2013年2月28日木曜日

冬休みの次は春休み...

冬休みが終わったばかりだと思っていたら、もう春休みのお知らせが学校から送られてきていました。旦那は、またジャックをカナダに送り込んで、二人で休暇でも? などと、ジャック抜きのプランを立てたがっていたのですが、せっかくの春休みなので、親子で過ごす方が楽しいんぢゃないの? と、とりあえず旦那の案は却下。片道3時間で、陸続きなカナダではあるものの、送り迎えだけでおなかいっぱいな事もあり、ちょっと考え中...

学校がお休みの週に向けて、何ヶ月も前から旅行を企画する親達も多く、同僚の一人は冬休みはカナダのウィスラーでスキー、春休みにはメキシコ旅行と、ちゃんと子供の休みに合わせて計画を立てていて、うちも春休みの計画を立てねば!と思っていたのですが、みんなが同時期にお休みだと、旅行会社もそこを狙って値段を吊り上げてくるので、世の中なかなか上手くできてるな~と(苦笑)とりあえず近場でよさそ気なプランを考えてみますか...

ローマ法王 ベネディクト16世がローマを去った朝

今日は朝からローマ法王の辞職(退職)に伴う、最後の公式行事(謁見)がローマで行われ、その後白いヘリコプターで仮住まいとなる丘の上のお城もどきへ移動し、そこでも最後の挨拶をしてローマ法王としての公式行事を終える様子をテレビで見ていました。

職業=ローマ法王、は一旦法王になると死ぬまで辞めないのが普通で、ベネディクト 16 世の辞職は、長いローマ法王の歴史の中でも二人しかいない辞職者なのだとか。

一旦その職に就いたら、棺桶に入って出て行くまで続ける事を期待される職業というのは非常に特殊な職業だな、と、今回の法王の辞職を見ながら思いました。

テレビを見ながら、明日の朝、元ローマ法王として目覚め、ベッドの中で二度寝を楽しみ、ブランチでも食べながら、テレビで自分のニュースでも見て、普通のおじいちゃんとしての一日を噛みしめて欲しいなぁ~と思いました。

ところで、法王が入居した仮住まいの家がお城のようでとても素敵でした。立地条件もとてもよく、あんな場所で退職後の生活を送れる人生ってかなり素敵かも?と思ったのですが、旦那と話しながら、でも法王になる人は、結婚してはいけないし、一生独身だから子供もなく、両親も既に他界し、お兄さんが一人まだ存命らしいですが、家族というのはそのお兄さんぐらいとのこと。法王自身が85歳という高齢なのでお兄さんもかなりの高齢な模様。

愛や平和を願い、日々神に仕えるという仕事は半端じゃなく大変な仕事なのだろうと思いますが、次の法王選びの際に、法王の Job Description (職務内容) とか、Skill set (期待される技能) とか普通の職探しのように応募・募集要項がどこかにあるに違いない... と。そしてヘッドハンターもどきな使者達が、今この時も法王候補の選出に奔走しているのだろうと思います。映画 「天使と悪魔(AngelsandDemons)」 (ダ・ヴィンチ コード 2) をふと思い出した朝でした。

2013年2月27日水曜日

毎日が怒涛のように過ぎて行くのは普通なのか?

今に始まった事ではないのですが、ふと、自分以外の人も、なんで目が覚めたらもう翌週になっているんだー!? とか、あれ? もう一年経ってしまった? と思いながら日々暮らしているのだろうか? とふと疑問に思ったのでした。

思い起こせば高校生の頃、今と全く同じような事を言っていた自分。
当時一番仲良しだった友人に「こんな勢いで毎日が過ぎて行ってしまったら、あっという間に100歳になってしまう」という悩み? を打ち明け思いっきり笑われた記憶が...

子供が生まれてから、さらに一日の加速度が増したような気がしていたのですが、ジャックが公立の幼稚園に行き始めてからというもの、さらに加速している気すらします。さらにジャックのミッドウィンターブレイクが明け、ジャックがカナダから帰って来て以来、これまで以上に加速したような気が…

このままの勢いだと100歳まで生きてしまうかもしれない、という事自体は既に悩みでも何でもなく、ジャックの将来を見届けられるので長生きするのはいいんじゃないかとさえ思うのですが、毎日何もできないままに次の日になってしまうもどかしさが募る今日この頃。ゆっくり顔を洗ったり、ゆっくりお茶をすすったり、ゆっくり本を読んだり、ゆっくりテレビを見たり… そんな時間がない生活ってどーなのよ? と。

家に帰って夕食を作り、ジャックにご飯を食べさせ、宿題やら学校指定のオンラインサイトでの自習やら、お風呂に入れたり、寝かしつけたりしていると、あっという間に「今日」が終わってしまい気がつくと翌朝に! そして、週末を待ち遠しく思っているのも束の間、気がつくと週末も既に終わっていてまた月曜日になってたり(苦笑)毎日更新を目標にしているブログを更新できずにいる日は、一日がとてつもなく短かったんだな... と、毎日同じ長さだとわかっていても、昨日は特に短かったな、などと思ってみたり... 

そして今日ももう夕方に近いし… 毎日が早過ぎる~

2013年2月25日月曜日

朝から寒っ!

今日は朝からどんより曇り空+風が強く、気温的にはそんなに寒くないはずなのに、体感温度ではかなり寒い朝でした。

ジャックを起し、お弁当を作って、旦那と二人でジャックを送りに学校へ。9月の始業日から約半年。両親揃って子供を送りに来るのはジャックのクラスでは自分達ぐらい(だいたい片親が送り届けに来るか、校庭の端まで送って帰る親が大半)で、ジャックも相変わらず校庭を横切って帰って行く自分達の姿が見えなくなるまで教室の裏のドアから手を振って見送っていました。親的にはいいから早く席に着きなさい!と思うのですが、ジャックなりに自分達が無事に帰って行くのを見届けたい模様。今日から新しいクラスメートが一人増えるらしいのですが、帰ったらどんな子だったか聞いてみようと思います。

さて、今週も忙しい週になりそーです!

2013年2月24日日曜日

カナダから帰還 ~ 宿題終わってないじゃ~ん!

夕方カナダから無事に帰宅し、夕飯を作りながら洗濯をし、ジャックの学校の準備をしていたら、うわっ、宿題終わってないじゃ~ん、ジャックぅ~!一週間もあれば楽勝の宿題だったのに!!

