2011年12月31日土曜日

冬休み12日目 ~ 大晦日最後の出会いは、ブッダの手!

シアトルはまだ大晦日の夜(あと3時間ほどで新年です)
今日は夕方やっぱり宇和島屋へ今年最後の買い物に行き、紅白かまぼこの前で悩み、お餅の前でさらに悩み... 結局鮮魚コーナーで鯛を一尾買い帰宅。鮮魚コーナーでまたしても元同じ部署だったMさん夫妻にバッタリ(笑)先日のディズニーストアの前での遭遇と言いかなり縁がある模様。Mさん夫妻が鯛を買っていたのに触発されて、最初は金目鯛か他の小さめの魚でも買って帰ろうと思っていたのですが、それください、と小さめの鯛を買って来ました。塩焼きにすればいいとは言うものの、せっかくの鯛なのであとでレシピをチェックしてみようと思います。

ところで今日見かけた黄色い食材... Buddha's Hand (ブッダの手) なるレモンもどき?がとても興味深くて家に帰るなりインターネットで調べてみたら、やはりレモンの一種な模様。でもレモンのようにジューシーな果実の部分がなく、皮の部分だけの食べ物らしいです。香がよいということだったので、もしかしたら手作りレモン化粧水のレモンの代わりにも使えそうな一品です。

ブッダの手の食べ方を紹介したよいビデオがあったので、参考までに...
Buddha's Hand: Frieda's Specialty Produce 101
http://www.youtube.com/watch?v=xDiWnDlx6f0

今日はもう夕飯も済ませ、日本の親にも新年の挨拶の電話もし、ただいまジャックと二人でまったりとパワーレンジャーサムライを見ながら今年最後のブログを更新中。

今年も一年、仕事と子育てに追われた一年でしたが、この一年のブログを斜め読みしながら振り返ってみると 2011年はかなりいい年だったんだなぁ~という気がします。この一年ほぼ毎日更新してきたブログ(更新できなかった日も少しありましたが)、継続は力じゃないですが、一年分の家族旅行の情報やら、食べ物・レストラン情報、映画や読書感想等々、自分自身の備忘録としても役立っていますが、自分のブログを参考にしてくれている人も多いようで、少なからずみなさんのお役にも立てているようで嬉しいです(^^)ブログの統計データを見ていると、アクセスの多いトピックのデータと国別のアクセスデータが特に面白いです。基本的には個人の趣味のブログなのでかなり独断と偏見が入っていますが、来年も自分だけでなく世界各国からこのサイトに訪問してくれるみなさんにも、多少なりとも楽しんでもらえたらと思います。

冬休み12日目 ~ 大晦日 自己流、邪道だけどこれが「お屠蘇」の決定版?

以前 Mixi だかどこかにも書いた記憶があるのですが、自己流「お屠蘇」ネタをこのブログにも是非記録として残しておきたかったので、お屠蘇にまつわるブログを一本。

子供の頃からお屠蘇が大好きで、一年に一度、しかもちょっぴりしか飲めないところに限りなく惹かれるわけですが、シアトル近郊のお屠蘇事情は年々厳しくなっているような気がします。

昔はシアトルでも年末に日本酒を買うと、お屠蘇(の素)がお酒に無料でついていて、それを使っていた時期もあったのですが、しばらくするとその非売品の(おまけでついていた)お屠蘇を日本酒から切り離し単体で売り始めた某宇○島屋。それってメーカー側の何かの規約に反したりしないのか?と思わないでもないですが、何せこのあたりではそこしか買いに行く場所がないので、お金を出して買った年もありました。(日本から手紙に入れて送ってもらっていた時期もありました。)

そして今年は、税込みで4ドル弱ぐらいで売られているお屠蘇(の素)を買ってきました。高いような気がしないでもないですが、元旦にはお屠蘇を飲みたい一心で購入。

いつの頃からか、お屠蘇にはにごり酒を使うようになったのですが、これが本当にイケるのです!!お屠蘇に使うにごり酒は小瓶(大きくても 300ml ぐらい)が最適。大きな瓶のにごり酒と、小瓶のにごり酒では、小瓶の方が糟の比率が多いように思います(もしかしたら目の錯覚かもですが、小瓶の方がたっぷり白い酒糟が入っているように見えます)にごり酒で作ったお屠蘇は美味しい甘酒のような出来で、元旦と正月三が日は冷やで飲み、残り七草粥の七日目あたりまでの間は、アツアツの熱燗で飲むとこれがまたイケます!

世間一般の人でこのにごり酒で作るお屠蘇の事を知っている人がどのくらいいるのだろう?(もしかして自分が第一発見者?だったりして?)と、検索してみるも、意外なことに、お屠蘇とにごり酒を飲んでいる人や、お屠蘇の代わりににごり酒を飲んでいる人はいるようなのですが、にごり酒でお屠蘇を作っている人はほぼいないっぽい。ということはますますこれって自分オリジナルのお屠蘇の作り方だったりして(^^)

にごり酒自体が甘いので、みりんの入れ過ぎにはご注意ください。ちなみに、お正月前にお屠蘇のお味見をするのは邪道な気がするので、自分はみりんは入れずにお屠蘇の素を漬け込んでおいて、お正月に飲んでみて、もし甘みが足りなかったらみりん(またはお砂糖でも可)を足すようにしています。

お屠蘇の熱燗については、誰かが、お屠蘇は熱燗に限る!と書いていたのですが、これは本当です!!お屠蘇は熱燗に限ります。それもアツアツの熱燗でお猪口に一杯、毎朝、毎晩飲みたくなります(^^)

というわけで、まだお屠蘇の準備をしていない方で興味のある方は是非試してみてください。
ちなみに写真のにごり酒はたまたま近くのお店でその一品しか小瓶としては選択肢がなかったので買ってきたもので、宇和島屋さんに行けばもっと色々なにごり酒があると思うのでお好みの小瓶を選んで試してみてください。

ではでは、みなさま、どうぞよいお年をお迎えください!

2011年12月30日金曜日

冬休み11日目 ~ 年末年始用食糧買い出しで国際結婚をつくづく悔む(><)

今日は年末年始の食糧の買い出しのために日本の食料品を売っている宇和島屋へ行って来たのですが、お餅を買おうか、おしるこ用に小豆を買おうか... ソバよりもうどんが大好きな二人(ダンナとジャック)だから年越しソバではなくうどんだなぁ... とか...

冷凍空輸して解凍したと思われる、桜餅や柏餅が並んでいる棚の前で、ウウム、美味しくないとわかっていても買うべきか否か...としばし悩み、手ぶらで立ち去ったり...

何を買っても、どうせ食べるのは自分だけだろう、と思うと何も買えなくなってしまい、もやもやとした気持ちがどんどん募るばかり。正直子供の頃はおしるこなんて大嫌いで、なぜうちの母親はあんな甘いだけのものをせっせと作るのだろう?と思ったものでしたが、小豆とサトウの切り餅を交互に見ていると、口の中におしるこの味が広がってくるわ、おもちがにゅーっと伸びる感覚が甦ってくるわで、どうにもこうにもおしるこを作って食べねば、という気がしたのですが、お鍋いっぱいのお砂糖+お餅+小豆が自分の胃袋にだけ消えていく... と思うとなんか虚しささえ感じてきて、結局お餅も小豆も諦めて帰ってきたのですが...


結局お料理は喜んで食べてくれる人や家族がいるからこそ作り甲斐があるというもので、この美味しさを共有できない、となると、手間暇かけて一から作る気力がかなり半減してしまうよな~と思うのでした。あまりに恨めしかったので、宇和島屋からダンナの携帯に電話をし「日本のお正月料理の何たるかを理解しないアメリカ人なんかと結婚したから、何も買えないじゃない。どーしてくれんのよ?次に結婚する時には絶対日本人と再婚するから!」と恨み言(言いがかりとも言う?)を言って、年越しうどんの材料を買い、あとはお茶の葉を買って帰宅。緑茶もさることながら、ジャスミン茶も相当好きな自分。ちょうどジャスミン茶のお茶の葉が切れていたので、これまたお茶の棚の前で唸る事10分、いや15分?

中国製のお茶は同じ値段なのに色の違うパッケージに入っていたり、賞味期限開封後2年、製造年月日は底を見てね、と書いてあるものの底には何の表示もなかったり。値段も安いものと高いものの差が激しいのですが、3ドルのジャスミンティーと10ドルのジャスミンティーと30ドルのジャスミンティーの品質の差がいかほどのものなのか?高いお茶を買っても結局中国の思う壺にはまってしまいぼったくられるのではないか?という一抹の不安やら、でなかなか一番高いお茶に手を出せずにいるのですが、お正月に飲むお茶だから、と今回はジャスミンパールティーと安いジャスミンティーの二缶を購入。

家に帰って早速飲み比べた結果...
お茶の葉が丸まっているジャスミンパールティー(左のティーポット)と安いジャスミンティー(右のティーポット)に熱々のお湯を注いで待つこと3分。香りと味の差は歴然。安いジャスミンティーでも結構満足していたのに、並べて飲み比べると安い方は色のついたお湯を飲んでいるかのような味わいのなさ。美味しいお茶は冷めても美味しいのですが、今回買ったジャスミンパールも冷めてからも美味しいお茶でした。

味覚が大まかなアメリカ人には繊細なお茶の味の違いはわからないかも?とは思ったものの、ダンナにも二種類のジャスミンティーを試飲してもらったところ、左のティーポットの方が味と香りが sweet で左側の方が断然美味しいと言っていたので、誰にでもわかるぐらいの違いがある、ということで...

教訓その1-美味しいお茶と安いお茶を並べて飲み比べてはいけない

下手に高いお茶と安いお茶を飲み比べてしまうと、もう安いお茶には戻れないというか(^^;;
お茶缶の中にたっぷり入った安いお茶っ葉を飲み終えるまで、もう絶対に飲み比べはやるまい、と思いました(これまでにも安いジャスミンティーを飲んでいたので、単体で飲む分には、きっとそんなに味気なく感じないのではないかな^^?と思いたいです)

2011年12月30日金曜日が消滅した国=サモア

南太平洋に浮かぶ島国サモアで、なんと今日、2011年12月30日金曜日が消滅したというニュースを見て、え?そうなの?と思ったら、なんとサモアは日付変更線の東にこれまでいたのを日付変更線の西側に変更することによって、貿易やビジネス関係が強いオーストラリアやニュージーランドと同じ時間帯に入ることができ、これまで日付変更線をまたいでいたおかげで起きていた色々な不自由が解消されるというメリットがあるのだとか。

で、実際には何が起きたかというと、12月29日の後、あるはずの12月30日金曜日をすっ飛ばして、12月31日土曜日へ Back to the future (バックトゥザフューチャー)なのだそうです。

What's happening in Samoa on Friday?
Nothing (sort of).
Officially, the day won't exist.

