2013年9月30日月曜日

憂鬱な月曜日 ~ 絞られるんだろうなぁ...

今日は(というか今日も?)色々と私事で忙しく、家から仕事中。
木曜日の夕方に、ジャックのピックアップが遅れた件で、金曜日は学校の行事があったおかげで、アフタースクールのマネージャーの人とミーティングをするチャンスがなかったのですが、今日あたりジャックを迎えに行ったら学校関係の人が待っているんだろうなぁ... 旦那はシアトル勤務で遠いので、迎えに行くのは自分の役回り... 必然的に、叱られるのもほぼ自分(><) 開き直っていると思われたくないけれど、じゃあ、うちで面倒見ます、と言ったら、思いっきり開き直ってるように聞こえるんぢゃないか? とか。ハァ~っ、もぉ~夕方のお迎えの時間を目前に控え、気が重いです。話をするのも気が重いのですが、話をする機会が持てずに悶々と待っているのもまた気が重いです。

2013年9月29日日曜日

3年ぶりの再会 & ロブスター@Blueacre

日曜日の夜は New York 出張の後シアトル経由で日本へ帰る Yamaken さんと 3 年ぶりに再会し、3 年前に一緒にディナーを食べに行ったシアトルのシーフードレストラン Blueacre Seafood へロブスターを食べに行って来ました(^^)ディナーには同じ会社の Y 田さんも一緒で、前菜のムール貝、スパイシーツナ Poke(ポキ) の後、3 人でロブスター 3 匹(3 尾?)を心ゆくまで堪能しました。Blueacre は雰囲気が好きで、日本からお客様が来る時の定番レストランとしてよく利用するシーフードレストランです。
カニとはまた違う、新鮮なロブスターのプリプリした身に舌鼓を打ちつつ、あっという間にロブスターは胃袋へ(^^) デザートは男性陣が選んだ二品を三人でシェアし、締めのコーヒーで満腹満足なディナーでした。ディナーの後は、Y田さんが Yamaken さんを空港の近くの宿泊先まで送って行ってくれたので、自分はシアトルからベルビューへ、またしてもナンバープレート無しの新車で 520 の橋を渡って帰って行ったのですが、まさかその1時間後にまたしても 520 の橋を渡るとは夢にも思っていませんでした(^^; 
夜10時半を過ぎた頃、突然携帯に見慣れない番号から電話が入り、いつもなら見知らぬ番号からの電話には絶対に出ないのですが、 なんとなく気になって出てみたら、なんと Yamaken さんからで、お別れの電話? かな? と思ったら、お財布をレストランに置き忘れてきた気がする... とのこと(@@!)出るときにテーブルの上にはそんな忘れ物はなかったように思ったので、Y 田さんの車の中では? と聞くと、着ていたジャケットごと見当たらない、との事で、お財布はそのジャケットのポケットに入っていたのだとか!
とりあえず Yamaken さんよりもうちの方がレストランに近いので、レストランに電話をして、ジャケットとお財布の有無を確認してもらうと、お店に残ってますよ!との事。日曜日で既に夜10時の閉店後で、これからお店に鍵をかけて帰るところなので、明日の朝(10時以降)に取りに来てください、と言われたものの、明日の朝 9 時には空港に向う予定だと Yamaken さんがディナーの時に行っていたので、「その持ち主の人は明日日本に帰る予定で、今夜受け取れないと大変なんです~今から15分で行けるので、ビルのセキュリティの人とか、誰かに預けておいてもらえませんか?」 とゴリ押しして頼むと、じゃあ15分で来てくれるなら、お店で待っています、と言ってくれたので、お礼を言い車に飛び乗って一路シアトルへ。先日社員総会の帰りには 2 時間もかかってしまった道なのですが、夜で渋滞していないとベルビューからシアトルはほんの15分程度。夜遅いので、お店の前に車を路駐し、レストランのドアを叩くと、中からかわいらしいお姉さんが緑色のジャケットを持って出てきてくれました(ほっ)時間はこの時点で既に11時。日曜日の夜に遅くまでごめんなさい~とお詫びの気持ちを込めて、チップ代わりに10ドル札を彼女に渡すと、嬉しそうにニッコリ笑ってありがとう、と言ってくれたので、こちらもちょっぴり気が楽になりました。

ジャケットを受け取った後は、シアトルからさらに車で 20分ほどの所にある Yamaken さんの滞在先へ行き、無事にジャケットとお財布を届ける事ができました(ほっ)旅先でお財布を失くすほど冷や汗タラリな経験もないと思うので、ちゃんと見つかってよかったです(^^)


そんなわけで、家に帰りついたのは真夜中過ぎの月曜日になってしまいましたが、家で待っていた旦那が、Yamaken さんからもらったお土産のストロベリーチョコレート味の八橋を食べながら 「これ、超美味しいよ!!」 と、言っていて、そんなに好きなら、ほら、お食べ... と自分の分もあげたらかなり喜んでいました。

八橋が彼の味覚のツボにハマルとは思っていなかったので、ちょっと意外でしたが、Yamaken さん、お土産どうもありがとうございました。 自分的には、鮭ふりかけをホカホカご飯にかけて食べるのを超楽しみにしています(^^)

シロ(金魚、推定4歳)、まさかの大ピンチ

2009 年からうちの水槽で飼われている金魚二匹(アカとシロ)のうち、シロの様子がおかしく、じっとしているシロをよーく見てみると、なんと口の中に蛍光色(オレンジ色)の敷石が詰まって吐き出す事ができずにいるではないですか!?過去 4 年間飼っていてこんな光景を見たのは初めてで、水槽の底でじっとしているシロにどうしたものかと慌てて旦那を呼びにベッドルームへ...

いつものように口をパクパクしている時に大き目の敷石を吸い込んでしまい、口の中に入ったまではよかったものの、石が大き過ぎて口から出せずに大きな口を開けたままじーっとしてました。


まずは水替えの際に使っているタッパーウェアの容器にシロを移し、シロをそっと左手で握り、眉毛を整えるのに使う毛抜きでオレンジの石を掴んで引っ張り出そうとしたら、逆に口の奥の方に入ってしまい冷汗タラリ。あんな大きなものは飲み込めるわけがないし、口の中を痛めそうですぐさまシロを水の中に戻したら、石を吐き出そうと、少し口の方に押し出してくれました。が、やはり口の端止り。もっと小さな毛抜きじゃないとダメだ、と旦那がどこかから小さな毛抜きを持ってきて、今度は旦那がトライしてみました。が、やはり同じように石が口の奥の方へ行ってしまい、またしても冷や汗タラリ。金魚を買ったペットショップに連れて行くべきか、いやどこか獣医さんに行かねばなのか? と考えていたら

口の中に毛抜きが入った状態で石を掴まない限り取り出せないと悟った旦那、シロをそっと握りしめた状態から小さな毛抜きで口の中の石を慎重に掴み... 無事取り出し成功!!(ふぅ)

水替えの際に、コップの中に一瞬入れられるのが嫌でいつも泳いで逃げまくるシロが、自分や旦那の手の中でおとなしくしていた姿に金魚の知性を見たような気がします。そんなわけでまさかの大ピンチだったシロでしたが、命拾いをした一日でした。

2013年9月28日土曜日

結婚 7 周年間近

今日はものすごい嵐で、場所によっては停電しているのだとか... そんな中、旦那はまたしても土曜出勤で夕方から仕事へ。そして自分とジャックは雨が小降りになった頃にスポーツクラブへ行って少々エネルギーを発散して、夜 9 時過ぎに帰って来たら、旦那もほどなくして帰宅。 毎週末に仕事に行かれると、せっかくの土曜日が台無しになってしまい、不満を漏らしていたら... ハイ、どうぞ、と渡されたのが水色のギフトバッグでした。
その時点では結婚記念日の事はすっかり忘れていた自分でしたが、中に入っていたカードを見て、あぁ~結婚 7 周年記念!と思い出しました。猫好きにはたまらないカワイイカードで、開くと音楽が鳴ったりカードが光ったりとかなりゴージャズなカードでした。旦那もこれは会心の一枚!と一押しなだけあって、これまでもらったどのカードよりも気に入りました(^^) 
ギフトバッグの中には小さなプレゼントや何やら角張って重いものが入っていて、包みを開けてみると、なんと故スティーブ・ジョブズ氏の本の日本語版が入っていました。旦那は英語版で読んでいて、とてもよかったと言っていたのですが、自分は分厚い英語の本はすぐに眠くなってしまい読破するのが大変なので、日本語版の本をもらったのはありがたかったのですが、何故にこの本なんだろう? と... ちょっと謎なプレゼントでした。
でも、以前から読んでみたいと思っていたので、今週中にでも読み始めようと思います。

それにしても、本当にもう 7 年も一緒に暮らしているとは... 自分も含め親しい友人の間では 3年ぐらいで離婚もアリだろうな... と思っていたのが、5年、7年と続いているのは、それはそれですごいなぁと思いました。

2013年9月27日金曜日

Walk-A-Thon 2013

金曜日の午後は小学校で Walk-A-Thon (歩くマラソンみたいな行事)がありました。朝から雨のあいにくのお天気で、朝ジャックを学校に送って行った時に担任の先生に、雨天決行なんです? と聞いたら、雨でもやりますよ~(^^)と言っていたので、あぁ~みんな雨の中走らされたら風邪をひく子供が続出しそう(><)と心配していたのですが、ちゃんと雨を考慮して今年は屋根のついたエリアでの Walk-A-Thon でした。
ちょうど金曜日は家から仕事をしていたので、午後 2 時頃ジャックの教室に行ってみたら... あれ? まだ授業中... いつもジャックは授業が終ったらアフタースクールに行っているので、実は学校が何時に終るのかも知らない自分(ーー; 外は寒いから、と担任の先生が教室の中に入れてくれて、少々クラスの片付けやら、宿題の配布等のお手伝いをした後 Walk-A-Thon へ。今年はネオンカラーの T シャツが生徒全員に配られていて、曇り空ながらも子供達はかなり鮮やかな姿でした(^^) 
去年はちゃんと(でもないけど)100 周を達成していたのに、今年はジャックだけでなくたくさんの子供達が 100 周に達していなくて、10 周ごとにもらえる景品を 4 つほどもらって帰って来ただけでしたが、それでも結構楽しかったようでよかったです(ほっ)アフタースクールに行っているせいか、ジャックは自分のクラスメートや同い年の子供と一緒に走るよりも、アフタースクールで一緒の年上のお友達と走る方が楽しいらしく、お兄さんがいたら、きっとあんな感じなんだろうな~と、上級生の男の子とまるで兄弟のように走っている姿が微笑ましかったです(^^)

アメリカの小学校の 「募金」 に思う事

新学期が始まって間もない頃、募金活動(ファンドレイジング)のための手順が書かれた手紙を学校からもらったのですが、小学一年生も一律生徒一人当たり 100 ドルを集めて来るべし!という手紙に、実はかなり抵抗を感じていたのですが、ノルマをこなさずに文句だけ言うのも何なので、とりあえず 100 ドルを PTA 宛てに払い、ノルマ達成。学校の運営補助資金として、600万円ぐらいを目標額に据えて、目標額から生徒一人当たりの募金額を割り出すというアプローチ自体は全然間違っていないと思うのですが、おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、近所の人、職場の同僚にかかりつけの小児科医の先生や歯医者さん等々... みんなから 20 ドルか 25 ドルずつもらってくれば、簡単に 100 ドルぐらい集まる... という内容に加え、ランチタイムに毎日のように、PTA だか? 学校の先生だか? 誰かが、最高額を集めた生徒は X-Box ゲーム機(Kinect 付き)とゲームがもらえる、とか、500 ドル持って来たら、ムーンウォークシューズがもれなくもらえる等々、子供を景品で釣るような話を繰り返ししてくれたおかげで、「マミー、学校に 6,000 ドル寄付して!」 とか 「マミー、最低でも 500 ドル用意して!」 とか... 毎日のようにジャックにせがまれ、X-Box も Kinect もうちにあるのに、景品としてもらって来ないと意味がないような言い草で... ?? どんな話を学校で聞かされているんだか? と先週、先々週と実はかなり募金の何たるかについてジャックに話して聞かせていました。

日本の公立の小学校では、ここまで強引な募金活動ではなく、赤い羽、緑の羽の募金程度で、何の抵抗も感じた事がなかったのですが、今年の募金活動については、むしろ下手な景品など設定せずにノルマだけ渡される方がまだマシなのでは? という気がしました。

ちなみに、100 ドル集められなかった人は、指定の用紙に、100 ドル集められませんでしたが、xxx (金額)を集めました、という欄があるのですが、ノルマに達しなくても、もうちょっと感謝の気持ちが込められた文面にすればいいのに.... と思ったり...

