2011年4月30日土曜日

おつかい: Gruyere Cheese を買いに...

週末なのでダンナがランチを作ってくれたのですが、材料のうちチーズが足りないとのことで、おつかいに行ってきたのですが、情けないことに、買って来るように言われたチーズの名前がちゃんと発音できないっすよ、Gruyere Cheese って(^^;;

近くのお店のチーズコーナーに行ったら、チーズの実演販売をしていたおじさんが「何を探しているの?」とタイミングよく聞いてくれたので、「ダンナに買って来いと言われて、スイスチーズの一種で、Gで始まるチーズを探しているのですが...」と言うと、「あぁ、Gruyere Cheese ね、それはこっちの棚にあるよ」と Gruyere Cheese を無事発見。何年アメリカにいてもなかなか発音できない文字の組み合わせがあるのですが、Gru, Glue, と G の後ろが r や l のものは未だにまったくちゃんと言えない自分です。カタカナではグリュイエールチーズと表記してありますが、英語の発音はぐるりゃ~だか、ぐりゅりぃや~?のように聞こえます(が、自分では言えない)

ウィキペディアより...
グリュイエールチーズ(Gruyère)

グリュイエールチーズ(Gruyère)はスイス・グリュイエール地方原産のチーズ。チーズフォンデュやラクレットによく使われる他、フランス料理ではエメンタールチーズと並びグラタンやキッシュ、クロックムッシュ、オニオングラタンスープなど主に調理用によく用いられる。牛の生乳を熱して原料とし、黄色からオレンジ色の外皮に包まれた、やや舌に結晶を感じる密に詰まったチーズで、塊の大きさは直径55cm~65cm、高さ9.5cm~12cm、重さは25kg~40kgである。内部に穴は空いていない。フランス語では伝統的に硬質チーズをグリュイエールと呼び習わしていたが、2001年にはスイス、2007年にはフランスでAOCの指定を受け、今ではグリュイエールの呼び名はスイス産のものに限られている。

4月が終わってしまう事への罪悪感と「断捨離」

なんと!4月も今日で終わりです。4月のレポートをまだ出していないことから、4月が終わってしまう事への罪悪感でいっぱい(><)つい先日他の人が出したQ3(第三四半期)のレポートを見かけたのですが、それもおもいっきりQ4に食い込んでいるから、今日中に出せばまだ許してもらえる範囲かもしれない...という気もしないでもないですが、何にしろ、今日はレポートを出さなくては!!


昨年の4月はちょうど、Visual Studio 2010 のリリースがあった時期で(リリースする頃にはほぼすべての作業は終わっていて)毎日平穏な日々を過ごしていました。その後、部門内での人員削減の噂(単なる噂でもなかったのですが)に半年ぐらい振り回され(その間はみんな半分職探しモードの日々)、たまたま大きなリリースの後だったこともあり、今振り返ってみると、近年稀に見るの~んびりモードな一年でした。そして昨年の秋になってようやく次の担当プロジェクトがはっきりして、そこから徐々に忙しくなってきましたが、例年の忙しさに比べれば、10分の1ぐらいの忙しさ。


忙しくなる前にやっておきたいのは、家の中の大掃除と大々的な断捨離。以前ブログに「断捨離」について書いたのですが(3月の「断捨離」のブログ)、とにかく要らないものをどんどん捨てて、家の中をすっきりさせて、今ある収納だけでモノが収まるようにするのが目標。
埃をかぶった雑誌数年分(ダンナが定期購読しているもの)から、過去5年間一度も使わなかったもので今後も使う予定がないもの、をどんどん、ガンガン捨てるか寄付する予定です。これは会社の自分のオフィスについても同様で、ここ数年ずっとキープしていた書類やら、細々したものを5月中にきれいさっぱり片付けるのが目標です。


子供の玩具に関しては... 一部「断捨離」対象外。
子供の成長過程で、極端に選択肢が少ない状況や、極端に選択肢が多い状態というのを作らないように心がけています。親が極端に少ない玩具しか子供に与えない家の子供や、一部屋全部が玩具で埋まっているような家の子供の両方の例を見て思ったのは、可能であれば適度な選択肢がある状況が子供の発達にもよさそうだということです。異なる色や形のものや、異なる触感のもの。基本的には赤ちゃんの時に子供の脳の発達によいものを与えるのと同じことだと思っています。


今の子供達は、保育園児ですらコンピューターを使って絵を描いたりして遊び、家でも iPhone アプリや iPad に Kinect で遊んだりしていますが、それでもブロックで遊んだり、ぬいぐるみ達とバーチャルな会話を楽しんだり、ミニカーを何十台も床の上に並べてみたり、シャボン玉を作ったり、絵を描いたり、ぬり絵をしたり、自分達が子供の頃に楽しんだ遊びもやっていて、今の子供達の方が常に何かをしている、という点では忙しい子供達なのかもしれないという気がします。(その分親も忙しいというべきなのかも?)

「痛いニュース(ノ∀`)」

ホリエモンの実刑判決のニュースを見かけたあと、そう言えばライブドアってどーなったんだっけ?と思って久々にライブドアのサイトに行ってみたら、意外と健在でびっくり。ついでに、2ちゃんねるも、他のソーシャルネットワークサービスやブログサービスに押されてかなりアクセスが減っているのではないかな?と思っていたところで、この痛いニュース(ノ∀`)」を発見。どちらも意外と健在っぽい。


「痛いニュース(ノ∀`)」は読んでみると結構面白いニュースを拾っていて、自分の時々巡回リストに加えました。上野にできた「お一人様焼肉店」。見た感じは地味だけれど、一人でもふらっと焼肉を焼いて食べたい、という人のニーズには合っていそう。


「痛いニュース(ノ∀`)」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/

母の日のギフトアイデア(考え中)

お義母さんが「昨年の母の日のプレゼントを超えるものはちょっと難しいかもね」と言うぐらい、昨年のプレゼントを気に入ってくれているお義母さん。去年は、母の日の時期にカリフォルニアへ家族で旅行に行っていて、お義母さんに母の日のプレゼントを渡したのは実は母の日が過ぎてしまった後、ということもあり、その言い訳にピッタリのプレゼントを作って渡したのがこの写真。ニセモノの雑誌のカバーページを作れるサイトで「Best Granny」(ニセモノのおばあちゃんマガジン)のカバーページを作り、1枚は透明の写真盾に入れ、もう一枚はホンモノの雑誌の表紙にきれいに貼り付けてあたかもホンモノの雑誌のようにしてプレゼント。


最近では 3D バージョンのニセモノカバーページを作れるサイトもあってなかなか楽しめました。基本は、写真をアップロードして、好きな雑誌のデザインを選んで出来上がり。ちゃんと値段用のニセモノバーコード情報もついていて、とってもホンモノっぽい仕上がりです(^^)
左は昨年登山に行った時の写真を使って作ったマガジンカバーの例です。


色々なサイトがありますが、その中で私が試してみたのはこちらのサイトです。興味のある方は http://fakeazine.com/ で試してみてください。結構ハマリます(^^)

2011年4月29日金曜日

iPad 2 到着 ~ 最初のアプリは Angry Birds

結局オンラインで注文した iPad 2 がようやくうちにも到着(^^)
ジャックが真っ先に遊びたがり、結局最初のアプリは、Angry Birds。
早く触って遊びたい~

ロイヤルウェディング(^^)

朝から英国のロイヤルウェディングセレモニーを見ていましたが、見ている方も目尻が下がりっぱなしでした。ケイトさんが着ていたウェディングドレスもエレガントでとても素敵で、ちょい若ハゲ気味のウィリアム王子もとっても幸せそうで、彼らの結婚式を見ながらこちらも幸せな気分になりました。英国王室で幸せな家庭が長く続きますように!

...というか、仕事に行かねば... >自分

2011年4月28日木曜日

ラジオの時間 ~ 母の日近し...

独身の頃は会社の目の前に住んでいたので、通勤時間2分とか、そんなものだったので通勤途中に音楽すら聴いていなかったのですが、結婚後ダンナの家に住むようになり、毎朝、毎夕各15分ぐらいラジオ番組を聴くのがここ数年の日課になっています。

最近聴いた放送の中で、母の日に関連した話題でアメリカの未婚の母の話が流れていたのですが、アメリカでは片親だけの家庭(シングルペアレント)が25%(離婚、未婚の母含め)とのこと。これはアメリカで子供を持つ親の4人に1人が片親だけという数字。この国の高い離婚率を見れば頷ける数値かな、と思うのですが、そのラジオ放送の中では、他の先進国のシングルペアレントの率の平均が15%に比べるとかなり高いこと、さらに、他の先進国と比べると、片親で子育てをしている親が、新たなパートナーを見つける率(再婚率)が他の国よりも高いという点がアメリカの特徴だと言っていました。

アメリカでの離婚率は、初婚での離婚率が約40%(半分弱の結婚が失敗に終わる)、二度目の結婚の離婚率(再婚後に離婚)が60%、三度目の正直の三回目の結婚の離婚率が73%とのこと。自分もしょっちゅうダンナに切れまくっているので、いつこの数字の一部を担う人になってもおかしくないよな~(^^;と思うのですが、今のところは「子は鎹(かすがい)」を地で行っている感じです。

ラジオ放送のしめくくりの中では、片親だけの家族にに対する行政や地域のサポートがほとんどないのが実情で、結果として片親だけの家庭の多くが生活面や経済面で苦しい状況に置かれていると言っていました。二親が揃っていても大変なので、大変さはよくわかるような気がします。

今年の母の日はカナダのお義母さん宅で過ごす予定で、プレゼントを何にしようかとあれこれウィンドーショッピング中。実家の母親へは、毎年オンラインで注文できる母の日ギフトセットを既に注文済み。お義母さんは、糖尿なので甘いモノ(シュガーレスなら可)もダメだし、花束も嫌い(ナゼ?)という人で、ギフト選びがなかなか難しい人なのでした。自分だったら、花束とカードで十分幸せなのになぁ~(難しいです)

South Park New Episode - HUMANCENTiPAD

サウスパークの新しいエピソードが昨日から始まりましたが、昨晩のエピソードは Apple の iPad を題材にした話で、相変わらずとってもナンセンスな内容も含まれているものの、今回もポイントは突いているなぁと思いながら見ました。

特に Genius (Apple ストア内にあるヘルプデスク=Genius Bar のスタッフ)の描き方が上手い!と思いました(笑) サポート系の仕事というと、どちらかというと縁の下の力持ちというか、割と地味な存在というか、ひっきりなしにやってくる(あるいはかかってくる電話)お客様(しかもみんなトラブルを抱えていて、怒っていたり)の対応に追われる仕事というイメージがあるのですが、Apple の Genius Bar には一種のカリスマ性がある(本当にその名にふさわしく Genius=天才 揃いなのかどうかは別としても)と、毎回壊れた iPhone を持って行くたびに感じます(笑)アニメの中でもスタンとその友人達とカイルの父親が Genius Bar へ行く場面でそのカリスマ性やら、ギークぶりをうまく表現していて楽しめました。

興味のある方は、サウスパークオフィシャルサイトをご覧ください:
http://www.southparkstudios.com/

余談ですが、サウスパークというと、Fワード等子供の教育上にはよくない言葉や、スラングがたくさん出てきて、ほとんどの(良識ある)親達はサウスパークを見ないと思うのですが、サウスパークを見るようになってもう6年ぐらいなのですが、自分にとってサウスパークは、誰も教えてくれなかったアメリカ事情や、誰も教えてくれないような英語を学べる非常に貴重な教材番組でもあります。しかも必ずと言っていいほど、時事問題やホットな話題をアニメにしてくれるおかげで、そんな事があったんだ、とか、そんな人がいたんだ、と色々と勉強になりました。もちろんかなりパロディが入っているので、内容をそのまま鵜呑みにすると、一方から見た見解に偏ってしまうことがあるので注意ですが、それでもサウスパークの製作メンバーはかなりいいポイントを突いていると思います。

2011年4月27日水曜日

次期大統領選に向けて ~ オバマ大統領の出生証明書

次の大統領選挙に向けて、次期大統領候補者や再選を狙うオバマ現大統領との間で、既に火花が飛び交い始めているようですが、オバマ大統領の出生証明書のニュースが今日一番の目玉ニュースでした。アメリカの大統領になる資格として、アメリカの領土で生まれていなければならない、という条件が合衆国憲法にあるそうです。これによるとアメリカ人との間に生まれた外国生まれの人は大統領になれないのです。(自由の国アメリカなのに、これはなんとも意外でした。)

2008年にオバマ氏が大統領候補になった際も、さんざん、実はアメリカ生まれではなく、アフリカで生まれたのでは?等さんざんもめて、ハワイ出身ということに収まっていたのですが、今回もまたオバマ大統領アメリカ生まれじゃない説が再燃し、結局今回オバマ氏は初めて出生証明書を一般公開し、このアメリカ生まれじゃないんじゃないの説を否定したのでした。

出生証明問題は別にしても、もしかすると二期当選しない可能性もありそうなオバマ氏。歴史上初の黒人アメリカ人大統領に当選し、それなりに頑張ってはいるものの、当選当時に比べるとやはりそんなに熱狂的な支持を得ているという感じではないオバマ氏ですが、今後の選挙戦の行方が気になります。

http://www.foxnews.com/interactive/politics/2011/04/27/obamas-birth-certificate/

4 歳児に見るアメリカ Pop 事情 ~ Katy Perry Firework

最近ジャックが聞き覚えのある歌を口ずさんでいて、なんだっけな?その曲と思っていたら、テレビでその曲が流れていた時に 「Katy Perry!」 とジャックが歌手の名前を言ったおかげで、あぁ~ Katy Perry の Firework だ!と思い出しました。

4歳というと保育園で童謡でも歌っているのかと思ったら、クラスメートの女の子が Firework を歌っていて教えてくれたのだとか。女の子の方が発達が早いとは聞いていたものの、こうやって8歳ぐらいまでにアメリカのアイドル歌手のファンになりコンサートに行くようになるのかな、と(もちろん子供だけで行けるわけがなく、親がチケットを押さえコンサートに連れて行くのですが^^;)

最近では仲良しの友達(男の子)も Firework が歌えるようになったらしく、ジャックも俄然はりきって家の中で口ずさんでいるので、練習用にと iPod で Firework をかけると何度も何度も聞いていました。ジャックはところどころ聞き取れる英語の歌詞を拾って歌い、残りの聞き取れない部分は、ロボットの名前やら何か歌とは全然関係ない歌詞で楽しそうに歌っていました。
自分も歌えないと教えてあげられないな~と思うものの、耳だけで全部聞き取るのはやはり(10年以上アメリカに住んでいても)無理なので、インターネットで歌詞を検索。

以前 Mixiのマイミクさんで、シアトル在住の Alex さんが Katy Perry の Firework のミュージックビデオについて書いていたのを思い出し、初めて最初から最後まで見ました。それまでは特に彼女のファンというわけでもなく、サビの部分のビデオがちょっと流れるのを見た程度だったのですが、確かに見ているとジーンと感動するシーンがありました。Alex さんのブログにビデオへのリンクがあるので興味のある方は下のリンクをご覧ください。