リンカーン大統領について調べて何か書かねばな宿題が残っていて、子供にもわかりやすいネタで急遽検索。子供の宿題用のサイトなんぞもあったりして、インターネット世代の親にとっては便利と言えば便利な世の中なのですが、さて、どのネタで英作文を書かせるか... と悩んだ末、結局有名な顎鬚の話に。

自分の記憶では、大統領選の遊説中に誰かからヒゲを伸ばすといい感じだと言われて、それでヒゲを伸ばした... という話がうっすら頭の片隅に残っていたのですが、正確には11歳の女の子がリンカーンに送った手紙が、後にリンカーン大統領のトレードマークとも言える顎鬚の始まりだったということを知りました。ともあれ、幼稚園児のレポートなので、簡単じゃないとジャックも書けないだろうと思い、「女の子から手紙でヒゲを伸ばせと言われ、伸ばしました。そして1860年に大統領に当選しました。」 と、これ以上削れないところまで削った回答でリンカーンの宿題はおしまい。

その後残りの数ページを終わらせるべく、遊びたがるジャックを机に向かわせ(まったくお義母さんちでこの一週間何を勉強していたのやら(><)やっと宿題が終わった!と思ったら、なんか紙コップと紐で作る宿題があったり... 紙コップがなかったので、プラスティック製のカップと毛糸で宿題のページに書いてある通りのものを作ってみたのですが、正直意味不明... これの何がどう勉強に役立ってるんだか? 謎の宿題でした。

ジャーナル... いわゆる日記ですが、これはカナダで毎日書いていたようで、読むと、お義母さんがジャックの言うままに強制的にジャックと遊んでいる様子が目に浮かびちょっと吹き出してしまうページもありました。お義母さんの彼の孫二人(二人とも男の子)とも一緒に遊ぶ機会があったようで、かなり楽しいカナダでの休暇だった模様です。

そして明日からいよいよ学校が始まるので忘れ物がないように、手荷物、宿題、返却する本その他チェックをして本日も終了(ふぅ)明日は早起きしなくては!!

2013年2月23日土曜日

ジャックを引き取りに ~ カナダで過ごす週末

ミッドウィンターブレイクも今週で終わりなので、カナダのお義母さんちに送り込んでいたジャックを引き取りに午後からカナダに来ています。ジャックがいない週末もこれで最後ということで、二人っきりでプチ休暇を楽しみたいと思った旦那が、午前中にホテルを予約したおかげで日帰りではなく一泊二日のプチ旅行になりました。最近家を買い替え、バンクーバーから結構東の方にある街に引越したお義母さん。今回はいつもの Peace Arch ではなくお義母さん宅に近い国境からのカナダ入り。
Sumas (US側) と Abbotsford (カナダ側) にある国境は待ち時間も5分程度でスムーズに入国。今回泊まっているホテルは、ショッピングモールのすぐ近くにある上、フルキッチンに洗濯機と乾燥機まで部屋についていて、長期滞在にも使えそうなホテルでした。ベッドルームに深めのお風呂に、収納スペースも適度にあって、年寄り二人が老後に住むにはこういう間取りのコンドミニアムが機能的でいいな~と、老後の生活に思いを馳せてみたり...
旦那の二人っきりの週末プランは、ジャックが自分達と一緒にホテルに泊まりたがったのであえなく玉砕(笑)ジャックのお気に入りのぬいぐるみ達と共に、パジャマを持って旦那に連れられてホテルにやってきたジャック。久々に見ると、なんかちょっと見ないうちにまた大きくなったような気が...
ところで、週末はのんびりお風呂に浸かって雑誌でも読むぞ~と思っていた自分のプランもジャックの登場であえなく玉砕。ゆずの香りのバスクリン入りお風呂を見た瞬間に、一緒に入る~と乗り気のジャック。旦那的には親子でお風呂に入る年齢は3歳ぐらいで終わっているそうなのですが、日本人の親子だと8歳ぐらいまでは一緒にお風呂に入ってるよ~な気が(^^;というわけで、これからジャックとお風呂です(笑)

2013年2月22日金曜日

お肌の乾燥 ~ ファンデーションを変えてみた

この冬はいつにも増して乾燥が激しく、ドライアイ(目の乾き)ぶりも半端ではない上、お肌もかなりボロボロに(><)そんな状態なので、いつものファンデーションではあまりにもお肌がドライになってしまうので、手頃なお値段のリキッドファンデーション+クリーム入りの製品を試してみました。レビューでは結構いい感じだったので早速使ってみましたが、ムースタイプのファンデーションとほぼ似たような使用感で、ライトで悪くはないのですが、やはり一番乾燥がひどい目の周りは、何をつけてもあんまり変わらないというか、やはり日頃からじっくり保湿してないとダメなんだな~と思いました。
あまりにも乾燥肌だと老化が目に見えて促進されていて、なんとかせねば!という気にさせられます。

さて、今週も今日で終わりで、せっかくの金曜日なのでデートナイトにしようと言っていた旦那からバグにハマってしまった... というメッセージが… 金曜日の夜はただでさえ混むので、少々遅めのディナーの方が席があるかもね、と、とりあえず自分もバグに追われているので返事を書き…うーむ。自分の方もちょっとすぐには帰れない状況なのでちょうどよいと言うべきか…

2013年2月21日木曜日

シングルライフっぽいのもよいかも(*^o^*)

夕方旦那からテキストメッセージで、そろそろ帰る... との事。

「寿司でも食べに行かない?」

「いいね」と君が言ったから、今日は寿司の日(懐かしの『サラダ記念日』風。古過ぎ?)

何でもない会話なのに、ジャックがいないと、やっぱり楽と言えば楽なんだな~と(ゴメンね~ジャック。マミーとダディーだけ今晩はお寿司)

さて、ぼちぼち帰りますか…

5日ぶりにジャックと話した朝

今朝旦那とカナダのお義母さん宅へ電話をかけ、なんと5日ぶりにジャックと話をしました。あっという間に5日も経っていたのか~と、あんなに自分の中では子煩悩な親だと思っていたのに、結構薄情な面もあるんだな、と(笑)

久々に電話で話したジャックは相変わらずのハイトーンな声で、なんかやっぱりジャックかわいいな~と(親バカですが)思いました。いつか声変わりして、この声を二度と聞けなくなる日が来ると思うと切ないじゃん…と思いました。ふと、うちの弟も子供の時は結構かわいかったのに、云十年経つと普通のオッサンになってしまうものだよな~と、思ったので、ジャックもいつか普通のアメリカ人のオッサンになってしまうのだろうと思います。

ジャックが I miss mommy and daddy と言っていて、帰って来て欲しい反面、ジャックが家にいないと家がこれ以上散らからないから、それはいいかな、と思う自分と、ジャックがいない大人と猫だけの生活も悪くないと言う旦那と、割と身勝手な親をやっている自分達です(^^)

この生活もあと3日で終わり。学校が始まるとまた忙しくなりそうで今からちょっと気が重いですが、小学校2年生ぐらいになるとだいぶ親も楽になる(らしい)のであと数年の辛抱?ですかね?