少しでも募金をした子供(家庭)は、PTA が募金用に用意した Web サイトに自動的に募金額が表示されるようになっているのですが、試しにジャックのお友達のページを見てみたら、親が一人で 100 ドル出しているところや、親が 20ドル 募金してほぼ終り... な家庭もあり、みんなやっぱりそんなに簡単に 100 ドルを集められるわけじゃないんだ、と思い、正直ほっとしました。

気苦労に勝るものなし...

昨晩ジャックのピックアップが遅れた件で、どんなお仕置きが待ち受けているのか? と思うだけでもストレスがたまり、Web サイトで色々と調べてみたり、学校への対応(もちろん平謝りが基本ですが、日本では 6 歳児ならば家から 5 分の距離ぐらい自分で歩いて帰れる!と開き直った場合の最悪のシナリオとか、ソーシャルワーカーでも呼んで来て、仕事が忙しくなくて、もっといいパパとママでも見つけてきてくれるんかい? とか、なんかもぅ頭の中で色々と考えていたら、ほんの一晩でかなりエネルギーを消費したようで、過去 6 年間(出産後)で一番痩せている自分を達成(^^; しかも体脂肪計で、超久々に 「隠れ肥満から普通」 に返り咲き、人間、気苦労が一番痩せるんだな~と改めて思いました。辛いのになんか嬉しい... そんな金曜日の朝でした。

2013年9月26日木曜日

新車で渡る 520 の橋 & 悲喜こもごも、社員総会とその後

今日はシアトルのキーアリーナで社員総会があり、朝から SR 520 の橋を渡ってスペースニードルやキーアリーナがあるシアトルセンターへ行って来ました。先月 CEO のスティーブが、向こう12ヶ月以内に引退する、と発表したこともあり、スティーブが出る最後の社員総会という事で、いつになくものすごい出席率の社員総会で、出席の登録をしていても定員オーバーで門前払いを食う可能性もある、とまで言われていたので、例年10 時頃会場に到着していたところを今回は午前 9 時頃にはシアトルセンターの近くにいるという、自分的には超早く出て来たつもりだったのですが... 駐車場に車を停めてキーアリーナに着くと、メインの入り口の前には溢れんばかりの社員の行列ができていました。会社から 7 時台のシャトルバスで来ていた日本人の同僚達が、会場内での席の確保や、少々出遅れて来た自分のために、長い列に並んでいてくれた( Kかさん、ありがとう~!!)おかげで、門前払いを食らう事もなく無事に入場。キーアリーナの前では、無料のコーヒーと、Krispy Kreme のドーナツが無料で配られていたので、朝食代わりにドーナツを食べ、 しかも今日はキーアリーナの西口(West entrance) のすぐ裏にある立体駐車場が社員総会用に無料になっていて出だしはラッキーな一日でした。(が、その後でとんでもない展開が待っていたのですが... ><)

ちなみに、ライセンスプレート無しのまっさらの新車で 520 の橋を渡ってみたらどーなるのか? (全然課金されないのか?)という素朴な疑問は、今日のシアトル往復によって答えが出そうな予感です。もし何らかの方法で車体番号(VIN) が読み取れるような高度なリーダーでもない限り、請求が来るとは思えないのですが、もし車の持ち主を割り出してメールで請求書を送って来たら、それはそれですごくよくできたシステムなんだと思います。個人的には、請求が来ない方に2万点(^^)


さて、毎年社員総会は、夕方の渋滞に巻き込まれる前に適当な時間に帰ってしまう人が多いのですが(自分もその一人)今年は、一番最後のスティーブのスピーチまでほとんどの人が会場に残っているという盛り上がりようでしたが、今回は本当に最後まで残ってよかったな... と、思えるミーティングでした。涙目のスティーブにスタンディングオベーションで、惜しみない拍手を送りつつ、彼が選んだ最後の曲が昔の映画 Dirty Dancing のラストダンスの曲だった ♪ (I've Had) The Time of My Life  で、今日はその曲が頭の片隅で鳴り続けています。

胸に熱い感動を覚えつつ、社員総会がお開きになったのが 5 時ちょっと過ぎで、6 時までにベルビューに戻ってジャックを迎えに行かねば!と閉会と同時に駐車場へ猛ダッシュし、駐車場から出たまでは良かったのですが、夕方の渋滞の真っ只中という時間帯に、会場にいた数千人? のマイクロソフト社員が一斉に大型バスや自家用車でキーアリーナから会社や家に帰り始めたり、 Mercer Street の(まだやってたの?と言いたくなるような)工事やら、交通整理のおまわりさんの、ほとんど気分次第な交通整理の仕方のおかげで、亀のような遅さで10 cm 進んでは止る... というような状況で、時計はあっという間に 6 時をまわってしまい、もう絶望的な状況でした。5 時の段階で、テキストメッセージを送ってきていた旦那に 「まだキーアリーナ、これからジャックを迎えに戻らなきゃ!」 と返事を送った直後に携帯のバッテリーがなくなり、旦那にもアフタースクールにも電話もかけられない状況に陥ってしまいさらに大ピンチ(><) 勘も悪く、空気も読まない旦那なので、絶対に気を利かせてジャックを迎えになんぞ行ってくれないだろう... と思っていたら案の定その通りで、母親に連絡がつかず痺れを切らしたアフタースクールが旦那の携帯に電話をかけて、はじめてジャックが取り残されている事を知り、もしや自分がシアトルで交通事故にでも巻き込まれているのではないか? と思ったのだとか。学校からの電話の後、旦那がシアトルのオフィスから I - 90 経由でベルビューに戻り、学校にジャックを迎えに行ってくれたのですが、自分よりも 1 時間以上も遅くシアトルを出た旦那の方が先に学校に着くぐらい、Mercer Street の渋滞は最悪でした(><)

前回もらった警告のレターに、(連絡の有無に関係なく) 6 時 30 分以降に迎えに来た場合には、学校からベルビュー警察署に子供の虐待の可能性があるとして報告が義務付けられていると書いてあり、今日旦那がジャックを引き取りに行った際に、何かの書類にサインしないとジャックを帰す事ができないと言われたと言っていたので、それが報告書なのかな? と... きっとアフタースクールのマネージャーからこってりしぼられるに違いない... と思うと頭が痛いです。「仕事を辞めて、アフタースクールプログラムから引き抜いて、親が面倒を見る事にします... 」 と、宣言できるかな?>自分

2013年9月25日水曜日

朝からダッシュ!

一年生になってから、幼稚園(キンダー)とは違う校舎にあるクラスに通っているジャック。幼稚園の時には、最初のベルが鳴って、クラス開始のベルが鳴るまでの微妙に遅刻気味な時間に学校に来た子供は、裏口... と言うと聞こえは悪いものの、教室の後ろの方にあるドアから教室に入ることができ、Tardy (late slip, 遅刻届) を職員室からもらって来なくても入れたのですが、今の教室は気軽に裏口から滑り込む... という感じではなく、朝 8 時までに何がなんでもジャックを学校に連れて行かねば!な日々が続いています。

遺伝だと開き直られても嫌なので、敢えてジャックには話していないものの、自分も子供の頃はかなりののろまさんで (あれ?今もかな (^^? ) 自分に似て朝はダラダラとのろまなジャック。週に3日ぐらいは親にドヤされながら学校へ猛ダッシュの日々。特に雨の日はいつもよりも学校の周りが混むので、1 分、2 分が命取りに(苦笑) とりあえず今のところ Tardy をもらいに行くほど遅れた事はないのですが、これから冬になるとさらにジャックを起すのが大変そうで、どうやって起そうかと思案中。ちなみに超甘やかされて育っているジャックは、朝はぬいぐるみ達による「起きて~、起きて~」(Wake up!) 攻撃に始まり、いつも楽しみに見ているアニメの主題歌が聞こえたら起きて来る... というパターンで、起きて来る頃にはダディかマミーの手によって寝ている間に着替えも済んでいるという生活(ーー;  服ぐらい自分で着なさい!と思うのですが、これを本人にまかせておくと遅刻しそうになるので、結局親が寝ているジャックに服を着せる状態が続いています。巷の 6 歳児はみんな結構自分で何でもやっているというのに... 頼むよ~っ、ジャックぅ~(><)
そんなこんなで毎朝バタバタと学校へ送り出していますが、今日も無事に間に合ってよかったです。

2013年9月24日火曜日

もしや抜け穴?

ランチの時に同僚と素朴な疑問として盛り上がったネタなのですが...  まっさらの新車(ライセンスプレート=ナンバープレート無し)で 520 の橋を渡る時は、システムは一体どうやって課金するのかな? と。

仮のライセンスとして、紙に印刷されたものがリアウィンドウに貼ってあるのですが、番号体系とか全然ホンモノのライセンスとは違うので、もしかして今この車で 520 の橋を渡ると全く課金されない? とか? Good To Go! サイトも見てみたのですが、前にも後ろにもライセンスプレートがないという状況は、あまり考慮されていないような気がします。実際に有料の橋を渡ってみれば、この答えがわかるんですよね... やっぱり一度渡ってみるしかないかな(^^?

