2011年9月30日金曜日

結婚5周年アニバーサリー旅行 その1

結婚5周年アニバーサリー旅行で、金曜日は休暇を取ってオリンピック半島にある、Lake Crescent Lodge に家族旅行。以前ランチに立ち寄った事があるロッジで、レニアのパラダイスイン同様古くて歴史のあるロッジです。Lake Crescent は、家から車+フェリーで3時間ほどのところにあり、緑と山と湖に囲まれた静かな場所。夏のピークシーズンには家族連れや湖で泳ぐ人達で賑わう場所。
 
 お昼過ぎに家を出てシアトルのフェリーターミナルから Bainbridge Island へ渡り、いつものルート(305 North → 3 → 104 → 101) を走ること3時間ちょい。どんより曇ったシアトルとは対照的に オリンピック半島側は青空が広がるいいお天気。途中 Port Angels の SAFEWAY に立ち寄りジャックのおやつとドリンクを買い込んで一路ロッジへ。国立公園内の宿泊施設内にはたいてい飲み物やちょっとした食べ物が買えるお土産屋さんがついているのですが、食べ物のセレクションが少ないので、ワインのおつまみなどは予め買って持って行くようにしています。

ロッジに着きチェックインを済ませ、地図をもらって自分達の泊まる部屋へ車ごと移動。伝統的な古い建物内の部屋は、個々の部屋にバスルームがついていないらしく、共用のシャワールームを使うらしいということと、16歳だか18歳以下の子供は宿泊不可という規定だったので、今回はメインロビーから歩いて1分ほどの所にある湖に面した部屋を予約。

各部屋の外に置いていある椅子に座って早速読書を楽しむ旦那。 
 とても静かな場所で、リスが走りまわる音と、鳥のさえずりと湖の緩いさざなみの音が実に癒し系。

2011年9月29日木曜日

連休直前、最後の追い込み中...

9月ももうあと1日を残すばかりで、色々な締め切りに追われているのですが、明日から3連休の予定なのでただいま追い込み中。

Kindle Fire ~ 電子書籍がお風呂で読める日は来るか?

Kindle Fire の発表でちょっとタブレット系が面白いことになりそうな予感です。あるアナリストによると、アマゾンは Kindle Fire を一台 $199 で売るごとに $50 ドル損をするだろうと予測しています。確かうちの X-BOX でも売るたびに実は会社は損をしている...みたいな話を随分昔に誰かに聞いた事がありますが、そういう製品は概して「良い製品」=「買い」だと思っている自分。

iPad 2 の使い道が、ほぼ Angry Birds (ゲーム)と Facebook を Flipboard で見るだけ + 旅行時のナビゲーション(GPS)+地図機能と、Netflix (映画ストリーミング) 専用機に限定されている中、Kindle Fire、ちょっと欲しいかも、と思ってしまうのはおそらくお手頃な価格設定と「一機売るごとに $50 損をする」とまで言われるほど値段の割にはよさそ気な雰囲気を醸し出しているところかな?と思うのですが、Kindle というとどうしても電子書籍のイメージが強い自分。

本や雑誌を長風呂に浸かりながら読むのが大好きな自分。iPad 2 はもちろんのこと iPhone 4 ですら水害の恐ろしさを知る自分としては水周りには置きたくないところ。お風呂でノートパソコンを使って感電死した人のニュースなどもあり、今のところお風呂では紙の雑誌や本しか読んだことがないのですが、$199 だったら万が一壊れても傷が浅そう?なので、密閉型のビニール袋(Zipロックバッグとか、ドライケース)に入れてぬれないようにしながらお風呂で映画や本を読むのもアリかも?

今の時点では重たくなければ紙の本の方が好きですが、好きな本や映画に囲まれて暮らすという夢のソリューションは電子化されたデータを持ち歩くという一点に尽きるのかもしれないと思ったら、ふと映画 「TRON LEGACY」の Identity Disc(データディスク)の事を思い出しました。でも当面(向こう3年ぐらいは?)お風呂では紙の本や雑誌を読んでいるだろうなぁという気がします。

「生きている野菜」のその後

今日も気持ちのよい秋晴れ。昨晩は自宅 No.2 で冷蔵庫の掃除と称して家族で食事をし、その後私は掃除の名目で残り、だんなとジャックはベルビューの家へ帰宅。のんびり長風呂に入ってその後映画を一本見ているうちに寝てしまい、結局今日も自宅 No.2 から出勤でした。
明日からは小旅行で不在なのですが、月曜日にはカナダからお義母さんとその彼+お義母さんの猫 2 匹が泊まりに来るので、今日中に部屋をきれいにしておかないといけないのですが、使い慣れた猫のトイレを持参すると言っていたので、今日中に猫トイレ用の敷物なんかも用意しておかねば、と思っています。ダラス経由のフロリダ行きのフライトに乗るためにシアトルに立ち寄るだけの予定なのですが、ダラスの気温が高い場合には猫を飛行機に乗せてもらえない事があるらしく、順調ならば1泊で最悪は猫が乗れるフライトが予約できるまで数日~1週間ぐらい滞在することになるのだとか。

お掃除中に先日葉を全部食べてしまったものの、そのままパックに入れてキープしておいた「生きているレタス」をどーするかなー(捨てるには忍びないし、またレタスが育ったらまた食べられるし)と思って、レタスを会社に持って行くことにしました。今日のような秋晴れの暖かい日に、思いっきり太陽の光を浴びたら、レタスも育つのでは^^?と思って日向に置いていますが、葉を食べてしまった後も根と水さえあればまたレタスが育つのか?非常に興味があります(ってことでしばらく育ててみる予定)

2011年9月28日水曜日

健康診断の季節

今年も健康診断の季節がやってきました。とりあえず、あと一ヶ月かけてもうちょい体重を落としたところで身体検査+血液検査に臨みたいので、一ヶ月後に予約を設定。ついでに、会社の医療保険でカバーされている無料乳がん検診の予約も健康診断と同じ時期に予約を入れました。乳がん検診は早ければ早い方がよいのかもですが、今年も何事もなく無事に終わりますように... 相変わらず巷で聞く乳がん関連のニュースは、xxxさんが乳がんで亡くなった、というようなものが多く、乳がんがいまだに短期間で死に至る病気であることを再認識させられます。

さて、10月はマラソンでもしますか...

今週末はサーモンデーフェスティバル@Issaquah

今年もサーモンの季節がやってきましたが、Issaquah で Salmon Days Festival 2011 が今週末の 10 月 1 日と 2 日に開催されます。前回行ってみてヒットだったこのイベント。お天気がよいとかなりの混雑が予想されますが、屋台で売られていた、旬なサーモンを食べたり、とうもろこしを食べたり、食べ歩きも楽しかった思い出のイベントです。


今年は残念ながら週末に結婚 5 周年記念旅行を予定しているのでフェスティバルの開催中に立ち寄ることはできそうにないですが、近くにいる方で週末に特に予定のない方は是非行ってみてください。公式サイト http://www.salmondays.org/


サーモンと言えば、ワシントン州在住のカントリーママさんという方のブログ(自然治療法医の子育て 思わずニッコリ!パラダイス日記)に、旬の鮭掴み獲りの日記が写真入りで公開されていたので、私のブログでも紹介させていただきました。ホントに手で掴み獲りできるぐらい浅瀬に鮭が泳いでいるんですね!まさに自然環境に恵まれたパラダイスといった感じで写真を見ているだけで食欲が...ではなくニッコリ(^^)でした。

日替わり背景 ~ 紅葉

久々の日替わり背景。去年の11月にこのブログサイトを始めた頃には、既に紅葉の季節が終わっていたこともありテンプレートにある紅葉の写真は今回が初登場。


まだまだ使っていないテンプレートの写真がたくさんあるので、そちらも順次試してみたいところです。


オリジナルの画像は以下のリンクにあります(↓)
http://www.istockphoto.com//stock-photo-4011035-autumn-leaves.php?refnum=konradlew

ピーナッツの威力

 昨晩はダンナが留守だったこともあり、ジャックと自宅 No.2 にて晩ご飯+寝泊りしていました。ベルビューの自宅にも青い鳥や、フワフワの尻尾のリスがやってくるのですが、レドモンドの青い鳥(ブルージェイと呼んでいるけれど正式には泣き声がうるさい事で定評のあるステラジェイ)の方が警戒心が少なく、朝 7 時からピーナッツやら鳥の餌を撒いてジャックと二人ガラス窓からじーっと眺めていた甲斐あって今日はブルージェイ4羽にリス3匹が庭でピーナッツやら鳥の餌を食べていました。


動物が寄り付く家=いい家、青い鳥が来る家=幸せな家、といつも自分に言い聞かせているので、庭にやってくる動物達を見るとほのぼのした気分になります(^^) この家を買ったのは2003年だったのですが、それ以来年々枝が伸び、今では庭全体が木陰に入るほど枝が伸びました。


ピーナッツを撒く音を聞きつけて木の上の方から駆け下りてくるリス達がカワイイです(^^)

携帯のカメラで光が足りない状況での写真なので、ブルージェイの羽の青色がうまく出せなくて残念。次回はちゃんとしたカメラでリスとブルージェイのツーショットを撮りたいところ。

ブログ巡回:オルタナトークのお題 ~ 考えてみた事もなかった事を考える面白さ

最近はすっかり読書よりも、趣味=ブログな自分は他の人が書いた興味深い内容のブログや、笑えるブログなどを読むのも相当好きで、毎日結構な時間をブログ読みに費やしています。子供がいるので、子育て関連で面白いブログや共感を覚える内容のブログは定期的に巡回していますが子育て以外の全般的なトピックに関するブログも、更新頻度が毎日あるいは毎週といったペースで、更新が滞っていないサイトを中心に、文章に垣間見る書き手の人間性に共感を覚えるものは巡回リストに加え、新しい投稿があると楽しみに読んでいます。逆に文章や内容から書き手の根が暗そう~とか、トーンが暗い感じの人(社会への不満とか自分自身の悩み事が多そうな人)のブログは、なんとなく苦手で、そちらは目を引く内容でも巡回リストにはちょっとパスしたり(なんですかね、読んでるとネガティブなパワーをお裾分けされてしまうようなものが苦手なのかもです。)

という前置きはおいといて、ブログ巡回リストの中のIT Media オルタナティブブログ(オルタナブログ)は、軽めの読み物としても楽しめて、さらに Special オルタナトークの「お題」に沿ってオルタナブロガーのみなさんが自由に書いているブログも興味深いものが多いので気に入っています。

ちょうど今出ている「お題」が「人はなぜ、働くのか」というもので、オルタナブロガーさん達のブログを見ながら、え?気づいたら(=大学を出たら)働いてたよ^^?とか、え?働くって当たり前の事ぢゃなかったんだっけ^^?とか、自分はそんな事考えてみたこともなかったよ、とまず思ったのですが、考えてみるとかなり奥が深いというか、憲法の働く権利とか義務について読んでみたり、一生働かなくてもいい人になったつもりで働く理由を考えてみたり、いまだに色々と思案を巡らせています。

