO 前に言っていた、株主への還元を本当に実行して欲しい- 株主からは「(還元は)いつやるの?」「M&A に使うのはやめようよ」と言う声がずっと上がっている状態… 2.Alibaba には急成長して欲しい... けれど中国はなんだか危なっかしいので、一刻も早く売り抜けたい… 3.ついでに Yahoo も売り抜けたいのだけれど、還元を逃したくないばかりに保持しているという硬直状態から脱したい!

とりあえず、株価だけ見ると、Yahoo は一時最高値更新で、Alibaba も $100 超え最高値更新。FB も $80 を越えで右肩上がりな火曜日の朝でした。

さて、今週はいよいよハロウィーン。金曜日の小学校でのボランティアの準備でも始めますか...

 

すっかり雨のシアトル、夏時間終了間近(^^)

朝からどんより曇り空に加え、ジャックの登校時間には雨がザーザー降っていて、すっかり雨季に入ってしまった感じのシアトルです。一日中雨が降っているわけでもなく、どんより曇り空から、時折青空が見えたり、虹が出たり、と時間帯によってはお天気がよい日も多々あるのですが、でも出だしと終わりが雨... みたいな、そんな季節になってしまいました。

ちなみに夏時間も今週末で終わり、また一時間時計が戻るので、これまでの午前 7 時は午前 6 時になるので、今まで体内時計を騙しながら、実は毎朝 6 時起きさせられていたのが、7 時起きになるので、朝の一時間が嬉しい夏時間の終了です。アメリカでの夏時間からの切り替えは、11月2日日曜日の早朝2時に行われます。

2014年10月27日月曜日

久々にまみりんとランチ@Bellevue Pastry & すべては「二郎」のせい…

今日は出張で今日からシアトル入りしているまみりんさんと久々にランチでしたが、韓国よかったわ~な話から、一昨日飲んだ Kopi Luwak 珈琲の話やら(まみりんさんも Kopi Luwak を飲んだ経験者(^^))、Satoya が CEO になってからの株価がずっと好調な話やら、自分の次の日本帰国の話やら、あんな話やらあんな話(^^; で盛り上がっているうちに、あっという間にジャックを学校に迎えに行く時間になってしまい、遅めのランチミーティングはお開きとなったのですが... 実は土曜日の嵐の爪痕がベルビューの中心部に近いにもかかわらず、意外にもまだ残っていて、当初今年 Bellevue Way 沿いに開店して以来人気の「らーめん山頭火」でランチの予定が、停電の為休業の看板が... 仕方なく、山頭火から徒歩 1分? 車でも数十秒先にある人気の Bellevue Pastry へ行ったら、こちらも停電のため チョコレートやケーキ系の Sweets 類が全くなかったのですが、サンドイッチはできます! とあったので、ここのクロワッサンサンドと珈琲と焼き菓子でまったりとランチでした。

ここの所シアトルでは未曽有のラーメンブームと言われていて、新しいラーメン屋さんがオープンしたり、メニューにラーメンを載せているお店も増えたのですが、Bellevue Square Mall 内にあるお店でラーメンのメニューに(インスタントラーメン)とカッコ書きしているお店があり、あれはあれでちょっと試してみたい気が...(笑)試したらブログにレポートすると思います(^^;

らーめん山頭火に関しては、実はジャックと自分の中では、お店の雰囲気は Good なのだけれど、ラーメン自体(というよりスープかな?)がイマイチという共通見解になっていて、うちでは旦那だけが山頭火の大ファンという状況になっています。誤解のないよう、あれだけ人気があるので、多分そんなに不味くはないはずで、サーモンいくら丼とのコンボはここら辺では最強コンボだと思っているのですが... 本当は美味しいラーメンの部類に入るのか、それともそうでもないのか? ここは日本でも美味しいものを食べて舌が肥えているまみりんの感想を聞いてみたいぞ! と思って、山頭火へ行ってみたのですが、上述の通り今日は嵐の後の停電で休業中でこのプランは玉砕…

