2013年7月31日水曜日

ビショップをもらい、チェスに目覚めたジャック(^^)

今週は仕事に追われている事もあり、手抜きディナーで会社の近くのクロスロードショッピングセンター内で外食だったのですが、このショッピングセンター内には、ゲームゾーン(チェスやカードゲームを楽しめるエリア)があり、ジャイアントチェス(巨大なチェスの駒)が置いてあります。ちょうど子供用のテーブルがゲームゾーンの近くだったので、夕飯の後ジャックがチェスの駒を適当に動かして遊んでいたら、おじいさん二人がやってき他の出ジャックに駒を元の位置に戻すように言って、しばしゲーム観戦。
マイクロソフトの本社で働き始めた頃(16年ぐらい前)家族も知り合いもなく、一人暮らしをしていて、クロスロードには食糧の買い物がてらよく来ていたのですが、このジャイアントチェスで時々知らないオジサン相手にチェスをしていました。今でもよく覚えているのが、チェスがなり上手い黒人のオジサン相手に、小柄なアジア人が対戦しているので、まわりにどんどんギャラリーが増え、写真を撮り始める人やら(^^)勝負の結果はボロ負けだったのですがとても楽しかったです。

ゲームの後ゲームエリアのすぐ横の QFC で食糧の買い物をしていたら、見知らぬ年配の夫婦から「あの後どっちが勝ったの?」とか「何でナイト(馬)をあそこで出したの?」と聞かれ、回答1、ボコボコにされました(笑)回答2、Two Knights Defense が好きだから、とつたない英語で答えた記憶が今でも鮮明に残っています。ゲームが終わった時に対戦相手の黒人のおじさんが握手をしながら、「だからチェスは素晴らしい」みたいな事を言っていて、まさにそうだな~と思いました。
チェスやオセロのように、ルールさえ知っていれば、国境や人種を越えて楽しめるゲームはルールを習っておいて損はない!と思うゲームです。ジャックにもいつか本人が興味を持ったら教えてあげようと思っていたのですが、おじいさん達のゲームを見ながら、ルールを説明したり、それは上手い一手 (good move!) とか、えーそう来ますか~みたいな事を、横でごちゃごちゃジャックに解説していたら、白の駒のおじいさん(みんなで彼を応援していたのですが)が、黒のビショップを捕った時にそれをジャックにくれて、ジャックはトロフィーでももらったかのように大喜びでした。ゲームの結果は白のおじいさんの勝ちだったのですが、彼らのゲームを見ていて、自分がなぜ中盤以降ガラガラと崩れ落ちるように負ける事があるのかがわかったような気がしました。チェスも、何手も先まで読んで駒を動かしていかなくては勝てないゲームなのですが、例えばクィーンとクィーンが対面状態だったりすると、自分は相手のクィーンを捕るためには自分のクィーンも犠牲にするのを厭わない、カウンターパンチ型な手を打つ事があるのですが、そこはやっぱりグッとこらえて引かねばだったんだな… という事が、他人のゲームを見ているとよくわかりました。そんなこんなで久々にチェスをしたくなりました。そして、ジャックも、チェスを教えて!と言うので、押し入れの中からコンピューターチェスゲームを取り出して来て、まずは駒の並べ方と、基本の駒の動き方を教えてみました。一度に教えると大変なので、ポーンとルークとナイトの三種で、それだけ動かしたミニゲームをやってみると、ちゃんとナイトの動きも覚えてゲームっぽくなっていたジャック。捕ったり捕られたり、を繰り返し、気がつけば一時間ほどチェスを二人でやっていました。旦那もチェスはできるらしいので、今度はジャック&旦那 vs. 自分でゲームをしてみてもよいかも? 旦那の親友の一人(黒人のオジサン)は日曜日にチェスの教室で子供たちにチェスを教えたりするほどチェスが好きらしいのですが、なぜかうちに遊びに来た時にチェスをしたがらなかったのは、実は負けず嫌い? か、弱い初心者は相手にしないタイプとか? 自称、戦略型思考ゲームは得意分野、な自分なので、実はいつかお手合わせ願いたいと思っているのでした(^^)

ちなみにチェスは、将棋ができれば意外と簡単に覚えられるゲームで、自分も将棋のルールを覚えた後(確か漫画に感化されて将棋に興味を持った気が…)でチェスのルールを学んだので、割と最初から普通に遊べた記憶があります。先読みが上手ければ上手いほど、勝てる確率が高くなるゲームですが、目先の駒に踊らされない... というのはチェスだけでなく実生活にも結構当てはまるというか応用が効く教訓だな~と思います。