昔のサイエンスフィクション系の話などでは、未来の世界ではロボットが人間の労働を肩代わりして、人々は豊かに暮らす、みたいな話がありましたが、かなり大人になるまでそれが自分達の未来の社会なんだと信じていたり(笑)
大学出立ての20代の自分と、40代半ばの今の自分では明らかに、働く事への意識は変わっていて、働き続ける事に特に理由だの動機など無用だった(=当たり前だと思って疑問にも思わなかった)時期を経て、いつか来る(はず^^?の)「働かなくてよい日」のために今は一生懸命働いているのかな、というモードにやや切り替わったような気がします。根本的には働き盛りのうちに働くことに何の疑問も抱けないぐらい当たり前だと思ってもいるのですが、それでも人生のどのステージにいるかで働く意義や理由が変わるんだな、という事に気づいた「お題」でした。


他のみなさんのブログを見ていても、「働くのは当たり前」、「生活のため」、「他人の喜ぶ顔を見るのが嬉しい」、「社会への貢献」、「家族を養う」その他色々と読んでいるとなるほどと思える意見でした。直接的な自分の利益だけを追い求めていない人=社会貢献系、他人の喜ぶ顔を見るのが嬉しい系の人達は、仕事にやりがいを感じている人が多いのではないかな?という気がします。今やっている仕事に本当に「やりがい」があるのかないのかは別としても、自分も「好きな事を仕事にしている」という点では恵まれているのだろうと思います。

ところで「働き続ける事」「生涯現役」がよい事だと信じていた自分に「いつか働かなくてよい日のために今働いている」という心境の変化が生まれた背景には、うちの会社の全盛期(10年以上前^^?)に40代で退職(Early retirement)して、残りの人生を悠々自適に暮らす人が存在する、ということを知ってからなのかな?という気がかなりしています。それまでは自分の親の世代の生き方しか知らず、そういう生き方がある意味理想だったのですが、アメリカに来て色々な意味で自由な生き方を楽しむ人達を見ているうちにそういう影響を受けたのだろうと思います。
アメリカのコンピューター・ソフトウェア業界のお金持ちの中には、日本のいわゆるお金持ちのような(外車、ロレックスの時計、ブランド物の衣類で身を固めている)イメージとは程遠い人達が多く、むしろダサいか貧乏そうにすら見える人も(笑)多く、それがいい意味で早期リタイア(early retirement)して残りの人生を楽しむ生活がそんなに不可能な事でもないのではないかな?という幻想を見せてくれているのかもしれません(笑) 目標は「Retire Rich」ですが今回のお題は、これまでじっくり考えてみた事もなかった「自分はなぜ働くのか?」という事を考える機会になりなかなか面白かったです。

知人もブログを書いていたり、毎回面白い「お題」が出たりと、なかなか知的で面白いブログサイトとしておススメの IT Media オルタナティブブログ(オルタナブログ) です。

2011年9月27日火曜日

備忘録:夏時間スケジュール 2011 - 2012

夏時間は一体いつ終わるのか?気になったので調べてみたら、今年の夏時間の終わりは 11月6日 でした。
そして来年は 3月11日に夏時間が始まり、11月4日に夏時間が終わるとのこと。

夏時間スケジュール:
http://wwp.greenwichmeantime.com/time-zone/rules/usa/

恒例行事、クラス写真撮影会

今日はジャックの保育園で年に 2 回行われるクラス写真撮影会。プロのカメラマンにポートレイトとクラスの集合写真を撮ってもらい、親は写真が気に入ったら購入するかどうか、一週間の選択期間が与えられるしくみになっていますが、ハンサムに撮れている年もあれば、あぁぁぁっ、惜しいぃ~~という顔で写っていた年もあり(笑)そんなわけで、今日は朝一にお風呂にも入れ、寝癖を直し、とりあえず顔映りのよさそうなシャツを着せて送り出しましたが、さてさて仕上がりはどんな風になることやら(楽しみです^^)

今日は朝から食事付きのカンファレンスミーティングに参加中。忙しいので午前中だけで仕事に戻らねばかな。久々に8時台に会社に来たのは朝食に釣られてしまったせいもありますが、早寝早起きはこれからの季節には結構いいかもと思いました。そろそろ夏時間も終わるような気がするのですが、10月の終わりだったかな?

2011年9月26日月曜日

雨のシアトル & 66 ヶ月アニバーサリー & チェーンメール

強風の後はどんより曇り空+雨=典型的なシアトルの風景。
そして会社の周りに生えている木も一体何時の間に!?というほど紅葉が始まり、いよいよ秋本番といったところ。今年は本当に夏が短かった気がします。昨年はいまいちだったスキーシーズン。今年は雪が多い季節になるのかな?ジャックもそろそろスキーを習ってもよい年頃になってきたので、親子でスキー教室なんかも楽しそう。(自分はクロスカントリースキー派ですがダウンヒルもたまにはいいかも?)

毎月 26 日は恒例の Monthly Anniversary。ダンナとジャックがお花とカードとこの猫の風船を昨日の晩にくれたのですが、なぜか花と風船はジャックの部屋に飾られ(笑)朝になったらジャックが風船を持ってマスターベッドルームまで起こしにきてくれました。昨晩は(も?)ダンナにブチ切れることがあった自分は、ジャックが猫風船と共に起こしにきてくれた時に、なんだか寝覚めの悪い夢を見ている最中だったので、ジャックのおかげでやや機嫌がよくなりましたが、まだちょっと不完全燃焼気味。
ところで、久々に「チェーンメール」なるものをもらってしまい(それも不機嫌な理由の一つなのですが)英語で断りのメールを書くのが面倒かつ、元を正せばダンナの友人の奥さんということで、ダンナに断りのメールを書いてもらうことにしたのですが... 単なる面白ネタや感動の話などを広めたい「読み物」系ならばまぁ内容次第では自分の友人・知人に送ることもありますが、「xxxを買って△△△ちゃんへ送ってあげてください。同じメールを 6 人の人に送ってください。忙しいとは思いますが、xxxを楽しみに待っている△△△ちゃん(=学区も違うのでジャックのクラスメートでもなければ全く知らないうちの子)がかわいそうなので、遅れない場合には送り主=ダンナの友人の奥さんに 6 日以内に連絡してください。みんながこの通りにしたら、△△△ちゃんもおたくのお子さんも 36 個の xxxが送られてくることになり、なんて楽しいんでしょう!みたいな手紙、しかも封書のチェーンメール。

xxxは決して高いものではなく、欲しければランダムに見知らぬ人からもらわなくても親が買ってあげればよさそうなもの。

特に恵まれない子供への支援、というよりも、どちらかというと中流・上流家庭の暇な奥様達が考え出した”ちょっとしたお楽しみ系”イベントっぽい感じ(ダンナの友人の奥さんはバリバリなキャリアウーマンなので暇ではないと思うのだけれど)

以前、おススメだったか読み古した「本」を1冊他人の子供へ送るというチェーンメールがありましたが、うちに送られて来た本が面白かったので、そっちはなんとなくインテリジェントな試みのような気がして参加した覚えがありますが、今回のはあまり気が進まず... 最初はその見たこともない △△△ちゃんにxxx を送ってあとは何もしない(=これ以上誰かの手間を煩わすことを避ける)ことにしようかと思ったものの、ことの他不機嫌な私を見てダンナが断りのメールを入れてくれるというのですが、ただ断るだけだとなんかバツが悪いからうちで Dinner & Movie なんてどーかな?と。アメリカ人のダンナですらバツが悪いのに、自分のつたない英語で断りを入れねばならない気苦労がダンナにも少しはわかってもらえたかなー?

2011年9月25日日曜日

久々に凧上げ@Kite Hill ~ Blue Angels 凧デビュー

半日家でダラダラと寝ていた日曜日。夜のローカルニュースでオバマ大統領がうちから車で5分ぐらいの所へ来ていた事を知りビックリ。Medina と言えばビル=ゲイツなど、お金持ちの家が多いエリアなのですが、今回のベルビュー訪問で、ビル=ゲイツの家ではなく、元マイクロソフトCOO(最高執行責任者)の家でのプライベートイベントに立ち寄ったというニュースにはちょい驚きました。最近支持率が半分を割っているオバマ大統領、再選に向けて頑張っている模様です。

日曜日は朝から風が強く、時折雨が降ったりもしていたので今日は「寝てよう日だな」と思っていたのですが、夕方には雨も上がりしかもいい風が吹いていたので、先月近所のドラッグストアで安売りされていたブルーエンジェルス型の(これも一種の立体)凧の初飛行を果たすべく、シアトルにある凧上げ専用の丘、その名も「Kite Hill」(カイトヒル) へ久々に行ってみました。

思ったよりも強風で、凧が風に煽られて飛んで行く際にタコ糸で指が切れそうになりちょっと痛い目にも遭いましたが、$7.99(800円弱)の凧にしては上出来の初飛行でした(^^) 楽しい玩具系はいつもジャックに独り占めされてしまい約半分の確率で壊されたりもするので、自分用も含めて 2 個(というか 2 機というか)購入しておいて大正解でした(^ー^) ジャックに邪魔されず心おきなくブルーエンジェルスを飛ばした後は、自分のお気に入りの蛙の凧(フロッギー)を飛ばし凧上げを満喫。

いい風が吹いていたおかげでやや肌寒い空の下結構夕方遅くまで凧上げを楽しむ人達の姿がありました。凧上げの後はいつものようにジャックが自転車に乗りたいと言い、これまた寒空の下カメラを持ってジャックの後をダンナと二人で追いかけていました。そろそろ大きめの自転車に買い替えの時期なのですが、小さい自転車で補助輪を外す練習をするのもよいかな?とちょい思案中。(自分が補助なし自転車に乗れたのは小学校に入ってからだった記憶があるので、ちょっと早いかな?)

 カイトヒルのあるマグナソンパーク情報はこちらです:
 http://www.seattle.gov/parks/magnuson

カレーに学ぶ賞味期限と消費期限

昨日の To Do List の中の一つだった日本風「カレー」。キッチンキャビネットから以前に買い置きしておいたカレールー(数種類)の箱を出してきて、さて、どのルーを使おうかな(お子様用のルーから辛口まで)と箱を手にとってみてみたら 賞味期限2009年8月(げっ)、賞味期限2010年8月(うっ)、同じく賞味期限2010年8月(ガーン)他4箱も全部賞味期限が一年以上切れているものばかり(;゚Д゚)

さすがに2009年のものは使う気になれずゴミ箱へ。賞味期限切れの中でも一番新しい2010年8月に賞味期限が切れている「こくまろ」をとりあえず開けてみると、いかにもカレーっぽい香りがしたので、大丈夫なんぢゃないかな?これ?という気がして映画のワンシーンじゃないですが「There's one way to find out.」(確かめる方法はただ一つ)と、1年以上前に賞味期限がきれた「こくまろ」を鍋にいれてグツグツ煮てできあがり。

できあがったカレーを食べてみたら、なんとも美味しいカレーに仕上がっていて、そもそも賞味期限は誰がどうやって決めているのか気になり、さらに賞味期限が切れたらどのぐらいまで食べても大丈夫なのだろうか?という疑問が沸いてきて調べてみたら、農林水産省の「食品の期限表示について」というページにわかりやすい情報が載っていました。そのページの中の食品期限表示設定のためのガイドライン(PDF:19KB)にある情報も非常に参考になりました。


賞味期限の設定は、理化学試験や微生物試験および、実際に人間が食べてみた感想(官能検査と呼ぶのだとか)など、科学的なデータと合理的な判断のもとに設定されているのだとか。ただし、ある食品を3年後に食べても大丈夫か、10年後ではどうなのか、と実際にいつまで食べられるのかというアプローチは現実的には難しく合理的ではないのでそういった試験は製造元に対して強制されてはおらず、食品の製造元が各種試験・検査を行い、その測定結果から、この期間内は美味しく食べられる事を確認している、という事実に基づいて賞味期限を設定しているとのこと。