そもそもすべては「二郎」のせい… だと思う今日この頃。以前「ラーメン二郎」のせい… というブログにも書いたのですが、ラーメン二郎を食べてしまって以来、あれを越えるラーメンが現れない限り、そこらのラーメン屋のラーメンでは到底満足できないカラダになってしまったというか...(ただし、カップヌードルは別部門で、日清のトムヤムクンヌードルは美味しかったです^^)ちゃんとしたラーメン屋を名乗るからには、旨いラーメンを食わせろ! 的な、ラーメン屋のラーメンに関してはちょっと味覚が攻撃的にすらなってしまいました。そんな自分に、今年の五月にラーメン二郎歌舞伎町店に一緒に締めのラーメンを食べに行った元上司が、来月「またラーメン二郎に行きますか?」とコメントを返してくれていて、既ににんにく増量の二郎に思いを馳せる自分です(^^;

もし滞在中にらーめん山頭火ベルビュー店に行く機会があったら、ラーメンについての感想をお聞かせくださいまし>まみりん



TV Japan 10月末まで無料視聴キャンペーン中

有料チャンネルの TV Japan が只今無料視聴キャンペーン中(今月末まで)で、夜中に NHK ニュースを見たりしています。うちは自分以外日本語がわからない人達なので、TV Japan のチャンネルは契約しようと思った事はないのですが、最近かなり頻繁にダイレクトメールが来るようになり、北米でも視聴者を増やそうととしている意気込みを感じる TV Japan です。

2014年10月26日日曜日

103 ヵ月アニバーサリー(^^)

毎月26日は毎月恒例のアニバーサリーで、今月で旦那と出会って 103ヶ月目。土曜日に JOHN HOWIE STAKE でアニバーサリーディナー豪華版を食べた後なので、今夜は軽めのディナーでも作りますか... と思っていたら、旦那が「今日は僕がパスタを作るから...」と言って買い置きの麺とソースとイタリアンハーブでサクっと作ってくれたのがこちらのパスタ。「来年はイタリア旅行」が目標らしい旦那は大のイタリアびいき(というか、ヨーロッパが好きなのかも?)彼の曾祖父母はヨーロッパから来ているので、子供の頃はスイスに親と一緒に行ったりしていたのだとか... 旦那が結婚当時から乗っている BMW は、彼がドイツまで受け取りに行き、ヨーロッパを車で回った後オレゴン州の港までヨーロッパから送ったのだとか...そんな思い出もあり、旦那的には家族でヨーロッパを車で回るのが Dream Getaway(理想の旅行)らしいです。うちのジャックは、小さい頃から、なぜかオリーブとパスタ(何のソースもかかっていない状態か、または美味しいトマトソース)が大好きで、旦那はいつもジャックをイタリアに連れて行って本場のイタリア料理を食べさせてあげたいと言っているので、来年こそ実現できるかな(^^? と淡い期待を抱きつつ… ちなみに、イタリアンハーブをたっぷり使った旦那のパスタはなかなか美味しゅうございました(^^) 

「検索」できる便利さ ~ ブログに書かずにおいた事への後悔と弊害(ーー;

最近年のせいか思い出せない事が増えてきて、顔を見ても名前が出て来ない(よく知っている人なのに)、よく行く場所なのにお店の名前が出て来ない... 英語の単語が思い出せない、日本語の漢字が書けない等々... 色々と年による脳の衰えを感じるのですが、そんな中で、日々のブログは自分自身の備忘録としてフル活用中。書き記しておく事でより記憶に残り、また後から検索できるのがなんとも便利なのですが、忙しくて書き残しておかなかった事に限ってあとから気になって思い出したくなるのに思い出せずに紋々とする… というパターン。特に Facebook のタイムラインにある写真やコメントは検索できないので、いつ頃の話だったか? そこが思い出せないとかなりお手上げだったり... また今年は一年の四分の一弱を日本で過ごすというラッキーな年だったのですが、普段はアメリカと日本に離れている家族に、日々の暮らしぶり(旦那にキレまくりながらも、ジャックの子育てやら旅行を楽しむ日々)がわかるように… と書き記していたのですが、日本滞在中はその必要がなかったり、ブログを更新する時間を温泉で過ごす時間に充てたりしていたおかげで、振り返ってみると、一番振り返りたい部分の記憶がスッポリ抜けているような... やはり短くても日々の記録としてブログを更新しておくべきだったな... と思う今日この頃… 日々の記録をフルテキスト検索ができる便利さを体験してしまうと、検索できないサービスはウウム...(ーー; だな、と。

