2011年10月31日月曜日

Halloween 2011

 昨日ミニバケーションから帰って来て、ブログも何も更新する間もなく月曜日に突入。しかも今日はハロウィーンということで、朝から大慌てでカボチャを彫ってポーチに飾って出勤。会社に着くと会社の同僚がハロウィーンイベントの日付を聞きにきて、先週の金曜日がイベントの日だと思っていたら、実は日曜だったらしい、とか、いや本番は今日らしい、と情報が二転三転。

どうやらハロウィーン当日以外にもいくつかイベントが開催されていたようで、そのせいもあって一体いつがメインイベントなのかよくわからない状況だった模様。旅行に行っている間に会社でのハロウィーンイベントを逃したと思い込んでいたので、実は逃していなくてラッキーでした。うちの会社のハロウィーンには毎年たくさんの家族が訪れ、昨年はダンナも中世の騎士の衣装で参加したイベントなのですが、今年は忙しいくてパスということで、とりあえず今年はジャックと二人で Trick or Treat に参加しました。

今年も大収穫で、ハロウィーンの楽しさが十分理解できる年齢になったジャックは大喜び。今年は The Commons のすぐ近くのビルにも足を踏み入れてみたら、そこが大当たり。ビル内には Candy Land (子供向けゲーム)がテーマの一角があり通路を歩くだけでも楽しい Trick and Treat でした。


キャンディランドの終点、キャンディのお城です。

今年のジャックは映画トランスフォーマーの中のバンブルビーでした。今年はクラスメートの男の子達4人が同じようにトランスフォーマーの衣装だったのがなかなか笑えました。


夜は家の近所をダンナとジャックと三人でまわりそれもジャックにとってはダメ押しの大収穫で、とても楽しいハロウィーンでした(^^)

2011年10月27日木曜日

明日から3連休

明日から休暇でこの週末は 3 連休なのですが、間際に飛び込んで来た仕事やら、オフィスの引越し準備やら何やらで忙しゅうございました。

家族と晩ご飯を食べて会社に戻ってきたのですが、おなかいっぱいなせいか激しく眠いです。

今回の休暇も前回(9月末から10月頭の休暇)同様、まったりのんびりできるとよいなぁと思います。前回は編み物でしたが今回は長風呂+読書+ブログ更新(インターネットに接続できれば)な休暇にしたいところ。さて、もうひと頑張り!

2011年10月26日水曜日

毎月恒例 Monthly Anniversary 67 ヶ月目

今日は毎月恒例のアニバーサリーで、ダンナとランチ(と言っても忙しかったのでダンナに会社まで来てもらって、会社のカフェテリアでのランチでしたが...)

ダンナからのちょっとしたプレゼントは今月の映画レビューにも書いた「The Tao of Steve」の DVD。

恋愛でも人付き合いでも、仕事でも、ガツガツしない生き方の基本がこの一本に詰まってます(^^) 何度見ても面白かわいい映画です。

Twitter のくじら (503)

噂には聞いたことがあった Twitter のくじら。実際に Twitter の503 (Service unavailable) ページを見たのは初めてなのですが、ちょとカワイイかも、と思いました。

404とかも味気ないページだと怒りが込み上げて来る時があるものの、デザイン次第ではかわいくなるかもしれないな、とふとどうでもよいことを考えてしまいました。

珍しく胃が痛い日

寒くなって急に体のあちこちが軋み始めたような気がするのですが、昨日からなんだか鳩尾付近がズキンズキンと鈍い痛みが続いていて、心臓なのか?胃なのか?肝臓なのか?十二指腸?なのか?

普段痛いところなどまったくない自分なので、このかすかな鈍痛もどき?が気になります。ガン家系なので、胃がんだったら、ガンが痛いという時点でもう手遅れかも!?とか、色々と思うのですが、単なる胃酸過多?これが所謂 heartburn (中年の人がなる、胸焼け)なのか...

胃から胸(心臓)にかけてのよくわからない鈍痛なので、胸焼けで調べてみたら、横隔膜に関するちょっと興味深い情報を見つけました。横隔膜筋が弱まると胸焼けの原因になりやすいとのこと。
http://www.livebarmond.com/muneyake_pc/genin5.php

実は一昨日突然しゃっくりが出始め(しゃっくりが出るなんて何年ぶり?)しゃっくりと言えば横隔膜、で、医者ではないものの、なんとなく症状の原因が見えたような気がしました。胸焼けもひどい人は相当苦しむようなので、年を取るごとに食べ物や飲み物には注意が必要だな、と思いました。

2011年10月25日火曜日

待ち人来たらず

Wells Fargo の詐欺メッセージやら詐欺電話のせいで、待っていた人の電話を逃してしまったか... ウウム。日曜日の午前中に2件、ローカルな電話番号から立て続けに電話で、どうせまた詐欺だろうと出なかったのは間違いだったかな?と...メールボックスをチェックするも何もなく...

ついでに電話番号から電話の契約主を探すサービス(昔はタダだったのに、今は一回ぽっきりだと9ドルとか、10ドルとか高いんですよね、これが...)そこまでして電話の主を知りたいか?というと実はそうでもなく... (ただ、便利なサービスなので、興味のある方は、Phone Reverse lookup でいくつかのメジャーなサービスサイトが出てきます。

あとは、日本からで、下三桁が683の電話番号の方「なんとなく、お久しぶりです。」とのメッセージを今朝いただいたのですが、お名前がなかったので、どなたなのかいまだに不明です。次回メッセージをいただく際は是非お名前を!(新手の詐欺なのか?知り合いなのか?いまいちわからないので返信は差し上げておりませんのでご了承ください。)

ハロウィーン近し、仕事は忙し、外は寒し!

急激に寒くなり、今日はセーターを着ていても肌寒く感じるような一日でした。
ハロウィーンの週末も近いのですが、ジャック以外はまだパンプキンのランタンを作っていなくて、ちょい出遅れ気味。休暇前ということもあり仕事もかなり忙しく、バグにも追われていて、今日はトイレに行く時間も惜しんで?仕事でした(ってまだ進行形なのですが...)

昨晩はジャックと寝る前に、笑い話を交互にしていたらなんと2時間ぐらい話し続けていて、9時に寝始めたのに11時ぐらいまでずっと話していました。4歳児の英語力はかなりなもので、笑い話なんかにもちゃんと着いてきて、オチが理解してもらえてジャックから笑いが取れるとかなり嬉しいです。しかもジャックもお笑い好きなようで、次々と面白い事を考えては話してくれるのでそれも楽しいです。結婚した時には、旦那と毎日一緒に笑える何かがあるといいなぁと思っていたのですが、今ではその役割はジャックが半分ぐらい果たしてくれています。

昨晩フランス旅行からフロリダに戻って来たお義母さんが電話をしてきたので、ジャックに笑い話の一つも披露して欲しかったのですが、「ジャック、あの話してよ~」と言われると恥ずかしくてできない模様。二人っきりの時にはかなりノリノリで話をしてくれるのに残念!

漫才コンビで言うとダウンタウンの浜ちゃんが自分で、ジャックが松ちゃん。毎回私が出す「お題」に対するジャックの回答がかなり笑えて癖になります。

ちなみにお義母さんに聞かせてあげたかったお題の一つが、

What's the difference between Strawberry Jam and Traffic Jam?
(ストロベリージャムとトラフィックジャム=交通渋滞の違いってどうなのよ?)

同音異義語シリーズで、子供の考える回答がかなり笑えます。

お気に入りのテディベアとの会話シリーズもかなり面白いのですが、夕食前に勉強をさせながら、「ベアもジャックと同じ大学に行く!って勉強してるよ」と言ったら「ベアの分の学費、僕は持っていないからベアは大学に行けないかも。僕の分しか払えないかも」とやや悲しそうな声で言うので「誰がそんな事言ったの?ジャックもベアの学費もマミーやダディーが払うから大丈夫よ。(ただし学校の成績がよい子に限るけどね)」と、「マミーもマミーのお父さんとお母さんが大学の学費を払ってくれたからジャックも自分で払わなくていいんだから(ただし大学に入れるぐらい成績がよい事が条件だけどね)」と言い聞かせておいたのですが...

今朝ダンナに「ジャックに学費は自分で払えって言ったでしょ?」と問い詰めると、あ、いきなりバレてる~という顔で「そんな意味で言ったんぢゃない」とかなんとか言い訳していましたが、とりあえずとんでもないおバカではない限り、大学の学費ぐらい親がちゃんと出してあげたいところです。  

2011年10月24日月曜日

段ボール箱到着 ~ 引越しの季節

今朝珍しく7時にジャックが起きてくれたおかげで、いつもよりもかなり早く保育園に連れて行く事ができてラッキーと思っていたら、外はかなり雨。嫌な季節になりました。

雨にぬれた髪や服を会社のロッカールームで乾かし、オフィスに(これまたいつもよりも1時間ほど早く)着いてみると、引越し用の段ボール箱がいくつか置いてありました。そっか、もうじきこのビルともお別れ... なんだかんだで結構好きだったのだけれど(コモンズにも歩いて行けるし)156th を挟んだメインキャンパス側へ数年ぶりにお引越し、しかも昔 MSDN チームにいた頃にいたビルへの出戻り。懐かしいと言えば懐かしいのですが、フリーウェイの入り口から5分ほど遠くなるのでジャックのお迎えにはさらなる猛ダッシュが必要になりそうな予感です。

2011年10月23日日曜日

高所恐怖症は治る?

