2012年12月31日月曜日

大晦日

大晦日の朝、ホテルをチェックアウトした後、今年のヘイスタックロック見納めということで、ジャックと二人でキャノンビーチを少々お散歩。今年最後の記念のメッセージを波打ち際に書いていたら、波にメッセージを消されてしまい、波打ち際からやや離れた場所に書き直しでしたが、ジャックにとってはかなり楽しい波との追いかけっこだったようです。
ちょうどお昼頃で、満潮に向けて潮が満ちてくる時間帯で、油断していると波がサーッと足元めがけて流れてくるので、靴の中に水が入らないようにとカメラを片手に自分も波が来るたびに逃げ回っていました。午前中は曇り空だったのですが、お昼頃には日が射してきて一部青空も見え始め、キャノンビーチを後にして一路シアトルへ。
来る時に通って来たポートランドとキャノンビーチを結ぶハイウェイ 26 の積雪情報を Web カメラで事前にチェックしたら、かなり雪が降ったようで路面にも雪がかなり積もっていたので、帰りはハイウェイ 30 経由にしたのですが、途中からハイウェイ 30 も雪で真っ白になっていて、ワシントン州側に渡っても写真のように雪景色で、もしかしてシアトルも今日は雪でも降っているのかも? と思いながらひらすら I-5 を北上。
オリンピアに着く頃には雪景色もなくなり、シアトルに近くなるにつれて青空が広がり、夕方4時半頃には無事に家に着きました。昨日一足先に家に帰った旦那。彼の車は雪道は全然ダメなので、昨日中に帰ってラッキーでした。
家に帰ると、サンタさんからジャック宛に返事のお手紙が届いていて、ジャックも大喜び。
サンタさんの住所、北極、HO HO HO で無事に届いた模様。

夕飯に年越しそばのかわりにうどんを作り、STAR WARS を見て、これからシアトルの新年の花火を見に行く予定です。
というわけで、2012年もあと18分で終了。ジャックは自分のお下がりの iPhone 4 で写真やビデオを撮りながら遊んでいる最中です。 さて、そろそろ家を出ないと花火を見損ねてしまうので、今年のブログはこれが最後になります。年が明けたらまた更新の予定です。ではでは、来年もどうぞよろしく~(^^)

2012年12月30日日曜日

NINJAGO 250 ピース、なぜかピースが余ってる(^^?

オレゴン州は消費税がないので、セールの時などはお買い物はオレゴンに限る! と言っても過言ではないほど、買い物するにはよい州なのですが、キャノンビーチから車で10分ほどの所にあるアウトレットモールの中にトイザラス (玩具屋さん) が入っているのを目ざとく見つけたジャックにせがまれ、クリスマスでも誕生日でもないのに、またNINJAGO (ニンジャゴー)の LEGO を買ってあげてしまった自分...
しかも、今回のは対象年齢が7歳~14歳ということで、最初は「ボクはまだ5歳だけど7歳のLEGOも作れるよ!」とはりきって作っていたジャックも一時間ぐらい格闘しているうちに煮詰まってきたようで、結局気づいたら自分が作る羽目に。完全に自分に任せてくれるならまだ良いのですが、部分的にわかる所のパーツを手順を無視して組み立てているジャックを見て、触るなっ!風呂にでも入ってなさい!と一喝し、ひらすら組み立てていた自分。
凝り性な方なので、始めるとかなりハマるというか楽しいというか、こんなに面白かったんだ!? LEGOの組み立て、と、LEGOの事をかなり見直してしまったのですが、お風呂に入っていたジャックがお風呂にも飽きたようで、髪の毛洗って~、とかうるさいので、い~からお風呂に浸かって待ってなさいっ!と、とりあえず手順書どおりに全部完成させてバスルームに持って行ったら、ジャックは超感動&大喜びで、自分はジャックからお褒めの言葉をいただきました(笑)ジャックが作っていた部分も一応チェックしたのですが、ちゃんと手順書通りに作れているにもかかわらず、15個ぐらい余っているピースががあり、LEGOって余分なピースも入ってるものなんだっけ? とちょっと不安にもなったのですが... とりあえず駆動する部分もちゃんと動いていて、外見も手順書+パッケージの箱の写真通りなので、これにて完成の、Lasha's Bite Cycle (ラシャのバイトサイクル)でした。ん~でもラシャって悪者ぢゃない... (正義の味方用のオモチャだけが売れてるわけではない模様のLEGOグッズでした)

オレゴン旅行 2日目 ~ 快晴(^^)