2013年2月20日水曜日

あっという間の MVP Summit 2013

今週は MVP Summit 2013 が開催されていたのですが、今回は(も?)かなり色々なものに追われていて、総勢 60名以上も日本から参加という MVP の皆さまにご挨拶する機会がいまいちなかったのですが、懸案だったバグが MVP さん達のおかげで片付いたのは収穫でした(^^) 原さん、石野さん他、ご協力をいただいた皆さま、ありがとうございましたm(_)m  Facebook に何枚か写真をアップロードしてありますが、クラウドガールもいた Japan Dinner@Maggiano's に参加させていただき、いつもバグレポートを送ってくれる Kamegawa さんと世間話をしたり、小林さん、山下さんと懐かしの NEC 安孫子事業所の話をしたり、石野さんと膝を突き付け合わせながら、アイライトリバーシ攻略秘話(秘話というか、また仕事中に対戦してました、な話なんですが^^;) などしていたら、実は松本(みほろん)さんも「私もオセロ強いよ」と言ってたり。これはいつか一度お手合せ願いたいかも(笑)久しぶりにたくさん日本語を話す週だったこともあり、日本語を司る脳を使った気がしました。

今日は原さんから大量に頂いたうまい棒のコーンポタージュ味をチームのみんなにお裾分けをしつつ、自分もつまみ食いしながら仕事でした。コーンポタージュ味イケます(^^)


ところで、まみりんさんが着物姿で MVP の皆さんに囲まれている写真が載った MVP Summit 宣伝用の旗もどきが、うちのビルの近くにもあり、通勤の行き帰りに、まみりーん、と思いながら眺めています。http://www.2013mvpsummit.com

今週はジャックがカナダに行っているおかげで、旦那と二人っきりなのですが、旦那は「ジャックがいなかったら、こんな感じなんだね~」(二人でコメディ映画を見て、まったりゆったりで楽しいんじゃない?)に対し、「ジャックがいなかったらこんな感じだったんだね~、きっと」(ジャックがいないとなんかつまんないよ~。コメディは面白かったけど、何か二人だけってつまらんっ!)と自分。

実際には、ジャックがいないだけで朝も楽(お弁当とか作らなくていいし)夜も楽(宿題しなさい!ご飯食べなさい!とガミガミ言わなくていいから)なのですが、家の中がいつもより暗く感じるのは、やっぱりジャックがいないからだな~と。そう思っている割には、旦那も自分もカナダのお義母さんちにいるジャックに電話の一つもかけず、意外にも薄情な親をやっていますが、自分的には下手にビデオチャットなんぞして「マミーに会いたい~」と泣かれても困るんぢゃないかという想いもあるのでした。

さて、ぼちぼち家に帰りますか...



2013年2月17日日曜日

MVP Showcase@Bellevue Hyatt

日曜日は夕方からベルビューの Hyatt Hotel で開催されていたイベント MVP Showcase へ行って来ました。世界各国から集まってきた MVP さん達に交じって、日本からも二点出展してあり、それぞれのテーブルへお邪魔して来ました(^^)

今回総勢 60 名以上のMVP さんが日本から参加ということで会場内で懐かしい顔を見かけました。

最近 Connect 経由で日本語の翻訳バグをよく頂くのですが、正しい翻訳を決めるのにちょっとてこずっていたバグがあったので、VS 系の MVP の皆さんに直接アドバイスをお願いできたのは超ラッキーでした(^^)  これでまた一件バグが直せそうです。

あとは、昨年の MVP サミットの時にロブスターを食べに行った帰りに 3 ドルほどチャブーンさんにお借りしたまま一年経ってしまい、他人様からお金を借りる事が何よりも嫌いな自分としては、なんとも申し訳ない気分を味わっていたのですが、イベント会場にてチャブーンさんを発見し 1年ぶりに 3 ドル返済(スッキリしました~(^^)昨年、Hyatt のレセプションに封筒に入れて渡しておいたのに、ちゃんと渡せなかった上に、そのまま連絡もよこさずに、一体あの封筒の中の 3 ドルはどこへ消えてしまったのか... Hyatt だったら国際便で送ってくれたりするのでは、とちょっと期待していたのに残念でしたが、とりあえず、借金を無事返済できたのでよかったです。

2013年2月16日土曜日

Sky High Sports 再び ~ カナダで過ごすミッドウィンターブレイク

先週に引き続き、今週もジャックの仲良しの C 君のバースデーパーティーで、Sky High Sports へ行って来ました。 ちょうど大きな子供達が別なエリアへ行っていたおかげで、トランポリンドッジボールのコートは、ジャックの友達(ちびっ子)がみんな同じチームでプレイできるというラッキーな状況に!自分は反対側のコートにいたので「ジャックのママをやっつけよう!」と張り切るちびっ子達を一人ずつ返り討ちというか狙い打ち状態でした(笑)
C 君は12月に別な学区へ引越して行ったので、ジャックにとってみると久々の再会で超嬉しかった模様。そして仲良しの R 君 A ちゃん(兄、妹)も招待されていたのでジャックはさらに大喜びでした。C 君のお父さんが Kindercare Reunion (ジャックが昨年8月まで通っていた保育園の同窓会)を是非やりたい!と言っていて、懐かしのクラスメート達の話で盛り上がりました。自分自身保育園に行った事がない(幼稚園からだった)ので、保育園で育んだ友情とか、人間関係がこんなに強いものになるとは思っていなかったのですが、恐らく最近の子供達は自分達が子供の頃よりも2年ぐらい先を行っていて、保育園の年長組は小学校1年生ぐらいのレベルなんだと思います。(勉強のレベルだけみても、保育園の最後の年は、算数は小学生レベル、理科系も重力だの、食物連鎖だの、太陽系についてだの、日本の保育園では多分教えていないだろうと思割れる事を習っていたのですごいな~と思ったものでした。)生後6ヶ月から通っていた保育園で、人生で初めてできた親友とか仲良しの友達だから、子供にとっても親にとっても特別な思い入れがあるのだろうな~と思います。ところで C 君の両親と旦那と 4人で話していた時に、同じクラスにいた R ちゃんというフランス人の女の子の話になり、とてもおとなしくて控えめだった R ちゃんが自分達の記憶の中で、とっても優しくて素敵な女の子として心に残っているという事実に頷きまくりだったり、英語ができなくて最初は何も話せなかったロシア人の A ちゃんが最後には英語でちゃんと話せるようになった姿を見た時の(彼女の親でもないのに)感動とか、ジャック達の担任の先生でハワイに移住してしまった Ms. R 先生がいかにいい先生だったか等々、保育園時代の話でかなり盛り上がってしまいました。今年の春あたり、温かくなったら同窓会の企画を C 君の両親と練る事になりそうです(^^)