今日は晴れていたので、自宅 No.2 の屋根の上の枯れ葉を落としたり、雨樋(あまどい)にたまっていた葉やら泥やらを掃除していたのですが、以前は屋根の上を歩くのも結構怖かった=かなり高所恐怖症で、屋根の上にいると足がすくんでいたのですが、どういうわけか屋根の端にある雨樋の中を掃除していても全然怖くなく、唯一怖いと思ったのは、自分の脳の中の高い所を怖がる回路が切れてしまったのではないか?という、何かが脳の中で変わってしまったのではないか?という思いでした。

自宅 No.2 には天井から下がっている照明(電灯)があり、手が届きにくい場所でもあり滅多に掃除ができない照明器具なのですが、家をまた貸家にする前に、一応きれいに掃除をして新しい電球に替えておくと数年電球の交換が不要で住人にとっても楽なはずなので、電球を交換していたのですが... これも階段に丸椅子を置きダンナに椅子が階段から転げおちないように支えておいてもらい、自分が中国雑技団の団員のようにその椅子の上に立って天井からぶら下がっている電球とガラスの玉を取り外していたのですが、これもなぜか全然怖くなく、自分でも不思議としかいいようがない経験でした。

階段の手すりの向こうには一階の冷たい石の床があるだけで、落ちたら骨折はまず間違いなさそうな高さなのですが、椅子の上に立って両手を使って作業できるってなんかちょっと嬉しいかも!と思いました。変な病気か何かで、突然脳内の回路がおかしくなった、なんてオチではないことを祈りますが、高い所が怖くなくなったらかなり楽しいかな、と思います。

適度に太っていると生き残れる可能性が高いのかもしれない(苦笑)

最近社内外のおつきあいで外食が多く、そろそろ休肝日と休異日を作らねば、と思うほど毎日美味しいもの三昧だったのですが、極めつけは金曜日のお肉三昧なランチ@Novilhos。ブラジル料理のお店で焼きたてのお肉(牛、豚、チキン、羊)が次から次へと出てくるお店。

土曜日になっても満腹感いっぱいで、しかも土曜日は死ぬほど眠くて一日中寝ていたら、気づいたら日曜日の午前3時。独身の頃、週末に飲まず食わずでひたすら寝る日=寝て曜日というのがよくあったのですが、その時はだいたい13時間後ぐらいに空腹で目が覚めるというパターンでした。今回は18時間ぐらい寝ていたのに、起きてもまったく空腹感もなく... 体の中に蓄積されている脂肪が適当にエネルギーに替わっていたに違いなく、こうやって雪山なんぞで遭難した時に太っている方が一週間水だけで生き残ったりするのだろうと、自分のおなかまわりの脂肪をつまみながら思ったのでした。

あんなに飲まず食わずで寝て、こんなにすっきりした寝覚めというのも珍しく、意外な発見でした。

私がひたすら寝ている間、かわいそうだったのがジャック。時々おなかすいた~と言いながらベッドにやってきていたのですが「ダディーにご飯を作ってもらって~」と育児放棄状態。しかも自分では記憶にないのですが、旦那とジャックがベッドルームで遊んでいた時に「うるさいっ」と怒鳴ったらしく、二人は仕方なく別な遊びに切り替えたのだとか。ダンナが私の物まねと称して「うりゅさい」とか言ってて、そっちの方が「うるさいっ」でした(笑)

映画:The Mothman Prophecies (2002)

ホラー映画三昧の日々続行中...
見た映画全部のレビューを書きたいところなのですが、とりあえず面白かった映画優先ということで... モスマン(蛾のような鳥人間のような怪物に脅かされる田舎町の住人の話)です。

2002年公開の映画で、これも10年ぐらい前の作品ですが、リチャード=ギアが主演のホラー映画で、実際に起きたイベントを元に作られたホラー映画とのこと。このモスマンが宇宙人なのか、宇宙人のペットなのかは置いておいて、未確認物体が存在したことは間違いないのだろうと思える映画でした。The X Files のようなストーリー展開で、映画としてみるにはちょっとスローテンポですが週末の夜にちょっと怖い気分を味わうにはよい一本でした。

http://www.imdb.com/title/tt0265349/ 映画レビュー
http://en.wikipedia.org/wiki/Mothman モスマン(ウィキペディアより)

2011年10月22日土曜日

Microsoft Store グランドオープニング週間 in U Village

自宅と会社がイーストサイドにあり、Microsoft Store が入っているベルビュースクエアモールに近い所に住んでいることもあり、木曜日のシアトルでのグランドオープニングデーにも行っていないのですが、写真やニュースで見る限りグランドオープニングは盛況だった模様。オープニングイベントも今日まで開催しているようです。いまいちなお天気ですが、シアトルのワシントン大学周辺に行く予定があったら是非新しいMicrosoft Store へも立ち寄ってみてください。


http://www.microsoftstore.com/store/msstore/html/pbPage.uvillage-grand-opening


http://www.facebook.com/MicrosoftStore

2011年10月21日金曜日

Wells Fargo Phone Scam ~電話詐欺いまだに横行

今朝7時頃ダンナの携帯電話が鳴り、こんな朝から何事か?と思ったら、Wells Fargo の名前を語ったメッセージが流れ、またしても性質の悪い電話詐欺が横行中だなぁと思っていたら、夕方4時頃今度は自分の携帯に Unknown の表示で電話がかかってきて、ちょうどある人からの連絡を待っていたこともあり出てしまったら、ちょっぴり訛りのある英語で、Wells Fargo のアカウントをアクティベートするには 1 を押して下さい、みたいなメッセージが流れた時点で切ったのですが、この詐欺電話、早朝や深夜や1日に何度もかかってくることもあるらしくかなり煩わしい状況もある模様(><)

同様の詐欺に8月に遭った人の記事:
http://www.ksl.com/index.php?nid=148&sid=16753222

銀行詐欺:Wells Fargo を装ったテキストメッセージには注意!
http://underfifty.blogspot.com/2011/10/wells-fargo.html

今週は忙しい週でした

今週は忙しい週でした...と言ってもまだ現在進行形なのですが、仕事もプライベートもここのところちょっと忙しくじっくりブログを書く暇もなく書きたいことだけが溜まっている状態。

昨日はダンナの紹介で会社帰りに思わぬ人達と遇い、もしこの先の自分の人生が変わったら、昨日が「転機」でした、と言える日が来たりして^^? いや~いくらなんでもそれはないか... でも珍しい人達に会ったという点では、ある意味転機の兆しなのかもですね。

ジャックも相変わらず保育園で楽しくお友達と勉強しているようで、毎日「How was your day?」と聞くと「Good」というよいお返事。またジャックが日々書いているお絵かきをみると、車でもロボットでも飛行機(にはさすがに顔はないか^^;)でも、虫でも人でも、みんなニッコリした笑顔が描いてあり、こういう絵を描いている子供の頭や心の中は幸せでいっぱいなんだろうなぁと、ダンナと二人親としてはとても微笑ましく思っています。

ダンナも相変わらず家事を手伝わないというか怠け者というか、やるやる、と言って放置された洗濯物の山なんぞあるのですが、自分も忙しいのでまだ大爆発はしていない状態。今日は金曜日なのでメイドさん(破壊神エリンダ)が朝から掃除に来てくれているのですが、あまりの散らかり具合に「ごめんなさいね~ひどい散らかりようで」とエリンダのために自分も部屋の片付けに追われていました。いくらメイドさんでも、あの散らかりぶりを片付けろというのはかなり酷な気がしたので...

今晩はダンナの親友とその子供がうちに「Pizza & Movie Night」で遊びに来るらしく(すっかり忘れていました)帰りにピザとジャックをピックアップして帰らねば...

あとは10月はハロウィーンもあるので、ホラー映画三昧な日々。ほぼ毎日一本はホラー映画を見てから寝る生活。昔の(ここ10年ぐらいの)ホラーでも結構いい映画があり、ついつい最後まで見てしまうと寝るのが真夜中過ぎになってしまいます。

さて、残りのバグを片付けて、今日こそ、明日には送るから、と言い続けていたドキュメントを提出しなければ~

2011年10月20日木曜日

メンバーシップ更新 ~ 締めて285ドル也

今年もまたメンバーシップ更新の時期が来てしまいました。年会費を取るサービス類は極力避けているものの、長く続けているものや(=IEEE=アメリカ電気電子学会)、ないとそれはそれで困るもの(=Costco)はずっと払い続けていますが、オンラインで支払いボタンを押した瞬間(=3万円弱が年会費に消える瞬間)は、ちと、うううっ、ときました。

カダフィ大佐死亡のニュース

今日は歯医者さんの予約がお昼前に入っているので、家から仕事をしていたら、カダフィ大佐死亡のニュースが流れ出し、一瞬カストロ氏とカダフィ大佐が頭の中でごっちゃになってしまい、あれ?キューバじゃなくてリビア?と...

マイケル・ジャクソンの主治医の裁判ばかりやっていたヘッドラインニュースのチャンネルも、急遽速報番組に切り替えて報道中。

さて、歯医者に行かなくては!

2011年10月19日水曜日

白の 4S

最近白の 4S を周囲でよく見かけます。

iPhone 5 は出なくて、4S だけでがっかりよ。ちょっとカメラがよくなっただけだし...