2歳の頃は、私が車の中でかける曲(例えば、ジョン=メイヤーの "Say" やら、ヒップホップグループの The Black Eyed Peas の "I Gotta Feeling" を一緒に口ずさむ感じでしたが、4歳ぐらいから大人と同じ音楽に興味を持ちはじめるんだなぁと思いました。そのうち、「あら?その曲何?」「え?そんなことも知らないの?xxxだよ!」という会話が始まり、親が好きな音楽=古い音楽、子供が好きな音楽=新しくてカッコイイ、という概念が芽生えるのかも?去年あたりからジャスティン=ビーバーの曲をチェックしたりもしていますが、子供達の音楽やポップカルチャーについて学ばなくてはいけない時期に自分もさしかかってきているのかもしれないと思いました。

Alexさんのブログより:
http://alexsea.exblog.jp/12691358/

2011年4月26日火曜日

送別ランチ ~ 晴れ女

今日は会社の近くにあるレストランで、うちの上司の送別ランチをしました。自分が幹事だったので、途中でお花を買い一足先にレストランへ行って予約通り席が確保してあるかどうかをチェック。結果的には予約した人数よりも多い人数の参加者で、急遽テーブルを付け足しましたが、ウィンドウズチームへ行ってしまった昔の上司やら、オフィスチームに移った元同僚やら、去年までうちの上司の部下だった人達等々チーム内外の人達が来てくれて、うちの上司も参加者もみんな楽しいランチタイムを過ごせた模様。ホントにいい人だったので、見送るのがちょっと寂しいですが、去る側の本人は 5 月から気分一新、新しいチームでの仕事にワクワクしているようでした。

久々に顔を合わせる人や、普段一緒に仕事をしてもランチに行くこともないメンバーとのランチもなかなか新鮮で楽しかったです(^^)

昨日は寒かった上に雨天で、今日もあんな天気だったら嫌だなぁ、と思っていたら、気温は低いながらも雨も降らずに後半は青空も広がる良い天気に(^^) 自称「強力晴れ女」で旅行やら登山やらアウトドアのイベントのある日には必ずと言っていいほど晴れの日に当たる自分。これも一重に日頃の行いがよいせいに違いない(笑)と、勝手に思い込んでいますが、日頃の行い云々は置いておいても「晴れ女」は存在する!と信じている自分です。

61 ヶ月アニバーサリー

今日は毎月恒例のアニバーサリー。忙しかったのでとりあえず忘れないうちにカードだけ渡しておこうと思い、ジャックにもこっそり手伝ってもらいました。ジャックは私が描いた「ターゲリアー」(=アリゲーター)の絵がとても気に入った模様。ダンナもメッセージの「Don't make me mad」(私を怒らせないでよね)は別としてもジャックと私の描いた絵がかわいいと言って気に入ってくれた模様。今月のちょっとしたプレゼントは何にしようか、まだ
決めていなかったので、今晩は近くのレストランにアニバーサリーディナーにでも行こうかな?それにしても、今日は真冬のような寒さです(ブルブル)

p.s. 自分が描いた絵の何かが変だと思っていたのですが、尻尾が異様に短いのが変な原因だったのか...と今気づきました(^^;

ターゲリアーのブログ
http://underfifty.blogspot.com/2011/04/blog-post_12.html

60ヶ月アニバーサリーのブログ
http://underfifty.blogspot.com/2011/03/60-bumble-bee.html

集団訴訟 ~ 和解金

何かにつけて裁判に持ち込むのが好きなアメリカ人。特に自分が訴訟を起こしたわけでも、何かの反対運動に参加したわけでもないのですが、この10年余りのうち、集団訴訟 (Class action lawsuit) の和解金 (Settlement) のお知らせなるものを数回もらっている自分。

今回もらった通知によると、2005年10月13日から2010年3月31日の間に Enfamil (エンファミル=乳児用の(粉または缶入り)ミルクを購入した人が和解(金)の対象とのこと。エンファミルは、他のメーカーよりもやや値段が高めなものの、一番信頼できるブランドというイメージと、乳児の栄養バランスを最も考慮した粉(または液体)ミルクのイメージがあり、うちもジャックが生まれた2007年からエンファミルを購入していました。集団訴訟の内容をみると、エンファミル以外にも乳児の発育に良いとされる DHA や ARA が含まれる粉ミルクが売られていたのに、あたかもエンファミルだけがそれらの成分を含んだ粉ミルクのような宣伝をしたことによる集団訴訟でした。消費者にしてみると、安くて同様の成分のある粉ミルクを買えばよかったわ!ど~してくれるのよ?といったところでしょうか?

日本でよく「xxxは当社だけ」みたいな広告を見かけますが、アメリカだったらそういう広告を出している会社は集団訴訟のいいカモになりそうな気がします。

子供も既に4歳で、粉ミルクからはとっくの昔に卒業しているのですが、訴訟でカバーされる期間に粉ミルクを買っていたので、通知書に従ってオンラインで和解金をもらう手続きをする予定。
今回の和解金は、エンファミルの粉ミルク 2 缶または、最高12ドルまでの現金とのこと(^^;
もうミルクは不要なのでとりあえず現金でいただく予定です。

これまでにアメリカでもらった集団訴訟金で一番大きかったのが、マイクロソフト vs. マイクロソフトの契約社員の集団訴訟。この裁判のおかげで、マイクロソフトの契約社員に対するルールが大きく変わることになったのですが、集団訴訟でカバーされていた期間が、ちょうど日本のマイクロソフトを辞めてしばらく契約社員として日本とアメリカで働いていた時期と重なっていたため、確か自分ですら80万円ぐらいもらった記憶があります。それでも和解金としては全然少ない方のグループで、最高額を貰った人達はおそらく年収分かそれ以上貰ったのではないかな?と思います。当時、こんな裁判が起き得る事と、契約社員側が勝訴した所がなんともアメリカらしいなぁと思ったものでした。

小さめの集団訴訟では、旅行会社の Expedia (和解金数十ドル)やクレジットカード会社(200ドルぐらいだったかな?)が記憶に残っています。支払いはデフォルトで自動的に小切手(チェック)を送ってくる場合や、指定の期日までに電話で返答または返信、Web フォームの送信を要するものもありますが、額が小さい時には面倒くさくて何もせずに放っておくこともありました。今回は Web フォームか電話で連絡するようにとのことでした。

2011年4月25日月曜日

警戒区域内の家畜殺処分について

福島第一原発周辺の警戒区域内にいる飢えで死にそうな家畜や動物の殺処分を、県の家畜保健衛生所によって開始されるというニュースを見ました。初日は殺処分は行わずに、既に死んでいる牛の衛生処理作業のみを行ったとのこと。
http://www.47news.jp/news/2011/04/post_20110425214345.html

ほんの2ヶ月前までは平和に暮らしていた家畜やペットがなぜ命を人の手によって絶たれなければいけないのか、飼い主のみなさんは憤りを感じていると思います。動物愛護団体の人達も一匹でも多くの動物を助けようと被曝の危険をも顧みず被災地へ足を運ばれていたと思います。


被災者ですら避難所での不便な生活を強いられている中、非常時には、救える命もあれば、救えない命もある... 殺処分を実行する人達は、好きで何千もの動物の命を絶とうとしているのではなく、保健衛生上の観点から実施しているものと信じます。警戒区域内に餓死した動物達の死体が放置されたまま、地域全体が腐敗臭に覆われ、死体を食べた鳥やねずみや、あるいは死体に群がるハエや蚊がどんな病原菌を持って警戒区域の外へ出ないとも限らず、県の保健衛生所の判断を私は支持したいと思う一人です。今後殺処分で命を絶たれるすべての動物が、できるだけ苦しまずに逝けますように...



毎日新聞の家畜殺処分のニュース


殺処分のために入るのは南相馬市の小高地区。昨年10月時点で牛887頭、馬80頭、豚約6200頭、鶏約26万羽が飼育されている。県は所有者の同意を得て、死にそうな家畜に限り殺処分する。



アメリカで活躍する日本人女性パイロット(カッコい~)

しばらく足が遠のいていたシアトルローカルの情報サイトを久々に覗いてみたら、超カッコいい日本人女性パイロットの記事を見つけていっきに読みました。

愛知県出身の青木美和さんという方で、子供の頃からの「パイロットになりたい」という夢をアメリカで実現させ、現在ホライゾン航空のパイロットとして活躍中の女性です。(その筋では有名な方のようですが私はこの記事を見るまで全然知りませんでした。)

うちの旦那もパイロットになりたかった、とよく言っていて、今でも小型飛行機の免許を取ってシアトルからカリフォルニアまで自家用機で飛ぶのが夢だと言い続けています(私は、旦那はデブだからきっと燃料費が高くつくに違いない、といつもいぢめています^^;)

ヘリコプターの免許や小型飛行機の免許は(お金と時間さえあれば)シアトル近郊でも取れますが、ジェット機のパイロットになった青木さんの記事を読むと、あぁ、この子はすごいなぁ!と感動しました。子供の頃になりたかった職業に就ける人はほんの一握りのラッキーな人達だと思うのですが、夢をあきらめない元気な日本人(しかも美人(^^)の姿を見ると、他人事ながら嬉しい気持ちになりますね。

http://www.junglecity.com/hottalk/016.htm (シアトルローカル、ジャングルシティ Web site)
http://soysource.net/zcqpcbga-p874-286.htm (シアトルローカル紙 ソイソース Web site)

Central Washington University (略称 CWU)
Department of Aviation Web site (航空学科の Web サイト)
http://www.cwu.edu/~aviation/

10年もののクレアラシル(肌色タイプ)

季節の変わり目だからか、また上司がいなくなってしまうから密かにストレスを感じているからか、更年期による肌荒れなのか、または単に顔の洗い方が手抜きになったからか、最近ポツポツと吹き出物が顔にあらわれ、久々に10年もののクレアラシル(肌色タイプ)=日本から持って来て以来使い切ることなく残っていたもの、を使用中。10年経った今でもまだ薬としての効果はあるようで重宝しています(^^)

アメリカにもアメリカ製のクレアラシルがあるのですが、10年ぐらい前にアメリカ製のものを使ったら顔全体が赤く腫れてしまうという一種のアレルギー反応?のような状況になってしまい、それ以来クレアラシルだけは日本のものを使っています。
若い頃から割とトラブル知らずのお肌だったのですが、なんか最近Tゾーンがテカってたり、吹き出物がでできたり、春だからか年だからか、寝る前にクレアラシルを塗って寝る日々。

古着回収日 ~ Used Clothing Donation Drive

今日は古着の回収トラックがやってくる日で、うちもジャックが着なくなった子供服や、体型が変わって着られなくなった服を寄付しました。ものによっては新品同様でかなりよいコンディションなので、貰った人が少しでも喜んで着てくれればと思います。


ちなみに、この手の衣類、物品の寄付は毎年確定申告の際に寄付した物品の(元値ではなく実際の中古市場での)価値に相当する金額を控除の一部として申告することができます。お金に無頓着な自分は、大した控除額でもないので現金の寄付以外は申告すらしない年もありますが、以前お世話になった会計士の人が、物品を寄付する時にはかならず寄付したもののリストと写真を撮っておくように、と言っていたので、袋に詰める前に写真を撮って税金用のフォームと一緒に保管しています。今回は総計86点ほど寄付。次回の回収日(数ヵ月後)にはまた押入れの奥深くから色々埋もれているものを掘り出して寄付する予定です。

プリンセスマミー2点セット

ジャックが保育園の工作で作ったお花の冠と、プラスティック製のピンクの目玉リング。家にいる時はこの二つを身につけていなければいけないとのことで、ちょいズルをして外していたりすると、「Where's your pink ring? Where's the flower?」 と言って、徹底した着用義務令が出されていたのですが、ちゃんと二つとも身に着けていると、「Mommy, you look beautiful」とか「you look like a princess!」と言ってもらえるので、4歳児の言葉とは言えまぁ悪い気はしないかな~と。
でも、さすがに会社に行く時にはかんべんして欲しいかも(^^;;

丸2年前に上司だったアメリカ人(男性)が、いつも40過ぎの大の男にはどこからどうみても似合わないネックレスをしていて、何であんな安そうなネックレスをしているのだろう?と疑問に思っていたのですが、親になってみて、あぁ~あれは子供がお父さんのために作ったネックレスだったんだ...とやっと理解できました。

子供にしてみると、自分が作ったものやあげたものを親が身につけていてくれるのは相当嬉しい模様。(特に小さい子供にとっては、親に何か良い事をしてあげた証みたいな、自慢のような誇りにも似た思いがある模様)

2011年4月24日日曜日

Happy Easter! ~今日はイースター(復活祭)でした

今日はイースター(復活祭)で、お昼からジャックを連れてイースターエッグハンティングに行って来ました。イベント会場は以前ジャックのバースデーパーティーを行ったカークランドにある Pump It Up という場所で、子供は 7 ドル、大人は無料でイベントに参加。

前半はエッグハンティングで、カラフルなプラスティック製の卵を拾い集め、フロントでお菓子と引き換えてもらうという流れ。途中イースターバニーのぬりえコーナーに立ち寄り、その後はジャンプタイム。空気で膨らませた遊戯施設の中で、ジャックだけでなく自分もダンナも飛び跳ねたり滑ったり、かなりエネルギーを燃焼したおかげで夕方家に帰りついた後はさすがに疲れて3時間ぐらい昼寝をしていたダンナ。

家の前には空気で膨らむイースターバニー。

ジャックと一緒に時々シャボン玉を作って遊んでいますが、そのうちジャックと試してみたいのが、巨大シャボン玉。巨大なシャボン玉を作る方法(手作りで割と簡単に作れる模様)をビデオで紹介していたので、次回の工作プロジェクトは巨大シャボン玉かな^^?