興味のある方は...
英語の記事
http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2011/12/28/144385201/there-will-be-no-friday-this-week-in-samoa

日本語の記事
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2847977/8238406?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

冬休み11日目 ~ 今年最後の平日 So far so good!

今年最後の金曜日。久々に朝から晴れていていい感じ!ここのところ青空をみる機会がなかったので、空が青いだけでも今日はいい日だな~と思えます(^^)

朝はまずジャックを保育園に送り出し、今年最後のお掃除に来たメイドさんが手際よく部屋を片付け掃除機をかけ、トイレ掃除をしてくれている間に家中のゴミを掻き集めて今年最後のゴミ回収に出し、これで気持ちよく新年を迎えられる気がします。

ニュースでは今週末にかけて山ではかなり雪が降りそう、ということで、スキーやスノーボードに行きたい人は会社に「ちょっと具合悪くて...」とお休みの連絡を入れておいた方がよいかも(笑)とまで言っていました。市街地では驚くほどあたたかく、実はTシャツ一枚で外をウロウロしてもそんなに寒く感じなかったり...

午後はお正月用の買出しと、さらに家の中の整理整頓に励む予定。大晦日とお正月は映画とブログと長風呂で読書ができればシアワセな年末年始になりそうです。あ、でも友人宅での New Year Party に顔を出そうか、シアトルのスペースニードルからの New Year 花火を見に行くか、今のところ考え中...

2011年12月29日木曜日

読書:グルメじゃなくてもおススメの 「太ったんでないのッ!?」 檀ふみ、阿川佐和子共著

11月のサンクスギビングホリデーを利用して、ひたすら読書三昧な休暇を送るべくオレゴン州のポートランドへ行った時に日本語のセクションで見つけて買ってきた、檀ふみ&阿川佐和子共著の 「太ったんでないのッ!?」。雑誌のリレーエッセイを本にしたものらしいですが、軽快なテンポでサクっと読めてグルメ志向の人以外にもおススメの一冊でした。

檀ふみと阿川佐和子、どちらも慶応大学出の才女で彼女たちの気さくで上品なエッセイの応酬がなんともいい感じ。紹介文では、贅沢好きの檀ふみと貧乏性の阿川佐和子となっていましたが、檀ふみが書いた「贅沢とはなんだ?」と阿川佐和子が書いた「ディッファレント!」には二人のキャラクターがよく現れていて、あるある~そういうこと!や、いるいる~そういう人!と思える部分があり非常に共感を覚えました。

余談ですが、女友達に対する期待値がとても高い自分は、迷惑な人や、やたら悩み事の多い人や、やたらこだわり過ぎる人や、やたら女の子らしい人や、やたら他人の目を気にする人やら、例を挙げればきりがないほど苦手なタイプの女性がたくさん。人付き合いがよいようでかなり選り好みが激しい(ピッキー)なので、ダンナからは毎度「You don't like people.」(人嫌い)な人の烙印を押されているのですが、そういう自分から見ると、檀ふみと阿川佐和子のような友達関係は純粋に羨ましく思います。教養レベルが同じで、打てば響くような会話が楽しめる相手というのは生涯において宝物のような存在なのではないかと思います。

この本を読んでいたら、日本にいる友人(というか、人生の先輩)のじぇに~さんのことを思い浮かべました。最初に会った頃は、ほとんど同じフロアにいるだけ、という自分にも、小洒落た小瓶に入った香水のサンプル(恐らく海外出張か旅行のおみやげ)を配りにきてくれたお姉さん、という印象しかなかったのですが、その後一緒にしたお食事やら旅行を通じて、じぇに~さんに教わった事が今の自分の価値観の一部になっていると言っても過言ではないほど!ご本人はきっと後輩に何かを教える、というつもりなどさらさらなかったと思うのですが、じぇに~さんの影響というのは結構大きかったです(^^)

ポートランドの本屋さんではこの「太ったんでないのッ!?」 しか買って来なかったのですが、本書の中でも軽く触れていた彼女達の共著で、講談社のエッセイ賞を受賞したという「ああ言えばこう食う」という本も、いつか是非読んでみたいと思います。

11月のオレゴン旅行のブログ
http://underfifty.blogspot.com/2011/11/3-68.html

冬休み10日目 ~ 有料化の橋を渡って今年最後のランチ&ヘアカット

今日で冬休みも10日目。こんなにのんびりしていると真剣に仕事に復帰できなくなるというか、このまま専業主婦になってしまいたい気持ちにかられますが、休暇も終わりがあるからこそ貴重なのだろう...と、来年になったら仕事の事もまた考えようという心境。

お昼頃有料化が始まった 520 の浮き橋を渡って友人宅へ。ニュースで有料化に伴って 520 の橋を使わずに遠回りでも I-90 側の浮き橋を使うか、405 を北上して I-5 へ抜ける人が増えるだろうと言っていましたが、今日の 520 は気持ちよいぐらい空いていて、有料化で交通量が常にこのぐらい減ってくれたら近隣住民としてはこの有料化は大歓迎すべきものかも!?と有料化初日にして思い始めてしまいました。

友人宅でランチの後は、また有料の橋を渡ってイーストサイドへ戻って今年最後のヘアカットに行って本日の予定終了。結局ショートカットほどは短くしなかったものの、長い所は 20cm ぐらいざっくり切ったのでシャンプーと髪を乾かす時間が短縮できてよいかな?と。

明日は今年最後の金曜日で、ゴミの日+メイドさんがお掃除に来る日なので、気合を入れて今年最後の片付け進行中。大晦日とお正月用の買出しもまだなので明日は前半は掃除で後半は買い物+買出しの予定です。

2011年12月28日水曜日

冬休み9日目 ~ スローペース

今日は結局一日家にいて、掃除と洗濯をほんの少しと、ジャックのバースデーパーティーのプランニング=パーティー会場の予約が完了した時点で一仕事終えた気分であとはダラダラ。

クリスマスには具合が悪くて床に伏していた、ハワイの叔父さんの誕生日が今日だったので、ダンナとビデオチャットでハッピーバースデー!とお祝いの言葉を伝えました。今日は調子がよさそうで、Mission Impossible 5 を休暇中の叔母さんと一緒に見てきたのだとか。叔母さんもリラックスした様子で二人の顔を見ただけでこちらもなんとなくほっとしました。

スローペースながらも今日はいい1日でした(^^)

真面目に「丙午」考察 ~ 迷信が生み出した強運現象は 2026 年には止まるのか^^?

日本にいた頃は年末が近づくと紀伊国屋さんの占い本コーナーの一角で翌年の運勢について最低でも3冊ぐらい(星座別、干支別、九星別)はチェックしたものでしたが、シアトルにいるとなかなか本屋さんで立ち読みする機会もなく、冬休み中ということもありインターネットで占いのサイトなんぞをチェックしていますが、そもそもあの手の本を実際に買って行く人がいるのだろうか?という疑問は置いといて、占い自体については実は半分ぐらいその「効果」を信じている自分。占いの効果については別ネタで書きたいぐらいなので、ここでは省略ですが、一言で言うなら、占いの心理的効果は本物だろうと思います。

来年の運勢について検索していたら、丙午に関するある面白いスレッドに辿りつきました。古いスレッドですが、オリジナルのスレッドを読みたい方はこちら【強運】丙午を語ろう【最強】を是非(^^) 要約すると、丙午は本人だけが強運を享受し、周りにいると運気を吸い取られてボロボロになるから注意!みたいな(笑)「あんなの家族にいたら大変」とも(_≧Д≦)ノ彡☆ バンバン!!

家族に丙午がいる人達にとって、これがいかに正しいか痛いほどよくわかるのではないかと思いますが、周囲の苦悩と最強かどうかは別として現存する丙午は1906年生まれか1966年生まれの二世代のみ。人口ピラミッドを見てもわかるように、丙午の年の出生率の落ち込み具合は一目瞭然。この出生率の落ち込みが、本来ならば学歴競争社会でお受験などが加熱しはじめていた当時の子供達に、通常ならば「狭き門」だった難関もやや「広き門」となり、一歩間違って別の年に生まれていたら、大学にも入れなかったような人でも合格できてしまうような強運をもたらしてくれたのが丙午の年だと思っています。

丙午は本人だけが強運を享受する、というのも実は非常に正しい見解で、丙午の周りにいても特にラッキーのお裾分けを享受できるわけではないのでした。ただこれにも例外があり、唯一丙午の周りにいてラッキーのお裾分けをもらったのが、翌年の3月31日までに生まれた未年(ひつじ)の子供達。彼らは丙午ではないものの、丙午と共にその後も数々の広き門を一緒にくぐって、大学を卒業する頃には(浪人、留年等で期を逃さなければ)これまた史上最強の売り手市場という、バカでも就職できる未来が待っていてくれたのでした。

実際に自分も丙午の一人として、強運か弱運か?と聞かれれば、絶対に強運な方だと信じて疑わないのですが、そんな丙午の一人として、丙午はそんなに迷惑な人達なのか?についてこれまでにも何度か考えてみたことがあります。自分も含め「丙午世代ってろくでもない人が多いよね~」が口癖なのですが、実際に迷惑だった人達の事を思い出してみると、同年代ではない人の方が多かった気がしますが、半端じゃなくカッ飛ばしてくれてたのはやはり丙午世代だったかな^^?

なにはともあれ丙午世代には本当に変な人が多い、と思っています。でも、類は友を呼ぶ、なのか、初対面で話をしていて、あれ?この人なんか変わってるけど面白い、と思ったら同年代だった、ということは多々あり、そんな愛すべき変人な友人達から「オマエ、ほんっとに変わってるよな~」(アナタに言われたくなくってよ^^;;)とか、「ね~みんなから変わってるって言われるでしょう?」(その言葉そっくりアナタにお返しします)とか、自分以上に変わっている人達から、変わっていると言われると非常に心外だったりもします。

あとは丙午は性格が激しいのか?について、ですが、男女雇用機会均等法など、時代が後押しした、という背景もあると思うのですが、特に女性は、女の子だから高卒や短大で... という風潮から、大卒・院卒が増え、事務系の一般職だけでなく、総合職への女性の進出が目立ち始め、職場で男性と対等に渡り合ったりする女性が増え始めた時期と重なるのだと思います。今にして思うと、自分もかなりやんちゃな新入社員でした(笑)そんなこんなで強い女性が目立ち始めた時期にちょうど丙午世代がいて、気の強い女性達の時代が形成されていったのではないかと思います。自分の知る限り丙午世代は割と自由奔放に好きな事をやっていても特に世間から爪弾きにされることもなく、苦労人タイプの人よりもよく言えば楽天的、悪く言えば脳天気な人が圧倒的に多かった気がします(^^)

さて、次の丙午世代が誕生するのは 2026 年ですが、迷信による人口減少によってもたらされた強運(幸運)は次の丙午世代にはあまり期待できそうにない、というのが個人的な見解です。今の日本の出生率の低下ぶりと老人人口が増大する逆三角形の人口ピラミッドを見る限り、次の丙午世代の出生率がガクンと下がれば将来の税金の負担率が大きくのしかかるだけで、逆に多少でも増えた方が若い層で年寄り大国ニッポンを支えるのにはよいのかもしれません。その頃には、丙午の女の子は気性が激しいから... 云々と言う大人の数自体が減っているのではないかと思います。

ところで、丙午ではないですが、自分達よりも先輩格で働く女性がここまで来たか!という点で今でも覚えているのが、日本人女性で初の宇宙飛行士になった向井千秋さん。でも実際にはダンナさんの向井万起男(まきお)さんの方が強烈なイメージ(キタ━(゚∀゚)━!)として記憶に残っていますが(^^;

最後に... 気のせいかもしれませんが、丙午の男性って割りと影が薄いような気がするのですが、彼らもまた強運世代で、苦労知らずな人生をかれこれ40年以上送っているのだと思います。女性に比べて同期だった男性陣はみんなわりと穏やかでまっとうな人が多かった(一部の友人を除き)ような気がするのは、気のせいなんでしょうかね^^?