バースデーパーティーの後は、ジャックはミッドウィンターブレイクをカナダのお義母さん宅で過ごすべく、旦那と一緒にカナダへ旅立って行きました。自分は猫二匹と留守番+大掃除+仕事の予定で、往復6時間のカナダ行きは遠慮して、猫達と静かな夜を過ごしました。ジャックがいないと家が静かでちょっと物足りない気がしますが、旦那もいないのでのんびりカップラーメンを食べながら手抜きな夜を満喫できました(^^)

2013年2月15日金曜日

一人っ子の育て方 ~ 冬休みパート2 (Mid-winter break)

昨晩旦那と自分の二人からお説教されたのが身にこたえたのか、7時ぐらいから朝まで熟睡していたジャック。朝起きて、いつものように元気になったかな?と、確認してみると、かなり反省したようで、今日提出の宿題の残りを朝食後にやりはじめ、よい子のジャックに戻っていたので一安心。これがティーンエージャーだったりすると、くそババァとか言って宿題なんてやらなかったりするのだろうと思うのですが、甘やかされて育っている一人っ子のジャックなので、マミーとダディーの両方から叱られる状況がいかに最悪なものか身に沁みた模様。一応理にかなっていることは理解できるようなので、昨日の理不尽な行動について、よくなかったと反省できたようなのでよかったです。

さて、ジャックの学校は月曜から mid-winter break =冬休みパート2 で一週間お休みなので、ジャックの子守り24時間でヘロヘロになってしまう前にカナダのお義母さん宅へと送り込もう計画。ジャックにメロメロなお義母さんなので、ジャックの到着を心待ちにしている模様。旦那は自分と丸一週間二人っきりになれる~と、来週を勝手に「Passion week」(うへぇ)(ーー;と呼んでいて、自分の「大掃除週間」と思いっきりかけはなれた、なんだかロマンチックディナーだのを計画している模様。ジャックがいない間に家を片付けたい & 来週は MVP サミットも開催されているので、日本から来た MVP の皆さんとの交流ディナーもあるのでジャックがいなくても結構忙しい週になりそうです。

2013年2月14日木曜日

アメリカの学校のバレンタインデー

今日はバレンタインデーで、ジャックの学校のバレンタインパーティーに行って来ました。アメリカの学校でのバレンタインデーって実はプチハロウィーンみたいな楽しいイベントだったのか~!?と新しい発見でした。バレンタインデーまでに、クラス全員分のミニプレゼントを作って持って行くという宿題もどきがでていたのですが、ジャックがせっせとハート型に紙を切ったりしているのを横目に、これってホントにクラスメート全員に渡すのかな?と疑問に思っていたのですが... ほんとに全員へのプレゼントでした。
プレゼントを一人ずつに手渡しするのかと思っていたら、渡し方がなんともナイス(^^)それぞれ顔写真のついた紙袋に、みんなからのプレゼントがギッシリ詰まっていて(さすがにクラスメートが20人以上いるので)開けるのが楽しみなギフトバッグの出来上がり。アフタースクールでは、上級生の男の子達がさらに大きなギフトバッグを持っていて、学年が上がる毎にパワーアップしたバレンタインデーが待っているんだ~と、アメリカ式のバレンタイン、なんかいい感じだわ~と思いました。
唯一残念だったのは、毎度ジャックのクラスへ行く度に、最初は超大喜びで小猿のように自分にベッタリし、そのうち先生の言う事を聞かなくなり、好き勝手な行動に出たり、突然機嫌が悪くなり自分の言う事すら聞かなくなり 「そんな行動をすると、マミーはジャックのクラスに来れなくなるから、ちゃんと他の子達同様に先生の言う事を聞きなさい!」 と何度も叱らなくてはいけなくなり、ジャックの機嫌がなおるまでかなり気まずい思いを味わうという、いつものパターンに陥った事。結局パーティーがお開きになる頃になってようやくジャックの機嫌がなおり、カップケーキを食べ、アフタースクールへ行き、一件落着でしたが、毎度このパターンにはまると疲れます。

夕方はいつもより早く帰宅した旦那から、薔薇の花とカードのプレゼント。ジャックからも毎日のようにハート型のカードやらハートのチョコレートやらもらっていたので、二人にも一枚ずつお返しにバレンタインカードをあげました。バレンタインディナーへ行く予定が、夕方家に帰るなりジャックが寝始めてしまい結局家でピザを食べながら、時をかける少女(2010 年版)を鑑賞中。日本語に英語の字幕で、旦那にはちょっと理解しにくいかな? と思ったら、かなり真剣に見入っている旦那。1970年代ってなんかいい感じにダサくて、そこがまた味があっていいかな...と(^^)あとはいいおじさんになったケン・ソゴル役が期待を裏切らなかったのはよかったかな、と思いました。

2013年2月12日火曜日

麻婆豆腐でまた太る(><)

仕事が忙しくなってきたので、手抜きな晩ご飯メニューとして買い置きしてあった麻婆豆腐の素と、これまた買い置きの豆腐と、挽肉で今日は麻婆豆腐の日でした。川覇王の麻婆豆腐には及ばないものの、挽肉たっぷりで作る即席麻婆豆腐にご飯が進む、進む。痩せる前よりも太ってしまい、リバウンドもいいところ(><)旦那も気に入ってくれたようでおかわりなんぞしていたのですが、まさかピクセル(旦那の猫)まで麻婆豆腐のお皿を舐めはじめるとは思わなかったので、ビックリでした。お肉大好き人間な自分なので、豆腐と肉の比率が 1 対 2 ぐらいで本来の味とはかなり違うんだろうと思うものの、アッサリした味の麻婆豆腐になってなかなかヒットな手抜きディナーでした(^^)