2011年4月23日土曜日

4歳児にもできる簡単お魚料理~失敗知らず、誰でも上出来(^^)

バースデーパーティーの帰り道、夕飯に牛タンの塩焼きにするか、魚(Trout、マス)の塩焼きにするか悩んだ末、今晩のおかずはお魚に決定。

材料:
お魚(塩焼きにして美味しいものであれば何でも可)
オリーブオイル(調理用オイルなら何でも可)


アルミフォイルでお皿を作り、オリーブオイルを魚の表裏全体にまんべんなくかかるぐらいかけ(やや多めでもOK)塩を上からふりかけるだけ(やや多めでも全然OK)アルミフォイルに包んだままグリルで焼くだけで出来上がり。外側にこんがり焦げ目が着くぐらい焼くとよいです。

お肉に比べてお魚系は骨があるので子供にはいまいち敬遠されがちなのですが、自分で下準備(といっても塩をふるだけ^^)をしたこともあり、ジャックも喜んで食べていました。うちの子も相当食わず嫌いな性格なのですが、食べてみれば魚も美味しいということに目覚めてくれた模様。
今年の夏あたりから、ジャックを釣りに連れて行きたいと思っていたので、これを機会にお魚好きな子になってくれると嬉しいです。

夕方からは、バースデーパーティー

朝から会社のイベントに行き、ランチ渋滞に巻かれつつもイベント会場でランチを済ませ、我ながら掟破りだとは思ったものの、おもいっきり行列を無視して無料で配られていたスムージー(フローズンフルーツジュース)をほぼ掴んで逃げ(暑かったので許して...^^;)
その後一旦家に帰り、ダンナとジャックはそのまま2時間ほど昼寝をし、自分は片付けものをしたり、5km Run/Walk の写真をカメラから PC へコピーしたりしていました。
誕生日会の主役は、同じ保育園に通う金髪に青い目の J君。J君はジャックが生後 8 ヶ月の頃からジャックと同じ保育園に通い始め、4歳児のジャックにとっても古い友人の一人。招待されている友達の中には、来年は違う学校に通い出す子供もいるのでこのメンバー(親も子供も)で集まるのもあとわずかなんだろうなぁと思うと、眠くても、お昼寝の途中でも、とりえあずパーティーに顔を出さねば、と思い、お昼寝中のジャックを起こしてバースデーパーティーへ。

会場は子供達が好きなインドアで思いっきりジャンプできる施設。1時間ほどクラスメートと楽しく遊んで、その後バースデーケーキを食べてお開きになったのが夕方6時頃。さすがに自分も眠いです...zZZ...zZZ

明日はイースターサンデーなので、お昼からジャックをエッグハンティングに連れて行く予定。きっと小さな子供を持つ親は明日は卵に色をつけたり、エッグハンティングに子供を連れて行ったりで忙しい日曜日になりそうです。



Campus Jam の風景

好天に恵まれた、Campus Jam(キャンパス ジャム)
数年前まで夏に開催していた、マイクロソフトサマーピクニックに比べると小規模ながらも、たくさんの人出で賑わっていました。

どこら辺が Jam なんだろうと思っていたら、外に設置されたテントの中では、ガンガン響く陽気な音楽に合わせて、ズンバ(最近流行りのダンスで、ダイエットのプログラムとしてかなり人気)を踊っている集団がいたり、かなり賑やかでした。


あまりにもノロノロと 5km を歩いていたので、ゴールに辿り着く頃にはコースの途中で交通整備をしてくれていたレドモンド警察署のおまわりさん達が帰っていくところだったり(^^;




次回はもうちょい速く歩こうね>ジャック&ダンナ

5km Fun Run/Walk

今日は朝一から会社のイベントに参加してきました。まずは朝9時からの、5km ミニマラソン&ウォーキング。ジャックがまだ小さいので、走る方ではなく歩く方に参加しました。参加者はTシャツとゼッケンをもらってスタート地点へ集合。




今日は文句無しの快晴で気温も高く、イベント日和になりました。





みんなと一緒にスタートして、5km コースをゆっくり歩き始めました。







テディベアを抱えて走るジャックの後姿。ゼッケン1185はダンナ。







ゼッケン1187をつけて、ジャックと手をつないで歩く自分。




5km Run/Walk の後はイベントのメイン会場へ。途中で日本への義援金を募っているブースがあったので、そこで日の丸の寄せ書きにジャックと一緒にメッセージと絵を書いて、赤色のブレスレットを購入。たくさんの人がイベントに参加していたので、義援金がたくさん集まるとよいなぁと思います。

2011年4月22日金曜日

やっと今週も終わり~

夕方5時を少し回ったところです。
お天気良し!腰痛もほぼ完治(手の平が床にペッタリ着くぐらい前屈しても腰が痛まない状況)

明日は会社のイベントで朝から 5 km Fun Run/Walk に参加予定。腰痛が治っていなかったらパスするところでしたが、どうやら大丈夫そう。午後はジャックの同級生のバースデーパーティーがあるので、プレゼントの用意も忘れずにしなくては...

ファイルをチェックインしたら今日はもうとっとと帰ろう計画です(^_^)

送別会幹事

今月末で他のチームへ異動になってしまううちの上司のために、送別ランチを企画中。予約の人数確認も兼ねてスケジュールを送ったら結構な人数に。少人数だったら当日予約無しでおっけーかと思っていたものの、これは確実に予約を入れておかねばな人数。
今の上司は短い間だったものの非常によい上司だったので、見送らねばならないのは残念ですが、やはり同じチームに長くいると新鮮な空気が吸いたくなる気持ちもよくわかります。

自分も送る側から送られる側にいつなってもおかしくないような気もしますが、送別会を企画していると、次に何をしたいか?どういう分野でどんなことがしたいか?を自然と考えます。考えてみると意外とたくさんあり、どれも全然一貫性がないところが自分らしいというか(^^;  年齢的にも(社内、社外問わず)転職をするにしても次のプロジェクトや仕事は自分の仕事人生の中でもどちらかというと中盤というより終わりに近いイメージがあり、大学を出たての頃のような、これから長~い仕事人生を歩む、という感覚は穏やかに薄れた感じがします。

逆に40過ぎから始まった母親というフルタイムジョブがこれからもずっと続くという点では、本当にのんびりご隠居生活を送れるようになるまでまだまだ長い道のりですが、ジャックがいる事で、良くも悪くも毎日が忙しくて充実しているのは良いことだと思います(^^)

アニメ関連:今更ながら、早瀬未沙考察

日本では「超時空要塞マクロス」として有名なアニメ、アメリカでも「Robotech」(ロボテック)という番組名で、うちのダンナをはじめ現在30代半ば~40代半ばぐらいの年齢層に大人気だった模様。先日アニメのDVDをオンラインでレンタルする際に、ストリーミングカタログの中にマクロスを偶然見つけて以来毎日数話ずつ家族三人で見ていますが、80年代のアニメながら今見ても結構おもしろい。4歳児のジャックもかなり夢中になって、寝る前に、もう一話だけ見ていい?と言いながらずるずると何話も見ている始末。

宇宙戦艦ヤマトでは、男性乗組員が圧倒的に多く、ヒロインの数が限られていて(森雪とスターシャとテレサとサーシャ?)女性乗組員も少ない傾向にあったと思います。

で、久々にマクロスを見てみると、なんとマクロスの艦長以外艦内のデッキは全部女性。そういえば80年代は男女雇用機会均等法やら、女性が要職に進出しはじめた頃でもあったなぁと思い出しました。

それにしても早瀬未沙ってこんなにかわいくなかった^^?と思うぐらい、目が小さくてヘアスタイルも(でんでんヘアと呼ぶのだとか?)イケてなく、なんぢゃこりゃ~と思うほど(初期のエピソードになればなるほど)かわいくないのですが、記憶の中ではリン・ミンメイを打ち破り?一条輝とハッピーエンドになるヒロインとして残っていたので、思わずネットで検索してみたら、やはり、敢えて彼女をブスに描き、徐々に目を大きくしたり髪型をなんとかしたりして、美人に仕上げていったという裏話が載っていました。

恋をするとキレイになる、というのをアニメで表現した一作だなぁと思いました。キレイに見える時の早瀬未沙がエヴァンゲリオンの葛城ミサトに見える時があり、女性が指揮を執るアニメの走りがマクロスだったのかも?とも思いました。

それにしても、ブスに描かれている時の早瀬未沙はヒドイ(苦笑)まず、目が小さく、お堅い感じが、キャリア志向の女=ブス、アイドル志向の女=かわいいの構図を明確に作りあげていて、横で「I like that girl」(あの子が好き)とリン・ミンメイを指差しながら言う4歳児のジャックを見ながら、オマエもか... と思ったり(^^;; あまりにも目が小さく描かれている時にはバカボンの顔が頭に浮かんでしまいました。

マクロスの面白いところは、戦闘ものにしては珍しくラブトライアングル(恋の三角関係)を話の軸に据えていたところ。旦那が、結婚前に付き合っていた彼女の事を「彼女は恋人にはいいけど、奥さんとしては考えていなかった。でも彼女は僕と結婚したがっていたけどね」と評していた事を思い出し、何で結婚したくもないよーな女と付き合うわけ?とムカついた覚えがあるのですが(自分も、この人とはつきあうだけならいいけど、結婚相手としてはダメだな、という人と付き合っていたので人の事は言えないのですが)一条輝がリン・ミンメイではなく、早瀬未沙を最終的に選び、彼女と結婚して家庭を持つという結末には、マクロスは恋愛の過程と結末も結構リアルに描いているな~と思いました。付き合うだけ、というのは簡単(でもないけど)で、最終的なパートナーとしてお互いを認め合うようになるかどうかは、見た目のかわいさだけでなく色々な要素がたくさんあるわけで、出だしはかなりブスに描かれている早瀬未沙のような、不器用だけど真摯な生き方の女性が幸せを手に入れるというところが、見ている側にとってもいつの間にか応援したくなる存在だったんだなぁと今更ながら思いました。

それにしても一番驚いたのが、早瀬未沙の年齢設定が19歳だったこと!?最初から偉そうにしていたので少なくとも25歳ぐらいだと思っていたら19歳!なんとも老けた19歳だと思いました。

あとは早瀬未沙のブスな時とかわいい時の加減が絶妙で、最初にブス顔の自分を見せておいて、後からかわいくなるのは戦略的には非常に正しい気がします(笑)よく昔の少女マンガなんかに「あれ?オマエってこんなにかわいかった?」みたいなシーン(今まで気にしていなかった相手がかわいく見える)がありましたが、まさにあんな感じ。最近ではお化粧の前後で別人のようになる人がたくさんいますが、素顔を見て相手が「え?」と一歩引いてしまうような変貌メイクをしている人達は、マクロスの早瀬未沙を参考にしてみるとよいかもです。見慣れてくると、ちょっとブス顔の時の方がもっと見つめていたくなるから不思議です(笑)

余談ですが、マクロス7を初めて見たときに、なんてこっぱずかしいアニメができたんだー!?と、いまだに「熱気バサラ」という名前と「歌エネルギー」という単語を聞くだけでゾワっときますが、また見たくなる気分になる変なアニメとしては、かなりパワーのある作品だったのではないかと思います(てか、何なのよ、熱気バサラってネーミング、と思ってしまいました)

全員に昇給ってホントっすか^^? >スティーブB

今日の seattle pi に社内宛てのメール付きで記事になっていましたが、うちの社員全員昇給の話、久々に嬉しいニュース。株価はいまいちでも、Kinect だって売れてるし、業績は悪くないはずなので、やっと社員に多少還元されるまでになったかな?(他社への流出防止効果も入っているのかも?)

Steve Ballmer: Raises for all Microsoft employees

久々に実家の母と長電話

国際電話が無料だった3月に比べて、4月に入ってからは一度も実家に電話をしていない事に気づき、久々に実家の母と長電話。いつものように、ジャジャちゃん(孫)が心優しく母親思いの良い子に育っていて、自分の子供にしては上出来(親ばかですが^^)とか、近況などを話し、日本の震災+福島の話をしていました。

福島の警戒区域については、菅さんがはっきり危険、住めないと言えばいいのに、というところは意見が一致。曖昧な言い方をするから、みんな納得がいかないらしい。しかも津波で倒壊した地区と違って、家屋も無傷で残っているために、住民達の家や家財への未練が強く、何故住めないのか、何故自分の家に戻れないのか、という納得の行かない気持ちが強いとの事。

確かに目の前に無傷で残っている家があったら、家に帰りたくなる気持ちもよくわかり、うちの母も「もし災害でどこかよそへ避難しなくてはいけなくなったとしても、もう自分達は年だし、ここ(自宅)にいるかも」と言っていて、「そういう人がいるから避難勧告が出ても避難が完了しないんだってば」、と言いながらも、自分もうちの両親はもう十分彼らの人生を生きたから、年も年だしいつ人生の終わりがきても気の毒だとかかわいそうだとは全然思わないな~と思いました。宇宙人はいる、いない、とか超能力はある、ない等、かなりくだらないことでケンカをする両親でしたが、トータルで見ると彼らの人生はまぁ十分幸せな人生だったんだな、と思います。

両親は九州に住んでいるので、今回の震災の被害は何もないのですが、将来九州で大災害が起きて避難勧告が出されるようなことが万が一あったら、ちゃんと県やら国の指示に従って行動して欲しいと子供としては思います。みんなが好き勝手し始めたらまとまるものもまとまらないし、専門家の意見を元に避難勧告が出されるわけなので、一見大丈夫そうだから、と言って留まるのは危険だと思います。同じ事を子供たちや若い人達がやったら、絶対うちの両親も留まることに反対すると思うのですが、年を取ると物事の判断基準が変わるんだなぁと思いました。話しているうちになんとなく映画「Dante's Peak」に出てくるお祖母さんを思い出しました。

日本へのフライトがかなり高騰している(でも機内はガラガラという話も)らしく、落ち着いた頃に日本に行ってみようかと思って6月から9月の料金を調べてみましたが、軒並み高い!
燃料費もさらに高くなるので、さらに日本行きの計画が遠のいてしまいそう...