冬休み9日目 ~ 行きはよいよい帰りはトホホ...な徒歩通学

只今水曜日のお昼過ぎ。1分たりとも無駄にしたくない冬休み本番真っ最中のはずなのですが、窓の外は雨。しかも今朝はジャックのおかげで思わぬエクササイズができたこともあり、家に帰って来た頃には眠くなっていた自分。

一家揃って同じ風邪をひいていて、潜伏期間の違いから自分が一番最初に回復に向かっていて、ダンナが二番手、そしてジャックが昨日あたりから鼻詰まり状態なのですが、元気そうにしているので朝から保育園へ。食欲がない、と言っていたので、チョコレートミルク(うちではチョコレートはエネルギーの源として扱われているので^^;)を一杯飲ませて外へ出たら、なんとも涼しい風が吹いていて、年末にしては暖かくて気持ちよい気温。風邪気味で食欲がないと言っていたジャックが「保育園まで歩いて行きたい!」(え?マジっすか~^^?)と言い張るので、うーん、じゃあ歩いて行ってみる?ということで、一路保育園へ。ちなみに保育園までは車だと5 分程度。ただし時速 40 km ぐらいのスピードで走って 5 分。

運よく風も心地よく、道路の交通量もそんなに多くなく、来年まで延々と続く道路工事をやっているエリアも仮の歩道もできていて、比較的安全に Bellevue Way の坂道を下ってカークランド方面へ。約 30 分ほどで保育園に到着... と、ここまではよかったのだけれど、帰りは行きに下った分だけ結構な上り坂。同じく 30 分ほどで家に辿りついたものの、行きと違って汗ダラダラかきまくり。寝起きにジャケットをひっかけて出てきただけだったので、ジャケットの下はノースリーブのタンクトップ一枚で、ジャケットを脱ぐにも脱げず、防風、防水加工のジャケットの中は汗びっしょりでした(><)次回はせめてTシャツぐらいは着て出かけようと思います。

上りがキツいことと、タンクトップしか着ていなかったことを除けば、お天気がよくて時間さえあれば徒歩通学は朝から適度な運動にもなり、ジャックにも自分の健康にもよさそうなので、これからも機会があれば時々歩いて通うのも悪くないな、と思いました(^^)こういう時に専業主婦ライフに限りない憧れを抱いてしまいますが、そういう機会が自分にも巡って来ますように!!

2011年12月27日火曜日

冬休み8日目 ~ 今日の達成率36%

本日のやる事リスト(To Do List) 25 件のうち、今現在 9 件ほぼ完了。達成率で言うと 36 % といったところ。一日にできる事自体が 10 件ぐらいなのかもしれない、と思うと、毎日 10 件分のやる事をリストにして達成率 100 % を目指せば実りの多い一日の積み重ねに... なってんのか^^?... いや残っている事は残ったままだから、やっぱり実ってないんぢゃないのか^^?という素朴な疑問は置いといて... アフタークリスマスセールに行けたのは本当によかったです。ベルビュースクエアモールの駐車場に入るまでが長い列だった上、入ってからもなかなか空いているスポットを見つけられず、アフタークリスマスセール恐るべし!と思ったのですが、それでも無事に収穫もあり行った甲斐がありました。ディズニーストアの前で、昔同じ部署だった才女のMさん一家にばったり会い、その後自分もディズニーストアを軽く流して出てきたのですが、子供を持つまでは、ディズニーストア(直営店)なんて親の足元を見たぼったくりの店なのでは?と思い込んでいたのですが、実際には頻繁に半額セール等をやっているおかげで、逆にアフタークリスマスセールだからといってそんなに激しく値下げしているように見えなかったのは気のせいかな?

今年も去年同様に会社から 50 ドル分のギフトカードをもらったので、今日のやる事リストの中に 50 ドルを使い切る!という楽しい目標もあったのですが、とりあえずその目標は明日以降へ持ち越しとなりました。ちなみに去年は Estee Lauder の美容液セットでした。

お掃除系のやる事は全然ダメで、年末最後のゴミの日(金曜日)までにいっきに片付けたいところ。もしまたダンナがゴミを出し忘れたら、大晦日にマジ切れしてそうな気がします。

冬休み8日目 ~ 今日から本格的に冬休み!

クリスマスも誕生日も終わって、今日は平日でもあるので、ジャックは朝から保育園。おかげで自分にとっては今日からが冬休み本番!買い物やらお掃除やら(結局部屋はクリスマスの間も激散らかり状態でした)自分のやりたい事をやる時間が毎日 9 時間ほどできるので、1分たりとも無駄にしたくないところなのですが、テレビの前に座ったらやっぱりダラダラしてしまった午前中。午後はアフタークリスマスセールに行く予定(とっととシャワーを浴びて着替えて出かけないとっ)

ジャックは、クリスマスプレゼントでもらった爆丸(ばくがん=BAKUGAN)をポケットに入れて保育園に行ったら、同じように爆丸を買ってもらった友達が嬉しそうに爆丸を手に駆け寄って来て嬉しそうでした。日本の幼稚園や小学校の記憶だと、私物(玩具の類)は学校に持って来ないように!ときつく言われていた気がするのですが、アメリカではそんなにうるさく言われない模様。もしかしたら公立の学校に行くようになったら、校則が色々とあるのかも?

保育園に玩具を持って行くと、誰かに取られたり、失くしたり壊れたりして泣いたりしないか?とやや心配なのですが、これまでの所そういったこともなく、逆に仲良しの友達と玩具を交換して帰ってきたり... イマドキの4~5歳児って結構紳士なんだなぁと感心したり。

みんなが持っているからジャックにも買ってあげる、という事はしない方針なのですが、それでも、流行りの玩具をみんなが持って来ている時に、ジャックも自分のお気に入りの爆丸を持って遊びの輪に入って行けるのは純粋に子供らしくて、まぁいいんじゃないのかな?という気がします。自分自身もそんなに何でも欲しいものを欲しい時に買ってもらった記憶はないのですが、それでも「なんで自分だけ買ってもらえないんだろう?」と卑屈に思うようなこともほとんどなかったので、自分の子供にも、よほど高価なものでなければ、年齢に応じて持っていて妥当だと思える玩具は、勉強を頑張ったり、よい事をしたり、お手伝いをしてくれた時のご褒美として買ってあげるのはよいかなと思っています。

2011年12月26日月曜日

冬休み7日目 ~ 一家揃って CANDY LAND

ダンナからのクリスマスプレゼントの一つだった CANDY LAND (キャンディランド)は日本で言うすごろくゲームに似たファミリーゲームで、アメリカ人だったら誰でも知っている(か幼少の頃に遊んだ事がある)ゲームらしいのですが、日本人の私は今年が初体験。こういうゲームは、みかんでも食べながらコタツを囲んでやりたいよな~とつくづく思うのですが、3歳以上の子供からお年寄りまで(4人で)遊べる楽しいゲームでおススメです(^^)

割とサクサクと進むので1ゲーム10分~15分程度で終わるのもお手軽でよいです。日本だと一家に一つ人生ゲームがあった時期があったと思うのですが、あの人生ゲームもオリジナルはアメリカで、CANDY LAND を製作販売している Hasbro Inc が人生ゲームのメーカーでもある模様。ファミリー向けボードゲームからジェンガまでロングセラーなゲームを手がける Hasbro。CANDY LAND もロングセラーの一つですが、一度でも遊んでみるとロングセラーなわけがよくわかる楽しいファミリーゲームです(^^)

サイコロの代わりに色やキャンディーの絵がついたカードを一枚ずつめくって行くのですが、青が二つついたカードだったら、青色のマス二つ分移動できるといった具合。キャンディーの絵柄が出たら、その絵柄のマスまでいっきに移動(または逆戻り)で、ほのぼのしたキャンディランドでもハラハラドキドキの局面も結構アリで大人でも楽しめるゲームでした。


CANDY LAND のサイト
http://www.hasbro.com/games/en_US/candyland/

お料理備忘録:失敗しないローストビーフとソースのレシピ

今年のクリスマスはターキー(七面鳥)ではなくローストビーフが食べたい!というダンナのリクエストにより、今年はローストビーフを作ったのですが、つくづく IT 世代のクッキング事情はこの 10 年ほどで飛躍的に簡単・便利になったなぁ~と思います。お料理の本を見ながら文字ベースの情報を元に新しいレシピに挑戦するのがうちの母親や祖母の世代だとすると、自分達の世代はインターネットでレシピを検索し、その中から簡単で失敗しなさそうなものをさらに絞り、実際の手順を写真やビデオで見て(1時間のクッキングを3分のビデオで学べてしまう!)実際に調理する...これって映画「Matrix」 で Trinity(トリニティ)がヘリコプターの操縦方法を短時間でダウンロードしてマスターしてしまうのに似ているな~と思うのは自分だけかな^^?