2013年7月30日火曜日

まみりんと食い倒れた夜@銀座

昨晩は日本から出張中のまみりんさんと、ベルビューの銀座レストランにて、お腹がはち切れるほど食べて帰って来ました。最近目が悪くなってきたせいか、後でよく見るとどこにフォーカスがあるのかよくわからないラーメンの写真でしたが、さんざん食べた後の締めのアサリラーメン、かなり美味しゅうございました(^^)
まみりんさんとは今年の3月3日の雛祭り以来!(あの時は K嬢も一緒にシアトル出張中というダブルボーナス)注文を取りに来るインド人のウェートレスのお姉さんが、え? まだ食べるんですか
? と言いたげな目をしながらも、とても親切に対応してくれたおかげで楽しいひとときとなりました。今回はお互い積もる話」があり、食べてるか、積もり積もった話を展開しているか、のどちらかだったのですが、向かいの席で積もる話をするまみりんが無視できないほど可愛くて(いや、ホントにお世辞ではなく^^)「まみりん、なんか超可愛いんだけど? 恋でもしてるの?」(おぬし、白状するべし!)とツッコミを入れたら、いや、その話は後ほど... と、最初は貝のように口を閉ざしていたまみりんですが、ビール一杯飲んだ後はあんな話やこんな話... は...ま、そんなに出てきませんでした(笑)が、昨晩のまみりんは前回会った時よりも数段輝いていました(^^)閉店まで色々な話をしながら、致死量の食べ物を食べた後、はちきれそうなお腹を抱えて家に帰りましたが、ほどなくして、Food Coma に襲われ気がついたら朝になっていました。宇宙一硬い砂肝が出てきたりもしましたが、それ以外はオクラもえのきも美味しかったし、スパイシーな手羽先も美味しかったし、満腹満足な食い倒れな夜でした(^^)

2013年7月29日月曜日

晴れ時々投資家 ~ TSLA はハイリスク ハイリターン?

今週は月曜日からかなり忙しく、色々な事が一度に締め切りを迎えている状態で、どれを先にやるべきか... 悩んでいる合間に朝から株価をチェックしていましたが、今日の TSLA の値上がりぶりはちょっと怖いぐらいの勢いでした。みんな Risky な株と思いつつも、TSLA の CEO への高い期待(次の Steve Jobs との呼び声も高い Elon Musk)のおかげで、先週は129ドルだった株が今日は一時135ドル台まで上がるほど好調な滑り出し。8月中には売ろう計画(もともと短期の投資の予定だったので)なのですが、ファイナンス系のブログやら情報を読んでいると "次の Apple" という言葉に、多くの人がやや危険な賭けでも賭けてみる価値があるんぢゃないか... と思ってしまう構図が見てとれます。

あるファイナンシャル系のブログでは、急成長株だからと言って手を出さず、傍観している方が無難でしょう、とアドバイスしていましたが、賢い選択だな... と思います。自分も "Play safe" (手堅く行こう!)がモットーなので、適当な所で売る... 欲張り過ぎずに売る!が次なる課題。でも、既に「捕らぬタヌキの皮算用」状態で(^^;; 何事も欲張り過ぎず、勝とうとするのではなく、負けないようにする... が成功の秘訣だと思うのですが、日々厚くなる欲の皮相手なので実に難しいですね(笑)

2013年7月28日日曜日

予想以上に楽しかった Cabela's Tulalip 店(^o^)

シアトル郊外にある Cabela's (カベラス)という アウトドア用品店を見かける度に、Cabela's に行きたい!と旦那がこの数年言い続けていたので、Bellingham からの帰り道にある Cabela's Tulalip 店に寄って来ました。Tulalip 店は昨年4月にオープンした比較的新しい店舗で、日本にある釣り具専門店を巨大にしたようなお店だろうと思っていたのですが、予想以上に広くて楽しいお店で、旦那だけでなくジャックも自分も超気に入ってしまいました。 
Cabela's の店内に入ると高い天井には鮭の群れを追いかけるシャチ のディスプレイが目を引き、お店の奥にはイエローストーンを店内に持って来たようなこれまた見事な剥製のディスプレイ。釣り具に関しては日本のがまかつとか、とにかく日本製のものが優れているという印象が強くて、アメリカの釣具店自体にそんなに興味を持っていなかったのですが、 Cabela's の歴史について読んだ後で何気に Cabela's の株価をチェックしてみたら、実は Cabela's  って老舗でスゴイお店なんだ~と感心しました。
50年前にフライフィッシングの毛鉤を売り始めた事から、釣りやハンティング製品からアウトドア用のグッズやウェア販売の大手企業に成長した Cabela's。日本ではカタログ販売を展開しているようですが、興味のある方はカベラスの歴史(日本語サイト)を読んでみる面白いかもです。お店の奥には洞窟の壁が一面水槽になったエリアがあり、ミニ水族館風でもあり、虹鱒が群れをなして泳ぐ姿には釣り心をくすぐられまくりでした(^^)
アウトドアクッキング用品のコーナーもダッチオーブンやら屋外でのクッキングに使ったらさぞかし楽しそうな巨大鍋(パエリアが50人分ぐらい作れそう!)が売っていたり、と、こちらもキャンプに行きたい気持ちに火をつけられてしまいました(^^)
こちらは壁一面に虹鱒が泳いでいる洞窟(もどき)。実に美味しそうな虹鱒の群れでした(^^)ジャックはスパイダーマンの絵がついた赤と青色の子供用の竿を持っているのですが、スパイダーマンの釣具用タックルボックスを見つけて、勉強もちゃんとするから~、いい子にするから~といつものようにおねだりを始め、毎度のようにちゃんと約束守れる? と念には念を押すものの、遊んだ後はすぐに寝てしまうというパターンであっさり約束を破られまくりなのですが、せっかく子供らしい夏休を満喫しているので、買ってあげますか... という事で、スパイダーマンのタックルボックスお買い上げでした(ちと甘やかし過ぎだと旦那には言われるのですが^^;;)