2011年4月21日木曜日

生き残れなかった動物達に思う(注意:衝撃的な画像あり)

衝撃的な写真が含まれているので、このリンクを自分のブログにも載せようかどうしようか、少し悩んだのですが、毎日アメリカ国内外からたくさんの方が見に来てくれる事や、『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリのブログサイトを運営している方が「転載歓迎 拡散希望!!」と書かれていたので、自分のサイトにもリンクを掲載させていただくことにしました。

震災が発生してから早一ヶ月。海外に住む自分にできる事は、お金を送ることぐらいしかできないので、できる限り義援金(寄付金)を信頼できる非営利団体を通じて寄付するようにしています。

社内でも色々なグループの人達が毎週のように日本への支援イベントを開いて義援金を募っています。仕事やプライベートで忙しい中、日本のためにと頑張っています。また折鶴を一羽2ドルで買い取って、それを義援金として送れるようにしている方もいます。地元のレストランでも、売り上げの一部を日本への義援金に送るキャンペーンを行っているところもあり(客寄せのマーケティングに利用されているだけなんぢゃ?という思いも多少ありますが)そういうレストランが3月や4月だけじゃなく、今後もずっとそういったキャンペーンをやり続けてくれたら、人々の中で震災の記憶の風化を少しでも防げるのではないかと思っています。

中には、義援金も送ったし、鶴も折ったし、クッキーも焼いて売ったし、チャリティーマラソンでも走り、チャリティーオークションもやり、チャリティーグッズも売り、みんなで売り上げの一部を義援金として送ってくれるレストランで飲み食いもし、これ以上は負担にしか思えない、とボランティア疲れを感じる人もいると思いますが、生き残れなかった猫の写真を見たら、そういう思いが吹き飛ぶのではないかという気がします。

任意でボランティア活動をやれるうちは自分達はまだまだ全然幸せな状況にいます。疲れたら休めばいいし、参加できる時に参加すればいいと思うし、貢献の仕方には色々な形があり、自分に一番合った方法で貢献すればいいのだと思います。参加費20ドルのチャリティーイベントに参加するのも、オンラインで20ドル寄付するのも、どちらも同じだけ貢献できていると思います。ボランティアに大事なのは、できるだけ長くサポートし続ける事だと思います。

他の動物の食糧になってしまった猫の、頭と足以外、まるできれいに食べられた魚のように体がなくなった姿を見て、福島の被災地に残された動物達は死ぬまで出口のない状況に置かれているだなぁとせつなくなりました。猫を食べて生き延びた動物も、取り残された他の犬、猫、牛やその他の動物達と共に死ぬまで苦しい思いをしながら最後には誰も来なくなった場所でひっそりと死んでいくのだと思うと気の毒でたまりません。このような事態が将来に渡って起きないことを祈ります。


友人のKazyさんからの補足情報を追加:以下のページにブログと動物達の写真があります。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-2053.html

http://blog-imgs-42.fc2.com/b/a/n/banbihouse/DSC06209.jpg (食べられてしまった猫)

http://banbihouse.blog69.fc2.com/ (『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリサイト)

極悪非道 1号機~3号機までも(><)

過去のブログの中でも何度か書いた「極悪非道な女達」
私いるビルにはなぜか「大」をしたあと水を流さない掟破りというか極悪非道な女性達が存在し、彼女(達?なのか一人の人間の仕業なのか?)のおかげで毎度トイレで吐きそうな目に遭っている自分。

今日も今日最後のミーティングの前にちょっくら用を足してから...と思ってトイレに行ったら、左端から1号機には誰かのウ○チが。ウゲ~っと思って隣の二号機のドアを押したら、そこにも誰かのウ○チが。もぉ~何なのよ~一体!?と思って隣の3号機のドアを開けたらもっとひどい状況が待ち受けていて、吐き気を通り越してタメイキが。これも”ウン”(運)がついているということなのか?と自分を納得させようとしたものの、こんな極悪非道な事をする女性は意味がわからない~(涙)と思いながら、向かい側の列のきれいなトイレでささっと用を足してミーティングへと駆けて行ったのでした。

他人を疑うのはよくないのですが、多分インド人なんぢゃないかと?彼らは水洗トイレにいまだに慣れていないか、どうやって水を流すのかわからず、次々と隣のトイレに入って用を足しているのかも?文化の違いなんだか、何なんだか...いつか犯人を突き止めたいと思いつつもう8年ぐらいこんな目に遭い続けている自分です。見つけたら泣かす!

PM Podcast 初体験 ~ 1 PDU

PMP の資格をキープするためには、3 年間で 60 PDU (大学の授業の単位のようなものです)を貯めるというか取得しないといけないのですが、プロジェクトマネジメントのカンファレンスに参加したり、通常業務でのプロジェクトマネジメント分を計上したり、セルフスタディ(有料から無料の教材やサービスあり)の分を足してなんとか目標を達成していかねばなのですが、Podcast を聴くだけで無料で PDU が取得できる、という歌い文句に誘われて、昨日初めて PM Podcast を試してみました。iPhone にいくつかのエピソードをダウンロードして、通勤中や仕事をしながら聴いて、聴き終わったら PDU 申請フォームを Web から送信。

プロバイダーの会社名、連絡先その他必須項目を記入して送信した後で、本当に PM Podcast を聴いて PDU が取得できるのか、自分の PMI アカウントをチェックしてみたら、24時間以内に申請した PDU が承認されて合計に追加されていました(^^) 社内の同僚や友人で、PMP を取った人達に「どうやって PDU 貯めてる?」と聞くと、だいたい有料のオンラインコース(300 ドル弱で 30 PDU ぐらい)とカンファレンスや Webinar (Web セミナー)で貯めているとのこと。カンファレンスはお金と時間がある時(か、会社の経費で落とせる時^^)には一番いいオプションなのですが、できればフライトが必要ない場所=シアトルで開催されるカンファレンスがもっとたくさんあると、その中から興味のあるものに参加できてよいのですが、現実には他州でのカンファレンスの方が多いのが難点。とりあえず、PM Podcast シリーズをしばらく聴いていようと思います。

PM Podcast のサイト:
http://www.project-management-podcast.com/

Holly Bobo 誘拐事件

先週テネシー州で起きた誘拐事件で、いまだに行方がわからない状態。
誘拐された Holly Bobo (ホーリー・ボボ)さんは、20歳の(看護)学生で、彼女が自宅から男の人に家の近くの林の中へ引きずられて行く姿を家族が目撃しているにもかかわらず犯人も彼女の行方もいまだにわからないという事件で、ここのところ毎朝、毎晩この事件のニュースを目にします。

この事件の怖いところは、アメリカ人でしかも20歳(子供というには大きい年齢)の女性が自宅から連れ去られるというような事が起きうるところ。アメリカの誘拐事件(特に子供を狙ったもの)は、夜中に家に押し入られ、寝ている子供が連れ去られるケースが多々あり、ホームセキュリティシステムをつけている家もかなり多いです(うちも外出時と寝る前にはアラームシステムをオンにしています)金品目当ての犯罪者の方がまだ動機が健全(と言うと語弊がありますが)に思えます。

早く事件が解決し、Holly Bobo さんが保護されますように...

2011年4月20日水曜日

米国内向け、中古ベンツのコマーシャルがかわいい

メルセデス=ベンツが中古車セールを開催中。
車にはあまり興味のない自分の目に止まったのが、子供達を起用した中古セールのコマーシャル。
”この車でXXXちゃんをプロム(ダンス)に連れて行きたい”
”今の走行距離はXXXXマイルだけどXXXXXマイルまで伸ばしたい”
等、子供が車の前で何か一言言うパターンのコマーシャルなのですが、起用した子供達も品のよい感じで中古車のコマーシャルとは言え、ベンツの高級感を損なわないよい仕上がりでした(^^)

折り紙 SOLD OUT 現象

3月中旬以降、学校やらコミュニティで日本の震災関連の折鶴イベントがあったり、個人でも日本のために折鶴を折る人達が激増したため、アメリカ国内でも折り紙の売り上げが急上昇中。

折り紙を買いに行ったらなかった...という経験を持つ人もいるかもですが、正方形に裁断すれば包装紙、クラフトペーパー(日本の色画用紙みたいなもの)でも代用がきくので色紙不足の時に試してみるとよいかもです。

折鶴関連の記事を読んで寝たおかげで、根が単純な自分は早速夢の中で巨大な折鶴を折っていました(^^;

2011年4月19日火曜日

カリフォルニアへ一時帰還

シアトルもだんだんと暖かくなってきたところなんですが、カリフォルニアから来た友人はまたカリフォルニアに向けて帰って行きました。

思ったよりも渋滞していなかったおかげで、あんなにギリギリにカークランドを出発した割にはフライトに間に合う時間に空港についてよかったです。帰りも、カープール用にジャックを連れて行ったおかげでほぼ渋滞に巻きこまれず、ベルビューまでサクっと帰れました(^^)v

豆腐の角よりヒドイ...

朝早く、ドゴッ、ガラガラ~っという音がして、泥棒にでも入られた?と慌ててジャックの部屋へ。
ジャックの部屋の前には猫3匹が目を丸くして、何が起きたのかと集まってきた野次馬のように佇んでいました。ドアを開けると、ジャックは先日買ってあげた寝袋に包まって、キャンプな気分をベッドの中で味わっているところ。ほっと一安心して、マスターバスルームを開けてみると、ダンナが頭から一筋血を流しながらトイレに座っていました。大丈夫?と声をかけると、”大”の最中だったらしく、呼んだら戻ってきて、とのこと。

呼ばれて戻ると、めがねがどこかに落ちていないか探して欲しいと言うのでバスルームを見渡すと、ドーム(丸)型猫トイレの脇にめがねがあり、なんでそんなところに?と思ってダンナの顔を見ると、両頬がおしろいでも塗っているかのように妙に粉っぽい。ダンナ曰く、お腹の調子が急に悪くなりトイレに駆け込み用を足していたところ、突然目の前が真っ暗になって気が付いたらトイレの横に設置してある猫用トイレの角に頭をぶつけて倒れてしまったのだとか。頭からはまだ一筋の血が流れていて、その状況を説明するダンナに思わず笑ってしまった自分。ダンナもあまりの状況に話しながら噴出してしまったほど。猫トイレのドーム(蓋)が閉まっていたからよかったものの、開いていたら猫のウンチの中に顔を埋めていたことに!粉っぽかったのは、猫トイレの出口付近に散らかっている猫砂の細かい粒が顔全体に付着していたためでした。なんという不運というか、なんというか...

ただ40過ぎの中年男性がトイレで一瞬とは言え気を失ってしまうのは要注意なので、万が一救急へ連れて行く必要がある場合を考慮して、今日は家から仕事中…

2011年4月18日月曜日

How Do I Look? ~ 衣替えの季節

腰痛で安静にしていた間、これでもかというほどテレビ三昧な日々を送っていたのですが、初めて見てみたら案外面白かったのが、ファッション関係のテレビ番組「How Do I Look?」。この手の番組では「What Not to Wear」という番組がありますが、どちらも、同僚や家族、友人が”彼女の服装をなんとかしてぇ~っ!”とファッションクリミナル状態(=まったくイケてない服装なのに本人だけはイケていると思い込んでいる)の誰かを番組に推薦し、そのイケてない服装の誰かを素敵に変身させる、という番組構成。

自分も会社にたまにジャージ姿で行ったりしているので、誰かこの番組に推薦してくれないかな^^?と思うのですが、上には上がいるもので、今回のイケてない服装のゲストは学校の先生。大き目の服を着て、ボーイッシュをやや通り越し、いかにも Makeover 向きの彼女。
面白かったのが、服装のセンスはいまいちながらもとてもインテリな考え方の彼女。流行のファッションを追わない理由の一つとして、素敵な服は高い、という思いがあるということで、番組のホストの Jeannie Mai が洋服の値段当てファッションショーを彼女のために行ったのですが、素敵な服は高い、という思い込みを打開するなかなかよくできた番組でした。

自分もどちらかというと、素敵な服は高い、という思い込みがあり、さらに自分があまり好きではないブランドだったりするとブランド料だけで、デザインもいまいち=お金の無駄というワンパターンな構図がすぐに成り立ってしまうのですが、この番組のおかげで、案外思い込んでいるだけで、実はそんなに高くないのかも?という気持ちになり、昨日はシアトルプレミアムアウトレットモールへ買い物に出かけてみました。よく買い物をするお店としては、Nike、コロンビアスポーツ、GAP、Tommy Hilfiger、アディダスと、子供用の洋服屋さんといったところ(自分用は主にスポーツ系が多いです)。

今回いつもなら素通りするお店に入ってみましたが、その中でも靴の老舗ブランド店「Cole Haan」は自分にとってもこれまでの思い込みを打ち砕かれるほど、手が届くお値段の靴でびっくり。(ちなみに全品値札の価格から30%オフとのこと)この値段だったら安くて履き心地がいまいちの靴ではなく迷わず Cole Haan で買いたくなります。ファッション情報に疎いので、Cole Haan が Nike の子会社になっているということも知りませんでしたが、買ったその日から足にしっくりくる履き心地が定評だった Cole Haan に、最新の(足によい) Nike の技術が加わって、履き心地のよい素敵な靴が売られている模様。

ちなみに、これを買ったら負けだとすら思っているのが靴の「SKECHERS」(笑)
今や Nike に次ぐ業界第二位にまでのし上がっていますが、他社の靴のデザインやコンセプトを真似られるだけ真似て、安い靴を作って売る、という、ほとんどの消費者には喜ばれる販売戦略なのですが、なんだかガツガツした感じがして何年経ってもあんまり履きたいと思えない靴なのでした。なのでいまだかつてスケッチャーズの靴だけは買ったことがないのですが、そのうちジャックがティーンになったら、スケッチャーズで靴を買うようになるのかも?しれません(^^;)

結局日曜日のお買い物の収穫は、コロンビアスポーツでレインコートと SPF 30 の帽子を自分用に購入、ジャックにはアウトドア・ハイキング用のジャケット、ダンナにはフリース。アウトレットモールだけあって安かったのでニンマリでした。

来週は着なくなった洋服の回収車が来る予定なので、小さくなって着なくなった子供服や、太って入らなくなってしまった服を寄付する予定で、親子三人分の衣替えの予定です。

How Do I Look?
http://www.mystyle.com/mystyle/shows/howdoilook/

What Not to Wear:
http://tlc.howstuffworks.com/tv/what-not-to-wear

入場無料 National Park Week 4/16 - 4/24

既に先週の土曜日から始まっていた、National Park Week!
今週末の日曜日までが期間なので、天気がよかったら。(アメリカ国内の国立公園)国立公園へ Let's Go! な一週間です。

確か去年は National Park Week だと知らずにレニア山に行ったら入場料金が無料で得した気分を味わった記憶があります(^^) 恐らくまだ雪がたくさんあると思うのですが、天気がよければかなり雄大な景色が期待できると思います。

いちばんいけないのは...


Mixiのマイミクさんの今日の日記で紹介されていた、日本のアニメ「サマーウォーズ」。ネットで検索してみたら、かなり高い評価を得ている作品のようで、アメリカのDVD郵送+ストリーミング配信レンタルビデオサービス大手の Netflix にもあったので早速借りてみることにしました。宮崎アニメに飽きてから早10年?アメリカでの評価も割と高かったこの作品、あらすじをざっと読んだ感じでは、個人的には普通っぽい感じかな?と(日本のアニメはただでさえレベルが高く、奇抜な展開もこれまでに色々みているので)思うのですが、アニメ好きなダンナにも見せて感想を聞いてみたい一本です。


この映画の中の名言の一つに、

”いちばんいけないのはおなかがすいていることと、独りでいることだから・・・”

というのがあるらしいのですが、なんとなく北陸の被災地の人達の事を連想しながら、確かに、一番いけないのはお腹が空いていることと、独りぼっちでいることだなぁと思いました。

Summer Wars(英語版)
http://www.imdb.com/title/tt1474276/


大いなる失敗 ~ 朝からバイアグラ(^^;;

ジャックを保育園に送って行った帰り、あるニュース系のラジオチャンネルを聴いていたら「大いなる失敗は時として偉大な発見をもたらすことがある」という出だしで、「ある会社が開発していた血管疾患用の薬が、実は病気には全然効かないという結果に終わってしまったものの、その臨床試験の過程で十分な利益をあげられる副作用を発見した - それがバイアグラ」だという。

バイアグラというと、一昔前のスパムメールの代表格というイメージしか持っていなかったのですが、ちょっとバイアグラを見直したというか、ファイザー製薬にそんな裏話があったのか... と思いました。(もしかしたら男性のみなさんの間ではそんなことは常識というぐらい広く知られているのかもですが^^?)