2013年9月23日月曜日

花束の威力(^^)

キッチンの水漏れ(旦那が原因)のせいで、朝から旦那に超激怒しまくりだった自分。アメリカ人の男性って自分が悪くても非を認めたがらない、というか、謝ったら負け?みたいな人が多いような気がするのですが... きっと同じような事を思っている国際結婚夫婦(または恋人達)がいるに違いない!といつも思います。

そんなわけで今日もまた旦那にムカつきまくりだったのですが、旦那もこれ以上自分を怒らせたらヤバイ(本当に日本に突然帰国しその後音信不通にされるかも?)という状況に陥ると、これはマズイな、と思うのか、仕事の帰りにお花を買ってきてくれます。過去 7 年弱に彼がお花に使った金額って結構な額になっているんぢゃないかな(^^?  そして相変わらずお花の威力はバカにできず、毎度反省したような目つきで花束を差し出されると噴き出してしまい、それを見てまたニヤ~っとする旦那に折れてしまう自分でした(苦笑)

またしても警告を食らう(><)

新学期が始まってまだ一ヶ月も経っていないというのに、ジャックのアフタースクールからピックアップが遅いとの警告の手紙を食らってしまいました(><)昨年は昨年で、ジャックの学校へ慌てて迎えに行く途中に何度か監視カメラに写真を撮られてしまい罰金を払わされたり... 夕方にミーティングがあったり、夕方からメールが舞い込み始めるアジア圏の国とのやりとりが始まったりすると、ついついギリギリになってしまうことがありましたが、最近は会社の近くの道路で道路工事が行われているせいで、いつもよりも遅めになってしまう事も...

今日もらってしまった手紙には、親が 6 時よりも 30分以上送れて迎えに来る場合には、子供の虐待のケースとして警察に届ける事が法律で義務付けられています、とも書いてあり、たかだか迎えいに行くのが遅くなっただけで報告を受ける警察も警察で大変だろうな... と思いました。

うちも最長で15分程度遅れた事がありますが、その時はレドモンドのオフィスからベルビューまで1時間弱もかかるというような、とんでもなくひどい時のみで、あとは 6 時ギリギリ(5 時 59 分とか、5 時 56 分とか)に迎えに行くのがほとんどで、アフタースクール的には 5 時 50 分頃来て欲しいんだろ~な~と。こういう手紙を食らってしまう度に、家から 5 分の所にある学校なのに... と口惜しく思うのでした(><)

2,549 日目の月曜日

天気がいまいちな月曜の朝。
学校からのお知らせによると今日はパジャマデー(パジャマを学校に着て来る日)で、慌ててパジャマを引っ張り出してジャックに着せたものの、子供の成長は早くてパジャマがかなり小さくなっていました。本人もこれはちょっと短すぎるよ~とパジャマのズボンを見ながら言っていて、確かにちょっと笑ってしまいました。うちは寝る時にパジャマを着ない家庭なので(T シャツ+パンツが基本)滅多にパジャマを買わないのですが、学校で時々パジャマで登校の日があるので新しいパジャマを買いに行かねば… です。

忙しかった仕事も今週、来週でほぼ 99% 終わりで、峠を越えた感じで、肩の荷が下りた気がします(ほっ)なんだかんだであと 1 週間と1 日で結婚 7 周年。2,549 日のうち、たぶん 2,000 日ぐらいは旦那に怒りまくっていたような気がしますが、2,549 日の年月を経た後も、相変わらず旦那にはキレまくりの日々。今朝も昨日起きたキッチンの水漏れの件(旦那の仕業)でキレにキレまくっていたのですが、とりあえず 7 周年記念に近場の小旅行など計画中。絶対に 7 年ももたないだろうと思っていたのですが、子は鎹(かすがい)だな... と...。


2013年9月22日日曜日

映画: The Best Exotic Marigold Hotel (2012) と Maid in Manhattan (2002)  

今週末に見た映画二本:

The Best Exotic Marigold Hotel (2012)

旅先で聴いた音楽とか、旅先で見た映画というのは、結構心にいつまでも残って好きになる傾向にあるのですが、2012年の9月にスペイン出張の後休暇で向ったバルセロナ行きの列車の中で見た The Best Exotic Marigold Hotel (2012) のJudi Dench が、007 シリーズの M 役とは違ったカワイイおばあさん役をやっていてとても素敵で、今でもスペインの列車の旅というと、グラスに入った赤ワインを飲みながら、ほろ酔い気分でその映画を見ていた事を思い出します。エンディングに流れていた音楽と映像が、爽やかで、リタイアメント(老後)のイメージが明るいオレンジとイエローに思えるようになった一作でした。この作品はアメリカではかなり高いレビューを得ていた作品で、老後の事をあれこれ夢見ている年齢層に特におススメな一作です(^^)


Maid in Manhattan (2002)

こちらは 8 月末のアラスカクルーズの際に見た映画ですが、たまたまテレビでやっていたのでまた見てしまいました。この映画はかなり低いレビューをもらっていたのですが、自分的には結構好きなハッピーエンディングなラブストーリーでした。Pretty Woman (ジュリア・ロバーツ主演) の二番煎じという評も見かけましたが、自分的には Working Girl に近いものがあるかな (^^? と。あとは、ジェニファー・ロペスのナチュラルメイクが健康的でいいな~と思える一作でした。日曜日の昼下がりにちょうどよい BGM 代りの一本でした。

アニメ: The Legend of Korra Season 2

今月半ばからシーズン 2 が始まったアニメ The Legend of Korra。録画しておいた新作エピソードを見てみたら、予想していたシーズン 2 の展開とはかなり違ったものの、今回もかなり引き込まれるエピソードでした。 最初のシリーズの Avatar: The Last Airbender のストーリーの中核でもあった、兄弟(最初のシリーズでは兄と妹)の確執。このシリーズでは Korra の父親とその弟(= Korra の叔父さん)の間の関係が、前作の Zuko と Azula ほどの険悪さではないものの、シーズン 2 のオープニングエピソードの中心になっていて興味深いです。さらに、一作目の Avatar Anng (アン) の息子で Korra のエアーベンディングの師匠でもある Tenzin と彼の兄弟(普通の人間のお兄さんと、Water-bender のお姉さん) の関係も面白く 「家族」 がテーマのシーズン 2。 これから毎週金曜日の夕方が楽しみです(^^)

The Legend of Korra
http://www.nick.com/shows/legend-of-korra/

シーズン 1 が始まった頃のブログ
http://underfifty.blogspot.com/2012/05/legend-of-korra.html

2013年9月21日土曜日

YouTube ビデオで習得 ~ 遅まきながら 「初めての水泳」

アメリカの小学校は安全上の問題なのか? 学校にプールがないところがほとんどのようで、うちの小学校にもプールがなく、日本の小学生のように夏は水泳の授業がある、なんてこともありません。(そもそも夏は夏休みで二ヶ月半も学校に行かない国なので、プール自体が必要ないのかも?)、アメリカの映画で大の男が泳げなくて湖で溺れかけたり... みたいなシーンがありますが、泳げない大人というのは実は結構いるのかも?です。
これまで学校の授業に水泳がないので、いずれ教えないと、と思いつつのんびり構えていたジャックの水泳の練習ですが、夏休みのアラスカクルーズ船上の海水のプールで、他の泳げる子供達と深いプールに飛び込んだりしていたので、そろそろ泳ぎ方を教えるのにいい年頃だな、ということで、旦那が YouTube で見た泳ぎ方のレッスンを参考にジャックに水泳のコーチ。毎度思うのですが 世の中 YouTube で学べない事はないんぢゃないか (^^? というぐらい、ビデオで何でも学べるのは便利な事この上なし(^^)
Robert Bina さんという、過去20年以上に渡り子供達に水泳を教えてきたという人のビデオを参考にステップ 1 からステップ 5 の 5段階に沿って早速泳ぎの練習。浮き輪も救命ベストも腕や体に付ける浮き具(フロート) も何もない状態で、プールの底に沈んだ玩具を拾ってくる所から始まるのですが、これは実に上手いな!と思いました。既に水を全く怖がらない段階にあるからかもしれませんが、玩具を拾うために、知らず知らずに水の底に向かって泳いでいて、おぉ~こんなに簡単に教えられるとは!と感動でした。
スポーツクラブの水泳教室はとても人気ですぐに埋まってしまう上、プライベートレッスンは 30分で 50ドルほどしていたと思うので、YouTube のビデオのおかげでクラス代が浮きました(^^) でももしかしたら、「浮き輪無しで泳げたら 10ドルあげる!」 というのが一番効いていたのかも(^^? まだクロールを完全にマスターしているわけではないので、最低でもあと一回は練習が必要ですが、来週には完全に泳げるようになっているのではないか? と期待しています。ちなみに、Robert Bina さんのビデオで紹介している手法は幅広く用いられている手法のようで、ビデオ内で使っていた玩具と同じものがスポーツクラブのプールにあったので、それを使って練習でした。ジャックが泳げるようになったら、浮き輪無しでウォーターパークに遊びに行けるので楽しみです。


以下、Robert Bina 氏の子供向け水泳講座のビデオです。

ステップ 1: 顔を水につける
http://www.youtube.com/watch?v=xCwj8B7hi3s


ステップ 2: 顔を水につけて浮かぶ
http://www.youtube.com/watch?v=wMawNVsSHgE

ステップ 3:  バタ足の練習
http://www.youtube.com/watch?v=utGnwVU8YvU

ステップ 4:  腕の回し方
http://www.youtube.com/watch?v=qw7R_XTpr8c

ステップ 5:  息継ぎ
http://www.youtube.com/watch?v=cTetjnsRglo

土曜日も快晴(^^)

今日もとっても気持ちのよいお天気だというのに、土曜出勤を強いられている旦那は朝からシアトルにあるオフィスへ。土曜日の朝に朝食が会社から出るほど忙しいらしいのですが、下手をすると昼食はおろか夕食も会社で、夜遅くまで仕事のパターンに陥っていそう... そんなわけでジャックと自分は家でまったりしながら、チェスをして遊んだり、映画を見たり... ジャックは結構チェスが上手くなってきて、うっかりしているとチェックの攻勢に遭い、あれ?チェックメイト?という場面も。手加減しているとは言え、かなりいい対戦相手になってきました(^^) キャスリングはまだマスターしていないものの、本人もチェスの楽しさがだいぶわかっているようで、自分がおばあちゃんになっても一緒に楽しめそう、と今から楽しみです。

さて、こんなにいいお天気なので遅まきながら外に出かけますか...

2013年9月20日金曜日

今日も快晴(^^)

昨晩は月がやたらと明るくて、そういえば中国人の同僚がチームミーティングに Moon cake (日本の小豆入りお饅頭に似たお菓子)を持って来ていて、今宵は満月という話と、Moon cake を食べるのが伝統かつ大事な行事だと言っていました。

真夜中にもかかわらず、外が明るいな~と思っていたら、午前二時頃にジャックが突然マスターベッドルームにテディベアを連れてやって来て、旦那と自分の間で斜めに寝始め、時々怖い夢でも見ているのか、うなされていたおかげで、やや寝不足気味で眠かったのですが、昨日に引き続き、最高値更新中の TSLA 株のおかげでスッキリ目が覚めました(^^)

秋空のようでもあり、晩秋の暑さも時々感じつつ、今週末はかなり真剣にお掃除モードです。

2013年9月19日木曜日

晴れ時々投資家 ~ 果報は寝て待て(^^?