2013年7月27日土曜日

Mt. Baker Artist Point ハイキング

メモリアルサービスの後、一旦ホテルに戻り喪服から普通の服に着替え一路 Mt. Baker へ。メモリアルサービスが終った後、旦那が小腹が空いたと言うので、途中マクドナルドに(喪服のまま)寄って軽くバーガーを食べていたら、そのマクドナルドには屋内プレイエリアがあり、案の定ジャックが遊びたがったので、なんだかんだでホテルに戻ったのが夕方の5時頃。Bellingham  から Mt. Baker までは車で一時間半ほど。
距離的にはそんなに遠くないのですが、なにせ山道なので時速30マイル以下で走るような場所もあるおかげで、近くにいるにもかかわらず一時間半かかる模様。実際に素晴らしい景色で有名な Artist Point (アーティストポイントは、SR 542 の終点にある観光スポット)に着いたのが6時半過ぎでしたが、夏の間は9時頃まで明るいので、午後7時頃からのハイキングでもお天気さえよければ十分楽しめるのが利点です。
Mt. Rainier と比べると断然観光客数が少なく、Mt. Rainier でよく見るようなサリーを着たインド人のおばあさんがサンダルで急な坂道を歩いているような、そんな光景は見かけませんでした。Mt. Baker エリアは夏場よりもスキー客が来る冬場の方が混雑しているのかもしれません(冬に来た事がないのでどのぐらい混むのかは不明)昨年ここに来た時は、9月に入ってからで、しかも到着時刻はほぼ今回と同じだったと思うのですが、今よりも日が短くなっていたのでハイキングはあきらめて下山した記憶があります。 
一般の観光客に荒らされていない感じがとってもいい感じの Mt. Baker Snoqualmie National Forest で、今後も観光客が押し寄せて来ない方が嬉しくもある、自分的にはとっておきの場所の一つですが、興味のある方のために Artist Point への行き方です。Artist Point までは実は一本道でとても簡単に行けます。I-5 を Exit  255 で下りて 542(Mt. Baker) の標識に沿って走るだけです。州道(SR)542 は別名 Mt. Baker Highway です。
ひたすら 542 を走っていると、そのうちスキー場のリフトがある場所を通過し、その後も上へ上と走って行くと終点の駐車場に着きます。あまりにも美しい景観なので多くのアーティストが絵を描きに来たり、写真を撮りに来たりする、まさに Artist Point という名前にふさわしい場所です。駐車場から先は雪の上を多少歩く事もありますが、雪のないトレイルがあり、短パンにスニーカーでも十分歩けます。
高山植物の数は Mt. Rainier ほど豊富ではないですが、それでも夏場に咲く花がどれもとてもきれいでした。ハイキング トレイルを歩いていると、あちこちから水が流れる音がしていて、雪解け水の小さな川(stream)を見かけます。
岩の間に咲いていた高山植物。急勾配な場所がほとんどなく歩きやすいトレイルで、初心者にもとてもおススメです。簡単にできるハイキングですが、一応山歩きなので靴底はつるっとしていないものがおススメです。
あちこちに雪解け水でできた水溜りがあり、青空や山の景色が水面に映っていて思わず足を止めて写真を撮り始める旦那と自分でした。ジャックは夏に雪がある!というだけで大喜び!!真夏に雪合戦ができるのもジャックにとっては超楽しみな事の一つで、今日は、ジャック&ダディ vs. マミーで雪合戦を楽しみました。
この時点で既に夜の8時近くだったのですが、真昼間にハイキングに来るよりは、夕方5時ぐらいからのハイキングの方が気温的にも歩きやすいように思います。
ハイキングの途中で派手に尻餅を着いてしまった旦那を気遣って歩くジャックの図。うちのカメラはかれこれ6年ぐらい使っているのでそろそろ最新の機種に買い替えたいね... という話をしていたのですが、今日、旦那がハイキングの途中で転んだ際にカメラを岩にガツンとぶつけてしまい、レンズにかすり傷がついている模様。新しいカメラに替えるいい口実にはなりそうですが、一昨年もカメラを落としてレンズを一個ダメにした旦那でした(ーー; 
昨年 Mt. Baker エリアに来た時のブログはこちらから(↓)