ラジオで聞きかじった情報をちゃんと確かめたくて、「バイアグラ」や「バイアグラの歴史」で検索してしまったのは悔やまれますが、これでおススメのサイトにバイアグラ関係のサイトが出てくるようになったらちと恥かしいかな...と(苦笑)

あとは、バイアグラ以外の ”大いなる失敗がもたらした偉大なる発見” の例をもっと知りたい気がします(^^;

72 時間キット用非常食 ~ 常備食と非常食

日本の大震災以来、自宅の常備食と非常食について戸棚の中を見直したりしていたのですが、非常食に適した食べ物について、誰かがどこかのサイトにまとめてくれていたりしないかな?と探してみたものの意外と情報をまとめてくれているサイトがなかったので参考までにうちの72時間キットの非常食の紹介です。日本のサイトを検索していた時にやはり自分同様、意外と非常食についての情報をブログにアップしている人が少なくて(通販の広告ばかりで)よい情報がない、というような事を言っている人がいましたが、日本のサイトでは確かに通販の広告がたくさん出てきました。


ちなみに、ここで紹介している常備食と非常食に適した食糧についての情報は、アメリカ国土安全保障省のテロ警告サイトの非常食の情報ページを参考にしています。


国や、州や自治体が出しているような非常食情報では、特定のメーカーの食品を宣伝するとまずいのか?意外と具体的にこの缶詰が非常時におススメ、という情報がなかったのでついでに自分のおススメ非常食も紹介です。非常時に避けるべき食べ物は、塩味のキツイものや脂肪分やプロテインがたくさん入っている食べ物だそうで、これらはどれも食べると喉が渇くので飲料水の確保が厳しいことが想定される非常時向きではないとのこと。


72時間用の非常食は、3日間生き延びることができる、3日間歩いて安全な場所や助けを求めて歩き続けられる力の糧となる食糧で、担げないほど重くならない配慮も必要です。今回私が用意した非常食用缶詰は、全て開けたらそのまま食べられる(調理済み)もので、賞味期限も2013年の年末まで有効なもの。何事もなく平穏な日々で、二年半後も未開封だったら、その頃に一旦開けて食べて、また向こう3年ぐらい賞味期限がある缶詰と入れ替える予定です。缶詰はなるべく、プルトップ(缶切り不要)のものを購入してあります。


非常食の原則

  • 塩分控えめのもの(喉が渇きやすいものは避ける)
  • 食べて美味しいもの、好きな食べ物を選ぶ(災害時のストレスを食事で緩和)
  • 一日一食はバランスの取れた食事を取れるようにする(バランス栄養食)
  • ビタミンCを摂る(ビタミンキャンディーやマルチビタミンを持っているとよいです)
  • 水分の入った缶詰類は水がない時の水分補給に役立つ(野菜の缶詰がいいらしい)
  • ペットボトルではなく、アルミパック入り飲料が実は持ち運びによい

72時間キット用の缶詰群
  • 缶入りウィンナーソーセージ(ビエナソーセージ) 柔らかくて子供の離乳食にもなります。
  • コーンの缶詰 (水分もあり、みずみずしい大粒コーンをそのまま食べるのも好きなので)
  • スパムベーコン缶詰(長期保存OKの肉類)
  • スパム(ハム、古くからアメリカ軍の支給品だったスパム。味が濃く塩味も割とあるので戦時中に食べていた人達はかなりこの味に飽き飽きしてしまったという話もあり。)
  • ツナ缶(肉だけじゃなく魚も食べたいのでこれは欠かせない一品)
  • ひよこ豆の缶詰(豆類は栄養源として優れていますが、メキシコ料理に出てくる黒豆や赤豆を食べると生体排ガス?毒ガス?(^^;を発生してしまう体質なのでひよこ豆にしました)

缶詰類は上記のもので、あとは、チョコレート、クラッカー、登山の時に持って行くバランス栄養食品等を72時間キットに入れています。後で買い足す予定なのが、フルーツの缶詰(もどき)。スナックサイズで、プラスティックの容器に個別に入っているものなど、糖分補給によいです。実際にリュックを担いでみるとずっしりと重い。もちろん背負って歩けない重さでは全然ないのですが、ストラップが肩に食い込むような感じがするので、もっと登山向きのリュックに変える予定です。長時間背負って歩ける事もキーポイントの一つです。

ちなみに、数日間の停電やら、電気やガスはないけれど、簡易コンロやアウトドア用のバーベキューグリルは使える、という場合を想定した、非常食兼常備食についても少々。
基本的には、冷蔵庫に何もない状態で、しかもお金がない時に食べているであろう食べ物、を連想してみると常備食のポイントが掴み易いと思います。


2週間分の食糧:
アメリカ国土安全保障省のテロ警告サイトの非常食の情報によると、家にはだいたい2週間分の食糧を常備しておくとよいそうですが、基本的には、食べ物を湿気や熱に強いコンテナに保存する習慣をつけておけばそれでかなりカバーできる模様。あとは、賞味期限が6ヶ月、1年、2年と比較的長めに設定されている食品を定期的に入れ替えること。火が使える状態では水またはお湯があれば食べられるお米、インスタントラーメン、パスタなどを多少備蓄しておくとよいようです。
  • 小麦粉 (パンやらホットケーキを作れます)
  • 植物油 (オリーブオイルなど)
  • ベーキングパウダー(パン作り用ですかね?)
  • 大豆 (煮て食べるのかな?)
  • インスタントコーヒー、紅茶、ココア(非常時には嗜好品も大事なのだとか)
  • 塩 (調味料も実は大事、塩、コショウ、砂糖は密閉容器に入れておくとよいです)
  • 非炭酸飲料、果物のジュース (飲料水、アルミフォイル入りジュースなど)
  • お米 (これはいつも多めに常備しています)
  • カップラーメン(アメリカでは一個40セントぐらいで買えるので家に常備しています)
  • スープストック(チキンスープ、コンソメスープなど)
  • パスタ・スパゲッティ (ソースがなくてもオリーブオイルと塩コショウだけでも結構イケます)
  • 粉ミルク (乳幼児がいる家庭では必須。粉ミルクはかなりのバランス栄養食でもあります)
  • フルーツの缶詰 (スナックサイズのカットフルーツ個別パッケージ入りもよいです)
  • ドライフルーツ (72時間キットにも入れておきたい一品)
  • 肉や野菜入りの缶詰 (水を加えないと味が濃すぎるものは塩分の摂りすぎに注意)
  • ピーナッツバター(アメリカ人はこれが好き)
  • キャンディー (日本だったらタケダのC1000キャンディーなどを買い置きしておくとよいかも)
  • ピーナッツ類 (一粒でもエネルギー出ます。でもこれも塩加減に注意です)
  • アップルソース(りんごのすりおろしです。未開封であれば日持ちするので一瓶戸棚の奥に入れておくとよいかもです)
アメリカ国土安全保障省のテロ警告サイトの非常食の情報ページ:
http://www.nationalterroralert.com/foodstorage/

2011年4月17日日曜日

腰痛10日後 ~ かなり回復

4月7日以来の腰痛も今日はかなり回復。首をまわしても背中に痛みも、寝返りもちゃんと打てるし、くしゃみをしても背中にひびかない状態にまで回復。なんといってもコメディ映画を見ても心おきなく笑えるのは嬉しい限り(^^!)

いつかまた腰痛になった時用の備忘録として...
  • 腰痛から回復まで10日間
  • 最初の数日はほぼ寝たきり状態
  • 丸1週間ぐらいは寝返りが打てないような状況
  • 痛み止めを一日二回服用(効かなくなると困ると思いなるべく一日一回に)
  • 笑ったり、くしゃみをしても内蔵のあたりが痛いようなねじれているような感じがほぼ1週間
  • 背骨や軟骨系の痛みではなくヘルニアの可能性は(今回は)ゼロ
  • 腸ねん転かも?と思ったものの、便秘症状はなし
  • 背骨の右側の筋肉が堅かった(マッサージをしてくれた友人談)
  • 動けるようになってから長風呂で体を温めたら半日ぐらいいい感じだった(冷えると痛い)
  • ワインをグラス半分ほど(痛み止めを服用しなくなってから)
最後のワインはもしかしたら一番効くのかも?と思えるほど、ワインを飲んで寝たらすっきり。
ワインに含まれるポリフェノールの抗酸化作用の賜物だとしたらすごいかも?肝臓を痛めない程度にワインを飲むのは体に本当に良いのかもですね。

子供に話す震災時の対応と携帯電話番号

4歳というのは親の話をよく聞くという点では、とてもいい年齢。英語力だけなら、自分が大学生だった時の英語力(かそれ以上の理解力)があるジャック。大震災の後、小さな子供がいることが親としては避難時の不安材料だと思っていたので、もしも大きな津波がきたら... もしもダディとマミーがいない時に誰かと避難しないといけない場合やら、避難した場所にも津波が押し寄せて来たらどうするか?等を最近よく話して聞かせています。

もちろん、大自然の驚異の前には人間の力なんて微々たるものだと思うので、助からない時には誰も助からないだろうし、自分も大災害時に絶対に生き残れるとは思っていないものの、でも、もしほんの少しの機転が人の命を救う事が実際にはある、と思うと、この機会に色々なサバイバルに必要な情報や小技を教えてあげたいと思うのが親心。

とりわけジャックが目を輝かせながら、時には感動しながら耳を傾けている話は、津波にあっても生き残れた人や犬の話。津波に流されても生き残れた人や犬は、屋根の上や、水に浮かんでいる板につかまっていたから、水に流されても助かったんだよ、だから、もしダディもマミーもいなくて、水がどんどんやってきて、どこにも逃げ場がなかったら、何か浮かぶ物にしっかりとつかまって、つかまったら話さないこと、それから、あきらめないこと(never give up!)。3週間屋根の上にいた犬も助かったし、レスキュー部隊がヘリコプターで助けに来てくれるから、助けが来るまでプカプカ浮かんでいるよーに!と。救助された人や犬の話がとても気に入ったようで、津波の時には、高い所への避難、屋根の上や、浮かぶ物の上につかまっていることを覚えてくれた模様(^^)

4歳児検診の時に、お医者さんから、両親のどちらかの携帯番号を言えるようにしておいてください、と言われ、これまで住所が言えればOKだと(日本人の感覚では、迷子=住んでいる場所が言えればOKだと)思っていたのですが、このぐらいの年齢になったら、携帯電話の番号を覚えさせるのがアメリカでは普通らしいということを知りました。まずは覚えやすいダンナの携帯番号から、と思って教え込もうとしていますが、いまいちちゃんと覚えたのかどうか怪しいところ。実際に携帯で電話をかけさせてみないと覚えないかな?という気もしますが、4歳児でも携帯のゲームで遊んだり、テキストメッセージを送ったりできるのは自分の子供時代に比べるとすごいな~と思います。


リリース前祝い

過去数週間開発サイクルが忙しい時期にどっぷりハマっていたダンナ。週末も全員出勤(ほぼ強制的)だったり、毎週土曜日のファミリーファンナイト@スポーツクラブもしばらくダンナ抜きで行っていましたが、今日はダンナも休日出勤から早く帰宅できたので、まずはスポーツクラブに行ってジャックを遊ばせ、その後久々にアルカイビーチへドライブ。久々にシアトルの夜景を見て、その後リリース前祝い用にフルーツたっぷりのタルトとワインを買って家に帰り、映画を見ながら久々にのんびり。確定申告も延長リクエストを出したので、珍しく締め切りに追われていない土曜日でした。

今日買って来たワインはローカルのワイナリーが作っているブレンドワイン(複数のブドウで作ったワイン)。ブレンドワインを飲み始めてからというもの、ブレンド以外は飲まなくなってしまうほどハマっています。

今日のワインはこちら:甘過ぎず、ドライでもなく、スルスルと飲める一本でした。
http://www.coveyrun.com/quail-2006-cab-merlot-notes.php

2011年4月16日土曜日

結局延長、確定申告

今週末にやって月曜日までに提出しようと思っていた確定申告。計算がちょい複雑で間違うと面倒なので、あきらめて延長リクエストを提出。これで10月まで延長になったので、しばらく時間稼ぎにはなったものの、悠長に構えているとあっという間に10月になりそうなので、目標は今月中に終わらせて提出すること、です。

2011年4月15日金曜日

マッサージ

近所に住む友人が今日もランチを差し入れてくれた上、昔ちょっと指圧(ツボマッサージ)にはまっていたことがあるから、マッサージをしてあげるよ~、ということで、お言葉に甘えてマッサージをしてもらったら、かなり背中の筋肉がほぐれた感じでいい感じ。会社の同僚にも素人とは思えないほどマッサージが上手な人がいますが、今日のマッサージもかなり気持ちよく、インド式?の皮をつまむマッサージとやらではくすぐったくて笑いまくってしまいました(特に脇腹付近)
結局お互い夕方までまったりしていたので、晩御飯を一緒に食べて、その後はジャックの勉強を見てもらったりしながらさらにまったり。ジャックは横でレゴブロックで一人遊び中。平和な一日でした。

まだ体が固い部分があるので、そのうちマッサージに行って来なくては!

日替わり背景 ~ オレンジフローラル

今日の日替わり背景はオレンジフローラル。

オリジナルの画像は以下のリンクにあります(↓)

http://www.istockphoto.com/file_closeup.php?id=1794602&refnum=

ローカル情報:締め切りは本日夜11時59分 ~ Good To Go! パス

先日のブログでも、実際の有料化は6月まで延期という話を書いた、SR520 の橋の有料化。ただ、有料化に伴って料金を徴収するのに使う「Good To Go!」パスは近くの Safeway やオンラインでも購入可能で、今日の夜11時59分までに Good To Go! パスをアクティベートすると、有料化開始後に$10分のクレジットがつくという特典があります。


会社から5分ぐらいの所に、Good To Go! Pass のカスタマーサービスセンターがあり、そこで購入すると、3種類の Good To Go! パスの中から自分のニーズに一番合ったパスが購入できます。近所に住む友人が、カスタマーサービスの場所を教えてくれたので、見つけ出す事ができましたが、かなり地味なオフィスなので車で2回ぐらい通り過ぎては引き返し...でした。



場所は Northup Way (20th street) の 130th 132nd の間にあります。ダイビング用品のお店(マリンウエストかな?)と132ndの交差点の小道を挟んだブロックにあります。画材屋さんやギター屋さんがある並びの超目立たないオフィスです。見た感じはいかにもテンポラリーオフィスという感じだったのですが オフィスの人の話では、そこにこれからずっといるそうです。









$5 のパスは、車に一旦貼るとはがせない Permanent タイプ(これを買う人は周囲にはゼロ)
$8 のパスは、貼ったりはがせたりする Removable タイプ (ほとんどの人はこれを購入)
$12 のパスは、専用ホルダー付き(ちょいダサく、$8のはがせるタイプで事が足りるので却下)

はがせるタイプは、他の有料道路でカープール時は無料というような場合に、チャージされないようにはがせるようになっているもの。購入時に「167とかよく通りますか?」と聞かれ「IKEAやレニア山に行くのに使うぐらいですかね~」と答えると、はがせる方がいいですね、とのアドバイス。
というわけでダンナ用も入れて二つ買って来ました。

2011年4月14日木曜日

やっぱり乗ってた ~ 今日は朝からシアトルへ

腰痛もどき、回復しているもののまだあと数日は痛みが残りそうな予感で、寝る時も腰や背中に負担がかからないように気をつけていたのですが... 寝返りを打ったりしてポジションが変わった所を見逃すはずもなく、夜中3時頃目を覚ますと、やっぱり乗ってた(ーー; うちにいる猫の中でも一番重たい猫(体重約7kg)が鳩尾のあたりに愛くるしい姿で寝息をかいていたのですが、どーりで腰痛もどきがよくならないわけだ... と(苦笑)朝になると足元で丸くなって寝ていたりするのですが、絶対夜中に乗られているんだろーなーと思っていたら案の定。
漬物石より重いものをおなかに乗せて寝るのは腰が痛くない時でもち老体にはちょい苦しい時があるというのに...