なんて言ってたのは誰よ?と言いたい。

すごくいいじゃない、白の 4S

p.s. もちろん、リサーチ目的のため、に持ってるのよね(笑)

ダサいオバさん風~イケてる日の差が激しい

うちの子の(一番カワイイ時期)ピークは過ぎた...とジャックが3歳半を過ぎたくらいから思っているのですが、これもDNAの成せる技なのか、ある時は、やたら女の子(オバサン?)っぽく見えたり、やんちゃな男の子に見えたり、18歳ぐらいの若者みたいな寝顔で寝ている時やら、ダンナにそっくりに見える日やら、毎日違う顔に見えるジャック。

先月撮った学級写真と顔写真が出来上がってきて、今年はまぁまぁかな?と思っていたら、先生達から、今年のジャックの写真がとてもいい!と言われ、確かにまずくはないものの、そんなによいというほどでも??と思っていたのですが、ふと、どこのうちの子供も毎年いい顔で写ってるわけじゃないんだな、ということに気づき一人で納得してしまいました。

ジャックも寝起きの顔に寝癖のついた髪だと、ダサいオバさんに見えることが多々あるのですが、たまに「今日はおっけー」という日があると、なんとなく”今日はちょっと一緒に歩きたい気分よっ(笑)”みたいな気持ちになります。

自分にも今日は比較的おっけーな日やら、目がいつもより1mm小さいから今日はダメダメな日というのがあるのですが、その1mmの違いや、ちょっと(かなり)寝癖がひどいかな?という朝は所詮自分にしかわかっていない(同僚=特に男性には)に違いない、と思っていたら、「この間の朝、かなりヤバい感じだったよね」とある時言われ、うっ、しまった... と、他人の目にもやっぱりダメダメに映っていたんだ...とちょいショックでした(苦笑)

周りの女性社員は、だいたい毎日同じ姿で現れる=きちんとしていて、朝寝坊がデフォルトな自分のような生活ではないのだなーと思うのでした。育ち盛りで日々違う顔を見せるジャックを見ながら、同じ人物なのに、ダメダメな風貌の日と、オッケーな日の差が激しいところは両親に似てしまったのだね、と、寝起きのダンナの顔を見ながら遺伝子の力をまた感じる自分です。毎日同じ姿で出社するのがこんなに難しいのって自分だけかな~?

今日のランチ: 久々のマンダリンバフェ

今日は、今日がうちのチームでの最終日の同僚のさよならランチ(その1)で久々にマンダリンバフェ(食べ放題のお店)でランチでした。もうじき健康診断を間近に控えているので、今の時期に食べ放題のお店に行くのはちょっと危険なのですが、お世話になった同僚の送別ランチでもあるので美味しく食べ放題で食べてきてしまいました。明後日がさよならランチ(本番)の日で、こちらも半端じゃなくお肉食べ放題なお店なので、明日はちょっと軽めにしておかなくては...

チームを去って行く同僚には、昨日ハロウィーンのデコレーションに使う生じゃないけどかなりリアルなパンプキン(プラスティックのかぼちゃ)を買ってきて、チームの皆さんにメッセージとサインをもらって彼女のオフィスに置いておいたら、休暇開けにオフィスの片付けに来た彼女はとても喜んでくれました。ささやかながら、みんなからの感謝の気持ちということで... ランチの際に「新しいチームのメンバーも自分達みたいに面白い人達だといいね~」と言ったら「そうだといいなぁと思う」と笑いながら、うちのお笑い系なチームメンバーの顔を見回していました。彼女がいなくなると、うちのチームもちょっと寂しくなります。

2011年10月18日火曜日

苦い寄付金

今朝、会社に来る途中、マイクロソフトに近いフリーウェイの出口で、3歳ぐらいの男の子を抱いた若いアメリカ人女性が「ホームレスマザー」と書いたダンボールの切れ端を持って立っている姿を見かけ、思わず車を近くにとめてお財布の中にあった20ドル札を握りしめ、その女性の元へ歩いて行きました。私が彼女の元へ着いた時には男の子は誰かにもらったのか、乳母車の中で Pop tarts を食べていました。「こんな所に立っていたら、子供にとって安全じゃないから、安全なところへ移った方がいい」と言って、持っていたお札を渡したのですが、その女性は「ありがとう」と言ってさっとかばんの中へお金を入れ、フリーウェイから出てくる車の方に向け、またサインをかざしていました。

こんな天気のよい日に、保育園や幼稚園にも行けず、職のないお母さんと一緒にフリーウェイの出口に立っている子供の事を思ったら、20 ドルでも少ないぐらいだと思ったのですが、そこに立って子供を抱いて見せるだけでお金が入ってくるということで、その若い女性はその生活から抜け出せないかもしれない、という思いや、外国人の自分の子供ですら屋根のあるところに住み、親から衣食住を与えられているというのに、貧しいアメリカ人が貧しさから抜け出せない現実がアメリカの現実なんだと思うと、彼女にお金をあげてもあげなくてもどちらも何の解決も生まないと思うと、今朝の20ドルはなんとも苦い寄付金でした。

彼女の姿をこれから何度も見ることになるのか、それとも少しでも安定した未来が彼女と子供に待っているのか... 貧乏であることは辛いことなんだと、今日は痛いほど感じました。

免疫ホルモン ~ 添い寝は免疫力を高める?

昨晩保育園から帰って来たジャックの目が充血していて、なんだか具合が悪そうで、かなり熱もあって、今日はお休みさせなきゃかも?と思っていたのですが...
「熱があるからアイスクリームを食べなきゃ!」とかとにかく甘やかしつつ、早めにベッドに入れて、ジャックの好きな映画を見ながら一緒に丸くなっていたらそのうちにスヤスヤと寝始め、朝には熱も下がって今日は元気に保育園に行けました。小さい頃から、寝る時に指で髪を掻き揚げてあげるとマッサージのようで気持ちがいいらしく、横で寝ながら暫くジャックの髪を掻き揚げていました。

ジャックが生まれてから、風邪やら中耳炎やら子供がかかる病気になった時に、ダンナがおざなりな世話をする時よりも自分が世話をしている時の方が、ジャックの回復が全然早いような気がするのは絶対気のせいではないよな~と思い、ちょっと調べてみたら、やはり免疫力というのは精神状態によっても高まったり弱まったりするもので、母親が傍にいることによる安心感や安定感が子供の免疫力を高めるのに一役買っている模様(^^) 時間にすると映画 2 本分の免疫向上対策運動というところ。寝相の悪いジャックと寝ていると必ず頭を蹴られたりするのですが、昨晩は終始頭と足が逆転することもなくスヤスヤと寝てくれていました(^^)

ストレスが多い人は免疫力が低くなる=いつも体調不調気味の人は免疫力が低いんだな、と思いながら、ふと、独身時代に猫と寄り添ってテレビや映画を見ていた頃は、猫の体温やら肉球プニプニやら、あの柔らかさを通して自分の免疫力が高められていたのかも?と思いました。

一晩べったり一緒に寝ていたせいか、今朝のジャックはかなりベビーモードで、保育園へ連れて行ったら別れ際にいつもよりもぎゅ~っとハグをしてきたり、キスをしてきたり、最近ちょっと大人っぽくなってきたかな?と思っていたのですが、まだまだお母さんっ子なジャックです(^^)

ところで、うちで一番風邪をひきやすいのはジャックではなくダンナなのですが、一緒に暮らしていてなんでダンナはあんなに弱いんだろう?と思ったら、もしかして一番ストレスが多いのか=免疫力が低いのか、それとも単にちゃんとマメに手を洗わないのが敗因なのか?

自分以外の人はバイキンだらけ(笑)だと思っている自分は、かなりマメに手を洗っているせいかうちの中ではいつも一番最後に風邪をひく人なのですが、手を洗うだけでもかなり風邪の予防になっているんだろうなぁと、寒い季節になるとよく思います。

2011年10月17日月曜日

映画:デブ男の魅力全開「The Tao of Steve」(2000年公開)

この映画を見るとデブ男がかわいく見えてしまう、そんなラブコメディがこの「The Tao of Steve」
2000年に公開された映画で、一見冴えない風貌のデブ男が、周りにいる女性をうまく口説いてはベッドに連れ込み、知り合いの人妻とも不倫はするわ、学生時代にもかなりの女性と関係を持ち、名前も顔も覚えていないような女性も数知れず... 最低なんだけど女性は彼を放っておけない...その女性の心理を巧みに操る技を一種の哲学理論のように同居人に説く主役の Dex (かなりなデブ男) それが 「The Tao of Steve」。Tao of Steve には私がいつもジャックに言い聞かせている「女の子は絶対に追わない事!」という女の子に追いかけさせる技なども含まれていて、実は共感を越えて同感な部分も多々あります(笑)

久々に見てみたくなり Netflix で DVD を借りたのですが、10年経っても色褪せない、大人カワイイラブコメディでした。映画はハリウッド系(=派手なやつ)が好みなので、いかにも低予算のラブコメディはいまいち守備範囲外なのですが、この映画だけは例外だったりします。退屈な映画ばかりだとと思っている Sundance Film Festival  の 2000 年のフェスティバルで審査員特別賞を受賞しているというこの作品、一応 R 指定にはなっていますがハダカのシーンなどはなく旦那と二人で、これはジャックが大きくなったら見せたいよね、と言うぐらい、かわいい恋愛のテクニック満載の映画でした。脚本と配役がとてもよく、吹き替え版が存在するのかどうかは知りませんが、吹き替えだと魅力が半減しそうなので英語の原作のまま見るとよい一本です。特に Dex はデブ男だけれどもインテリで哲学に精通していることになっているので、台詞の面白さを噛みしめたい一本です。

主役の Dex を演じた Donal Logue がとてもいい味を出していました(^^) ラブコメディですが男性にこそおススメの一本です。あとは、デブ男と付き合っている女性や、どうしても嫉妬心が芽生えて彼の過去が許せない!という女性にも結構おススメな一本。この映画を見るとガリガリ君よりデブ男だな、という気になります(笑)

The Tao of Steve (2000)
http://www.imdb.com/title/tt0234853/

2011年10月16日日曜日

マフィンもどき+もう彫ってるし...