それにしても、ここ最近の物忘れのひどさは半端じゃなく、昨年秋からずっと使っている "To Do リスト" は今でも重宝していて、最近では、大事な事はカレンダーにアラーム設定も付けた上でさらに紙に書いておかないとダメで、週初めに作る To Do リストの項目に線を引く瞬間が安心する瞬間だったりします(´ー`)

2014年10月25日土曜日

Kopi Luwak 初体験@JOHN HOWIE STEAK

アニバーサリーディナーの後、デザートメニューと共に何気に置いてあった一枚の紙に目が釘付けになってしまったのですが、それというのもあの Kopi Luwak がまさかベルビューで飲めるとは思っていなかったので、思わず口元がほころんでしまいました(^^)  Kopi Luwak(コピ・ルアク)は、映画「The Bucket List」(2007)の中でも紹介されていますが、インドネシアが原産地の高級珈琲で、ジャコウネコの糞の中から採取したコーヒー豆を洗って乾燥させたものを焙煎したコーヒーです。サーバーの人に「まさかベルビューで Kopi Luwak が飲めるなんて思ってもみなかったのでオドロキました」と言ったら「西海岸でも数少ない Kopi Luwak を出すお店のうちの一軒です」と言っていました。
気になるお値段ですが...
$45 per serving。一杯 45 ドル。シーフードだったらロブスターが一匹、ステーキだったら Ruth's Chris でフィレステーキが食べられる値段なのですが、 インドネシアまで行かなくても飲めるという便利さの代償だと思えば安いもの! と思い注文(^^) ちなみにアニバーサリーディナーの特典で、デザートは無料という嬉しいサービス付きで、三人分のデザート代が浮いた分がコーヒー代になったかな(^^? と。既にかなりお腹いっぱいだったので、旦那のデザートを一口いただく程度でいいかな? と思ったのですが、せっかくタダなんだから、好きなデザートを頼めば? という旦那の囁きもあり、自分もチョコレートケーキを注文し、旦那は Boston Cream Pie を、ジャックは定番のアイスクリームをそれぞれ注文。

高い値段を取るだけの事はあり、デザートを待つ間に、Kopi Luwak を乗せたカートが到着し、担当のスタッフによるプレゼンテーションがワクワクする気持ちをいい感じに盛り上げてくれました(^^) ちなみにここから先は、元日本のマイクロソフトの開発チーム時代に一緒に夜明けの珈琲をファミレスで飲んだ仲で、退職後は珈琲三昧な生活を送られている I 井さんへの珈琲体験レポート的なブログになっています(FBのメッセージで送った感想のフルレポート版です。起きたら読んで下さいまし(^^)> I 井さん。

ちなみに I 井さんとは、春に日本に帰国中に世田谷の丸山珈琲で、I 井さんの珈琲薀蓄を聞きながら(聞かされながら^^?)I 井さんおススメの珈琲を飲み、最後は自分のおススメのコーヒーデザートのアフォガードで締めた思い出が記憶に新しいです(^^)
まずは Kopi Luwak コーヒーが入った袋(一杯分)を開けて香りを確認。実は自分、Heavy Coffee Drinker ながらも別にコーヒー博士でもなんでもないので、この時点では、まぁ普通の珈琲の香り… ですかね... という程度の感想で、ちょっと猫に小判状態でした(^^;; 