さて、今日は朝一でダウンタウンシアトルのヒルトンホテルへ行く予定でいつもより早起きして、炊事、洗濯中。ジャックがおねしょをしていたので、パジャマもパンツもシーツに毛布も全部洗濯中で、本人はマスターベッドルームでダディと就寝中。シアトルに行く前に片付けておかないといけない仕事があるので一旦会社に寄ってから、シアトルへ向かう予定です。

2011年4月13日水曜日

牛タンの塩焼き ~ 新宿の「ねぎし」以来

会社の帰りに先月末頃新装開店(店舗移転)した宇和島屋ベルビュー店に寄ってみたら、牛タンのパックがたったの3ドル50セント!牛タンを最後に食べたのは、去年の1月に日本に帰った際に行った「新宿ねぎし」 この激安牛タンパックで恐らく、”ねぎしセット” 5 食分ぐらいありそうで、晩御飯のおかずに即決定!

余計なものは買うまいと思いつつも、ポッキーやら、日本酒(松竹梅の一升瓶が5ドル99セントは見逃せず...)かっぱえびせんもついでに購入。かっぱえびせんですら一年ぶり?

何だかんだと色々買っていたら、今週は25ドル以上買い物をすると、宇和島屋特製雨傘を進呈中とのこと。大人用か耳付きの子供用の傘のどちらがいいかと尋ねられ、ジャックが耳付きの子供用傘が欲しいというのでそちらを一本頂いてきました。結構しっかりしたつくりの傘で得した気分を味わえました。












「新宿ねぎし」で食べた「ねぎし定食」
http://www.negishi.co.jp/menu.html

あぁ~またしても...

今日も腰まわりにスポーツ用コルセットを巻いて出社中。黒いTシャツ以外の上にコルセットをつけているとかなりダサく見えるのが難点ではあるものの、これがないとやっぱりまだ時々体が痛い状態。

そんな状況で今日も仕事をしていたのですが...

あぁ~またしても...

なかなか世の中は緩やか~に平穏な毎日が過ぎていくわけじゃないのだなぁ~と思った午後のひととき。平穏は平穏なのだけれど、またしても変化の波がやってくると思うと、ちょっぴりさびしくもあり、ちょっぴり残念でもあり、春は出会いと別れの季節なんだなぁと思ったのでした。隣のオフィスの同僚と、忙しい時は忙しいけど、こんなにいい仕事もないよね、と、このちょっぴり残念な気持ちを分かち合っていた自分です。さてさて、これからどうなっていくのか、楽しみでもあり、ドキドキでもあり...

MIX 開催中@Las Vegas

今週はラスベガスで MIX 2011 が開催中でした、過去形というか現在進行中。(4/12 - 4/14)
Keynotes の中で個人的によかったと思うのが、Windows Phone 7 (by Joe Belfiore) とうちの Developer Division の Scott Guthrie と Scott Hanselman の ASP.NET の Web Tools デモ。Keynotes は MIX 2011 サイトでご覧いただけます(http://live.visitmix.com/

Windows Phone 7 は今もっている iPhone 4 がもう一回壊れてしまうことがあったら、乗り換えてもいいかな?と思えるのですが、言語サポート(日本語を完全にサポートしてくれていたら)が充実すれば結構よさそうに思います。

会場のマンダレーベイホテルは、ラスベガスでこれまでに泊まったことのあるホテルの中でも好きなホテルで、家族連れにも楽しいホテルです(ホテルの Web サイトを見ていたらラスベガスに行きたくなってきました)
http://www.mandalaybay.com/

2011年4月12日火曜日

やはり腰は大事...

久々に車を運転して会社に来て、朝から椅子に座って仕事をしていますが、くしゃみをしたり笑ったりすると何かの拍子に背中というか腰の上あたりがピキっとくることがあり、油断は禁物な状態。

以前に腰を痛めた経験のある同僚や上司も心配してくれて、色々アドバイスなどをくれたのですが、やはり腰が痛い時にお笑い系の番組は禁物、あとはとにかく固定+安静にしておくのが一番な模様。

続・「ターゲリアー」(^^)

今朝起きて、いつもならねぼすけなジャックの耳元で「ダディがワニかどうか確かめよう!」と小さく囁いただけなのに、パッと目が開いて思わぬ目覚まし効果。

昨晩遅く(深夜)に帰ってきたダンナに、「ターゲリアー」の話をしたら「kinda cute story(^^)」と何でも素直に信じる4歳児のファンタジーワールドについて二人で笑いまくり。

寝ているダンナの元に行って、尻尾がないかどうかをまず確かめ、それから小声で「ターゲリアー、ターゲリアー」と言ったら、ダンナがピクッと動いて起き上がったのでジャックは大喜び。

ダディはワニじゃなかったね。 と言うと、小声で私に「ダディは尻尾を隠しているかもしれない」とちょっとだけダディを疑っているジャック。

おかげで今日はちゃんと遅れず時間通りに保育園へ行けてよかったです(^^)

モグラ原っぱ風ふしぎなつむじ風のつもりが... 「ターゲリアー」

子供の頃に読んだ児童文学で、今もなお記憶の片隅に焼きついている本が何冊かあるのですが、そのうちの二冊が「モグラ原っぱのなかまたち」と「ふしぎなつむじ風」。年とともに記憶が曖昧になり、この二冊の登場人物とあらすじが自分の頭の中でごちゃ混ぜになっているようなのですが、本の虫だった子供時代に夢中になって読んだあのワクワクドキドキ感を、本を読み始めたばかりのジャックにもお裾分け~と思ったのが... ちとマズかった模様(苦笑)

一人っ子で甘えっ子なジャックは、就寝時間になると一緒に寝て欲しがったり、絵本を10冊ぐらい読んでとせがんだり、寝るまで側にいて、お互いに小話(主に笑い話系)なんぞを披露しあったり、とベッドに入ってから寝るまでが結構長い子なのですが、今日はダンナも仕事で帰りが遅く、自分も腰痛で4日ほど寝たきりだった反動で?今日はちょっと不思議系な話でいってみようと、"モグラ原っぱ風、ふしぎなつむじ風”の話をベッドタイムストーリーとして話してしまったのですが、案の定めちゃくちゃ真剣な眼差しで私の話に耳を傾けるジャック。

大筋としては、学校に新しい男の先生がやってきて、その先生がどうも変なのだけれども、みんなにはその「変」なところがわからない。ある時先生が池の前で忽然と消えてしまうのを目撃して以来、望遠鏡を使ったりしながら先生を観察していると、やっぱり池の前まで来ると先生の姿が忽然と消えてしまう。ある時不思議な魔法の言葉を聞いて、先生が実は人間ではなくてワニだという事を知ってしまう。ワニになった先生は池に隠れているのだけれど、誰も見つけることができず(ちなみにワニは獰猛なクロコダイルではなくて手のひらサイズのミニアリゲーターなので池に隠れるとなかなか見つからない、ということにしてあります)人間の時には大きな体なのに、ワニの姿に戻ると小さくなってしまう、というお話。一応安心材料として、ジャックの保育園の先生はみんな女の人だからワニじゃないから大丈夫、と最後に付け足しておしまい。

と、まぁこんな感じの話だったのですが、ジャックの顔を見てあ~マズったかな~と。「ちょっと怖かった?」と聞くと「I think daddy is kinda weird」(ダディ、なんか変だと思う)とジャック。「Do you think daddy is an alligator? 」(ダディ、ワニだと思う?)ゴメンよ~>Daddy
と聞いたら、超真剣な顔で頷かれてしまい、あちゃ~しまった~(なんかフォローせねば)と思ったものの、「ダディに自分達がダディが実はワニだってことを知っていると悟られないようにしなきゃ」(全然フォローになってない~っ)と言うと、”シッ声が大きい”とますます真剣なジャック。こらえきれずに笑ってしまったら、ほんっとに真剣な顔で「笑っちゃダメ、シーッ、聞こえちゃうよ」(ってダディはまだ家にも帰ってきていないのに、既にワニだと決めつけているジャック)。

このままでは怖い夢となって夜泣きされても困ると思い、とっさに魔法の言葉を言えばアリゲーターは手出しできないから、と言うと、「魔法の言葉って何?」とこれまた真剣な面持ちで聞くジャック。え?あ?えーっと(ふしぎなつむじ風の中ではなんだったけな~?と思いつつも全然思い出せず)苦肉の策で「たーげりあ~」と言うと、ジャックが一生懸命その言葉を覚えようとしていて何度も練習していたので、「アリゲーターの逆でターゲリあ~だからね。忘れそうになったら、ありげ~た~、た~げりあ~」

ジャックは「たーげりあー」と何度も言いながらワニの化身かもしれないダンナの事を思いながら、緊張と疲れで眠りについたのですが、ごめんね~ちょっと話がリアルに怖かったよね...と。

明日の朝ダンナに向かって「ターゲリアー」とつぶやくジャックの姿が目に浮かびます。
怖い話系はもうちょい大きくなってからにしないと...

2011年4月11日月曜日

青い鳥を眺めつつ、至れりつくせりな午後

お昼過ぎにカレーを持ってやってきた友人。実は持って来てくれたのはカレーだけではなく、美味しいバルサミコビネガーに、シアトルのどこかのマーケットで買ってきたというエスプレッソの豆入りトフィーに、ホームメード Chai Tea 用のお茶の葉+スパイス。私がカレーを食べている間に、白雪姫に出てくる魔女のように(^^?グツグツとスパイスとショウガとお茶の葉を煮始める友人。日頃からスタバでも注文するのは9割以上チャイラテだけ、というほどチャイティーをよく飲むのですが、スパイスから煮て作るチャイティーはこれが初めて。ホームメードチャイティーにお砂糖を適宜加えて飲んでみると、なかなか上品な味。(スタバのはちょい甘過ぎると思っていたので、お砂糖控えめな味がお茶の味を引き立ててグッドでした)



スパイスとお茶の葉の残りを置いていってくれたので、シナモンスティックを入れて只今グツグツ煮込み中。部屋の中にスパイスから出るよい香りが漂ってきました。

平日でしかも天気のよい日に家に居て、窓の外には入れ替わり立ち代り餌を食べに来る鳥達とフワフワの尻尾のリス達。宅配のご飯にホームメードチャイティー。おやつにはトフィーを食べ、腰が痛いだろうから、とお茶碗も洗ってくれたり、ジャックが散らかしたままの玩具を片付けてくれたりと、まるで住み込みのメイドさんのような至れりつくせりぶり。実にいい一日でした(^^)

さて、明日から本格的に仕事に復帰です。

SR520 橋有料化遅延のニュース

今日のローカルニュースで、今月から始まる予定だった SR520 のシアトルーベルビュー間の橋の有料化が、6月ぐらいまで延期になる可能性があると伝えていました。ワシントン州知事が怒りを露にした様子がニュースで流れていました。有料化に向けて、既に Good to Go Pass (読み取り式料金徴収パス)の発売や、4月15日までにアクティベートすると10ドル分のクレジットがつくとテレビでさんざんコマーシャルを流していたのですが、肝心のシステムの方が追いついていなかった模様。有料化が予定通り始まらなかったとしても、とりあえずそろそろ Good to Go Pass をアクティベートしておかなくては...

カレーを待ちながら ~ 「うれしい!楽しい!大好き!」

今日も腰痛で養生中の身。とりあえず大事なミーティングには電話で参加したり、仕事のメールをチェックしたりしているので、病欠ではなく、家から仕事モード。朝ご飯も昼ごはんも食べていなかったところへ近所に住む友人からテキストメッセージで「カレー作ったんだけど、よかったら持ってくるけど」とのこと。いつでもカレー持ってきて来てちょ~だい、I'm counting on your curry、とメッセージを返し、ご飯を炊いて只今友人を待っているところ。(ハヤクキテクタサレ ← 野口英世の母状態)

待っている間、BGMにドリカムの「うれしい!楽しい!大好き!」を聴いていると、顔が自然とにやけてくるというか、いつ聴いても元気が出る一曲です(^^)

Food チャンネル ~ Barefoot Contessa


腰痛のおかげで3日間テレビ漬けな生活を送っていたおかげで、好きな番組の録画やら NETFLIX の映画をひたすら見続けていました。週末に、作っているお料理がシンプルで美味しそうなものが多い 「Barefoot Contessa」 というお料理番組の録画分を何本かいっきに消化。この番組のホストの Ina Garten さん、ちょっと太めの気のいいオバサン風な彼女なのですが、お料理番組のホストになる前はホワイトハウスの原子力政策アナリストだったり、時々番組に登場するご主人もクリントン政権時代に国際貿易の商務次官を勤めたり、いくつかの企業の取締役を兼任していたり、新聞の経済コラムを書いたりと、Food チャンネルの中でもちょっと異色なホストなのですが、彼女の番組と、Giada De Laurentiis さんの 「Everyday Italian」はどちらもクリーンで洗練された感じが好きです。

実際に色々な料理の本や、レシピがある中で、いまいち作ってみる気にならなかったり、ビジュアル的にも目を引かないものが多々ある中で、これは作ってみたいなぁと思わせるレシピとそうでないレシピの違いは何なんだろう?と考えてみると、手順が複雑過ぎず、準備も簡単(前の日から下準備...というものではなく)、材料がシンプル(聞いた事もないような材料が必要だったりするとその時点でパス)、出来上がりのイメージがキレイであることが自分の中では三大要因。複雑そうに見えるお料理が実は簡単にできる、というのがポイントかな?と思っています。

Ina と Giada の番組に比べるとややチープな感じがするものの、そこが肩肘張らずにいい感じでもある Sandra Lee の「Semi-Homemade Cooking」もお気に入りのお料理番組の一つ。彼女のお料理と盛り付けはアイデアに富んでいて結構活用させてもらっています。

http://www.semihomemade.com/  Sandra Lee の Semi-Homemade Cooking

2011年4月10日日曜日

締め切り間近 ~ 確定申告計算中

いまだに終わっていない確定申告(Tax Return)
とりあえず、書類の束をフォームの種類毎に分けるところまでやって今日は挫折。
これだけギリギリでストラテジーなんて言ってる場合ではないものの、とりあえずダンナと合意のストラテジーとしては、今週中に Tax ソフトウェアで計算してみて、マイナス(払わなければ)だったら、延長をリクエストしてプロの税理士さんのところに行く、もしプラス(戻って来そう)だったら、そのまま提出。どちらにしろ今週が勝負。