基本的には牛肉と塩、ブラックペッパー、オリーブオイル(サラダオイルでもオッケー)と粗びきマスタードとオーブンがあれば簡単に作れるローストビーフ。日本語のサイトでレシピを検索していたら、フライパンで外側を焼いてからオーブンに入れる方法を紹介していましたが、ワンステップ増えるもののきっと仕上がりは美味しいのではないかと思います。

今回は限りなく簡単な方法で作りたいと思ったので、ローズマリーのようなハーブ類も使わずシンプルに行ってみました。所要時間は1時間強ですが、準備の時間はソース作りも含めて15分程度と非常に簡単です。

今回使った材料
牛肉 3 ポンド(1.5kg ぐらい)
塩 (適当にたくさん)
粗びきブラックペッパー(適当にたくさん)
オリーブオイル(適当、小皿に一杯分ぐらい)
粗びきマスタード(適当、大匙三杯ぐらい)

ソースの材料
シャロット=ミニ玉ねぎ(玉ねぎでも可)
ガーリック
赤ワイン
ビーフストック(ビーフブロス、なければただの水でもオッケー)
Au jus ソース(瓶入り)フランス語らしいですが、肉汁のブラウンソース

作り方:
1. 忘れなかったら、調理を始める30分~1時間ぐらい前に牛肉を冷蔵庫から出しておくとよいです。常温に戻さなくてもうまくできますがお料理サイトで美味しく作るコツとして推奨しています。
2. 塩コショウを牛肉全体にまんべんなく塗します。
3. オリーブオイルと粗びきマスタードを混ぜたものを塩コショウをした牛肉全体にまぶします。
4. そのままオーブンに入れて、50分ほど焼きます。この時の焼く温度ですが、華氏375度(摂氏190度)でややゆっくり焼くか、華氏425度ぐらい(摂氏215度ぐらい)でやや強火で焼くか、お好み次第です。ローストビーフの醍醐味は中が美味しいピンク色(またはレアが好みの人は赤みの強いピンク)に仕上がっていることで、中まで完全に焼きすぎないことがポイントです。適当にオーブンで焼いていても40分~1時間以内に肉を取り出せばまず失敗しないです(^^)

5. 時間が来たら牛肉をオーブンから取り出し、アルミフォイルでゆるく包んでそのまま常温で20分ほど放置します。この過程で中までさらに熱が通り美味しくできあがる上、やや冷えた頃が肉をスライスするのに一番適しています。

今回参考にしたローストビーフの作り方(ビデオ)
http://www.videojug.com/film/how-to-make-roast-beef


ローストビーフの作り方同様に、ローストビーフのタレの作り方も色々情報がありますが、タレの味次第でさらに美味しくなるローストビーフ。正式な作り方は、ローストビーフから出た肉汁に小麦粉と赤ワインとビーフストック(ビーフブロス)でブラウンソースを作るのですが、日本だとどちらかというとコクのあるケチャップソースっぽい味のソースが多いかと思います。

今回は既に瓶詰めの Au jus ソースを使う事で、超簡単ながらもかなり本格的なソースを実現。ダンナにも大好評でした。

失敗しないローストビーフのソースの作り方:
1.  小さなお鍋にシャロットの微塵切り少々とガーリックのスライスを入れて強火で炒めます。(バターでもオリーブオイルでも、お好みのオイルでガーリックとシャロット(フランス語ではエシャロット)をこんがり炒めます。なくてもよいですが、これがあるだけで本場のソースっぽいフレーバーになります。

2. 瓶入りの Au jus ソースを瓶の半分ほど入れます(全部入れないのがコツ!残った分は必要に応じて味の調整に使えます)

3. ビーフストックを適量(半カップほど?)加えます(ソースのとろみが減って水っぽくなりますがそのままグツグツ強火で煮込むので問題ないです。

4. 赤ワインを加えます。これもお好みでたくさん、または少しだけ入れてください。この時にガンガン強火でアルコール分を飛ばしてください。味が濃い分には問題ないですが、薄いな、と思ったら、残りの Au jus ソースを加え、そのまま沸騰させて水気をやや飛ばすといい味になります。

その他、ローストビーフのレシピで参考になった情報:
ローストビーフのレシピでおススメなのが同じ会社のPさんの塩釜ローストビーフ
(塩釜ローストビーフのブログをこのサイトでも紹介させていただきました>Pさん)
http://blog.livedoor.jp/yukari_k/archives/52470474.html

こちらはYouTubeで見つけた塩釜ローストビーフの作り方(こちらもなかなかよさそう!)
http://www.youtube.com/watch?v=S_s1VpYRq0U

冬休み7日目 ~ 誕生日 & 69ヶ月アニバーサリー

冬休み7日目の今日は自分の??回目の誕生日+毎月恒例のアニバーサリーの 69 ヶ月アニバーサリー。日本との時差の関係で、アメリカでの25日=は日本の26日、ということで、昨日のうちにクリスマスツリーの下にあったクリスマスプレゼントと誕生日プレゼントを全部開けてしまったので、実はどれが誕生日のプレゼントでどれがアニバーサリーでどれがクリスマスプレゼントだったのかいまとなっては謎な状態。お礼状を書くときにちょい苦労しそうです。

ところで、ここら辺で日本風のクリスマスケーキが買えるお店、というと会社の近くにある台湾系の Regent Bakery & Cafe。クリスマス当日にも営業していて、無事にクリスマスケーキ兼誕生日ケーキを買えました(^^)開いていてよかった~(ほっ)中がフワフワでクリームとスポンジが3層ぐらいに重なっているケーキは日本では一般的なのですが、ダンナ的にはアメリカではあまりないケーキだと言いつつも美味しい、美味しいと食べていました。ちなみに2週間ほど前に誕生日を迎えたダンナのバースデーケーキも Regent Bakery & Cafe のケーキで、ダンナのお気に入りは ブラックフォレストケーキ 

さすがに四捨五入すると次の世代の仲間入りできるほどの年齢に達すると、メタボは進むわ、やや老眼気味やら、今まで以上に体力の低下を感じます。お肌の曲がり角ならぬ、健康の曲がり角、という感じで、骨折したり筋肉痛にならないように、かなり気をつかうようになってきました。筋肉でも関節でも、使い過ぎにならない程度に運動するという、微妙な加減が難しい。会社の医療保険も再来年以降はこれまでにはなかった自己負担額が増えるので、今まで以上に病院要らずな生活ができるように、ほどほどに健康でいたいものです。(案外老人向けのエクササイズなんぞが無理のないエクササイズとして中高年にも有効だったりして^^?)

2011年12月25日日曜日

冬休み6日目 ~ メリークリスマス!

日本から一日遅れでアメリカも今日はクリスマス当日!
朝早く目が覚めたジャックが、ベッドルームへやって来て「マミー、ダディー起きてプレゼントを開けようよ~」と言うものの、昨晩遅くまでハリーポッターの最終章の DVD を観ていた自分達は眠くて眠くて、「うーん、もうちょっとしたら起きるからね~」と言いながら、ベッドから抜け出せずにいること3時間!さすがに、クリスマスを待ちわびている4歳児を3時間も待たせている罪悪感の方が眠気より勝りゴソゴソと起き出した二人。
 ジャックはずっと欲しがっていたネイビーの空母艦の箱(一番大きい箱)を開けると、それだけでもう超ハッピーな様子で遊び始め、自分はまずコーヒーを一杯飲んで目を覚ましてからプレゼントを開け始めました。毎度の事ながら小さな家族なのに誰がこんなに買っているんだか?と思うぐらいプレゼントがいっぱいで、全てのプレゼントを開けるのに1時間以上かかりました。
その間フロリダにいるお義母さんやお義母さん側の家族と iPad でビデオチャットをしたり、ハワイにいる叔母さんと電話で話したり(残念ながら末期ガンを患っている叔父さんは具合が悪くて電話で話すことができなかったのですが)... ダンナの従兄弟?もどき(双子で二人とも新米のお医者さん)のうち一人は奥さん(もお医者さん)がオメデタで、双子のもう一人は来年結婚の日取りが決まったとのことで、フロリダ側はおめでたいニュースでいっぱいのお祝いモードのクリスマスを過ごしている模様(^^)
ジャックが一番たくさんプレゼントをもらっていましたが、ちょっと貰い過ぎかも?と思うほどたくさんの玩具。甘やかされてるよなぁ~と思う反面、子供時代のクリスマスの楽しい思い出としてジャックの心の中にずっと残ってくれればいいなぁと思います。いつかジャックが親になった時に、同じように子供に楽しいクリスマスを経験させてあげて欲しいと思います(^^)

今年はお義母さんからもダンナからもスパのギフト券がプレゼントに入っていて、これはかなり嬉しいプレゼントでした。お義母さんからは SPA Finder のギフト券だったので、近所にたくさんあるスパの中から提携しているスパを選んで試すことができ、ダンナからは、うちの会社が提携しているスポーツクラブ内の高級 SPA のギフト券だったのでこちらも楽しみ。ダンナには今年はこれだ!と思うものを見つけることができなかったので、レストランのギフト券などお手頃なものだけになってしまいちょっと申し訳ない気も... 。ダンナにあげたプレゼントのうち、難易度高の球形パズルが強いて言えばお気に入りの一品です。ジャックは手書きの絵をラッピングしてはみんなの靴下に入れてくれたりして、それもとってもかわいかったです。

ダンナとジャックはスターウォーズの DVD を観ながらまったり。私はそろそろローストビーフをオーブンに入れなくては...というわけで、Merry Christmas to you!

2011年12月24日土曜日

冬休み5日目 ~ クリスマスイブの夜

クリスマスイブも残りあとわずか。
今日は古くからの友人夫妻とランチをした後、クリスマス前の最後の買い物に行く予定だったのですが、食後にちょっと昼寝をしようと思ったのがまずかった(><)起きたらなんとあたりは真っ暗で夕方5時半過ぎ!

クリスマスイブとクリスマスの夜はお店が早く閉まるというので、あわててジャケットをひっかけ食糧を調達に!!(冷蔵庫には野菜しかなくて大慌て!)閉店間際のお店はかなり混んでいましたが、無事にお肉やらアップルサイダーやらアップルパイを買って帰宅。食べ物の選り好みが激しいジャックが美味しい!と言って食べてくれたので、簡単ながらも美味しい手作りディナーでイブの夜をクリア(^^) いつもならダラダラと夜遅くまで起きているジャックもこの二日は早く寝て早くクリスマスになって欲しいようで、今日もお風呂の後すぐに寝付いてくれました。明日はいよいよクリスマスなので寝る前にサンタさん用のクッキーをお皿に出して子供部屋におとなしく戻って行ったジャック。毎朝起きる度にプレゼントの箱が増えている...というのをここ数日繰り返していたので、明日はこれまで待ち続けていた一番大きい箱のプレゼントが置いてあるのを見て大喜びするジャックの姿が目に浮かびます。

明日の晩はローストビーフを作る予定なので、美味しくて失敗しないレシピをチェックするのと、昼間のうちにまたお肉を買いに行かねば!と思っています。あ、クリスマスケーキも買いに行かねばでした!子供にとっては超楽しいクリスマスですが、親にしてみると結構忙しい(プレゼントの準備やら、お料理やら何やらで)二日間です。

冬休み5日目 ~ クリスマスイブ

日付も変わって今日はクリスマスイブ。ジャックも自分の部屋でよい子に寝てくれて、これで残りのプレゼントを包んで靴下に入れられます(^^)

自分の靴下にはジャックが作った手作りプレゼントが入っていて、明日になったら開けてみてね、と嬉しそうでした。お金の価値がまだよくわからないこのぐらいの年齢の子供って、手作りのギフトを作ったりしてかわいい年頃だなぁと思います。お店で売っているものよりも愛情を感じるのですが、こういうのを作ってくれる時期というのは本当に短い間なんだろうと思うと、紙の切れ端に描いた落書きみたいなものも捨てられず、かなり紙類がたまっているのですが、やはり自分の子供の描いたものは何でもかわいく見えるので不思議です(かなり親バカ入ってます)(^^;

クリスマスイブにはプレゼントを一個だけ開けてよいというルールがあって、ジャックもそれを楽しみにしているので、朝が楽しみです(^^)

2011年12月23日金曜日

冬休み4日目 ~ ガタン、ブォーッ(クリスマス前の最後のゴミ回収車が行ってしまった音)

朝から色々なゴミをあちこちから掻き集め、リサイクルと生ゴミと分別してゴミ箱へとせっせと運んでいた自分。二階にいるダンナに、マスターバスルームに置いてある猫トイレの掃除を何度か頼んでおいたのだけれど、返事だけは返ってくるものの、掃除をしている気配もなく...

