2011年6月30日木曜日

思いっきり更年期...

今日は歯医者さんに行く日だったので、お昼過ぎから会社の近くにあるかかりつけの歯医者さんに行ったのですが...

特に虫歯もなく、問題もなく治療するところも何もないとのことだったのですが、今年に入ってから、時々(1ヶ月のうち一週間程度とか)歯磨きやフロスの際に出血する事があり、今まではリンゴをかじっても何を食べても歯茎から出血するような事がなかったので、歯医者さんに聞いてみたら「ホルモンの量の波でね、歯茎から出血しやすくなるんですよ」とのこと。「やっぱり更年期ですか... 多分そうかな、とインターネットとかの情報を見て思っていたんですよね...」と言ったら、「えーまだまだ若いでしょう?何歳なの?」と短パン+スーパーヒーロー(アイアンマン、スパイダーマン、キャプテンアメリカ、ハルクのついた絵柄の)Tシャツを着た私の姿を見て聞くので「xx 歳です。更年期に入ってても全然おかしくない年齢ですから...」特に病気も怪我もせずにこれまでずっと生活してきて、自分的にはいい感じに年を取っているなぁ~と思っていたのですが、更年期は着々と進行中な模様。

歯茎が弱くなったかな?と思ったら、思春期、妊娠中または更年期らしいです>女性のみなさん

あとは、今年あたりから、満月が近づくとものすごく眠くなり、夜10時には寝てしまうような体になってしまっているのも、もしや更年期?

年度末に見た、ちょっと欲しくなる一品(^^)

猫の餌がきれていたので、今日は会社に来る途中にかかりつけの動物病院に行って1袋50ドルぐらいするデブ猫用ダイエットキャットフードを買って、いつもとは違う通勤ルートで会社に来たのですが...
目の前を走る車のリアウィンドウに貼られたステッカーがかわいくて、朝からストーカーと化していました。その車の後をずーっと追いかけ、クロスロードショッピングモールの中までついていき、駐車場でも後ろに張り付いていたのですが、さすがにちょい怪しいかな?と思って、少し離れた所に車を止め、ドライバーのおじさんがいなくなるのを見計らって撮ったのがこの「ジーザスキャット」ステッカー(笑)

いまいちクリスチャンの宗派とか主張とかちゃんと理解していないものの、ジーザスフィッシュ(Jesus Fish)のステッカーから、あぁこの人はダーウィンの進化論を信じていない派なんだな、とか、この人は進化論は認めているクリスチャンなんだな、ということが推測できますが、実際には単にそれだけでなくもっと奥が深い(らしい)ジーザスフィッシュ。


どこで売っているのか知りませんが、そのおじさんの車には、ジーザスキャット(猫バージョン)の他にジーザスドッグ(犬バージョン)のステッカーも貼ってあってそれもなかなかかわいかったです(^^)

2011年6月29日水曜日

コーヒーの消費量でわかるテンパリ具合

年度末も残すところあと1日。キッチンに飲み物を取りに行くたびに、コーヒーカップの量がすごい勢いで減っていて(見過ごせない性格でせっせと新しいカップを積み上げている自分)コーヒー豆の減りようも相当なもの。うちの部門はみんな月末の締め切りに追われていて、朝から晩までコーヒーを飲みながら仕事に励んでいる模様。私もあと一件、バグをチェックインしなくては...

独立記念日の3連休 & 親分子分そして親分に(^^)

気がつくともう今週末が独立記念日の3連休の週!
去年は確かカナダで過ごしていて、カナダからの帰りに花火を見た記憶が...
今年はアメリカで独立記念日の花火を見ようと思い、でも寒空の下でのユニオンレイクでの場所取りだの、かなりの確率で日中は雨に降られたりするシアトル近郊は、大人だけならまだしも4歳児のジャックにはもしかしたらちょっと辛いかも?と思い、今年はシアトルからちょい離れたところで花火を見ようと3連休のプランを練っているところ。相変わらずダンナも自分も忙しいものの、独立記念日に仕事に行かねば、な状況だけは避けたいところ。

ところで、新しい上司がマネージャーの仕事に徹することができるよう、彼がマネージャーになる前にやっていた仕事を子分=自分達に割り振る中で、自分に割り振られたのが彼が便宜上持っていたベンダーチーム数十人。なんで彼がそのまま持っていられないのかはやや謎ではあるものの、親分からもらった子分達数十人が自分の下にずらーっと表示されるのは正直悪い気分はしない... どころか、これって将来どこかに転職でもする際に、大人数のチームを率いていたという実績と見なされて思わぬところでキャリアアップに役に立つのでは^^? という気さえしてきました(でも、「そんなに頻繁に時間をとられることはないはずだから...」という言葉を妄信していたら危ないかも?みんな人に仕事をまわす時には、大丈夫、そんなに難しくないはずだから(私もよく言ってるかも^^;)と言うのがお約束のようなものなので... 過去自分が持ったチームの最大数は4人だったので、束の間の親分気分を味わっています(^^)

Yes!! Finally!! ! ~Angry Birds (^o^)

21世紀に入ってから、これはすごいぞ!と思えたものの一つが、ゲームのAngry Birds (アングリーバード)。Kinect もすごいけど、携帯電話のゲームとして瞬く間にトップランキングにのし上がったアングリーバードは本当にすごい、楽しい、ハマるし、常習性アリな危険なゲームでもありました。保育園に通ううちの4歳児ですら、3歳の頃からハマり、彼のクラスメートもみんなアングリーバードで遊んでいるくらい、老若男女を問わず大ヒットのゲーム。無料版も有料の製品版もどちらも非常によくできたゲームで、うちの iPad はいまやその用途の50%はアングリーバード専用機になっているほど(笑) 思えばアングリーバードをやりすぎたせいか^^? Apple Store で iPhone 4 を新しいハードウェアに交換してもらわねばならなかったぐらい。

そのアングリーバードがやっと Windows Phone 7 にも 登場(^o^) ハードウェアも大事ですが、やはりその上で動くソフトがいかに大事かということを痛感する(喜ばしい)ニュースでした。

http://allthingsd.com/20110628/after-a-long-flight-angry-birds-make-landing-on-windows-phone/

2011年6月28日火曜日

おどり炊き ~ お米一粒一粒をおどらせて炊く...

日本行きがだんだん近づいてきて、日本で買いたいものなどをリストアップしたりしていますが、先日のチームランチの時に同僚の日本人の人に聞いた「おどり炊き」が気になってインターネットで検索。

炊飯器に関しては、マイコン、IH、ファジー、遠赤外線、圧力釜という宣伝文句を覚えていますが、三洋が特許まで持つという「おどり炊き」については先日同僚に聞くまで全然知りませんでした。うちの安い炊飯器でも、炊きあがったご飯の一番上の層はお米は美味しいので、実はご飯を炊く度に美味しいところをつまみ食い。今使っている炊飯器は6年ぐらい使っているような気がするので、そろそろ買い替えてもよいかもと思っていたところ。ジャックも白いご飯が好きなので、美味しく炊ける炊飯器で手頃なお値段のものがあったら買って帰るのもアリかな?