今年最後の旅行となったオレゴン州、キャノンビーチへの小旅行。ラッキーな事に、日曜日は朝から青空が広がるいいお天気となりました。(^^)オフシーズンながらも、クリスマスと新年を人気の観光地で過ごそうと思う人達は結構いるようで、キャノンビーチのダウンタウンを通るメインストリートには道路の両側が路駐の車でビッシリ埋まっていました。お気に入りのレストランも待ち行列ができるほどの繁盛ぶりで、冬場も意外と旅行客が多いキャノンビーチでした。
干潮の時には Haystack Rock (ヘイスタックロック)の麓まで歩いて行けるのですが、日曜日は早朝に干潮となり、朝寝坊一家なので、誰も早起きできない事もあり、満潮に近いお昼ちょっと前にようやくビーチに到着。ワシントン州より全然南なので実は暖かいのではないか?と思っていたら、ホテルの駐車場に一晩止めておいた旦那の車も自分の車もガチガチに凍っていて、車の氷を溶かすのにしばし時間がかかってしまいました。
やっとビーチに到着した後は、これだけを楽しみに来ていると言っても過言ではないほど、わくわく楽しみだった、浜辺でキャンプファイヤー。前回のキャノンビーチ旅行ですっかり味をしめてしまったキャンプファイヤーなのですが、今回は手袋、ガスライター、マッチ、スモア(S'mores)用のマシュマロ、チョコレート、クラッカーに、火で炙る時に使う串などをバッグに一式入れて来たので超手際よく焚き火を開始。
天気もよく気温も上がってきて、浜辺には家族連れやら犬を連れたお散歩の人達やらでどんどん賑わってきて、うちの焚き火の側を通りがかる人達が口々に「あ、スモアを作ってる!」 と串刺しのマシュマロを見ながら言っているのを見て、材料をたくさん持って来ていたら、浜辺でスモアおばさんになれたかもしれない(惜しいっ)と思いました。
今回は Graham cracker (グラハムクラッカー)が家になかったので、OREO を代用に使っていたのですが、OREO のちょっとビターなチョコレート風味のクラッカー部分と、真ん中のクリームの間に炙ったマシュマロを入れると、チョコレートを入れなくてもちょうどよい美味しさになる事を発見。やや邪道なスモア(S'mores) ですが、自分的にはオリジナルより好きな味に仕上がりました。

病気の Enzo (猫) に薬を飲ませないといけないので、先にシアトルに帰る旦那の予定に合わせて、ビーチでの焚き火+お散歩タイムは小一時間ほどでしたが、今年最後の旅行にふさわしい、晴天に恵まれた楽しい一日でした。キャノンビーチでランチを済ませてから、旦那が一人シアトルへ帰って行った後、ジャックと自分は免税のオレゴン州で買い物を楽しむべく Seaside (シーサイド) のファクトリアアウトレットモールへ行ったのですが、70% OFF のサインに Enzo  の治療費で金欠気味ながらもお財布の紐は緩みがちで、非常に楽しいショッピングタイムをジャック共々楽しめました(^^) 今回もちょっと嬉しい戦利品アリなお買い物でした。



2012年12月29日土曜日

迷った末のオレゴン旅行 初日

病に伏している Enzo (猫) の状態がイマイチよくないので、年末に予定していた小旅行をキャンセルしようか、それとも Enzo も連れて行くか(ペット可のホテルなので)、それとも誰か一人が家に残るか... 等々、最後までどーする? と迷っていたのですが、今年は旦那の叔父さんが亡くなったり、Enzo が病気になったり、自分もいまいち健康状態の曲がり角のような年だったので、新鮮な空気が吸いたいぞ!と思っていたので、旦那に、悪いけど家で Enzo の面倒見ててくれる?(アナタの猫だし)と言ったら、結局、親子三人、車二台でキャノンビーチへ。旦那だけ一泊でシアトルに帰る... というプランに落ち着きました。Enzo には毎日飲まないといけない抗生物質の薬があり、誰かが家にいて薬を与えるか、毎日誰かが家に帰って飲ませないといけないので、結構大変なのでした。しかも一旦口に入ったと糠喜びするも次の瞬間にペッと吐き出してしまうので、一粒2ドルもする薬がかなりの確率で無駄になっているという状況...(ーー; 猫の等薬用のツールも病院からもらったのですが、それでもなかなか難しいです。おかげで最近旦那も自分も、手、腕、お腹、肩、に無数のひっかき傷が!すべて薬を嫌がって逃げようとする Enzo の爪跡なのですが、爪を切ろうするとまた爪で引掻かれるという悪循環... (^^;; あの爪を何とかしなくては!!と思います。

とりあえず、今晩は美味しいディナーを食べ、月灯かりの下ビーチへ。シアトルからオレゴンに来る途中、山間部には雪が積もっている所もあったので、4駆じゃない旦那の車では山越えはちょっと厳しいかな?と。そんなこんなで、明日はランチの後、旦那は比較的標高の低いルートでシアトルへとんぼ帰りの予定。明日も気温が高くてお天気も穏やか~な一日になりますように!

2012年12月28日金曜日

Enzo の容体+アカ(金魚)

ここ数日やや快方に向かっているように見えた Enzo の調子がいまいち不調で、水の入った容器に水が入っているのか、入っていないのかが見えないようで、前脚(手?)で水をタプタプと触ってから顔を水に近づけるものの、舌が全然水に届いていない場所で一生懸命水を飲もうとカプカプ、カプカプと口を動かしている Enzo。どうも距離感が全然ない模様。最悪の状況を脱したように見えたのですが、回復までまだまだ時間がかかりそうです。 
一方金魚のアカはバクテリアに感染した目も完治し、その後再発もせず元気に泳いでいます。ところで、冬休みに入る前に、元同僚の K かさんに、日本から送られて来たという金魚関係のグッズをいただき、おかげで最近金魚の水槽の水替えが超楽チンになりました。これまではフィルターを通した水を数日汲み置きしてから、金魚の水槽の水を替えていたのですが、いただいた溶液のおかげで、水道水をそのまま使えるようになりました。 
また、納豆菌を使って開発されたというエコバイオブロックなる石を水槽に入れておくだけで水質安定に1年ほど効果があるということで、こちらも活用中です(どれも重宝しています。Thank you!> K かさん)

Enzo も金魚みたいに完治してくれればよいのですが... 来年あたりがEnzo の寿命なのかもしれないと、今の病状を見ていると嫌でも心の準備をしてしまう自分です。逝く時はなるべく苦しまずに逝って欲しいものです。