昨日パンプキンパッチ(かぼちゃ畑)で取って来たパンプキン。本来月末のハロウィーン間際に彫ってローソクを灯して家の内外に飾るのがタイミング的にはよいのですが、初めてのパンプキンパッチですぐにでも彫ってしまいたいジャックの要望もあり、旦那とジャックは朝からパンプキンカービング。

朝一でマスターベッドルームに駆け込んで来るなり「Let's do Pumpkin carving!」(カボチャを彫ろうよ~!)日曜の、しかもハロウィーンまでまだ 2 週間もあるのに朝 8 時からカボチャなんぞ彫れますかいっ!と思ったものの、旦那に、初めてのパンプキンパッチ体験で嬉しかったんだろうから、彫らせてあげなさい、と、ほぼ無理やりカボチャ彫り係りに任命し、二人とも起き抜けの姿で居間でカボチャを彫っていました。


その間自分は、というと、チョコレートチップとレーズン入りのマフィンもどきを焼いていたのですが、ベーキングパウダーさえ入れておけば何でも膨らむんだな~と思うほど、簡単に手抜きマフィンの出来上がり。何もかも目分量で、同じレシピでは二度と作れまい...というほど適当なのですが、形はともあれ、美味しく焼きあがりました。


材料は、小麦粉、卵、ベーキングパウダー、塩ひとつまみ、はちみつ(砂糖の代わり)レーズン、ケーキ用チョコレートチップ、水、牛乳少々。ボールに混ぜて具(チョコレートチップかレーズンのどちらか)を入れてオーブンで焼くこと 25 分で出来上がり。

2011年10月15日土曜日

Pumpkin Patch (かぼちゃ畑)初体験

土曜日はジャックのクラスメートの家族と現地集合で、10月の名物でもあるPumpkin Patch (かぼちゃ畑)に行って来ました。例年近所のスーパーでハロウィーン間際に叩き売られているカボチャを買って来るだけなのですが、ジャックの大好きな S ちゃんと一緒に行くということで、ジャックも大喜び。天気予報ではいい天気…のはずが朝からどんより曇っていて、お天気が心配だったのですが、午後の後半は青空が広がるいいお天気になりました!

初めて行ったかぼちゃ畑は Craven Farm というところで、広い畑にはオレンジ色のカボチャがゴロゴロ!おぉ~っ、これが噂のパンプキンパッチ!実際に行くまでは、なぜみんなカボチャ畑にそんなに行きたがるのだろーか?と思っていたのですが、大人の自分達ですら楽しめたので、子供にはかなり楽しい場所。場所によっては、入場料を取るところもあるらしいですが、このCraven Farm は入場無料で、とうもろこし畑の迷路や、Hayride(ヘイライド=干草を積む大型トラクターに乗って畑を回るアトラクション)は有料でした。一緒に来た M 君のお母さんが「うわっ、高い~っ」とヘイライドはパスしようと最初は言っていたのですが、他の子達がみんな乗るので ATM へ現金を下ろしに行っていたのですが、戻って来たら今度はチケット売り場に長い列。M 君だけ乗れないと気の毒だったので、3 枚買ったチケットのうち自分の分を M 君に渡し旦那とジャックと M 君と女の子達の家族が乗り込み、M 君のお母さんと私は畑の一角で大型トラクターが戻って来るのを待っていました。待っている間 M 君のお母さんと世間話をしていたのですが、彼女は干草アレルギーということで、鼻もむずむず、目もウサギ目(赤い目)で、アレルギー体質の人は来る前に薬を飲んで来るとよいと思います。ジャックも自分も花粉症ですが、干草にはアレルギー反応を起こさない体質なのでとりあえずセーフでした(あぁ~でもなんだかやたら週末に目が痒かったのは畑に行ったせいかな?)

ダンナと私が楽しみにしていたのは、新鮮なトウモロコシ!
Craven Farm に入った途端に目に入ったのが、プリプリしたトウモロコシを食べている人達。帰る前に絶対にあのトウモロコシを買って食べよう!と心に固く誓い、トウモロコシの迷路でさんざん歩いた後に初志貫徹でトウモロコシ3本をゲット(^^)v ついでに3本1ドルで売っていたので、カボチャと共にトウモロコシも購入して帰って来ました。なかなか楽しい初パンプキンパッチ体験でした。

2011年10月14日金曜日

ワシントン州名物、ダンジネスクラブ+牛タンナイト(^o^)

ちょっと忙しくて週末のブログの更新が滞ってしまいましたが…
さて、ここのところ地元のアジア系スーパー、宇和島屋が創業83周年記念セール中ということもあり、新鮮なカニを食べる機会倍増中。そんなわけで金曜日の夜は PASS のサミットでシアトルに滞在中だった松本夫妻と牛タン+カニディナーでした(^^) 松本夫妻とは 何年も前の MVP サミットで知り合って以来、今ではご夫婦揃って友人づきあいをさせていただいている仲。会社の目の前にある自宅 No.2 が空いているという好機でもあり、例年のようなレストランでの会食ではなく、足を伸ばしてゆっくりしながらのアットホームな「家ご飯」でした。自分が好きな事の一つに、同じ本を読んだり、映画を見て、お互いの感想を話し合う(物理的に一緒に見る必要もなく、日本にいない分日本発の映画は私の方が一年遅れぐらいで見ていますが)のが大好きで、今回も実写版ヤマトの話でのっけから盛り上がってしまいました。老後は B 級映画評論倶楽部なんかを開いてもよいかな(^^? と思えるほど映画の話で盛り上がりました。

10月はダンジネスクラブ(カニ)が美味しい季節で、自分的にはレストランの味付けよりも、シンプルに茹でたダンジネスクラブをポン酢で食べるのが最高!ということで、うちの深鍋で茹でたカニを半ば強制的にポン酢で食べていただきました。あとはおつまみ用に、カニを茹でている間にチョイちょいっと 牛タンを焼いて、味塩コショウにレモンの搾り汁で食べていただきましたが、「今までシアトルで食べた食事の中で一番美味しかった」とまで言ってもらえて私も大満足でした(^^)

ところで、ダンジネスクラブ (Dungeness Crab) という名前が、ワシントン州のダンジネスという町の名前に由来している事を知っている人は案外少ないかも?と思ったので、ウィキページのリンクを参考までに追加しておきました。ローカルな素材で今が旬のダンジネスクラブ、日本のズワイ蟹、たらば蟹、花咲蟹とも違いますが、とっても美味しいカニなので機会があったら是非ダンジネスクラブも試してみてください(^^)

 
ダンジネスクラブ(ウィキページより)

シアトルで意外と安く手に入る牛タン

今日のランチ@Little Sheep Mongolian Hotpot

お昼時「飯行くぞ~」と同僚から IM が入り、ちょっと今日は寒いよね、ということでホットポット=火鍋=しゃぶしゃぶのお店、小肥羊 Mongolian Hotpot に行って来ました。
以前から評判だけは聞いていたのですが、寒い日にピッタリの鍋料理で、いっきにお気に入りのレストランに昇格です!
日本のしゃぶしゃぶとの違いはスープに味がついていて、タレが不要なところと、鍋の真ん中に仕切りがあって、辛いスープとマイルドなスープの二種類のしゃぶしゃぶが楽しめるところ。あとは、海老とタコと餃子もどき?や豆腐等が入った盛り合わせがお肉とセットでついてきたのですが、これも日本とは違うしゃぶしゃぶ体験でした。同僚のケビンが鍋奉行である事も発覚し、具をみんなに取り分けてくれたり、肉を入れるタイミングを見計らっていたり、なかなかの奉行ぶりでした。牛、豚の他に羊(ラム)の肉が人気メニューでした。

http://www.littlesheephotpot.com/

2011年10月13日木曜日

今週の People 誌

近くのスーパーでジャックと買い物をしていたらレジの前にあった棚の People 誌の表紙が先週亡くなったスティーブ=ジョブズ氏の写真で、アップルのサイトに掲載されている写真よりも穏やかな笑顔で、週刊誌はゴミになるだけだとわかっていても、つい一冊買ってしまいました。

私生活の事は実は彼が亡くなるまでほとんど知らなかったのですが、4人の子供を持ち、学校の父兄会にも行き、結構普通にお父さんしていたらしいという話を読んで、子供達を残して逝く辛さもわかるものの、彼が仕事しか知らない人生ではなかったんだな~ということを知ってなんとなくほっとしたというか、家族に囲まれて最後は彼の愛する人達に看取られて逝ったんだなぁと思いました。

自分の親も年をとり、死ぬということがだんだん身近に感じられるようになったせいか、家族もなく独り寂しく最期の時を迎えるというのがなんとも寂しい結末に思える今日この頃。少なくともうちの親は家族に囲まれて死ねるだろうと思うものの、自分はとんでもなく長生きしてしまい、ダンナや息子に先を越される日が来たりしたら...と、妙な心配まで始める始末。ま、それはさておき、All about Steve Jobs というサイトにある情報が(全部英語ですが)結構よくまとまっていておススメのサイトです。

All About Steve Jobs:http://allaboutstevejobs.com/being/4-home/4-home.html

快晴(^^)

今日は朝から気持ちのいい秋晴れ!
朝からジャックを保育園へ連れて行き、朝のコーヒーを飲み終える「前」に(後じゃないところがミソなんです)バグを一件片付け、なかなか順調なスタート。
天気がいいとやる気が出ますね!!