おどり炊きについて:

親子って(ーー;

昨日の夕方、家に帰ってまずはくつろぎモードでジーンズと靴下を脱ぎ、Tシャツとパンツ一枚の姿で部屋を片付けていたら、パワーレンジャーを見ていたジャックが遠くから「Mommy, did you buy a new underwear?」(マミー、新しいパンツ買ったの?)と言うので「うん、かわいいでしょ?」と適当にコメントしながらも、意外とパンツまでチェックしてるんだな~(4歳児なのに、ウウム)と思いました。その後ジャックはトイレに行くのが一足遅くてパンツの中にウンチをたれてしまいマミーに怒られることに(苦笑)

それから7時間後、仕事で午前2時頃帰って来たダンナが、「ただいま~あれ?それ新しいパンツ?」と開口一番。君らにとってマミーのパンツの柄はそんなに重要なことなのかね?と、ちょっと呆れてしまいました。

ウウム... この父親にしてこの子ありなのか... と思った瞬間でした(ーー;

ダンナ的には、家でTシャツ+パンツ一枚で過ごす女性は珍しいと思っているようなのですが、暑い九州で育ったこともあり、また実家の周りは垣根で囲まれていて外からは覗き見されないような環境で育ったので、家にいる時には結構薄着でいる習慣がついているのですが、家にいる時にパンツ一枚でくつろいでる女性って結構いるはずと思っているのは自分だけ?

忙しい中にも充実感

年度末まであと2日ということもあり、自分だけじゃなく、自分の周囲のみんなも突然すごい勢いで仕事をし始めて、そのおかげでいつにも増してガンガンメールは来るわ、調べものは増えるわ、で大変な状況なのですが、5月末に他のチームに行ってしまった人から Visual C++ の翻訳版を引き継ぐことになって以来、バグもたくさん引継ぎ、質問の内容もさらにディープで、一緒に仕事をする人達も、とてもコアなC++開発者やシニアレベルの人達が増えたのですが、みんなすごく頭のよい人達だということをミーティングやらメールの中で感じます。やたら社内政治ばかりが横行するようなチームやプロジェクトと比べると、本来期待していたような仕事をしている感じがして、その点に関しては実はとてもやりがいのあるプロジェクトだなぁと思います。でもやることがたまりすぎていてちょいピンチだったりします(汗)

シングルマザー週間、ふたたび(--;

リリースが近くなると毎日ダンナの帰りが遅くなり、今週も月曜からシングルマザー的な生活を強いられていますが、つくづくシングルマザーは大変なんだな、と痛感します。昨日=月曜も、ジャックを保育園へ迎えに行き、そのまま晩御飯のお買い物へ。片手に買い物かご、もう片方の手でジャックと手をつないでお買い物。そういう時にふと自分が子供だった頃を思い出し、なんだかホンワカした気分になります。「今日の晩ご飯何?」と聞く側から、聞かれる側になるのも悪くない感じ(^^)

ご飯を作って食べて、後片付けをしたらそれだけでずっかり眠くなってしまい、気が付いたら猫に餌をやるのも忘れて真夜中過ぎまで寝ていました。ジャックも遊びつかれてぬいぐるみの間で寝ていました。

起きて猫に餌をやり、金魚の水槽の水を変えたりしているうちに午前2時をまわり、それからほどなくしてダンナがようやく仕事から帰って来ました。自分も休暇前で忙しいのですが、リリース前のダンナも忙しく、お互い向こう2週間ぐらいはかなり大変そうな予感...


2011年6月26日日曜日

毎月恒例、月間アニバーサリー ~ 63ヶ月

毎月26日は恒例の月間アニバーサリー。今月で、出会ってから63ヶ月目。5年3ヶ月目の記念日は、子供のプレイデイト(映画)に始まり、その後映画館に併設のショッピングモールで少々買い物をし、Cars2 を観た帰りということもあり、ディズニーストアに立ち寄ったら、Cars の Tシャツ、ぬいぐるみ、コスチュームその他色々がズラリ。これはジャックに何かねだられるに違いない!と思っていたら、女の子セクションに設置されているお城もどきがいたく気に入った模様のジャック。入り口がなんとなく秘密基地っぽいから好きなんだろうと思っていたら、「プリンセス!You have to come!」とお城に集合で、その様子をダンナが写真に撮ったのがこの一枚。だんだんダンナに似てきたと言われるものの、写真で見るとジャックは日本人の自分の遺伝子を濃く受け継いでいるような気がします。(少なくとも、ダンナとは全然違う人種に見える...のは自分だけ?

63ヶ月アニバーサリー、私からはいつものようにアニバーサリーカードと「寿司ディナー」のプレゼント。先週末から飽食の日々でまた太ってしまいましたが、月曜から規則正しく、体にいいものを三食、腹八分目が目標です。ちなみにダンナからは、ジャックのサインも入ったアニバーサリーカードと、ホラー映画の DVD でした。

お寿司屋さんの後は、Grass Lawn Park で食後の運動で、その後家に帰ってダンナがくれたホラー映画を見ました。今月も残すところあとわずか... 明日から日本行きまで、あとは仕事、仕事の毎日になりそうです。

Grass Lawn Park ~ 気分は Ninja Warrior (^-^)

日本では SASUKE (サスケ)として知られる、スポーツエンターテイメント番組の Ninja Warrior (忍者ウォリアー)を見ているとむしょうに障害物競走がしたくなるのですが、そんな気持ちのぶつけ先として最適なのが、レドモンド(会社から車で3分ほど)にある、Grass Lawn Park。

この公園には、普通のピクニックテーブルに加え、屋外でバーベキューパーティーができる施設(屋根付き、テーブル、椅子付き)やら、夜間でも使える照明付きのテニスコート、サッカーフィールド、バスケットボールのコート、ロッククライミングの練習用の岩に子供が遊べるプレイグラウンドがいくつかついていて、このあたりでも人気の公園です。
子供の成長と共に、チビッ子用の滑り台しかないような公園から、もう少し運動能力を要するものがある公園へと自然とレベルアップして行くのですが、Grass Lawn Park は今のジャックの運動能力にぴったりな公園。ジャックも私もちょっと忍者になった気分で公園内の網や綱のぼりを楽しんでいます。こう見えても高所恐怖症な自分、富士山を登頂したり、アメリカでも結構高い山に登ったり、スカイダイビングなんぞもやったりしているものの、なかなか高所恐怖症を克服しきれずにいて、公園内の遊戯施設でも下が透けて見えるような場所や螺旋階段っぽいものはいまだに苦手な自分。でも、Ninja Warrior を見る度に、自分もあんな風に猿のようにスルスルと網でも綱でも登ってみたい!という情熱も捨てきれず(笑)