2012年12月27日木曜日

話題の映画 The Hobbit: An Unexpected Journey (2012)

***以下ねたバレありなので注意***

旦那からのバースデープレゼントの一つとして、クリスマスの日に家族三人で噂の Hobbit を IMAX シアターで見て来たのですが... あのカメラワークはなんかイマイチ好きになれなかった... というのが第一印象。主人公(なんだよね?)のビルボ・バギンズがピピンとダブって見えるというか、大冒険に出ている割にノリが軽いというか...話に重みがあるんだかないんだか、ちょっと難しい第一部でした。戦闘シーンやら逃げ惑うシーンは、それなりにリアルな感じが出ていて、きっとかなりの人力とお金がこのシーンには注ぎ込まれているのだろう...という感じは伝わってきたのですが、全体的に、The Lord Of the Rings の出来が良すぎただけに、どうしても辛口な評になってしまいます。

そして、なんと言っても「え?」と思ったのがあのカメラワーク。一説ではRED カメラによるものらしいですが、日本の大河ドラマや昼メロを大きめのテレビで見ているようなあの感じって、何なんだろう? と思いました。カメラワークに加え、全体的に撮影中の照明が明るすぎるような気もしたのですが、Hobbit を既に見た人達も同様に感じたのではないかな? と。

この映画を自分より先に日本の映画館で見た松本(妻) さんのブログに『映像的には美しいけど、3D じゃなくてもよかったかな~、という感じ。』という感想が載っていたのですが、私もこれって 3D である必要性ってそんなにないかも? と思いました。色々な人のレビューをチェックしていた旦那も、たくさんの人達が同じ事を言っている... 実際に 3D の画面の箇所も少なく全部 2D でもそんなに遜色はなさそうな出来でした(それだけベースが良いということなのかもですが...)

The Lord Of the Rings では常にオドオドしているか苦しそうな顔だった Frodo が冒頭のシーンで出てきたのが、ちょっとボーナスシーンぽくて良いなぁ~と思ったのですが、逆に、生き生きとした青年の Frodo なんて Frodo らしくないよな~(あの、いつも Sam におんぶに抱っこに肩車的な、心に重荷を背負ってます風な Frodo のイメージがあまりにも根強いので)と、ビルボの家で元気にウロチョロしている Frodo を見て、ちょっと重荷でも背負って来いや~という気持ちにもなりました。

決して退屈はしない映画ですが、2作目、3作目もこの調子だとちょっと辛いかもしれない第一部でした。



2012年12月26日水曜日

誕生日 ~ Around 30(さんまる)

今日は自分の誕生日で、旦那も自分の誕生日のために、クリスマス休暇を延長して一日一緒に過ごしてくれたのですが、朝からジャックを運転免許オフィスに連れて行ったり(身分証明書 = ID カードの更新)、近所の Microsoft Store で買えるのに、旦那の要望もありわざわざマイクロソフトのカンパニーストアまで HALO 4 と Dance Central 3 を買いに行ったり... な一日でした。

クリスマスプレゼントとしてもらった iPhone 5 をアクティベートしてもらおうと、会社の近くの AT&T の代理店に行ったら、新しい SIM カードをポンと渡され、611 に電話して、SIM の番号を行って自分で差し込めばそれで OK だから、とアカウント情報も何もチェックせずに SIM だけ手渡されてサヨナラだったケーキ屋さんの並びの AT&T ショップ。ちょっと目が点になったものの、もらった SIM と数軒先のケーキ屋さんで、ブラックフォレストケーキを買って帰宅後、YouTube で SIM の挿入方法を見て旦那がアクティベート手続きを済ませてくれたのですが... アップルストアで受ける懇切丁寧なサポートに比べると世間のカスタマーサポートは Do It Yourself に近いものがあるんだな...と。ちなみに、旦那の話に寄ると、アップルストアで携帯のみを買ってくる場合、安いお店とのプライスマッチ(競合価格と同じに値下げ)はしてくれないけれど、AT&T のショップではプライスマッチしてくれたとの事。ウォルマートじゃなくてもウォルマート価格で買えるという実例という事で、もし購入を検討している方がいたら参考までに...

日本にいるうちの親が iPhone 5 ユーザーになってしまったので、当面 Nokia に乗り換えよう計画はお預けになってしまいましたが、自分より先に iPhone 5 に買い換えた旦那の話しでは、iPhone 5 のカメラは格段に良くなっているということなので、ブロガーな自分にとってはそれはかなり嬉しいかな、と.....というわけで、当面競合製品のリサーチは続きそうです(^^)

さて、Facebook のコメントにも書いたのですが、ジャックには「マミーは百歳で、日本人はみんな長生きできるんだよ~」と言っている自分。誕生日を迎えてしまったので「今日からマミーは101歳」と言っているのですが、割と何でも信じる子なので、学校でうちのママは100歳、と言って窮地に立たされたりしたらかわいそうだな(ーー;と、たまに心配にもなるのでした。いずれ本当の年を教えてあげないとまずいかも^^?