今日の TSLA 絶好調




160 ぐらいいまで下がって来たら、買い足そうと思っていたのに、、最高値を更新されてしまうとは、なんとも嬉しい限り (^^) 121ドルで買った分と、141ドルで買い足した分があるのですが、ちょっと株の神様が下りてきた^^?と浮かれてしまいそうな今日の TSLA でした。

でも常に Play safe! 心がけて、地道に行かねば!と思っている割には、頭の中で欲しい物の買い物リストを作り始めていたり(^^; 適当なところで利益確定(株は売ってこそ!)で、最近買い換えた車の支払いにでも回しますか(^^;

2013年9月18日水曜日

懲りない人々 ~ Power Ball 400 ミリオン

またしても職場の懲りない人々による宝くじグループ購入続行中。先週あたりから賞金額が膨れ上がってきて、ちょっと無視できない額になってきたので、I'm in! 組織編制後、新たな(と言っても実は昔は同じ部署だったので旧知の)同僚達が加わり以前の倍の人数での購入なので、当たる確率はほんの少しながらも上昇中(ドカンと当てて欲しいな~)

2013年9月17日火曜日

海軍施設内での銃乱射のニュースより

昨日ワシントン D.C. の海軍施設内で起きた銃乱射事件。今日も朝からアメリカはこのニュースで持ちきりでした。同じワシントンでも D.C. なので遥か遠くの出来事に感じ、海軍の施設=訓練を重ねた精鋭軍人が勤務していて、警察のお世話になることもなく犯人を取り押さえたりしない事の方が不思議に思えたり... たまたま命拾いをした人の話では、会話を交わしていた人が急に頭を撃たれて死んでしまい、怖くて一目散に逃げた、との事。

一方、犯行に及んだ34歳の 
Aaron Alexis (アーロン アレクシス)に関する記事を読むと、なんとなく複雑な心境になります。彼のお母さんの気持ちを思うと、気の毒にすら思えるのは、自分が子供を持つようになって、色々と物の見方が変わったからと思うのですが、読んでいた記事によると Aaron は軍を除隊した後、いい仕事が見つからず一時期タイ料理のレストランで働いていたのだとか。後にはタイ語も話せるようになったり、お店での評判は悪くなかった一方で、銃絡みの問題ではこれまでに何度も警察沙汰になっていたらしく、キレると銃を撃つ傾向があったようです。

自分が34 歳だった頃なんて、もう遥か彼方の過去の話なのですが、きっと人生楽しい盛りだったと思います。そう思うと、若干 34歳で警察官に銃で撃たれて死ぬ人生って... なんか侘しいなぁ...

寒すぎる~

最近会社の周りでは紅葉が進行中で、黄色い葉が地面にたくさん落ちていて、それはそれできれいなのですが、曇り空の日にオフィスのこの冷房具合がキツ過ぎて、既にタートルネックのセーターを着て出社の日々。

一時期、超太っていた時に(今も日本人の標準からするとかなり太っていますが)雪の日にTシャツで外に出ていても寒く感じなかった(脂肪の層が厚かったので)頃に比べると、やっと痩せてきたのかも?という気がしますが、冷え性は健康によくないので、ちょい辛い日々。ガリガリ君なジャックもかなり寒いようで、ジャックは相当痩せてるからね~もっと太らせないとだな~と思います。秋・冬用のフリースを買い込まねば... です。(こういう時にユニクロを懐かしく思います)

2013年9月16日月曜日

アメリカの小学一年生のカリキュラムナイト ~ 自分の頃とは桁違い((( ;゚Д゚)))

今日はジャックの通う小学校のカリキュラムナイトで、旦那共々ジャックのクラスに色々な説明を聞きに行って来ましたが... 相変わらずスゴイな~>アメリカの学校!と思ってしまいました。

何がスゴイって... 有名私立というわけでもないのに、公立の学校でこんなに熱く大学進学とキャリアパスについて、幼稚園から戦略的に準備を進める気満々なところがスゴイです。なんか燃えてるよな~(熱気というか熱意の高さに感心しまくりでした)一応ワシントン州内では高ランキングの学校なのですが、優秀な生徒達が集う... というよりも、優秀な子供達を作り出す環境作りに大人達がものすごいエネルギーを使っているんだなーという感じでした。

プレゼンターの話に圧倒されながらも 「(うちの学校の)全ての子供が大学に行くという選択肢(オプション)を持てるようにする」 という目標と、その目標に対して幼稚園から 5 年生までの間にどういうカリキュラムを組んであげれば目標を達成できるのか?を、色々なデータに基づいたアプローチを取っているのはすごいなというか、こういうのを「戦略的」と呼ぶんだなぁと思いました。例えば、自分は子供の頃本が大好きな本の虫で、本を読むのが純粋に楽しく、特に小学校の文庫にあった 「怪盗ルパンシリーズ」 や江戸川乱歩の 「怪人二十面相」シリーズは、漢字の勉強になるから、とかそんな事とは無関係に夢中になって読んだものでした。学年ごとに推奨図書のような指定の本があっても、名作だから一応読んでおくべし... なんだろうぐらいに思っていたのですが、今日のカリキュラムナイトでの説明では、大学で読む書籍と、小学一年生で読む書籍のギャップ(難易度の差)を段階的に埋めるのに適した書籍を、年齢や能力に合わせながら読んで行く... というアプローチを取っているらしく、言われてみれば確かに、目標レベルと現在のレベルがわかっていれば、戦略的なアプローチは可能だな、と。(5年で500万貯めるのに、最初の4年は貯金ゼロで、5年目でいっきに貯める... 計画は現実味にも実現性にも欠けるものの、一年に100万円ずつ、1ヵ月に8万円貯めるんだったらできそうかも?... みたいな... 勉強も貯金も似たようなものかも?と考えたりしながら話を聞いていました。)

プレゼンターの人が説明の中で繰り返し力説し、自分としても共感を持てた部分は、「選択肢のある人生」 という下りでした。最初の大きな選択肢としては、大学に行く、という事が最終目的ではないものの、全ての子供が、大学進学という選択肢を持てるようにし、その先にはキャリアの選択肢が子供達の将来に広がっている... というのは、想像するだけでもなんかいい感じの人生に思えました。

さらに興味深かったのは担任の先生の自己紹介でした。担任の Mrs. G は見た感じ 30代前半か半ばの若い女性の先生なのですが、小学校の教師になる前の仕事は、マイクロソフトで広告関係の仕事を 8 年やっていたのだとか。でもやっているうちにだんだん面白みや満足感を得られなくなってきた頃にレイオフ(一時解雇)になり、無職だった時に友人とアフリカへボランティア活動に行った事が、教師になるというキャリアチェンジの大きなきっかけになったのだとか。Mrs. G 曰く、アフリカの貧困層の子供達も、彼女が担任する小学一年生も、子供達のやる事はそんなに変わらない、というのが一年生という学年が好きな理由だと言っていました(^^) そして、アフリカの子供達を見てきて 「貧しい子供達にとっては 『教育 だけが、貧困層からの脱け出す唯一の方法(貧しい家に生まれ、貧しい大人になるサイクルを断ち切る方法)で、いかに教育が大事かという事を目の当たりにしてきたからこそ、教師という仕事にとてもやりがいを感じると言っていてとても好感が持てました。

話を最後まで聞いていると、特に天才・秀才君を生み出そうとしているわけではなく、普通の子供達が、普通に人生の選択肢を持てるぐらいの学力をつけて送り出す、というのが目標なんだな、と思いました。こういう話は母親だけじゃなく父親も聞いておくべきだと思っていたので、今年は旦那もカリキュラムナイトに来てくれたので非常によかったです。教室を見回すと参加者は母親の方が断然多かったのですが、それでも出席者の 3分の1 ぐらいは父親の姿がありました。

ブーツの日

今日の夕方にジャックの担任の先生とミーティングがあるので、いつもよりまともな服装(スカート+ブーツ)で出社したら、車(おニューの新車)から降りた 3 秒後にバッタリ遭った同じビルで違う部署にいる N 氏から イイネ!とのお言葉をいただきニンマリ(^-^)その後も今日はいつもと違う感じ~や、イイネを他の同僚にもいただき、ちょっといい日でした。

今日履いていたブーツは茶色系でここ数年気に入って履いていたのですが、爪先のあたりが擦り減ってきたりしているので、今年あたり新たなブーツを買わねばだなーと思っているのですが、気に入ったブーツってなかなかありそうでなく... 特に黒のブーツはこれまでに、これだ!と思えるものに出会えていないのが残念。黒のセーターに茶系のブーツや黒のスカートに茶系のブーツは邪道と思いつつも、ここ数年その組み合わせできているので、今年は茶系と黒系、二本同じデザインで見つけたいなーと思っています。(Tシャツとかスカートとか、必ず同じデザインで色違いのものを買う癖がいまだに抜けずにいます…)

2013年9月15日日曜日

今日のリス & ピクセルの検査結果

今日は雷が鳴っていたり、雨が降ったりといまいちなお天気でしたが、いつものようにパンを食べに来たリス。リスってあの丸々とした尻尾がなんとも言えずいいな~と思います(^^) 29歳の時に仕事の関係で日本からレドモンドに引越してきた時に、当時住んでいたアパートの敷地内をチョロチョロと走り回るリス達に感動しまくった思い出があります(^^)

さて、雷がゴロゴロ鳴っている中、動物病院から電話で、ピクセルが飲んでいた抗生物質が効いて、抗生物質の治療はこれにて終了との吉報。でも、甲状腺用の薬は今後もずっと飲み続けないといけないとのこと。最近ピクセルがやたらと水を飲んでいるので、少々心配ではあるものの、それ以外には特に具合が悪いという感じでもないので小康状態かな?と。点滴も毎日点滴していた時期もありますが、今は自分でちゃんと水を飲んでいる上、特に脱水症状でもないので点滴生活もしばらくお休み中。

実家へ Skype Call ~ Skype クレジットを買うと翌朝電話がかかってくる… の巻

昨晩、新車をお持ち帰りした後、夜寝る前に日本の実家の両親に Skype Call。うなぎのたなかさんの鰻はタレが美味しいのよ~とうちの母が言っていましたが、そんな話を聞くとますます鰻が食べたくなりました。あとは楽天に掲載の広告通りに、風呂敷に包まれて来るのもなかなか粋でいいなぁ~と思いました。(日本への贈り物を考えている方、また日本在住で鰻の贈り物を考えている方、うなぎのたなかさんはメールでの対応も良くておススメです ^^)9月が誕生日の父親にジャックも日本語で「おじいちゃん、げんきぃ?ハッピーバースデー」と話したり(^^)ジャックの日本語力はその程度なのですが、まぁおじいちゃん、おばあちゃんと話すにはそんなもんで十分なのかも... と。なまじペラペラしゃべれて、あれが欲しいとか玩具が欲しいとか密かにおねだりされたりするのも嫌なので…(笑)
ところで、とても便利な Skype Call。自宅の電話も普通の電話から Skype に変えて既に 2 年以上。これまでに特に問題もなくよいのですが、自分の個人用の Skype アカウントに Skype クレジットを買い足す($25) と、必ず翌朝クレジットカード会社から確認の電話がかかってきて、これが休日の午前 9 時とかにかかってくるので、思いっきり睡眠を邪魔され迷惑この上ないのですが、これって支払いに使っている Visa カードのせいなのか? それとも電話会社からの請求=怪しい請求だから必ずフラグが立つのか? 他の人は翌朝電話がかかってきたりしないのかな? 

