2014年5月31日土曜日

実りの多い五月最終日 ~ 遅めのディナー on Alki (West Seattle)

旦那がダラダラしていたおかげで、ジャックと自分はぬいぐるみ達の日光浴が終わった後、夕方からベルビュースクエアモールへ買い物に行き、ここでも実りの多い収穫(for Me :) で、その後ジャックが小腹が空いたと言うのでマクドナルドでキッズミールを食べさせ、その足で玩具屋さんへ水鉄砲を買いに... うちにあった水鉄砲は前回のプレイデートの時に、ジャックと D 君の間で力ずくの取り合いになり、壊れてしまいゴミ箱行き(ーー; ジャックの物を何でも使いたがる方が悪いのか? 貸してあげないジャックが悪いのか?
不思議な事に D 君以外の友達には案外素直にお気に入りのモノを貸したりするので、一人っ子同士(α 対 α なんだろうなぁ...)で我の張合いになるのかな? と思って見ています…が、毎回物を壊すような事があったら、もぅ何も買わないからね! という約束で、新しい水鉄砲4個入りをトイザラスで購入。旦那のエンドレスなダラダラぶりもあり、結局ダウンタウンシアトルの対岸にあるウエストシアトルに辿り着いたのが夜の8時半頃(><)夏時間で日が長いからまだ許せるけれど、ジャックと二人文句ブーブー垂れていました。 
とりあえず、明るいうちに新しい水鉄砲二種をビーチで試す事ができたジャックは大喜びでしたが、時間は既に夜の9時… いい加減お腹空いたよ~という事で、シアトルでも人気のフード屋台の Marination の(トラックではなくちゃんとした)店舗が、ダウンタウンシアトルを臨む絶好の場所にあったので、吸い込まれるように Marination ma kai へ(^^)
5月の終わりですら、夜9時過ぎにお店の外に溢れ出るぐらいの列ができていたので、夏場はきっと超激混み人気スポットなのだろうな~と思います。すぐ近くにある Salty's on Alki(ここもダウンタウンシアトルを一望できるレストランでおススメの一軒)に比べると値段も安く、デートにも家族連れにも気軽に立ち寄れるお店です(^^) 寒い日には店内の席が(混雑時には激戦区ですが)おススメです。(写真を撮る度に「うさぎの耳」のピースサインをする旦那とジャック…頼むからたまには普通に撮らせてよね^^;;)


夜 9 時過ぎにようやく食べ物と飲み物を買って、まずはアウトドア席へ… お酒も飲めるし、景色はいいし、これで気温が高ければ言う事なし! のアウトドア席でした。テーブの上の鉢植えのお花も可愛かったです(^^)
旦那はアップルサイダーを買って来て、自分は外の席はちょっと肌寒かったのでコーヒーを注文。 
夜 9 時過ぎにかき氷を頼むなんて!! 非常識にもほどがある! と思っていたら、隣に相席していた親子連れが、旦那のかき氷に触発されてか? 夕食の後かき氷を買って食べていましたが、そんなの食べたら凍えちゃうよ~と、老婆心ながら思ったものでした。案の定、旦那が食べ物を持って戻って来る前にかき氷をつまみ食いしていたジャックは既にブルブル言い始めていました(ーー; 
Marination の食べ物ですが、ハワイ+韓国料理+日本料理のミックスみたいなメニューがメインで、甘いか甘辛い系の味のものが多い気がします。こちらの Pork Katsu Sandwich(トンカツサンドイッチ)はボリュームも満点で、トンカツもがっつりいただけるサンドイッチというかバーガーで、タレは BBQ ソース系で甘目でトンカツによく合います。そして、これでもか? というほど入っている赤キャベツもトンカツによく合っていて、美味しかったです。 
旦那は会社の近くに Marination の屋台のトラックがよく来るらしく、いつも注文しているという Slider(スライダー=小さ目のバーガー、またはスライダーロールパンで作るサンドイッチやバーガー)を注文していました。
ジャック用には無難に Fish & Chips にしたのですが、タルタルソース味が、キムチ風味と味噌風味の二種類で、ごく普通のタルタルソースがなかったので、あまり味の冒険をしたがらないジャックはレモンを絞って食べていました。味噌風味のタルタルは自分にはちょっと甘過ぎかな?と(ホントにレモンだけでよいかも?)。個人的には Fish & Chips はIvar's の方が好きかな...
外はさすがに寒くなって来たので、店内の席が空いた頃を見計らって店内へ移動。中は暖かく、さらに窓際の席が空いていたので、シアトルの夜景を見ながら残りの食べ物とかき氷を完食。
この時点でほぼ10時… ジャックのベッドタイムをすっかり過ぎてしまいました... 
...が、この夜景なので、ま、よしとしますか...(^^)
というわけで、5月最終日はなんだかんだで実りの多い、良い一日でした(^^)

実りの多い五月最終日 ~ 一軍、日光浴(=日光消毒)