理学試験項目としては、「粘度」、「濁度」、「糖度」、「栄養成分」、「酸価」、「過酸化物価」、「pH」、「比重」、「酸度」があるそうで、今回自分の作ったカレーを食べながら、味は実に美味しいのだけれども、なんとなく「粘度」がややあるようなないような…でも日本風のカレーはサラサラよりもドロドロ系(うんこカレーと呼んでいますが^^;;)が好きなので、いつもカレーのルーを二倍ぐらい入れて作るので、そのせいでちょっと「粘度」が高いような気がするのかもしれないと思ったのですが、とくに後からお腹の具合が悪くなったりもせず、私としては「こくまろ」は表示の賞味期限後1年ぐらいは大丈夫かな(^^?と。


ちなみに、日本にいた時には、カレールーと言えば S&B の「フォン・ド・ボー・ディナーカレー」でしたが、アメリカではなかなか手に入らなかったり異様に高かったりで、かれこれ10年ほどフォン・ド・ボーディナーカレーを食べていないかわいそうな自分。


アメリカでも賞味期限(Best before)と消費期限(Use-by) やお店に陳列できる期間(Sell-by)や肉類などをパッケージにした日(Pack date)等の表示がありますが、比較的短期間に劣化するもの(パン類や野菜類)はとにかく日にちが新しいものを掴んで買っています。旦那と買い物に行くと、一番手前にあるものを買い物籠にポンと入れてくれることが多いのですが、何で日付を確認しないのだよ、キミは!と思ってしまいます。が、買い物する時点では日付の新しいものを買い込んでいるにもかかわらず、賞味期限が一年も切れてるよーなカレールーでカレーを作ってる自分にもかなり問題があるんだろうなぁ~(^^;;とちょっと反省してみたり… 当分、カレーライス、カレーパン、カレーうどん(がまた美味しいんですよね)が食べられるぐらい作ったので、「こくまろ」な週になりそうです。


食品の期限表示について


フォン・ド・ボー・ディナーカレー
https://www.sbfoods.co.jp/dinner/about/

 

2011年9月24日土曜日

アフターヌーンティー & カレー

昨晩はDVDで映画を3本立て続けに見てそれから寝たので、朝起きたらすでに朝というよりお昼で、まずは自宅に戻って猫3匹と金魚2匹に餌をやり、簡単なランチを作って食べ、今日やることの To Do List (やることリスト)を作ったまではよかったものの、そのままベッドに横たわりテレビを見始めたら…
ローカルニュースで、だれかが偽のテキストメッセージを警察に送り、マイクロソフト社員の家に警察官が救助にやってくるという事件があったのだとか。そのテキストメッセージによると、二人組のロシア人が家に侵入して誰かが殺された、早く助けて!みたいなメッセージだったとのこと。電話線が切られていて、その社員の家と連絡がつかなかったので警察が急行したらしいのですがいたずらのメッセージだったのだとか…


ニュースの後、私の好きなフードネットワークのお料理番組「Barefoot Contessaを見始めたら、アフターヌーンティーのエピソードでは紅茶が飲みたくなり、さらにキュウリのサンドイッチを番組のホストのIna が作っているのをみて、むしょうにキュウリが食べたくなりました。(このお料理番組はかなり好きです^^)残念ながら冷蔵庫にキュウリはなかったので紅茶を淹れてお茶菓子には先日もらったハワイの名物マカデミアナッツチョコレートを食べながらまったり。この時点で To Do List から大きく遅れをとっているものの、猫と金魚しかいない静かな土曜日を満喫するだけで今日はもうこれでいいかな^^? ただ、To Do List にある、カレーを作る!とFry's へ行く、だけは夕飯までに済ませたいところ。今日はじゃがいも、にんじん、玉ねぎたっぷりの日本風カレー(最近インドカレーしか食べていないので)を作るぞ~(またリバウンドに拍車がかかりそうですが^^;;) 

2011年9月23日金曜日

生きている野菜~長持ちの秘訣は「根」

最近根がついたバジル(ハーブ)など、あちこちのお店で見かけますが、根っこつきのバジルを買って水の入ったコップに入れておいておくと、また葉が育ってきて2ヶ月ぐらい長持ちして便利なのですが、この根っこつきレタスも根がついているというだけでかなり長持ち。
いかにも健康グルメ志向なレタスで、ハワイの伯父さん夫婦が滞在していた時から冷蔵庫にいるのですが、パッケージの宣伝文そのままで、生きてるから新鮮で長持ち。これは土に植えたらさらに大きくなるのか?ちょい実験してみたくなるレタスです。
http://www.livegourmet.com/butter.html

思いっきりリバウンド中

今日は自宅 No.2 にてお客様を迎えてのカニディナー。実は先日から会社の同僚にもカニが食べたいよねーと言っていて、今日のカニディナーは自分の「食欲」を満たすためのディナーとも言えるディナーでしたが、いや~ポン酢で食べる新鮮なカニは美味しかった~。おかげで只今思いっきりリバウンド中。先々週、大掃除で急激に体重が落ちた分がいっきに元通り... でもカニを前にご飯一膳では我慢できなかった自分は、デブ覚悟での決死のおかわり(笑)。しかもデザートにいただいた Bellevue Pastry のケーキが美味しくて、さらに幸せ太り中(ワインとケーキをどうもありがとうございました(^^)>S本さん)

お客様が帰った後は、ダンナとジャックがカナダに行っているのをよいことに自宅には戻らず、そのままベッドルームで映画を見ながらゴロゴロ。夏場は窓を開けて寝ていると、朝マスターベッドルームの窓のすぐ外にある木の枝でさえずる鳥の声で目覚めたり、ちょっとした森林浴を楽しめるのもこの家のいいところ。ちなみに一本目の映画は「Mission To Mars」で今二本目「Dante's Peak」を見ているところ。
こちらもマスターベッドルームの窓からの景色。こちらの木もリスがよく登ってきます(^^)  結婚前にこの家に住んでいた時に、木に登ってくるリスを手なずけたくて木の枝にリスの餌をくくりつけようとしたのですが、思ったよりも難しくて挫折した過去あり。

(玄関側の外観)

金曜日、超快晴~&亭主元気で...(^^?

仕事がたまっていなければ、社員総会の後そのまま週末モードに突入したかったのですが、金曜日の5時半過ぎ、いまだに会社で仕事中なのは実は自分だけじゃなく、まわりを見回すとみんなオフィスに戻ってきて仕事中。

こんな日は冷たいビールが美味しそう~(冷酒も美味しそう~)

今日は旦那とジャックはカナダのお義母さんちに行くことになっていて(そろそろカナダに向っている頃?)ジャックと旦那の世話をしなくてよい身なので、今晩は知人を招いて自宅 No.2 で晩ご飯の予定。シアトルからの帰りに宇和島屋に寄って買い物をしていたら、これまた懐かしい人に遭遇(^^)うちのジャックより年上の息子さんがいるので、今度は立ち話ではなくゆっくりお話する時間を作りたいところです。ジャックも来年の秋から公立の学校に通い出すのですが、知り合いのワーキングマザーの皆さん達は、だいたい7時ぐらいから働きはじめ、子供のお迎えの時間の3時には帰るという生活を強いられているようなのですが、私を含め「来年はそういう生活が待っているのか?と思うとどーなるのか心配なのよー」というジャックのクラスメートのお母さん達も多いです。保育園は費用はかかるものの、これほど便利な施設もない、と思える施設の一つでした。

さて、亭主元気で留守がいい!じゃないですが、6時過ぎには家に戻ってお客様を迎えられるようにしておかなくては(^^)

社員総会@セーフコフィールド

今日はダウンタウンシアトルのセーフコフィールド(野球場)で会社の社員総会。
オフィスからライブストリーミングで見ることもできるのですが、実際に会場に行く方が雰囲気がよいというか実感が沸くので毎年セーフコフィールドまで出かけています。ただ仕事も忙しいので、社員総会の後そのまま帰る...というわけにもいかず、結局午後の後半はオフィスに戻って仕事、というパターンなのでした。

お天気がよくてシアトルに行くには実に気持ちのよい日でよかったです(^^)

2011年9月22日木曜日

懐かしい人々に再会な一日

昨日は元ボスの送別会で懐かしい人達に会いましたが、今日も朝から懐かしい顔に再会な一日でした。Windows チームのミーティングに行ったら、自分の元上司二人がいて、そのうち一人は隣近所のビルにいるのに半年ぶりぐらいの再会でした。ミーティングの後は昔仕事でお世話になったことがある A さんがちょうど日本から出張中ということで一緒にランチをして、その後会社のカフェテリアにあるスタバのスタンドでドリンクを買ってしばし話し込んでいました。話をしているとここ数年、毎年状況が激変しているのがよくわかるというか、歴史を感じたひとときでした。

Kiss で起こされた朝 + 40%増($227,000)

昨晩飲んだビールのせいで気持ちよく熟睡していたら、誰かにプチーっとキスをされ、目を覚ますとテディベアを抱えたジャックが「マミー」と言ってやってきて、そのままベッドに潜り込んできました。朝6時半で朝寝坊一家はまだ寝ている時間帯だったこともあり、そのままもう1時間ほど二度寝でした。プリンセス&プリンス(お姫様&王子様)ごっこに一時傾倒していたジャックに、白雪姫風に起こされた朝でした(何歳までこういうのって続くのかな?彼女ができるまでかな^^?)

起きてからジャックの部屋に行ってみると、ベッドの上に超特大オネショの跡が(なるほど、それで早起きだったのか~)ジャックに聞いたら「オネショが冷たかったから着替えてマミーの所に来たの」とのこと。朝からシーツやら毛布を洗濯中(出社前に一仕事、ふぅ)

ところで朝のヘッドラインニュースで、中流家庭(middle-income)の子育てにかかる費用が平均で約 $227,000 (しかも大学の費用抜きでこの数値!?)で、40%も高くなっているとのこと。子育てはとても "Rewarding" (やりがいのある経験)だけれどもお財布には痛い、とニュースキャスターも言っていたように、子供にかかる費用は年々鰻上りらしいです。不思議な事にそんなに実感が沸かないのはまだ子供が大学生じゃないからかな?

2011年9月21日水曜日

元ボス送別会~飲み過ぎでさすがに眠いです zZZ,,,

今日は元ボスの送別会で、夕方4時からかなりハイペースで飲み食いしていました。こんなに飲んだのも久しぶりで、とにかくほろ酔い気分でしかも眠いのなんのって。仕事がたまっていたにもかかわらず、全然仕事になりませんでした。
送別会の頭から「みんなもう履歴書の準備はできた?」と、短期的にはよくても長期的には心の準備  とか、次なる部署を探した方がいいよ、というアドバイスを残して行った元ボス。色々と考えることも多いですが、自作の詩による替歌で元ボスを見送った E さんに感謝の送別会でした。

みんなが去ったあともその後8時過ぎまで飲んでいたのですっかり酔っ払いな自分。1行書いては寝てしまう有様なのでとりあえずこのへんで... 写真のひまわりは家に帰る途中のお店で見たひまわり。ちょっとゴッホの気持ちがわかるような気がしました。

Time to Renew: PMP 更新料 $60 也

今年は PMP 更新の年で、60 PDU も無事に貯めて更新の時期を待っていましたが、更新のお知らせ(Time to Renew) メールが来て本日無事に更新。更新料しめて 60 ドルなり。意外と良心的な更新料でした。向こう 3 年また一から頑張らねば^^!