2013年9月14日土曜日

シルバーから白に変更 ~ 新車即日お持ち帰り\(^▽^)/ パート 2

思えば2010年の12月の Volkswagen ディーラーの『サイン&ドライブセールスイベントで、ジャックが生まれてから乗っていた愛車 Volkswagen Rabbit (Golf の別名)から四駆の TIGUAN (ティグアン)に乗り換えてから早 2 年と 9 ヶ月。ここ数ヶ月、やたらとディーラーからセールスの電話やらメールが来ていて、2014 モデルの売り込みやら、2013 モデルの在庫一掃お買い得セールのお知らせに、新車をディーラーに見に行ってみるべきか?暫く思案中。

どうしようかな?と考えていたのですが、とりあえず、車の中を掃除しておけば、万が一またお持ち帰りな展開になっても OK なので、今日の午後は半日車の掃除をしていました。ジャックのカーシートを外してみると、チョコレートが溶けたような跡やら、折れたクレヨンやらが出てきて予想以上に汚いシートで、ペーパータオルと洗剤とビニール手袋を持って車のシートをひたすらお掃除。
その後で車のトランクの中にあったものを外に出し、トランクの中もきれいにし、コンソールまわりもきれいに拭いて、Good To Go パスも外し(取り外し式なので簡単に外せます)、会社のパーキング用のタグも取り、目立つ場所の汚れをキレイにし終わったのが夕方 6 時過ぎ。車好きな旦那と、家でアニメを見ていたいジャックと 3 人で夜 8 時過ぎにディーラーに到着。
夜 8 時過ぎにもかかわらず、サクサクっとクレジットスコアのチェックやら、今現在も払っている車のローンの切り替え等を処理してくれて、入店から約 1 時間後の閉店時間には 2013 モデル(在庫一掃セール中の)白の TIGUAN がガソリン満タン+仮のナンバープレート(=紙に番号と有効期限が印刷されたもの)が貼られた状態でショールームの外に待機中でした\(^▽^)/ アメリカでの車の購入は(車庫証明とか要らないし)びっくりするほど簡単で、即日お持ち帰りできるのもすごいな~といつも思います。下取りに出したい車がある場合には、車内の掃除+CD Player の中のチェック、車の登録証、鍵(スペアキーも含め)、車に付属のマニュアルやその他付属品を入れてディーラーに行くと話が早いです。あとは、新車・中古車価格のサイトのデータはセールスの人との交渉に結構役立つので、携帯やラップトップ、タブレット持参で行くのもよいかと!(うちの旦那は iPad で巷の価格を見せながらセールスの人達と話をしていました。自分は車音痴なので、詳しい話はほとんどせず、色とか、色とか… 色ぐらいしか実は考えてない人だったりします ^^;)

…が、色以外に考える事もありました(^^) 年齢的にも高齢になり、今年?または来年あたり?日本への一時帰国プランも含め、ご隠居生活に入っているかもしれない可能性を考えると、大きな買い物はできるうちにやっておいた方がいいかも、というのも実は大きな要因でした。そんなわけで、本日よりシルバーから白の TIGUAN に変更。ちなみに同じ車種なので、前の TIGUAN 用に買って使っていた雪道用のチェーンがそのまま使えるので、大雪が降っても大丈夫そうです(^^!


映画: Riddick (2013) + 鰻到着 Happy Birthday!

日本にいる父親の誕生日プレゼント兼敬老の日の贈り物として、日本の楽天サイトで出店しているうなぎのたなかさんの鰻を注文しておいたら、無事に実家に届いたという連絡がきて(^^) 自分自身が、ちゃんとした鰻をもう何年も食べていないので、写真を見ているだけでヨダレが… 冷凍の鰻はこちらでもたまに食べるものの、柔らかくて脂が乗った鰻にコクのある鰻のタレの味が懐かしいです。炭火焼の焼き鳥とか、鰻とか… 日本の食べ物が懐かしいです。(お父さん、お誕生日おめでとう~)

さて、旦那が観たがっていた映画 Riddick を観てきました。この映画、第一作目からずっと観ていますが、好きな SF 映画シリーズの一つです。以下ネタバレ少々ありなので、この映画のファンの方、または近々観に行く予定の方は斜め読みしか読み飛ばす事をおススメします。

今回の Riddick も、いわゆるシリーズものにありがちな、次回どーすんの? 的な不安要素がない仕上がりになっていました。毎回ピンチに陥り、最強 Riddick が勝ち残って終るという大筋を踏襲しつつ、今回はヒロイン?というにはかなり男勝りなキャラの Katee Sackhoff (= Battlestar Galactica, バトルスターギャラクティカ で Starbuck 役だった彼女)を起用していて、 Starbuck そのまんまな姿にちょっとワンパターンというかマンネリ感を感じながら観ていたら…マッチョな Riddick に手を差し伸べる、最強天使降臨、という感じのエンディングで、Starbuck in Riddick の起用で大正解でした。決してラブストーリーではないアクション SF 映画が、いきなり大人の渋い恋愛映画のように見え、ニヤリとしてしまいました。いい出来の映画で、興行収入も結構よいのですが、映画館で観るべき映画か?DVD でオッケーか?という点では、DVD のリリースまで待ってもまぁそんなに損した気にならない映画でした。

2013年9月13日金曜日

あまちゃん似? & 会社を休んでいる間に…

金曜日は午前中に大事なミーティングがあったので、午前中だけ出社していたのですが、午後は休暇扱いで、結局この二日ほど会社を休んでいたら、先日の組織編制で新しくうちの上司の上司になった人の退職(転職)のアナウンスが出ていたり、Visual Studio の日本語版でいつもお世話になっていた、日本のマイクロソフトのデペロッパーマーケティングの S さんからの退職のご挨拶メールが来ていたりで、遅まきながらこれまでのお礼のメールを書いて送ったりしていました。(Facebook にも退職のお知らせメッセージがポストされていたのでそちらへもメッセージを送っておきましたが…)

二日もメールをちゃんと読んでいないと、社内ではこんなに色々な事が起きてるんだな~と改めて感じたものでした。

ところで、休んでいる間に、日本にいる元上司から「あまちゃんって知ってる?」というメッセージが入っていて、元上司曰く、あまちゃんの主人公に自分がどことなく似ている?か、なんとなく連想させるものがあるよーな事を(そんなまた嬉しい事を^^)書いてくれていたので、名前はよく耳にするものの、全然知らないドラマなので Youtube 等でチェックしてみたら、カワイイじゃないですか>能年玲奈(http://yaplog.jp/lp-n-rena/) (寝癖が付いていない時の)自分の最近のヘアスタイルとちょっと似てるかもしれない??程度ですが、人気ドラマの主人公を見て自分の事を連想してくれる…ってのは全然悪い気がせず(^^)しばし能年玲奈さんの写真に見とれていたら、横にいたジャックが 「Is that you?」 と聞くので、なんかニンマリしてしまいました。若い頃、(元旦那のお母さん=お義母さんをはじめ色々な人に)石田ゆり子似と言われ、あとは黒木瞳にも似ているとかなり言われた時期がありましたが(いや、ホントにそう言われてたんですよ… 昔は… ^^;;)最近は誰かに似ていると言われる事自体が少なくなりましたが(アメリカ人って誰に似ているとか、あんまり言わないんですよね... 言うと失礼にあたることが多いのかも?)ま、そんなこんなで日本の元上司と30分ぐらいチャット状態でしたが、東京オリンピック決定のニュースの後はやはり活気が出てきたというか、日本も盛り上がってきている模様。オリンピックの時はきっと混雑+値段も高騰していそうですが、近いうちに日本に帰る機会があればいいな~と思いました。

2013年9月12日木曜日

A lot about Freddie (フレディについてのあれこれ)に一瞬冷や汗

今日は休暇で、朝から今年最後の歯医者さんの日だったり、午後は Pixel (ピクセル、雌猫推定16歳)の血液検査のために動物病院へ行っていました。4月に予防注射の後に突然重体に陥って以来、毎日点滴の日々だった5月、6月を経て、とりあえず見た目は全然普通に元気にしてくれている Pixel なのですが、定期的に行っている血液検査の結果ではまだまだ抗生物質が必要という診察結果になっていて、つい最近まで別な種類の抗生物質を飲ませていました。

今日は薬の効果が出ているかどうかをチェックする血液検査で、検査の結果は来週の月曜日に連絡が来るとの事。

Pixel が出てくるのをロビーで待っていると、見覚えのある獣医さんがファイルを手に診察室から出来て、自分の顔を見るなり 「We found a lot about Freddie...」 (フレディについて色々な事が判明したのだけれど…)とやや重苦しい口調で話しかけて来て、自分も緊張して獣医さんの顔をマジマジと見てしまいました。あれ?でも今採血したばかりで、もう結果が?それにフレディ?と思い直し 「Pixel?」 と聞くと、「え?フレディの飼い主じゃないの?」 と、向こうも頭に??マーク付きの面持ちで聞くので、「フレディの飼い主ぢゃないです(^^;;ピクセルはたった今採血したばかりなのに、もう何か見つかったのかとドキドキしましたよ!」 と言うと、獣医さんも自分の勘違いに気づいて 「驚かしちゃって、ごめんなさいね~(^^;;」 と大笑いでした。

フレディーの飼い主はロビーにはいなかったので、きっと後から a lot about Freddie について獣医さんから聞く事になるのだろうなぁと思うと、他人のペットながら大事に至らないと(治療可能な症状だと)いいなぁと思いました。

2013年9月10日火曜日

iPhone のアナウンス

家に帰ってからじっくり、今日の Apple のアナウンスのビデオ(1時間半ぐらいあるやつ)を見ましたが、こうやってみると色が付いただけの廉価版だと思っていた 5c ですらいい感じに見えました。

5s の指紋認証は旦那曰く複数の指紋を認証できるから、ジャックと自分の指紋でアンロックできるらしい? とのこと(でも複数プロファイルを作るわけではないとのこと)

あとは NTT docomo がスライド一枚分の存在感を出していたのが、NTT 的にはかなりいい宣伝効果になってそーな気がしました。

本日のイベントのビデオはこちらから: http://www.apple.com/apple-events/september-2013/

イベントのビデオの後は iTune Festival のコンサートのビデオを見始め、最近買い換えたテレビの前で旦那と二人夜更かしモード(
http://www.itunesfestival.com

Apple iPhone 5s & 5c

今日は朝から iPhone 5s と 5c のニュースで盛り上がっていましたが、AAPL の株価を見ると、終値 -11.53 と拍子抜けな結果に...