休暇9日目:夕暮れ時の Mt. Baker & Mt. Shuksan

http://underfifty.blogspot.com/2012/09/9-mt-baker-mt-shuksan.html

お葬式

今日は旦那の親友のお父さんのお葬式(メモリアルサービス)で、カナダとの国境に近い所にある Lynden という町の教会に行って来ました。 お葬式の開始時間に遅れたら非常に失礼だと思い、金曜日の夜から Lynden から車で 30 分ほどの所にある Bellingham という町に泊まっています。さすがに夏場の旅行客が多い時期なだけあって、この付近にあるホテル、モーテル、その他の宿泊施設は軒並み満室で、二泊とれたのはラッキーでした。
小さいながらもプールとジャグジーがあるのを見たジャック。一日いい子にしてるから、という条件で、午前中に30分ほどプールで遊ばせた後、みんな黒と白の服にそれぞれ着替えてメモリアルサービスの会場の教会へ... よく考えたらアメリカでお葬式(メモリアルサービス)に行くのは二回目ですが、教会でプログラムに沿って進行していく所謂クラシックタイプのメモリアルサービスは初めてだったので、参考になったというか興味深かったです。
プログラムの途中でプロのシンガーみたいな女性が壇上で歌っていた歌がとても素敵で、まるで映画みたいだなぁ~と思いながら聞き入っていました。結構感動的なメモリアルサービスで、末席の方に座っている参列者の人達も涙を流しながら聞き入っていました。故人は生涯に渡り教育関係の仕事(小学校の先生、校長先生、大学の先生、日曜学校の先生)に携わっていて、自分が初めて故人と会った時には既に腰や背中を痛めて車椅子の生活をされていましたが、今日のメモリアルで飾ってあった昔の写真等をみると、山をこよなく愛し、あちこちの山をハイキングしたり登頂したりしていた事がよくわかりました。享年85歳とのことでした。故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2013年7月26日金曜日

晴れ時々投資家 ~ 今日の株価チェック

今日もシアトルは朝からいいお天気です!ジャックをサマースクールに送りにながら、携帯で今日の株価をチェック。昨日は Facebook (FB) 株がなんと一日で 7 ドルも上がるという珍しい一日で、今日も勢いに乗ってるかな? と思ったら、やや値を落としたもののそれでも33ドル台をキープしているのは FB にしては快挙かと... FB 株は株式公開当日に、今にして思えばかなり高値で買ってしまったほろ苦い思い出のある株なのですが、その後の Facebook は就職先としての人気も高く、短期的には安定株かな、とすら思えるようになってきました。とは言え FB 株は自分が持っている株の中で唯一利益を上げていない株なので、少なくとも買値を超えるまでは当面キープの予定。

先日121ドルで買ったTSLA がいい感じに値が上がっていて、129 ドル台と好調(^^)
8月12日にTesla Motors のCEO Elon Musk が、革新的な輸送システムを発表するというニュースが注目を集めていますが Elon Musk って実はスゴイ人なんだなと、彼のニュースを見ながら思いました。Steve Jobs 氏亡き後、なんとなく人々は Next Big Thing に飢えているような感じが個人的にしていたのですが、Elon Musk はそういう次世代テクノロジーの到来を心待ちにしている人達にとっては注目の的の一人なのだと思います。自分も 8月12日の発表を楽しみにしている一人です。

2013年7月25日木曜日

20年前の喪服

土曜日の知人のお葬式に着ていく喪服を買いに行こうと思っていたのですが、日本から喪服を持って来ていた事を思い出し、クローゼットの中を探してみたら、20年ほど前に必要に迫られて買った喪服が出てきました。20年前に比べると10㎏ ぐらい太っているので、入らないのではないか?と思ったら、ちゃんとまだ着られた上、喪服なので流行に左右されないクラシックなデザインだった事もあり20年前の喪服ながら、全然古めかしい感じもせず、ドライクリーニングに出して帰って来た時のカバーがかかっていたので、埃もなく保存状態も良好でした。

幸いな事に今まではほとんど着る機会がなかったのですが、これから先は喪服に袖を通す事も時々あるのだろうと思います。

喪服は新調する必要がなかったものの、久しく履いていなかった黒のパンプスがきつくて、これは一足買わねばな状況。昔は 23.5 ㎝ だった足のサイズも今では 24 ㎝ ~ 24.5 ㎝ でしかもワイド幅の靴じゃないとキツいという状況。アメリカに来て以来(というか出産以来)すっかり足が育ってしまった自分… ゆったり履ける黒のショートブーツはあるものの、喪服にショートブーツはちょっと無理があるので、靴屋さんで手頃なお値段の黒のパンプスを買って来なくては!