健康状態については、昨年の誕生日ぐらいまでは90~100歳ぐらいまで生きられるような予感がしていたのですが、最近感じる体力の衰えやら視力の低下等を考えると、80歳ぐらいが限界かもしれない... と老化と共に不健康感が広がるこの一年でした。あと二年で長かった20代(にーまる=Hex)を終え、長い30代(さんまる=Hex)に入るのを待ち遠しく感じる今日この頃(早く E と F を脱して数字で年齢を表示できる年齢になりたいっ!)なのですが、ネオ・アラサー的には、早く隠居生活に入り、ハリー・ポッターの作者のような、カフェで一日執筆活動(かブログ書き)をして、一発逆転大ホームランな作品を世の中に送り出したりしたいものだと思うのですが... まだまだ地道なサラリーマン生活が続きそうな気がします。

元々超マイペースな方で、他人のペースに合わせるのはあまり得意な方ではないのですが、そんな中に学校のスケジュールが根深く入り込んできたせいで、どちらかというと常に学校のスケジュールに追い立てられている感じが強く、おかげで疲れが抜けにくくなったように感じる今日この頃。今は子供も冬休み中で、一時的に以前通っていた保育園に預けているのですが、病気の老猫の看病に費やす時間も半端じゃなく、17連休もあっという間に一週間が過ぎているといった状況。明らかに自分だけでなく猫も年老い、老人介護にも似た気苦労+苦労が自分の肩にのしかかっている気がします。この状況をいかに前向きに乗り切って行くか... が長い20代最後の課題のような気がします。とりあえず、まずはダイエットから... (笑)

2012年12月25日火曜日

今年のクリスマス(^^)

先日のブログにも書きましたが、今年のクリスマスは Enzo (猫) の入院+治療費に思わぬ出費となり、ここ数年の中で一番出費を抑えたクリスマスでしたが、ストッキング(靴下)の中のプレゼントも、ツリーの下のプレゼントも、みんな喜んでくれて楽しいクリスマスを迎える事ができました。サンタさんの存在を本気で信じてるジャック。必ずしも欲しかった物が全部もらえたわけではないけれど、どのプレゼントもとても嬉しそうにしていました(^^)
ルドルフ No.2 も、ジャックの欲しい物リストにはなかったけれど、既に持っていたルドルフ No.1 同様に、とっても気に入ってくれてよかったです(^^) ちなみにルドルフ No.2 は定価 7.99 ドルがセールで 3.99 ドル(400円弱)のお買い得品でした。 
ジャックは、ルドルフ No.2 に、マミールドルフという名前を付けてチビルドルフ同様にかわいがっています。もうじき6歳だけど、本当にメルヘンチックなジャック... 誰に似たのやら(笑)

旦那へのギフトは、各種ギフト券、Tommy Hilfiger のセーターにシャツ、Enzo の入院費(これも一応数に入っている...)と月末の小旅行、と、なぜか犬の本(^^;;

何度も書いていますが、飼い猫のために金欠気味なマミーからジャックへのプレゼントはどれも 6 ~12ドル程度で買えてしまうものがほとんどだったのですが、教育用のオモチャやらパズルやゲームやらで、素朴な中にも長年変わらず子供から大人まで楽しめるものが多かったと思うので、自分的にはかなり満足なセレクションでした。
とは言え、一番のお気に入りは、やっぱりジャックが欲しがっていた Ninja Go! (ニンジャゴー)の LEGO。これは旦那がジャックの Wish List の中から、絶対に外せない品々としていくつか買ってきてくれたものなのですが、今年はどうやら忍者の当たり年なようで、このチビっこいレゴセット(でもレゴなので結構なお値段がする)  はクリスマスプレゼントの人気アイテムだった模様。
小さいのですぐに失くしてしまいそうで、遊んでいない時には箱にしまっておくように言っているのですが、これまでにもレゴのピースがあちこちに散乱していたり、いくつかのピースが行方不明になっていたりした経歴があるので、向こう何ヶ月もつことやら?

ちなみに旦那から自分へのギフトは白い箱に入った白い携帯電話でした(^^)今後も競合製品のリサーチ目的用という事で...

こちらはフロリダにいるお義母さんとその彼から届いたギフトのうちの一つで、リモートコントロールのロボットでした。口からディスクを発射できるようになっていて、これもなかなか楽しい一品でした。
今回の安いけど素朴なオモチャシリーズでクリーンヒットだったのが、こちらのオモチャ、TUMBLE。対象年齢 6 歳以上で年齢層的にもバッチリで、しかもこちらもセールでたったの 6.99 ドル!これは一家に一個あると楽しいゲームなので、5 ~ 6 歳以上の子供がいる家庭向きの一品です(^^)
遊び方は至って簡単。横や斜めに挿してある棒を順番に抜いて行き、棒の上に乗っているボールをたくさん落としてしまった人が負け、というゲーム。もらったプレゼントの中で、ジャックが何度も遊びたがったオモチャのうちの一つでした。 
パッケージはこんな感じ。お店で見かけたら是非一個買って帰ると家族みんなで楽しめます(^^)

Kinect ゲームも楽しいですが、こういうオモチャもなくならずにいて欲しいなぁ~と思いました。(レトロなファミリーゲームを懐かしみたい方は是非、映画のサンタクロース 1 と 2 を見てみてください。名作、ではないですが、懐かしい気分になる映画です)

クリスマスディナーの前に、映画 Hobbit を IMAX シアターに見に行っていたので、焼き上がりが夜 9 時近くになってしまったターキーでしたが、無事に美味しく焼きあがりました(^^)今年はバタバタしていてクリスマス用のお花を買い忘れてしまいましたが、センターピース代わりとして、会社の同僚の N 子さんから休暇前にいただいたポインセチアがテーブルに赤と緑の彩を添えてくれました(^^)ポインセチア、どうもありがとうございました>N子さん