AKB48 峰岸みなみの丸坊主謝罪の不思議

このニュースの事をアメリカ人のうちの旦那が知っていたのもオドロキだったのですが、ボーイフレンド宅にお泊りした罪で坊主頭で謝罪のビデオが CNN のニュースにまでなっていたのもオドロキでした。が、なんと言っても一番オドロキだったのは、峰岸みなみさんが二十歳だという事実。

16歳の未成年者がお泊りだの喫煙だのというのと、二十歳の女性が(いくら校則?とは言え)こんな謝罪をしなければいけないのって、なんか人権に反してたりしないのかな? と。アイドルは恋愛をしてはいけないというルールは、ファンの夢を壊さないためにあるのだと思いますが、謝罪のビデオを見る限り夢もへったくれもないような… 校則違反で潔く脱退すればよかっただけなのではないのかな~と思うのでした。ま、芸能界なので色々と裏事情とかあるのだと思いますが、19歳で結婚した宇多田ヒカルの事なんかを思うと、二十歳の大人の女性がこんな謝罪をしなくてはいけない日本の芸能界って、なんか不思議です(少なくともアメリカでこれやったらどこぞの人権擁護団体とかが黙っていなさそう!)

2月4日の CNN ニュースより
http://www.cnn.com/2013/02/04/world/asia/japan-akb48

2013年2月11日月曜日

100 日目記念プロジェクト(任意提出の宿題)

9月に新学期が始まって以来、今日が100日目の登校日なのだとか。先々週あたりから、任意提出(オプショナル)の宿題として、100 にちなんだものを作ったり集めたりしましょう、というお題が渡されていたのですが、100 個のキャンディーを瓶に入れたものでもよし、100 個の円を書いた紙を提出するもよし、と子供でも簡単にできそうなアイデアも先生からもらっていましたが、ジャックは 100 個の旗を作る事にしました。
爪楊枝とストローとセロテープと Post It に書いた番号で旗を作り、家にあったゲームボード(小さな穴がたくさん開いている)に突き刺して出来上がり。オプショナルなので、提出しなくても全然オッケーなのですが、こういうちょっと楽しい宿題は作る過程が楽しめてよいかな(^^?と。

ジャックのプロジェクトを見たクラスメートからの評判はなかなかよくて、ジャックもとっても嬉しそうでした。ジャックの仲良しの男の子が、ボソっと 「うちはママが何も作らなかったんだよね...」 と一言(笑)基本的にはキミ達の宿題なんだけどね、と内心思いつつ、(本物の)パイで、100の形を作った作品を持って来たお父さん(クラスメートの女の子の一人の)を見ながら、親がどれだけ手伝えるかは大きな要素だな~と思いました(笑)今週中ならいつでも提出 OK らしいので、面白い作品が出て来そうで楽しみです。

2013年2月10日日曜日

リバウンドの女王(><)

せっかくすっきり痩せてきたと思ったのに~
お腹周りがすっきりして、履けなかったジーンズのボタンが詰められるようになり、旦那にもいい感じに痩せてきたと好評だったのに... 激しくリバウンド中(><)なんとも残念、無念。

金曜日からの三日間で 3 キロほど太ってしまいました。天気もよくなってきて、ペットロスの落ち込みから立ち直ってきて、食欲増進で、ご飯が進んでしまう今日この頃... ううぅっ。元気になるのは嬉しいけど、このリバウンドぶりは悲しい~っ!

後日談:社長と初対面(^^)

先週の話なので、後日談なのですが...
先日、日本のマイクロソフトの社長の樋口さんが出張でレドモンドに来ていて、その際にレドモンドにいる日本人の社員との交流ミーティングみたいなミーティングに参加させていただき、樋口さんのキャリア経歴やら、ミーティングに集まった皆さんの華々しくもユニークな経歴を聞いたりして、非常に興味深いミーティングでした。日本人の集まるミーティングは時間厳守... だから5分前にはミーティングルームに到着するように家を出たつもりが... ミーティングのあるビルのサインを見逃してしまい、あれ?どこなんだービルxxxは!?と迷っていたら10分ほど遅刻してしまいました。

アメリカ生活も通算で15年近くになり、日本のマイクロソフトで働いていた年数よりも、アメリカ本社で働いている年数の方が断然長くなったので、日本の状況があまり見えていなかったのですが、自分が日本にいた頃に比べて、色々な意味で会社も成長し、成熟した企業への脱皮を図ってきているんだなぁ~という感じを受けました。

それにしても、毎度面白いと思うのは、本社にいる日本人の社員というのは、どこかやはり普通の人と違っているような、ツワモノ揃いというか(笑)すごいな、と感心させられます。自分自身は全然ツワモノでもすごい人でもないのですが(どちらかと言うと、変人系 ^^?に入るのかも?)こういう人達に混じって本社で仕事ができるのは非常に貴重な体験なんだな~と、出席者の皆さんの経歴やら武勇伝(^^?) を聞きながら思いました。

Sky High Sports トランポリンドッジボール

今日は朝からジャックのお友達のバースデーバーティーで、うちの近所にある Sky High Sports というトランポリン専門のスポーツ施設に行って来ました。知り合いから結構楽しめる場所だと聞いてはいたものの、実際に行ったのは今日が初めて。子供だけでなく大人もジャンプしたければどうぞ、という事で、せっかくの機会なので事故免責の書類にサインをして自分も一緒に参加させてもらうことに(^^)他にも何人か子供と一緒にジャンプをしている親御さん達がいて、ほっと一安心。

ここの一番の売りでもトランポリンの上でやるドッジボールは、大人から小さな子供(4歳ぐらい?)まで入り乱れてかなり面白かったです。ジャックは中盤戦に入る前にだいたいボールに当たってしまって場外だったのですが、自分は制限時間いっぱいまで毎度生き残れました(^^)
http://sea.jumpskyhigh.com/page.php?pageID=199

実は今週末、来週末と同じ会場でバースデーパーティーなので、来週末もドッジボールができそうです(^^)



2013年2月9日土曜日

久々に墓参り ~ 即効性アリ(^^?

久しぶりに自分の猫のお墓参りに行って来ました。ピンチの時にお墓参りに行くと、突然物事が好転する事が多かったビヨン(猫)のお墓参り。Enzo が亡くなったり、最近ちょっと暗いニュースに包まれていたものの、先週休暇を取って旦那と Seattle  Humane Center に行ったあたりから気持ちもだいぶ落ち着いて、旦那も自分も夜も普通に眠れるようになり、春に向けて気持ちも元気になってきたような...

