2013年12月31日火曜日

残り7時間ちょい ~ ビミョーなご利益

今年も残す所 あと半日弱... お昼過ぎにレドモンドへ猫のお墓参りと年末最後の買い出しに行って来ました。ビヨン(猫)のお墓参りに行くとよい事が起きる、というジンクスはかなりの確率で当たり続けているのですが... お墓参りの直後 Fred Meyer に寄って食糧の買い出しをしていたら、セルフサービスの支払い機が、メンバーカードをスキャンしただけなのに、いきなり店員さんを呼ぶモードに...え? まだ何もしてないのに? と思って不思議に思いつつも、店員さんがすぐに端末機を通常モードに戻してくれました。
いい事どころかいきなり躓いてるし...(ーー;と思いつつも、買い物を済ませ買い物袋を抱えて車に向かった所荷物が異様に重くて、車に積み込んだ際に買い物袋をチェックしてみると、なんとみかんがたくさん入った袋が!あぁ、これが残っていたから端末機がエラーだったのか... と後から納得。ちょうどお墓参りの直後だったので、ビヨンからのお歳暮のような気がして有難くいただいておくことに(笑)よく買い物をする店ですが、こんなハプニングは初めてで、なんだかビミョーな有難さのご利益でした(^^;;
ビヨンのお墓のお供え用に持って行ったのはクリスマス用に買ったお花で、新年なので赤と白がベースのお花を... と思っていたのに、蓋を開けてみたら黄色と緑色がベースの花束を掴んでレジに向かっていた自分。クリスマスも今年は赤色のお花ではなくて白と緑で、ここ最近緑色のお花に惹かれがちな自分です。猫達がお花やら葉っぱをかじるので、明日には歯型がついているかも? ですが、お正月にお花があるだけでよしとしますか(^^;

大晦日

日本は既に年が明けて 2014 年ですが、アメリカはまだ大晦日。年末最後の株価チェックの後は怒涛の大掃除 & 年越し用のうどん(うちの旦那とジャックはミートボール入りうどんが大好き)の材料の買い出しやら、猫のお墓参り等、今年の最後を締めくくるべく大忙しな一日になりそうです。

アメリカは元旦以外は平日なので、やや味気ないお正月を毎年過ごしていますが、お正月用に尾頭付きの魚でも買って来ますか...

さてさて、掃除に取りかからねば!

2013年12月30日月曜日

Purrrry (パーリー) 見つかる (^▽^)

Granville Island Hotel から電話があり、アライグマのぬいぐるみは忘れ物の中にも、自分達が宿泊していた部屋の中にも見当たらなかったとの事で、もしかしたら次に同じ部屋に泊まった人が見つけて 1)処分してしまった、か、2)子供連れの家族で子供にあげてしまった、のどちらか? かな? と思っていたら、夜になってジャックが、Purrrry (パーリー) を持って嬉しそうにジャックの部屋から出て来ました (^▽^) やっぱり忘れずにバックパックの中に詰め込んであったんだ!と本当にほっとしました。
たかだかぬいぐるみなのですが、Toy Story 世代のジャックや、Toy Story 世代の子供と一緒に過ごす親にとって、お気に入りのぬいぐるみを旅先で紛失するという事は、ペットが迷子になったような感覚に似ていて、実は結構落ち込んでいた自分。ジャックがチェックアウト前に玩具を片付けなかったので、自分がジャックの玩具やらぬいぐるみ達をバックパックに詰めた張本人だったので、片付けなかったジャックが悪いという思いよりも、自分が確認(点呼^^?)を怠った後悔の念の方が強かったのでした。なので、ホテルから、パーリーが見当たらない、という連絡を受けた時に、え? だとするとやっぱりパーリーは家の中か車の中に落ちているのかも? とモヤモヤとした疑問を抱いていたので、ジャックがパーリーを持って来た時にはジャックと二人小躍りして喜んでしまいました。

長年構想だけは練っていたプロジェクトの一つに、年明け早々にでも真剣に着手しようと思いました。そのプロジェクトは、ジャックのぬいぐるみ達の写真を撮り、写真集にまとめる事。ジャックが大人になって、ジャックの子供に見せてあげられるような、そういう写真集(ソフトコピー+豪華ハードカバーバージョン(^^) を作るのが夢でした。決して難しい作業ではないのですが、これまでは時間がなくてなかなか着手できずにいましたが、パーリーの一件で、これまで色々なぬいぐるみ達の生い立ちの話などをまとめておいたら、いつかぬいぐるみ達がいなくなってもあんまり寂しくないかな(^^? と。ジャックのぬいぐるみ達は、単なる飾りではなくて、日々のベッドタイムストーリーの主役であり脇役であり、色々な人生の教訓を教える時に使ったり(女は追うな!追わないと向うから追いかけて来るものだから...というピカチュウの教えとか^^;)本当に一匹いなくなるだけで、軽度のペットロスにも似た気持ちになったので、... うちのぬいぐるみ達は本当に色々なエピソードを持っているので、そのエピソードだけでも本が一冊書けそうです。大人になった時に、そんな写真集を持ってるというだけで、相当親に愛されて育ったんだね~ジャック!と、自分が他人だったら思うだろうな~と思いますが、逆に自分がジャックの彼女とか奥さんだったら、そんな写真集を見せられたら「ウゲーっ!どんだけ甘やかされて育ったの? >ジャック」と思うかも?