2013年7月24日水曜日

今日の損失、ルアー3個

今週は毎日夕食後に近所の公園へ釣りに出かけています。時間帯的には午後8時半から9時半の間で、日が沈んだ頃に魚が釣れるというパターン。今日も夕飯の後、釣りに出かけていましたが、今日はルアー3個が湖底に引っ掛かり帰らぬ人ならぬ帰らぬルアーになったところでお開きでした。一個5ドル弱のルアーを三つも湖に持って行かれてしまうと、ちょっと痛い(><)
こちらは火曜日の夜の釣り風景。旦那の竿が緩い曲線を描いていて、水面下では魚が食い付いているところ。こうなるとジャックも自分も釣りどころではなくなり、持っていた竿を置き、水から上がってくる魚を心待ちにしながら旦那の周りに群がっていました。
で、上がって来たのがこちらの魚。旦那曰く多分 Smallmouth Bass だろうということでしたが、日曜日に釣れた Bass と比べると模様とか色が違うので、違う種類の Bass かな?

2013年7月23日火曜日

ロイヤルベイビー誕生(^^) & 統計に見る Boy or Girl (アメリカ編)

ロイヤルベイビー誕生で湧き上がっている英国のニュースを見ながら、他人事とは言え目尻が下がる思いで新しく親になったウィリアム王子とキャサリン妃と生まれたばかりのプリンスの写真を見ました(^^)ちょっと頭が薄くなったウィリアム王子ですが、新米パパとして赤ちゃんを抱っこする姿が幸せそうで、親になったことでウィリアム王子とキャサリン妃は、きっとこれからも英国民に親しまれる王族として暮らして行くことだろうと思いました。女王が長く在位している英国なので、男の子だろうが女の子だろうが、あまりこだわりはないのだろう、と思っていましたが、英国、カナダなど英連邦で、性別にかかわらず、最初に生まれた子供が王位継承権を持つように決まったのはウィリアム王子とキャサリン妃が結婚した後の事なのだとか。それまでは王位継承法では男子優先とされていたということにちょっと驚きを感じました。

赤ちゃんが生まれる前に、キャサリン妃は男の子が、ウィリアム王子は女の子が欲しい、というような話もあったようですが、アメリカの世論調査によると「もし一人しか子供を持てないとしたら、男の子と女の子のどちらが欲しいか?」という質問の答えは、過去70年に渡り「男の子」なのだとか。長年の調査の中で必ず男の子が欲しい派が多数を占める結果に終わる本当の理由は不明としていますが、若い世代ほど男の子を好み、男性の方が男の子を好み、女性はどちらでもいいという人の比率が男性よりもやや多めで、年寄りになると女の子が欲しいという人の率が男の子が欲しいという人の率に近くなっていました。また学歴の高低にかかわらず、なぜか男の子を欲しがる人の数が多い結果になっていました。保守的な人(古風な人)がお世継ぎには男だろ!と思うのはわかるような気がするのですが、結構興味深い調査結果でした。調査は数年おきに行われているようで、前回の結果はこちらから…

またやってしまった... Oops! I did it again!

金曜日に亡くなった知人のお葬式の場所と日時が、亡くなられた方の息子さんの Facebook に載っていたので、家族ぐるみで交流があったので礼儀としてお葬式には行くべきだよね? と旦那に聞いたら「お葬式に招待されてるの?」と聞かれ「え?」(ちょっと目が点)芸能人や有名人で、ファンが押しかけて来たら大変なので密葬… というわけではなく、家族が亡くなってそれだけでも大変な状態の人が、いちいちお葬式の招待状を友人・知人宛に出すわけないんぢゃないの? と(だから Facebook に日時と場所を投稿して、来れる人はどうぞと暗に知らせているのだと自分は解釈していたのですが)疑問に思いつつも、万が一家族のみでひっそりと見送る予定だと失礼にあたると思い、亡くなられた方の息子さんの奥さんにテキストメッセージでお葬式には友人も参加しても大丈夫ですか? と聞いてみたら、遠い所(車で2時間ちょい)だけれど、あなた達家族が来てくれたらとっても嬉しいです、との返事でした。

旦那に、友人も参加できるとテキストメッセージで伝えたら、そうなんだ、よかった(ほっ)との返事。夏なので、黒のスーツは暑すぎるかな? とか、そもそも黒のスーツ、持ってたかな? などとゴチャゴチャ言っていたので、

     「スーツの事は心配しなくていいよ。」

     「グレーでもいいし」

と書いて送ったら、

     「That's great!」(いいね!)

と言うので、

      「でも、シャツだけはきれいな真っ白のシャツじゃないとダメだよ!」

と書いて送っておきました。

そして、約10時間後...