淹れ方ですが、粉末状の Kopi Luwak をカップに入れ、熱いお湯を注ぎながらスプーンでくるくると掻き混ぜて淹れていました。この時点では、インスタントコーヒーのノリだな、ぐらいにちょっと余裕な目で見ていたのですが、この後カップに蓋をして、粉が沈むまで1 ~ 2 分置いて下さい... と言ってサーバーの人は去って行きましたが、後で Kopi Luwak をサイフォンで淹れて飲んだけど大した事がなかった… というような感想をインターネットで見かけ、これはサイフォンなんかで淹れちゃダメですよ! と(昔自分もマイサイフォンを持っていたぐらいなのですが)思いました。それはエスプレッソをサイフォンで淹れるような真似だと心底思いました。そして蓋が乗ったカップを見つめている間にデザートが運ばれてきました。
レストランからのアニバーサリーギフトでハートのキャンドルが立ったデザートで、さすがにジャックのアイスクリームにはハートのキャンドルは立っていなかったので、ジャックがズルい! と言っていましたが、デザートが来たタイミングでコーヒーカップの蓋を取ってくれて、コーヒーの香りがふわっと漂って来ました(^^) そして、最初の一口… こ、この味は...!? 昔友人 K が貸してくれた食べ物に関する本の中で紹介されていた、塩コーヒーの味に似ている! というのが第一印象で、その瞬間に自分が今まで飲んだ酸味のある珈琲の中で一番美味しい珈琲にランクイン決定でした。
例えばキリマンジャロやブルーマウンテンといった酸味のある珈琲は日本では定番とも言える珈琲ですが、シアトルではほとんど見かけないので(一説では日本が9割ぐらい買い占めているため他の国での流通量が少ないのだとか)、酸味のある珈琲を飲む機会が激減していた上、実は日本にいた時も、酸味のある珈琲はそんなに好きでもなかった自分でした…が、パンチの効いた酸味と、エスプレッソにも通じるコクのある濃い珈琲で、これは珈琲好きな人には $45 払っても体験して欲しい一杯でした(^^)
Kopi Luwak を飲み干した後、カップの中を覗くと、底に残った珈琲の粉がお湯を含んでまるでダークチョコレートのようなとろりとした感じで、これは飲み干すものではないのだろう...とは思ったものの、どんな味がするのか知りたい…知りたい…あんまりカップを持ち上げて飲むのは上品ではないけれど、$45 も(旦那が)払ったのだから、全てが知りたいっ! という衝動にかられ、カップの底を上に向けつつ Kopi Luwak の粉部分を飲んでみると… これは自分的にはかなりハマりました(^^) 甘くないチョコレート? なめらかな舌触りがなんとも言えない底に残った粉の部分でした。そこには特に酸味もなく、とにかくシルキーな舌触り。何かの料理のソースにでも使いたいぐらい滑らかでした。
というわけで、Kopi Luwak 初体験のまとめですが、珈琲の味を総合的に評価すると、自分が今まで飲んだ珈琲の中で最高に美味しい珈琲ではないものの、自分が今まで飲んだ酸味のある珈琲部門では間違いなく最高に美味しい珈琲でした。第一印象に塩コーヒーの事を挙げましたが、舌に感じた第一印象が塩コーヒーに似ていたのと、その他にはコクがあるのに全く苦くないスペイン旅行中に食事の後に飲んでいた(普通のコーヒーなのですが、これがまた安いコーヒーなのに異様に旨いっ!)コーヒーの味にも似ていました。

毎日飲みたいか? と言われると、毎日飲みたいほどではないですが、一度飲んでしまうとまたいつか飲んでみたくなる、そんな味わいのある Kopi Luwak でした。ちなみに、本場インドネシアでも同じような飲み方をするのかどうか興味があるところですが、JOHN HOWIE での Kopi Luwak 体験がとても良かったために、これよりもちょっとでも薄かったり、ケチっていたり、ましてサイフォンで淹れていたりしたらがっかりしてしまいそうだな... と。Kopi Luwak と金の名前入りのカップである必要はないものの、ある意味 JOHN HOWIE が高い所に基準値を置いてくれたおかげで次にどこかで飲む機会があったら、辛口な珈琲評論家になっていそうな気がします(^^;