何はともあれパーリーが見つかってよかったです(ほっ)

今年最後のランチミーティング & アフタークリスマスセール

今日は久々に仲良しの友人夫妻とサウスセンターモールの近くにあるタイレストラン Bai Tong で今年最後のランチミーティングでした(^^) Bai Tong はレドモンドにもあり、人気のランチスポットで、ここの Bai Tong Special Noodle がお気に入りです(^^) 何かと忙しくて三人で会う機会があまりなかったのですが、年が明ける前に会えて楽しかったです(^^)  Bai Tong レストランの Web サイトは http://www.baitongrestaurant.com/ です。

ランチの後は、サウスセンターモールへアフタークリスマスセールの買い物に行って来ましたが、3 時間ぐらいモール内を見てまわっていたのに、今日は物欲ゼロデーで、何も欲しい物が見つからないという珍しい日でした。最近太り気味なので、洋服類にあまり目がいかなかったのが大きな要因かと... (洋服類は、痩せて服が入るようになってから?)そんなお買い物不作デーながらも、今日一番の戦利品? は、肩こり解消等に良く効くヒートピローでした。通常12ドルぐらいで売っているものなのですが、今日はたったの 2.5 ドルで売られていて、それだけは素通りできずに一本購入して帰りました(^^) 

明日はいよいよ大晦日... お掃除の続きを終わらせななくては! 

Purrrry (パーリー) still in Canada?

旅行に行く時には毎度お気に入りのぬいぐるみ達持っていくジャック。枕が変わると眠れないという人がいますが、ぬいぐるみ達は大概朝にはジャックに蹴飛ばされてあちこちに離散していて、枕ほどは役に立っていないのですが... いつもなら 5 匹まで、とか数に制限をしていたのに、カナダで近場の旅行なので、ジャックの好きなように任せていたら、スーツケースのポケットやらバックパックの中等にたくさんのぬいぐるみ達を隠し持って来たジャック。そんな事もあり、今回ぬいぐるみの点呼を怠ったのも祟って、家に帰ってみると、Mt. Rainier のお土産屋さんで買って来たアライグマの Purrry(パーリー)が見当たらず... 最初は「Purrrry 家の中で見たよ!」と言っていたジャックなのですが、どうも他の茶色系のぬいぐるみ達と見間違えた模様...

ベッドの下とかテーブルの下に落ちたまま、部屋に置き忘れてきてしまった可能性が高く、とりあえずホテルに電話をして、自分達が泊まっていた部屋に忘れ物ののアライグマがいないかどうかを確認してもらっている最中です。

Purrry(パーリー)は、小さいながらも鋭い爪で相手を倒し、攻撃の強さではトップクラス... という事になっているアライグマで、必殺技は愛らしい姿で近寄ってきて、相手が油断したところで右斜め45度から鋭い爪でシャーッと引っ掻いて相手を倒す格闘型アライグマ(という事になっている^^;)最近では他の小さなぬいぐるみ達相手に、鋭い爪での攻撃を教える学校を開いている事になっていて、「マスター(先生)」と呼ばれている愛すべきキャラクターだっただけにカナダに置き去りにしてしまったのは惜しいぬいぐるみでした。

もしホテルのハウスキーピングの人が保管していてくれたら、多分自分がカナダまで取りに行かねばなので、見つかったら片道2時間半... と嬉しいような嬉しくないような...とりあえず NEXUS カードを持っているので、国境の渋滞には巻き込まれずに入出国ができるので、もし Purrry(パーリー)がまだホテルにいたら、今日の午後あたりまたカナダかも...です。