今日は朝からとってもいいお天気で、しかも真夏のような暑さだったので、ビーチにでも行って水遊びだね~と思っていたのですが、明日からカリフォルニア出張の旦那が昼過ぎまでうだうだと寝ていたせいで午前中からサクっとお出かけで午後は早目に切り上げてし明日のフライトに備えるぞ計画は暗礁に乗り上げ、仕方なくジャックのぬいぐるみでも日光消毒でもしますか... という事で、今日の午後はジャックのお気に入りの一軍・地上組のぬいぐるみ(左の写真の子達+巨大パンダ+丸いハムスター)をベランダで日光消毒。
 一軍・地上組はその名の通り、ジャックの部屋のカーペットの上やらジャックのベッドで一緒に寝たりと、地上にいる事が多く埃やらジャックの汗など吸い込んでいそうな子達。二軍・天井組は、そんなにお気に入り、というほどでもなく、一年の大半をクローゼットの上の天井に手が届きそうな場所で過ごしている子達。そこにもすごい量のぬいぐるみがいるのですが、全部下ろすとジャックが二軍と一軍を入れ替えようとしたり、単に二軍から一軍に昇格させて、地上が大変な混雑になるだけなので不満気なジャックをよそに一軍のみ日光浴(=日光消毒)
中でも巨大パンダのぬいぐるみのパンディは旦那もよくクッション代わりにしてもたれかかっているので、埃の他に旦那のオッサン臭とかも吸い込んでいそうで今日は前、後ろ、横と転がしながら徹底的に日光消毒でした。黒い部分は熱の吸収が良いので、あっという間にアツアツの状態に… 小さなぬいぐるみ達は、ベッドの一番奥の下の方によく転がり落ちていて、掃除機が届かない所で埃やら蜘蛛の巣なんぞ着いているのではないか? と、一匹ずつつまみ上げながらベランダへ... 今日はジャックの部屋の中も隅々まで掃除機をかけたので、実りの多い一日となりました(^^)
実りが多い... と言えば、今年に入ってから色々な面で実りの多い状況が続いていて、科学的根拠はゼロではあるものの、これってやっぱり今年は午年で、12年に一度の干支の年だけあって運気が良いのか? それとも深大寺温泉の「浸かるだけで運気が上がる」という風水温泉の力だったりして(^^? と思ったり… 深大寺温泉へは日本に帰ったら絶対また行きたいと思います(^^)

2014年5月30日金曜日

晴れ時々投資家:今朝の POWER LUNCH より...

そろそろまた成長株を買い付けたいと思っていた所へ、今朝の POWER LUNCH (CNBC) で、今航空会社が軒並み上昇中で買い時到来だと言っていたので、よく使う航空会社の株価をざっとチェックしてみたら、確かにこの1年でほぼ二倍の株価に... フム(^^)

TGIF! ボランティア感謝デー Breakfast & 今日は断捨離デー

TGIF! 今日のシアトルは朝から超快晴(^^) 
朝、ジャックの小学校のオフィスへ6月頭に予定されている「Mother & Sun Fun Night」なるイベント用のフォームと寄付金の推奨額を書いたチェック(小切手)を持って行ったら、図書室で今年度のボランティア感謝デー Breakfast をやっていて、3月後半からボランティアはお休みしていたものの、食べ物とコーヒーに釣られて図書室へ... シアトルに戻って来てから、あんまり学校のお知らせメールをちゃんと読んでいなかった事もあり、実は既にボランティア感謝デーミーティングは終わっていた模様(花束を抱えたお母さん達の姿があり、昨年の経験では、花束贈呈は確かミーティングのハイライトだったので…)

日本にいる時に「父と娘のダンスパーティー」の企画(by PTA)があったのですが、女の子だけだと不公平だからか(^^? 「母と息子の楽しい夕べ」(日本語にするとなんかダサいですが)があるとの事。小学校の高学年の男の子達も来るのかな? という好奇心と、ジャックに聞いたら「マミーと行きたい」と言うのでとりあえず実際に行く行かないは別として、参加用のフォームと寄付金だけ提出して来ました。暑くなってくると、公園で高校生ぐらいの男の子達が上半身裸でバスケットボールをやっていたりする姿を見かけるのですが、身長も半端じゃなく高くて、適度に筋肉がついた胸元やら腹部が、いかにも「男」らしく、その姿が眩しすぎて(というとなんか危ないオバサンみたいですが^^;)見ている方が照れるというか、うちの子もあんな風に別な生き物みたいになるのかも? と思うと、「母と息子の楽しい夕べ」なんぞに行けるうちは行っとけ...みたいな気分になります(笑)日本に行っている間は、お義母さんがジャックの部屋で寝ていたらしいのですが、自分が戻って来たら、「マミー、一緒に寝て~」と毎晩せがまれていますが、これもあと1~2年かな(^^? 

さて、今日はゴミの日でもあるので、ゴミ箱がいっぱいになるまで不要な物を捨てるぞデー。やたらと収納棚とか箱を増やす旦那のおかげで、三人家族には不要なものがいつまでも家の中にはびこる傾向にあるのですが、「2年使ってないものはもう捨ててよし」な自分としては、古い雑誌、よれよれの古着(寄付するにはあまりにも価値がなさ過ぎるもので、雑巾にしようと思いつつ一度も雑巾として使われていない古着)、昔は大事だと思って保管していた書類・お知らせ・その他紙類、と半分ぐらい減った状態で後生使っていない化粧品等、ゴミ回収トラックが来るまでが勝負の断捨離デーです。さて、お掃除、お掃除!