そのうち家の前にトラックが止まる音が一瞬して、ブォーッと去って行く音が!

クリスマス前の最後のゴミ回収車が行ってしまったぢゃないのよぉ~っ!!
どーしてくれんのよ!!
猫トイレを掃除して、猫砂を捨てて置くように朝からあんなに頼んでおいたのに!!

「え?てっきりキミが(シビレを切らして)やるんだろうと思って(何もしてないけど、それがなにか?)」と言われ、てめぇ、殺す!と、ほとんど殺意を覚えてしまいました。

クリスマスを目前にとても殺気立ってしまった自分。ダンナめ、どうしてくれよう!?

2011年12月22日木曜日

冬休み3日目 ~ アートギャラリー&ビーチを散歩3時間半

冬休み 3 日目の木曜日。天気予報では昨日よりもさらに気温が高くなると言っていたのは本当で、ホテルをチェックアウトした後、ダウンタウンキャノンビーチのカフェでランチ。ランチの後はダウンタウンキャノンビーチ内のギャラリーでは一番気に入っている Dragon Fire ギャラリーへ。 でもジャックの心は既にビーチにあり、で、早く長靴に履き替えてヘイスタックロックへ行きたいと言い続けていました。
ギャラリーの後はビーチへ。今日の目標は、ヘイスタックロックの遥か向こうに見える大きな岩まで辿り着く事。ヘイスタックロックよりも北から歩き始めたので、かなりの距離を南下(多分片道3キロぐらいあったかも?)昼間はビーチに反射する太陽の光のせいでかなり温かく、ジャックは途中からジャケットを脱いで歩いていました。

ダンナはヘイスタックロックの北から、遠めに見える岩まで歩くのは数時間かかりそうだと思い、行きはよくても帰りにまた出発地点まで戻って来るのは大変だろうと「じゃ、ボクは車でヘイスタックの南側にある公園に先に行ってるから...」と車でブォォォォーンと行ってしまい、ジャックと自分はビーチをテクテクてくてく歩くこと40分ぐらい?しびれをきらしたダンナが南側からビーチを北上してきたところでやっと合流。一旦車に戻って、さらに長距離のお散歩用にジャックの長靴を普通の靴に履き替え、エネルギー切れだというジャックはチョコレートをいくつかポケットに入れて、またビーチに戻ってひたすら南へ。観光地としてはヘイスタックロックが一番人気なので、南に行けば行くほどあまり人も歩いていないものの、きれいな遠浅のサンドビーチをテクテク歩くだけでも自分にとっては楽しいハイキング。満潮時にはこの砂浜は完全に海中にあるようで、砂浜全体が水気を含んでいました。

今日の目的地である大きな岩に辿りつき、潮溜めにいるヒトデやら岩肌にビッシリとついたムール貝を食べるカモメやら、透明な海水の中を泳ぐカニ(ダンジネスクラブっぽい)を見たり、砂浜に取り残されたクラゲを水に戻してあげたり、延べ3時間半あまりのお散歩を楽しみました(^^)
このムール貝をこのままここで鍋に入れて白ワインとバターで調理したい!!という衝動に駆られました。おかげで夕飯(またしても Mo's )には、貝のワイン蒸しを注文。ムール貝ではなかったものの、素材の味を壊さずあっさりとした美味しい酒蒸しでした。

今年最後の小旅行も今日で終了。夜遅くなったものの、無事にシアトルに戻りました。あとはクリスマスとお正月をのんびり過ごせますように!

2011年12月21日水曜日

冬休み2日目 ~ 冬至+引き潮時の Cannon Beach 散策

冬休み2日目の今日は冬至=一年で一番昼の時間が短い日。
強力な遮光カーテンの威力で、朝が来たのも全然わからず、今朝も一家揃ってダラダラと朝寝坊。無料の朝食の時間帯が終わるギリギリ間際に起きてキッチンエリアへ。コーヒーを飲みながらワッフルマシンで焼いた出来立てワッフルを食べ、朝風呂に1時間ほど浸かったりしているうちにほぼお昼に。

今日はお天気もよく、まずはダウンタウンキャノンビーチのお土産屋さんやらギャラリー巡り。夏場と違って、週末と平日の一部しか営業していないお店も結構あったり、冬の間に棚卸しをやるのか、夏に比べると陳列棚がスカスカなお店があり、閉店セール中?(Closing sale?)と聞いたら、違うよ~との返事だったり。毎度ウィンドーショッピングはしても、実際にそんなに買い物をするわけではないので、玩具屋さんにおもちゃがあんまり並んでいない状況というのは親としてはラッキー(^^)ジャックの「これ欲しい」攻撃も今回はほとんどなく、ウィンドーショッピングの後は昨日の晩に行って閉まっていた Mo's レストランへ。

昼間に行くとレストランの窓からヘイスタックロックが見えるので、暗くなってから行くよりもおススメです。ここに来たら絶対に頼むのがシーフードたっぷりのブイヤベース(^^)これだけシーフードが入って $14 は絶対に安い気がします(このお店で一番高いメニューが $14 というのも良心的)

ランチの後はジャックもお待ちかねのヘイスタックロック散策。近くに見えるけれど、Mo's から歩くと結構な距離で食後のよい運動になりました。引き潮の時間を調べておいたおかげで、いつもは海水の中にあるヘイスタックロックのビーチ側に面している底部を散策してまわることができ、大人にも子供にも自然の水族館を見ているようでとても楽しめました。

オレンジや赤紫色の大きなヒトデや、私の好きなグリーンアネモネやら、潮が引いた後の潮溜まりには海に棲む生き物がたくさん!ムール貝がびっしりとついた岩の側面を見ていると、バターと白ワインでムール貝の酒蒸しがむしょうに食べたくなりました。


Cannon Beach に来たら必ず食べて帰る Mo's のブイヤベース。シアトルではいまだに安くて美味しいブイヤベースのお店を発見できずにいるおかげで、今のところここのブイヤベースが一番おススメです(^^)

2011年12月20日火曜日

冬休み1日目 ~ オフシーズンの Cannon Beach (オレゴン小旅行)

2週間(14連休)の冬休みの初日はオレゴン州の Cannon Beach (キャノンビーチ)まで小旅行。夏のピーク時だと一泊 $229 の 2 クイーンベッドルームがオフシーズン今だと $66 という激安ぶりに心惹かれて予約したのですが、ジャグジーがついていなくてもこの広さで $66 だったらオフシーズンの間にリピーターとして何度か利用してもいいなぁ~と真剣に思いました(^^)

すっかり暗くなった頃にチェックインしたので、お風呂に入っただけですぐに晩御飯に出かけたのですが、キャノンビーチの名物、ヘイスタックロックを見ながら食事ができるお気に入りのシーフードレストラン Mo's に行ったらなんと平日は 8 時閉店とのこと(早っ。でもオフシーズンだからお客も来ないのかも?)で、これはもしやダウンタウンキャノンビーチも 8 時閉店かもしれない...とドキドキでしたが、地元で人気のレストランの Driftwood が開いていたので吸い込まれるように店内へ。 
ここもよく観光パンフレットに載っているので一度は食べに行ってみたいと思っていたのですが、レビューで高い評価を受けているだけあって、サーモンの味といい焼き具合といい、お魚にはちょっとうるさい自分でも文句なしの合格点のレストランでした。メニューによると Driftwood レストランは創業 65 年という老舗らしいのですが、65 年間潰れなかった理由は基本に則り素材の味を壊さずにシンプルに仕上げてある味にあるのだろうなぁと思いました(^^)

冬休み1日目 ~ 昼過ぎ起床、午後からミニバケーション

冬休み1日目。平日の、昼過ぎに起きるシアワセ、噛み締めて...(字余り)俳句風にダラダラぶりを現してみましたが、結局片付かなかった仕事は冬休み中にやることにして、今年の出社日は昨日で終了。

今日からミニバケーションの予定なのに、いまだに荷造りもしていない状況。そろそろ起きて旅の準備をしなくては!ホテルの値段が安い日を選んだら今日になってしまったのですが、この散らかりぶりだと帰って来て、大掃除して、クリスマスを迎えるという慌しいパターンにはまりそうです。

2011年12月19日月曜日

あと3時間働いて仕事納め... にできるかな

今日のやる事リストにあと7件やる事が残っているものの、これを終わらせたら、今年はもう仕事納め(の予定)

何事もなければ来年の3日まで冬休み。
とっとと仕事を終わらせて家に帰れますように!!

投げるのはやめなはれ>アメリカ(ーー; ちょっと笑えるフルーツケーキの歴史

昨年もこのネタでブログを書いたのですが、今年も言いたい!
いい加減フルーツケーキを投げる(無駄にする)のはやめようって~>アメリカ人

アメリカでのフルーツケーキの地位はものすごく低く、一年に一度はどこかで「Fruitecake Toss」なるフルーツケーキ投げのイベントが開催されています。フルーツケーキ好きな自分としては、ドライフルーツとお酒をたっぷり含んで、ずっしりだけどしっとりしたフルーツケーキのスライスを美味しい紅茶と一緒に食べる時のあのウィンターチックな幸せのひとときをこの国では誰とも共有できないのが辛いところ。(投げるくらいなら私にくれ~っ!!)