シアトルで PASS Summit に参加中の皆さんも今日は朝から気持ちのよい一日になりそうですね(^^)

2011年10月12日水曜日

当たってるワケないよ~まったく油断も隙もないんだから...もぅ

多分サイトのURLを一文字打ち間違えたのだと思います。

当たってるわけないじゃん、もぅ~

ネット詐欺には注意しましょう。



「弟が欲しい」

ジャックの大親友のC君には二つぐらい年下の弟がいて、その子の名前はジャック。
昨晩寝るときに、ジャックが「僕も名前がC(=親友の子の名前)という弟が欲しい~」と言い出し、いつものように「赤ちゃんがジャックのオモチャをみんなとってしまうかもよ?」「マミーもダディーもみんな赤ちゃんのお世話でジャックのことをかまってあげられないかもよ?」と言うと、「C君の弟のジャックはオモチャをとったりしてないよ」と言うので、「Not yet」(まだとってないけど…)と、とりあえずお茶を濁す自分。

お店で「これが欲しい~」、「あれ買って~」と言われる方がまだかわしやすい質問だな、と初めて思いました。兄弟がいる方が絶対にいいとは思うものの、今からもう一人…は年齢的にも無理。周囲の裕福な家庭のように恵まれない子供を養子に迎えてまでジャックに弟を作ってあげたいか、というと、そこまでは兄弟を持つことに強い思い入れもなく… アメリカの家庭では(いわゆる一般家庭でも)親のいない子供や、親がいても親に養育能力がなくて養子に出される子供をひきとって育てる家庭が多いです。

うちはジャックですら高齢出産だったので、ジャックが One and Only Jack でこのまま一人っ子として育ってもらうしかないな~と思っていますが、当分「弟が欲しい~」というリクエストにさらされそうです。

2011年10月11日火曜日

不動産鑑定評価(Appraisal) 終了

今日の午後、予定通り不動産鑑定士さんがやってきて、家の内外の写真を撮ったり、巻尺で計ったり間取りをメモったりして帰って行きました。

必要な書類も全部揃ったのであとはコピーをとって送るだけ... と思ったら、しまった、肝心な Web サイト上での電子署名をまだ送っていないことに気づいてしまいました。それを一番最初にやるようにと指示があったのに... 自分にとっては膨大な量のドキュメントなので後回しにしているうちに忘れるところでした(とっととやらねば)

朗報:Netflix DVD 郵送サービスを従来通りの Web サイトで継続

レンタル映画・配信サービスの大手 Netflix から先月発表された、サービス料金の値上げとDVD 配達サービス部門の分離化のうち、DVD 配達サービスを別ブランド (Qwikster) として行う計画を撤回するというお知らせメールが来ました。ユーザーは従来の Web サイトで、これまで通り DVD もストリーミングの映画も管理できるので、特に不便な事もなくサービスを利用することができます。
『It is clear that for many of our members two websites would make things more difficult, so we are going to keep Netflix as one place to go for streaming and DVDs.
This means no change: one website, one account, one password…in other words, no Qwikster. While the July price change was necessary, we are now done with price change.』

分離計画が発表された直後から、DVD の送付・返却のサイクルがとても早くなり(下手をすると朝投函するとその日のうちに「受け取りましたよ」のお知らせメールと「次の DVD xxxx は明日到着予定」という自分の DVD キュー内の映画がどんどん送られてきていて、分離することでちょっと喝が入っていいんぢゃない?ぐらいに思っていたのですが、彼らの最大の目的は「値上げ」であって、値上げが終わった時点で新しいサイトを立ち上げたりする必要はないのかも、という結論に達したのはユーザーの一人としてはよい決断だと思います。
Netflix の値上げ後の料金が高いのか?安いのか?については、個人的には妥当な値段ではないかな?と思います。映画一本(安い時間帯に観に行っても)7ドルとか払うわけで、映画館で映画を月に2本観るぐらいの料金で、毎日映画を見られるのは安い方だと思います。特に雨の多いシアトルでは秋から冬の間の楽しみというと家でテレビや映画を見たりすることが多いので。

ただ、高い!と言っている人の気持ちもわかる気がします。というのは、実際に毎月映画館で2本の映画を見るという人はかなりの映画好きだと思うからです。話題作でしかも劇場で見たくなる映画が月に2本もあるか?というと案外そうでもない。駄作にお金を払ってしかも大スクリーンで見てしまった時の落胆を考えると、有名な映画(Harry Potter) だの、有名な監督が撮った映画しか実際に映画館に足を運んで見に行く気になれないので、そのテンポで映画を見る人にとっては、月額10ドル以下ぐらいがちょうどいい価格帯なのではないかと思います。

自分が Netflix の会員になった頃は、確か月額12ドルぐらいから始まって、それが最初の3ヶ月が無料であとは一番安いサービスが9ドルぐらいだったと記憶しているのですが、オンラインストリーミングを増やしたり、レンタル DVD サービスの元大手 Blockbuster をボコボコにするまでは安売り+手軽さで会員数を増やしてきた Netflix もある意味岐路に立たされていると思います。Netflix が台頭する前は自分も足繁く Blockbuster に通った一人だったのですが、去年倒産した Blockbuster はどーなったんだろー?と思ったら Dish Network (衛星放送の会社)に買われて、その後も Blockbuster のブランド名で映画配信業にいました。最近では Amazon も参入してきて、ここで競合会社がサービスや価格を競いあってくれるとユーザー側にしてみれば選択肢が増え、一番お得なサービスを契約できるようになってよいのかも、という気がします。

2011年10月10日月曜日

マシンセットアップ

2年半ほど酷使した TOSHIBA PORTEGE の熱暴走が激しくなってきたこともあり、新しいラップトップを購入してもらい、先週末からドライブの暗号化から古いマシンからのファイルのバックアップやら、ゆるゆると進行中。古い方は今日バックアップを終え、個人ファイルを消しクリーンアップ終了。

只今新しい方のマシン(DELL LATITUDE E6420)に Visual Studio をインストール中。まずは VS が入っていないことには仕事にならないので... とりあえずインストールを流しながら晩ご飯+お風呂かな?

迷惑千万な道路工事をナントカして欲しい

最近のベルビュー・レドモンド近郊はなぜか道路工事だらけです。
最初はそんなに気にならない程度の工事だったのですが、さすがに、会社の周りの基幹道路全てで工事をやられると、自分のオフィスは目の前にあるのに全然車が動かない。

24thの坂の下も、156thを曲がってすぐの所も、はたまた裏から攻めようと31st を148th側から走って来ても、会社の近くになるとみんな渋滞にハマりまくり。こんなに四方八方工事の年も珍しい!?

今週は PASS Summit@Seattle

今週はシアトルで SQL Server のカンファレンス PASS Summit 2011 が開催されるので、世界各国から SQL Server のスペシャリストがシアトルに続々と集結中。今日、明日はプリカンファレンスで、カンファレンスは水曜日(10/12)から金曜日(10/14)まで開催とのこと。昨年同様日本からも SQL の MVP の松本夫妻がシアトル入りされていて、今週時間のある時にお会いする予定です。まさに「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや」で楽しみです(^^)

http://www.sqlpass.org/summit/2011/

2011年10月9日日曜日

銀行詐欺:Wells Fargo を装ったテキストメッセージには注意!

「セキュリティーアラート。アナタのカード(カードの終わり四桁の番号 xxxx)は不正に使われている可能性があるのでアカウントを停止しました。xxxx-xxxxx-xxxx の番号にすぐに連絡してください。」

のようなメッセージがメールや電話や、テキストメッセージで送られてきたら、絶対にそのメッセージにある連絡先には連絡しないように!
実は自分も土曜日に見慣れないテキストメッセージをもらった一人。カードが Deactivate された、という内容のメッセージだったのですが、そもそも Wells Fargo のカードなんて持ってないのに、と思って Scam (詐欺)チェックをしてみたら、やはり今流行っている詐欺だった模様。迂闊に電話をかけたりして、本人確認の情報なんぞを言ってしまうと、身に覚えのない海外からのチャージが自分のアカウントに入って来ていたとのこと。こういう詐欺が横行しているせいもあり、Facebook やら Google のアカウントで携帯電話の番号をセキュリティ強化の名の下に求められても、怖くてなかなか番号を登録する気になれない自分です。
 

詐欺のニュース
http://www.thedenverchannel.com/news/29385596/detail.html

Wells Fargo のページ
https://www.wellsfargo.com/privacy_security/fraud/operate/emails

ご近所づきあい、再び...