2014年5月29日木曜日

夏休みの計画 ~ 今年も海水浴は確定 (^^)

アメリカの学校の夏休みは長く、そろそろサマースクールの予約やら、夏休みの旅行の計画を真剣に考える時期になりました。今年は三年ぶりにジャックを連れて夏休みに帰省の予定で、ここの所ほぼ毎日のように子供向けの観光情報やら、旅行サイトで色々なホテルをチェックしたり...おかげでかなり忙しいのですが、旅行の計画は大好きなのでかなり楽しいです(^^) 三年前うちの母とジャックと三人で虹ノ松原に海水浴に行ったのですが、あの時の楽しい思い出もあり、今年も海水浴のプラン確定(^^) 色々とプランすればするほど、もし飛行機が飛ばなかったら? とか、突然台風が来たら? 大地震が起きたら? と心配にもなりますが、トラベルプロテクションをかけてあるので、最悪日にちがズレてもなんとかなるかな ^^? と自分に言い聞かせつつ…今日も午前中はずっと日本の旅行サイトに費やしてしまいました。(そろそろ掃除でもしますか...^^)

東京の温泉:調布深大寺温泉「湯守の里」

45日間の日本滞在中に週に3回ぐらいの頻度で通っていた調布の深大寺温泉。この温泉は東京滞在中の一番の思い出の一つでもあり、ブログに書き残しておきたい場所の一つでした。以前は「ゆかり」という名前だったのですが、2014年の1月末から「湯守の里」という名前に変更して営業中の温泉で、後で知ったのですが経営者が変わったのだとか。温泉事業が営業不振だった時期があったようですが、営業していてよかった! と心底思った深大寺温泉でした(^^)  深大寺温泉 湯守の里 公式サイト
この温泉は、調布のマイクロソフトオフィスから歩いて10分弱の住宅街の中にあります。調布駅の北口の交番の前(パルコとはロータリーを挟んで反対側)に朝10時から毎時間(00分発)一本の無料シャトルバスが走っています。雨の日はこのシャトルバスを利用していましたが、実は調布駅から深大寺温泉までは途中に布田天神社もありとてもいいお散歩コースになっていて、朝食を済ませ、アメリカにいる家族との定例コール(やビデオチャット)の後、お昼から温泉、という極楽生活を送っていました(^^)
ちなみにこの温泉は館内にお食事処はありますが、宿泊施設はありません。経営者が変わったせいか、入館料が以前よりも安くなっていて久々に訪れた身としては閉館中ではなかった事に加えラッキーな変更でした。(ちなみに大人平日1200円、割引券や回数券を持っているとさらに少々安くなります)2時間コースというやや割引価格のコースもありますが、2時間なんてあっという間に経ってしまうので、通常のコースがおススメです。温泉は黒いお湯で、ほのかに甘い香りがする不思議なお湯で非常に癖になります(^^)
内湯が一つ、塩釜サウナが一つ、露天が二つ、五右衛門風呂、香り湯(左の写真)に、高見台桧風呂(左上の写真)、洞窟風呂と足湯、に別料金がかかりますが、岩盤浴もあります。回数券で多い時には毎日のように通っていたので、自分もかなりの常連客となり、他の常連客やら、初めて来た人達と温泉でゆるりとした交流もあり、体だけでなく心温まるひとときでした(^^) スッピンでハダカのお付き合いなのですが、授業が終わった後に来たという大学生から「お姉さん」と呼ばれたのがちょっと嬉しかったです(^^) 
常連客の人達から聞いた話と、自分の体験からですが、五右衛門風呂は人が入る度にお湯が溢れ出て、流れ出た分また新たなお湯が五右衛門風呂の底の方からどんどん足される仕組みになっているので、お湯が「新鮮」で狙い目です。これはお湯の入れ替わりが少ない露天風呂(フィルターで濾して回していると思うのですがたくさんの人のダシが出ているような気が^^;)のお湯に比べると、温泉からこんなお花か木のような甘い香りがするものなんだ~と思うぐらい爽やかな香りのお湯です。ちなみに黒湯の源は地層に含まれている昆布やシダ類が熟成されたものなのだそうです。 
香り湯は、薬草のお香を吊るしてあり、こちらはガラスで囲まれた建物の中がよい香りに包まれていて気持ち良いですが、お湯の循環という点では五右衛門風呂が一番回転がよいです。露天やら五右衛門風呂、洞窟風呂等の中で一番好きだったのが、高見桧台風呂でした(左上から3枚の写真)お湯も淀んでいる感じがなく、高台に作られた桧風呂から見る新緑や、鳥のさえずりや、運がよい時? は木の根元を横切って行く野良猫の姿を見ながらのんびりできる桧風呂でした。景色も良いし最高なのに意外と上まで登って来る人が少なく、混んでいないのもよかったです。
今回はひたすら温泉に浸かっていたので、休憩処やお食事処はほんの数回利用しただけでしたが、館内には畳敷きの休憩所(お昼寝したい人向き)や、足湯や縁側付きの休憩処(アイスクリームやかき氷、軽食あり)と、ランチや夕食が食べられる食堂があります。入館時に渡される鍵(防水)で館内の飲食、その他清算できるので、お財布を持ち歩かなくてもよいのが便利です。
この写真は高見台桧風呂の中から見上げた景色で、屋根と木の壁の間から見える新緑がまさに「目に青葉 山ほととぎす...」そのものでした(あ~でも鳴いていたのはウグイスだったかな^^?)携帯のカメラなのでイマイチあの良さが伝わらないのが残念ですが、これはもう行ってみた人にしか味わえない景色だな、と... 秋の紅葉の時期もきっとキレイに違いない... と思います。桧風呂の下には赤胴鈴之助の湯という洞窟風呂? があり、温度が一番低い事もあり、一度入ると軽く30分は浸かったままで寝てしまう事も(^^; そこは微弱電流が流れている所もあり、ピリピリ体験もできました。
一番奥にある露天風呂では岩肌を水が流れていて、ここも目にも心にも体にも心地よい露天風呂でした(^^) 桜の季節には桜の花びらが頭上から降ってくるので、岩の脇に置いてあった網で時々花びらやら木の葉をすくっていました。常連客の人から、秋にはどんぐりが上から落ちて来る、と聞いていたのですが、小さなどんぐりが上から落ちてきた時にはなんかちょっと得した気分でした(^^)