今日のチームランチもどき「Little Taipei」

今日もまた同僚達と近場のレストランにてランチでしたが、本日のお店は「Little Taipei(小台北)」という台湾料理のお店。餃子が美味しいというので、餃子を3皿ほど(水餃子、焼き餃子)に中華料理と言えばいつも同僚のケビンが美味しそうなものを適当に頼んでくれるので、今回も彼のチョイスにお任せでした。

台湾料理というと、日本人の舌に合う味のイメージなのですが、Little Taipei は麺類は薄味系な感じだったのですが、その他はちょうどいい感じの味付けで餃子も麻婆豆腐も美味しかったです。

http://www.yelp.com/biz/little-taipei-bellevue

リスみたいに働く "work like a squirrel"

晩ご飯から仕事に戻ってきてそのまま仕事をしていたらもう午前2時過ぎ!

うちではなぜか一生懸命働く事を「リスみたいに働く」(work like a squirrel)といつの頃からか言うようになったのですが、別に慣用句というわけでもなさそうで、自分達だけが使っているのかと思って検索してみたら37,400件のヒット。他の人にも通じるのかな?

それはさておき、昨年の秋から「ミチコ、こういうの好きだと思うので」という独断と偏見のもとチームのWebサイト管理者に任命され、昨日また組織編成で組織名が変わってしまったので、サイト名の変更やらついでにサイトのクリーンアップやら、忙しい時期に限ってまた仕事が... 向こう1年ぐらいはこの組織名でずっと行って欲しいところ。単に名前さえ変えればオッケーというわけでもないのが面倒なところ。あ~でもまたプランを練ってスケジュールを作って...去年の秋・冬と同じ事の繰り返しになっている~

2011年9月20日火曜日

早速良い事(^^)

7月からずっとWinC++のアーキテクトの人と仕事をしているのですが、今の段階になってこれまでやってきたアプローチが実はダメということがわかり、別なアプローチを提案しなくてはいけなくなったのですが、色々調べていたら、ほぼ最小の変更で軌道修正できることがうちのチームでも一番頼れる同僚のアドバイスにより判明(ふぅ~助かった...)彼女は本当にプロセスにも精通していて学ぶところがたくさんあります(そしてありがと~っ)

昨日の夜ビヨンのお墓にたくさんお花をお供えした甲斐があったというか、もうヤバイという時にいつも物事が好転する、ガーディアンエンジェル(守護神)のよう。(実際には単なる偶然なのだと思うのですが、タイミングがいつも絶妙なのでビヨンのおかげだと思うようにしています(^^)

これで今日最後のミーティングも乗り切れそうです(イェーイ!)

Love and Logic セッション ~ イラつかずにする子供との口論

社内では色々なセミナーが開催されていて、今日は「Love and Logic Session 2」(イライラせずに子供との口論を交わす方法)みたいなセッションにオンラインで参加。子供がやたらと素直な口調で「ごめんなさい。もうしません」と言うのは、今はその件について話したくないという意思表示であって、本当に反省しているわけでもない(フムフム)とか、自分の子育て経験の中でもなるほどと思える話があって、参考になる点もありましたが、親子の口論はそんなに簡単に理論で片付くものでもないのも事実で、子供の成長と共に親もまぁ頭の痛い思いをするのは必至だな、と。ただ、たまに「うちの子はホントに手がかからなくて...」という親を見かけるのも確か。そのいい例がダンナの双子の従兄弟もどき?(お義母さんの従姉妹の子供達ってダンナにとっては何にあたるんだか?)双子で、二人ともハンサムな青年に成長し、しかも二人とも医学部を出てお医者さんというエリート君達。「どうやったら息子達がグレもせず、ロックシンガーになりたいとかギターを掻き鳴らしたりもせず、二人揃ってお医者さんになれたんです?」とその伯母さんに聞いたら「特別なことは何もしなかったわね~。二人(双子達)でよく一緒に遊んだり勉強したりしていたぐらいかしらね~」とのこと。

うちのジャックもいい子ではあるものの、性格がかなり自分( Mini-Me 状態)なので、お互いかなり主張し合う傾向にあり、将来ものすごい親子喧嘩を繰り広げそうな気が今からしています(^^;; それを未然に防ぐための今日のセッションだったのですが、途中チームメートがランチに行く姿が見えたので後半はランチに行ってしまいました。

同僚とランチの際、今日は動物ネタ(自分達が遭遇した動物とのアクシデントその他)で盛り上がり、ものすごく太ったリスを車で撥ねてしまった同僚の苦渋に満ちた話とか、シアトル名物の巨大なめくじ(バナナスラッグ)を自転車で轢きまくりながら通勤している現上司の話とか、ネズミだの鳥を捕まえてくる飼い犬の話とか、道端で死んでいた鳥を近くのお花畑に移してあげた直後に2,000円を拾った話(これは私の実話)とか、庭に鹿やクマがやってくる同僚の話などなど、なかなか面白かったです。

写真のリスは、大のリス好きの私にダンナが先月お土産屋さんで買ってくれたリスのぬいぐるみで、ジャックが「今日のマミーのヘルパー」として選んでくれたぬいぐるみです。以前会社にずっとキープしていたドギードッグ(犬のぬいぐるみ)は参勤交代を終えて家で他のぬいぐるみと一緒に過ごしていて、当面はこの「リス」が会社で私の仕事ぶりを見守る予定です(^^) さて、仕事、仕事。

Skype で長電話

仕事の傍ら実家の母と Skype で長電話。気づいたら 45 分も話していましたがさすが Skype、安いっ!
昨日ハワイに帰って行った伯父さん夫婦の近況やら、カナダのお義母さんの近況やら、仕事の話やら色々としていたのですが、母親曰く、子供を持って大人の対応ができるようになったのね、と。あとは年をとったから人間丸くなったとか(笑) 確かに、最初の結婚では鬼嫁の名を欲しいままにしていた自分が、ダンナの家族には子供と家族思いのよくできたお嫁さんだと思われているようで(でもお義母さんは私がダンナを結構いじめていると気づいている模様)この違いはやはり自分が大人になったからなのだろう...と思うことにしておいて(笑)

母親との会話で、先に逝く方と、後に残される方ではどっちが辛いか、という話をしていたら、やはり後に残される方が、色々な悲しみとか背負って生きていかねばな分辛いだろうということで一致。家族に見守られながら先に逝く方が多分幸せなのかも... おっと気がつけばもう日付が変わって火曜日に... そろそろ寝なきゃ。

2011年9月19日月曜日

苦しい時の神頼み ~ 残ったお花の行き先

自宅その 2 に泊まっていた来客(親戚)が帰り次の来客が来るまでの間、お掃除やらゴミ出しやら。ちょうど Redmond は明日がゴミの日なので、仕事の合間に自宅その 2 の掃除+ゴミ出しに行ったついでに、お客様用に飾っていた花瓶もお掃除。


まだまだ全然きれいに咲いている花も多いのですが、いつものように残ったお花の行き先は昔飼っていた猫=ビヨンのお墓。






ダイニングテーブル用のお花も、コーヒーテーブル用のお花も、みんな一緒にビヨンのお墓に持って行きました。
夜だったので暗くてよく見えなかったものの、木の間に枯れた花束が残っているスポットに無事到着。日本への旅行の前後に交通安全と家内安全祈願でお供えしておいたお花でした。1999年からなので、もう 12年もこうやってお花を供えに来ているんですよね。ビヨンのお墓参りの後には必ずと言っていいほど良い事が起きるので明日あたり何かいいことあるかな^^?

Explorer 不調

ここ 2 ヶ月ほど徐々に不調度が上昇中の仕事で使っている東芝のラップトップ。既に 4 年目に突入していて、そろそろ新しいのを支給してもらう時期だな~と、一応 Dell のラップトップを会社に申請中なので、今使っている東芝 PORTEGE とは既にオサラバする気持ちでいるのですが... それにしても毎日このメッセージを見るような状況だとかなり疲れます。新しいマシンに入れ替えるとわかっていてもここは Windows を入れ直すべきか、ちょっと悩ましいところ。診断プログラムを走らせたり、ウィルスのチェックをしたり、空き容量をチェックしたりと、思い当たる節をチェックしてみても「健康」とのこと。走っているプロセスを見ても特に怪しいものもなく... また熱暴走(以前ファンが壊れてマシンが熱暴走した経験アリ)かもしれない可能性は否めないものの、普段はラップトップ用のファンを使っているので目玉焼きが焼けそうになるほど熱くなることはなかったのですが... 会社が新しいラップトップの購入を承認してくれるのを心待ちにするばかり(最悪は自宅で使っているノートを代用する手も...)

無事に帰宅できた模様(やっと一安心)

日曜日にシアトルに足止めを食らっていた伯父さん夫婦。今朝フライト状況をチェックしたら予定よりも15時間遅れたものの無事にハワイの自宅に戻れた模様。

既に退職している伯父さんは一日家で寝ていればよいものの、伯母さんは現役の弁護士さんで月曜日(今日)には仕事に戻らねば、と言っていたのだけれど、もう一日お休みがもらえていますように...

今日は朝一から重たいミーティングが予定されていたのをすっかり忘れていて、まったりヘッドラインニュースを見ながら会社のメールをチェックしていた私はミーティング開始15分前のお知らせに顔面蒼白。大ボスからのチーム緊急招集みたいなミーティングで寝癖のついた頭にすっぴんでとりあえずミーティングルームのあるビルへと車を走らせ、5分ほど遅刻したものの肝心の部分は逃さなかった模様(冷や汗かきました)
今月はある意味お別れの多い月でした(ってまだ終わってないけど)

2011年9月18日日曜日

久々に焼きたての「たこ焼き」

宇和島屋ベルビュー店に週末に出店中という、たこ焼き屋さんでたこ焼き(6個入り $3.99)を買って食べてきました。フレンドリーな 3 人組のたこ焼き屋さん。意外だったのはたこ焼きを受け取って、実際にお金を払うのは屋台ではなく普通にレジで。これってタコ焼きを受け取って食べてしまい食い逃げする人とかでてきてもおかしくないような気がするのですが... 他の食べ物コーナーと同じといえば同じ扱いなのでそういうものなのかな?