サンタクロース、ギリギリ Mission accomplished (^^;;

昨晩夕飯の後、結婚して旦那の家に引越して来て以来、2006年の冬の嵐で大停電になった時など、数えるほどしか使った事がなかった暖炉の前で、ジャックが敷いてくれた毛布に包まってうたた寝をしていたら、いつの間にか横にいたはずのジャックもいなくなり、部屋は真っ暗で、ダイニングテーブルもきれいに片付けてあり、時計を見ると午前4時過ぎ。慌てて隠しておいたプレゼントの箱をツリーの下へ移動したり、未包装のギフトをラッピング。
サンタさんを信じているジャックの夢を壊さないためにも、サンタのクッキーとミルク!と思ったら、その部分は旦那がちゃんとカバーしてくれてありました(ほっ)

とりあえず今年のサンタクロースの役目も無事終了!Mission accomplished! さて、朝までもう一眠りしますか... (^^;

2012年12月24日月曜日

Bellevue Square Munchbar 発砲事件

クリスマスイブの早朝1時頃に、うちの近所のベルビュースクエアモール内にある Munchbar で発砲事件があり、一人が死亡、一人が怪我を負ったというニュースを、日本からのメールと、Facebook への投稿で知りました。Munchbar には当時600人ぐらい人がいたらしいのですが、数年前のベルビューで、600人もの人がクリスマスイブの朝にバーで飲んでいる...なんて事はほぼあり得ないぐらい小さな町だったのが、ここ数年の開発でずいぶんレストランやバーが増えてきて、こういう事件が起きてもおかしくないぐらい、色々な人達が集まって来ているんだなぁ~と思いました。銃による悲惨な事件が起きて間もないというのに、それでも銃を持ち歩き、バーで発砲するような人の気持ちは理解しがたいものがあります。

こういう事件は厳しい銃規制によってかなり防げると思うのですが... レクリエーション用のマリファナを認可するような法律がまかり通るのだから、銃を規制する法律を徹底できないはずはない、と思うのですが... 銃を手放すのはそんなに難しいものなのか、一般人が銃を持つことが稀な国、日本から来た一人としては理解に苦しむアメリカ人の銃への執着です。

自分もかなり平和ボケしているので、夜中に買い物に出かけたりするのは、やっぱり極力避けた方が安全だな、と改めて思いました。

King 5 ニュースより、Munchbar での発砲事件 

http://www.king5.com/news/cities/bellevue/One-person-is-dead-and-another-is-hurt-in-a-shooting-at-Munchbar-in-Bellevue-184675001.html

クリスマスイブ ~ Merry Christmas!

日本は既にクリスマスイブの夜ですね!シアトルもクリスマスイブの早朝で、テレビのコマーシャルによると、トイザラス(玩具屋さん)は24時間営業で今も営業中らしいです(ちょっと覗きに行ってみたくもあり、でもかなり眠くもあり... 朝4時なので...)今年も後数日で終わり... そしてクリスマスの翌日には自分の誕生日で、またしても年寄りになってしまいますが、来年こそは暴飲暴食を控え、お魚主体の食生活に移行できますように^^!
部屋の中を掃除していたら、2年前のお正月にフロリダのお義母さん別宅に遊びに行った時の写真が出てきて、2年前の自分の激太りな写真に愕然。2006年以降、抹殺したい写真が激増中で、お腹周りとか水着姿とかヤバイです(苦笑)今年のクリスマスは、例年になくなんだか追い立てられている感じで、この忙しい感じって何なんだろう? と考えると、やっぱり子供が公立の学校に行き始めた事が一番大きな要因かな? と思います。
慣れればもうちょっと気分的に余裕が持てるのかもしれませんが、毎日子供に宿題をさせたり、本を一緒に読んだり... するだけでも、毎日かなり疲れて眠かった今年の後半でした。何はともあれ今年も無事に家族三人でクリスマスを迎えられてよかったです。Enzo も緩いペースですが復活の兆しもあり、毎日投薬しながら様子を見ています。今日はまた獣医さんと治療の経過と今後の治療について打ち合わせの予定。先週のあの絶不調ぶりに比べるとかなり薬が効いているようなので、家族全員ほっとしています。(でも安心してるとまたガクっと悪くなりそうで... 老猫なのでなかなか油断できません)

というわけで、Merry Christmas!

2012年12月23日日曜日

お掃除 & クリスマスショッピング

いよいよクリスマスを目前に控え、ツリーは飾ったものの暖炉の前に万年雪のように積み重なっている荷物を片付けるべく朝からずっとテレビを見ながらお掃除をしていたのですが... まったくもって終わらない(><)延々と続くクリスマス映画特集のおかげで、手が止まってしまうというのもあるのですが、ここの所 Home Alone から、サンタクロース 1 & 2 に、Polar Express、チャーリーとチョコレート工場(昔のオリジナル版)に MIB 3 やらで、結局イブの前日の追い込みショッピングに夜8時半頃やっと近所の諸ピングモールへ。日曜日の夜9時半過ぎにあれだけの人がまだ買い物中とは... サンタさんの家(写真撮影用)の前にも長い列ができていました。