今回、平日の午前中から温泉通いができるような生活だったおかげで、時間帯によっては温泉に自分しかいないという、温泉独り占め状態の時間もあり、気兼ねせずに手足を伸ばせてよかったです(^^) 一応盗撮防止のため? に更衣室での携帯の使用禁止の貼り紙があったのですが、外人客の中には日本語が読めなくて更衣室で携帯で通話しまくりな人も... 日本人だけでなく、欧米人や、中国人や 韓国人の温泉客も見かけましたが、宿泊施設がついていない日帰り温泉なので、ここに来る人は案外旅行客ではなく日本に住んでいる外人さん達なのかな? と思いました。

というわけで、黒湯が売りの調布深大寺温泉「湯守の里」 おススメです(^^)
新宿から調布は京王線特急で約16分程。東京で丸一日ゆっくりする暇がある人にはおススメの温泉です。

Hold that door!!!

今日は朝から妙に冷え込んでいて、久々にマフラーを首に巻いてジャックと一緒に小学校への坂を猛ダッシュ!

寒い朝だからか、いつもならギリギリセーフなのに、既に子供達は校舎内に入っていて、外からは開けられないドアも閉まっていました。ドアまであと 15 m ぐらいのところで、いつも同じ時間帯に娘さんを学校に連れて来るロシア人のお父さんが校舎のドアを外から叩く姿(=中にいる子にドアを開けて~!! と頼んでいる姿)が見え、ドアが開くのが見えたので、さらに猛ダッシュをかけるも、諦めの早いジャックはすっかり歩きモード(ーー;自分も時折坂道を猛ダッシュしてくる他の子供達を救済すべく、ドアの所で待っていてあげたりするのですが、先日はそのロシア人の女の子も中に入れてあげた一人なので、お父さんがドアを押さえて開けておいてくれるかと思ったら甘かった(><)
閉まりかけるドアに向かって「Hold that doooooooor!!!」(そのドア! 閉めないでぇ~っ!!)と叫んだら、小学一年生の女の子が親切にもドアを押さえて待っていてくれていてギリギリセーフ(´Д`) 助かりました。

こんなちょっと寒い日は日本滞在中に通いつめた深大寺温泉が懐かしいです...

2014年5月28日水曜日

いじめ or それとも外国人同士の英会話の弊害?

ひょんな事から耳にしたジャックの小学校での出来事。
子供同士の事なので、詳しい事は誰にもわからないのですが、男の子同士の普通の喧嘩が担任の先生の手を離れてしまうぐらい糸がもつれてしまったのはなぜなのだろうか? という疑問と、そういう事は自分達にも起こり得る事で、英語が外国語な自分としてはちょっと考えさせられました。

子供同士が学校でぶつかったり(意見だけじゃなく物理的にぶつかったり)する事は珍しくなく、自分も「ジャックが休み時間に走り回っていて他の子とぶつかって頭をしこたま打ったけど、全然元気そうなので大丈夫ですよ」という電話を学校からもらった時には、「え? 頭を強打?」と一瞬、うちの一粒種でどこぞのクソガキ(失礼^^;)とぶつかって以来半身不随とか脳障害とか...? と一瞬の間に頭に色々な事が浮かんだのですが、学校のスタッフの人が(電話するほどの事でもないのですが、規則なのでお電話しました...ほんとに心配しなくて大丈夫ですよ ^^;;)と陽気な声で言っていたので、自分もジャックがよそ見をしながら走っていた光景が目に浮かび、もぅ~ジャックってば~と思いながら安心した気持ちで電話を切った事もあるのですが...