日本でも一杯 5000 円ぐらいで高級ホテルで出していたりするようですが、もう少しこなれた値段(一杯 2000円ぐらい)で飲めるカフェも東京にはあるようです。機会があったら是非試してみてください>I 井さん

アニバーサリーディナー@JOHN HOWIE STEAK

諸事情で延び延びになっていた結婚 8 周年記念ディナーと毎月恒例のアニバーサリー(今月で出会って 103 ヶ月目)のダブルアニバーサリー ディナーで JOHN HOWIE STEAK に行って来ました(^^) 家族揃ってお肉大好きミートリアン= Meat Lover なので、美味しいステーキのお店という事で期待に胸を膨らませつつ入店(^^) 美味しいステーキレストランというと、うちの近所の Ruth's Chris Steak House へ時々食事に行くのですが、この夏にはジャックのテーブルマナー学習の卒検もどき(^^? で実習がてら連れて行ったりして、ジャックも立派なミートリアン家族の一員に(^^)
JOHN HOWIE STEAK も近所では有名且つ人気のレストランなのですが、Bellevue Square Mall からちょっと離れている、しかも Neiman Marcus ベルビュー店は全然ダメダメ... というだけの理由でほとんど行かないエリアなため、これまで噂には耳にするものの一度も行った事がないレストランでしたが、レビュー通りにスタッフの対応がとてもよいレストランで、ジャックも "Sir" と呼んでもらえて本人もとても嬉しかった模様(^^) Ruth's Chris も子供への対応がよかったのですが、こちらはさらに輪をかけてよい対応でとても快適なディナー体験ができました(^^) 
ジャックももう 7 歳半なので、そろそろ大親友のベア(テディベア)からも自立してもよさそ気な年齢なのですが、相変わらず Wherever I go Bear go でベアと一緒に居たがるジャック。「ベアは着て行く服がないからお留守番ね」と言ったら、ちょっと待ってて! と紙で作ったネクタイをベアの首にかけて来たジャック。赤と青のお揃いのネクタイには、Bear and Jack と二人の名前(^^? も書いてあり、相変わらず Bear Love! なジャックでした。子供のうちは男の子の方が幼いと言いますが、Bear に関することになるとジャックは本当に幼いよな~と思います。
さて肝心の食べ物ですが、どこかに Ruth's Chris との食べ比べレポートを書いている人がいないかな? と思ったら、意外と見つからなかったので、個人的な感想ですが、JOHN HOWIE STEAK の食べ物比較レビューです。どちらのお店も "アニバーサリー" です、と予約時に一言添えている事もあり、スタッフの対応やサービスはどちらもよいのですが、純粋に食べ物だけで比べてみると… ステーキ以外の物で口にした物は JOHN HOWIE の方がかなり美味しいと思いました。サービスで出してくれたロブスターのスープ(Bisque)に至っては、旨っ! の一言に尽きました(^^)
Iceberg サラダもヒットで、おススメのロブスターマッシュポテトもロブスターをこんなにふんだんに使っているとは!? とシェフの太っ腹ぶりと美味しさに舌鼓を打ちながら頂きました。ちなみにサラダは結構大きいので二人で1オーダーでちょうどよいサイズでした。(大概のレストランでは、注文時に "share したい" と言うとちゃんと二皿に盛って持って来てくれたり、取り皿を用意してくれます)あとは、食事の最初に一口から二口サイズぐらいの美味しいパンが数種類、バスケットに入って出て来て、これも美味しかったです。そしてメインのステーキですが、JOHN HOWIE では和牛(WAGYU)を主力商品に据えているようで、アメリカ産の牛肉と同じぐらいの充実ぶりで和牛のメニューがありました。肥満が大きな問題のアメリカでは、霜降り肉の美味しさを日本人ほど理解できない傾向にあるので、脂身が少ない Filet Mignon(フィレミニョン)を注文。三種類の塩と一緒にいただくステーキはとても美味しく、ジャックも気に入っていたのですが、自分的には Ruth's Chris のあの 500 度の熱々プレートに乗って出て来る方が 0.2 ポイントほどポイントが高いかな? と思いました(人によってはあの熱々プレートのせいで肉に火が通り過ぎるから嫌だという人もいるので好みの問題だと思いますが...)値段的には JOHN HOWIE の方が Ruth's Chris よりも少々高めですが、、どちらもほぼ同じぐらい美味しかったので、どちらもおススメのお店です。