ジャックと旦那用のプレゼントをあれこれ物色しながら、先日の Enzo の入院+診察+治療代で 30 万円ほど使ってしまった痛手もあり、今年はかなり財布の紐が固めの自分。ジャックには Xbox Kinect 用のゲームをメインに買ってあげようと思っていたのですが、家族向けのボードゲームを見ているうちにすっかり気が変わり、レトロなボードゲームをいくつか買い込んで来ました。多分映画 Santa Clause 2 を見ていたから、余計レトロなゲームに惹かれたのだろうと思うのですが、今年がきっとこういう子供向けの素朴なオモチャを喜んでもらえる最後の年かもしれないな~と... 人生最初のコンピューターが iPad で、Kinect のゲームを3歳ぐらいから体験している世代なので、プレゼント選びもかなり大変でした。

うちのジャックはそれでもかなりメルヘン&ファンタジーなものが好きな子なので、サンタクロースは実在するとかなり信じているし、ルドルフの小さなぬいぐるみに、自分がいかに良い子だったかを話してたり... いつも持ち歩いているテディベアと、そろそろ6歳だからお別れしてもいいんぢゃない? と言えば、大人になってもベアを持ち歩くと言っていたり(笑)そんなわけで、つい買ってしまったのが、上の写真のルドルフ No.2。ジャックが持っているルドルフよりも一回り大きいぬいぐるで、本当は超巨大ルドルフが売っていたらそれを買おうと心密かに思っていたのですが、去年売っていた巨大ルドルフは今年は見つからず残念!買って来たプレゼントをクローゼットの中に隠し、ルドルフ No.2 にもリボンをかけて、とりあえずプレゼントの準備は完了。あとは掃除さえ終われば気持ちよくクリスマスを迎えられるのですが... クリスマスイブも一日中掃除をしていそうな気が...

2012年12月22日土曜日

クリスマスツリーの飾り付け、やっと終了(ほっ)

今年は雨の日が多くて、なかなかクリスマスツリーを買いに行く機会がなかったのですが、金曜日の午後、晴れ間が見えている間にジャックと二人でクリスマスツリーを買いに行って来ました。旦那の帰りを待っていたらまたきっと雨が降り出してしまうだろう... と女手一つでまたしてもクリスマスツリーを担いでしまいましたが、二年に一度ぐらいの割合でこのパターンのような気が...(^^;;
今年はジャックがかなり手伝ってくれて、オーナメントの飾り付けも半分以上ジャックの手によるものでした。プラスティック製のツリーにしようと毎年言っている旦那に、葉が落ちても、正月明けにはゴミとして回収されてしまっても、この香りは捨てがたく、絶対に生木のクリスマスツリー!と言い続けていますが、リビングルームで寝ていると、ツリーから漂ういい香りにうっとり、まったりしてしまう自分です。
プラスティック派の人々の中には、森林を守るため云々と自然保護の観点からプラスティックのツリーを推奨している人も多いと思うのですが、ある番組の中で、実はクリスマスの時期に売られているツリーは、森の木を切っているわけではなく、資源が枯渇することなく持続可能 (sustainable) な商用小木なので生木を買っても森を破壊する事にはならない、と言っていました。魚で言うと「養殖もの」みたいな感じらしく、なるほど~と思ったり...
さて、ツリーの飾り付けは出来たものの、肝心のプレゼントをまだ全く買っていないので、明日は最後の買出しというか、真剣にお買い物モードです。クリスマスカードに使い過ぎて空同然のインクジェットのインクも買って来なくては!!ジャックがサンタさんを信じている間は、夢を壊さないように楽しいクリスマスにしてあげないと!と思う親心でした(^^;;

冬休み初日、17連休のはずが、いきなり仕事(><)

ジャックの幼稚園も昨日を持って今年の授業終了で、冬休み到来。ジャックの保育園時代からの仲良しだった C 君は、最近ベルビューから他の学区へ引っ越してしまったので、来年からはもう同じ学校には通わないということで、最後にがっしりとハグをしてお別れでした。C 君のお母さんの話では、新しい家は湖畔に立っているので、夏場はそのまま湖で泳げるとの事。住所を送るわね~と C君のお母さんが言っていたので、いつか遊びに行くの日が楽しみです(^^)

Enzo が病気になってから、寝不足な日々が続いていて、仕事も家事もなんとなくプライオリティが低めになっていたせいもあり、やらねばならないのに、終わっていない仕事やら、ここのところずっとトラブル続きだったある仕事が、サーバーのダウンタイムでさらに遅れたりして、結局土曜日に会社に来て仕事中。家からリモートだと18時間!?かかる(らしい)作業が、会社だと30分程度で終わるので、そのためだけに会社に出てきたようなものなのですが、ほとんど誰もいないだろうと思ったら、コピールームにある卓球台でひたすら卓球している二人組とか(^^;; 恐らくクリスマスがさほど大きなイベントではない外国人の社員なのだろうと思いながら、キッチンでコーヒーを入れてオフィスに戻って来ました。

クリスマスまであと3日しかなくて、ジャックへのプレゼントもまだ一つも買っていないので、買い物にも行かねばなのですが...その前にまずは仕事を終わらせないと...

2012年12月21日金曜日

Enzo (猫) 帰宅(^^)

昨晩動物病院に Enzo を引き取りに行き、獣医さんからの指示通りに安全な場所に寝かせ、自分も側にくっついて寝ていたら、朝3時頃 Enzo が目を覚ましてトイレに行きたがったので、フラフラと歩く Enzo の後ろにくっついて猫トイレのあるマスターバスルームへ。相変わらずちゃんとまっすぐに歩けない状況で、猫トイレになんとか入ったものの、中で転んでしまったり... 温かいタオルで体や足を拭いてベッドでまた寝かせてあげたりしていました。

獣医さんによると、向こう6週間、処方してもらった抗生物質を飲ませるように、とのことで、薬の効き目は72時間後ぐらいには見られるという事だったので、今週末にはさらに快方に向かってくれることを祈りつつ...