2013年12月29日日曜日

Granville Island で過ごす週末 ~ 日曜日

Granville Island で過ごす週末 2日目の日曜日。朝から時折小雨が降ったり止んだりしていましたが、島から出る気ゼロな自分達は車はホテルの駐車場に置いたまま、Public Market まで歩いて出かけ、まずは遅めの朝食兼昼食を食べ、窓の向こうに見えるダウタウンバンクーバー を見ながらまったり(^^) クリスマス、誕生日とただでさえ食べ過ぎ気味だったのですが、ここへ来てたったの二日なのにまた1キロぐらい体重が増えたような気が...(^^;;
Public Market には美味しいものが溢れていて、ウエスト回りが1m ぐらいになってしまっても、デザートまでしっかり食べたくなる気持ちを抑える事ができず、食欲の赴くまま、どんどん胃袋へ(冗談ではなくホントに 1m ぐらいありそうな気が...(><)新鮮な材料を使った食べ物を前に「ダイエットは来年から...」と今は開き直りの境地ですが、アメリカに戻ったら真剣にダイエットしなくては!と思います。
今日はお天気のせいか午前中は昨日よりも混んでいなくて、比較的簡単に窓際の席が確保できたおかげで、窓の外を行き来する水上タクシー(アクアバス)やカヤックを楽しむ人達の姿を見ながらのんびりとした時間を過ごせました。食事の後は、土曜日に見て回れなかったお店やアートギャラリー巡りでしたが、アートギャラリー巡りはかなり楽しく、また創造力や想像力を掻き立てられて、ジャックにとってもいい経験でした(^^) 
余談ですが、Public Market で手品をやっているおじいさんがいたのですが、家族連れ旅行者を見つけては参加型の手品をやっていたのですが、これがホントに上手で、ジャックや手品に参加していた子供達やその家族はみんな一様に驚いたり感動したり!ジャックも一つしか持っていなかったボールが掌を広げたら増えていたり、ダディが持っていた赤いボールが忽然と消えたりする姿に Oh! My!! と大はしゃぎでした(これはかなりヒットでした^^) 
アートギャラリー系はほとんど写真撮影不可なので、紹介できないのが残念ですが、小さな個人ギャラリーで緻密な絵を描いているおじさん(おじいさんかな?)に、ジャックが色々と絵について質問したら、子供にも丁寧に答えてくれていて、とってもいい画家のおじさん(おじいさん?)でした。旦那も自分も絵を描くのが好きなので、使っている絵具について質問したら、興味深い話が聞けて面白かったです。
楽器屋さんも面白かったのですが、Crystal Ark というクリスタルやきれいな石を売っているお店で見かけた Petrified Wood (
石化した木片)がとっても興味深かったです。石のように固くてしかも重たい木片を1 つ 6 ドルで売っていて、実際に買っている人もいて、使い道はかわからないものの、なんだかとっても欲しくなる木片だな~と思いながら手に取ってみていました。 
写真では質感とか重量感が伝わらないのが残念なのですが、 石化した木を見たり触ったした事がない人には、これが木片だなんて、すごい~と思わせるものがありました。Crystal Ark のお店の横にあるドーム部分は、色々な色の石が敷き詰めてある一角もあり、ジャックには石化した木よりも色とりどりの石の方が魅力的だった模様(^^)
ところで今朝は早朝 5 時頃に、突然ホームセキュリティ会社からの連絡の電話で起こされるというハプニングがありました。ほとんんど毎年お約束のように、年末に旅行に出かけると家の中のセキュリティーアラームが何かに反応して鳴り響く... というパターン。今回は早朝で、もしかして本当に泥棒にでも入られたのかも? と家の中にセットしてきたビデオカメラで室内を確認すると、特に荒らされた様子も、人の気配もなく、猫の仕業っぽい。
遠隔操作でアラームを解除し、またセットしなおしておいたのですが、今度は夕方頃にまたしてもアラームが鳴り出し、またしてもホームセキュリティ会社から電話が携帯にかかってきて、二回目の時はアメリカ国境に近い場所で連絡が入ったので、アメリカ側に入ってから携帯電話でセキュリティサイトにアクセスして、家で鳴り響いているアラームを解除しセットしなおして家に戻りました。蓋を開けてみると、天井に近い所にセットしてあるモーションセンサーが壁から床に落ちてしまっていて、たまたまそれが猫のトイレの近くだったので、猫がトイレに行く度にモーションセンサーが警報を鳴らしていた模様。ものすごくうるさい警報(アラーム音)なので、朝 5 時にそんなものが鳴り響いていたら、猫だけでなく近所の人にも実はうるさかったかも? とちょっと申し訳なく思ってしまいました。が、何はともあれ泥棒に入られていなくてよかったです(ほっ)