すでに一番高い滑り台まで網を登れるようになってしまったジャック。これまでは、公園で遊んでいて何かあった時にいつでも助けられるように、といつも背後にいた自分が、この公園では地上待機班兼カメラマンで、下からダンナとジャックを見上げていました。練習すればきっと自分も上まで登れるはず... 上まで登って、記念の証拠写真をダンナに撮ってもらえるよう頑張ります。

Grass Lawn Park:
http://www.redmond.gov/cms/one.aspx?portalId=169&pageId=4010

映画: THE GRUDGE (呪怨) (2004)

夏になるとなぜかホラー映画を見たくなるのですが、それって自分だけかと思っていたら、アメリカ人のダンナも、そろそろホラーの季節だよね、ということで、日曜日の夜は「THE GRUDGE」(日本のホラー映画「呪怨」のアメリカ版)を見ていましたが、この映画が出るまではこの10年余りで「リング」が一番怖い映画だと思っていたのですが、「THE GRUDGE」は本当に怖かったです(最初に観た時にはあまりの怖さに目をつぶってしまったのを今でも覚えています)。


ちなみに、この映画の後、アジア人のストレートで長い黒髪を見るたびに、このホラー映画を思い出し怖いよなぁと思った時期がありました(^^;; 年をとると怖がりにもなるものだな~と思ったものでした。


http://www.imdb.com/title/tt0391198/

映画: Cars 2 (2011)

今日はジャックのクラスの友達とその家族と映画「Cars 2」をお昼から観に行って来ました。朝からとってもいい天気だったおかげで、映画館が混んでいなかったのはラッキーでした(前回 Toy Story 3 を観に行った時には待ち行列ができていたので...)映画館に一番近い所に住んでいるので、前回同様、ちょっと早めに行っていくつか席を確保して待っていたら、ほどなくジャックの友達一家が現れ、ジャックもジャックの友達も大はしゃぎでポップコーンを食べたり(投げあったり)していました。


子供達にしてみると、映画館に行って映画を見る、しかも仲良しの友達と週末に会えるというのは、超特大ボーナスのような楽しさで、その楽しさが伝わってくるから、親も楽しめるんだろうな~という気がします(何をやっても新鮮な感動がある子供達を見ていると、こちらもかなり楽しい気分になります^^)

映画が始まる前に「Toy Story 3」の番外エピソードのおまけがついていたり、予告編でやっていた「4D」 映画の予告に思わず目が釘付けになったり。3D 映画に、「香り」をつけた「4D」映画とやらを観に行く日が今から楽しみです(^^)


肝心の映画ですが、一作目がかなり良かったので、二作目はややドタバタ劇という感じでしたが、ショッキングな事に私の英語力では、一つ一つのシーンは理解できるのに一番大筋の部分が理解できず(えっ?えっ?誰が悪者で、何がいけなかったの??と)終わった後にダンナに聞いてやっと理解できました。アメリカでの映画レビューを見てみた限りでは、やはり一作目がとてもよかったので、二作目はいまいちな評価をもらっていますが、画像もきれいだし、大人にも楽しめる映画でした。

http://disney.go.com/cars/

2011年6月25日土曜日

ランチの後は... 4th 沿いのシアトル中央図書館へ

4th Avenue にある、Purple からわずか 2 ブロックの所にあるのが、シアトルでも有名なシアトル中央図書館。インテリ夫婦(奥さんは大学の教授、ダンナさんはソフトウェアのアーキテクト)な二人なので絶対に気に入ると思い、食後の運動も兼ねて行ってみたら案の定二人とも気に入ってくれた模様。


これはシアトルリピーターにもおススメな観光ルートになりそうなので参考までに...4th Avenue と Spring Street の角に図書館があるので、この付近のレストランでランチ → シアトル中央図書館で、まったりとコーヒーでも飲みながら雑誌を読んだり、マンガを読んだり(日本のマンガが結構充実していてびっくりしました)しながら、ローカルっぽい過ごし方の週末を楽しむというのもよいかな?と思います。


居心地のよい椅子や、読書用のエリアがたくさん設けられていて、晴れの日はガラス越しに差し込む光(冷暖房完備)を楽しみながら休憩したり、雨の日も一日中本を読んで過ごしたくなるような場所です。ジャックがいたく気に入ってしまったようで、そのうちまた連れて来ようかと思っています。


建物の外から見ると、青空や白い雲が窓に映っていい感じ。





建物の中から見ると、こんな感じです。
http://www.spl.org/locations/central-library

ファミリーランチ@Purple Cafe and Wine Bar Seattle 店

今週は友人夫妻が夏休みでシンシナティから遊びに来ているということで、今日は彼らとファミリーランチ。お店の選定を任されていた私は、金曜日のチームランチで食べたサーモンたっぷりのサーモンサンドイッチが忘れられず、金曜日に続き、土曜日も Purple Cafe でランチしたが、友人夫妻が滞在している場所がシアトルだったので今日はシアトル店の方へ行って来ました。うちの近所にあるベルビュー店同様、お洒落な雰囲気と美味しいお料理で、友人夫妻も喜んでくれていました。

シアトル店の場所は 4th Avenue と University Street の角で地下駐車場アリ。店内には真ん中に円筒状にワインが並べてあり、付属の螺旋階段の上で記念写真を撮っている人達をたくさん見かけました。






キッズメニューにあったマカロニチーズ(Mac and Cheese)、味にうるさいジャックが「明日もここに食べに来たい!」というほどの合格点だったのは嬉しい誤算でした。そんなに美味しいんだ?と思って試しに食べてみたら、本当に美味しかったです。(ちゃんとしたチーズを使って作ってあるペンネパスタという感じでした。)




こちらが私のおススメ、サーモンサンドイッチ(Grilled Salmon Sandwitch)分厚いサーモンとジューシーなトマト+キュウリにマヨネーズ系のあっさりしたソースが、サーモンの味を壊すことなくいい味を添えていました(こちらも合格点)




ちなみにこちらがベルビュー店。ベルビュー店もかなりお洒落な雰囲気を漂わせていました。ベルビュー店の方も駐車場完備なのですが、間違って隣のビルの下にある地下駐車場に駐車してしまったばっかりに、2時間で17ドルも取られてしまった自分です(涙) その場合には、TAP HOUSE のバーでジュースでも飲んで2時間無料の駐車券をもらった方が良いという事を学びました。ベルビューが都会化するに連れて駐車場が有料になっていくのは住民としてはかなり嬉しくないなぁ~と思います。



日替わり背景 ~ 中国の古文書

まだまだ試してみたことがない背景がたくさんある中から今日は、Ancient Chinese Manuscript。
何て書いてあるのかわからないものの結構気に入りました(^^)


オリジナルの画像は以下のリンクにあります(↓)
http://www.istockphoto.com/file_closeup.php?id=10959229&refnum=

2011年6月24日金曜日

ロブスターなら blueacre seafood \(^o^)/

今日はシアトルでおススメのシーフードレストラン blueacre seafood へロブスターを食べにまみりんさんとY木さんの三人で行って来ました。まみりんさんが土曜日の便で日本に帰ることもあり、シアトル最後の夜に伝説のロブスターを食べに行こうと誘ったのですが大満足なディナーでした。