今回かかった費用は結局 3029.62 ドルに収まりほっと一安心。最後に 62ドル62セントを払って病院を後にしました。

2012年12月20日木曜日

ペット保険情報 & MRI その後

Enzo の医療費でお財布が痛いと嘆いていたら、犬、猫を飼っている同僚と上司から、ペット保険に入っておけばよかったのに(惜しいっ!)というアドバイスをもらい、遅まきながらアメリカのペット保険について調べてみました。

動物用の薬を宅配してくれるオンラインサービスは知っていたものの、人間同様にペットも本格的な医療保険システムがあるなんて、実はつい最近まで知りませんでした。


ペット保険に入っていれば、多分今回の入院&検査費はほぼ全額保険でカバーできたっぽい額(ウウム、惜しいっ!)と思って、現時点で加入できるか調べてみたら、今の時点で既に年齢が10歳を超えている猫は加入できません、との事。10歳どころか15歳なので、まぁ惜しいというほど惜しくもないような気がしたのは、信頼できる筋のレポート(Consumer Reports)のペット保険関連の分析レポートを読んだせいもあるのですが、恐らくペットを飼っている人(溺愛している人は尚更)は、ペット保険に入っておいた方がいいか、それとも運任せに見送るか、一度考えてみる価値アリだと思いました。


レポートの結論だけ先に書いてしまうと、大病で入院、手術、ガン治療などの場合には、ペットが10歳になる前(若いうち)にペット保険に入っておくと、飼い主はペット保険によってかなり救われるとの試算。逆に、健康であまり獣医さんのお世話になる事がないペットの場合だと、ほとんどの場合で、保険に払った費用の方が、実際に動物病院に支払うお金よりも多いという結果になる模様。どちらも予想通りの回答なのですが、人間同様ペットもかなり長寿になってきて、このレポートのタイトルで "Rarely worth the price, in our analysis" (ペット保険は、我々の分析結果ではほとんど保険の値段に値しない)と言い切ってしまえるほど役に立たない=気休めにしかならない保険なのか?はちょっと疑問が残るところです。昔の猫は糖尿病になったりする前に亡くなっていたものだと、以前通っていた動物病院の先生が言っていました。糖尿病の治療は長期間というか一生続くので、保険があると色々と助かる事も多そうな気がします。

これまでペットを飼ってきた経験上、大概の怪我や一時的な病気(不治の病等ではないもの)は、だいたい2,000ドルから5,000ドルの間(20万から50万の間)で治せる事が多く、財布が痛いと言えば痛いものの、その痛さは家族でハワイ旅行に行くぐらいの金額から家族で日本旅行に行くぐらいの金額なんだな、と。11月からの動物病院への出費額を考えると、そろそろ回復してもよい頃なのだけれど… と思っているところへ、病院から MRI の結果が届きました。幸運な事に脳腫瘍等ではなく、ひどい中耳炎にかかっているとの事。ほとんどの場合は抗生物質で治療できるという事なので、旦那も自分もほっと一安心。2,900ドル払った価値があったかな? と(^^;; 

明日はマヤ暦最後の日 != 世界の終焉

明日はマヤ暦最後の日 !=  世界の終焉。明日はマヤ文明が残した暦によると、暦上最後の日なのですが、カレンダーの最後の日が世界が終焉を迎える日... なわけないよね^^? という話題で、朝からアメリカ人とエジプト人の同僚と盛り上がってしまいました。冬休み中の息子さんを連れてちょうど通りががったドイツ人の上司は「明日が最後の日なら今晩はビールいっぱい飲んでおかねば~」みたいな事を言いながらその場を去って行きました。

SF 系が大好きな同僚と、これはただの長いカレンダーの最後の日というだけで、マヤ暦のお正月は明後日って事なんだよね…と、マヤ暦のお正月が来てもまだまだ続くサラリーマン生活を憂いつつも、先日の動物病院での痛い出費を思うと給料をもらえるうちはありがたいと思わねば!という気がします。

同僚と話をしながら、5000年以上もの長い周期(約5125年)を持つカレンダーの必要性を考えると、光速に近いスピードで旅をする人達が絶対いたんだってば!と力が入ってしまう自分。便利なものにはほとんど必要性というものがその物が作られた背景にあり、「ちょっくら地球の叔父さんちに行って来ますわ、帰りは200年後だから...」という状況があり得たに違いない!と思うのでした。5125年周期のカレンダーで200年不在というのは、地球の365日暦で言うと、2週間の休暇相当。マヤ暦が刻まれた石の写真の、密に刻まれた象形文字を見ながら、これって結構なハードスケジュールに見えるけど… と思うのは自分だけかな?と。

ちなみにアメリカ国内では、金曜日に世界の終焉が来るという噂のせいで、今週の授業をキャンセルして冬休みを早目に開始する事になった学校が多数あるのだとか。ミシガン州では 33 校が授業をキャンセル。その他の州でも似たようなニュースが流れていました。世界の終焉はまず来ないと思われるのですが、それでも終焉を信じる人達(カルトな人達)の中には、集団自殺や、どうせ世界が終るのだから、と無謀な行動に出る人達を懸念しての学校側の判断なのだろうと思います。先日の学校での銃乱射事件のような悲惨な事件が、誤った終焉情報によって引き起こされないように、と願います。