腰痛にこれはキツい一発、Gigantic のコマーシャル(笑)

引き続き今日も腰痛でテレビを見ながら半日寝ていたのですが、ティーン向けのドラマチャンネル Teen Nick で流れていた「Gigantic」(巨大?)というドラマの次回予告コマーシャルに、くしゃみをしても背中に響く状態だったのに、爆笑せずにはいられないシーンを見てしまい、「ひぃ~っ、ひぃ~っ、ヒヒヒヒヒヒ~っ」とのた打ちまわっていたら、ダンナが心配そうにやってきたので「いいから、これを見てちょ~だい」とそのコマーシャルの部分をリピートして見せたら、ダンナもそこで笑い崩れ、一体どういうドラマなのか全く知らないけれど、残り3エピソードと言っているので録画してみなくては!と、さっそくTiVoで録画予約。


コマーシャルでは、ティーン男女4人組(のうち一人はとっても太った女の子)がドレスアップしてどこかのレストランの入り口付近で向かい合っている姿が映っていたのですが、その時点で私の笑いのツボはすっかり押されまくり。ジャックがあのくらい巨大なガールフレンドをプロムの相手に連れて来たら、スゴイじゃーん、ジャック!とちょっと自慢にすら思ってしまうかも?と思った自分です。


ちなみに、主役の女の子(巨大な子は脇役らしい)は、アメリカの女優、メリル・ストリープの実の娘なのだとか。格段に美人ではないけれど、かなりお母さん似だなぁと思います。演技力の方は番組を録画した時に要チェックかな、と(お母さんのメリル・ストリープは演技派女優だと思います)


http://www.fanlala.com/gallery/gigantic-teennick/gigantic-teennick-2

プレイデート & 学校選びで家探し

昨日もほとんど半日ベッドで寝て過ごしていたのですが、ダンナと結婚して以来家族ぐるみのお付き合いをしている友人夫妻の子供(ジャックと同じ4歳)からお昼前に携帯に電話があり、「ジャックの家に今晩遊びに来ていいですか?」とのメッセージが留守電に。週末は特に居留守がち(^^;な自分達なのですが、ちょうどメイドさんが掃除をしてくれたばかりなので、家も割と片付いているし、腰が痛いとは言え4歳児からのプレイデートのお誘いを無視するのも申し訳ないので急遽プレイデート&ディナーをすることに。

6時にうちに遊びに来るというのに、結局ベッドから起き上がれるようになったのが午後4時頃。冷蔵庫の中にはおつまみ系は多少あったものの、お酒類がほとんどなく、急遽ダンナにお酒とおつまみ用のチーズを買いに行ってもらい、友人一家がやって来る頃にはきれいに盛り付けも完了。(Food チャンネルを見ていた甲斐がありました(^^)

Kinect で子供同士、双方の親同士でゲーム対決をしたり。友人のダンナさん曰く "Highly competitive" (ものすごく負けず嫌いな)奥さん、らしいのですが、Kinect ゲームはダンナと自分のチームが勝ってもムキになることもなく純粋に楽しんでもらえた模様。

友人夫妻はどちらもインテリ系で教育には熱心な家庭。子供もジャックと同じ1月生まれの4歳児で、来年はいよいよホンモノの学校生活が始まる年齢という話から、実は彼らはうちの近所に引越しを計画中という話に。彼らが今住んでいるシアトルの一軒家は、立地条件としてはかなりいいものの、子供の学校を考えるとうちの近所の学校に子供を通わせるのが一番よさそうだという結論に達したようで、家探し中なのだとか。実際に身近な知り合いが子供の学校のために家を売ったり引越しをしたり、という姿を見ると、住んでいる場所で学校が決まるというのは本当なんだなぁと改めて思いました。

2011年4月8日金曜日

寒かったせい? 病欠

一昨日の晩には雪がちらついたり、ここ数日かなり寒いシアトル近辺。山ではかなり雪が降っている模様ですが、朝一で「今日は病欠」メールを出そうと思ってメールを見たら、うちの上司も、具合が悪くて今日もお休みとのメール。自分も昨日、ジャックを抱えたりした際に腰に余計な力が入ってしまったからか?一旦横になると立ち上がるのにかなり時間がかかる状態に。無理して動くとぎっくり腰になりそうなので、今日は家で寝ていることに。

気温が下がったからか?年のせいで体が固くなったからか?どちらにしろ、腰と背中だけは無理をしないようにと思っています(若かりし頃に一度ぎっくり腰を経験したことがありますが、あれは本当に痛い&怖い経験でした)。

金曜日にやってくるメイドさんが家のお掃除をしてくれている中、自分はひたすら腰を温めてスポーツ用コルセットで固定。あとはベッドで仕事のメールのチェックとテレビでも見て寝て過ごす予定(←文字にしてみると、なんかそんなに悪くない寝たきり生活^^?)

御意見番

好きな格言の中に、

『Great minds discuss ideas, average minds discuss events, small minds discuss people. 』

というのがあります。エレノア=ルーズベルト女史の詩の中にも出てくるこの格言(オリジナルは誰の言葉なのかいまいち不明ですが)とてもいい言葉だといつも思います。

『偉人はアイデアについて語り、凡人は出来事について語り、心の狭い人は人について語る。』

突飛とも思えるほどアイデアに飛んだ人やら、身近な話題を常に10個は持ち歩いているような人から、他人のゴシップ話に花を咲かせている人、と自分の周りにもこの格言をそのまま体現したような人達がいますが、そうは言っても、大震災だの、原発問題だの、凡人に限らず日々の出来事を語らずにはいられない状況がテンコ盛りな今日この頃。

そんな中で、以前にも増してバランスの取れたモノの見方や、しっかりした意見をブログやつぶやきなどソーシャルメディアで発信している人達が最近では自分にとって貴重な「御意見番」になりつつあります。日々のブログ巡回リストに入っている人達のブログやつぶやき等を読むと、今問題になっている事を多角的に見たり理解したりするのに非常に役立っています。感情的な内容や個人を批判するだけのブログやつぶやきよりも、事実やデータに基づいたブログの方が説得力や現実味があり、なるほど、と頷けるものがあったり、やはりきちんとしたものの見方ができる人の書いたものを読むことはバランスのとれた思考につながり、最終的には自分の意思決定や行動にも影響を与えるものだと思っています。インターネットが普及したおかげで、色々な人の意見を読めるのはとても便利なことで、自分にはない知識を持った人達が、それぞれの立場や視点から、発信している情報をこれからも上手に取り入れて自分の中で役立てていけたら、と思います(^^)

御意見番(意味):
豊かな経験と知識とを持ち、偉い人に対しても遠慮なく意見を述べ、忠告する人。(Yahoo 辞書より) http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/0/0na/07218620208000/

「ジャパランティス」と「アシモ全機投入」

今日また空港へカリフォルニアから戻って来た友人を迎えに行った帰り道、車の中で、もし日本が沈んだら、古代アトランティスではないけれど「ジャパランティス」として、未来の歴史の教科書に、ハイテク機器を持った日本人の姿や、ヤマンバギャルの写真、ゴスロリ系の衣装に身を包んだ女の子達の写真が載ったりするのかもしれない、という話をしていました。

「昔ジャパランティスという国があり、人々は最先端の技術を駆使したハイテクガジェットを持ち、お財布携帯なるもので買い物の決算をし、ロボットアニメと何にでも猫ミミをつけてみたりする不思議な人々が住んでいた国」

あとは、アシモの話にもなったのですが...
アシモが踊っているビデオを見たことがありますが、こういう時にアシモを全機福島の原発作業現場に投入して、役に立てばいいのに!と思ってしまいます。(そういう作業をするようには設計されていない、という話も耳にしましたが)等身大ガンダムを作ったりする国だからこそ、こういう非常時にはアシモ全機投入計画というか、アシモに踊り以外の事をやらせて欲しいと思うのでした。複雑な仕事が無理だとしても、放水のお手伝いとか、放射線量の測定とか、アシモ行って来いよ~と思うのは自分だけではないはず、と思うのでした。

アシモのハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアエンジニアのみなさん、日本のためにアシモを役立てる日が到来しているような気がします!(ロボットアニメを見て育った一人としては、リアルなロボットの活躍が見たいのだと思います。)

「お笑いって何?」

子供が生まれてからというもの、独身時代に一緒に飲みに行ったりした友人とご飯を食べたりする機会も激減し、せめて結婚式に来てくれた人達には(離婚でもしない限り)クリスマスカード(か年賀状)を送っておこう、と思い毎年カードをお世話になった友人・知人に送っているのですが、その中の一人が、去年送ったクリスマスカードを今やっと受け取りました(もう4月っすよ)、と律儀にも連絡してきてくれたので、久々に会社のカフェテリアでランチをしました。

彼女もまたうちの会社で働く日本人で、頭もよく、かなり面白く、彼女と一緒にいると笑いが止まらなくなってしまった事が過去にも何度かあり(某レストランでは笑いキノコにでもやられたんぢゃないかと思われてしまうほど)、私にとっては彼女が隣にいるだけでお酒が一滴も入っていない状態でもハイになれるという貴重な存在。まさに麻薬のような面白い友人です。お互い結婚して子供もいるので滅多に会わないのですが、今日は久々に笑いのスイッチが入ってしまいました。

その友人に、震災の後何か変わった?(気持ち的に暗くなるとか、別に日々の生活には関係ないとか)と聞いたら、どちらかというと暗くなっていた、とのこと。震災以来、日本のお笑い番組などを見ても笑えないというか「お笑いって何?」という感じなのだとか。

私も「震災の後、なんだかやる気が出ないというかないというか... ある日突然積み上げてきた物が津波でザーっと流れていってしまう様子を見てしまったからかな?」「あ、でもうちのダンナには、キミは震災が起きる前から、やる気がない~って言ってたよ~とも言われているんだけどね~」
というようなことをランチを食べながら話していたのですが...

話の方向は震災から、日々の生活(子育てからダンナへの不満その他)へと移り「自分は人間じゃないんじゃないかと思うことがよくある」と私が先月シーズンフィナーレを迎えたサイエンスフィクションドラマの「V」の話を交えながら彼女に話していたら、なんでダンナ達は何でも事細かく指示しないと何もできないのか?(まるで犬とか異生物とか宇宙人を相手にしているかのような意思の疎通のなさ)また指示を与えても、指示した事以外まったくできないのは何故なのか?なんで 2cm 横にあるようなものが見えなかった、と言うのか?ちゃんとモノを探さないのは何故?等々)という話で、私も彼女もかなり似たような経験と似たような怒りをダンナにぶつけているんだなぁと思いました。お互いの怒り爆発体験談に妙な連帯感を覚えつつも、なぜ他人の話だと笑い話に聞こえるのかはいまだに謎。

彼女のダンナさんもうちのダンナ同様、のんびりした性格のいい人らしく、怒鳴っているのはもっぱら奥さん側というパターンらしいのですが、うちのダンナに言わせると、自分達は宇宙人ではなく、単に男だからみんなそーなんだよ、と。うぅ~っ(><)

2011年4月7日木曜日

続・学校選び

先日書いた子供の学校選びのブログの続編というかいきなり完結編ですが、ダンナのお尻を叩いて近所の公立のキンダー(幼稚園)と小学校の情報を集めさせたら、色々調べてきてくれて、それによると、学区内に住んでいるから、レジストレーションの時期がきたらレジストするだけで入れるのだとか(本当にそんなに簡単なのか、いまいち信じられない気もするのですが)

ダンナ曰く、うちの近所 (Clyde Hill) にはお金持ちがたくさん住んでいて、公立の学校の予算はそのエリアの固定資産税から賄われているから、Clyde Hill にある小学校はワシントン州の中でも有数のいい学校として評判が高いとの事。子供の学力レベルも高く、英語の他に、日本語、中国語、スペイン語などのクラスもあるらしく、ダンナはまるで将来子供の事を見越してこの学区に家を買ったような話っぷりなのですが、本当に近くに住んでいるということだけが条件だとしたら、ジャックはとてもラッキーかもしれないという気がしてきました。きっとあっという間に保育園から卒園して大きくなって行くんだろうなぁと思うと、ちょっぴり寂しいような気がします。自分は保育園には通わず、幼稚園の二年保育が人生最初の学校(もどき)だったので保育園がどういうものか、これまで全然知らなかったのですが、ジャックを通して(生後6ヶ月から通ってきた)保育園生活は、いい先生や同級生に囲まれて、人生最初の親友を作ったり、大したプレッシャーもなく勉強もできて、楽しい経験がたくさん詰まった場所なんだな~ということを知りました。(卒園する日のことを思うと今からなんだか寂しい気分...)

Clyde Hill 小学校のレビュー
http://www.greatschools.org/washington/bellevue/121-Clyde-Hill-Elementary-School/

4歳児検診

1月末が誕生日のジャック。旅行やら、小児科の予約の詰まり具合やらで結局4月に入った今頃4歳児検診に行って来ました。予防接種(インフルエンザを除く)は今回4種類打ってもらったのを最後に、あとは11歳まで何もないのだとか(親もジャックもこれには大喜び)。赤ちゃんの時の方が注射を何本打たれてもいまいち本人は気づいていないというかわかっていないようだったのですが、3歳ぐらいから注射=痛いということがわかるようになり、今日も最初の二本は泣かずに我慢していたものの残りの二本はさすがに痛かったとみえて泣きまくっていたジャック。とりあえず、オモチャとドーナツとチョコレートとアイスクリームを買ってあげるから、と言ったら泣き止んでくれました(ほっ)

病院に一足先についていたダンナからのメッセージで、一旦家に帰ってジャックのお気に入りのテディベアを取りに行ってきたのは大正解でした。テディベアがいなかったら、ものすごく大泣きしていたに違いないと思います。

成長の具合は... ジャックのクラスメートがみんな大きい(背が高い)せいか、最近ではまったく標準ぐらいなんだろうなぁと思っていたのですが、身長はアメリカ人平均よりもまだ大きい方(75パーセンタイル)で、体重は生まれた頃からずっと痩せ気味の25パーセンタイル。かかりつけの小児科医の先生曰く、これがジャックの体質(細めのアジア人と大きなアメリカ人のハーフ)だと思うから今のままで全然問題ないとのこと。アメリカでは子供の肥満の問題もかなり深刻なので、ガリガリ君でいることはあんまり問題ではない模様。ジャックが75パーセンタイルということは、きっと他の子供たちはみんな90パーセンタイルぐらいなんだろうなぁと今日の検診で思いました。

2011年4月6日水曜日

Michio Kaku@Microsoft 「Physics of The Future」

今日はアメリカの科学番組でも有名な理論物理学者の Michio Kaku (ミチオ カク)氏がマイクロソフトにやってきて「Physics of The Future」と題して講演にやってきました。彼の番組は私もダンナもかなり好きでよく見ていただけにこの機会を逃してはいかんっ!と思っていたのですが、お昼に別なランチミーティングがあったのでやや遅れて講演の行われているビルに行ってみると、部屋からは人が溢れていてしばらく立ち見。

講演、というよりも、彼の番組の一部を大スクリーンでひたすら見ているだけで、あれ?っと思ったのですが、中には「なんだ、ビデオを見るだけなの?」と言って1時間ほどしてから席を立つ人もちらほら。おかげで空いた席に座ることができました。が、質疑応答が始まると、質問に対する回答をキーボードで打っているので、さすがに変だと思い、横にいたインド人の人に聞いたところ、日本の災害に対するインタビューやら、講演やらで喉を痛めていてしゃべれないとのこと(そ、そうなんだ...