以前元MVPのヤマケンさんがシアトルに遊びに来た時に、Y木さん他シアトル在住の知り合い数人と blueacre seafood に食事に来た事があったのですが、その時にヤマケンさんが頼んでいたロブスター(丸ごと一尾)がとてもお見事+美味しくて、いつかロブスターを食べに来ようと思っていたのが今回ようやく実現。


ウェートレスの人に、今日は3人ともロブスター狙いできたから、とロブスターをそれぞれ注文。Y木さんは2パウンドのロブスター、私とまみりんは1.5パウンドのロブスターで、まみりんは下処理(内臓その他をきれいに取り除く)なしの丸々ロブスターで、私はした処理アリで、背中をセンターカットにしたもの(写真のロブスター)をそれぞれ注文。


注文時に「Steamed」で(=蒸すだけで余計な味付けをしないように)と注文するのがおススメです。アメリカでは魚貝類の料理に Cajun spice (ケイジャンスパイス=パプリカ等の香料)を使いたがるレストランが多いのですが、それは素材の味を壊してしまうのでもったいない~と思っています。新鮮なシーフードはレモンを絞っただけのシンプルな味でも超美味しいので、余計なスパイスがない方が絶対におススメなのですが、今日食べたロブスターはまさに素材の持ち味を壊さずロブスターの味を堪能できて超シアワセでした\(^o^)/


まみりんにもY木さんもこのロブスターは超気に入ってくれた模様。レストランの雰囲気もよく、値段もかなりリーズナブルなお店でした。


http://blueacreseafood.com

チームランチ@Purple Cafe and Wine Bar

今日はダウンタウンベルビューの Purple Cafe and Wine Bar でチームランチでした。年度末最後のチームイベントということもあり、リラックスした雰囲気の中楽しいランチでした。4月末にチームを去った元上司も招待されていて、久々に彼女に会えてよかったです。頭数は減ってしまったものの、面白い人達が多いうちの部署。当面このまま人が減らされることもないらしいので、少し安心して仕事ができるのは良い事だなぁと思います。

今夜はまみりんさんやY木さんとロブスターを食べに行く予定なので、ランチは軽めにしておこうと思っていた割には、頼んだサーモンサンドイッチが美味しくて全部食べてしまいおなかいっぱいになってしまいました。

シアトルに住むようになってから、サーモンバーガー(お肉のかわりにサーモン=鮭)なるものを食べるようになったのですが、Purple Cafe のサーモンサンドイッチは合格点なサンドイッチでした。付け合せをサラダにするとヘルシー度が増してさらにおススメです!

http://www.thepurplecafe.com/

Sweet Sixteen ~披露宴並みの16歳の誕生日

何気に見ていたリアリティショーでたまたま16歳の誕生パーティーを紹介していたのですが、噂には聞いていたものの、ほんとに結婚式の披露宴のよう!

アメリカ人の子供達は発育がよいので16歳ともなると(女の子は特に)大人っぽくて、日本人の目から見るとみんな24歳ぐらいに見えます。大きな会場を借りて学校の友達をたくさん呼んでお祝いをするようなのですが、そのパーティーのスポンサーでもある親は、娘のためにかなり奮発するようです。アメリカでは16歳の誕生日をいつからこんなに派手に祝うようになったんでしょうね?

ちなみに男の子には特に Sweet 16 の派手なパーティーの慣習はなさそうですが、16歳になると自分で車を運転して通学できるようになるので、子供に車をプレゼントするのが一般的らしいです。時々どこから見ても子供な男の子が車を運転しているのを見かけると、特に曲がる予定もない道を曲がったりして避けてしまう自分です(^^;

2011年6月23日木曜日

有料化に関するローカルニュース × 2件

有料化に関するローカルニュース一件目は、SR 520 の浮き橋有料化延期の件。
先週末は土日共に橋を通行止めにして何やら工事をしていたようなのですが、それでもまだ有料化サービス開始の目途が立たず、2~3週間後にまたアップデートがある模様。近隣の住民としては無料で通れる分にはありがたいので、有料化の遅延は嬉しいニュース。


二件目は、州立公園有料化の件ですが、7月1日からワシントン州内の州立公園(State Park)の利用料が、1日10ドルになるのだとか。(年間パスは30ドルとのことなので、年間パスの方がかなりお得)身近な所では、サマミッシュ湖(Lake Sammamish)の公園や、行こう行こうと思いつつもいつも素通りな Peace Arch State Park (カナダとの国境にある庭園風の公園)も有料になってしまうとのこと。今週末は二日とも既に予定が入っているので、無料で行ける機会を逃すことに!残念!)でも年間30ドルで州立公園の運営が賄われると思えば安いものなのでまぁよいかな?とも思います。


Seattle pi の記事によると、州立公園のパスを(一日用、年間パス共に)スポーツ店等で購入すると手数料やら何やらで、実際には10ドルまたは30ドル以上になる(11ドルや35ドル)と報じていましたが、個人的には大した額ではないので、ま、いいかな、と思います。
http://www.seattlepi.com/local/article/What-New-state-park-pass-actually-costs-more-1436076.php

暇つぶし:Vol.34 「どうせ自分なんか、と思っていませんか?」テスト

「どうせ自分なんか...」怠け者だし、面倒くさがりだし、結構性格キツいし、面倒な人とかかわるのも嫌いだし、できれば家で毎日ダラダラしてたいだけなのだけれど、実際には「どうせ自分なんか...」とあまり思っていない自分(^^;;

昨晩も、ジャックと寝る前にいつものように小話(というか世間話というか^^;; 本を読むのが面倒で、適当な話)をして寝かしつけていたのですが、ジャックが「I can't do anything I want. I'm just a little guy.」(自分のやりたいことなんてなんにもできない。ボクはまだチビッ子だから)と言っていて、4歳児が自分の事を little guy と言っているのがなんだか笑えました。私達が「little guy」と呼ぶと「I'm not little!」と抗議されることがあるので、りるちゃん(日英混合造語 Little-chan )と呼んでいたりします。

で、まぁ暇つぶし(ファイルの同期処理の待ち時間)に、久々に MSN の占いなんぞをやってみました。この手の軽い占い系は暇つぶしには最適ですね。結果は、自分は「どうせ自分なんか...」とは思っていない模様(笑)
http://msn1.sunmarie.com/koi-uranai/34/

2011年6月22日水曜日

バイリンガルには程遠いけれど...