地元ワシントン州では、学区によって今日から冬休みな学校もあれば、うちの学区のように金曜日まで授業があるところもあり、全然一環していないのがアメリカらしいな、と思います(^^;

http://en.wikipedia.org/wiki/Aztec_calendar

2012年12月19日水曜日

チームランチ@Riki Riki

先週からチームランチ続きで、体重計に乗るのが怖い今日この頃。今日はカークランドにある和食屋さん Riki Riki でのチームランチでした。このレストランはイーストサイドで長年生き残っているレストランの一つで、10年前とほとんど変わらない内装なのに、古めかしい感じもせず、商売もそれなりに繁盛している様子でした。今回は熱燗と寿司コンボを頼んでみましたが、なかなかイケました(^^) http://www.rikkirikki.com
美味しいもの続きでさらに育ってしまった自分のお腹を見ながら、ダイエットはクリスマスが終わってから... と言いながら今日もまた美味しいものでお腹いっぱいでした。

Enzo(猫)の病気の事でストレスも知らず知らずに溜まる時期なので、美味しいものでストレス発散はアリかな?と、どこまでも自分に甘い自分。体脂肪の値がとんでもない事になっていそう?です。

初雪 & Enzo 入院 2900 ドル也

今日は初雪がベルビューにも積もりました。積もったと言ってもすぐに雨で溶けて流れていく程度でしたが、山に近いエリアはかなりの積雪だった模様。 ここの所ずっと体調不良の Enzo (猫)
の世話に追われ,、ブログの更新もやや停滞していたのですが、今朝カークランドにある動物病院へ検査のために Enzo をを連れて行きました。 この病院の方が設備が整っていて、万が一必要な場合にも、難しい手術等ができるからということで、通っていた動物病院からの紹介でやってきました。
旦那はジャックを抜糸のために歯医者さんへ連れて行かねばだったので、ちょっと遅れて病院で合流。一応彼の猫なので彼も心配だった模様。尿検査、血液検査での結果では特に大きな問題も見つからず、ここでの検査が今後の治療の鍵になるのですが、検査代と入院代だけで、既に 2900 ドル(30万円弱) まぁ、MRI だとそのくらいかかるよね、という話はしていたので想定内と言えば想定内の額なのですが、朝からちょっと痛い出費でした。
仕事を終えた後、夕食後に Enzo に面会に行ったら、ジャックは診察室の椅子にもたれかかってすっかり熟睡。一方Enzo は家族に会えて嬉しくて旦那の膝の上と自分の膝の上を行ったり来たり。そのうち旦那が目を真っ赤にしながら、ポロポロと涙を流し始め、結局1時間半ぐらいの長い面会になりました。看護士さんが来た時も白うさぎにも負けないぐらい真っ赤な目をしていた旦那。自分は長年一緒に暮らして来たペットを見送った経験があるので、その分旦那よりは多少冷静でいられました。 
しばらく面会室の中をうろうろしていた Enzo。実はトイレに行きたかったようで、膝の上に置いてしばらく撫でていたら、突然熱いお湯のような感じが広がり、あっ、と思ったら Enzo が気持ちよく自分の膝の上で用を足していました。しばらくそのままじーっと座っていたのですが、オシッコが終わったら立ち上がってヨタヨタと歩いて行きました。Enzo を見ていると、いつか自分達にも訪れる老いて体の自由がきかなくなる時の姿を見るような気分で、ペットというよりも、老人介護のような気持ちです。家に帰ると留守番していた猫 2 匹がいつもよりも静かで、彼らも Enzo がいない違和感を感じているんだろうなぁ~と思いました。検査の結果と今後の治療が気になるところです。

2012年12月16日日曜日

ホリデーパーティ@元上司宅 & 猫の容体

日曜日の午後から夕方にかけて、元上司宅でのクリスマスパーティーに家族三人でお邪魔して来ました。お洒落な居間には飾りがたくさんついたクリスマスツリーが飾られ、こんなお部屋であったかいホットココアを飲みながら暖炉の前で一家団欒とか... 想像するだけでクリスマスチックな気分に浸れる素敵なお宅でした。3時頃お邪魔する予定が、一時間ほど遅れて到着。到着するなり食べ物の前に陣取ってひたすら食べ続けていた自分達でした。
週末はとにかくダラダラと過ごしている事が多いので、ジャック以外は朝からほぼ何も食べていないような状況だったこともあり、うちのガツガツぶりには旦那と二人で顔を見合わせて苦笑しまくりでした。先週のチームランチといい、ここのところ美味しいものを食べ過ぎで、太っていた上にさらに追い討ちをかけるような状況になってしまいましたが、ホリデーシーズンだから仕方ないか... と既にデブ敗北宣言です。
パーティーで外出中も心配だった Enzo(猫)の容体は、後ろ足のふらつき具合が半端じゃなくなってきて、神経系への影響がさらにひどくなっているのが素人目にもわかり、案外早いお迎えの時期が来てしまうのではないか、という気がします。Enzo も自分の体の異変に戸惑っているようでした。ヨロヨロしながら自分の所に歩いて来たりする姿を見ると、不安で飼い主と一緒にいたいのかな?とかわいそうになってしまいます。(旦那よりも自分の方が世話をしてあげているからか、旦那の猫なのに自分の方へヨロヨロと歩いてくる姿がなんとも健気な Enzo。治っても治らなくても、飼い主として悔いの残らないように最後まできちんと面倒を見てあげたいと思います。