旦那に送ったと思われるメッセージが見当たらず、不吉な予感に駆られて携帯のテキストメッセージをチェックしていたら… 嗚呼、またやってしまった(><)

そのメッセージは父親を亡くした知人の奥さんへと送られていました(恥ずかし過ぎる!!)
携帯でテキストメッセージを送る時には、本当に要注意だなと思いました。

以前、ジャックのプレイデートの相手のお母さんに旦那宛のメッセージ(しかも文句垂れまくりなやつ)を送ってしまった時に比べればまだカワイイものですが、それにしても恥ずかし~(><)

前回のハズカシ体験: 穴があったら入りたかった...とんだ大恥をかいた土曜日(><)



2013年7月22日月曜日

今日の株価 ~ 3か月で倍額以上を達成の注目株

本日の株価チェック。まずは GOOG。金曜日の終値もなんのその、また 900 ドル台に跳ね上がり、金曜日に買った人は一株10ドル以上の利益を一日で上げられた事に。株価が1日で 10 ドルも上がれば文句なしで、数か月かかって2ドル上がるような株よりは全然いいかも~と素人は思ってしまうのでした。

ところで、旦那と違って自分は全然車には興味はないのですが、Tesla Motors の株(TSLA) は実はこの三か月でものすごい伸びを見せていて、4月の時点で買っておきたかった株の一つです。Tesla が走っているのを見る度に「あ、テスラだ!」と旦那が言うのでウザいな~と思っていたのですが、ウザいと思い始めた頃にこの株を買っていれば今頃2倍どころか4倍以上(一株25ドルだったのが120ドル越え)に膨れ上がっていた成長株だったのに!! そう思うと、旦那が何かの製品について語り始めて、ウザいな、と思ったらそのメーカーの株価を要チェックなのかも? という気がしてきました(^^;; ある意味あれは天の声だったのかも(^^?

素人の小さい脳ミソで今ちょっと考えているのは、Tesla はまだまだイケるんぢゃないか? という事で、二番煎じの車が出てきて売り上げを伸ばす前の今の時期ならば、120台で買って200で売るというシナリオが実現するのかもしれない? と… 限りなく ”買い” だと思う TSLA。Jim Cramer も Buy Buy Buy と言うかも^^?

Tesla Motors

2013年7月21日日曜日

近場の釣りスポット探訪 ~ いきなり釣れたワシントン湖(^o^)

夏休み中に、ジャックがテレビや iPad や iPhone でゲームばかりして過ごさないように、と最近家族みんなで楽しんでいる釣りですが、釣りに行きたいジャックは夕飯もサクっと食べてくれて、夕食後は釣竿を持って近所(車で10分圏内)の公園を偵察中。最初はカークランド方面に向かっていたのですが、夏のカークランドは人でいっぱいだったので、ベルビューの知る人ぞ知る的な市が管理している公園へ行ってみました。ワシントン湖は広いから、そんなに簡単に岸から魚が釣れるのかな? と思っていたら、釣り始めてものの5分と経たないうちに旦那が一匹釣り上げて、釣り上げた本人以上に大喜びしていたジャック。小ぶりなバスのようで Catch & Release (捕まえた後は湖へ再び放流)

自分の釣竿はおもりが軽すぎるせいで、あんまり遠くまでキャストできなくて、近場にポトンという感じだったのですが、それでも魚が食いついている感じがして、嬉しくてグイグイ引いていたら実は湖底の石に引っかかってしまった模様で、針と仕掛けと浮きを湖に持っていかれてしまいました。

ジャックは釣れるまで帰らない!という熱中ぶりでしたが、さすがにかなり暗くなってきたので午後10時前にビーチから退散。

ちなみに、今回いきなり連れた場所は、ベルビューの Chism Beach Park という所です。小さな公園な割に大きな駐車場がついています。入口がちょっと見つけにくいかもですが、とりあえず釣れた場所の記録ということで...

Chism Beach  Park
1175 96th Ave SE
BellevueWA 98004

ボーイング社の航空博物館 (The Museum of Flight)

今日は旦那の中学時代の友人がシアトルに家族で滞在中ということで、急遽 Renton(レントン市)にあるボーイング社の航空博物館(The Museum of Flight) に朝10時に待ち合わせでした。朝寝坊一家が日曜日の午前中、しかも朝10時に外出しているなんてかなり稀なのですが、旦那にとっては今でも連絡を取り合っている数少ない旧友の一人で、自分達の結婚式にもカナダからわざわざ来てくれたので、頑張って早起きして出かけて来ました。 
航空博物館に着くと、旦那の友人とその家族は既にロビーエリアにあるお土産屋さんで待っていました。航空博物館に来るのは自分は実に十年ぶりぐらい? で、ジャックと旦那は2年ぶり? ぐらいでしたが、以前よりも展示物も増え、予想以上に楽しめました。30分ぐらいで見て回れるだろうと思っていたら歩道橋を渡った所にも展示室があり、また屋外には昔懐かしいコンコルドや、引退した大統領専用機(Air Force One)もあり盛りだくさんでした。 
Mission to Mars (火星探査ミッション)やこれまでのシャトルミッションや宇宙開発関係の展示もあり、ジャックはフライトシミュレーターで遊んだりして、飛行機やスペースシャトルの着陸に失敗しまくりながらも大喜びでした (ちゃんと着陸するのって結構難しいんですよね^^;;)
旦那がやたらと入るのを楽しみにしていたコンコルド機内。思ったよりも細い機内で、これは横幅が人の二倍ぐらいあるアメリカ人 には乗れない飛行機だったんだな、と今更ながら思いました。
コンコルドの中を見た後は、大統領専用機(Air Force One) 。映画 Air Force One で、悪者達に乗っ取られた Air Force One を取り戻すべく一人で敵に立ち向かうハリソン・フォード扮する大統領がカッコよかったな~と... 久々に Air Force One が見たくなりました。機内にはペット専用の小さなドアがついたドアがあったり、大統領のペットも同乗することがあったのか~と、中に入ってみないと意外と知らない事があるものだな~と思いました。
Air Force One 外観。
コンコルドに比べると中が広くてゆったりな Air Force One。
屋外の飛行機を見た後は、屋内のスペースシャトルのトレーニング用の機体の中を見て、その後は陸橋を渡ってメインビルディング側へと戻りました。