2013年12月28日土曜日

Granville Island で過ごす週末 ~ Public Market 食べ物編

Granville Island 内には、レストラン、アートギャラリー、ビールの醸造レストラン・バー(Brewery)や各種専門店に加え、新鮮な魚介類やフルーツに焼き立てのパンやお菓子を売るお店等がぎっしり詰まった Public Market があり観光客に大人気です。前回は Bridges というウォーターフロントのレストランでジャックと旦那と三人で食事をしたので、Public Market の食べ物を試す機会がないまま帰国でしたが今回は Public Market で初ショッピング(^^)
見るからに美味しそうなカニのむき身やら、スモークサーモン、そして生ハムにサラミ... お肉・お魚が大好きな自分は、狭い通路を挟んで向かい合うお店の間でどっちにすべきか... ウウム... と嬉しい悩み事を抱えてウロウロしていたのですが、スペイン出張で本場のイベリコ豚の生ハムを食べて以来、生ハムの美味しさに目覚めてしまった自分は、結局生ハムとサラミのお店に流れ着くことに...(笑) 
Public Market 内の生ハムを売るお店で、イベリコ豚の生ハム以外は何でも試食アリというお店があり、そこは番号札を取って自分の番号が呼ばれたらお店の人が対応してくれるというシステムになっていました。やっと旦那の番号札の順番が回って来て、さて、どの生ハムを試そうかな? と思っていたら、隣に立っていたドイツ人観光客の人がドイツの生ハムが安くて美味しいよ!と勧めてくれたのですがこれが大当りでした(^^) 
生ハムとサラミを買った後はチーズのお店へ... 相変わらずちゃんと発音できない Gruyere Cheese を買おうと思ったら、お店のお兄さんが「こちらの方がおススメです」と言って Aged Gruyere Cheese(最低でも18ヶ月間熟成なのだとか)のサンプルを試食させてくれて、確かにそっちの方が美味しい!という事で Aged の方を 2 ドル分ぐらい買ってお次はパン屋さんへ... 
パン屋さんではレギュラーサイズ? の大きいフランスパンから、その半分のサイズのものも揃っていたので、オリーブが入ったバゲットを買い、スライスしてもらったパンを持って今度はケーキ屋さんへ一路デザートを買いに... 旦那にはチョコレートムースでジャックはエクレア、そして自分用には紫色がきれいなブルーベリーチーズケーキを買って、その後は地中海系の料理やサラダを売っているお店でサラダを二種類購入して買い出し終了。
生ハムとオリーブ入りのバゲットとチーズで作ったオープンサンドイッチ、 旦那はさらにサラミも足していましたが、生ハムとチーズだけで既に完成された美味しさで大満足でした(^^)
最後に買ったサラダがまた実にサッパリと美味しくて、普段生のピーマン(赤ピーマン)なんて食べない旦那が、美味しい、美味しいと言って完食していました。

ちなみに Public Market 内には椅子やテーブルが並んでいるエリアがあるので、買って来た食べ物を食べたり、休憩がてらコーヒーでも飲みながら一息つくのにもよい場所です(^^)

余談ですが、以前ノースバンクーバーにある Lonsdale Quay Hotel に泊まった事があるのですが、Granville Island Hotel と Lonsdale Quay Hotel は相通じるものがあるので、ここが気に入る人はノースバンクーバーの Lonsdale Quay Hotel も気に入ると思います。どちらも Public Market がすぐ近くにあり、グルメな人にもおススメです(^^)


Granville Island で過ごす週末 ~ Kids Market 編

Granville Island の一番の観光名所は Public Market なのですが、子供にとっては Kids Market が一番楽しい場所だと思います。 Kids Market は Granville Island の入り口を入ってすぐの右手側にある背の高い建物で、中には色々な玩具屋さんが入っています。ぬいぐるみに目がないジャックは子供用のドア(小さ目に作ってあるドア)を入った次の瞬間にはもうぬいぐるみの虜でした(苦笑)今回の旅行にも10匹ぐらい連れてきているのに...^^;
中で売っている玩具ですが、所謂トイザラス系の大量生産玩具ではなく、えーっ、こんなの見たことなかった~というような面白そうなものもあちこちにあって、ジャックだけでなく自分達も玩具を手に取ってみたり、デモ用の玩具で遊んでみたりしていました。アメリカの玩具屋さんではあまり見かけないものは、もしかしたら英国やヨーロッパから輸入しているのかも? (日本から輸入している商品も結構ありました)明日また Kids Market へも行く予定なのですが、また一匹ぬいぐるみが増えそうな予感です(^^;;

Granville Island で過ごす週末 ~ ホテル編

毎年恒例の年末の家族旅行、今年はカナダのGranville Island(グランビルアイランド) の一角に建つ、Granville Island Hotel で今年最後のバケーションを満喫中です(^^) この Granville Island は、ダウンタウンバンクーバーに行く途中の橋の下にある小さな島なのですが、カナダの観光名所の一つでありながらも、どちらかと言うと隠れてないけど隠れた名所というかリピーター向け観光地かな? と思います。