近所づきあいはしない主義、と言っても過言ではない自分なのですが、彼らだけは例外、というのが自宅 No.2 の隣人が飼っている 4 匹の猫達。

ソフィアは隣の家の女の子(既に大学生らしく、州内のどこか遠くの大学の近くに引越しているとのこと)が可愛がっていた猫で、うちの 2 階の窓の外に屋根づたいにやってきてよく座っていました。
誰からも好かれるパックマン。パックマンは長男(既に成人して結婚もし、オハイオだったかどこかの州にいるアメリカ軍で働いているとのこと)が可愛がっていた猫で、人懐っこくてとっても性格のいい猫。なぜか超ガリガリで、触ると骨がゴツゴツなのですが、それでも健康に何年も生き続けているので多分健康なんだろうと思うのですが...(時々餌をあげてます)
パックマンは、ある夏の日に出勤途中にふと後ろを振り返ったら車の後部座席にパックマンが乗っていてビックリ(笑)車の窓から入り込んでいた模様。
 手前からイアン、奥にいるのがスモーキー。お義母さんの猫を見るまでは、このイアンが自分が知る猫の中では一番太っている猫だと思っていたのですが、お義母さんのあのデブ猫ハリーに比べると小ぶりに見えるイアン。イアンもいい子なのだけれど、家の中に入りたくてしょうがない、かなり強引な猫。リスを追い掛け回すのも大好きな模様。

スモーキーは子猫の頃から警戒心が強くて、大人になっても常に遠くから人間の様子を伺う感じ。久々に会っても性格はまったく変わっていないので猫も三つ子の魂百までも、なんだなと思いました。

イアンも年をとったせいか、昔のようにすごい勢いでリスを追いかけまわしてはいなかったものの、うちのまわりに撒いたピーナッツを食べたいリスと、隣人の猫達との睨み合いな日々はまだまだ続きそうです(^^)

2011年10月8日土曜日

鮭(サーモン)の遡上~ノースウェストの秋+プレイデート

土曜日は午後からジャックのクラスメートの S ちゃんとプレイデートで Issaquah にある Salmon Hatchery に行って来ました。ちょうど今月頭に、Salmon Day 2011 という年に一度のサーモン祭をやっていたのですが、その時には結婚 5 周年記念旅行中で行けなかったのですが、鮭の川上りのシーズンはまだまだ続くということで、青空の下鮭を見に行って来ました。

浅い川にはたくさんの鮭が泳いでいて、中には下手な子犬よりも大きそうな鮭もいて、なかなか見応えがありました。ジャックも S ちゃんも鮭が泳いでいる姿や、時々水しぶきを上げながら上へ上ろうとする姿を見て喜んでいました。(でも一番喜んでいたのは自分かも^^;;)こういう自然に囲まれた環境にいると、ノースウェストに住む醍醐味というか、子供をよい環境で育てられるありがたみを感じます。


川に沿って作られた鮭の観測用エリア。ここで鮭をじっと見ているだけでも全然飽きないというか、緑に囲まれたいい場所です。
楽しそうに遊ぶジャックと S ちゃん。
鮭を見たあとは、アイスクリームを買って近くにある公園へ。雨の季節が始まるとなかなか外で遊べる機会がなくなるので、お天気のいい日にはなるべく外で遊ばせてあげたいものです。

夕方は家で、Movie & Pizza。途中から映画を見ているのは大人だけで、ジャック達は新婚家庭ごっこ^^?みたいなことをして遊んでいましたが彼らをみていると、人生で今が一番いい時期なんだな~と思います。彼ら曰く「We are now boyfriend and girlfriend」なんだとか。これがティーンだと親もハラハラドキドキですが、4歳と5歳なのでイノセントラブってことで(^^)

それにしても、4歳にして既にガールフレンドがいるジャックって超幸せ者かも^^?

秋晴れ ~ 紅葉進行中

昨晩は会社の同僚+元同僚のみなさんとの飲み会の後そのまま自宅 No.2 に泊まったので、今日は朝からコーヒーを片手に秋晴れの下マイクロソフトキャンパスのまわりを朝からウォーキング。昨日食べすぎたこともあり、朝から運動なんとも健康的な一日の始まりでした。うちのまわりや会社のまわりにはたくさん木が生えていて、広葉樹は紅葉がかなり進行中で青空に黄色が映えていい感じ。また色々な鳥の鳴き声が聞こえてきて、小鳥天国(^^)
途中昔飼っていた猫のお墓参りにも行き、そのまま会社に来て金曜日の夕方からセットアップ中の新しいマシンの様子を見たり、同僚の N 子さんとしばしチャットしたりしているうちに時間はお昼近くに。毎度びよん(猫)のお墓参りに行くと良い事が起きるのですが、今日もジャックの大好きな S ちゃんのお母さんと急遽テキストメッセージと電話でプレイデートの約束を取り付けることができて超ラッキー^^!せっかくのよいお天気なので今日は午後から一緒に遊びに行く事になりました。さて、私もそろそろ家に帰って準備をしなくては!

リファイナンスの波に今度こそ乗れるか?

アメリカの、特にワシントン州の住宅市場はいまいち芳しくないものの、住宅ローンの金利は過去最低とも言われ、頭金さえあれば今家を買うのは絶好のチャンス!と言われています。既に家を持っている人も、ローンの借り換え=リファイナンスの好機と言われ、面倒くさいことが嫌いな自分でも、自宅 No.2 をリファイナンスしようという気に俄然なってきました。会社の同僚とそんな話をしていたら、まさに先月リファイナンスを終えたという同僚もいて、彼も金利が 3.9% のローンに借り換えたのだとか。

私が自宅 No.2 を購入した頃は金利が安くても 5.4% ぐらいだった時期で、その直後にやはり今のように住宅ローンの金利が下がった時期があったのですが、その頃は英語の書類や情報を読むのが苦手だったり、信頼できる会社のローンから他のあまり名前も知られていない会社を通しての住宅ローンというのが不安だったので、リファイナンスには手を出さず、その代わりに 2 週間ごとに払う(隔週支払い)オプションに変更をしました。月に 1 回の支払いから、同じ額でも 2 回にすることによって、リファイナンスに近い効果を得られるということで、この 8 年間ほどずっと払い続けてきましたが、ダンナが自宅 No.1 を今年に入ってリファイナンスしたこともあり、自分もやっと重い腰をあげてリファイナンス手続きを真剣にやりはじめました。うまく行けば今月中ぐらいにリファイナンスできるかな?4%でも自分の今の金利よりは全然安くなるはずなので、この波に乗っておいて損はなさそう?な気がします。あとはリファイナンスをする際には定職についている必要があるらしく、今のようないつ仕事がなくなるかわからないようなご時勢では、仕事に就いているうちにやっておくべきことの一つかな?とまで思うようになってきました。無事に手続きが終わったらまたブログにでも体験レポートをアップしたいと思います。

久々に会社帰りに飲み会(満腹)

昨晩は会社帰りにうちで会社の同僚+元同僚と飲み会でした。
前回一緒に飲んで以来丸一年以上このメンバーで集まる事もなかったので本当に久しぶりでした(^^)

今回はおつまみ系が充実していたので(冷凍のたこ焼きが意外と美味しかったり、明太子、イカの塩辛、つけもの、あらびきソーセージ、チーズ他)メインのダンジネスクラブにたどり着く前に既にご飯を食べ始めてしまった自分(この時点で激しくリバウンド確定)最後のデザートまでしっかり食べておなかいっぱいでシアワセな飲み会でした。話題も相変わらず、うんこネタあり、夫婦ネタありで笑いまくりの5時間でした(^^)

みんなが帰った後は、片付けを少々やって、今はベッドルームで映画 Armageddon を見ながらの~んびり。みんな無事に車で家に帰り着いた頃かな?

2011年10月7日金曜日

算数( ̄m ̄〃)

ジャックも気が付けば保育園の一番上のクラス(=日本だと幼稚園の年少組)。習っている内容も、私が幼稚園だった頃とは全然違っていて、お遊びだけじゃなくアメリカの偉人だとか、重力の話だとか、宇宙のことやら、恐竜やら、へーアメリカって3歳~5歳の間に色々な事を学び始めるんだなーと日々感心させられています。

毎日「How was your day?」(今日はどうだった?いい日だった?)と聞くと「Good」という返事で、その返事を聞くと結構安心します。3歳の初め頃、上のクラスに上がったばかりの頃に、今日はどうだった?楽しかった?と聞くと「Bad」とか「Bad again」という時期が 1 ヶ月ほどあったので、親としてはちょっと心配した時期もありましたが、今では大好きな女の子もクラスにいるしジャックの人生は今の所順調な模様(^^)

4歳になると、足し算や引き算を保育園で習い始めるのですが、最近では足し算に関しては指を数えながらの計算でもほぼ100点満点。ダンナも私もジャックが鉛筆を置いて両手で数えながら答えを書いている姿や、6+8のように両方の数字が 5 本の指以上の指が必要な算数の問題を頭の中で一生懸命に考えている姿を見ると、思わず笑みがこぼれてしまいます。ニヤニヤしながらジャックが問題を解く姿を見ていたら「Don't laugh! Mommy, Daddy」とかなり真剣に抗議されましたが、20問ぐらい解いた後「I want to study more!」と勉強への意欲を見せてくれたのはとても嬉しかったです。天才君じゃなくてもいいけれど、勉強が適度にできると宿題に追われるだけの学校生活ではなく、子供時代を楽しく過ごす余裕ができると思うので、毎日少しでも算数と英語の書き取りの練習は続けたいところです。

2011年10月6日木曜日

Amanda Knox の事件に学ぶ留学生事情

Amanda Knox (アマンダ ノックス)って誰?と思った人はこちらのニュースを読んでみると、イタリアで起きた殺人事件のことがわかると思います。イタリアの牢獄に 4 年間収監されていたアマンダが無罪となり、故郷のシアトルに戻ってきたのは、アマンダさんとアマンダさんを支える家族にとっては喜ばしいニュースですが、被害者の家族にしてみると、結局誰がイギリス人留学生のメレディスさんに性的暴行を加え殺害したのかわからないまま、この事件は迷宮入りになってしまいました。

真実は殺害されたメレディスさんと犯人のみが知る事件。

アマンダさんが無罪の判決を受け自由の身になるまでは、アメリカから来たふしだらな留学生=お酒と、ドラッグと、複数の男性との奔放な性生活を楽しむアマンダのイメージが、おとなしそうな顔をした悪魔のようにイタリアやイギリスでは叩かれていました。実際に彼女の生活はタブロイド誌で叩かれていたようなものだったようで、親元を離れて自由奔放に生きるアメリカ人留学生の姿が非難の対象となったのは確かなようです。

殺人事件のことは置いておくとして、海外留学に限らず、親元を離れ多少羽目を外しても誰に咎められるでもない状況で、彼女のような生活をする人はたくさんいると思います。アメリカ人に限らず、日本人でも、アメリカに来たら急にモテ期が来た!という人も多いと思います(アメリカ人は日本人よりもアプローチが積極的なので、こんな自分ですら結構お誘いを受けたり、電話番号をもらったりしたものでした)。色々な誘惑に負けてドラッグに手を出したり、お酒に溺れたりしないようにするにはどうすればいいのか?この国では20歳を過ぎてもわからない人達が多すぎる気がします。(というか逆に大人に多いような?)