相手が嫌がる事を言い続けるのは「いじめ」の一つだと思うし、言葉の暴力に思わず手が出てしまう、というのもわかる気がします。でも「いじめ」という言葉はパワフルなので、まさかうちの xx ちゃんに限ってイジメだなんて!? (ただふざけていただけでしょう?)と思う親の方が多いと思いますが、双方の親が担任の先生を交えて、客観的に状況を見られるような環境で話しができればよかったのかも? と思いました。アメリカの学校ではいじめ撲滅(anti bully)には相当力を入れているので、自分達の基準ではいじめではなくても、学校の基準ではいじめになる事もあると思います。

あとは英語がネイティブではない人達の変な英語にさんざんさらされてきた一人(自分の英語もいまだに変なんですが^^;)としては、英語が流暢ではない親との会話にはもっと注意を払うべきなんだなと思いました。うちの旦那によく自分の英語が可笑しいと笑われるのですが「会社ではみんなそういう風に言ってた(書いてた)けど?」というと、それはネイティブな人達と仕事をしていないからだとよく言われていました。コンピューター業界にいると、使う単語が割と限られているせいもあり、コードは書けても日常英会話になるとかなり話せない人達もいっぱいで、そういう人達の家族が同じ学校に行き、一緒に育って行くわけなので、親との会話ですれ違いが生じる事もあるんじゃないかな? と思います。その時に、相手の言っている事がわからず、どうでもいいや、的な態度や、アナタの英語/言っている事がわらかない、みたいな事を(例えばアメリカ人のうちの旦那が)言うと、上から目線的にとられることもあるかもしれないので、そういう所も注意しないといけないんだな~と思いました。子供同士が流暢な英語で喋り、その内容を母国語に翻訳して親に伝える場合も、伝言ゲームの宿命で Lost in Translation になりそうで、そういうのにも注意が必要そうな気がします。

2014年5月27日火曜日

あれから二年…補助輪無し自転車に乗れた(^^) Part 2

二年前のちょうど今日、初めて補助輪無しの自転車に乗る練習をしていたジャック。 その後補助輪無しでも乗れるようになったのですが、3月に同級生の D 君と D君のお父さんと四人で自転車を乗りに遊びに行った時には久しく自転車に乗っていなかったので補助輪を付けて乗っていたジャック。二年前に乗っていた自転車は既にジャックには小さくなってしまったので、今乗っているのは子供用サイズの自転車。
夕飯の後、旦那と三人で丘の上の小学校へ補助輪を外した自転車を押して行き、乗れるかどうか試してみたら、すんなり乗れて旦那も自分もニッコリ。こうやってちょっとずつ色々な事ができるようになっていくジャックの姿を見ていると、旦那も自分もとっても嬉しい気分になります(^^) 補助輪無しの自転車に乗れるとサイクリングができるようになるので楽しみです。




ビデオは、ジャックの小学校で自転車対スクーターでジャックと競争
全然負けてるのに勝利宣言のジャック(^^;; この人も負けず嫌い大王なのでした…


久々に担任の先生にご挨拶 &超高齢出産について考える

今日はジャックの学年は遠足(Field Trip)の日で、バスに乗って近くの公園に行く模様。日本滞在中最後の1週間にもらってしまった風邪のおかげで、咳が時々出ていて、この夏出産を控えているジャックの担任の先生に会うのは、風邪が完全に治ってからにしようと思って今日まで会わずにいたのですが、さすがに咳も出なくなったのでジャックを丘の上の学校構内まで送って行きました。自分の姿を見つけると笑顔で「日本はどうでした?」とジャックの担任の先生。「とってもよかったですよ(^^)」と返事をしながら先生を見ると、夏の出産予定日に向けてお腹も随分と大きくなっていました(^^) マイクロソフトに勤めていた頃、キャリアを重視する女性が多いからか?(自分も高齢出産をした一人でしたが)若い妊婦さんというのをあまり見かけず、下手をするとおばあちゃん? みたいに見える女性が大きなお腹を抱えていたりして何だか不自然... だったので、若くて健康的なジャックの担任の先生の大きなお腹を見ると、本来こうあるべきなんだよね~と微笑ましく思いました。

実は日本から帰って来た後、旦那が真剣な面持ちで「二人目の子供が欲しい」と言い出し、何でも自分がいない間に色々考えていたのだとか...いつもなら、ふざけんな! の一言で終わる所だったのですが、本人があまりにも真剣な口調で言うので、心の中では思いっきり No! だと思ったものの、ちょっと調べてみる… と言って、超高齢出産のリスクについて色々と調査してみたり...

それにしても 50歳からの子育てなんて、考えただけでも恐ろしい事を思いついた旦那って…(苦笑)
旦那はジャックの産婦人科医の先生に相談に行ってみる? とかお互いインターネットで調べた結果等を話し合ってみたりしたのですが、どう考えても今から子供なんぞ作ってどーすんの^^? という大きなクエスチョンマークが頭にへばりついていて二人目は完全却下。

ちなみにジャックの意見を聞いてみると…
ジャック的には自分だけが両親に可愛がられたい一人っ子気質なので、「赤ちゃんなんかいたらマミーもダディーも、おぉ~ヨチヨチ~バブーって、赤ちゃんの事ばっかり世話して、え? ジャックって誰? ってなるよ(^^)」と聞いただけで、「要らない」派に賛同(にやり)