で、お味の方ですが、感想としては柔らか系とやや薄味?(新宿南駅前のタコ焼き屋さんと比べて)
久しくたこ焼き自体を食べていなかったこともあり、もしかしたら自分の基準が間違っているのかもですが(^^;;
たこ焼きソースがもっと濃い味でもよいかな?という気がしました。あとはタコを大きくして「大タコ」を売りにしたらさらに行けそうな気がします。(最初の一個にタコが入っていたのかいなかったのか?いまだに不明)

シアトル最終日だったはずが空港足止めな二人

今朝早くシアトルタコマ空港でお見送りをしてきた伯父さん夫婦。一緒に空港まで見送りに来たブライアンさんはそこからオレゴンへ帰り、私達も家に帰って二度寝していたのですが、そろそろ雲の上かな?と思ってフライト状況をチェックしたら「Delayed」のまま。あれ?と思って念のためテキストメッセージを送ったら、即座に返事が戻ってきて、なんと朝9時台のフライトが、飛行機のエンジンの不具合で真夜中(月曜日の早朝)に変更になってしまったのだとか。

長時間動き続けることができない伯父さんの事が心配で、空港に迎えに行こうかと聞いたら、航空会社が空港近辺のホテルとレストランのバウチャーを乗客に配っているのをもらってきたから、とりあえず大丈夫とのこと。荷物も既にチェックインしてあるので、着の身着のままではあるものの、割と身軽に動けるはずの伯父さん夫婦。何かあったら電話かテキストメッセージをくれるようにと言ってあるものの、これ以上お世話になるのも悪いと思って遠慮している節もあり、でも空港の近くにいる方が帰るには便利だと思うので、とりあえず私達は家でまったりしながら様子見な状況。

昨日はお天気はいまいちだったものの、伯父さんが疲れない程度にシアトル観光をして、最後はウエストシアトルの Salty's レストランで最後のディナー。久々に来てみると、あれ?っと思うほどメニューが変わっていて、ちょっと不安だったので無難なコース料理を頼んだら当たりでよかったです(^^) 食べ物もさることながら、窓際の角席から見る景色も最後の夜に花を添えていました。
見た感じは相変わらずダンディな伯父さんですが、以前に比べるとかなり弱ってきているのがわかり、シアトルで会うのはもしかしたらこれが最後なのかも?と思うと、ダンナも私もあとでこうしてあげればよかった、とか後悔しないようにできる事は何でもしてあげようという気持ちでした。
とりあえず、今晩遅くのフライトで無事にハワイに戻れますように!

2011年9月17日土曜日

2年ぶりの「はんこ」ネタ ~ 国際結婚で苗字がカタカナになった人向け

朝起きて今日のお天気をチェックしてみたらとりあえず晴れ間が見えていて、伯父さん夫婦+木曜日にオレゴンからやってきた伯父さんの友人も含めて最後の週末を雨に降られずに過ごせそう、と一安心。
さて、朝一でまずは仕事のメールをチェックしたら、やはり仕事のメールが。朝起きて何も案件のメールがないと結構気が楽なのですが、そんな日の方が少ないかな?で、仕事のメールに返事を書き、その後いつものブログ巡回+ネットでニュースをチェック。Facebookにログインしたら、元同じ会社で同じようにアメリカ人と国際結婚をしている Etsuko さんから、日本のハンコについてのメールが入っていました。

同じように結婚で姓が変わってハンコを作り直す必要がある人もいると思うので、二年ぶりに昔のブログをチェックしてハンコ屋さん情報をこのブログにも載せておくことにしました。(Mixi はブログ内の検索機能がいまいちですが、Blogger は投稿内容が簡単に検索できるので自分のブログは最近便利メモとしても活用中^^)

2009年の冬に結婚後の姓の印鑑を作ったのですが、当初は家にある手頃な木材=木製の「もぐらのボーリングセット」からもぐらを一匹犠牲にし、手彫りで作ってみたのですが、なんと、捺印してみたら「モーガン」じゃなくて「ガンモー」になってしまい手彫りを断念(苦笑)

インターネットで見つけた、ハンコヤドットコム。国際結婚で名前を変えてしまって、カタカナの印鑑が必要な方や、単に新しい印鑑が必要な方!ハンコヤドットコムさんは、対応もよく注文用のサイトも充実していておススメです。

http://www.hankoya.com/  ハンコヤドットコムさん

Mixi のハンコ関係の日記は以下のリンクからご覧いただけます。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1352266187&owner_id=99025  (モグラのはんこで玉砕)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1356037915&owner_id=99025  (ハンコヤさん、出来上がり)

(SNSでは常に情報の公開範囲を友人の友人までにしているので、日記が見られないという方はお手数ですがマイミク申請をしていただければ承認しますのでお気軽に申請ください ^^)

2011年9月16日金曜日

BUILD2011@アナハイム(カリフォルニア)

今週の火曜日からカリフォルニア州のアナハイムで開催中の、開発者向けイベント「BUILD2011」のキーノートのビデオを今日は半日見ながら仕事です。Windows 8 に関しては社員がうっかりブログや Twitter で新機能やらリリース時期についてつぶやいたりしないように、とブログガイドラインが厳しいのですが、BUILD2011 で Windows 8 や Visual Studio 11 や、.NET Framework 4.5 についても紹介があり、キーノートのビデオもチャンネル 9 で一般公開されているので、感想を少々。

HTML5には非常に期待するところが大きいですが、デモでもそのあたりをうまくアピールできていたのではないかと思います。

Jason=Zander(うちの部門の偉い人)のプレゼンは英語が聞き取りやすくてうまいなーと思いました。担当の関係で WinC++ チームの開発の人達と仕事をする事が多いのですが、今回追加のグラフィックス機能はいい感じだと思います(^^)

BUILD2011公式サイト: http://www.buildwindows.com/

Microsoft ダウンロードセンター
Visual Studio 11 Developer Preview (Web インストーラー)
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=99a58e56-fcb2-4264-bce7-3311cf0d1806&displaylang=ja-nec

やればできるじゃん(フフフ)

お昼過ぎ、ダンナが写真付きのテキストメッセージを送ってきました。地表面が見えないほど、ラジコン飛行機の部品やネジやら工具で埋まっていたシアタールームが数ヶ月ぶりに復活!

来客が帰ったら離婚してやる!と言ったのが効いたのか(^^?
結婚以来、何度も私に捨てられかけているダンナ、やればできるじゃん、フフフ(^-^)

掃除をしないダンナにキレた朝

先週末から来訪中の伯父さん夫婦を、今日はホームシアターでの Pizza & Movie に招こうという話をしていたのにもかかわらず、今朝シアタールームのドアを開けたら、ダンナのラジコン飛行機(ここ4ヶ月ほど製作中の状態)が相変わらずシアタールームの半分を占拠。

9月の第一週からあれだけ「片付けろ!」と言っていたのに...

本人は「掃除するから」と言い続け、昨晩寝る前に「明日までに片付けておくよーに!」と念を押したのに、テレビを見てそのまま寝てしまった模様。日本人の私には、遠路はるばる遊びに来た人を、超散らかった部屋に迎えねばならないなんてかなり苦痛なのですが、ダンナ的にはそんなに苦痛でもないようで、その態度がとにかく気に入らず、朝からダンナにキレまくり。

普段は汚くても我慢するとして、来客中ぐらいきれいにして欲しいのに、ダンナ曰く私がガミガミ言い過ぎるから掃除をする元気だかやる気がなくなるとかナントカ言うので、うるさいっ!自分で散らかした部屋を掃除するのに励ましがないとできないとかグダグダ言うんぢゃねーっ!!いいからやれ!と。

奥さん=お母さんなダンナには「甘えんな!」と蹴りを入れたくなります。最近ただでさえ(更年期障害の一つ^^?)キレやすいのに、キレる材料が家の中に転がりすぎているのも問題だな~とよく思います。昨晩も、「キミのローズマリー(鉢植え)、こんなになってたよ...」と水をもらえずに茶色く枯れた鉢をどこからともなく持って来られた時には「なんで水をあげてくれなかったのぉ~!?」と、これもマジ切れ。

結婚5周年記念日が迫る中、5年経ってもアメリカ人のダンナはアメリカ人のままで、日本人な自分とは生活習慣やらものの考え方が平行線を辿っているような気が... アメリカ人もかなりいい人達はいるし、それなりに心遣いのできる人もいるのですが、日本人の「本音と建前」とか、とりあえず礼節を重んじるところや、他人に迷惑をかけないようにするところや、痒いところに手が届くような心遣い、というのを他の日本人から受けると、あぁ~やっぱり日本人はこういうところがいいなぁ、と思います。

それにしても、毎日2時間でも夜に部屋を掃除していれば、今朝慌てて掃除をする必要もなかったのに!と思うと腹立たしいこと!!

2011年9月15日木曜日

今更ですが、エヴァ「破」の感想

仕事と来客と家族サービスで忙しい中、眠い目を擦ってやっと見た「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(EVANGELION:2.22 YOU CAN [NOT] ADVANCE)。

英語の吹き替え版で見てしまったので、疲れていたこともあり途中不覚にも寝てしまい、後で日本語に切り替えて見逃したと思われる部分をおさらいしたのですが...

英語版もそんなに悪くない、というのが第一の感想。吹き替え版は時に声優さんによってはキャラクターのイメージを壊す危険性があるのですが、日本語に切り替えて見た時にさほど違和感を感じなかったので、よい配役(アメリカの声優さん達)だったと思います。

全体的な感想としては、悪くない、というところ。既にテレビや最初の映画2作でストーリー自体がかなり知られているので、その上にさらに映画を二本も作った(「序」を実はまだ見ていないのですが)割には飽きさせないと言う点では秀逸だと思われるものの絶賛するほどか?と言うとそうでもない、というのが個人的な感想です。ちなみにアメリカでのこの映画の評価はかなり良かったです。(中の上、上の下あたり?アニメで上の下はかなりよいと言えるでしょう)

痛すぎる瞬間はやはり「今日の日はさようなら」だと思います。あれはちょっとやり過ぎというか、撮ってしまった後できっと後悔したスタッフもいたんぢゃないのかな?あれは作品の完成度に完全に水を挿していました。(「今日の日はさようなら」の歌に失礼だと思うぐらい、bad choice)

ちなみに DVDのメニュー画面のBGMと、街の風景のBGMに使われていたこの曲は耳に心地よかったです。 http://www.youtube.com/watch?v=13EjhxaKfXY

「翼をください」は、「今日の日はさようなら」を使っていなければ、他の曲で全然行けただろーに、と思ったものの、これは「今日の日はさようなら」ほどハズレではなかったのがせめてもの救い。

エンディングの宇多田ヒカルの「Beautiful World」。映画を見た後に聴く方が単体で聴いた時よりもいい印象でしたが、正直宇多田ヒカルはあんまりアメリカでもヒットしなかった(というか一曲で消えた)上、もっと歌唱力のある人達の歌を耳にする事が多いので、話題性だけというか、特に心に残るほどでもないというのが正直な感想です(でも悪くはないと思う)

この映画を見て思ったのは、製作者側や色々な人達が色々な感想だの、意図だのを書いているのを斜め読みしながらも、視聴者の根底にあるのは「気になるあの人達の姿が見られる喜び」に支えられている、ということだと思います。たかだかアニメのキャラクターなのですが、あたかも最近テレビで見かけないけど好きだった芸能人達がどーしてるのかなー今頃?と、ちょっと気になっていたところへポンと新作映画としてセットで出してくるところにみんな飛びついてしまうのだと思います。

年代によって気になる人は違うと思いますが、例えば、松田聖子と、浅野温子と鈴木保奈美と今井美樹あたりと、織田祐二や高橋克典や豊川悦司あたりが一堂に会して同窓会みたいなテレビ番組があったとしたら、かなりの視聴率が稼げる+なぜかみんな見たくなるというか、それぞれがちょっと丸くなり、穏やかにもなりいい感じに会話を繰り広げたりする姿を見てみたい気がするのに似ているような気がします。