2014年10月24日金曜日

魔法の調味料で作った鱈のムニエル、旨し(^^)

またしてもとんでもなく眠い病で、ブログを書きながら寝てしまう事が多くなってきた今日この頃なのですが、9 月の半ばから仕込んで、最近使い始めた塩レモンの魔法の調味料の便利さがジワジワとわかって来て、これはちょっともう手放せないお手製調味料になりつつあります(^^) 夕方、ジャックが Cub Scouts で作ったパンプキンにロウソクを入れて玄関先のポーチに飾った後、 簡単なおかずでもつくりますか... と思って冷蔵庫を物色すると、先日買って来た鱈(たら)があったので、鱈と塩レモン(くし切りのうち一個)でムニエルにしてみました(^^)
鱈の切り身に、刻んだ塩レモンを絡めるだけで、他の調味料は一切使っていないのですが、なんともいい塩加減と、炒めたレモンがまたいい味を出していて、旨いわ~鱈のムニエル(^o^) と思いました。塩レモンが塩気を相当含んでいるので、小さな一かけらで鱈の切り身四枚全部に味が付くので、小さ目の瓶に漬けた塩レモンですが、向う半年~一年ぐらいもちそうな気がします(^^) 
余談ですが、"たらふく食べる" という表現が鱈(たら)から来ているという事を今回初めて知りました(^^; なんでも鱈はものすごく大食いな魚らしく、鱈腹(鱈のおなか)みたいに食べ物で膨れる様を "鱈腹食べる"(たらふくたべる)と言うのだとか... 身が厚くて、癖のない白身魚の鱈、英語では Cod と呼ばれていますが、鱈の塩レモンムニエルはうちの定番メニューになりそうです(^^)

Marysville High School Shooting

午前中ニュースを見ていたら、ローカルのチャンネルだけでなく CNN でライブで流れていた、ワシントン州 Marysville 高校で起きた発砲事件のニュース。発砲した少年は高校一年生の男子で、ホームカミングプリンスに選ばれたりもする人気者の男の子だったそうです。(ホームカミングクイーンやホームカミングキングは、生徒達による候補者への人気投票で選出されます。学校のイベントの一環で、高校のフットボールチームの人気プレーヤーや、チアリーダーが候補者に選出される事が多い模様。アメリカの高校では主にフットボールのホームグラウンドでの試合の時に、色々な催しものやお祭り、ダンスパーティー等が行われ、ホームカミングクイーンとキングがダンスパーティーで一緒に踊ったりします。)

乱射というような見出しを見かけましたが、実際には発砲した少年は彼の友達が座っているテーブルに背後から近付いて発砲していて、無差別に発砲したわけではないとの事。最近いじめにあっていたかまたは友人と喧嘩になったというような証言が出て来ているようですが、恋人と別れたという話も出ていて、本人が自らの銃で命を絶った今、本当の動機は誰にもわからないままで終わってしまうのかもしれません。

その少年を知る子供達が、彼は明るく幸せそうにしていた、彼は人気者だった、というようなコメントをしているのを見ると、ほんのちょっとした事が彼の人生を大きく狂わせてしまったのだろうと思うと、撃った子も、撃たれた子供達もとてもかわいそうだと思います。

こういった事件があると、学校からフォローアップのメールが来るのですが、子供のレベルに合わせて事件について家庭で話し合ったり、事件に対してショックを受けたりした場合の心のケアなどサポート体制について記載してありました。うちでも、昨日まで Happy な子でも急に銃で友達を撃って自分も死んでしまうような事が高校で起きているという話をしていたのですが、今日のジャックにとっては、今年の小学校でのハロウィーンパーティーは、ハーベストパーティーというものになってしまっていて、誰もハロウィーンコスチュームを着て来てはいけない...という事の方が大問題だったらしく、ハロウィーンなのにハロウィーンじゃない月末のクラスでのパーティーにややガッカリだった模様。ちなみに自分は教室の飾り付けのボランティア要員なので、楽しい飾り付けの案を考え中。コスチュームがなくても十分楽しいパーティーになるように、と来週はちょっと真剣に飾り付けの準備に取り掛かる予定です(^^)