お墓参りの後は、スポーツクラブで1時間ほど汗を流し、旦那が好きなマクドナルドの朝食用マフィンを買って家に帰ると、朝寝坊なジャックと旦那がアニメを見ながら自分の帰りを待っていました。二人とも学校やら会社で風邪をもらってきたようで、熱やら鼻水やらでいまいち体調不調で、今日は(も)家でダラダラする日を決め込んでいた二人。一番忙しく働いている自分だけが風邪をひいていなくて、結局週末も二人の身の回りの世話ばかりってどぉ~なのよ? と愚痴りたい気分にかられ、しばらく愚痴った後旦那とホラー映画なんぞ見ながらまったりと過ごしていたら、一本の電話が... 土曜日に誰が何の用事でしつこく電話をかけてくるのかと思ったら、ちょっとした朗報が舞い込んできて、ビヨンのお墓参りの効果ってすごいかも^^? と思いました。(そろそろ何かいい事が起き始めてもいい時期なのかも...)また月一ぐらいのペースでお墓にお花を持って行こう! という気になりました。困った時の神頼みじゃないですが、こういう偶然が重なると俄然墓参りに意欲が出て来る自分です。


ところで、六星占術の水星人プラスの運勢をチェックした後、占い各種(干支系、その他)サイトで今年の自分の運勢をチェックしていたのですが、財運が今年はよさそ気で、ちょうど自分が投資している株について少々見直そうと思っていたので、財運良し、に思わずニンマリ。昨年末から色々と出費が重なったのでここら辺でいい成長株を見つけて賭けておきたいところです。

2013年2月8日金曜日

朋あり、数キロ太る... 亦楽しからずや(笑)

急な出張でシアトル入りしていた M本君。昔は肉バカと呼ばれ、額には油性のマジックで「肉」 とか書かれているぐらい、お肉主体の食生活だった彼が、最近健康診断で栄養士さんだかに喝を入れられ ベジタリアンに転向中。というわけで、一緒に着いて来たがったジャックを連れて三人でレドモンドにある正統派ベジタリアンのお店でディナーでした。自分が肉食系なので、野菜系では力が出ないだろうと色々頼んだらお腹いっぱいに(><)
M本君と自分が日本語で話している時に、よく会話が噛み合わず、あまりにも可笑しくて二人して笑い転げている姿をジャックが不思議そうな目で見ていて、後でジャックに、マミーと M本君が何を話して笑っていたのか説明したら、ちょっと納得していた模様。M本君は自分が日本に帰って仕事をしていた時期 (1999年から2000年) に同じ部門にいて、その頃からおとぼけキャラ&いじられキャラとして突出した才能を放っていた社員でした。マイクロソフト入社時にマウスが(不器用すぎて?)使えなかったという伝説の持ち主でもあり。今回は急遽出張になったということで、あまり話をする時間もなかったのですが、独身で両親と同居のパラサイトシングルの M本君の彼女・または奥さんになってもよいという人がいたら是非ご連絡ください(笑)自分自身彼とは町田のリス園でデートを重ねた事もあり(ウソ)東京ディズニーランドのシンデレラ城の前で薔薇の花を持って待っていてくれたM本君の熱い想いを断ったのはいまでも悔やまれます(ウソ)が、とても面白い M本君なのでもし興味のある方がいたらいつでも橋渡しさせていただきます(笑)

ジャックも、I like him と言っていて、うちの猫(ホワレちゃん)も、日本で会った事など多分覚えてはいないと思うものの、M本君に寄ってきてしばし遊んでもらっていました。
というわけで、帰りのフライトもお気をつけて~

2013年2月7日木曜日

Enzo を偲ぶ日 ~ 夫婦揃って今日はお休み

今日は旦那共々会社を休んで、心の整理+休息日でした。相変わらず Enzo を思って時々泣いている旦那ですが、今日は朝から青空が見える一日で、物事が上向きに変わって行くような気がする一日でした。予定通りに、お昼には寿司レストランでのんびりとランチを食べ 、Pets Mart へ行って猫の餌(特大袋)を三袋買って一路 Seattle Humane Society へ。
大きな餌の袋を3つ寄付したついでに、15年前に引き取った Enzo の話をして、新しい家族を待っている猫達と小一時間ほど一緒にいました。これからは Enzo の事で悲しい気持ちになったり、半年、一年、と区切りの時期が来るたびに、猫の餌を買って持って行こう、ということで、寂しい気持ちに一区切りをつける事ができたような気がします。
子猫達と違って、年寄りで大きな猫達はなかなか貰い手がつかない事もあるようで、最終的に誰も貰い手がない猫は、人知れず処分されてしまう運命にあるのではないかと思うと、一匹ずつに Good Luck と声をかけていた旦那。一般的に犬よりも貰い手が少ないという猫達、のんびりときれいな部屋で寝ていられる日々は自分達が思っているよりも短いのだろうと思いました。
夕方、ジャックを迎えに行く前に、旦那が昔通っていたという教会へ初めて連れて行ってもらいました。平日の夕方で誰もいない教会の中には、ピアノを弾いている女性が一人いて、ピアノを聴きながらしばらく椅子に座っていました。
旦那は、子供の頃や独身時代にしばらく教会に足を運んていたらしいのですが、いつの頃からか教会から足が遠のいて、今日は久々に行ってみようと思ったとの事。ジャックが生まれた時に、洗礼とかしなくていいの? という会話をした覚えがあるのですが、教会の中には洗礼用の小さなプール(もどき)があったり、静かな教会の中で水の流れる音が耳に心地よかったです。

2013年2月6日水曜日

サイエンスフェア

今日はジャックの学校でサイエンスフェアの展示会+ピザディナーイベントがあり、ジャックにせがまれ旦那が帰宅後に三人で学校までサイエンスフェアを見に行って来ました。幼稚園生(キンダー)だから、別に何もしなくてもよいだろうと思っていたら、キンダーの K のマークがついたプロジェクトも結構出品されていて、作品の名前を見ていたらジャックのクラスメートの男のや女の子のプロジェクトが飾ってあって、来年はジャックもプロジェクトをやってみてもいいかな、と思いました。

展示されていたプロジェクトはどれもよくできていましたが、個人的には飼い猫が右利きか左利きかを調べるプロジェクトがお気に入りでした。

猫と色々な玩具で遊び、どっちの手をよく使うか? を写真入りでレポートしてあって結論には、うちの猫は左利きだった、と書いてありました。

幼稚園児のプロジェクトの中には、これはどこからどうみても全部親が作ったとしか思えないものがあり、その桁違いによくできた展示に旦那と二人でプププっと吹き出してしまう一面も。親はどのくらい手を貸すべきなのかを知るにはよい展示品でした。