なぜかフルーツケーキを迷惑なプレゼントと知りつつもホリデーシーズンになると贈り合うアメリカ人。クリスマスフルーツケーキについての歴史について書いてあるページがなかなか面白かったのですが、そこから引用させていただくと...
「It weighs a ton. You only see it around Christmas. Once it is made, it's indestructible. It lasts forever.」(重さが一トンぐらいある(そのぐらい重いよ!)クリスマスの時期になると見かける。一度作られると破壊不能。永遠に長持ちする。)

やら、大昔(おばあちゃんのおばあちゃんぐらいの世代)には 'Ribbon Candy' (リボンキャンディ)と呼ばれていて、古くなったキャンディだの乾燥しきったフルーツやらナッツが叩き込まれていて...
「The resulting fruit covered cake proved heavier and denser than anything else known to man in the entire universe. 」 (その結果フルーツで覆われたケーキは、この世界で人類が知るどんな物よりも重くて密度が高いものだということを証明したんだよ)(笑)みたいな説明もあり結構笑えます。

以下、フルーツケーキ投げとフルーツケーキに関する情報です。
Great Fruitcake Toss
"At last, the answer to that age-old question: How do I get rid of this *$&*@#! fruitcake?"http://www.colorado-for-free.com/FreeThingsToDoColorado/FruitcakeToss.htm

Fruitcake Toss Day (フルーツケーキ投げの日=毎年1月3日らしいです)
http://www.holidayinsights.com/moreholidays/January/fruitcaketossday.htm

ドライフルーツケーキを投げて遊ぶ国、アメリカ(ーー; (昨年のブログ)
http://underfifty.blogspot.com/2010/11/blog-post_173.html

このブログを書いていたら、ダンナが「フルーツケーキなんて誰も食べないよ、アメリカでは(プププ)」と笑いながら去って行きました(ーー;

来年の目標は楽しい事リスト ~ 6歳になりたい

週末のやる事リストもほぼ完了で、明日一日会社に行ったらあとは冬休み~っ(嬉しい~)!
自分達の結婚式に来てくれた皆さんへのクリスマスカードの送付も終わったし、これで明日残りの仕事を片付ければ向こう 2 週間のんびりできそうな気がします(^^)

そろそろ今年も終わりに近づいてきたので、来年の目標なんぞをぼーっとしている時に考えたりしているのですが、先日会社のホリデーイベントで見た映画 NEW YEAR'S EVE は映画の出来としてはまぁまぁながらも、願い事や夢を叶えるという点では、キュートでハッピーな映画でよかったな~と、願い事が多い人には結構参考になる映画なのでは^^?と思います。

映画の中でミッシェル=ファイファー演じるイングリッドの 今年中に叶えたい願いを書いた Wish List (願い事リスト)を、ハイスクールミュージカルシリーズで一躍人気スターになったザック=エフロン演じるポールが大晦日のパーティーチケットと引き換えに次々と叶えて行くのですが、バリ(島)へ行く、という願いは、バリ風のスパ(なかなか雰囲気がリゾート風で◎)での極楽スパマッサージで叶えられたり、命を救う、という願い事は、シェルターから犬を一匹引き取ったり(確かに Save a life と言えるし)...

で、ふと思ったのは、これまでの自分の目標の掲げ方というのは、どちらかというとやらねばならない事を並べる傾向にあったのですが、NEW YEAR'S EVE を見た後は、そうだ、来年の目標は楽しい事を目標にしよう!という気持ちになりました(^^)これまでに楽しかった事や好きな事を来年もやれればいい年になるんぢゃないかな?と思います。

ところで、最近うちのジャックが「5歳になったら一人で寝なきゃ(5歳になったら誰もマミーと一緒に寝てないよー)」と言い過ぎたせいか、「I want to be 4!」とか、知らない人に年を聞かれた時に親が「He is almost 5.」(ほぼ5歳)と言うとすかさず「I'm still 4 years old.」(ボクはまだ 4 歳)とやたら 4 歳であることを主張するので、大きくなったら(5歳とか6歳とか)もっと楽しい事がいっぱい待っているよ~車も運転できるし(ウソ)欲しい玩具は好きな時に自分で買いに行けるし(大ウソ)etc ... と言ったら「I want to be 6!」(6 歳になりたい!)とのこと(笑)自分が子供の頃は常に早く大人になりたい!(=親にあれこれ言われずに自由に暮らしたい!)という記憶しかないので 4 歳でいたいジャックの気持ちはいまいちよくわからないな~と思っていたら、ダンナ曰く「He has a pretty good life at age 4.」 (ジャックは 4 歳なのにかなりいい人生を送ってるからね)と。ダンナにしてみると、ジャックは 4 歳にして既にダンナが人生の中で親に買ってもらったり誰かにもらったりしたオモチャよりも多くの玩具を持っていて、欲しいというと結構なんでも買ってもらえたりして相当羨ましい人生を送っているように見える模様。確かに、ジャックは自分の人生の中で買ってもらった玩具の十倍ぐらいの玩具を持っているかも... そこら辺はやはり年寄りな親の元で一人っ子として甘やかされて育っているせいかな...と思います。そろそろちょっと厳しくしないとだな~と思うものの、怒ったりするとお花(造花のバラ)を持ってハグをしに来たり、うまく逃げ道をマスターしているジャックです(同じようにお詫びの花束を持ってきてもなかなか許してもらえない事が多いダンナは、ジャックは逃げ方がうまいよな~といつも愚痴ってたりします^^)

2011年12月18日日曜日

手作り化粧水 ~ レモンの他にも試してみたいハーブとフルーツ

ちょうど一年ほど前に作ったレモン化粧水がそろそろ底をついてきたので、今年も手作り化粧水を作ろうと思っているのですが、レモンの他にもみかんの皮とか、ローズマリーとかミントとか、試してみたいハーブやフルーツがありネットで検索してみたら、他の食材を使った化粧水も比較的簡単に作れて、使い心地も悪くない模様(基本はアルコール+グリセリンなのでほぼ失敗なし)

昨年は焼酎の代わりにジンで作ったのですが、最近は近所でも焼酎が売られているのを見かけるようになったので、焼酎ベースか、さらに癖のないウォッカベースで作ってみてもよいかな?と思っています。

バーバラ寺岡さんのレモン化粧水の作り方について書いたブログ
http://underfifty.blogspot.com/2010/12/blog-post_08.html

レモン化粧水の作り方
1. 材料 ホワイトリカーまたは焼酎 1リットル、グリセリン 100cc 、レモンの皮3個分(スモールなら4個分)(1000 : 100 = 10:1 の割合)
2. 瓶に 1 をいれ十日間置く。
十日目に、レモンの皮を全部取り出す(この時から使用可)
少しずつ小瓶等に移して使う。約1年はだいじょうぶ。(化粧水と同じ扱いで良い)全身どこに使っても良いとの事。


[注意] レモンの皮はよく洗い水気を拭き取る
容器は少量のホワイトリカーまたは焼酎で殺菌する。(少量をぐるぐると容器の内側にふり回し、捨てる。)

迫り来るシニア割引の特典... ウウム

誕生日が近いので、よく行くレストランからの誕生日割引サービスのお知らせやら、お化粧品屋さんからの無料ギフトのお知らせなどを受け取る事が多い中、ちょっと衝撃を受けてしまったのが、アメリカでは50歳からシニア割引を適用してくれるお店が結構あるという事実。来年の1月に70歳になるお義母さん用にシニア割引の効くお店やらお得なサービス情報を探していたら、50 過ぎたら Banana Republic (バナリパ)でシニア割引が効くらしいという情報を見つけてしまい(嗚呼っ!!)もうじき誕生日を迎える自分としては、まだまだ遠い未来の話だと思っていたシニア(中年だと思っていたらもうじきシニアとは~!)の壁がぐんと近づいてしまった気がします。
ちなみにアメリカでのシニア割引の下限は 50 な模様。興味のある方は、Senior Discount で検索してみると色々な割引情報が出てきます。以下、参考までに...(日本からアメリカに遊びに来た両親等を連れて、レストランや買い物に行く時などにも、パスポートなど年齢を証明できるものがあれば使えます。)

http://frugalliving.about.com/od/frugalseniors/a/Senior_Discount.htm

Banana Republic
10% discount everyday. Ages 50+. Discount and age may vary by location.

2011年12月17日土曜日

映画:The Tourist (2010) ~痩せすぎのアンジーと小デブなジョニー

アンジェリーナ=ジョリーとジョニー=デップが主演の映画 The Tourist。
推理アクションロマンス映画とでも呼ぶべき?一本。

アンジェリーナ=ジョリーというと、Lala Croft Tomb Raider (アクション映画)と、個人的にはかなり好きだった Mr. & Mrs. Smith あたりが一番魅力全開だったと思うのですが、2010年の作品の The Tourist の中のアンジェリーナ=ジョリーは、年をとったというよりも、かなり痩せてしまったせいかキレイを通り越して不自然な感じすら覚えました。ハリウッドに限らず、ダイエットが講じて痩せすぎたり拒食症状態になる人達は、どんなに痩せても自分の容姿に満足できずに痩せ細ってしまうと聞きますが、アンジェリーナ=ジョリーにはまだまだ頑張ってもらいたいので、バランスのよい魅力的な容姿を目指して欲しいです。自分だけかもしれませんが、痩せすぎの人の顔が(男女問わず)なんとなく故マイケル=ジャクソンに似て見えるのは何なんでしょ~ね?