CNET のレビューなど読んだり見たりしていた限りでは、無難なアップデート版のように思ったのですが、今後出てくるユーザーレビューが楽しみです。旦那は 5S にアップグレードする気満々ですが、自分は今使っている iPhone で結構満足しているので、すぐにアップグレードしたいというほどではないのですが、カメラの性能がまた上がったのはちょっと魅力かな?と。最近はほとんどの写真が iPhone で撮影のものなので、カメラとビデオのクオリティ向上は一番注目しているポイントです。(指紋リーダーはいまいちどーでもいい気が… いつも自分の携帯か旦那の携帯でゲームをしたがるジャック。ジャックが自分達の携帯で遊んだりする時には指紋以外にパスコード入力のオプションもあるのかな? と)

2013年9月9日月曜日

Naked Egg 完成 + 仕事復帰初日終了 (´▽`)

仕事復帰初日。さすがに家に帰る頃には眠くなるほど疲れてしまいましたが、溜まっていたメールに一通り目を通し、一番大変だった時期(峠)は越えてるっぽい(他人事のようで申し訳ない気もしつつ...)ので、実はかなりほっとした一日でした。それから、休暇中のブログを見た同僚達から、クルーズに行きたくなったよ!とか、Facebook の写真を見てクルーズの詳細を教えて!という他のチームの人からの質問等クルーズの件で盛り上がりました(^^)

さて、先日からアップルサイダービネガーに浸けておいた生卵。2日目なので、お酢を入れ替えたのですが、殻が柔らかくなっていて、しかも卵のサイズも少々大きく膨らんで面白~いっ!と思いました。早く殻が溶けるようにと、実はプラスティック製のスプーンで時々表面を擦っていたのですが、擦ると薄い層がどんどん剥がれ落ちて行き、確実に Naked Egg に近づいているのが実感できます。プラスティックのスプーンなので、卵を過って割ってしまう事もなく、せっかちな人にはおススメです(^^) 
丸 48時間後の卵はこの通り。白い殻の部分は完全に溶けてなくなり、ボヨヨ~ンとした感触の Naked Egg の出来上がり。お酢の臭いがかなり卵にも染み付いていますが、不快な臭いというほどでもなく、お酢を捨て、卵を水洗い。 
洗った生卵をペーパータオルで水気を取り完成。柔らかいゴム鞠か夏祭りの水風船のような感じで、中にある黄身と白身が外から薄っすらと見えます。どうしても、ぼよよーん、と卵同士をぶつけてみたくなる衝動を抑えることができず、ボヨヨーン、ぼよよーん。強いようで割と繊細なので、何かの弾みに卵が割れてしまう事もあるので取り扱いは丁寧に!

というわけで、Naked Egg プロジェクト大成功でした(^^) 

今日から出社 ~ 今日も快晴

2週間+週末含め17連休の夏休みを終え、今日から出社。あんまり久しぶりなので、なんか緊張してしまうな~と思ったら、いつもよりも早く目が覚めました。

長らく会社のネットワークにログインしていなかったので、スケジュールが1週間ぐらい前の古い情報のままだったり、そもそも家から会社へのログインに失敗したりしていたので、もしかして既にレイオフになってたりして?? とも思ったのですが、会社に行ったらちゃんとカードキーでオフィスに入れたので世の中は休暇の後に働かなくてもいいほどは甘くなかった模様(^^)

自分がいない間の仕事をカバーしてくれた同僚達への感謝の意もこめて、出がけに TOP POT ドーナツへ寄ってドーナツを 2ダースほど買って会社へ。今日は午前中に部門のミーティングもあって、そこでも無料のコーヒー、オレンジジュースにフルーツとペイストリーが出てたりと、今週は月曜の朝から食べ物にツキありでした(^^)

いない間に発表されている予定の組織編制も、まだ詳細までは正式に発表されていなかったのですが、一緒に部門のミーティングに行った元上司や同僚の話では、一応みんな誰がどこのチームになるのかはわかっているとの事。自分も朝一で自分の上司と話をして、とりあえず一安心でした。

2013年9月8日日曜日

夏休み 17日目: テレビ到着(^^)

必至で掃除した甲斐あって、電気屋さんの配達までにテレビの通り道(玄関からマスターベッドルームまで)を確保でき、無事に新しいテレビが到着。3D用のメガネが二つ付いてきて、え? 3D テレビだなんて一言も言わなかったぢゃない?と、小突くと、この大きさのテレビで 3D じゃないテレビを探す方が難しいとの事。個人的には半分の大きさのテレビで十分だと思っていたのですが、きっと旦那は最初っから 3Dテレビにしようと思っていたに違いない(ーー; と思いました。メガネ類をかけると頭が痛くなるので、3D映画にはそんなに興味がないものの、このテレビ、タッチスクリーンらしく、ペン入力を受け付けるらしく、画面にお絵描きとかできる模様(最近のテレビってそうなんだ... とちょっとビックリでした)

夏休み 17日目: 夏休み最終日 晴れ、テレビの配達日

いよいよ夏休み最後の日曜日。明日から会社だと思うと...(><)...なぐらいに今年の夏休みは最高に楽しい夏休みでした(^^)

朝からいいお天気で釣りにでも行きたいところだったのですが、昨晩(というか今朝)土曜出勤から帰って来た旦那が、新しいテレビ買ったんだけど、配達が今日の午後 3時頃だから… と何気に言うので、えぇーーーっ!?今日!?

ベッドルームに置いてある 60 インチTVが最近壊れ、近々買い替えねばとは思っていたのですが、まさかもう買ってしまったとは思っていなかったのでビックリでした。壊れた60 インチTVは今のように大画面のフラットTVが市場に出てくる前のもので、その当時安くても 50 万はしたと思われるTV。旦那は(旦那のお祖父さんもそうだったらしいのですが) Version 1 製品に手を出したがる人で、よく言えば新しもの好き、悪く言えば浪費の傾向アリなので、TV買ったから」 発言にはちょっと身構えてしまいました。あんまりケチな事は言いたくないものの 「いくらなの?」 と聞くと旦那も緊張気味に 「TV にはセットで最新のブルーレイDVDプレーヤーも着いてくるんだ」 と言うので、そんな事は聞いとらんっ!一体いくらの TV なの? と。(すぐに言わないあたりが怖いな~もぉ~と思ったのですが)、60 インチで 1,300ドル(DVD Player 付き!という所をやたら強調する旦那^^;;) ブルーレイプレーヤーなんてイマドキ50ドルぐらいで買えるでしょーにっ!と思ったものの、テレビに 2,000ドルも使わなかったので今回は良しとしようと思いました。(今あるテレビはフラット型ではないので、いずれフラットスクリーンに変えたいと自分も思っていたので…)

問題は今日の配達!
リビングルームはなんとなく片付けたものの、テレビがあるマスターベッドルームへ続く廊下には色々なものが散乱していたり、ベッドルームそのものがかなり散らかっているので、今日はこれから大掃除です(><)


2013年9月7日土曜日

夏休み 16日目: Naked Egg &テクノロジーと年齢

夏休み 16日目の土曜日は、以前からやってみたいと思っていた、Naked egg  をジャックと一緒に作り初めてみました(^^) これは生卵をお酢の中につけておくと、外側の殻の部分が溶けて、生卵の中身だけが現れるというもので、自分が子供の頃には聞いた事もなかったのですが、アメリカでは広く知られている子供用サイエンスプロジェクトの一つです。ちょうど昔ジャックの保育園で担任の先生だった人の Facebook で彼女が紹介していたので、ジャックと一緒に生卵 3個をアップルサイダービネガーの中に。
基本的にお酢であれば、米酢でもなんでもよい模様。お酢の中に入れるとすぐに卵の殻から泡が出てきます。数時間後にはこの通り。手順によると、毎日お酢を入れ替えるのだそうです。最終的に何日ぐらいつけておくとできるのか、これから観察していく予定です。

新学期も始まってジャックも毎日宿題の日々ですが、今の所毎日1枚のプリントが配られる程度で、内容もそんなに難しくなさそう... と思ったら、発音の問題は自分には100%正解かどうかわからず、旦那にチェックしてもらうと毎度2~3 問間違いが見つかるという状況(^^;; 旦那も、これが外国人とアメリカ人の違い、と言って笑っていますが、小学一年生の発音の問題で100点取れない自分にちょっと唸ってしまいました。


ジャックの学校のアフタースクールプログラムは今のところジャックも気に入っていて、特に他に習い事系は考えていなかったのですが、昨日の Welcome Back BBQ の時に説明に来ていた子供向けプログラミング+エンジニアリングプログラムの CEO の人と、旦那と三人で話が盛り上がり、6 歳ぐらいからこういうエンジニアリング系の勉強をするのも悪くないかも? と思いました。説明に来ていた CEO の人が、MIT で開発されたビギナー用言語 Scratch の説明や、うちの会社の Small Basic の話やら、12歳用のコースではオブジェクト指向の Python でプログラミングをするという話をしながら、本人も 「最近の子供達ってほんとにスゴイよね」 と言っていました。Grade 1 からのコースがあるので、旦那とこの秋からのコースにサインアップするかどうか只今検討中。

話は変わって、先日友人宅へ行った時の話ですが、ハイテク補聴器を使っている友人 Jim は Facebook が嫌いだと言っていて、昨年亡くなったハワイの叔父さんも同じ様な事を言っていて彼の Facebook アカウントを閉じてしまった話を Jim にしていましたが、若い人達にとっては、誰が今どこで何をしている、という情報はそんなにうざいものではないと思うのですが、お年寄りや、あるいは亡くなった叔父さんのように余命幾ばくもない状態で、毎日毎時間 「 xxx は xxx で xxxx を食べました。美味しかったです(^-^) みたいな情報はゴミ情報でしかないんだな、と。そういう意味ではもっとゆったりしたペースのシニア向けソーシャルネットワークサービスみたいなものがあってもいいのではないかと思いました。

かくいう自分も Facebook は便利だと思う反面、まったく知らない人からのリクエストなどは迷惑に思う事の方が多く 、また不用意にアプリやサービスに合意してしまうと、不本意な通知などを受け取る要因になったりしていまだに100%安心して使えるサービスだとは思っていないのですが、逆に Facebook でいいなと思うのは、誰かが旅行や観光に行ったりした写真を見ると、旅行サイトではわからないリアルタイムの状況がわかってとても参考になる事です。特に子供がいると、子供が楽しめそうな場所の情報などが、ジャックのお友達のお母さんの Facebook でリアルタイムでわかったり、同じスポーツクラブに通うジャックのお友達が、今週は来ているかどうか等々がわかるのも便利です。Facebook をチェックしていると、xxx 君が今 xxxx にいるから、行ってみる? というように、プレイデートとして予め設定していなくても会えるのが便利だと思っています。なのでうちも、ジャックとどこかにいる時にはなるべく Facebook にリアルタイムでアップロードしています。

日本では Line が Facebook や Twitter 以上に普及しているとのことですが、誰かと常に繋がっているためのツールという点では、基本的にどのサービスも同じだなと思うのですが、例えば自分の場合 Twitter は Blogger から Mixi へのフィード用にしか使っておらず、Twitter につぶやくというのはほとんどゼロ。また、Facebook と Blogger/Mixi 間は敢えてリンクしないようにしていますが、この先出てくる新しいソーシャルネットワークサービスで、こういった情報共有の仕方が自分のニーズに100%合うようになればいいなぁと思います。

東京オリンピック 2020年 開催決定

2020年に東京でオリンピック開催のニュースを見ました(^^)オリンピックの開催による経済効果には多大なものがあるので、オリンピック準備も含め、向こう7年間、新たな雇用の創出や、交通機関、宿泊施設、市街地の整備などが進むといいなぁと思います。