一ヶ月半アメリカに置き去りにされ、妻がお金と暇を持て余して四六時中どこかへ行ってしまうのを防ぐために、子供でも作って家に縛り付けておこうと思ったのではないか? とすら思ったのですが、自分達の役目はジャックが巣立つ日まで、健康で安全に過ごせるような環境を与え続ける事にあるんじゃないの? と思います。それとも、男性にも女性みたいに、あぁ今を逃すと一生子供が作れない... みたいな焦る時期があるのだろうか?とか? ちなみに、彼氏がいない、または結婚もしていないのに「子供が欲しいの~」という女性を見た事があるのですが、あれは旦那がこの年で二人目の子供を欲しがる以上に理解できないです(^^;; ま、どちらにしてもジャックの出産当時から「二人目なんて作ろうとしたら殺す!(ヒトの年齢も考えろ!)」という姿勢を貫いて来たので、うちはこのまま三人家族でやっていくのだろうなぁと思っています(^^;

2014年5月26日月曜日

メモリアルデー 2014 ~ 98ヶ月アニバーサリー & ベアから卒業の兆し(^^;

メモリアルデーの月曜日。起きたら既に午後3時を回っていて、外を見るといいお天気! せっかくのお天気だから公園に遊びに行きたかったのにぃ~とジャックに言われ、ゴメンねーと、いそいそと服を着るも、飲まず食わずで寝ていたせいでお腹が減っていて公園で遊ぶ…というよりもまずは食事だな...と。そんなわけで、ジャックに「Rainforest Cafe に行きたい?」と聞いたら、行きたい! という事だったので、夕方からサウスセンターモール内の Rainforest Cafe へ... 
実は旦那に言われるまで忘れていたのですが、26日は毎月恒例のアニバーサリー。いつの間にか旦那と出会って 98ヶ月目。相変わらず腹立たしい事が山のようにあるのですが、正直この結婚が 8年も持つとは、自分も自分の友人達も思っていなかったので、それはそれでおめでたい事なのかもしれません…が、帰国以来またしても旦那の愚行には腹が立ちまくりの日々だったりもします(^^;; 以前会社の同僚が、子供が中学生になる頃にはクラスの半分が離婚家庭…と言っていたので、まだ数年様子見かも?
さて、飲まず食わずで寝ていたので、珍しくギトギトしたモノが食べたくなり、これぞアメリカ! というようなハンバーガーを注文。お肉の厚みがすごくて、こんなに食べきれるかな? などと思った自分が甘かった… 10分後にはこの巨大ハンバーガーは跡形もなく自分のお腹の中に消えて行きました。こんなんだから痩せられないんだよね…と思っていたのですが、実際には日本から帰って来て以来、毎日少しずつ体重が減っていて、日本ほど食べたい物が周りにないからなのだろうと思っています。
さて、自分が日本に行っている間に、ジャックのベアとジャックの関係が多少変わっているのではないかな? と(テディベアから卒業するいい機会だったのではないかな?)と思っていたのですが、7歳にしてようやくその兆しが見えてきた気がします。いつも自分が「ベアの声」(声優みたいなもの)担当で、ベアと自分とジャックの三人、または旦那も含め四人で過去数年間に渡り、笑い話やらおバカな話等々をしていて、家庭内では映画「Ted」のような光景が毎日のように展開されていました。ベアの目を見つめながら真剣に話しかけているジャックを見ながら、そろそろこの遊びもやめにしないと、ジャックの精神的な成長の妨げになってるかもしれない(ベアと算数の問題とか、お互い出し合ったりしてるし..^^;;)と思っていたので、自分が暫く家を離れるのは案外いい事かもしれないなぁと思っていました。自分がいない間、ベアはほぼ家でお留守番で、誰もベアの声を担当するでもなく(旦那やお義母さんはベアの役を一人二役していなかった模様)ベアとの関係がやや希薄になっていた模様。Toy Story 世代のジャック達は、もしかしたらお気に入りのぬいぐるみをずっと大事に持ち続ける事ができる世代なのかもしれない、と「When should kid to grow out of teddy bear?」(いくつの時にテディベアから卒業すべき?」という質問の答えを見ながら思ったのですが、毎日持ち歩く、というのとはまた違うし... と思っていました。ちなみに答えの中には「37歳ですが、まだお気に入りのぬいぐるみを持ってるけど、それが何か^^?」的な回答が多かったです。そんなわけで、ジャックが「ベアを持ってて!」(=自分で持っていると赤ちゃんみたいでカッコ悪いから)と外に出かける時に頼むようになったのは、ジャックが精神的に成長している兆しだな~と思いました。ただ、テディベアの子供に及ぼす安心効果は絶大なので、夏休みにまたジャックを連れて日本に行く時には前回同様ベアには同行してもらう予定です(^^; 旅先で不安になった時に、ベアと一緒にいて落ち着けるなら安いものだなと思います。