だから同じメンバーでストーリー展開もそんなに変わっているわけでもないのに、また見たくなるし、見るとちょっと懐かしくて落ち着く...そんな位置づけの映画がこのエヴァの新劇場版シリーズなんじゃないかと思います(そうでもなければ、同じ話をちょっと変えて2年毎にリリースするだけだったらかなりつまらないはず)明らかにハリーポッターシリーズとは違う展開なのに人気が衰えないのは、視聴者が、そういえばもう二年もミサトさんが動いてる姿を見てないなー、とか、アスカとレイの会話が聞きてぇ~っみたいな枯渇感に駆られるからなのだと思うし、そう思わせることができるところにエヴァの(オリジナルからの)すごさがあるのだと思います。

うまい起用だと思ったのが、真希波・マリ・イラストリアスというキャラ。でも相変わらず名前の付け方がダサいというか、うーん、このいまいちぶりがわかる人が他にもいるといいなぁと心ひそかに思っているのですが... アスカの名前を「式波」に変えたというのも、これこそ「あんたバカァ?」と言いたい変更だと思いました。本当の理由は知りませんが、悪い手相占いのオバサンにでも「改名しないと売れないわよ」とでも言われたのかと思うほど、無意味な変更だと思っています。

名前はともかく、真希波・マリ・イラストリアスというキャラ自体はよかったというか、上手かったというか。かなり古いですが、モーニング娘。に後藤真希が加わった時のような、新メンバーがグループ全体を変えてしまうようなインパクトを与えず、かと言ってまったく不要のキャラクターというほどでもく、適度な存在感でストーリーに変化を持たせることができたのは上手い!と思いました。最初にチラッとWebで見かけたときには、エヴァにまで"眼鏡っ子"かよ~(まったく)と思ったのですが、実際にはかなり好きなサブキャラクターでした。

使徒のデザインが変わりましたが、いい意味でアップグレードしていてオリジナルの使徒よりかなりよいと思いました(オリジナルは、えーなんでー?と思うほどイケてない使徒もいたので)

あとは、誰かが感想で書いていましたが、「破」の最後に出てくる使徒が、顔があれで体がハダカのお姉さん(レイちゃん)というのは反則を通り越しているというか、女の子のハダカに反応してしまう世代?(全世代?)の男性には、生殺しというかそれだけはカンベンして~というほどヒドイ仕打ち(笑)のようですが、なんとなくその気持ちがわかるような気がしました。あれは究極のじらしというか tease というか(笑)頼むからその仮面を取ってくれ~と思った男性も多かったのでは^^?

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(EVANGELION:2.22 YOU CAN [NOT] ADVANCE)
http://www.imdb.com/title/tt0860906/

3号機および5号機使用不能(なんてヒドイ事を!)

夕方お手洗いに行って、いつも使っている 3 号機のドアを押したら...
誰がこんなヒドイことを!!
便座シート(紙)が誰かの爆発的な下痢(もしくは吐いたのかも?)でひどい状態になったまま放置されていました。あまりの光景にショックを受けて、向かい側の列の真ん中、5 号機のドアを押したら、これまた、キーマカレーでも食べてお腹を壊したんかい?というようなものすごい光景が...

結局今回無傷だった 1 号機で用を足しオフィスに戻りましたが、当分1階の女子お手洗いは使いたくないかも... というぐらいショッキングな光景でした。お掃除の人がかわいそう過ぎる~~

今日のは4月の「極悪非道 1号機~3号機までも(><)」を完全に越えてました(涙)
http://underfifty.blogspot.com/2011/04/13.html

今日のお勤め終了~行く人来る人

先週の土曜日から遊びに来ていたお義母さんとその彼は、10月からのフロリダ行きの準備もあることから、今日の午後にはカナダに帰る予定だったので、今日はお昼にうちの会社のカフェテリアで、ハワイの伯父さん夫妻とお義母さん達とダンナの6人でランチをし、その後カンパニーストアにサクっと立ち寄り私は仕事へ戻り、お義母さん達はカナダへと戻り、伯父さん達はお義母さん達と入れ替わりでオレゴン州から遊びに来た友人とうちで久々の再会を楽しんでいました。

趣味が買い物(主に服と靴)の伯母さんが、私には抹茶グリーンのジャケットを、お義母さんにはスカーフ、ジャックにはタイヤの一個が時計になっている高級感溢れるレーシングカーの置物を昨日プレゼントしてくれて、根が日本人な自分は「とっても気に入ったわ、ありがとう」の意を体現するべく、今日は黒のタートルネックにもらった抹茶グリーンのジャケットを合わせ、スカートにブーツまで履いて来たら、伯父さんや伯母さんに「別人のようだ」とか色々と誉め言葉をいただきました(普段がジーンズにTシャツでお洒落っ気がない分ギャップに驚いた模様 ^^;;)

お義母さん達は今回伯父さん夫婦と過ごせた事をとても喜んでくれたと同時に、私の 5kg も痩せるほどの大掃除や、快適に来客を迎えられるようにした努力にとても感謝してくれて、少なくとも今年は思い残すことなく気持ちよくフロリダで過ごせるのではないかな、と思います。お義母さん達は今日一旦帰って荷作りを終えて、猫二匹を連れてフロリダに発つ前にまた戻って来る予定なので(うちをホテル代わりに使う予定)それが多分今年最後の再会になる予定。

伯父さん夫妻は日曜日の朝の便でハワイへ戻るので、実質今日を入れてあと3日を残すのみ。最後まで誰も怪我や救急病棟のお世話になることもなく休暇が終わりますように...

旧敬老の日+誕生日

9月15日は旧敬老の日でうちの父親の誕生日。今年喜寿を迎えた父には、夏に温泉旅行をプレゼントしたのですが、一応恒例のお花も贈っておいたら早朝にお礼のメールが入っていました。今回送ったのはこちらのお花。というわけで、お父さん、お誕生日おめでとう!
楽天で日本向けのギフトを買うことが結構ありますが、今回使った「プリティマーメイド」さんもかなりよかったので、今後もご贔屓にしたいお店です。数年前までは花キューピッドを随分使っていたのですが、楽天のおかげで色々なお店の中から選べる選択肢が増えてとても便利な時代になったな~としみじみ思います。

プリティマーメイド(お花)
http://www.rakuten.ne.jp/gold/ohanakakumei/index.html

遅まきながらボーナス支給日(^o^)/ Yay!!

今日は待ちに待った年に一度のボーナス支給日!朝一で銀行のサイトをチェックしたら、振り込んでありました(イェーイっ!)

グループ内のほとんどの人達は、去年度のレビューを8月中に済ませている中、私を含め昨年度組織編制の嵐にもまれていたメンバーは昨日やっとレビューミーティングを済ませました。

噂では、いい結果を貰う人は早い段階でこのレビューミーティングがあり、悪い結果の人は後回し(例えば、キミは成績が悪かったから、今年はもう他の仕事を探して...みたいな最悪のニュースは後からやってくる)らしいという話を聞いていた上、既に8月に結果をもらっている同僚達から「(結果が)いい人の分はもう終わってるからさぁ~(笑)」と本当の話だったら洒落になってないような冗談を聞かされていたりもしたので、最後の最後に設定されていたレビューミーティングで、上司の上司(直属の上司はあまりに上司である期間が短すぎてレビューは上の上司とでした)に、「一番最後の人は最下位という通説もあるので、かなりドキドキ」と言ったら、「えー?そんな話誰がしてるのー?そんなことないよ」とにこやかに言ってくれたのでちょっと安心しました。

今年は、今年限りという条件つきで、研究開発部門勤務の社員全員に「R&D increase」という特別昇給率が加算されていて、Visual Studio の開発部門の一部であるうちのチームもその特別昇給の支給対象で、これがかなりいい感じに効いていて昇給の数字を表示されたときには思わず上司の上司の手を握って「これは嬉しい!ありがとう~ございます!」とガッシリ握手でした(^^)

私だけじゃなく、R&Dだったら全員もらえるので、きっと今年はみんなかなり嬉しいレビューミーティングだったのではないかと思います。

伯父さん夫婦をハワイから招待するのに使った飛行機代や家の掃除用品、ベッド用品その他の費用やらで、やや出費が多かったので、この臨時収入は非常にタイムリー&嬉しいです(^^)

さて、会社に行ってまた頑張って働かねば~

2011年9月14日水曜日

今日はターキーの日

カナダから来訪中のお義母さんは、明日カナダへ戻る予定なので、帰る前に弟であるハワイから来訪中の伯父さんにちょっと早いサンクスギビングターキーディナーを作ってあげたい、と、今日はターキーを焼いてくれることになっています。両親も既に亡くなり、姉弟の二人だけで、しかも弟(=伯父さん)は末期ガンなので、お義母さんとしてはできることはなんでもしてあげたい、といつも思っていて、その姿は横からみていてもジーンとくるものがあります。
伯父さんは驚くほど食欲もあって(無理してつきあって食べてくれているのかも?と思うこともありますが)、お義母さんの作るターキーを堪能して行って欲しいな~と思います(自分で焼くターキーも美味しいと思っていますが、お義母さんのターキーもさらに美味しいので^^)

2011年9月13日火曜日

やっと仕事が一段落~Dr.Phil とエヴァが待ってる(^^)

今日は一日仕事にどっぷりで、伯父さん夫婦に会う時間もないまま夜中になってしまいました。さて、家に帰ったら Dr. Phil の録画を見るのが楽しみです。あとは、昨日の郵便で届いていた、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(EVANGELION:2.22 YOU CAN [NOT] ADVANCE)を見るのが楽しみです。なんとリリースから二年の歳月を経てやっと見ることができます(アメリカに住んでいると旬なアニメをリアルタイムで見られないがの実に残念!)

すっかりネタバレサイトであらすじを勉強してしまいましたが、同じ登場人物で違う話を作り上げてる感じがしました。感想は見たあとでまたアップしようと思いますが、4部作のうちの2作目だということも実は知りませんでした(エヴァで随分引っ張ってるよな~)

チームランチもどき@Szechuan Chef (川覇王)

今日は久々に Szechuan Chef (川覇王) という中華レストランでランチでした。先週末に新しいチームへの異動(といっても内部で移るだけ)の内示を受け、今日は新しいチームの人+自分と入れ替わりで自分の元上司の下に異動する同僚の6人でランチでした。去年まではこのランチ仲間の輪に全然入っていなかった(というかお呼びではなかった、というか全く呼ばれなかった)のですが、チームを去る同僚のために卓球トーナメントを企画したあたりから、ランチ仲間に入れてもらえるようになり(なんか小中学生みたいですが)、最近では子育ての話やら世間話などもするようになってきました。こう見えても意外と人見知りするタイプなので、ランチタイムは同僚とのソーシャルアワーとしていい感じに機能しているように思います。


今日行った中華レストランは会社から車で10分ほどのところにあり、仲良しの中国人の友人もおススメのお店。最近お店の前を大々的に工事しているため客足が遠のいているらしい、という噂は本当で、ランチタイムなのにテーブルはガラ空きという状態でしたが、食べ物は相変わらず美味しかったです(^^) 偶然にもお店に入ったら、時々グループランチをしている仲良しの中国人の S もランチをしにきていて、先週は忙しくてランチの約束をしておきながら会えなかったのをチャラにしてもらいました(笑)


Szechuan Chef (川覇王)

15015 Main Street 
Bellevue, WA 98007-5229 

http://www.szechuanchefbellevue.com/

Dr. Phil ケーシー=アンソニーの両親の独占インタビュー

今日は確か Dr. Phil (ドクター フィル、アメリカの人気トークショー)で ケーシー=アンソニーの両親の独占インタビューが放映される日で、来客中+仕事が忙しくなければテレビの前に座っていたいところなのですが、とりあえず後で録画を見ようと思っています。今日の Dr. Phil は間違いなくかなりの高視聴率を稼ぐに違いないと思います。下手をしたら 911 テロリスト攻撃 10 周年追悼番組よりもアメリカ人にとって 興味のある話題なんじゃないかと思います。うーん、今日は早く家に帰りたいぞー

http://www.drphil.com/

9 月頭から5kg 減量成功 & K-POP ソングコンテスト予選結果

昨晩は結構量が多めのファミリーディナーだったものの、今日も朝からジーンズがスルっと入り、大掃除で落ちた 5 kg は今の所まだリバウンドもしておらずいい感じ(^^) 出産前の体重に戻るためにはさらにあと5 kg ほど痩せねばなのですが、まぁあと 3kg ぐらい痩せればいいかな?という気もしています。(次回の健康診断がちょっと楽しみでもあります)

自宅(ダンナの家)も相当散らかっているので、引き続き自宅を大掃除したら、今年中に目標体重まで落とせるんじゃないか?という気さえしてきましたが、さてさて、そんなにうまくいくものかな(^^?