福島の原発事故処理問題や汚染水漏れの問題なども併せてきちんとした対応を練って、2020年にオリンピックの選手を始め、たくさんの人が安心して日本に訪れる事ができるようになっているといいなぁと思います。

2013年9月6日金曜日

夏休み 15日目: 修理、買い物、スポーツクラブ、健康バーガー

予定通り午後にタイヤの修理に行ったら、やはり釘が刺さっていて、少しずつ空気が抜けていた模様(週に1回の割合でタイヤに空気を入れて走っていたので、小さな穴が開いてるのだろうと思っていました)タイヤ屋さんはセールかなにかの真っ最中? で超忙しそうで、土曜日に出直さなくてはかも? と思ったら、40分ぐらいかかるけど、修理できますよ!とのことで、車を預けて同じ敷地内にあるお店でショッピング。暫く買い物をしていたらタイヤ屋さんから電話が。
タイヤの修理完了の電話をもらって車を引き取りに行くと、対応してくれたお兄さんが「お代は要りませんから^^(今回はタダです)」 との事で、えぇ~っ?いいんですか?タダで^^?と聞いたら、もしまだ何か問題があったらまた来て下さいね、との事。このお店には2年半ほど前にタイヤのチェーンを買いに来た以来で、特にお得意様というわけでもないのですが、対応とサービスが良いのでこのお店にはまた来よう!と思いました(^^)タイヤ屋さんの後は久々にスポーツクラブへ行き、その後帰宅。
小学校でのBBQには行けないと言っていた旦那が一足早く家に帰っていたので、一緒にジャックをアフタースクールへ迎えに行き、そのまま Welcome Back BBQ へ。スクールマスコットのクーガー(Clyde クーグ)がいて、子供達は大喜び。一方クーグの方は尻尾を引っ張られないようにと、子供達をかわそうとするものの苦戦気味でした。(時々、「Don't pull his tale!」 と助けに入ってあげていました。) BBQ と言いつつ、実はバーガーかホットドッグがメインディッシュの Welcome Back BBQ。毎度思うのですが、小学校で出るバーガーは健康志向のバーガーとパンなのかな? と。ギトギトした脂っこいバーガーを期待していると、脂肪分少な目のお肉っぽいバーガーで自分的にはちょっとパンチが足りない気がします(ジャックも、どちらかというと脂の乗ったバーガーの方が好きなようで、あんまりジャックの味のツボにはハマらなかった模様)

夏休み 15日目: TGIF! 小学校の Welcome back BBQ

やっとブログの更新もリアルタイムに追いつきました\(^o^)/
昨晩はものすごい雷と雨だったのですが、今朝は一応雨も上がり、ジャックも始業時間ギリギリとは言えちゃんと学校にも間に合い、只今お昼過ぎ、午後1時20分。

主婦って楽でいいよな~などと思っていると、実は主婦生活もかなり忙しく、朝のゴミ出しに始まり、洗い物やら、株価のチェックやら、ブログの更新やら... であっという間に昼過ぎに!

今日はこれから車のタイヤをチェックしに(また釘か何かが刺さって、空気が少しずつ抜けている模様)行ったり、行こう、行こうと思いつつなかなか行けずにいた、宇和島屋(ポン酢が残りわずか!)とか、ウォルマートとかお買い物に行かねばなので、また後ほど!

今晩はジャックの小学校で夕方から Welcome back BBQ の日なので、晩ご飯を作らなくていい分楽ができそうです(^^)

2013年9月5日木曜日

夏休み 14日目: 遅まきながら Labor Day セール & 長電話

夏休みも残す所あと3日。正直このまま専業主婦になれたら最高なのにな~と心底思う今日この頃。今年の夏休みは、仕事のメールに一切返事をしない(一応ざっとチェックだけはしているものの)というルールを順守できるほど、残りのチームメンバーがしっかりプロジェクトを見ていてくれるので、ここ数年にしては珍しく仕事のストレスから解放された夏休みでした。ま、悪く言えば、帰ったら自分の仕事がなくなってました(^^; なんて状況もあり得るぐらい、他のメンバーがしっかりやってくれているのですが、もう彼らにまかせちゃってオバチャマは引退よっ、というのも悪くないかな?と。でも世の中はそんなに甘くなくて、夏休みが終って、仕事復帰した途端に山のような仕事が舞い込んできそうな気もします。(仕事があるのは良い事だからそれはそれでいいんですけどね^^;)

さて、夏休み中にバーゲンセールに行って服やら靴を買いに行こう!と思っていたのですが、なかなか食糧品以外の物を買いに行く時間もなくあっという間に休暇も残り3日!このままでは夏物最終セールを見る事もなく秋になってしまう!と思い、ジャックのアフタースクールに迎えに行く前にベルビュースクエアモールへお買い物へ。正直また太ってしまった(クルーズの後でさらに太ってしまった)ので、緩めの服を買わなきゃ、と思っていたのですが、予想に反して買ってしまったのは、ビキニ。水着が底値になっていたので、これは買いだな!と思って見ていたのですが、クルーズ船でほとんど女性(子供も大人も)はみんなビキニで、太っていようがいまいが、それなりにみんな健康的でいい感じだったので、自分も一着購入(^^) 買って来たビキニを見て「夏はもう終わりだけど~?」と旦那。破格のお値段だったから...と自分。

今週はジャックの学校が始まり、ジャック以上にお疲れな自分で、夜もすぐにウトウトと寝始めてしまうのですが、先日遊びに行った時には仕事中で不在だった Y子さんに夜になって電話をしてみたら、そのまま1時間ぐらい長話でした。Y子さんのパリとベルギー旅行の話や(2~3週間行っていたとのこと)、「クルーズ船ラブホテル説」 やら、アラスカクルーズ 1日目のブログにも書いた、窓無しキャビンとお金持ちのご子息の話には Y子さんもお腹を抱えて笑っていました。(ホントに子供のストレートな質問って...笑えます ^^;;) あとはうちの旦那が太って鯨みたいになってきたのだけれど、本人は相変わらず自分に関する事には何でも頭に「Sexy」という枕詞をつけて、「Sexy whale」とか言っていて、なんだかなぁ~もぉ~(ーー; です。なかなか会う機会がないものの、久々に長電話で話せて楽しい夜でした。

2013年9月4日水曜日

夏休み 13日目: 友人宅訪問 & ハイテク補聴器

夏休み 13日目の水曜日は、ベルビューのメインストリートにある Belle Pastry のエクレアとクリームブリュレ(Crème brûlée)を手土産に、家族ぐるみで仲良しの友人宅へ。毎度の事ながら、何時に行くとか、全く予告なしで、ほぼ闇討ちのように訪ねているのですが、いつも犬と一緒に家にいる Jim は突然現れる自分に嫌な顔一つせずに迎えてくれるのが嬉しいところ(^^)

これが逆パターンで、誰かがうちに不意にやってきたりすると、家の中があまりにも散らかっているので、玄関のドアを 5 cm も開けられない状態での対応になるのですが、Jim のおうちはいつもキレイなので、いつも歓待してくれます。6月頃ランチをしようと言っていたのが、キャンセルになって以来久しく会っていないのですが、久々に会った Jim は全然元気そうでした。頭に埋め込む最新式の補聴器を今年に入って使い始め、以前は耳が遠くて会話が困難だったのが、割と普通に会話を交わす事ができて、アラスカクルーズの話やら、Jim と Y子さんが最近夏休みで行っていたというベルギーとパリの話を聞いたりして、1時間半ほどお邪魔していました。その際に、振動を頭に伝えて音声に変換する最新式の補聴器の具合について、興味深い話を聞き、音を理解するって不思議だな~と思いました。Jim 曰く、その最新式補聴器を使うと、音が聞こえるようになるものの、音にはピッチがない(高低、強弱がない)ので、何もかもがフラット(平坦)に聞こえ、例えば自分や、奥さんのY子さんが話しかけても、自分達の声として聞こえるのではなく、男でも、女でもない平坦な声で内容が耳に伝わるのだとか。なので、音楽は聴いてもわからない(平坦なノイズのようなのだとか)という意外な結果でした。

でもその補聴器を頭に埋め込むまでは、ほとんど何も聞こえていなかったと思うので、普通に会話ができるようになったのはさすが技術のおかげだなぁと思いました。視力・聴力の低下は年をとると避けられないので、こういう体験談を聞くと参考になります。Jim の話では、この最新ハイテク補聴器がどのぐらい効果があるのか、というデータはほとんどなく(個人差もかなりある模様)、この補聴器を埋め込むべきかどうかかなり迷ったとの事。本人にしてみれば期待したほど聴力が回復したわけではないのかもですが、ここ数年ほとんど筆談状態だったので、普通に会話ができるのは大きな進歩だと自分は思いました。

そんなこんなで、補聴器の話やら旅行の話をしてから、自分もジャックのピックアップやら夕飯の支度があるので夕方頃退散しましたが、久々に 520 の橋を渡ったら、結構高いっ(昼間だと片道3ドル以上)と思ったのと、帰りはなんとシアトルへ向う車が渋滞していて、有料で渋滞してるなんてヒドいな~それ、と思ってしまいました。

2013年9月3日火曜日

夏休み 12日目: 新学期開始 ~ ピカピカの一年生(^^)

9月3日火曜日はジャックの小学校の始業日。2ヶ月半も夏休みで、朝もダラダラ寝ている生活だったのが一転 7 時起床の生活... と書くと、え? 全然早くないじゃ~ん、と思う人も多いと思いますが、夏休み中は午前 9 時前に起きている姿をほとんど見かけなかったジャックなので、いつもよりも 2 時間も早起きなのでした。ちなみにうちの旦那もだいたい 9 時起きの人。ジャックの学校がある時には、送り届けた後また家で二度寝のパターン。シアトルに通っているのに、なんで 9 時半まで寝てるのか、いまだに謎な怠け者です。
小学生ともなると去年よりも随分大人に見えました。(年齢、学習内容的にはアメリカの 1 年生は日本の 2 年生相当な気がします) 火曜日はパッとしないお天気ながらも、雨は降っていなかったので、旦那とジャックと三人で学校の集合場所へ。

新しい担任の先生はどんな人かな~とワクワクどきどきしていたら、Food チャンネルのレイチェル・レイを思わせる、若くて明るい感じの先生でした(^^)
6 歳半になってもダディに抱っこされ小猿のようなジャック。今の所特に反抗期でもなく、両親に可愛がられ素直に育ってくれているので助かっていますが、ピカピカの一年生になったジャックが向こう一年でどういう風に成長していくのか楽しみでもあり、怖くもあり。(のんびりというかノロマさんなのでよくマミーとダディーから怒られてますが、一年生になったらもうちょっと手際よくサッと何でもやってくれるかな?)
昨年いたキンダーのクラスも担任の先生も美人だし、とってもよいクラスだったのですが、クラスメートの半分ぐらいがアジア系(ハーフも含め)というクラスだったのですが、今年のクラスは金髪の子供達や、前回よりもやや少なめながらも多すぎず、少なすぎないアジア系の子供達もいて、バランスのよいクラス割りになっているな~と思いました。キンダー時代のクラスメートの I 君やE ちゃんと、密かにジャックとはいいカップルになりそう^^? と思っていた I ちゃんが今年も同じクラスでした。
アジア系の比率がかなり下がったのを見て、うちの旦那が「英語ができない子は他のクラスに行ったんぢゃないかな?」 などと、勝手にアジア系=英語が苦手だと思い込んでいたのですが、クラスのボランティアで授業を観に来ていた自分に言わせると、読み書きがものすごくできたのはほぼ全員アジア系の子供達だったよ!でした。ジャックもかなりいい成績でキンダーを終えたのですが、他の子供達(主に中国人と韓国人の子供達)があまりにもよくできるので、ボランティアに行っている時には、ジャックがアホに見えて心配になったものでした(^^; 向こう一年、ジャックがまた楽しく小学校に通えますように!!