来月の日本行きに向けて、ジャックに日本語の単語をいくつか教えておいたら、実家の母との電話でも日本語で簡単な会話がちゃんとできて、本人もちょっと自信がついてきた模様。

自分が面倒くさがりなおかげで、バイリンガル教育にはほとんど力を入れていないのですが、今回の里帰りでジャックが日本語に興味を持つようになったら、日本語のアニメを定期的に見せるようにしてもよいかな...と。 実家の母からもらった日本語の童謡の CD は、2歳ぐらいからずっと聴いているせいもあり何曲かは耳で覚えた日本語で歌っていたり。あとは、パワーレンジャーサムライで変身する時に必ず「超」と書いたり、ロボットの乗り込んでからは「合体」の漢字やら、技を繰り出す度に漢字が出てくるので、そのうち漢字の書き方を教えてあげてもよいかも?と思っています。パワーレンジャーサムライは毎日親子で見ていますが、相変わらずかなりいい味出してます(^^)

気分は Ina (^^)

Food Network で Barefoot Contessa というお料理番組のホストでもある Ina Garten さんのレシピの中から、野菜たっぷりのチキンスープを大鍋いっぱいに作ったら、ダンナにも、うちで一番味にうるさいジャックにも大好評で作った方も実に作り甲斐がありました(^^)
ジャックが日頃あまり食べたがらない人参ですら美味しい!と言って食べてくれてるので、これはうちの定番メニューになりそうです。


Ina Garten さんのレシピは(彼女の口癖でもある「How easy is that?」にも代表されるように)簡単にできるものが多く、またお料理の基本に沿ったものが多くほぼ失敗せずにできる点が魅力です。また彼女のテイスト(キッチンやら盛り付けやら、テーブルセッティングなど)もシンプルな中にもエレガントさがあって好きな理由の一つです。


http://www.barefootcontessa.com


チキンスープのレシピ
http://www.foodnetwork.com/recipes/ina-garten/chicken-soup-recipe/index.html

アメリカ国内の強制避妊手術の被害者のニュース

会社の帰りに何気に聴いていたラジオ番組で、ノースカロライナ州で過去に行われた強制避妊手術の被害者に対して賠償金の支払いを検討しているというニュースを取り上げていて、話には聞いたことがあったものの、やはり実際に行われていたんだ...と少々驚きました。


ここのところずっと、ケーシー=アンソニーの裁判のニュースを見ていて、彼女が終身刑にならなかった場合に、強制避妊手術のような刑はアリなのかな?とも思っていたので、ある意味タイムリーなニュースでもあったのですが... 被害者の話や、強制避妊手術が認められるに至った背景などを聞いていると、10代の妊娠や子供を養育するだけの経済力のない貧困家庭の女性に対して、将来のトラブルを防ぐための措置として強制避妊手術が行われ、その際に本人には知らされずに手術が行われていた模様。当時は、IQが低かったり、近所の評判の悪い女の子や、悪い友達と一緒にいるような女の子や女性達がノースカロライナ州では手術の対象になっていたのだとか。他の州では、性犯罪者等に対する将来的な被害を処置として手術が行われることが一般的とのこと。ノースカロライナ州知事が、強制避妊手術の被害者に対して正式に謝罪の念を示したことと、賠償金の支払いを検討している点は誠意のある対応として評価できると思います。

日本でも大昔(戦前)に国民優生法の下に、両親に遺伝的な問題がある場合などに避妊や中絶措置を認めていたようですが、無責任な親による子供の虐待死(まさにケーシー=アンソニーのような女性達=パーティー好きで子供の面倒も見ず、結婚もせず不特定多数の男性とつきあったり、父親もわからないような子供を産むような女性や、最近日本でも多い子供を虐待したり殺害するような女性達)に対しては、たとえ遺伝的に健康な子供を持てる女性でも、正直本人の意思に反して避妊手術を実施してもよいと思います。今もケーシー=アンソニーの裁判のニュースを見ながら、彼女が終身刑にならなかったら、二度とこの人が子供を持つことがないようにして欲しいものだと思ってしまいます。


NPR ニュース
http://www.npr.org/2011/06/22/137347548/n-c-considers-paying-forced-sterilization-victims

まだ2ヶ月ほど先の話ですが...夏の締めくくり Bumbershoot 2011

夏も始まったばかり(始まってるのかな^^?)だというのに、既に夏の締めくくりの話題というのもなんですが、毎年シアトルで開催されている、音楽&アートフェスティバル、今年は9月3日土曜日から9月5日月曜日の日程で開催されます。

個人的には、Bumbershoot (バンバーシュート)にはそんなに思い入れはないのですが、音楽好きな若者にはとにかく人気のフェスティバルで、近隣のカナダからもたくさんの人がフェスティバルの期間中にシアトルに訪れます。ものすごく偏見が入っていますが、音楽+アート+フェスティバル+カナダ人=ヒッピーっぽい人々+ポットヘッド(pothead=マリファナを吸っている人達)というイメージがいまだに根強く残っているおかげで、Bumbershoot からはここ数年遠ざかっていますが(カナダ人の同居人と暮らしていた頃が最後かな?)それでもかなり人気のイベントなので、8末から9月にかけてシアトルに来る予定のある人は是非チェックしてみてください。

http://bumbershoot.org/

2011年6月21日火曜日

ディナー@Maggiano's とデザート@Safeway

今日はシアトル出張中のまみりんさんを囲んで、ベルビューのイタリアンレストラン Maggiano's Little Italy でディナーでした。2時間半ほど食べ続けおなかいっぱい、シアワセ気分なところへ、今やっている Buy One, Take One Home キャンペーンで、Y木さん、Y田さん、J君と私の四人は好きな Classic Pasta をお持ち帰りという特典付きで、さらにシアワセでした(^^)


この Buy One, Take One Home は、Maggiano's で時々やっていて、一つパスタを注文すると、注文したパスタの他に翌日のランチや晩御飯用に一食分のパスタを無料でお持ち帰り用の箱に入れて持ってきてくれるというなんとも嬉しいサービス。 お持ち帰り用のパスタは Classic Pasta の中から好きなパスタを選べるのも嬉しいところ。


おなかもいっぱいになり、レストランを出たところでとりあえず今日のところは解散でしたが、金曜日に昨年ヤマケンさんと行ったシーフードレストランへロブスターを食べに行かねば!企画もあるので、まみりんが日本に帰る前にもう一度みんなでご飯に行けそうな予感(^^)


解散後、まみりんと車を修理中のY木さんの3人は、一路 Safeway へ。実は例の18年もののバルサミコビネガーを、まみりんにも試してみてもらおうと、ハーゲンダッツのバニラビーンアイスクリームを買いに Safeway へ行ったのですが、ミニサイズのバニラアイスクリームが売り切れていたので、一回り大きいサイズのハーゲンダッツアイスクリームを買い、惣菜エリアで紙のカップとスプーンを掴んで店内にあるスタバの一角でデザートタイム。アイスクリームをカップに入れて、その上から18年ものの熟成バルサミコビネガーをかけて、Y木さんとまみりんの反応を見ると、あっという間にアイスクリームも空になり、二人とも気に入ってくれた模様(^^)ちょい癖になるバルサミコでした。


http://www.maggianos.com

有朋自遠方来 不亦楽 ~ まみりんさんとランチ

友あり、遠方より来る... ということで、今週は日本からまみりんさんが出張でシアトルに来ています。朝、例によって例のごとく(寝起きでボサボサな状態で)大名出勤をしていたら、シャトルバスから見覚えのある顔が降りてきて、3ヶ月ぶり?にまみりんと再会(^^)