秋限定お散歩クラブ活動 ~ 架橋工事で半分閉鎖中の Marsh Island へ

秋限定、お散歩クラブ金曜日のお散歩コースはワシントン湖に浮かぶというか突き出ている Marsh Island。 家族で何度か訪れている場所なのですが、SR 520 の新しい橋の建造工事のために、Marsh Island から、Arboretum(樹木園)に抜ける道が 2017年(!?)まで閉鎖中で、途中にフェンスが設けてあったのですが、友人 Y が兼ねてから気になっていたというので、行ける所までお散歩してきました。Marsh Island の入り口の目の前にある駐車場はすっかり工事車両専用になっていて、とりあえず車を近場の住宅街に路上駐車し 520 の上に架かる橋を歩いて渡ることに...
ちょっと見た感じでは、完全に封鎖されているように見えた Arboretum Waterfront Trail だったのですが、水際側のトレイルは普通にアクセスできて、オレンジ色の巨大キノコが生えているトレイルをテクテク歩いていたら、Marsh Island 側の入り口に辿り着けました(^^) 自分も一番最初の Marsh Island へ来た時には、一体どこから入るのだろう? と思ったものでしたが、友人 Y も520 を通る時に同じ事を思いながら見ていたとの事。 いつもは UW の学生がジョギングをしていたり、交通量の多いトレイルなのですが、さすがに平日の昼間だからか、トレイル独り占め状態でした(^^)
水に近いところにあるトレイルで、雨の後や、ワシントン湖の水位(や波)によっては、トレイルが泥水でぐちゃぐちゃになっている事も多々あるのですが、この日はこれまで来た中で一番状態がいいのではないか? と思うほど、適度な湿り気はあるけれど基本的に路面が乾いていて気持ちよくお散歩できました(^^) Marsh Island から抜けると、ワシントン湖の上を歩けるように作られた桟橋があり、この桟橋を渡って行くと通常 Arboretum 側に辿り着きます… が、現在は途中でフェンスに遮られてしまいます。
木のトンネルを潜り抜け、水際やら水上を歩く Marsh Island、短いコースですがかなりおススメです(^^) 途中で大きな鷺と遭遇し、長い羽を広げて飛ぶ姿がとても優雅でした。また、アメリカの国鳥でもあり白頭鷲(American Eagle)が二羽飛んで来て、湖から突き出た木の株にとまっていた雄姿に、一眼レフカメラを持ってくればよかった! と真剣に後悔したほどでした。 
短いお散歩の最後は、持ってきたおにぎりと玄米茶でしばし休憩。家を出る前に軽く食べていたのですが、外で食べる醍醐味というか...ピクニックランチ楽し(^^! です。Marsh Island 側からは通り抜けできませんでしたが Arboretum の紅葉がとてもキレイで、次回は Arboretum 側のお散歩に行ってもよいかも? です。ただ来週は Halloween やら何やらでちょっと忙しくなりそうなので次回のお散歩が実は秋限定お散歩クラブの最後のお散歩になってしまうかも? です。

Back to the Future ~ もしもタイムトラベルできたら(^^)

寝る前に家族で Back to the Future の三作目を見ていた時の事。ジャックに、もしタイムトラベルができるとしたら、いつどこで何がしたいか? と聞いたら、「マミーが生まれたばかりの頃に行って、"Hi, I'm Jack. We'll meet soon!" とまだ赤ちゃんのマミーに言うと思う、と言われ、親バカですが、ジャックかわいいな~っ(^^) と思いました。こういう瞬間が母親的にはキュンとくる瞬間です(^^)  

2014年10月23日木曜日

ミャオフの「フ」って何なんだ!?(超どうでもいい話なのですが…)