学生時代は色々な経験を積んだり学んだりする期間ですが、勉強だけが全てではないし、色々な人達と知り合う機会も大事にすべきだと思いますが、ドラッグやお酒に溺れる人やそういう人達とのつながりが強い人達とは距離を置けるような賢さは持ち続けて欲しいと思います。20歳というのはそのぐらいの判断がつく年齢だと思うのですが、海外からの留学生だったりすると、危うい環境でもこれも文化の違い、とか、郷に入れば郷に従え的な気持ちが働くのだと思いますが、今回のアマンダ ノックスさんの事件のように日頃の素行から犯人と断定され 4 年間も外国の牢屋で過ごすことになった人がいることを覚えていて欲しいと思います。もし今回の判決で無罪にならなかったら、多分彼女は向こう20年イタリアの牢獄で過ごしていたかもしれないのでした。

「次の日」は淡々とやってくる...

朝起き抜けにテレビを付けて Steve=Jobs 氏のニュースを探すも、どのニュースチャンネルもオバマ氏のホワイトハウスでの記者会見のニュースの生放送で、アメリカの失業対策案に対する関心の高さを感じました。Steve=Jobs 氏の特集番組は夜の時間帯に組まれるのだろうと、昨晩半分も見ないうちに寝てしまった、サウスパークの新エピソードを見て、ジャックを保育園へ送り出し、自分も会社へ。

会社に行く途中に流れていたカントリー調な音楽にまた Steve=Jobs 氏の闘病生活のことやら、末期ガンの伯父さんのことやら、結局人はガンで死ぬんだろうか、とか、どんより曇った空の下、彼は「伝説の偉人」なんかになるよりも、きっともっと生きていたかっただろうなぁと 思ったらまた悲しい気分になってきました。マイケル=ジャクソンが亡くなった時 よりもさらにぐっと胸に詰まる思いを感じました。アップル製品をこよなく愛すダンナも、今年の 6 月に開催された WWDC が、Steve の最後の WWDC だろうと言っていましたが、それが本当になってしまった事に対する残念さと、最後に彼の姿を WWDC で見ることができてよかったと言っていました。私の iPhone の中にも、一昨年ダンナが Apple 本社に面接に行った時に、MSから転職して Apple 本社にいる M田君とランチをした時に偶然近くにいた Steve を写した写真が眠っています(社内は撮影禁止とのことなので、門外不出の非公開写真として記念にとってあります)。

昨晩、ちょうど日本のマイクロソフトから本社へ初出張中の M野さんと、本社で働く Y木さん、J君の四人でベルビューのパープルカフェでディナーだったのですが、その時もみんなで Steve=Jobs 氏の話をしていました。(J君がハマっているというボーリングの話は暗い中にも明るい話題でちょっと笑えました^^)

会社でいつものように朝のコーヒーを飲み、一通りメールやニュースに目を通し、今日やることをチェックし、自分のバグをチェック。何がおきても、誰が亡くなっても、「次の日」は淡々とやってくる。昨晩のディナーの時に、iPhone の話になり、追悼の意云々とは関係なく、自分はやっぱり iPhone 5 を買うだろうな、と思いました。あとはこの秋に出版される Steve の自伝も買って読むだろうと思います。きっと今頃日本語や各国語への翻訳も進んでいるに違いない?

2011年10月5日水曜日

Steve=Jobs 氏死去のニュース (1955 - 2011)

http://www.apple.com/

たった今同僚がこのニュースを教えてくれて、アップルのサイトを見たら Steve=Jobs 氏の写真が掲載されていました。突然の訃報に驚きました。故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お義母さん一行、無事フロリダへ向けて出発

今日は朝 8 時にレドモンドの自宅 No.2 に集合し、そこからお義母さん一行を空港まで送ってきました。天候によっては猫付きで飛べない可能性があるので、猫 2 匹と共に無事にチェックインを済ませるまで空港で待っていましたが、無事にシアトルから飛び立って行き、ほっと一安心。これから、ジャックの写真を送れ~(Facebook に新しい写真がアップロードされていないと催促のメールがきてしまう)コールがさらに激しくなりそうですが、ま、一週間に一度ぐらい何かアップロードしておけばいいかな^^?と。

2011年10月4日火曜日

今年最後のディナー@Frankie's (レドモンド)

夕方カナダから到着したお義母さん一行と今日は今年最後のディナーでレドモンドにある Frankie's というイタリアンカフェレストランに行ってきました。オーナーの Frank さんとその家族が切り盛りしているファミリービジネスのレストランですが、レドモンドエリアでは人気のイタリアンレストラン。結婚して、レドモンドの自宅からベルビューに引越したせいもあり久しくここへは足を運んでいなかったのですが、今でもビジネスは健在なようで嬉しく思いました。
オーナーの Frank さんがお客さんのいる席に挨拶をしながらまわっている傍ら、奥さんがてきぱきとオーダーを取ったり食べ物を運んだり... 自分達のお店に来てくれるお客さんを大事にしようという姿勢にとても好感を覚えました。結婚5周年を迎えたばかり、という話をしたら、アニバーサリーデザートはうちの奢りだから、好きなデザートを選んでね!とデザートをサービスしてもらいました(^^)

明日は朝9時までに猫2匹とお義母さん+その彼を空港に送り届け、昨年同様彼らの車を冬の間そのままうちで預かる予定です。というわけで明日は早起きして空港送迎なので今日は早めに寝なくては!

Frankie's Pizza and Pasta
http://www.frankiesredmond.com

ブログ巡回:佐川さんの「シアトルより愛をこめて」

ITMedia のブログサイトでオルタナブロガーの一人としてブログを投稿している佐川明美さんの「シアトルより愛をこめて」はオルタナブログの中でもよくチェックさせていただいているブログです。今日の彼女のブログで取り上げられていた、スターバックスの雇用促進運動(雇用促進のために$5を寄付してください)は、マクドナルドがやると実は期待した雇用促進成果が得られるのではないかな?と遅いランチを食べながら思っていました。

マクドナルドはあちこちにお店があり、働いている時間は従業員としてマクドナルド社のために貢献し、非番の時には客としてマクドナルドにお金を落として行く... 素人目にはこれぞバーガーのエコシステムという気がするのですが、実際にはどうなのか興味深いです。

ところでブログ「シアトルより愛をこめて」を書いている佐川明美さんは、彼女がマイクロソフトに在籍中にお会いしたこともあるのですが(多分佐川さんは私のことなど覚えていないと思いますが^^;;)その時にはこんなにすごい方だとは全然知る由もなく、佐川さんのインタビュー記事を読んでキャリアウーマンとして、また人生の先輩として見習うべきところが多いなぁと思いました。2009年のインタビュー記事で少々古いですが、うちの会社のカルチャーや仕事観や幸せについて、共感できるところも多いインタビューでした。

お義母さんがやってくる

今日はカナダからお義母さん+その彼+お義母さんの猫2匹がやってくる日。順調ならば、今晩一晩自宅 No.2 に泊まって、明日のフライトでフロリダへ発つ予定。冬の間フロリダの別宅で暮らし、来年の2月頃?に戻って来る予定。お義母さんはアメリカ人なのでアメリカに無期限で滞在できるものの、お義母さんの彼はカナダ人なので、観光ビザ(=ビザ無し)で滞在できるのは最高6ヶ月。カナダの東海岸側に住むお義母さん側の親戚(大多数はカナダ人)も、冬の間フロリダにやってきて、ビザ無しで滞在できる期間内で数ヶ月間滞在し、カナダの自宅に戻る時にはまた別宅を貸家にする、というパターンを繰り返している模様。

時々ダンナに、一家でフロリダに移住しよう!と持ちかけているのだけれど、いつか勤務先=ディズニーワールドな日が来たらちょと楽しいかも?と想像だけは膨らむ自分です(^^)

祝!完成 ~ ブルーグリーンの襟巻き(出来上がり) (^^)v

休暇中にロッジで編み始めた襟巻きが無事完成 \(^o^)/

毛糸 2 玉、製作時間約 3 時間半




編み上がったところでダンナに携帯のカメラで完成記念の一枚(^^)
表編みだけで手軽に編めるこの襟巻き、フワフワで巻き心地もよいです。

去年の 5 月に編んだピンクの襟巻き同様、これからの季節に重宝しそうです!