2013年9月2日月曜日

夏休み 11日目: Labor Day + クルーズ購入から下船までの情報

夏休み 11日目の月曜日は Labor Day でアメリカは祭日。ジャックの新学期が火曜日から始まるので、旅行中に届いていた学校からのお知らせのハガキや手紙等に目を通したり、旅行中の写真を Facebook にアップしたり、ブログの更新をしたりして過ごしました。

一週間家にいなかっただけで、家の中が埃だらけで、郵便物や雑誌や洗濯物が至るところに散乱していたり... キッチンには一週間前に時間がなくて洗い損ねていたフライパンがそのままガスレンジの上に乗っていたり(ーー; いっきにどんよりした気分になってしまいました。男だから掃除をしない、とかではなく、人間としてどーなのよ? と言いたくなるほど、バスルームも汚いし、行方不明になってしまったメイドさんが帰って来てくれたらどんなに助かる事か!!と思いました。

旦那的にはベッドルームを一部掃除した、と言ってかなり誇らし気な様子だったのですが、ベッドルームの暖炉の周りにあったゴミが片付けられていたものの、相変わらず触っただけで湿疹が全身に出そうなほどの埃がたまっているのに、どうして掃除機をかけなかったんだろう? と男の人のやる事は謎だらけだと思った月曜でした。

ブログを緩々と更新し始めたら、たくさんのアクセスをいただきありがとうございました(^^)
食わず嫌いじゃないですが、これまでクルーズなんて年寄りの行くもの(年齢的には自分も十分年寄りの仲間なんですが^^;)と思って、全然行きたいとも思っていなかったのですが、今回のクルーズ体験で俄然クルーズのファンになりました。年輩のご夫婦だけでなく子供連れの家族向けにもおススメです。

このブログを読んで、アラスカクルーズよさそう!と興味を持っていただいた方用にざっと Norwegian Cruise Line 利用のクルーズ購入から乗船、下船の情報です。

  • クルーズ購入は旅行会社の Web サイトでできます。(どこのサイトもほぼ同じ値段です)
    自分は Expedia で購入。
  • 購入後、Norwegian Cruise Line の Web サイトにてアカウント登録をし、Check in を行います。この Check in は乗客名簿に載る情報なので、正確な情報を入力します。
    名前、誕生日、住所、パスポート番号等が必要です。
    実はこの手続きを危うく忘れるところで、クルーズ経験者の同僚達に聞いておいて助かりました。インターネットがないような人達は、ターミナルで登録+チェックインで時間がかかる模様。
  • Web Check in の途中で、キャビン(客室)を選ぶオプションも出てきます。
    一般的には上の方の Deck を選ぶのがよいです。(下の方は多少揺れを感じるらしい?)
    Web Check in の最後で Boarding Pass とクルーズ関連の情報を印刷します。これが乗船券になります。
  • Web Check in の最後に、預けるスーツケース用のタグ(キャビンの番号が記載されています)の印刷オプションがあるので、これを複数印刷しておくとよいです。カラープリンターがあればカラープリンターで印刷するのがおススメですが、白黒でもカラー名が英語で印刷されているので大丈夫なはずです(色のグループでどこの Deck に行くかが一目でわかる模様)
  • クルーズ当日はなるべく早い時間帯に船に入るように Pier 66 へ行きます。実際の出航は午後 4時ですが、クルーズは出航前から始まっています(^^) 荷物を預け、チェックインカウンターで ID 用の写真を撮られ、キャビンのカードキーを受け取ります。この時点からお財布は無用で、すべてキャビンのカードキーでの清算となります。
  • 手荷物にはすぐに必要なものだけを入れておきます。水着は手荷物に入れておくとよいです。プールは子供用プールでも自分の身長よりも深く、泳げない子供がいる場合は、浮き輪を手荷物に入れておくとよいです(これは今回大ヒットでした^^)船内では浮き輪等は売ったり貸し出したりしていなかったので、浮き輪持参だったのは本当によかったです。それから、船のプールは海水で、船が動き始めると自然と波のプールになりこれがまた自分的には超ヒットでした。
  • 乗船したらまずはお食事へ(^^) が基本です。船の探検は残り7日間でゆっくりできるので!
  • キッズプログラムの申し込みは、初日乗船直後にやっておくとよいです。
    水に濡れても切れないプラスティック製のリストバンドをくれます。これは7日間外さないようにと指示されます(お風呂に入ってもOK) このリストバンドを失くすと、再発行に5ドルかかるという話でした。一旦リストバンドをもらうと、キッズプログラム(託児所サービス)が自由に使えます。
  • 出航後、寄港地の情報がテレビか、または毎日あるプレゼンテーションで提供されます。もしオプショナルツアーに行きたい場合には、前日までに参加したいオプショナルツアーの申し込み用紙(部屋に備え付けまたは Deck 7 のツアーデスクで配布)に人数と時間をチェックして申し込みます。
  • 毎日部屋に翌日のスケジュール+プログラムの紙が配られます。一日何をして楽しむか、そのスケジュールを見ながら決めたり、どこのラウンジで何時から何があるのか事前にチェックできるので、是非スケジュール+プログラムは毎日チェックしてみてください。

  • 船が寄航して下船する場合、港によっては Deck 4 が下船用の出口だったり、Deck 7 だったりします。通常エレベーターの近くに出口のサイン(下の階、あるいはDeck No) が出ていますが、誰もいなくてわからない時には Port サイド(船の左側)をみると、接岸したところに出口の階段やスロープが見えます。
  • 船内の放送(アナウンスやテレビ)は毎日チェックしておくことをおススメします。英語がわからなくても、何度も同じ内容が流れるので、だいたい内容がつかめると思います。特に Disembarkation (最終日の下船)の流れなどは、テレビを見ておいてよかった... と思いました。
  • 出航後にカナダで下船する場合には Custom Form が要りますが、これも前々日あたりまでに必要事項を記入して、Deck 7 のインフォーメーションデスクの人に事前に渡しておくと、カナダ入国時に顔パスで入れます。(忘れたら入国時に記入もできますが早めにやっておくとスムーズに入国できます)
  • 船内ではレストランもミュージカルもほとんど予約無しでOKですが、人気のレストランは一部予約を取っている模様。船内のテレビで各レストランの混み具合を毎日表示してくれます。
  • 船内では炭酸ドリンクが有料なので、炭酸なしでは生きられない人は、ドリンク飲み放題プランを購入するとよいです。(これは船上で販売してます)自分達は無料のドリンクセレクションで全然ハッピーだったのでこれは買いませんでした。
  • ボトルウォーターを買うと一週間で100ドルぐらいになる、という話があり、クルーズ経験者からは水用のボトルを持って行くように... と言われたのですが... 実はこれは持って行ったもののいまいち必要なかったです。
  • Disembarkation (最終日の下船) は短い時間で全員下船しなくてはいけないので、前日の夜に荷物をまとめておくのがよいです。荷造りが終わり、朝食も済んだら、Deck 7 の待合ロビーに荷物と一緒に移動しておくとよいです。空港へ向う人はそこでアナウンスに従って先に下船となります。(空港に行く人のみ、スーツケースを空港へ配達してくれるサービスが受けられます) シアトルが最終目的地の人は全部の荷物を抱えて、全員下船OKのアナウンスが出たら下船します。(キャビンは次の乗客の準備でクリーニングになるので、荷物と一緒に Deck 7 で待ちます)
  • 米国入国用の Custom Form が Deck 7 に置いてあるので、家族に一枚取って、当日までに記入しておくのを忘れずに!(カナダの時と違ってこれは下船時に自分で持って行きます)
  • 下船するとアメリカ入国の手続きで Custom Form の提出とパスポートの提示を求められます。

    Welcome back to U.S. でクルーズ終了です(^^)

2013年9月1日日曜日

夏休み 10日目:クルーズから帰った午後は Mowich Lake

7泊8日のアラスカクルーズから戻った日曜日の午後、というには夕方に近い時間から、レニア山の近くにある Mowich Lake までハイキングに行って来ました。家から Mowich Lake までは車でほんの1時間半ちょい。クルーズに行けず、毎週末土曜出勤だった旦那がハイキングに行きたがっていたので、クルーズの後数時間昼寝をした後に夕方 4 時頃ノロノロと家を出て出かけたのですが、渋滞もなくまだ明るいうちに無事に到着。

以前 Mowich Lake に来た時には、風がなく水面にはさざなみ一つなく湖面を撮るには絶好の日だったのですが、この日はかすかに風が吹いていたおかげで湖面に波が立っていたのできれいなブルーグリーンの湖のベストショットは撮れませんでしたが、今年は暑かったせいで前回来た時には雪で歩きにくかったワンダーランドトレイルも、雪が完全に溶けていたので、前回よりもさらに先へと行くことができました。 
自分は今週いっぱいまだ夏休みで、ジャックも旦那も月曜日は Labor Day で祭日なので、翌朝早起きしなくていい分、日曜の夕方からのハイキングを楽しむ事ができました。(この時点で月曜日はダラダラ寝て曜日に決定)ジャックの 2ヶ月半に及ぶ夏休みをいかに退屈せずに過ごさせるか... が課題でしたが、振り返ってみるとジャックにとってはエキサイティングな初めての夏休みになりました。
短い夏が終ると、また雨の季節がやってきて、こうやって週末にハイキングに出かけることもなくなるんだなぁと思うと、9月と10月の週末はできるだけアウトドアで過ごそうと思います。夏休みの間に色々とやりたいこと、行きたい場所リストがあったのですが、この湖の近くにある Carbon River でのキャンプ(とキャンプファイヤー!!)をする機会がなかったのが残念! 
Mowich Lake も湖の周りを一周したり、暑い日には泳ぎに来てみたかったのですが、それも来年以降に持ち越しになりそうです。
夕方 6 時頃からハイキングをはじめ、そろそろ下山した方がよさそ気な時間になってきたので、一路駐車場へ...

ここも10月の終わりにはまた雪に覆われているのかも? しれません。Mowich Lake にはキャンプサイトもあり、テントが 4つぐらいキャンプサイトにありました。10月でキャンプサイトも閉まるのかな?

 

Mowich Lake からの帰り道、日没前の景色。 
洋上のクルーズから一転山でのハイキングでしたが、この日も朝から晩まで充実した一日でした。(こんな生活をしていると、仕事復帰できない体になっていく気が...^^;;)