一方ジョニー=デップは、カリブの海賊シリーズで儲けて幸せ太り^^?なのか、なんか鈍重な感じだったのですが、ストーリーが展開するにつれ、あの重くてダサい感じがこの映画のオチでもあるどんでん返しの布石になっていて案外適役だったかな、と思いました。

ストーリーとしては、一行でネタバレで申し訳ないですが、美人捜査官に囮として利用されているはずだったアメリカ人旅行者が、実は整形で別人のようになった指名手配中の張本人というオチ。

最後にアンジェリーナ扮するエリーズが、膨大なお金を使って整形した顔がそれなの?(やや飽きれ気味)と言うところが、ジョニーダサいわよ!と真面目に映画の中で言っているようで笑えました。

B級アクションラブストーリーという感じですが、見ていると水の都ヴェネツィアをに行きたくなる映画で、一度は見ておいて損はない映画だと思います。

モーニングコーヒー@TOP POT ドーナッツ

平日は 8 時前には起きて来ないジャックが、土曜日の朝に限って 8 時前に目が覚めて遊んで欲しいというので、寝ているダンナを家に残し近所のドーナツ屋さんへ、ジャックとモーニングコーヒー&ドーナッツタイム。TOP POT のドーナッツは地元でも人気のドーナッツですが、できたてのドーナツはかなり美味しいです(^o^)特にここのチョコレートリングはおススメの一品。アメリカのドーナツというと歯が溶けそうなぐらい甘い!という印象なのですが(そういうのもありますが)このチョコレートリングで好きな部分は柔らかくて甘すぎないドーナツ部分。朝 9 時前ながらお店には家族連れやら、パジャマ姿の若者やら、犬の散歩の途中に立ち寄る近所の住民等々。

ジャックはドーナツを食べ終わった後に読み書きのワークブックで少し勉強し、その後は天井まで届く本棚に並ぶ本の中から、本を選んでは読んでいるつもりになって遊んだり。その間自分は今日の To Do (やる事)リストを作成。冬休み直前なので、仕事と掃除と買い物の予定。クリスマス前の最後の一週間だけあって、メジャーなお店では向こう7日間真夜中まで営業中とのこと。

まずは、今日最初のやる事=ジャックとモーニングドーナッツ、チェック(完了)(^^)


2011年12月16日金曜日

TGIF (^_^)/

Thank God It's Friday!!
昨晩遅くまで仕事をしていた(半分ぐらいはフロリダのお義母さんへのプレゼント選びに費やしていたという話もありますが^^;)おかげで超朝寝坊だったので起きたらメイドさんが既にお掃除にやってきていて、Feliz Navidad(スペイン語でメリークリスマス)とバタバタと会社へ行きました。今日は気温がとても高くて、なんだかこれまでのあの刺すような寒さに比べるとホンワカあったかくて外気が気持ちよかったです。

お昼には同僚二人の送別ランチで飲茶レストランへ行き、お昼からおなかいっぱいでシアワセでした。既に他のチームへ去ってしまった元上司やら、Windows チームへ行ってしまった元同僚も参加で 12 人で円卓を囲む楽しいランチでした(^^)

昨日のやる事リストは無事クリアして、今日は今日のやる事リストも半分くらい消化したので、今日はもうこれにて退散することに!来週は月曜日に出社したらそれでもう今年は仕事納めで冬休み。ジャックが保育園に行っている間に色々とお掃除やら買い物やら何やらできるのが今から楽しみです。そして今年最後の旅行も楽しみです。

2011年12月15日木曜日

意味はわからないけれど、好きな日本語「上等」

「xx上等」とか、どういう意味なんだろう?と思う事、ありませんか^^?
そんな疑問への回答を探している時に見つけたこの質問と回答がおかしくて、一人笑い転げてしまいました。

「上等だコラッの上等ってどういう意味」
http://okwave.jp/qa/q4097899.html

ギフトアイデア ~ 火星に不動産購入 (^^?

「火星の土地、1エーカーが 29.99 ドルから!」

『DON'T MISS YOUR CHANCE TO OWN LAND ON MARS!


Yes, it's true! You too can become a celestial land owner by purchasing acres of the planet Mars. THE LUNAR EMBASSY is THE ONLY COMPANY in the world to possess a legal basis and copyright for the sale of extraterrestrial properties within the confines of our solar system. The Lunar Embassy has sold over 300,000 acres of celestial land since 1980. Celebrities, heads of state, fortune 500 companies, and everyday people own celestial land. Get your Martian land today from BuyMars.com and own a piece of the universe!』


今日の To Do (やる事) リストの中の筆頭にあった Bug の調査を終え、無事に開発チームに送り返した後、コーヒーを飲みながら冬の間だけフロリダの別宅にいるお義母さんとその彼と、ダンナ側の親戚のおじさん、おばさん用にクリスマスプレゼントを送る、という仕事にとりかかり、しばし Amazon やら 1-800-FLOWERS の中の色々なクリスマス用のギフトを眺めていたのですが... みんな 70代前後の人達なので何を送ろうかとかなり迷った末、おじさん、おばさんにはホリデーブーケ(花)を、花束は要らないと豪語するお義母さんには、悩みに悩んだ末、いくつかのギフトを Amazon からフロリダ宛に発送。

で、最後の一人はお義母さんの彼用のプレゼント。ダンナ側の家族の中で、実はお義母さんの彼が一番人間的に好きだな~(もうちょい若ければうちのダンナと交換したいぐらいいいおじさん)と常々思っているので、彼へのプレゼントも送りたいのですが、これがまた難しいのなんのって...
そんな中、ふと見かけたのがこのギフト(笑)
ホントでも嘘でも、ちょっと夢があっていいなぁ~と思ったのですが、実際に買わずとも、話のネタとしては面白いかな^^?と思いました。


興味のある方は、こちらが火星の土地を売っているサイトです(笑)

http://www.buymars.com/

来週から休暇に入るので、今夜は国内宛てのクリスマスカード(国外=日本向けは既に発送済み)を書き終えなくては!!とくに自分達の結婚式に来てくれた友人・知人には、ダンナともども一年のしめくくりのご挨拶の意もこめて、毎年クリスマスカードがクリスマス前にちゃんと届くように!と言っているのですが、今年は二人ともちょっと出遅れ気味。こちらも今夜中に終わらせたいところ!

リストの底力

来週末はもうクリスマスイブ!という状況ながら、やる、やる、と言いつつ終わっていない事がてんこ盛りな毎日。そんな時に一番効果的な手法が「リスト」。やる事を緊急度の高いものから順に上から書いて行くだけのシンプルなものながら、リストを作るとやらねばならない事がどんどん片付いて行くから不思議です。夢は言い続けていれば叶う、と言いますが、仕事はリストにすると片付く!と言いきっても過言ではないほど、リスト作りは仕事を片付けるための第一歩...

と、書きながら、リストを作る事自体がリストにあるという事実にちょっと苦笑い。

やる事リストだけでなく、いつか(引退して暇になったら)作ろうと思っているリストは...

・ ベストミュージックリスト(自分の人生の中で聴いた音楽の中でベストセレクションに入れたい100曲)
・ ベストブックリスト (同じく自分の人生の中で何度読み返してもいいと思う100冊)
・ ベスト旅行先 (これまで訪れた場所でとにかくおススメな旅行先 50箇所)
・ ベストホテル (自分の人生の中で、もっとも快適かつ楽しかった旅の宿 50軒)
・ ベストフード&レストラン (ありそうで案外少ない這ってでも行きたい自分好みのお店 100)
・ ベストムービー (自分の人生の中で何度でも見たくなるベストムービー 100)
・ ベストショット&ビデオ (自分の人生の中でこれはベストショットだ!と思える写真とビデオ 300)
・ ベストセオリー(理論)(自分の人生の中で感銘を受けたり完全に証明されていなくても支持する理論や哲学観 50)

などなど、これらのリストを作り始めたら多分3年ぐらい軽くかかりそうな気がします。

でもまずは今日のやる事リストから片付けて行かねばっ!

2011年12月14日水曜日

12月17日限定 ~ 寿司全皿1ドルサービスデー@マリンポリス ベルビュー

ベルビューローカルネタですが、久々に回転寿司のお店、マリンポリスに行ったら今週の土曜日限定で、全皿1ドルセールの貼り紙が貼ってありました。興味のある方は、今週の土曜日に行ってみてください。

マリンポリスはベルビューにある回転寿司のお店の中でも古いお店ですが、競合店が増える中今でも結構お客さんも入っていてそれなりに常連客がついている模様。

マリンポリス ベルビュー店
138 107th Avenue NE
Bellevue, WA 98004
http://www.sushilandusa.com/

520 有料化 ~ 料金早見表

今年の4月頃に開始予定だった SR 520 の浮き橋の有料化が約8ヶ月の遅れの後、いよいよ今月29日木曜日の午前5時より開始されるとのことですが、たまたまラジオで流れていた有料化開始のラジオ広告がとても笑えました。日本で公共事業がこんなにも遅れたら、プロジェクト担当者やこのシステムを請け負った会社は間違いなくクビか損害賠償の求められると思うのですが、下請け会社だけでなく、サービス開始を発表した時点で全くシステムが動かない状況を見抜けなかったプロジェクトマネージャーの責任はかなり大きいかと。ずるずると納入遅延を許していたり、進捗状況を正確に把握していなかったり... というのはどのプロジェクトにも共通して起こり得る事ですが、数日~数週間の遅れどころか8ヶ月というのはかなりひどい例だと思います。

で、ラジオで耳にした有料化のコマーシャルですが二人の掛け合い形式で「520の有料化がとうとう始まりますね。何でこんなに時間がかかったの?もっと早く開始する予定だったけれど、やってみたら思ったよりもシステムが複雑だということがわかって時間がかかったんだよね。で、何度もテストしてみて、さらにまたテストして、その上さらにまたテストをしたからね、もう大丈夫。でも、もしかしたらまだ問題があるかもしれないけど、520有料化、12月29日から始まります。」みたいなコマーシャルに事実なだけdに思わず笑ってしまいました。

大晦日にはシアトルのスペースニードルからの花火の打ち上げもあり、520 の浮き橋は結構な交通量が見込まれますが、新システム、無事に稼動するとよいですね。利用者側からすると、間違った額(ただし少ない分はOK)を請求されるのだけはカンベンして欲しいところ。時間に余裕がある時には I-90 の浮き橋を通ってシアトルに行けば無料なので、きっと大方の予想通り同じように I-90 を利用する人が年末から増えそうな予感です。その影響でもしかしたら 520 の渋滞は緩和される可能性もあり、520 を常に利用する人の中には、有料化を歓迎する意見もあるようです。

520 有料化公式サイト
http://www.wsdot.wa.gov/Tolling/520/

時間帯ごとの料金表示が見やすいシアトルタイムズの記事
http://today.seattletimes.com/2011/12/tolls-on-the-520-bridge-start-dec-29/

今年のクリスマスツリー(19ドル也) ~ 飾り付け完了(^^)

昨日は夕方早めに会社を出てダンナと二人で Home Depot へツリーを買いに行って来ました。ジャックもお気に入りの Douglas Fir 一本 19 ドルを車に積んで帰宅。ツリーを部屋に設置しながら、ツリーの種類の話をしながら、何でダグラスだけあんなに安いのかな?という話になり、気になると調べずにはいられない性格のダンナがネットで見つけた情報によると... 値段が高いツリー(Noble や Fraser)との主な違いは、枝がしっかりしていて飾り付けがしやすい事と、長持ち度との事。香りだけだと、枝や葉が柔らかいダグラスが一番甘い香りで好きなのですが、確かに枝が柔らかいせいでやや重たい飾りになると枝が垂れ下がってしまったりするので、ずっしり系の飾りは枝葉がしっかりした部分に乗せたりして飾っています。

 長持ち度については、いつもクリスマスの間際にツリーを飾っているので、そんなに気にした事はなかったのですが、人によっては12月の頭からクリスマスツリーを飾り、丸々一ヶ月は楽しみたいという人も多いようで、そういう人には Noble Fir や Fraser Fir が長持ちしてよいとのことですが、ダグラスでも葉は結構落ちるものの一ヶ月ぐらい持ちそうな気がします。