昨日あたりからちょっと天気が下り坂気味ですが、ハワイから来た伯父さん夫婦には涼しくて気持ちがよい模様。特に伯父さんはあまり長時間動き回ることができないこともあり、うちで庭にやってくるリスや青い鳥(ステラジェイ)を見ながらのんびりしているだけでも幸せとのこと。夜は暖炉の火を見ながらワインを飲んだり、のんびりゆったりとレドモンドでの生活を楽しんでくれているようです。自分ぐらいの年齢でも「何もしないのが一番贅沢な休暇」だと思うので、きっと伯父さん夫妻も大満足してくれていると信じています。

さて、先週土曜日に、大掃除の合間を縫って行ってきた、非韓国人による K-POP ソングコンテストの結果ですが、思いっきり予選落ち(笑) 皆さん半端ぢゃなく上手でした!!多分自分が一番下手くそだったんぢゃないかな(^^? でも超楽しかったです。私は26番でエントリー。でも会場に1時間ほど遅刻してしまったので、順番が後回しになっていましたが、その間みんなのパフォーマンスを見て唖然 エッ(゚д゚)マヂ?  自分ごときがエントリーするのは場違いなほどハイレベル! でもみんなのなりきりぶりが見ているだけでも楽しくて、自分の番までひたすら待っていました(途中どうやら他の人のレベルを見て棄権した人もいた模様)

3割ぐらいは日本人?なのかな?と思うほど、日本人の名前が多かった気がします。ミチコさんというのも何人かいたようで、自分の番の時にも、司会の人が「また別なミチコさんの登場よ~」みたいな紹介をしてくれていました。そして舞台に上がってみると審査員の皆さんが目の前に並んでいるわけなのですが、オバちゃま風な女性に、若くてハンサムなお兄さん、赤い服に白い大淵の眼鏡をかけたお兄さん(どちらも”業界の人”っぽい感じ)ともう一人落ち着いた感じのおじさんが座っていたような... スポットライトを浴びる、という言葉がなぜあるのかわかったような瞬間というか、ライトがかなり眩しかったのですが、ちょっとハズしながらも韓国語で一曲歌って帰ってきました(笑)

職場の同僚や友人に結果を報告する約束になっていたので、写真と自分が撮った他の人のビデオを(韓国人の同僚達に)見せたら、「あぁーすごい上手いねー」とやはり驚いていました。優勝すると賞金と韓国に行って歌える?らしいのですが、また顔を洗って出直したいと思います。(韓国語でK-POP が歌えるようになっただけでも嬉しい自分です(^-^;)

予選を通過した皆さん(↓)(Radio Hankook のサイトより掲載させていただいています)

2nd K-POP Final Round Lists (http://www.radiohankook.com/)

예선 통과자
1. Matthew Benuska (1) /
누구 없소 – 한영애 / M
2. Faaluaina Pntchard (5) /
아리랑 / F
3. Sarah Green (6) / Nu ABO
f(x) / F
4. Maya Gondo (7) /
만남 – 노사연 / F
5. Jerry Thach (10) / Baby baby
4men / M
6. Vanessa Yamat (11) /
애인 있어요 – 이은미 / F
7. Yoko, Tomoko (18) /
사고쳤어요 – 다비치 / F
8. Camille Zhou (19) /
어떡하죠 – 박다예 / F
9. Bittni Juarez (20) / Goodbye baby
Miss A / F
10. Arries Rosal (22) /
이 노래 – 2AM / M
11. Tori Quan (24) / Don
t Cry – 박봄 / F
12. Edgar Mesina (31) /
보고싶다 – 김범수 / M
13. Misaki Nakada (32) /
어머나 – 장윤정 / F
14. Aryn O
haleck (34) / Run devil run – 소녀시대 / F
15. Kevin Ma (38) /
오늘도 난 – 나비 / M
16. Michiko Yamamoto (40) / Condition of my heart
Fly to the sky / F

2011年9月12日月曜日

3 日で 2kg 痩せた大掃除

土曜日の夜からハワイに住む伯父さん夫婦と、カナダのお義母さん+その彼がシアトルに遊びに来ています。

最後の2日はほぼ徹夜での大掃除でしたが、おかげで2日で2kg 痩せていたのは嬉しかったです...が、全身筋肉痛。窓磨きやら掃除、洗濯(ゲスト用のシーツやらタオルやら)、ごみ捨てがこんなに体力を要するとは思いませんでした。
夜にシアトルに到着だったので、ダンナやお義母さん達が空港に迎えに行っている間もひたすらお掃除ラストスパート。近くのスーパーでお花を買い込んでいたらレジのお姉さんが素敵ね~と言ってにこやかな笑顔でレジを打っていました。お花には人を(女性だけかもだけど)幸せにするパワーがある!と思っているので、今回もどの部屋にも何かしらお花があるようにとお花をたくさん買い込んできました。お花のよさに目覚めたのは、実は7つ年下の元彼のフランス人のおばあちゃんのおかげというか、一年を通していつも部屋にお花がある生活をしていた "Granny” の事を思い出します。ここ2年ほど見かけないので、もしかしたら高齢だからもう外には出られないのかもしれない?とちょっと気にもなっているおばあちゃんなのでした。

で、今回はダイニングルームはひまわりで、マスターベッドルームはバラの花束、ゲストベッドルームにはオレンジ系の花束を飾っておきました。

私は掃除の後ダンナや伯父さん夫婦が空港に行っている間、家の目の前にある会社のシャワールームでこざっぱりしてから戻ってきたのですが、みんなは一足先に家に到着していたので、ダンナが家の中を案内してくれて、私が家に着いた頃には用意しておいたスナック類(クラッカーやら、チーズ、スモークオイスター、ダークチョコレート、ピスタチオ、クッキーその他)をつまみながらくつろいでいました。戻って来た私に、ありがとう~と伯父さん、伯母さんが、ぎゅーっとハグをしてくれた時に、前の借主が引っ越した直後でもあり、ほとんど時間もあまりなかったものの、この数日間の集中大掃除の甲斐があったな~としみじみ頑張った甲斐があったと思いました(^^)

伯父さんはやはり体力がかなり落ちているので、動き回ったりするとしばらく横になって休まないといけない感じですが、それでもとても末期ガン患者には見えないダンディーな伯父さんでした。彼も若い頃にシアトルに住んでいた事があるので、この一週間、久々のシアトルをのんびり楽しんでもらえればと思います。

一昨年の大掃除後の写真
http://www.flickr.com/photos/sr520/sets/72157623647913231/with/4492439578/

2011年9月9日金曜日

あと一日しかない~

ほとんど徹夜で家の掃除をしているものの、前の住人が残したものを捨てるのに結構時間がかかってしまい、掃除自体がなかなか終わらなくて困りもの。

お客様用の枕を買ってくるのをまた忘れてしまいました。今日会社帰りに絶対買って帰らねば~

唯一の朗報は、この3日ほどで既に3kgほど痩せたこと(毎晩汗だくになって片付けものをしているおかげでさすがに痩せましたが、でもまだありあまるほど余分な脂肪があるので、見た目にはほとんど変わらず、といったところ)

2011年9月8日木曜日

残りあと2日... 2日で2メートルぐらい^^?

ハワイの伯父さん夫婦とお義母さん+その彼の訪問まであと2日。
自宅を片付け中のダンナ、昨日自宅に戻ってみたら全然片付いてる様子でもなく、どーすんのー(汗)という感じ

私の方は、会社から帰ると別宅(持ち家)の掃除に明け暮れ、今の所暖炉、キッチン、洗濯機がきれいになったところ。まだ掃除機をちゃんとかけていないので、今日はそれをやらねば...

掃除のために久々に自分の家に寝泊りしていますが、会社の目の前という便利な立地で、夜遅くまで掃除をしていても、朝ギリギリまで寝ていられるのは嬉しいところ。

掃除で体を動かすからなのか?ベッド(長らくガレージに保管しておいた)が自分のだからか、日頃から快食快便だったのがさらに磨きがかかって、毎回1mぐらい出て朝からスッキリ(^^; という話をダンナに言ったら、そんな話はしなくてい~から~と嫌がられてしまいました(ここまで読んで下さったみなさん、きたない話でごめんなさい&ありがとうございます)

ここが日本人(というか単に前のダンナ)との違いなのか、私が1mも出したら、「すごいね~」って誉めてくれてたのにな... とふと昔を懐かしく思ってしまいました。

うちのジャックも見事なのをした日には必ずといっていいほど "I have something to show you!"(マミーに見せるのー)とトイレから私を呼ぶので、ダンナに「いいから、見て来い!」と検便官役をよく押し付けていますが(笑)、本当に見事な時は "That's a greatest poo I've ever seen! Good job!" 「えらいねー、すごいねー。最高!」と誉めてあげています。

日本ではウンチは健康のバロメーターだからちゃんとチェックするのって常識だと思っていたのですが、アメリカでは誰もあんまり気にもとめない模様。自分なんてうちの猫3匹のウンチまで、形やコロコロ具合を日々確認しているというのに...(うちの猫達は幸運な事にほぼみんなコロコロウンチ(=柔らかすぎない健康ウンチ)をしてくれるので助かっています)

お掃除で体力を使うせいか心なしかちょっと痩せてきたような気が... あと二日頑張ってお掃除しなくては!!