しかも回答に使っているのは Notepad !?)結局さんざん最先端の技術だなんだかんだと言っても、一番使える MS アプリって Notepad なんだな~もぉ~と思いながら、Michio Kaku 氏が打ち続ける回答に目を走らせていたのですが... やっぱり彼はスゴイなぁと思いました。ユーモアのセンスもあり、彼の回答に何度も会場内には笑いの渦が。

技術は人を幸せにしない。人は最新技術を恐れる生き物。人は新しいものを恐れるサルから進化したものだから、基本的に新しいものを恐れるようにできている。新しいものを恐れない楽天的なサルは他(の生物)によって既に食べられてしまっている。人は基本的に物事に対して悲観的で、幸せというのは相対的なもの。一部の人達は生まれつき幸せを感じられるようにできている(楽観的で幸せな人達)。技術の発展とともにどんどんプライバシーがなくなっていくけれど、でも一体いつプライバシーが必要なのか云々。
彼の頭の中にあるものを想像するだけでも非常に面白いなぁと思いました。やっぱり物理学者はものの見方が違うような気がします。そして、頭の中が楽しそう(^^) 講演の最後はお決まりの著書の販売サイン会で、たまたまお財布をオフィスに置いてきてしまい、お財布を取りに行って戻ってきたら最後の一冊がちょうど売れたところで残念(><)。

次回この手の講演があったら絶対にお財布を持って行こうと思います。

トモダチ作戦 ~ Operation Tomodachi Mission

アメリカ軍が日本の被災地や福島原発問題に対して様々な支援を行ってくれていますが、彼らが他国の民主主義のためによその国に米軍を派遣する度に、なぜアメリカは自分の国でもない国のために国民の税金を使うのだろう?と疑問に思っていたのですが、こうやって自分の国が助けてもらう立場になってみて、はじめてそのありがたみがわかった気がします。アメリカに限らず、傍観して何もしないオプションもあるわけなのですが、専門家の派遣や特殊な状況下での支援には多額の費用がかかるにもかかわらず、支援の手を差し伸べてくれるのは非常にありがたいことだと思います。(ブーブー言わずに自分も税金を払わねば、という気になります^^;)


http://www.defense.gov/DODCMSShare/NewsStoryPhoto/2011-04/hrs_5590725926_9e3dc9da8b_b.jpg


トモダチ作戦 ~ 米国防総省のニュースより
http://www.defense.gov/news/newsarticle.aspx?id=63439

2011年4月5日火曜日

今週は Bug (虫)

最近うちの保育園では、毎週水曜日の「テーマ」なるものができ、水曜日にはそのテーマに沿ったものを着てきたり、持ってきたりすることになったのだとか。先週のテーマは「スポーツ」で、先生達はマリナーズだったり、シーホークスだったり... 子供達もマリナーズだったり、シーホークスだったり。うちは、え?聞いてないっす~(T_T)と思ったものの、よく見たら、恐竜がサッカーボールを蹴っている絵のついたTシャツをジャックが着ていたのでセーフ。

で、今週というか、明日のテーマは「虫」とのこと。虫がついてるシャツなんてあったかな?と思ってジャックのクローゼットをゴソゴソとやっているうちに、裁縫箱にアイロン用接着テープがあることを思い出し、ついでの以前工作用に買い置きしていたフェルトの箱を引っ張り出して、ジャックに好きな虫の形にハサミでカットしてもらったものを、着なくなったTシャツに接着してできたのがコレ。ジャックも、虫Tシャツプロジェクトに大喜びでした(^^)

学校選び

アメリカの教育システムは日本とはちょっと違っていて、しかも州や都市によっては小学校と中学校が合体しているところやら、出来る子には飛び級もありな国なので日本人の自分には謎だらけ。
なんとなくわかっているのは、いわゆる学校と呼ばれるところへは、4~5歳ぐらいの年齢から行くということ。キンダーガーテン(幼稚園)は日本の幼稚園の年長組相当らしく、小学校に上がる前の予備校みたいなものらしく、そこを経てエレメンタリースクール(小学校)、ミドルスクール(中学校)、ハイスクール(高校)と進学していく模様。

日本の方が教育熱心な親が多いと思うのですが、来年からどこかの学校にジャックも行かなくてはなので、只今近くの学校を色々と調査中。社内に子供を持つ知り合いがたくさんいるので、人気の私立校から近所の公立校まで、感想やら利点、不便な点等を聞いたりしています。会社の近くにある私立の学校は、かなり評判もよく、この秋から日本語のクラスも始まるらしく、ジャックと同い年の子供を持つお母さんからもとてもいい学校だと勧められました。(うちは日本語教育の部分は別になくてもよいのですが、英語のカリキュラムの部分もかなり好評で、しかも会社のすぐ近くなのは送り迎えが便利という利点大)費用も”とんでもなく高い”というのは神話で、実はこれまで保育園に毎月払ってきた額と似たような額。昔の自分だったら、私立のエスカレーター式の学校にはあまり興味がなかったものの、色々考えると、入れれば実は私立の方が楽なのかもしれない気がしてきました。

その人気私立校に二人の子供を通わせている友人に聞いたところ、教育の質もよく、友達の質(みんなそれなりに経済力のある家庭の子供達らしく)もよいとのこと。ただ、唯一彼女が心配するのは、いつか共働きではなくなり、中学や高校から公立の学校へ通うような状況を想定した時に、自分の子供達がその環境でやっていけるのか心配とのこと。そんな事を言ったら大学の方がもっと怖そうだと思うのですが(=親の目が届かないところでドラッグやら未成年の飲酒、性病、事故、差別その他で)アメリカの子供達はそういった誘惑や危ないことから自分で身を守りつつ大きくなっていくものだと思うので、家庭や学校で善悪の区別をしっかり教えることが大事なんだろうなぁと思いながら彼女の話を聞いていました。彼女の話の感じでは、私立校の方が、教育熱心な中国、韓国、日本のようなアジア系が多い印象を受けました。

近所の公立校もかなり評判がよいので(お金持ちがたくさん住んでいるエリアに運良く住んでいるため、学校の設備も教育もかなり充実しているらしい)、そちらも近いうちに話を聞きに行く予定ですが、学校の Web サイトで見ると、生徒の60%が白人で、27%がアジア人、1%が黒人で、残り12%がその他の人種との事。今通っている保育園のクラスもそんな感じの比率なので、イメージ的にはもっとたくさんの子供達が同じクラスにいる、という感じかな?と。

自分の幼稚園、小学校時代を思い出してみても、学校の友達=家族の次に大事な人間関係が形成されて行き、仲良しの子供の親達とも長いつきあいになっていくと思うので、親も子供もストレスをなるべく感じないでこれからの12年余りを過ごせる学校に入れればいいなぁと思います。

確定申告 (Tax Return) の憂鬱

確定申告(Tax Return)の締め切りが今月15日に迫っているというのに、いまだに何もしていない自分達。とりあえず自分の分の税金用書類に目を通してみたものの、タメイキが出そうな数字を見てしまい、俄然やる気が失せてしまったものの、締め切りまでにできない場合には、少なくとも延長リクエストを出さなくては...

去年 Expire 寸前のストックオプションを行使したおかげで、例年よりも確定申告が複雑(&面倒)になってしまった上、どう考えても戻って来るどころか払わなくてはいけなくなりそうで気分はどんより。利益分より税金の方が高くなってるんぢゃないかな?というか、絶対税金でたくさん持っていかれるように税制ができてるような...次回は行使する前によく考えなくては...

2011年4月4日月曜日

笑えないコンシーラー

YouTube はすごい!といつも思うのですが、今回は若い頃にはまったく使った事がなかった化粧品の使い方やら、いつも使っているのにいまいち上手にできないお化粧術を動画で学習。シミやダークスポットを隠すのに使うコンシーラーの使い方ビデオを見ながら、おぉ~すごい、自分でもできた~、と大喜びしていたのですが、一つだけものすごい弱点を発見。

言葉でなんと表現すればいいのかわかりませんが、笑うとヤバイ感じ。使っている化粧品のせいかもしれませんが、笑っていない時しかキレイな肌に見えないってのはものすごい弱点(苦笑) 水分が全部化粧品に吸い取られているような乾燥シワが(まだまだリサーチが必要な模様)

気が付けば4月!

今週中に2ヶ月分ぐらいの仕事を終わらせなくては、なのですよ!毎度の事とはいえ、仕事を貯め込んでしまう自分( ><)

去年の今頃は Visual Studio 2010 のリリースの時期で、一年が経つのがなんとも早い事!!大きなリリースのない年は比較的のんびりなわけですが、ちょっとのんびりし過ぎた感も。

今日からしばらく遣り残した仕事をお片付けモードです。

2011年4月3日日曜日

アメリカ(地元)での募金詐欺のニュース

震災以来アメリカでもたくさんの人が日本のために祈ったり、募金をしたり、物資を送ったりしてくれていますが、そういう状況を利用した詐欺がやはり起きていて、FBI が注意を呼びかけたりしています。


ワシントン州でも、日本人を妻に持つアメリカ人男性が、日本にいる妻方の家族が行方不明で連絡が取れずにいると涙ながらに語り募金を集めていて、チャリティーイベントを企画しさらに多額の募金を募ろうとしていたところ、彼の話が事実と反するという話が持ち上がり、結局奥さん側の家族はみな無事ということが判明し、その男性は現在外部との連絡を絶っているというニュース。本人は日本人の妻の家族を通して、募金を被災者に送る予定だったと言っていたそうなのですが、こういうニュースを見てしまうと、日本人の妻を持っているという立場を利用していただけのようで、情けないな~という思いがします。


この事件のように、色々なチャリティーイベントがある中で、自分が信頼できる筋(人、団体、会社、オンラインサイト)以外はやはりちょっと疑ってしまうというか、途中で経費と称していくらか個人のポケットに入っているのではないか?どうしても信頼度が低くなってしまうのはなんとも残念なところです。こういう事はある程度避けられないので、募金はよく知らない個人が主催しているものではなく、自分が信頼できる筋のチャリティーイベントか信頼できる団体、オンラインサイトでする方が、募金する側も騙されて落胆することもなくてよいと思います。


Skyler Norris 日本への募金詐欺のローカルニュース


復興にかかる費用

日本の大震災の被害者のために、たくさんの個人や企業、アーティストが義援金募集を募っているおかげで、短期間でたくさんのお金が集まっています。個人による高額寄付では、芸能人や有名企業のトップからの寄付金が群を抜いていて、これだけの貢献ができる人達に尊敬の念を覚えます。


ソフトバンク 孫正義氏 100億円、 ユニクロ・ファーストリテイリング 柳井正氏 10億円、 楽天 三木谷浩史氏 10億円、 台湾 長榮集團エバーグリーン・グループ 張榮發氏 10億円、 秋元康氏・AKB48プロジェクト  5億円、 SMAP 4億円、 久米宏氏 2億円、イチロー 1億円

ちなみにうちの会社、米マイクロソフトは 2億円弱(2 million dollar 円高なので2億弱)

海外からいち早く支援活動を始めた米歌手 レディーガガ  1億2千万円(ブレスレットの売り上げ)他、米アーティストによる被災者支援アルバム「SONGS FOR JAPAN」の売り上げもこれからどんどん加わると思うので、義援金は今後も増え続けると思います。


自分達のような普通の一般人から見ると、こんなにたくさんのお金が集まっている!と感動と希望を感じずにはいられませんが、実際に復興にかかるであろう費用は、少なくとも14兆円以上との試算(国民総生産GDPの3%程度)が出ており、それを基準に考えると今世界各地から集まってきている金額を足しても数百億止まりで、一兆円にも満たない状態だと推測しています。(恐らく現時点で義援金が復興費用に占める割合は1%未満) 国が復興のために調達しなくてはいけないお金も(国自体が既にGDPの2倍以上とも言われる)国債を抱えている状態で捻出しなければいけないので、非常に苦しい財政事情が伺えます。もし14兆円を国民(便宜上1億人として)からの均一寄付金で捻出しようとすると、一人あたり14万円。年間とはいえ、一人14万円の寄付を強制されると尻込みする人の方が多いと思います。(個人的には12万=1ヶ月1万円が限度かな、と)なので、高額寄付者(個人や企業)が多ければ多いほど、彼らの貢献によって助けられているというか、個人や一般家庭からの寄付金の額(期待金額)が軽減されているような気がします。


家計でも国家予算でも、基本は収支のバランスが取れていることが健全な状態なわけですが、収支のバランスがマイナスであればあるほど、1円も無駄にできない状況なので、何にどれだけお金を使っていて、限られた収入が正しく使われているかどうかをチェックする事も大事だと思います。基本的には人間の善意を信じたい方なのですが、きちんとした会計検査が行われない状況で、ざっくりお金が配分され、受け取った側もざっくり分配を繰り返していると、どこかで使途不明金が出てきたり、なぜか本来の意図とは違う使われ方をしているような場合も出てくるのではないかと思います。そういう事態が将来に渡って起きないことを祈ります。


有名人の義援金ランキングをブログにアップしている人がいてちょっと興味深い結果に見入ってしまいました。世界のビートたけしが500万円なのが少ない、と言う感想を見て、マイクロソフトが2ミリオン(ドル)しか出さないのは少ない、と言っている人達のことをふと思ったりもしましたが、500万円出して文句を言われるってのもなんだか割に合わないというか... 文句を言っている人達はきっと500万円も寄付していない人達に違いない(と、勝手に決め付けていますが ^^;)

有名人義援金ランキングのブログはこちらから(↓)


震災の影響で自粛モードが広がっているものの、自分の日常生活はなるべく普通の状態を保ちたいところ。それでも被災者の悲惨な状況を考えると普通に生活できていることに罪悪感に似た感情を持つ事も確かで、その感情のギャップを埋めるためにも、何か楽しい事をする度に募金をするようにしています。この方法だと気持ちよく募金もでき、気持ちよく日々の生活を楽しめるのがよいところ。(目安は10%。旅行の費用の10%、iPad 2 の10%を寄付するといった具合)それでも全然14兆円には足りないのはわかっているものの、チリも積もれば山。少しでも復興の役に立てますよう...


SONGS FOR JAPAN、曲が多すぎて、実はまだ全曲聴いていないのですが(この値段=9ドルでこの曲数、有名アーティストのアルバムはお買い得!)好きなアーティストの好きな曲も収録されており、今年の Album of the Year になる事まちがいなしのヒットアルバムでおススメです。