風船の中の空気を利用したレースが面白く、ジャックも風船を膨らまして参加してきました。見てるだけでもかなり楽しい展示でした。



2013年2月5日火曜日

胸やけに心電図(^^;

今朝体験した胸のあたりの痛みが気になって、社内にあるヘルスセンターに予約を入れて診察してもらったら「心電図とりましょう」と言う事で、心電図をとってみてもらいました。

心電図をとると、心臓の問題なのかどうかが簡単にわかるから、と看護婦さんがペタペタとシールを足や上半身に貼りつけクリップでコードを挟んで検査開始。あっという間に終わり、ドクターがニッコリ笑って「心臓には全然問題ないです」と。さらにドクター曰く、心臓発作で死にそう!と病院に駆け込んでくる大半が胸やけなのだと言っていました。

長い人生で胸やけはそんなに経験がないものの、年齢的にも胸やけを頻繁に感じ始めてもおかしくないお年頃で(笑)たまたまストレスやら何やらが一度に来たからバナナを食べた後に胸が異様に苦しくなってしまったのだろう… と。

担当の看護婦さんが、氏名や生年月日を確認する際に、自分の顔をマジマジと見ながら「あなた、実年齢よりものすごく若く見えるわ~」と言ってくれたのがお世辞でもちょっと嬉しく、そこでも元気づけられました(笑)新しい医療保険システムに変わってから初めての診察だったのですが、会社のヘルスセンターに行くだけだと何が変わったのかもわからない感じで非常に便利でした。

バナナのせいではないはず…(ーー;

朝ご飯にバナナを食べて1時間ほどした後、突然胸が苦しくなり、そのうちよくなるだろうと思ったものの、どんどん胸が重くなり、咄嗟に両腕を上に挙げてみたらとりあえず難なく上がるので心臓発作ではないだろう... と思ったのですが、まるでバナナが胸につかえたような痛みにしばし固まったしまった自分。今朝もまた、ここ数年で一番痩せてる自分記録を更新してしまったので、もしかして実は体調悪いのか?>自分、と。風邪の時期でもあるので体調には気をつけなくては...
とりあえず、今日の健康の記録ということで...


2013年2月4日月曜日

気がつけば超忙しい毎日 + 水星人プラス

病気の Enzo の世話をしながら暮らしていた時は、毎日がゆるゆると過ぎて行くような気がしていたのに、Enzo がいなくなってしまうとまた毎日があっという間に過ぎていき、毎日締め切りに追われる生活に。

何かを待っている間は時間が長く感じるのは脳の中で特別なカウントダウンカウンターが動いていて、まだ明日じゃないとかまだ今日のままとか、そういうのを普段は意識していないのに、敏感に意識するようになるから、一日が長く感じル用になるのかな?と。逆に意識の中でカウントダウンを意識していない日は、しばらく時計を見ていなかったらあっという間に夕方5時! のように、いつの間にか一日が終わっているように感じなのだろうと思っています。

月曜日は朝からジャックの学校のクラスヘルパーの担当日で、マミーがやってくる!とウキウキなジャックのいるクラスへ。6歳になっても相変わらずクラスの中でマミーにベッタリで 「Little monkey」 (ちび猿)と言いながら授業中でも抱っこにおんぶな状況に、クラスメートの女の子達の冷めた視線が... 毎回そんなだとクラスヘルパーに行けなくなるからやめなはれ!と言っているのに 「I will try.」 と言ってニヤリとするジャック。どんだけお母さんっ子なんだか(ーー;
それにしても中国人の子供達の頭の良い事!体はとっても小さいのに頭脳は多分ジャックや他の白人系の子供達よりも1年分ぐらい進んでいるようで、与えられた課題もサササっとやって余裕な状態。よくアメリカで中国人のお母さんの教育方法が英才教育のお手本のように取り上げられていますが、子供達の学力の発達ぶりを見ているとおぉ~っ!と目を見張るものがあり、何か秘訣があるのならお手本にしたいところです。

ジャックの学校での仕事を終えた後、会社でたまりにたまっているメールに目を通し同僚達とランチに行ったら、以前自分のプロジェクトでビルドを担当してくれていた M さんに偶然遭遇!M さんの娘さんの K ちゃんは自分達の結婚式でフラワーガールをやってくれて、母娘ともどもお世話になっていたものの、仕事が変わってからは毎年クリスマスカードを送るだけになってすっかりご無沙汰でした。先月数年ぶりにランチをした際に、またうちの会社で仕事をする予定だと聞いていたのですが、うちのビルでトレーニング中とは思いも寄らず、カフェテリアで偶然遭って久々にランチをしました。M さんは自分よりも年下なのに、内面がとても大人で頼れるお姉さんタイプで、ここの所 Pet Loss で沈んでいたのでとても励まされました。そんな大人な彼女が真面目な顔で占いについて語りだし、チェックしてみると結構当たってますよ!という言葉に六星占術のサイトをチェックしてみたら、今年の水星人プラスは、健弱:小殺界:健康に注意、との事。ちょっと体が弱っている時期だけに、気をつけねばと思いました。


2013年2月3日日曜日

Super Bowl サンデー


今日はアメリカンフットボールの大きな試合の日で、この日は大勢の人がビールを飲み、ホットドッグをかじり、ポテトチップスを食べながらテレビの前やスポーツバーに集って試合を観戦する日なのですが、スポーツ全般に興味がない旦那のおかげで、気分転換にシアトルへ出かけていて、試合自体はほとんど見ていなかったのですが、家に帰ってから Super Bowl 名物のハーフタイムショーを録画で見ました。毎年大物アーティストがパフォーマンスを見せるハーフタイムショー。今年はビヨンセがセクシーなダンスと歌で観客を魅了。ハーフタイムショーを見た後は、試合の部分を飛ばしながらコマーシャルばかりを見て、あとは優勝の紙ふぶきが飛ぶあたりまで全く試合を見ないまま終わった Super Bowl でした。