カナダにはお義母さんが住んでいるのでよく訪れていたものの、Granville Island へは二回ぐらいしか来た事がないくらい、いつも素通りしてしまう場所でした。橋の下にある上、入り口に通じる道が一本しかないので、ちゃんと目指して行かないと辿り着けなかったりする事も...(^^;; 前回遊びに来た時は夏の時期で、水遊びができる場所もあり子供連れの家族にもかなり楽しい場所ですが、混んでいる時は駐車スポットを探すのがちょっと大変です。
そして駐車スポットを探して島内をグルグル回っていた時に見つけたのが今回宿泊中の Granville Island Hotel だったのですが、夏場は相当早目に予約を入れないと満室御礼状態の人気ホテルで、そのうち泊まりに行ってみようと思っているうちに数年が経ってしまいました。自分好みの清潔で上品な雰囲気のホテルでカスタマーレビューもかなり良かったので楽しみにしていましたが、期待通りの素敵なホテルでとても気に入りました(^^)
建物自体そんなに大きくないので、アメリカのホテルに比べるとやや狭い感じは拭えませんが、なんといってもロケーション!Granville Island を満喫するのにこれ以上最適なホテルは望めない!というほど便利な立地条件を備え、さらにウォータフロントのホテルでこのお値段は破格かと^^? (ちなみに今回は Expedia の Reward Point を使っての予約だったので $50 ドル引きの価格だったため超破格のお値段だったりします)
廊下の一番奥はガラス張りになっていて、対岸にダウンタウンバンクーバーが見え、そして下を見下ろすとそこには Dockside レストランが見えて、窓際の席でワインと何やら美味しそうな料理を楽しみながら談笑する大人のカップル(年配のカップルから割と若いカップルまで)でどの席も埋まっていました。バンクーバーの ”hidden gem"(隠れ名所)的な Granville Island と Granville Island Hotel 、カナダに滞在中の人で時間的に余裕のある人は是非訪れてみて損はない観光地です(^^)  興味のある方は、ホテルの Web サイトをチェックしてみてください。
http://www.granvilleislandhotel.com/

2013年12月27日金曜日

TV ドラマ:Nikita 最終回

今日は Maggie Q 主演のアクションサスペンスドラマ、Nikita の最終回の日で、今録画を見終わった所ですが... このシリーズ、2010 年のシーズン 1 以来欠かさず見てきたのですが、シーズン 3 とシーズン 4 は回を追うごとにいい感じに盛り上がり、最終回もキレイにまとめてくれました(^^)

Nikita (ニキータ)と言えば、昔の同名の映画やテレビドラマシリーズからしても、フランス人か、フランス人ぽいイメージでしょ~と思っていたので、Maggie Q のあまりにもアジア人的 Nikita がいまいちに見えてしょうがなかったシーズン 1 でした。シーズン 1 では Maggie Q よりも Alex Udinov 役の彼女の方が全然魅力的で光っていたのですが、最後はやっぱり Maggie Q が締めてくれました。脇を固めるメンバーもそれぞれ魅力的でよかったです。特にハッキングの天才で Nerd な Birkhoff と、シーズン 2 で消えた悪玉のボスの Percy は存在感のある脇役でした。
 

Nikita も終わってしまうと、毎週楽しみに見るテレビ番組がまた一つなくなってしまいましがたが、次にまたワクワクするような展開の面白い番組が始まりますように!

MTV 幻の名作? ダリア & 映画三昧な金曜日 & その他諸々

クリスマスプレゼントに旦那にもらった daria (ダリア)。12月の頭に Best Buy で見かけた時から今年のプレゼントにはこれだ!と思っていたので、ちゃんと忘れずに買って来てくれてよかったです。 実は旦那も自分以上に daria のファンで、クリスマスの後、ディスク 1 からテレビ番組に飽きた頃に家族三人で見ています。ジャックにも daria のシュールでクールな話がわかるようで、テレビに飽きると daria を見よう!と言うほど気に入った模様。ビーバス&バットヘッドよりは教育的? なアニメだと思います(^^;; 
daria を見ていない時には手持ちの DVD コレクションや Netflix から適当な映画を見つけて BGM 代わりに見ていたのですが、久々に見た Air Force One は今見ても面白く、結局ジャックと二人で朝 1時までかかって見ていました。最後に正義の味方が勝つ映画はスカっとしていいです(^^) あとは久々に宮崎駿の「天空の城ラピュタ」をジャックと見ていたのですが、ナウシカ、ラピュタ、トトロの三作品が自分の中では TOP 3 宮崎アニメです。


話は飛びますが、旦那がジャック(というか家族みんな用)に買った Angry Birds Star Wars ゲームが期待以上によくできたファミリーゲームで楽しかったです。携帯の Angry Birds ゲームには相当ハマった一人なのですが、リアルバージョンの Angry Birds ゲームにはずっと興味を持っていて、そのうち一つ買って試してみてもいいかも? と思っていたので、旦那が密かに買っておいてくれたのはこの冬のヒットでした(^^) ちなみに Angry Birds ゲームは色々な種類が売られているので、どれが良いのか悩みどころだったのですが、旦那曰くこの Star Wars バージョンはかなりいいレビューだったのでこれにしたとの事 (Amazon で $25)