2014年5月25日日曜日

自宅その 2 のお掃除へ

日曜日は最近空き家になった自宅その2 へ家族揃って細部のお掃除へ... 次の住人が決まって住み始めるまでの間は、まずはキレイにお掃除をして、その後はいつものように少々パーティやらジャックの週末のお泊りハウスに使用する予定で、ジャックはメモリアルデーの週末にお泊りしたかったようなのですが、一応隅々まで埃を払ったりしてからにしようね、という事で、今日の所は引き上げてきました。歴代住人の皆さんがキレイに使っていてくれたおかげで、購入してから既に11年目なのですが、いまだにかなりいい状態なのが自慢の自宅その 2。マスターベッドルームの窓の外には木があって、リスやら鳥達が行き交う姿を見ながら、本を読んだり、ゴロゴロしたり昼寝をするのが好きだった頃を思い出しました(^^) マイクロソフトへも通勤 1分というような至近距離だった事もあり、朝寝坊な自分は午前9時からのミーティングに8時45分に起きて猛ダッシュで出勤していたり... それから、この家の庭にはリスとステラジェイ(青い鳥)がいつも来ていて、自宅その 1 同様、鳥やリスにいつも餌をあげていました。さすがに11年も経つと、木がかなり育っていて、夏場には生い茂った葉のおかげで、うちの家はすっぽり木陰に入って涼しそうな気がします。

2014年5月24日土曜日

メモリアルデーの週末は Leavenworth(ドイツ村)へ

実は今週末がメモリアルデーウィークエンドだという事をすっかり忘れていたのですが、正直会社員をやめて主婦なんぞやっていると毎日が平日のようでもあり、毎日が休日のようでもあり(^^; 旦那には「Mommy is on a 100 year vacation!」(マミーは100年の長期休暇中)と言われ続けて早7ヶ月。ホントにこのままずっと 100 year vacation モードで残りの人生を過ごせたらラッキーだなぁ~と思います(が、そんなにラッキーでいられるかどうか...^^?)
そんなわけで、いつものように朝寝坊一家は夕方 4 時頃に家を出て一路 I-90 を東へ… この週末はシアトル近郊のお天気はイマイチということだったので、晴れている地方へ... というとワシントン州の東の方になるのですが、一山越えると期待した以上に穏やかないいお天気で、しかも夏時間なので夕方 7 時頃でもこの明るさ。
朝寝坊なおかげで、いつも夕方着なのですが、おかげで土曜日も メインストリートの Front Street の絶好の駐車スポットに難なく駐車。車を降りたら目の前がいつものレストラン… という便利なスポットに車を止め、Andrea's Keller(レストラン)に入ると夕飯時でもあり、既に待ち行列ができていたので、名前を席待ちのリスト(Waiting List)に載せて、近くのお店へショッピングへ...
日本滞在中に、うちの両親からジャックにと預かって来たお年玉を手にして以来、ジャックは欲しい玩具があって親に買って貰えないとわかると、自分のお小遣いから払うから~と言っては新しいぬいぐるみを買ったりしています(ーー; 今月だけでもう 120 ドルぐらい使っていて、将来浪費家になるんぢゃないかとやや心配...  現金で持っていると使いたがるので、銀行口座でも作ってあげた方がいいのかもしれないと旦那と話しているところです…が、一人っ子で甘え上手なジャックは毎度欲しい物を手に入れる事に成功していて、それはそれで才能なのかも? と思う事も...
玩具屋さんの後はレストランに戻って食事でしたが、今回もサイドメニューの中から、こちらの赤キャベツを単体で注文($3.99)甘酸っぱくて、スパイスが効いた赤キャベツは忘れた頃に食べたくなる一品で、Andrea's Keller に来るたびに注文する一品(^^) 
ダイエット中なので、自分は今回もソーセージのミニサンプラー(3種類のソーセージを選べるサンプラー)一応サンプラーなので、3種類違うソーセージを選んでいますが、Bratwurst だけ3本頼むのはやっぱり邪道なのだろーか(^^?... と毎回思うのでした。 ちなみに旦那とジャックもいつものドイツ版トンカツ(Schnitzel=シュニッツェル)を注文。日本のトンカツよりもやや薄めですが、トンカツソースがなくてもそのままで美味しいシュニッツェル(うちで一番食べ物の選り好みが激しいジャックが好きなので、ジャックのお墨付きのメニューに認定)
旦那が好きなデザートで、毎回注文する Apple Strudel(アップルシュトゥルーデル)。もぅ~満腹で何も入らない、というような事を言ってる傍でデザートを注文しているあたり、やはりデザートは別腹(^^? 
今回はジャックがブラックフォレストケーキを便乗注文していて、デザート2 種をコーヒーと一緒にいただきました。どちらも美味しかったのですが、実はブラックフォレストケーキはレドモンドの中華系ベーカリー(Regent Bakery)の味に慣れ親しんでいるので、正直 Regent Bakery の方が好きかも? と思ってしまいました、が、きっとドイツで出て来る本場の味はこんな感じなんだろうな~と思ったブラックフォレストケーキでした。

2014年5月23日金曜日

頂き物シリーズ:株主優待券(^^)

金曜日は頂き物デーというか、予期しない所から色々なモノを頂き「ツイてる金曜日」でした。夏休みの日本行のチケットを Expedia で手配した後(結局 Macbook と Safari に頼り、Expedia には障害レポートを送っておきました)、元同僚で仲良しの友人にフライトスケジュールを送り、もし忙しくなかったら日本からシアトルに帰国する前に会えるかな? と打診したら、「都合が悪くても予定を空けておくよ~(^^)」と言う返事で、あとは台風だとか天災でフライトスケジュールが変わりませんよーにっ! と祈るばかり。ついでに日本の両親にも、夏休みの帰省スケジュールが確定したから、ジャック共々遊びに行くからね~とメールしたら、株主優待券を使っていいから! と(株主優待生活のプロ、桐谷さんじゃないですが)早割より全然安い航空券を手配してくれる事になり、こちらもありがたく使わせてもらう事に(^^)