太っている事のメリットと痩せる喜び

この一週間、食欲が減退気味だった上、料理をする気力もなかったので外食やら電子レンジに入れて出来上がり的な簡単なものばかり食べていたのですが、アメリカにいると落ち込んでいる時に食べたいものがコンビニとか身近な所にないので、結局中華系の食べ放題レストランに落ち着いたりするのですが... 落ち込んでいる時の、サンマの塩焼きや、豚肉の生姜焼きに、寿司系はやっぱり日本人には嬉しい食べ物。特にサンマの塩焼きには心が和みました。
そんなこんなで、決して食べていないわけではなく、量的にはむしろ通常以上の量を食べている場合もあるのですが、体重が落ち続けている今日この頃。日が沈むと、色々と思い返す事が多く、旦那も自分も、もし一年前に Enzo の癌に気づいてあげていたら... とか(一年ぐらい前から耳が遠くなっている事に旦那は既に気づいていたとのこと) 後悔の念やら、どこで手を打っていれば結果が違ったのか、それとも獣医さんが言うように結果はそんなに変わらなかったのか... 考えていると胸が重くなるのでした。
胸が重くなる=呼吸にいつもよりもエネルギーを要する... 状態が一週間以上続いていたおかげで、息をするだけでいつもよりもジワジワとエネルギーを消費して、結果としてお腹の周りにあった脂肪の塊がだんだんとエネルギーに分解されてきている模様。これってまさに Enzo に起きていた事と一緒で、Enzo も他の猫達の餌を横取りしてあんなに太っていなかったら、3ヶ月も持たずにガリガリになって逝ってしまっていたに違いない... と思うと、Enzo も自分も旦那も太ってたおかげで実は助かってるんぢゃないかな ? という気がします。(太っている事を正当化しようとしているよーにも聞こえますが^^;;)人間も動物も小太りぐらいが病気には強いのだろう、というのが自分的な結論です。

で、痩せ続けている... とは言え、産後に落ちなかったどころか増え続けた脂肪がまだまだお腹周りにくっついているので、エクササイズによる健康的な痩せ方ではないものの、この機会にお腹周りスッキリで昔のようなスリムな体型に戻れたら嬉しいぞ~!と思うのでした。
ちなみに目標体重まであと 9 LB (約4 kg)!!

2013年2月2日土曜日

ペットの遺灰に関する話

こういう事はこういう状況になってみないとなかなか知る機会もないのですが、昨晩遺灰を受け取りに行った後、インターネットでペットの遺灰に関するある投稿を見て、そんな事もあるんだ、と一応骨壷を開けて確認してみたのが、遺灰の色と骨片の有無でした。幸い Enzo の遺灰は特に不審な点もなく、これが Enzo の最後の姿なんだなぁ... としみじみ思いました。

インターネットで読んだ投稿によると、ある夫婦が亡くなった猫を動物病院委託の火葬業者に火葬にしてもらった際に、後日受け取った遺灰がどうみても猫トイレの砂か何かのような、色も灰の質感も違うという内容の投稿で、その飼い主だった夫婦は怒りとやるせない思いに心を痛めているという内容でした。その夫婦は以前にも飼い猫を亡くした事があり、先に亡くなった猫達を火葬にした際の経験から、遺灰はグレー(灰色)で小さな骨片が混じっているはずと思っていたら、まったく異質なものが返って来てまずは獣医さんに確認したところ、獣医さんにもなぜ遺灰がそんな色なのかわからないとのことで、火葬を担当した業者に問い合わせたとのこと。

問い合わせの中で、火葬を担当した業者は、医療廃棄物を処理する会社で火葬業者として正規の認定を受けている会社ではなかった事が判明したものの、その動物病院はその業者と過去30年ぐらい業務提携をしていて、これまでずっとその業者が火葬を担当していたということでした。飼い主にしてみると本当にこれ以上やるせなく悲しい事もないだろうと思うのですが、その時点ではもう何もできることもなく非常に残念無念な思いを抱えていく事になってしまった飼い主夫婦でした。

アメリカでの火葬の情報を読んでいたら、人間の場合はほぼ90分(大きな人や太っている人は3時間ぐらいかかる場合もある)で高温での火葬が終了し、その後骨以外のもの(手術で埋め込まれていた金属類や、見につけていた貴金属類)を取り除き、大きな骨を小さく砕くために粉砕機にかけられ、その後で家族の元に返って来るようになっているとのこと。

旦那も自分も骨壷を買わなくては、と思っていたのですが、Enzo の遺灰は小さな骨壷に入って帰って来たので一つ手間が省けたのはよかったです。骨壷の中に「この作品は一つ一つ手作りで作られたもので、同じものは二つとありません。」というような証書が一緒に入っていたのですが、心遣いはなんとなくありがたいと思ったものの、この紙は骨壷の中に一緒に保存しておく必要はないよね、と、遺灰以外のものは取り除いて蓋をしめました。

旦那が、どうせボクの方が先に逝くだろうから、自分が死んだら Enzo の遺灰と一緒にして欲しい、と真剣な眼差しで自分に頼んだ時に、旦那の方が年下なのに、すっかり自分だけ見送ってもらうつもりだな~もぉ~と、思ってしまった自分です。自分達の年齢が上がり、自分達の親やペットも高齢になり、向こう5年から10年の間に何度も家族やペットの死を経験する事になるのだろう、と思うと、辛い時をうまく乗り越える方法を色々と模索しないといけないなぁと思いました。悲しい別れからまだ一週間で、気持ちが沈んでいる事が多い事もあり、ここのところ食べても痩せる(健康ならこれほど嬉しい事もないのですが)状態で、ここ数年で一番痩せている自分記録更新中。

2013年2月1日金曜日

Enzo の遺灰帰宅 & さらなるお悔やみカード

今日10日ぶりに Enzo が家に帰って来ました。生きていた頃とは違って、小さな骨壷に入って帰って来ました。家に帰って来て、骨壷の蓋を開け、Enzo の灰と小さな骨片を見ながら、旦那が「自分が死んだら、Enzo の灰と一緒に混ぜて...」 と言って、しばらくさめざめと泣いていました。骨壷と一緒に Enzo の足型がついたハート型の陶器を二個もらったのですが、足型のくぼみを撫でながら、Enzo が生きていた頃の手触りを思い出していました。

今日は Enzo が息を引き取った病院ではなく、かかりつけの動物病院からお悔やみのカードが届いていて、Enzo が亡くなった事を、最後にお世話になった専門医のいる動物病院から聞いたんだね、きっと、と旦那と話していました。かかりつけの病院からのカードもとても心温まるメッセージで、読んでいるうちに涙がホロリと出てしまうカードでした。


ちなみに旦那は、泣きながらも Enzo が家に帰って来てほっとしたと言っていました。

そして自分はこの一週間で 5 パウンドも痩せ、今まで入らなかったジーンズやセーターに足や袖が通ったのは喜ぶべきなのですが、急激に体重が落ちると健康上かなり危険なので、体重の減り具合には気をつけねばと思います。