  

こちらはメインビルディング側の古い飛行機の展示室。
飛行機が好きな旦那は一機ずつ念入りに説明を見たり、時には薀蓄を垂れながら見てまわっていました。ジャックは気に入った飛行機を見つけると、iPhone のカメラで写真を撮ってまわっていました。

以前来た時もこんな展示だったのかどうかすら覚えていませんが、古い飛行機の展示室が単に飛行機を置いているだけでなく当時の民家をかたどった小部屋で、昔の飛行機の映像を流していたり、各コーナーにそれぞれ特徴があって、見てまわるだけでも楽しめました。ところで、航空博物館はうちの会社の社員割引もどき(Prime Card) が使えるおかげで、入場料が一人4ドルと破格の割引価格だったのは嬉しいサプライズでした。(通常大人18ドルなので会社に感謝でした^^) 帰り際、館内のお土産屋さんで買い物をしたのですが、こちらは AAA (トリプルエー=日本のJAF みたいなもの)のメンバー割引が効くそうで 10%オフでした。AAA のメンバーの人は是非メンバーカードを持って行くと、入場料と買い物で割引が効きます(^^)



先日の株価下落を読む...

遅まきながら先日の株価下落について色々と証券アナリストの解説などを読みながら、一人反省会(ってほど反省しているわけではないものの...) GOOG は 910 ドルで売っておけばよかったと心底思ったものの、また上がるよね? と懲りない自分。
そしてまだイケるかも? と強気で 37 ドルで Limit order をかけていた MS 株。いっきに 31ドル台に落ちてしまったものの、ほんの一年ぐらい前までは、30 越えていれば御の字だと思っていた記憶があるおかげで、実はそんなに悪くないんぢゃない? とかなり楽観視。下落する前に Mad Money の Jim Cramer も MS 株は Buy だと言っていたので、またじわじわ株価が上がってくれることを期待しつつ...

かれこれ云十年サラリーマン生活を続けてきて、収入を増やしたい! と思ったら、宝くじよりも株の方が 100 倍確実(^^!という当たり前のような事実に気づいているにもかかわらず、同僚達と宝くじのグループ購入には妙に気合が入ってしまう自分。年齢的にもリタイアメントプランをじっくり考えないといけないお年頃なので、これから株価はマメにチェックしようと心に誓っていたのですが金曜日の下落は不意を突かれた感じでした。でも、過去の経験
(買値の倍額まで上がった経験)から言うと、株価が激下がりしている時こそ買い!という事で、株価が低迷している時こそ目を皿のようにして次なる将来有望株を見つけて芽を撒いておきたいものです。月曜日に市場がオープンする前に気になる銘柄の予習でもしておきますか...

2013年7月20日土曜日

夏の Crystal Mountain (クリスタルマウンテン)

今日は毎年夏場に一度は行くクリスタルマウンテンに午後から行って来ました。 冬はスキー客で賑わうクリスタル、夏場もゴンドラが運行中で、多くの観光客が訪れる人気のスポットです(^^)
ゴンドラの情報はこちらから(↓)
http://crystalmountainresort.com/Summer-Activities/Scenic-Gondola-Rides