2011年10月3日月曜日

抜け毛と白髪

最近年のせいか、抜け毛も白髪の量も以前よりもかなり増え、ここは思いきって髪のリセットも兼ねてショートカットに戻るべきか...日々考え中。

ダンナとジャックが「長い髪が好き」と言うので、これまでしばらくショートは避けてきたものの、最近髪にハリもコシもない上、8月にかけたストレートパーマのせいでかなりペッタリした感じでもあり、もうストレートパーマは終わりにしようとまで思ったほど。ショートだと寝癖が半端じゃなくひどいから伸ばしていたものの、ここは健康的な髪を取り戻すために切るべきか... (ううむ)

今更ですが、ヤマト(実写版)の感想

実は結婚 5 周年アニバーサリー旅行の際に、テレビも何もない静かな部屋でのんびりするぞ~と思っていたら、ダンナから、私が以前から見たいと言っていた日本の「宇宙戦艦ヤマト」の実写版(キムタク主演)のプレゼント。おかげさまで、やっと噂の実写版を見る事ができました(^^)。

日本語なのでダンナとジャックには会話の細部まではわからなかったと思うのですが、感想を一言で言うと「惜しいっ!」の一語に尽きるというか(^^;; 多分お金も相当かかっていると思うのですが、それだけのお金を使うのだったら、もっといい映画にできたのに~!! というのが正直な感想。あとは話を変えすぎかな?という気がしました(ちょっといじりすぎてしまった?)が、面白いか面白くないか?と言えば面白い映画で、好きか嫌いか?と言えば、好きな映画と言えると思います。

キムタクの古代進が悪いのか、脚本(特に古代進)の台詞が悪いのか。戦闘シーンやメカデザイン、特撮系はアメリカの人気  SF ドラマや映画からよさそうなところをかじって真似ただけあって、その点では割と完成度が高かったのに、肝心の役者の演技が学芸会っぽいというか...役者陣を見ると結構ベテランで固めてあるのに~(惜しいっ)キムタクもベテランのうちに入ると思うのですが、彼は所詮テレビドラマの役者さんで映画俳優ではないのだな、という気がしました。でも諸悪の根源はやはり脚本なのではないかと思います。

例えば、生死を賭けて戦う事が仕事な軍に従事する人達にはそもそも「これがオレのやり方です」みたいな態度はあり得ないというかあってはいけないというか... 司令官には絶対に従う、軍の規律が第一、というような基本中の基本があるからこそ、ヒーローがあえて規律違反を犯してまでも正しいと思うことを貫き通そうとする時に、葛藤やら何やらで深みのあるドラマが生まれると思うのですが、所詮平和ボケしている日本人にはその辺を出すのが無理だったのか、キムタクのあの口調で普段のドラマで彼が言っている(言わされている)ような台詞をそのまんま映画でも言わせてしまったのはかなり惜しいというか痛いというか...

日本語がいまいち理解できていないダンナの目にも、古代進役はかなりダメだったらしく、主役がよくないと言いながら見ていました。あとはダンナ的には「サイトウ」役が一番いい役者だと言っていましたが、私もサイトウ役の人は光っていたな~と思います。柳葉敏朗の真田さんは声がすごく合っていたと思います。でも、顔はどっちかというと「そのまんま東」(目が大きくて顔が長い人)の方が合っているかも?

森雪... キャラを変えすぎで残念。黒木メイサが悪いのではなく、脚本が悪かったのだと思います。
アナライザー... 脚が長いアナライザーがなんかキモいけどちょっとセクシー^^?
佐渡先生... 女性の佐渡先生もそんなに悪くない、と思いました。
サイトウ... 彼ならハリウッドでも活躍できるだろう、とダンナも一押しのサイトウ。死に様がカッコよかったです。

古代進が最後に自分を犠牲にして森雪やら地球を救うシーンの後、ダンナはワクワクしながら森雪=放射能除去装置が地球をドラマティックに元の地球に戻すシーンを期待していたのですが、いきなりスタッフロールが流れ出しものすごくガッカリしていました。「多分そこまで撮るお金がなかったのでは^^?」と言ったらダンナは苦笑しながらも納得していましたが、そこがハリウッド映画との違いなのかもしれないと思いました。ハリウッドだったら、そこもきちんと目を見張るようなキレイな特撮で地球が癒される姿を描いて感動のフィナーレを迎えたに違いない!と思います。またそういうパターンに慣れている人から見ると、この終わり方はかなり物足りなかったです。そんなこんなでちょっと辛口で星2つ(★★) のB級サイエンスフィクション映画というところ。(でもヤマトで育った世代の日本人だったら一度は見ておいてもよいかも)

今日のランチ@Yang's Dumpling House

今週も月曜日からお店開拓チームランチもどき。今日連れて行かれたお店は、水餃子が美味しいお店で、例によって例のごとく同僚のケビンが美味しいと思われるものをチャチャっと注文してくれました。目の前で店員のお姉さんが餃子の皮をこねていて、冷凍ものでもない、できたてフレッシュ水餃子 3 種と肉入りのお饅頭。ひたすら餃子なランチ、お一人様しめて8ドル。小さいながらもお店の評判もよいようで、次回は焼き餃子も試してみたいお店です。

Yang's Dumpling House
509 156th Ave SE
(between 4th St & S 157th Ave)
Bellevue, WA 98007
http://www.yelp.com/biz/yangs-dumpling-house-bellevue

2011年10月2日日曜日

結婚5周年アニバーサリー旅行 その5

今回もたくさん写真を撮ったのですが、毎度のようにこのブログには一部の写真のみアップして残りは Facebook のアルバムにまとめてアップロードしてあります。そろそろ旅行記でも書けそうなぐらい、写真がたまってきました(^^)

土曜日にハリケーンリッジに行った時に、お土産屋さんでみたネイティブインディアンアートな、
手を入れて動かす指人形の動物達。私的にはこれはかなりセンスのあるデザインの商品だと思いました。(かわいい民芸品といった感じ)

結婚5周年アニバーサリー旅行 その4

日曜日は朝起きてからロッジをチェックアウトする前にロッジのまわりにあるハイキングトレイルを少々歩き、 Marymere Falls という滝まで40分ほどミニハイキング。トレイルのほとんんどが平坦か緩やかな傾斜というハイキングトレイルで、森林浴を楽しむのにも絶好のコース。終点の Marymere Falls の直前の部分だけはちょっと勾配のキツい坂道ですが、それ以外は楽勝コース。
 見るからに空気が美味しそうなレインフォレスト!実際に空気が美味しく感じました(^^)
滝のすぐ近くに作られたトレイル。
Marymere Falls。滝自体は小さめですが、ここまで行く価値アリです(と、自分達も途中で会ったハイカーの人に言われて滝まで行ってきましたが、行く価値アリです。)

2011年10月1日土曜日

結婚5周年アニバーサリー旅行 その3

読書や編み物を楽しんだ後は夕方からオリンピック半島の名所の一つでもあるハリケーンリッジへ行って来ました。Lake Crescent Lodge から車で約 45 分ほどのところにあるハリケーンリッジ(Harricane Ridge) は晴れている日にはベルビューやカークランドからも見えるオリンピック半島の山々が一望できる場所です。トンネルに入る直前の展望エリアを探訪していたら、何やら甘い香りが...クリスマスツリーの香りがする、と思って近くの針葉樹の若葉の香りを嗅いでみると、こんなに甘かったんだ~と思うぐらい、甘くていい香り。

4歳児のジャックにもこの良さがわかるらしく、自分にも若い葉を採ってというので、いくつか採ってあげたら車の中でもずっと針葉樹の香りを嗅いでいました。多分ダグラスファー(Douglas Fir)かな?
ハリケーンリッジから降りてきたところで、Port Angels でディナー。今回はこれまで試した個とが事がないお店を開拓しようということで、ダウンタウン Port Angels を車で2 周ほど... と言っても小さな町なので5分ほどでメインストリートにある目ぼしいお店のチェック完了。

今回選んだお店は「Bella Italia」というイタリアンレストラン。入り口を入った時点で既に美味しそうな香りがしていましたが、香りだけじゃなくお味も合格なお店で Anniversary Dinner にちょうど良いレストランでした(^^) 自分達が席についてからまもなくワインバーセクションも満席になり、混む前に来店できたのもラッキーでした。食べ物を待っている間、ダンナが yelp で店のレビューをチェックしたら、かなりよい評価のお店で、Port Angels でおススメの一軒です。
Bella Italia
http://www.bellaitaliapa.com/

結婚5周年アニバーサリー旅行 その2

2006年の10月1日にシアトルで結婚式を挙げてから早5年。
自分にとっては再婚で、一つ年下のダンナは初婚。"いぢめっこ"な私は、不機嫌になる度にダンナに「だいたい30代後半までに結婚もできないよーな男はダメだ」(←頭ごなしにダメ出し)とか「人間の女性(=自分)と結婚できただけでも幸せと思え!」(←ダンナにとってはかなり意味不明な文句)とか、かなりいぢめっこぶりを発揮していますが、この5年間を振り返ってみると、ジャックもすくすくと育っているし、すぐにキレる未熟な自分ながらも、頑張って母親をやってきたな~と思います。

サンルームから見た 湖の景色。外のチェアーでワインを飲みながらのんびりしている年輩の宿泊客の姿もちらほら。なかなか優雅な休暇の過ごし方に見えました。



ジャックとダンナはそれぞれ好きな本を持参して読書中。ジャックはテディベアと一緒に長椅子に寝そべったりしていましたが、夏のピークと違ってサンルームでの熾烈な空席争奪戦もなく、家族でのんびりできました。
今回編んでいるのは以前ピンクの毛糸で作った襟巻きの色違いバージョン。編み物をしていたら、サンルームに立ち寄る宿泊客やロッジのスタッフの人達に「何を編んでるの?」と声をかけられたり(^^) 編み物をしているとストレス解消にもなってとてもよいです(^^)


既に一玉編み上げたので、月曜日にでももう一個毛糸を買ってきて完成させる予定です。集中して編めば3時間ぐらいで完了できるのがこの毛糸のよいところ(^-^)