夕方ジャックを保育園へ迎えに行き、その足でまずべルビュー植物園の Garden 'd Lights を見に行き、その後家に帰ったら居間にツリーがあってジャックは大喜び(^^)
例年ツリーの上には星ではなくエンジェルが乗っていて(お義母さんのエンジェル)日本人の自分には星がてっぺんに乗っていないツリーってなんだか馴染みがないな~と思っていたら、ジャックも同じ事を言っていて、スケッチブックに星の絵を描いて切り取ったものを持って来たので、今年はジャックの星がツリーのてっぺんに飾られ、お義母さんのエンジェルは一歩下がったところにとりあえず飾っておくことにしました。
ジャックも私もエンジェルを見て「Too girly...」(かなり女の子っぽい)だよね、と、星の方がカッコいいよね、と賛成多数で星派でした。

昨年ダンナが買って来た、アイアンマン、アバター、TRON、スタートレック USS エンタープライズのオーナメントは今年も健在で、TRON もスイッチを押すとちゃんとまだライトがついていました。毎年一個ずつ何か思い出になりそうなオーナメントを買い足して行こうとダンナと話していたので、クリスマス前に最低でも一つは新しいオーナメントを追加する予定です。お義母さんの100年ものぐらいのオーナメントは今年もまた二個ほど割れてしまったのですが、一個はジャックが踏んでしまった事はお義母さんには内緒にしておこう...と思います。カタチあるものはいつか壊れる運命なんですよね(苦笑)

クリスマスツリー 2011

ツリーを置いた場所だけは掃除したものの、この周辺エリアは泥棒にでも荒らされたかのようなものすごい散らかりぶり(><)

思いっきり断捨離しなくては~

2011年12月13日火曜日

Bellevue Botanical Garden のライトアップ Garden 'd Lights

今年もベルビューボタニカルガーデン(植物園)の名物 Garden 'd Lights を見に行って来ました。Web サイトによると、今週の月、火、水の三日間は入場無料ということだったので、ダンナと一緒にいつもより少し早めにジャックを迎えに行き、そのまま植物園へ。

去年までは入場料を取っていなかったような気がするものの、駐車場代を払った記憶はなんとなくあるような無いような...  今年はさらに新しいデザインも加わり去年よりもエリアも拡張していたので、多少入場料を払っても見る価値アリな Garden 'd Lights です... が、無料デーも逃すのは惜しいっ!という方は明日が最後の無料デーなのでお見逃しなく!大晦日の12月31日まで開催中。

Garden d'Lights 2011 オフィシャルサイト
http://www.gardendlights.org/

日替わり背景 ~ 久々に夜の国会議事堂

今日の日替わり背景は夜の国会議事堂です。昨年の12月10日に登場の背景でした。

(オリジナルの画像は以下のサイトにあります↓)
http://www.istockphoto.com/file_closeup.php?id=3386937&refnum=

Beep 音世代が mixi Xmas にはまる理由(^^;

え?そんなに年寄りなの?と言われそうですが、自分やうちのダンナ(向こう2週間ほど同い年)が初めてコンピューターを触った頃は、音源なんてビープ音しかなかった時代で、ビープ音が醸し出す(?)音楽でもおぉーっ!と思ったものなのですが、暫くしてFM音源搭載のマシンが出始め、ゲームのBGMなんかが飛躍的にカッコよくなった頃を懐かしく思う今日この頃。のめり込むとかなりハマってしまう自分なだけに、ゲーマーにだけはなるまい、と若い頃から心に固く誓っていたのですが、それでも最後までプレイした数少ないゲームが、プリンス・オブ・ペルシャ。最終面をクリアした後に流れる音楽とクレジット+スタッフロールを見たときの感動は、云十年経った今でもよい思い出として残っています。

あれから云十年...
いまでは映画もストリーミングでラップトップで見ることもあり、あの当時では考えられなかった高音質で世の中はなんと便利になったことかと... つくづく、いい世代に生きてるよなぁ~自分達!と思うのでした。

そんな自分が毎日一回楽しみにしているのが、mixi のクリスマスアプリ、mixi Xmas。マイミクさんからご招待いただき始めてみたら、ほとんど日課状態です(^^) オープニングのクリスマスソングを聞き、クリスマスまであと何日!という表示を見るのも楽しければ、幸運のベルを鳴らすのも楽しい理由は耳に心地よい「音」なんだな、と自己分析。あの、チャリンという音聞きたさに、友人の靴下は全員一括で鳴らすのではなく、一人ずつクリックしてはチャリン、チャリンと鳴らしています。ああいう繊細な音を、標準装備の内臓スピーカー(特にいいスピーカーでもないと思う)で耳に心地よいサウンドとして表現できるのは本当に技術の進化だな~と思います。

色々なアプリがある中でこのアプリは一日の中で5分ぐらい、和やかな気分にしてくれるという点ではよいソーシャルアプリケーションだと思います。強いて欠点を挙げるとすれば、初期の頃の靴下の方が普通にカワイかったのですが、一旦パーツや色を変えると元に戻れず、このままだと、デコトラ(長距離トラック)か、デコチャリ(←これは個人的にはかなり笑えるので好きなのですが)の世界にかなり近いものになってしまうのではないか^^?と自分の靴下だけでなく、みなさんの靴下を見ながらちょっと吹いてしまう自分です(笑)

というわけでクリスマスまであと12日!

今年最後の旅行プラン ~ 冬休みまであと7日!

今年の冬休みは有給休暇消化のために12連休の予定で、まずは今年最後の旅行に行き、クリスマスとお正月は家でのんびり過ごす計画で今から楽しみです(^^)

思えば今年のお正月はフロリダのディズニーワールドで迎えた年でしたが、来年は久々に家でのんびりお正月を迎えたいところ!

冬休み中もジャックの保育園はクリスマスとお正月以外通常営業なので、家の掃除(ガンガン断捨離しなくては!)やら、使わないものや着なくなった服を寄付しに行ったり、時間があればのんびり買い物にも行きたいし... とりあえずやりたい事とやる事リスト作成中。休暇がいくらあっても足りないぐらいやらねばな事があるのですが... まずは仕事を片付けねば!

それからフロリダにいるお義母さんにクリスマスプレゼントを送らなくては...

2011年12月12日月曜日

4歳児にもわかる香りの違い ~ Douglas Fir

昨晩に引き続き、晩御飯の後ジャックと二人でお手頃なサイズと価格のクリスマスツリーを探しに今夜は Home Depot へ行って来ました。Home Depot でも何度かツリーを買っているのですが、値段的には今まで見たお店の中ではここが一番安くてしかも葉がフサフサのツリーがたくさんありました。

夜で人があまりいない時間帯だったからなのか?気温が下がっている状況だからなのか?クリスマスツリーセクションに足を踏み入れ、ツリーの間を歩くとなんともいい香りが木から漂っていて、4歳児のジャックですら思いっきり深呼吸で森の香りを楽しんでいました。正直、お店の一角なのに下手な山の中より森の香りがしていい感じでした。

Noble Fir と Douglas Fir の葉の香りを比べてみると、Douglas Fir の方が断然甘みのある香りで、ジャックも「ダグラスの方がいい!」と一押し。このまま担いで帰りたくてしょうがないジャックに、ダディがいないとちょっと運べないかも、と言うと、じゃあダディに電話して、とうるさいので、とりあえず忙しいだろうとは思ったものの、もし合流できそうだったら Home Depot まで!とテキストメッセージを送り、ついでに、この森の香りは嗅ぎにきても損はないかもよ!とちょっと押してみたら、夜9 時過ぎにダンナ登場... と、喜んだのも束の間。実は既に閉店していたらしく(午後 9 時閉店とは知らず店内をブラブラしていたジャックと自分)迷惑がられながらも、興奮気味のジャックとツリーセクションへ猛ダッシュ。


この空気を吸って欲しい!とツリーの並ぶ通路の間に立たせて息を吸い込んでもらうと、ダンナの顔もみるみるニンマリして、あぁ、なるほど、森の香り!と、わざわざ閉店後にやってきた甲斐があったようでよかったです。とりあえず既に顰蹙(ひんしゅく)を買っている状態だったので、ダグラスの葉をプチっと一つまみサンプルとしていただき、親子三人でその甘い森の香りを楽しみつつ閉店後の Home Depot を後にしました。値段もお手頃なので明日にでも出直して来てツリーを飾ろうと思います(^^)

2011年12月11日日曜日

クリスマスツリーの種類 & 搾り立てオレンジジュース(^o^)

日曜日は長いTo Do (やる事)リストがあったにもかかわらず、ジャックのヘアカットと、小さくなったジャックの洋服を今年最後の寄付用の物品回収に出すためにクローゼットの中を多少整理したのと、クリスマス用の靴下を飾ったぐらいで、ツリー購入は結局明日以降に。お昼過ぎに晴れていると思ってベルビューの公園にいるカモ達に餌をやりに親子三人で出かけたものの、直後に雨が降り出したので結局今日は一日家にいたようなものだったので、夜になってゴソゴソとジャックを連れて買い物に出かけたのですが、店内にあったクリスマスツリーの葉をプチっとちぎっては香りを嗅ぎ比べた結果、ジャックも自分もやっぱり Douglas fir が一番好きな香りということで意見が一致。(嗜好が似ているとやっぱり親子だな~と思います^^)

いつもクリスマス間際に買っているせいで、クリスマスツリーファイナルセールみたいな値段じゃない値札がついているとちょっとしり込みしてしまうのですが、元値は結構高いんだな~と改めてツリーの相場を認識しつつ、とりあえずみかんを一箱買って帰ってきました。
ナショナルクリスマスツリーアソシエーションのサイトに、色々な種類のクリスマスツリーが写真入りで紹介されています(興味のある方はこちらから)

家に帰った後は、最近出番が少なかったジューサーを引っ張り出し、さっそくみかんの皮を剥いてジューサーの中へポイポイっと放り込み、スイッチを入れたくてうずうずしいているジャックに一番楽しい作業(=スイッチを入れてみかんをジューサーへ押し込む作業)を頼んだら嬉しそうに搾り立てオレンジジュースを作ってくれました。「搾り立てのジュースはお砂糖も何も入っていなくても甘くて美味しいんだよ~」と言っていたのですが、ジャックも自分で作ったジュースということでまず気に入り、さらに味も美味しかったのでそこでまた気に入り、小さなグラスに三人分注いでオレンジジュースで乾杯でした(^^)

「明日も作っていい?」と聞くので、「Of course!」(もちろん!) と。搾り立てのオレンジジュースは体にもいいし、これを機会にリンゴとバナナだけでなく他の果物にも目覚めてくれるといいな~と思います。非常に単純な作りの安いジューサーなのですが、比較的柔らかいものであれば、野菜でも果物でも簡単にジュースになり、また使用後にほぼ丸洗いできる単純構造なので自分的にはかなりお気に入りのジューサーです。