オフィスで仕事関連の話をしつつ、最近の日本の話やら、うちの部署のめまぐるしい組織編制の話やらをした後、うちのビルから快晴のレドモンドキャンパスを横切ってメインキャンパス内で一番新しいビルでまみりんさんとランチでした。


二人でまったりとランチをしていたら、年度末は仕事が忙しい~というM本さんが通りがかり一緒にランチでしたが、なかなか楽しいランチでした。まみりんとは今晩も一緒にディナーの予定なので、また後でじっくり世間話ができそうで楽しみです(^^)









今日のグーグルロゴより ~ 村上隆氏のアート評論

今日のグーグルのロゴは、アメリカでも人気の日本のアーティスト、村上隆氏のアート作品。実は先日サンフランシスコでのミニバケーションで、彼の作品をギャラリーで見かけたのですが、高そうなスーツを着たギャラリーのおじさんも「アメリカでもかなり人気の日本人アーティスト」だと言っていました。
たまたま自分が日本人ということもあり、村上隆氏の作品の前でかなり捕まってしまっていた自分。個人的には特に好きなアートと言うわけでもなく(ちょいポップ過ぎて深みがない感じ=軽すぎる割にはごちゃごちゃしているアートというイメージ)、とっとと次の作品へ移動したかったのですが... 旅先では、ギャラリーめぐり(ひやかしオンリーですが)をしては、えらそーに「シャガールはいまいち好きじゃない」とか展示してある作品についてダンナとあれこれ感想を話し合ったりするせいで、余計にギャラリーの人達が寄って来て、あれこれ「どんな作品をお探しですか?」みたいなセールスモードにはまってしまう事も多々(^^;


村上隆氏の作品はアメリカや海外でよりウケそうな感じですが、日本にいる日本人にはあまり目新しい感じがしないのだろう(オリジナリティがないという批評もあるようですが)というのもわかる気がします。


サンフランシスコのギャラリーでは、村上氏の作品について褒めちぎるギャラリーのおじさんにちょっぴりうんざりしてしまった事もあり、「自分も年をとったからか、日本を離れて長いからか、”I don't get it.”‘(どこがいいのかいまいちわからんっすよ)」と最後はバッサリ斬ってダンナの手を引いて逃げてしまいました(笑)

2011年6月20日月曜日

バルサミコビネガーとバニラアイスクリーム

先日友人にもらった18年もののバルサミコビネガー(酢)をハーゲンダッツのバニラビーンアイスクリームと、同じくハーゲンダッツのラムレーズンアイスクリームにかけてみましたが、どちらも癖になりそうな美味しさでした。

最初はどの程度かければよいかわからなかったので、やや控えめにかけて食べてみたら、ソースのようにたっぷりかけて食べたい衝動にかられたので、二つ目のアイスクリームにはたっぷりかけて食べました。18年もののバルサミコビネガーは、コクがあって酸味もキツ過ぎず甘酸っぱい味がバニラアイスクリームにとってもよくあっていました(^o^)



いまいち喜べない臨時収入(とは言え腐っても臨時収入^^?)

ワシントン州はここ数年住宅の価値が下落しており、残っているローンの額が所有している住宅の価値よりも多いという、ネガティブ・エクイティ(Negative Equity)な状況に陥り、ローンの支払いが困難になり家を手放さなくてはならない人達がいまだかつてないほど増えているとのこと。ローンの支払いが滞り銀行所有になった家も数知れず、なのですが、逆に買い手にとってみれば今が一番いい時期とも言えます(もっと下がるという見方があり、底値になるまで買わない事を勧めているところもありますが、全般的にこれまで手が届かなかった家が今なら買えるというプラスの面もあります。)

そういった住宅価格の下落のおかげ(せい)で、この2年ほど旦那の持ち家(自宅)も自分の持ち家も一様に不動産価格が頭打ちな状況だったのですが、いつもは封筒を開けただけでそのままゴミ箱行きの毎月のローンの支払い明細をたまたまちゃんと見てみたら、5万円分ほどのチェックが同封されていました。税金の還付金と給料以外の所からお金が入ってくると、何か裏があるのではないか?と心配症な私はとりあえずダンナに一体これは何のお金なのか、換金した後何か面倒な事が起きたりしないのか?と同封の書類をチェックしてもらったところ、持ち家の価格が下がったおかげで、例年よりも払う額が減った分の差分なのだとか。

あまり喜ぶべきことではないのだとは思うものの、それを聞いて「ヨシッ(^^!」と思ってしまった自分です。5万円でも腐っても臨時収入はやはり庶民には嬉しいものなのでした。まだ買った時の値段よりは下がっていないものの、順調に値上がりしていた頃を思うとかなり下がっている感じ。さて、お昼休みのうちに換金しに行って来よう(^^)

ネガティブ・エクイティ(Negative Equity)
http://jp.advfn.com/Help/nagative-equity-1532.html

アバター展示会 ~ 撮影デモ(準備編)

2011年6月19日日曜日

「アバター」展示会@EMP シアトル

父の日の日曜日の午後。ダンナのリクエストもあってシアトルの EMP 内のサイエンスフィクションミュージアムで開催中の「アバター」展示会に行って来ました。EMP は会社の社員割引もどきが使えるのでかなりお得でした(^^) 


実は行く前にインターネットで展示会のレビューを読んでいたのですが、うちの社員と思われる人のレビューでは、割引価格だからまだよいけれど、通常の入場料を払ってまで見るべきか?と言うといまいち... と書いてあり、確かに今回のアバター展示会に限らず、EMP は広いんだか狭いんだかよくわからないフロアレイアウトになっていて、毎度やや物足りない感のある展示会をやっていると言う点では、レビューを投稿していた人に共感を覚えます。


アバター展示会で一番面白かったのは、映画のワンシーンを撮影するデモでした。Kinect ゲームのようにセンサーがボディーを感知して、腕を動かしたり、歩いたりする動作が、コンピューターグラフィックスで描かれたアバターのキャラクターの動作として録画されます。


ジャックに試させようと思ったら、案の定間際になって怖気づき並んでいた列から離脱してしまったジャック(まったく~もぉ~チキンなヤツ!)
ずっと並んで待っていたのにこのまま離脱だなんて~(そりゃないよ~)と思いダメ元で「子供の代わりにやってもいいかな?」と聞いたらオッケーだったので、ジャックの代わりに自分が挑戦した様子が以下のビデオです(↓)









仕事のストレス?