ジャックのヘリコプターは正直自分用にも一つ買ってもいいかな? と旦那も自分も密かに思うほど、安い玩具ながら楽しい玩具でした。旦那はラジオコントロールの飛行機を組み立てるのが趣味で、家の中には自分の身長ほどのラジコン飛行機が置いてあったりするのですが、子供が生まれてから旦那が飛行機を飛ばしているのを見た事がなく、このミニヘリコプターはラジコン飛行機熱再燃の兆しなのかも? という気もします。
ビギナー用はパワーと左右のステアリングのみの単純な操作で飛ばすことができるので、自分やジャックのような初心者でも適当に操作して飛ばせるのがよいです(^^)  むしろ難しいのは着陸の方で、地表に近い所までゆっくりパワーダウンしながら下りて来るのですが着地には少々技が必要で、何度もドゴッ、ボコッ... と痛い着陸を繰り返していましたが、でもかなり楽しい玩具でした。この手の玩具はXYZと三次元座標の認識能力を養うのによさそうです。
こちらの写真は誕生日の日の午後にミニハイキングに行った Mercer Slough の近くにあるハイキングトレイルです。夏場によく行く近所のハイキングスポットの冬の風景です。ちなみに夏はこんな感じ。湿地帯にボードウォークが作ってあり、遠くにはベルニューの高層ビルが見えるハイキングトレイルです。ダウタウンベルビューから車で 5 分ほどの距離ながらも、自然を満喫できるおススメのスポットです(^^)
クリスマス前に風邪で寝込んでしまったという実家の母から、日本に送った今年のクリスマスカードが実家にも届き、幸せな家族の写真を見て幸せな気持ちになった、というメールが入っていたので、旦那に「写真だけ見ると幸せ家族に見えるんだよね~(実際にはかなり喧嘩しまくりだけど...^^?)」と言ったら、あんなに日々ボコボコにされながらも Happy family (^ー^;) と言う旦那。Happy の定義って何なんだ? と思わないでもないですが、家族が楽しそうにしている写真は、実際仲が良くても悪くても宝物です。
今日は日本にいる友人 K さんから素敵なカードとサプライズギフトが届き、クリスマス、誕生日に続き三日連続でプレゼントを貰ってしまうという嬉しい一日でした(^^) プレゼント、どうもありがとうございました! > K さん

そして今日の諸々の最後は Wishbone(ウィッシュボーン)ターキー一羽につき一つだけという骨で、乾燥させた wishbone の両端を持って引っ張り、折れた骨の長さが長かった人の願い事が叶う... というものです。今年はジャックと旦那 vs. 自分とベア(テディベア)で両端を引っ張ってみたところ、ジャックと旦那が長い方の骨を勝ち取りました(^^)

2013年12月26日木曜日

誕生日 & 93ヶ月アニバーサリー

クリスマスの翌日は自分の誕生日& 26日は毎月恒例のアニバーサリー でもあり、クリスマスケーキの後はバースデーケーキが待っている!という子供には嬉しいケーキ三昧の週(^^) クリスマスケーキが濃厚なチョコレートムースケーキだったので、バースデーケーキはホワイトチョコレートをあしらったホワイトケーキ。
オリジナルはこんな感じだったのですが...

マミーのケーキの飾り付けをしてあげる!とジャックがいつものように兵隊さん達の楊枝を取り出してきて、あっという間にホワイトケーキがこんな有様に(笑)木の陰には森の動物たちも隠れている... と、自慢気に言うジャックなのですが、うーん、どう考えても人口過密地域というか、なんかスゴイんですけどぉ(^^;;; ジャックぅ~
ケーキに飾り付けを終えた頃、家の呼び鈴が鳴り、ドアの向こう側に何かを置く音がしたので、配達かな? と思いガレージ側のドアからパジャマ姿で外に出てみると、仲良しの友人が通勤の途中に誕生日プレゼントに... と手作りのアップルパイとチョコレートのギフトを配達してくれました。朝、電話もくれたらしいのですが、寝ていて気がつかなかった模様。ものすごく早い時間に感じたのですが、時計を見たら午前10時半過ぎで、全然早くない時間。
旦那も今年は既に仕事納めで休暇中なので、毎日お昼近くまで寝ているのですが、朝寝坊一家の今日の朝食は手作りのアップルパイと紅茶でした(^^)  誕生日なので、今日は何にもしないし、お料理も作らない宣言をしていたので、実に嬉しいお届け物でした(^^) どうもありがとう~>Y子さん