眼科検診 ~ 初めてじゃないのに初めてな感じのサングラス

老化現象は一体いつから始まるのか?というと二十歳を過ぎたあたりからなのだと思いますが、老化を体感し始めるのは、振り返ってみると43歳からだな~としみじみ思います。

子供の頃から視力だけはかなりいい方で、これまでメガネやコンタクトレンズのお世話になることもなく生きてきたのですが、最近眼精疲労がかなりひどくなってきたような気がしていたので、眼科に行って眼の検査をしてもらいました。目医者さん曰く、結果はほぼ昨年と同じで、多分多少視力が落ちたと思う右目も検査してみると1.5ぐらいな模様(元々両目2.0だったので、今は2.0、1.5 か疲れ目の時には 1.5、1.2あたりで、この左右の差がちょっと気持ち悪いと感じるのでした。

相変わらずメガネ、コンタクト要らずな体なのですが、そのおかげでサングラスをかけるとすぐに頭が痛くなり、結果として強烈な日差しの下でもサングラスなしで山でも海でも川でもどこでも暮らしてきた自分。顔の上に何かがある、ということにあまりにも慣れていないが故の弊害で、サングラスをかけないと目に悪いとはわかっているものの、いまだに5分とサングラスをかけていられない自分。決してサングラスを持っていないわけではなく、むしろ頭が痛くならないサングラスを探し求めて、かなり色々な種類の(安い)サングラスを買っては試し、試しては捨てる、を繰り返してきました。

紫外線の影響で将来白内障になったり、失明したりするからサングラスをかけるよーに!とダンナにしつこく言われたこともあり、眼科医に検診の時に相談してみたら、じゃー保険でサングラスが買えるように、メガネの処方箋を出してあげましょう、ということで生まれて初めてサングラス(メガネ)を処方してもらいました(^^) 視力自体がそんなに悪くないのでお医者さんも「tiny tiny (ティニ~タイニ~)prescription」だけどね、と言って作ってもらったのがこのサングラス(^^) 自分の人生の中で数多くのサングラスがゴミ箱へと消えて行った中、このサングラスは自分の人生の中でも一番高価なサングラスで、サングラス自体は”初めてぢゃない”のに、とっても”初めてな感じ”のサングラスです(^^;

老いについて考える時、享年93歳で亡くなった、私が尊敬して止まないうちの祖母が生前「おばあちゃんは、目も、耳も、歯もぜーんぶいいのよ」と言っていたのをよく思い出します。

2011年9月7日水曜日

予選間近 ~ 非韓国人による K-POP カラオケ大会

先日の日記にも書きましたが、只今週末の予選に向けて K-POP ソング練習中。今朝も心優しい韓国人の同僚に聞いてもらっていたのですが、相変わらず選曲が地味だと言われ続け、でも空で歌えるようになっていたのには、ちょっと感心してくれた模様。

そもそも、歌は好きだけれどもそんなに上手い、というほどでもない自分。カラオケ世代な自分達年代には、ホンモノの歌手よりもうまく歌える同僚や友人がたくさんいて、新宿勤務時代には終電を逃したと言っては、カラオケ屋さんで朝まで歌っていたりしました。どっちかというとソロよりもハモりが好きで、上司とハモったり、友達とハモったり、ハモっている時の快感はちょっとやそっとのことでは越えられない超快感なのでした(^^) あとはみんなで熱唱できる系の曲も好きでした。で、なんで今更「歌」なのか?というと、なんとなくこの非韓国人による、韓国語でのカラオケコンテスト、という条件が、昔のモノマネ番組の「コロッケのものまねでちあきなおみ」(古すぎてわからない^^?) のように、条件がいろいろとつくことによって、普段はなんか冴えない変な人かもしれない人達の意外な才能に心から笑えるんぢゃないか^^?と。今のこの気持ちは「嬉しい、楽しい、ハズカシー」という感じです。

で、仕事をしながら K-POP を聴いていたら、突然携帯に電話が。見慣れない番号なのでどーせ間違い電話に違いない、と思って無愛想に出たら、地元の韓国ラジオ曲のおじさんでした。「土曜日の予選の件だけど...」と曲名は「눈물이 넘쳐서」(←実はハングルだと自分では読めない^^;;)なかなかしっとりした曲でサビの部分なんかちょっと情感がこもってしまうのですが、意味はよくわかっていなかったりします。ラジオ曲のおじさんは答えなくてもいいけど、年齢は?と聞き、あとはオリジナルキーでいいの?キーを変えなきゃ?と聞いてきたので、オリジナルでよろしく、と伝え集合時間を確認して電話を切りました。まかりまちがって予選落ちしなかったら、会社の同僚メールするので、応援に来るよーにと言っていますが、恐らく韓国語ぺらぺらな外人がいっぱいやってきそうな気がします。

隣のオフィスの同僚(彼も心優しい韓国人)がやっぱりニコニコしながら励ましの言葉をかけて去っていきました。歌エネルギーっすよ~(笑)

http://underfifty.blogspot.com/2011/09/k-pop.html

本名でスタートな新学期

新学期になって、一つ上のクラスに行き始めたジャック。予想では背の高い黒人の女性教師のクラスになる予定が、いつの間にかその先生は他の学校へ行ってしまった模様で、新しい先生のクラスで新学期を迎えたジャック。新しい先生は、生徒の名簿を見て子供の名前を呼んでいたらしく、久々に両親以外の人から「ジョン」と呼ばれたジャック。

日本に連れて行った時に、迷子になった時に自分の名前が日本語で言えるように、本名を教え込んでおいたので、ジャック自身は特に困惑することもなかったらしい(ダンナ談)のですが、クラスメートの友達が「ジョンって誰?」「ジョンじゃないよ、ジャックだよ」とみんながこぞって驚きはじめ、ジャックはちょっと人気者?だった模様。

今朝も先生がジャックの事を「ジョン」と呼んでいたので、だんなが「普段はニックネームのジャックで通っているのでそれでよろしく」と先生に話をつけてきたとのこと。本人よりも友達の方が安心していた模様。ちなみにその新しい先生以外の職員はジャックが生後6ヶ月で入園して以来ずっと「ジャック」と呼んでいます。

そもそも「ジャック」はファーストネームでもミドルネームでもなく、完全に単なるニックネーム。若くして亡くなったダンナのお父さん(ジャックのお祖父さんにあたる人)がジョンで、息子が生まれたその日から、ダンナのお母さん(=お義母さん)がダンナのお父さんのニックネームだった「ジャック」と勝手に呼び始め、以来病院でも、学校でもどこでも「ジャック」で通っているジョン。しかも「ジャック」はダンナのお父さんのファーストネームでもミドルネームでもなく、単にお義母さんがずっと呼んでいたニックネームなだけで、このうちはお義母さんにちょっと支配されてるよな(--;と思うこともなきにしもあらず。

適当に違う名前で呼び、誰も本名を使わない(友達もジャックの本名を知らないなんて)状況は日本ではちょっとあり得ないと思うのですが、ロバートがボブだったりするアメリカでは、かなり日常茶飯事なようです。

連休明けはいきなり徹夜モード

あと10分で午前4時~(不思議と眠くはないのだけれど、さすがに目が疲れた~)
とりあえず家に帰ってちょっと寝て、また出直して来よう...

2011年9月6日火曜日

日替わり背景 ~ オレンジフローラル(久々)

今日の日替わり背景はオレンジフローラル。4月に使って以来久しくローテーションから外れていた背景ですが、今日の気分にピッタリなオレンジ色ということで5が月ぶりのオレンジです(^^)


http://underfifty.blogspot.com/2011/04/blog-post_15.html

シアトルは今日も快晴(^^)

遅まきながら夏が来た!という感じで、先週、今週とよいお天気に恵まれています。
今週末にはダンナの伯父さん夫婦にお義母さん+その彼がやって来る上、仕事も忙しいのですが、頑張って一つずつ片付けて行こうと思います。

まだ冬ではないものの、最近また庭にやってくる青い鳥(ステラジェイ)達用に鳥の餌を置くようにしたら、ものすごい勢いで餌を食べていました。もしかしたら冷夏で鳥たちも例年よりも食べるものが少ない年だったのかも?このあたりでは鳴き声がうるさいから嫌われているステラジェイですが、根が単純な自分は、青い鳥=幸福の青い鳥、だと思っているので朝からせっせと餌をやっています(^^)

2011年9月5日月曜日

今年最後の家族サービス+親戚づきあい

毎年10月になるとフロリダの別宅に移り住み、そこで冬を過ごすお義母さん。今年ももう9月で、フロリダに旅立つ前に必ずジャックの顔を見にやってくるのですが、今回はハワイに住む伯父さん夫妻も招待することにしたので急にお掃除に追われています。ハワイに住む伯父さんはダンナにとっても一番好きな伯父さんで、6年前に末期癌で余命半年と言われた時は、伯父さんが生きているうちに!と結婚式も早々に日にちを決め、伯父さんにはダンナの Best Man にもなってもらったほどダンナにとっては大事な人なのですが、既に仕事も退職しハワイで闘病の日々を送っている伯父さんに、ノースウェストの初秋(というか晩夏)を楽しんでもらうのもよいかと、ダンナと急遽プランをまとめ伯父さん夫妻に打診したら快く賛同してくれたので、今週末にはシアトルに遊びに来れることになりました。

嬉しい反面、日頃からとんでもなく散らかっている家を片付けるのが超大変。ちょうど自分の持ち家が今週頭から空くので、そちらの家の掃除も数日中に済ませなくてはいけなくなり今週は毎晩仕事の後はお掃除に明け暮れそうです。伯父さんも私とダンナ同様12月生まれなので、このシアトル旅行は少し早めの誕生日プレゼントということにもなっています。今回ホテル代わりに使える自分の家は、先月末まで住んでいた家族が比較的きれいに使っていてくれた上に、壁の塗り替えやらちょっとした改良の手も加えてくれていたおかげでかなり良好な状態。次回家が空いたらしばらく自分の家族や親戚、親しい友人の滞在用に使いたいと思っていたので、今回は本当にタイムリーでした(^^) これが終われば、今年の家族サービス+親戚づきあいはほぼ完了。掃除がんばろー>自分

2011年9月4日日曜日

連休2日目:Mt. Rainier パラダイス ハイキング

 連休二日目の日曜日もとてもいい天気だったので、レニア山へハイキングに行って来ました(^^)
連休中でしかも好天ときているので混雑が予想されたので、いつもよりも早く家を出る計画だったのですが、朝寝坊一家で結局家を出たのが午前11時頃。
遅めに出たメリットは、レニア山までの道が意外なほどに空いていて、レニア山国立公園の入り口に近づくまではかなり順調だったのですが、さすがに料金所から数マイル手前あたりから渋滞の長い列に巻かれたものの、料金所を過ぎたら駐車場までは割と順調でした。駐車場は思ったとおりかなりの混雑。お昼過ぎぐらいは一番混んでいるようで、これがもうちょっと遅めの3時頃到着だとポツポツといいスポットが空き始める頃だったのですが、オーバーフローパーキングの一方通行の渋滞にさらに巻かれ、とりあえずダンナとジャックをビジターセンター付近で下ろして二人はとりあえずランチを食べながら私の到着を待つこと30分。ランチの後はハイキングへGO!


今年は昨年よりも寒かったせいか、雪が溶けずにあちこちに残っていました。誰かが残したミニ雪だるまの前でジャックと雪合戦。
Skyline Trail (スカイライントレイル) へ続く道の途中はほぼ雪山状態でした。ところどころ雪が完全に溶けた部分もあったのですが、ここから先はサンダル履きの観光客にはちょっと無理そう(でも去年同様、Tシャツに短パン姿の若い観光客がたくさんいました)
頂上付近の雪を見ながら、地質学者や科学者が、レニア山の上部を覆っている万年雪(氷河)が、地球温暖化のせいで異例の速さで溶けているという調査結果を報告していたのを思い出しました。そのうち頂上にも岩肌が見える日が来るかも?
昨年よりは雪が多かったとは言え、今回も森の動物達に遭遇(^^)
夕方頃鹿の親子が夕飯を食べに出てきていました。

モルモットも雪の被っていない場所に生えていた植物を食べていました。今年見たモルモットは人を怖がらないというか、目の前を歩いて横切って行ったりして、かなり至近距離で見る事ができました。
雪が完全に溶けている場所では、高山植物が咲き乱れていてきれいでした(^^)