ここ数日仕事関係の夢を続けて見て、年度末でもあり知らず知らずのうちにこの一年の仕事関係のストレスが夢になっているのかな?と思いました。思えば過去12ヶ月の間に4回も上司がかわり、今の上司で5人目。コロコロ変わる上司と担当プロジェクトでなかなか腰を落ち着けてじっくり何かに取り組むという感じではない1年でしたが、違う事をやるというのはマンネリ化しない点ではよかったと言うべきなのかも?(と、前向きにとらえてみたり)
夢の中で仕事の面接を受けに行った時に、ダンナが保護者(?)としてついて来たり(笑)
つい最近まで30代だと思っていたのに、気がつけば自分達の世代がどんどん50代に近づいていて、社内外での世代交代もまぁ自然な事なのだろうと思っています。それにしても、50歳になっても10歳の子供を育てている自分の姿がちょっと想像できない~(^^;) アメリカは本当に高齢出産が多いですが、おばあちゃんみたいな人達が現役子育てなのはやっぱりかなり不思議な感じが... 世の中の女性のみなさん、子供は遅くとも35歳ぐらいまでに持つ方が体力的にも色々な面でも絶対におススメです。

今日は父の日(^^)

今日は父の日、ということで、「Breakfast in Bed」で朝食をベッドまで運びまったりと朝食タイム。ジャックからは父の日のカードと保育園で作った Best Dad ネックレス。
お義母さんが電話をかけてきてダンナとしばらく話していて、会話の雰囲気からダンナのお父さん(=お義母さんの最初のダンナさん)の話をしている様子だったので二人の会話を邪魔しないようにしていました。

ダンナのお父さんは生前ハワイの病院で医者をしていて、ダンナが3歳の時に交通事故に遭って30代という若さで亡くなっており、ダンナはまだ小さかったせいもあり、お父さんとの父の日の記憶もなくて、自分が父親になって色々と考える事がある模様。ダンナが子供に優しいいいお父さんなのは、そういう父親を亡くした経験からきているのだろうと思っています。



Happy Father's Day!

18年もののバルサミコビネガー

カリフォルニアとワシントン州を行き来している近所に住む友人 Yumiko さんから、サンフランシスコ土産ということで(自分達も先週はサンフランシスコにいたものの、お土産をもらってしまいました ^^;)18年もののバルサミコ酢(ビネガー)とバジルのオイルをいただきました。食べ物とワイン通な Yumiko さんの話では、18年もののバルサミコビネガーは結構珍しいのだとか(希少価値アリらしい)イチゴにかけて食べてもよいぐらい美味しいバルサミコとの事で、楽しみです。(バニラアイスクリームにかけても美味しそう!)

2011年6月18日土曜日

土曜日恒例、スポーツクラブ通い

毎週土曜日は Family Fun Night (ファミリーファンナイト)で、ジャックを連れてスポーツクラブでファミリーディナー+スポーツでした。夕方から9時頃までたっぷり運動すると、健康にもよい上、いつも夜遅くまで起きていてなかなか寝ないジャックも疲れてすぐに寝てくれるので一石二鳥。ダンナと私は1時間ほどバドミントンをしていましたが、隣のコートの中国人4人組がかなり本格的な試合をやっていて、思わず観戦モード。

独身時代ほど利用していないものの、雨の多いシアトルでも家族揃って運動できる場所があるのは非常に便利です。(写真はラケットボールのコートで追いかけっこをしているダンナとジャック)

バースデーパーティー

今日は朝一からジャックの友達、フランキー君のバースデーパーティーでした。朝からあいにくの雨で、パーティー前半のプレイタイムに少々出遅れてしまったものの、フランキー君やクラスメート達と週末にも遊べて嬉しそうなジャック。


ダンナは今日は「父の日」の週末だからと家でのんびり寝ていました(ズルイぞ~)


4歳から5歳の子供達がほとんどでしたが、既に5歳になっているクラスメートの何人かは上のクラスに行ってしまうので、こうやってチビッ子が集まって遊べるのもいまのうちなのかな?と思います。
5歳の子供達はかなりしっかりしていて、どんどん大人になって行ってしまうのね~という感じです。子供の成長は本当に早いです!

太陽熱発電とグーグル ~ Google Green

グーグルが太陽熱発電のベンチャー企業への投資を最初に発表したのが2008年。日本の福島原発の煽りもあって、世界的にクリーンエネルギーへの感心が高まる中、米グーグルが太陽熱発電を一般家庭やビジネス用のビルに導入する会社へ多額 ($280 ミリオン)の投資を発表。10年後には案外グーグルは大手電力会社になっているかもしれない? 検索エンジンからスタートした頃には想像もしなかったエリアへの投資ですが、日本のソフトバンクも含め、クリーンエネルギーへの投資企業が増える事によってより安全な代替エネルギーへの道が広がる事は良いことだと思います。

ところでソーラーパワーと言えば、うちの実家(九州)でも長年使っています。自分が子供だった頃から屋根の上にはソーラーパネルがあり、お風呂のお湯は屋根の上で沸かしていると言っても過言ではないほど熱いお湯がシャワーから出てきたのを覚えています。雨と曇りの日が多いシアトルではあまり流行っていないソーラーパワーですが、さらに高い光電変換効率を持つモジュールの開発とコストダウンが進めば将来的にはシアトルでもソーラーパネルを屋根に乗せた家が増えそうな気がします。


http://www.google.com/green/

卒業式 ~ Class of 2011

アメリカの学校のシステムでは6月が卒業式の月で9月が新学期の始まる月なのですが、うちの保育園+幼稚園でも今日が卒業式の日でした。いまいちアメリカの教育システムが理解しきれていないこともあり、保育園から、今日は白いシャツとジーンズを着せてください、というメモをもらっていたものの、ジャックも卒業するのかな(一体何から卒業するんだか^^?)と思っていたら... PreKindergarten (PreK) クラス A の修了証書をもらっていました。誕生日のタイミングもあって同じクラスの子が全員修了証書をもらうわけではなく、ちょっと意外でした。
卒業生の親は一様に感動の面持ちで子供達のビデオや写真を撮りまくっていましたが、来年は自分もダンナも感慨深い思いでジャックの卒園式に来るのだろうなぁと思いました。





青いガウンと角帽に身を包んだ卒園する子供達。卒業式の最後に帽子を投げて、おぉ~アメリカっぽい!