旦那が真面目な顔で話しかけてきたので、何かと思って真面目に聞いてあげたら、なんだか損をした気分にさせられるような、そんなどーでもいい話なのですが、旦那がやたらと繰り返し「ミャオフ、ミャオフ」とうるさいのでブログに記しておくことに…(^^;

話は夏休みまで遡り、自分とジャックが日本に行っていて、旦那が猫二匹と留守番をしていた頃の話らしいのですが、自分の猫=Mr.W(オス猫推定 18 歳)が自分達がいない間に旦那に向かって「ミャオフ、ミャオフ」と鳴いていたという(だけ)の話を、旦那が真面目な顔つきで「ミャオフ、ミャオフって言うんだよ」と何度も自分に話して聞かせるのがうざいのなんのって...


自分は Mr.W が「ミャオフ」などと言う姿を過去 15 年間一度も聞いたことがないので「ミャオフなんて鳴かないよ(変な言いがかりはやめてよね、まったくもぅ!)だいたいミャオフのフって何なのよ?」と聞くと「いや、本当にミャオフって言うんだよ」と言いながら旦那の口の端がどんどん上り、終いには「ミャオフ、ミャオフ」と言いながらゲラゲラ笑っていて、なんだかちょっと Mr.W がバカにされているような感じで、「ミャオフって言わないでよね~もぅ!」と今朝も文句を言っていたのですが...

「また言ってたんだよ、ミャオフって!」と口の端に笑いを浮かべながら言っていた旦那。なんかもぅ小学生を相手にしているようで、うざいを通り越し時々嫌になります(ーー; まったくもぅ、ミャオフ、ミャオフとうるさいし... ホントに、ミャオフのフってなんなのさ~???

秋限定お散歩クラブ活動継続中(^^)

今週の日曜日から始まった秋限定のお散歩クラブ。シアトルの優柔不断なお天気のせいで、雨の隙間を縫うようなスケジュールながらも細々とクラブ活動継続中(^^)

今日は Mercer Slough 付近のトレイルに行こうと思っていたのですが、行ってみたら駐車スポットがなく 急遽プラン B でベルビューの Botanical Garden へ行って来ました。ここは毎年冬のライトアップの時期にしか来ない場所で、改築・改装後に来たのは今日が初めてでしたが、すごくいい感じに仕上がっていて、これはまたじっくり遊びに来ようと思いました(^^)

ギフトショップもすっかり素敵に様変わりし、中にいたスタッフの人達に「素敵になりましたね~(^o^)」と言ったら「そうでしょう(^^)」とスタッフの人達もにこやかな笑顔で頷いていました。今年の Garden d'Lights はBrighter than Ever! だそうで、新しくなったビジターセンターだけでなく、庭園にもかなり気合いが入っているとのことで楽しみです(^^) 今年も Garden d'Lights はサンクスギビングの後からお正月 3 日まで毎晩開催との事(詳しくは Web サイトをご覧ください!)
今日はちょっと出遅れ気味で、1時半過ぎてからのウォーキングとなってしまったので、ジャックの学校のお迎えとの狭間で隅々まで歩く時間がなかったのですが、お天気がもうちょっとよい日にここは端から端まで制覇したい林の中のコースでした。 
旧ビジターセンターは、今は部屋の片隅に椅子とテーブルが置いてあるだけの空間になっていましたが、それはそれで禅スタイルというか、スッキリした感じが素敵でした。この後ジャックを迎えに行く時間が押していたので Botanical Garden から友人 Y の車でそのまま学校まで送ってもらい、無事にジャックをピックアップ。7 月頃にはシアトルに戻って来ていたという友人 Y に、もうちょい早く連絡をくれていたら、9 月や10 月の平日に相当ミニハイキングができたのに! (残念!! 次回はもうちょっと早く連絡するべし! )と言っていたのですが、彼女はもうじき越冬のためカリフォルニアに行くので、とりあえず晴れ間の見えているうちにお散歩に行けるようお互いに二度寝やら何やらでお昼付近はダラダラし過ぎず、サクっと出かけられるように、が課題です(^^)