ゴンドラを下りると目の前にレニア山が見え、初めて訪れる人には特に感動的な景色に映る事請け合いの絶景です(^^)ちなみに快晴の日に行くと、レニア山だけでなく近隣の山脈やらアダムス山も見えてそちらも壮観です。今日は午前中は曇り空だったのですが、山の方は全然晴れているらしいという天気予報と、午後からベルビューもぐんぐん青空が広がって来たので、午後二時過ぎからクリスタル行きに決定!
クリスタルは、ゴンドラで登り下りする以外はそんなに長居しない山なのですが、頂上に着くまでレニアが見えない所と、頂上に着いた途端にレニアが目の前に広がる(横から拝める)のが好きで、毎年一回は訪れないとなんとなく物足りない気さえする山です。以前は観光客目当ての鳥が手の平に置いたピーナッツを食べに来たりしていましたが、年々見かける動物の数が減っているような気がするのですが、今回は小さなリスが来てくれました。
餌付けするのは(多分)よくないのですが、持っていたクラッカーを見せたら、遠くからチョロQ並みのスピード(と言ってわかる人がどのくらいいるか不明ですが^^;)で猛ダッシュで近寄って来ました。(ナッツ類を持ってなくてゴメンね~)それを見たジャックは大喜びで、両手を使ってポリポリ、カリカリとクラッカーを食べるリスを見ていました。
今日は本当にいいお天気で、レニアの左手方面を見ると、アダムス山がきれいに見えていました。確かアダムス山は素人でも割と簡単に頂上まで登れる山だったような気が... 頂上でビールを飲んでいるおじさんの姿を、ローカルニュースで以前見たような気がします(ビールを持参で行くところがすごい^^;)
こちらはお花越しにレニア山。 よく考えたら今年はまだ一度もレニア山に行っていないような気が... 毎年夏には必ず訪れるレニア山。クリスタルはほぼ雪が全部溶けていますが、レニア山は夏でもトレイルのあちこちに雪が残っていたりする山で、しかも公園の入り口がいくつもあるので、今日みたいに快晴で暑い日に Sunrise(サンライズ)、Paradise(パラダイス)、Carbon River (カーボンリバー)の三方面からキャンプやハイキングに行きたいです。
ゴンドラの終点にはこちらのサミットハウスレストラン (Summit House Restaurant) があり、夕食時だった事もありレストラン内では冷たいビールやワインを飲みながら食事を楽しむ人達で賑わっていました。一つ驚いたのは、アウトドア席ではドリンクの注文のみ受け付けるようにサービスが変更になっていた事でした。以前は外の席でも食べ物と飲み物を注文できたのですが、どうやら訪問客が多くて食材が追いつかないらしく、室内に限り食べ物の注文を受け付けるようになったのだとか。
クリスタルでは簡単なハイキング(15分~20程度)しかしないのですが、年を取ったせいか、20分程度の山歩きで全然満足というか(笑)旦那に至っては、ゴンドラで登って、サミットハウスでカクテルを一杯飲んでそれだけでもう満足だった模様(^^;;

短い夏の間に、行きたい場所ややりたい事が目白押しで、既に週末の数が足りない状態になりつつありますが、こういうのはまさに贅沢な悩みと言うべきなのかもですね(^^)

2013年7月19日金曜日

ニジマスのつもりがドーナツで終った金曜日(^^)

カナダで初めての釣りを体験して以来、釣りに俄然興味を持ち始めたジャック。キャスティングの練習で、電線に釣り糸を絡ませてくれたり (^^;; と冷や汗タラリな事もあったので、以来練習は家の周りではなく小学校の校庭でやっていましたが、日が落ちる前にニジマスを放流している Pine Lake に湖とお魚の偵察に行ってみる? という事で急遽自分と旦那は Fishing License を買い、釣具一式を抱えて Pine Lake へ。
ジャックはまだ小さいので Fishing License なしで釣りができますが、自分と旦那は大人なのでライセンスを持っていないと(違反チケットを切られると)罰金を払う事になるので Sports Authority (スポーツ用品店)にて淡水・海水用のライセンスを購入。自分が前回ワシントン州で魚釣りをしたのは何と結婚前(7年以上前!)の事だったのですが、検索したらちゃんとライセンスデータベースに(旧姓で) 残っていたので、データを更新してくれて今季のシーズンライセンスを購入。
一方旦那の方は、前回ワシントン州で釣りをしたのが30年以上前ということで、ノースウェストに住んでいながら、独身時代はホントにアウトドア系は何もやってない人だったんだなぁ~と(もったいない!)思いましたが、これから親子で釣りの楽しさを満喫できそうです(^^)釣りと言うと、昔の映画の『 A River Runs Through It の釣りのシーンをいまだに思い出すのですが、ジャックも父親との釣りの思い出を持って育つといいな~と思います。
Pine Lake は釣り用の桟橋が湖にあるのですが、夏休み中なので近隣のティーンエージャーが集まっていて、時々水に飛び込んだり(遊泳エリアも隣接しているので)していたので、釣りをするにはちょっと騒がしい環境でした。さすがに暗くなってからティーン達が帰って行った後は静かになり、釣り糸が湖面に向って伸びる音だけが響くような、とても平穏な環境になり、ジャックと旦那がキャスティングする音に耳を傾けていました(^^)ちなみにティーンがみんなボートで家に帰って行ったのが印象的でした。 
夜10時になり、さすがに暗くなったので、荷物をまとめて一路ベルビューへ帰るはずが、帰り道の途中にあるドーナツ屋さんに入ったら、午後9時以降は半額セールということで、ドーナツ 1 ダース。単体で買うよりも安上がりになってしまうという事で、見回すと 1 ダース購入している家族連れが数組(^^)TOP POT の密度が高めのドーナツに比べ、密度薄めの Krispy Kreme のドーナツ。寝る前なので 2 個ずつまでとし、残りは明日のおやつということに... 釣りは、朝と夕方が狙い目なので、お天気さえよければ夏の間のよい趣味になりそうです。