日本語が全然できないジャックに、日本の空港や駅構内での主な標識や、警察官の見分け方、万が一迷子になった時の対策を教え込んでおかねばなのですが、本人も相当楽しみにしているので、安全で楽しい事が目白押しな日本滞在になるようにと、自分も ワクワクしながらプランニング中です(^^)

頂き物シリーズ:ヘアケア製品、洗顔フォームその他色々(^^)

この二年ほどレドモンドにある自宅その 2 に住んでいた S さんが、今月末ご家族が待つ日本へ帰国する事になり、家の明け渡しの最終確認のため、ジャックを連れて久々にレドモンドの自宅へ行って来ました。奥様は既に日本にいるので、一人で片付けやら引っ越し準備やら掃除をやらなくてはいけないのでさぞかし大変だろうな…と、思っていたのですが、行ってみたら予想以上にきれいに片付けてあり、お掃除もちゃんとしてくれていたので、スムーズな最終確認となりました。そして一足先に日本に帰国された S さんの奥様から、未使用のヘアケア製品各種やら資生堂の洗顔フォームやらお風呂用のタオルに歯磨きセット等、色々頂きありがとうございました m(_)m  S さんからも非常用電源(UPS) やら、先日頂いた掃除機よりもさらにいい掃除機もいただきありがとうございました。帰りのフライトもどうぞお気をつけて! そして奥様にもどうぞよろしくお伝え下さいませ! 

頂き物シリーズ:指輪コレクション(*´▽`*)

日本のおじいちゃん・おばあちゃん(うちの両親)からもらった季節はずれのお年玉やら、お義母さん、旦那、自分からの臨時お小遣いのおかげで、 最近のジャックは自他共に認める富豪というか小金持ち状態(笑)マミーにその 200 ドルを託したら約 2 週間で 300 ドルに増やしてきてあげられるのに... という誘いにも乗らず、欲しい物があると自分のお小遣いで買ったりして「経済力」に目覚め始めたジャックですが、道端にキレイな花があるとマミーに!と摘んできたり、玩具の指輪を見かければ買ってくれたり、と、なんか7歳児なのに、旦那よりやるな~>ジャック、という感じ(*´▽`*)
過去にも、小学校のクラスでよい子にしているともらえるチケットを貯めて、先生が用意している宝物箱の中から、自分の欲しい物ではなくて、マミーに! と、偽エメラルドの指輪を選んでプレゼントしてくれたり(これは昨年2013年、ジャックが 6 歳の時にプレゼントしてくれた指輪)将来ジャックにガールフレンドができたら、指輪とかお花とかプレゼントしてるんだろうな~と思うと、なんかカワイイです(^^) お花とかサラっと渡せるタイプって、なんかいいかも(^^? 
玩具売場で、好きな色の指輪を選んでいいよ! と言われ、赤も緑も既に持っていたので、今回はブルーの偽サファイアの指輪をいただきました(^^) ちなみに1 個 1ドル 50 セントぐらいで、7 歳児のお小遣いでも十分買えるお手頃価格。 
こちらは2012年、ジャックが5歳の時にプレゼントしてくれた偽ルビーの指輪。あの頃は英語を書く時に十分なスペースが足りないと、上とか横ととか、適当な位置に文章の続きを書いていた頃で、Mommy, You are the best のはずが、Mommy Best you are the になってたりしますが、それもまた成長の過程のよい思い出になっています(^^) 昔は Mommy とちゃんと綴れなくて、いつも Mommom みたいな綴りになっていたのも懐かしい思い出です。

困った時の Safari 頼み…

Win 8 マシン上のブラウザー各種から Expedia サイトにアクセスすると、余計な情報が出ていたり、クエリの結果が出るまで異様に時間がかかったりしてウザかったので、久々に Macbook の蓋を開き、Safari で同じサイトにアクセスして旅行の手配をしたら全然問題なくサクっと完了。まさか、困った時の Safari 頼みになるとは思ってもいませんでしたが、とりあえずこれで夏休みの帰省も確定(^^) 後でフライト情報と日程を携帯に送るからね~ >お母さん

Expedia サイト???

そろそろ夏休みの旅行の手配を…と思っていつものように Expedia サイトでホテルやらフライト情報を見ていたら… 検索結果を表示する画面になるとユーザーには通常露出しない情報がでまくりで、あれ? (デバッグモードのままライブにしたとか? ウザい以外に実害はないのですが…
Browser 各種試してみても皆同じ結果で、しまいには FireFox でも試してみたり...今日は特にサイトが遅くて、何かバックエンドでデータベースのメンテナンスでもしているのか? と思うほど。Flight + Hotel + Car だと余計な情報が出さずに検索結果だけ表示してくれるので、何かのフラグを立てたままライブにしたんぢゃないかな? と... レンタカーが要らない旅だとちょいウザい今日の Exoedia サイトです。