誕生日なので基本的には自分がやりたいことをやる一日でしたが、近くのハイキングトレイルを40分ほどお散歩した後は、ジャックがヘリコプターの玩具を学校の校庭で飛ばしたがり、学校の校庭へ... その後は家に帰って、自分は長風呂に浸かりながら「半沢直樹」のドラマの続きを楽しく見ていたら... 旦那がまたしても昼寝モードに入ってしまったらしく、退屈しきったジャックがおもちゃの兵隊たちを引き連れてバスルームへやって来て、これで遊んでいいよ~ とバスタブに兵隊さん達を放り込んで来たのですが、バスタブでアーミーごっこをしたら超楽しいに違いない!と思ったジャックが、半沢直樹と自分の間に割って入って来て動く気配がなかったので、最後は自分が折れて「All right, you can come in!」(ジャックもお風呂で遊んでいいよ!)とジャックとお風呂の中でアーミー対ビーバー対悪者、みたいな遊びに付き合わされることに...(><)旦那を呼ぶものの眠りが深くて聞こえない模様... (ずるいよな~いつも寝てばかりで...) もうじき 7 歳になる男の子と一緒にお風呂に入るのはアメリカの常識的にはマズイのかな? と思う時もあるものの、多分 10 歳になってもお母さんとお風呂に入る事もないだろう... と思って本人が入りたいなら、ま、いいか、と一緒に入っていますが、よく外人やハーフの子供達が日本の温泉で恥かしがって温泉に入らない... という話を耳にするので、ジャックには日本の温泉でもモジモジしない子に育てたいと思っています。前回日本に連れて帰った時は日本の温泉をとっても楽しんでいたので、また来年日本に行く時にジャックも一緒に連れて行けたら、絶対温泉にも連れて行ってあげたいと思っています(^^)

旦那がちゃんとジャックの面倒を見ていてくれたらもっと最高でしたが、それでも、あったかいお風呂に浸かりながら見る「半沢直樹」は最高でした(^^)

2013年12月25日水曜日

今年のターキーも美味しく焼き上がりました(^^)

今年もクリスマスはターキーを焼いたのですが、今年も美味しく焼き上がり、旦那とジャックにも大好評でした。ターキーは基本的にオーブンに放り込んでおくだけでできる簡単料理で、オーブンの温度とタイマーをちゃんと設定しておけば失敗はまずあり得ない料理なのですが、それでもジューシーなターキーに仕上げるためには、時々ターキーの様子を見たり、温度をチェックしたり、表面がコンガリ焼けるように汁をかけるのがポイントです。
材料もそんなにたくさん必要なわけでもなく、単純な料理なのですが、今年はクラム(貝)の缶詰めと、グレービーソースの素と、クランベリーソースを買い忘れていて、クリスマス当日に近所のお店で慌てて調達でした。クランベリーソースは食べる直前にしか必要ないため、すっかり忘れていて、最後の最後で大慌てで買いに行ったのですが、クリスマスは早目にお店が閉まるため、一軒目は既に閉まっていて二軒目でギリギリセーフで購入(ほっ) 
買い物に行く時に、携帯で自分のブログを検索する事が多いのですが、日々の記録としてだけでなく、色々と備忘録としてもかなり役立っているマイブログです(^^)  今回のように、簡単なお料理ながらも一年に一回か二回ぐらいしか作らないものは、以前のブログにざっと目を通すだけで、材料、作り方、所要時間等がわかって便利です。
というわけで、今年もお料理備忘録として... スタッフィング用の材料は、セロリの微塵切り、マッシュルームの微塵切り、クラム(缶詰め)の微塵切りに、香辛料入りのスタッフィング用のブレッド(パン粉)一袋。セロリとマッシュルームとを炒めると水分がたくさん出て来ますが、クラムを入れる際にクラムの缶詰めの中のジュースを捨てずに鍋に入れます。スタッフィング用のブレッドが野菜やクラムジュースの水分を吸って美味しく仕上がります。
水分が不足している場合(ブレッドの量が多すぎた場合)には、チキンストック(チキンスープ)を加えても OK です。 ターキーのおなかにスタッフィングを詰めない方が 30 分ぐらい焼く時間を短縮でき、人によってはそちらを推奨するシェフも多いですが、スタッフィング自体が好きな自分の意見としては、ターキーと一緒にオーブンで焼いたスタッフィングの方がターキーの風味も加わって美味しく感じます。
ここ数年、ターキーにスタッフィングを詰めるのを手伝ってくれているジャック。去年や一昨年のブログを見ると、やっぱり小さい頃は何をやっててもカワイく見えるな~と思います。男のは子犬みたいなもので、小さい時にはかなりカワイくても大人になると... ちなみに、こちらが 2012年の風景 、2011年の風景 に 2010年の風景 です。
今年のターキ―は 12 パウンドと 3 人家族にはちょうどよい大きさで、華氏 325 度のオーブンで 4 時間弱焼いたら、完璧な焼き上がりでした(^^) 焼く時に、買っておいたチキンストック(チキンスープ)を1 リットル分ぐらい(1.5箱分ぐらい)受け皿の中に入れておくとターキーがパサパサに乾燥せずジューシーに焼けるので、チキンストック(水分)は必ず入れてオーブンに入れます。