ジャックがもらった、Diploma(ディプロマ=修了証書)
これがジャックの最終学歴だったらヤバイよね、とダンナと笑いつつも、かわいいディプロマにニッコリでした。

2011年6月16日木曜日

Facebook と ママ友

最近 Facebook にログインすると、携帯の番号を「Keep your account safe」という名の元に聞いてくるのですが、Facebook 自体がいまいち信用できないので、自分の携帯の番号を登録する勇気が持てずとりあえずメッセージを無視し続けています。

日本ではフジテレビで、ママ友のドロドロ劇を描いたドラマを放映中らしいですが、幼稚園から"お受験"に備えるような環境だと、親同士も内心メラメラと競争心に火花を散らすものなのだろうなぁと思うと、ドラマになるような事は現実の世界でも日常的に起きていることなのだろうと想像していますが、実際のところはどうなのか、ちょい興味もあるママ友の世界。

ジャックが生まれて以来、6ヶ月の産休期間以外は仕事に追われる生活で、基本的に「ママ友とお茶」なんぞする時間もなく、ジャックのクラスメートの親達とはバースデーパーティーや保育園でのイベントでの交流程度ではあるものの、さすがに生後6ヶ月から4年近く一緒に顔を合わせてきた子供達やその両親達とは、いい感じのおつきあいが続いています。

アメリカの育児の本に、気に入ったお母さんと電話番号を交換し合う方法など、ママ友作りの手法を紹介していたのを斜め読みした記憶がありますが、面倒くさがりでアメリカでは外国人な自分なので自分から積極的にママ友作りをしたことはないのですが、最近ではほとんどのお母さん達は Facebook のアカウントを持っているおかげで、週末の映画のお誘いなども電話やメールではなく Facebook を通じて連絡が来るあたりにイマドキのお母さん達のネットワーク力を感じます。 そして Facebook をいまいち信用していないと言いつつも、結局 Facebook を日々使っているところに、Facebook のすごさがあるのだろうなぁ、と思います。(でもやっぱり信用できない Facebook だったりします)

FSA ~ 結局は自分のお金には違いないものの臨時収入にニンマリ

アメリカで暮らし始めてから、独身の頃にはまったくその存在も知らなかった FSA=Flexible Spending Account という仕組みをここ数年利用しています。節税対策にもなりお得なこのシステムは、病気がちで医療費が毎年たくさんかかる人や、医療費のかかるお年寄りなどが扶養家族にいる場合や、子供などの扶養家族がいる人達には毎年必ずサインアップするべし!なシステム。

うちの会社に限らずアメリカ国内の色々な会社でベネフィットの一部として利用可能なシステムです。私自身は(これまでのところ)健康には問題がなく、医療用の FSA を使う必要がないので、子供用(Depnedent Care=育児支援)の FSA のみを利用しています。育児用の FSA の上限は $5,000 (約50万円)。共働きの夫婦の場合、どちらか一方の勤め先の FSA を利用する場合には、Max の $5,000 まで。両方の会社の FSA を利用する場合には、一人ずつの上限が $2,500 までと、一家での合計が $5,000 を超えない事が条件になっています。

一時期ダンナと $2,500 ずつ FSA をそれぞれの会社で利用していたのですが、分けるメリットを感じなかったので、結局うちの会社の FSA を利用。FSA のルールは「Use it or Lose it」=使い切れなかった分はなくなる、というものなのですが、子供の保育園に年間で 120万円ほど払っているので FSA の上限の 50万円は軽くクリア。今年の1月から保育園に支払った額が $5,000 を超えたら、いつでも FSA の支払いフォームを送る事ができ、そのフォームを送って数日ほどで銀行口座に $5,000 が振り込まれるというしくみです。

毎回 FSA のお金が入るたびに天から降って沸いたようなお金に思えるのですが、結局は自分の給料の一部(天引きされている部分)をもらっているだけにすぎないのに、やはり臨時収入にニンマリしてしまう自分です。ちょうど日本行きの旅費で大きな支出が待っている時期なのでグッドタイミングでした(^^)

FSAのしくみ
http://en.wikipedia.org/wiki/Flexible_spending_account#Advantages_and_disadvantages_of_all_FSAs

2011年6月15日水曜日

又一麺 (YOE'S NOODLE) 会社の近くのラーメン屋さん

今日は同僚に誘われて会社の近くのラーメン屋さん YOE'S NOODLE というお店に行って来ましたが、ここはなかなかのヒットでした。元々はブラックアンガス(ステーキ屋さん)があった場所で、ブラックアンガスが不況で閉店した後、4つぐらいのレストランが開店していたことに今日まで気づかずにいました。

ラーメンを食べに行くけど?と言われ、とりあえず着いて行ってみて正解でした(^^)
鳥のから揚げラーメン、とかトンカツラーメンなるものがメニューにあり、ラーメンに浮かんでいるのだろうと思ったら、ラーメンと餃子、のようにちゃんと別々のお皿に出てきて、お味もかなり日本っぽくて気に入りました。

スペシャルに「長崎ちゃんぽん」と書いてあったので、私と長崎出身の同僚の二人はこの長崎ちゃんぽんを試しましたが、スープや麺がラーメン(ちゃんぽんの麺じゃない)という点を除けば、野菜や魚介類が乗った美味しいヌードルと言えると思います。でもリンガーハット長崎ちゃんぽんの方が美味しい気がするけれど...

ベルビューの東京ラーメンよりもこちらの方が個人的にはおススメかな。

http://www.yelp.com/biz/yoes-noodles-bellevue

2011年6月14日火曜日

サンフランシスコで過ごす週末 その6

サンフランシスコは見るところも食べるところも買い物をするところもたくさんあって、どこか新宿勤務時代を彷彿させるものがありました。ダンナとダウンタウンをぶらぶらしながら、子供が大きくなって二人だけの生活になったら、サンフランシスコとかニューヨークとか、都市に住むのも 悪くないかもね、という話をしていましたが、仕事さえあればいつでもカリフォルニアに移住してもいいかな、とかなり真剣に思いました。


チャイナタウンで、お茶の無料試飲サービスを提供しているところがたくさんあったのですが今回は時間がなくてお茶屋さんには寄れず残念でした。次回は美味しいお茶の葉を買って帰りたいものです。






ホテルから歩いて3分ほどの所にチャイナタウンの入り口がありました。











チャイナタウンの入り口の向かい側のカフェ


サンフランシスコの街中で大きな教会をいくつか見かけましたが、どれも建物の形が素晴らしく無宗教(強いて言えば神道?)な自分でも教会の中を見てみたい衝動にかられました。




観光名所のピア 39 には Sea Lion (アシカ)の家族が昼寝中で、たくさんの観光客がその様子を見物していました。








ピア 39 には、レストランやお土産屋さんがたくさん入っていて、どことなくディズニーランドに似た雰囲気。






サンフランシスコ市内で見かけた路面電車。このレトロでポップな感じが観光地にいい味を添えていました(^^)

サンフランシスコで過ごす週末 その5

天気がよくて、2時間ぐらいのんびり観光したい!という人におススメなのが、水陸両用車で行くダックツアー。シアトルのダックツアーに昨年参加してとても楽しかった思い出があり、サンフランシスコでも試してみようということで行って来ましたが、予想以上に楽しいツアーでこれもおススメです!うちのツアーのドライバーの Captain VAN (ヴァン船長)はとても面白くて、あとでチェックしたらこれまでの乗客達からもかなりよいレビューをもらっていました。水に入ってから子供達にダックの運転をさせてくれていたのですが、ダンナがやたらと背中を押してくれたおかげで、なぜか私も運転席でハンドルを握ることに(^^;;

ダックツアーから見たベイブリッジ







水に入ってから、目指すは AT&T パーク(野球場)








ダックを運転している自分(手だけですが、記念撮影^^;)




ダックを運転する私の写真を撮る Captain VAN の写真を撮っているダンナ


San Francisco Duck Tour
http://sanfrancisco.ridetheducks.com/