最初にも書きましたが、ターキーは温度設定と時間さえ間違わなければ誰でも失敗せずにできるお料理なので、機会があれば是非一度ご家庭で焼いてみて下さい(^^)。
こちらがこんがり焼けた今年のターキー。旦那が YouTube でプロのシェフに学ぶターキーの切り分け方のビデオを見つけてその通りに切ったら、レストランで出て来るような見栄えのいい盛り付けにしてくれました(^^) 切り方一つでもかなり見栄えに差が出ていい勉強になりました。そして今年もちゃんと Wishbone も取り出して乾燥中です(^^)

クリスマスプレゼント 2013 ~ Smart Shopper の強い味方(^^)

クリスマスの早朝 5 時 40 分。目を覚ましたジャックがジャックの隣で寝ていた自分に「Can I go check the presents?」(プレゼントをチェックしにリビングリームに行ってもいい?)と聞くので、OK と答え、自分はあまりの眠さにそのまま寝ていたのですが「Holly Smoke!! Mommy! Santa came!!」と興奮しながら部屋に戻ってきたジャックの声で少々目が覚め、プレゼントを勝手に開けないように釘を刺して自分はまた眠りに落ちてしましました。
次に目が覚めたのは午前 9 時過ぎで、目を覚ますと横に嬉しくて二度寝ができずにいたジャックが目をキラキラさせて横たわっていました。そんなジャックが目を開けた自分を見逃すはずもなく、プレゼントを一緒に開けよう!と言うので「ダディを起こしてきて」と言うも、うちで最も朝寝坊な旦那が簡単に起きて来ると思えず、そこでも悶々としていたジャック。午後になってようやく恒例の家族写真も撮り、お待ちかねのプレゼント開封解禁(^o^)
子供がいると、中国製の玩具のありがたさがとても身に沁みます。自分が若い頃は、Made in China と言うと、安物でろくな製品ではないというイメージが強く、間違っても他人へのプレゼントに Made in China のタグがついていてはいけない、とまで思っていたのですが、あらから云十年? 今や中国製ではないものを探す方が至難の業というほど、アメリカで売られているものはほとんどが中国製。 
今年も家族で遊べるボードゲーム系から、ずっとジャックにプレゼントしてあげたかったリモートコントロールの玩具(毎回ジャックのお友達の誕生プレゼントにあげているのを羨ましそうに見ていたジャック)やら、バランス感覚を鍛えるのに良い Razor RipStick (スケートボードもどき)や、お気に入りの映画の DVD 等年齢にふさわしい玩具が家族や親戚からたくさん送られてきていたので、ジャックにとっては今年は去年にも増してかなりいいクリスマスでした(^^)  ジャックはサンタさんからだと信じているピックアップトラックのリモートコントロールカーの荷台にキャットフードを入れ、猫が食べに来るとトラックを少しずつ動かしたりして笑い転げていました。旦那からもらったリモートコントロールのヘリコプターは間違いなく今年のヒット商品で、ジャックも大喜びで充電しては飛ばし、飛ばしては充電を繰り替えしていました。こういう玩具がたかだか 20 ドル前後で買える世の中になった事が自分にとってはとてもありがたく思え、原料や塗料では何かと問題も指摘されている中国ならがも、ここまでの価格破壊を実現した中国製品は本当にスゴイな~と思います。半額 ~ 75% オフが自分の買い物ストライクゾーンで、全部定価で買ったら一体何万円になるんだろう? というような、いいものをお買い得価格で買った日はヨッシャ~っ!と心の中でガッツポーズしまくりでした。そして Smart Shopper にとって、このシーズンにさらに強い味方だったのは、大型の割引セールを行っている大手チェーン店の存在です(^^) 旅先などで、味のある手作りの玩具もいいなぁと思う事もありますが、男の子の玩具は、とにかく頑丈で遊んで楽しいもので、安ければもうそれで十分だと思います(^^)

少々お値段が張るプレゼントでは、お義母さんからのプレゼントの中にあった、電子回路を学習できるキット(対象年齢 8 歳以上 108 歳)がとってもよくできた教育玩具で、旦那か自分が電子回路の基礎(直列・並列と抵抗)をいずれジャックに教えてあげるのによさそうです。

というわけで、ジャックにとっては Holly Smoke! な嬉しい喜びでいっぱいのクリスマスでした。