2017年8月15日火曜日

夏休み 51 日目 ~ さよなら、デブ猫(T_T)

火曜日の夜、デブ猫 (通称、キュキュ CuCu) の飼い主が迎えに来て、ニャーニャー鳴きながら帰って行きました。予想通り、飼い主の事は覚えているようなのですが、所詮猫なので、やって来た飼い主から逃げまどうこと数分。なかなか感動の再会で双方走り寄る!なんて展開にはならないのが猫(笑)うちで散々可愛がられていたためか、半分以上うちの子になったと思っていたに違いない... と思うとちょい切ない
一緒に暮らしているうちに、ただのデブ猫からどんどん可愛く見えてきて、後半はもぅ~キュキュ LOVE(^^) 旦那もキュキュが家の中で自分の姿を探し回る姿を見ながら、気持ちの優しい猫だと思っていた模様。もし何かの事情で飼い主が飼えないと言ったら、うちで引き取ってもいい、と旦那も言うぐらい、キュキュはすっかりうちの家族の一員になっていただけに、お別れとなるとジワジワつらい(T_T)
キュキュが去る前に、猫トイレをきれいに掃除したり、キュキュの荷物をまとめたりしていたのですが、猫でさえ家からいなくなると思うと寂しい気持ちになったので、いつかジャックがうちを出て大学の寮に入ったりする時にこんな気分になるのだろうか...? と思いつつ掃除機をかけていました。飼い主と家に戻る途中の、ほんの15分ほどの車の中でキュキュは大声で鳴いていたらしいですが、懐かしの家に帰り、庭を駆け回ったりしているうちに疲れて寝始めたとのこと。月末に元上司のお宅に招待されているので、その時にキュキュに会うのが楽しみです(自分達のことをちゃんとしっかり覚えているかな? 猫だから 3 日もすると忘れてしまうかも?)

2017年8月14日月曜日

夏休み 50 日目 ~ パスカルの原理、猫の指圧マッサージ(^^)

うちに滞在すること 1 ヶ月の元上司の猫。上司の旦那さんは既にドイツから帰国しているのですが、猫もうちでの生活が気に入っているようなので約 2 週間ほど滞在延長でしたが、それも火曜日の夜で最終日に(涙) Day 1 から可愛がっていた甲斐があり、他人の猫ながら自分に超なついていて、自分、すっかり(猫に)愛されてるな~と思うことが多々(^^)
普段は夜 9 時頃と、夜中 12 時過ぎや、深夜早朝 2 時ぐらいに自分のお腹の上でぐる~ぐる~と言いながら足踏み "行進" (うちでは猫の ”マーチ” と呼んでいます) を日課にしている猫なのですが、背中を揉んで貰うとこれがまた超気持ちよく(^^) 猫がいる生活の中でも至極のひとときだったりします。

以前飼っていた旦那のお気に入りの猫 Enzo もよく猫マッサージをしていたのですが(旦那の脇の下を揉むのが好きな猫でした)、Enzo 同様この猫も超デブ猫なので、足の裏の小さな面積にかかる圧力が結構な力で、猫による指圧マッサージ状態でした(^^) 原理としては、ピンヒールの女性に足を踏まれる方が、スニーカーを履いた高校生に足を踏まれるよりも全然痛いぞ! ということなのですが、これは圧力の計算やら、パスカルの原理を子供に教える時に役立ちそう(^^) と、子供向けの算数の本でも出版しようかと思ってしまいましたが、次回のサイエンスフェアのネタにもよさそう... と思う母でした(笑)
寝る前の時間で、すっぴん、ボサ髪状態の見苦しい姿ではありますが、自分の Facebook にリンクを載せていた猫マッサージのビデオをこのブログにも載せておきます。デブ猫を飼っているみなさん、猫による指圧マッサージ師、おススメです(^^)

2017年8月12日土曜日

夏休み 48 日目 ~ 小籠包旨し(^^)

旦那とジャックがカナダに行っている間にあれもこれも片付けたいっ、そして買い物にも行って、夏のお裁縫プロジェクトもやるぞ~と思っていたのですが、結局午前中は猫とさんざん戯れた後、最近目立って来た白髪を染めただけで終わってしまいましたが、夜はまみりんとシアトルで待ち合わせて、鼎泰豊の University Village 店でディナーでした(^o^)
自分は定番の小籠包とジャスミン茶があればそれだけで幸せ度 120% アップですが、今日は定番のグリーンビーンズに加え、エビ炒飯と、まみりんおススメのスパイシーソースに浸かったベジタブル&ポークワンタン(← 写真を撮り忘れましたが美味しかったです^^) も加わり、さらに満足度アップ & 満腹度もアップ(^^)

デザートには中国で縁起の良いデザートとして知られる Eight Treasures Sticky Rice を注文。前回父の日のディナーで初めて食べて以来お気に入りのデザートになっています。アツアツのジャスミン茶と合うデザートでした(^^) ディナーの後、520 の橋を渡って帰ろうと思ったら、夜間道路工事のせいで強制迂回させられ、結局 Lake Union の対岸を Lake Washington Blvd に突き当たるまで走って 520 の橋に乘って無事帰宅。実はまみりんの新居とうちは、ベルビュースクエアを挟んで逆方向ではあるものの、ほぼ一直線上に位置していて、混んでいなければ車で数分の距離なので、必要であれば、困った時のヘルプや緊急連絡先にもなれるので、という話をしていました。自分にも経験がありますが、アメリカに独りで暮らしていた時には "緊急連絡先" の欄には会社の上司の連絡先を書いたり、後にはアメリカで親しくなった友人や、その当時の彼などが自分の連絡先になっていた時代がありましたが、そういう時に自分以外家族や親戚が誰一人国内にいない事の不便さを感じたものでした(色々な所で "緊急連絡先" の記入が必要になる国なのでした^^;;)

まみりんを送って行く途中に、通り道なのでうちの前まで行ったら、なんと旦那がもうカナダから帰って来ていてちょっと (かなり?) ガッカリというか、え~っ、もう帰って来ちゃったんだ~(´Д`)という感じですが、ま、帰って来てしまったものはしょーがないっ、という感じです(^^;;

2017年8月11日金曜日

夏休み 47 日目 ~ 猫と2人きりの週末開始(^^)

今週末から来週末までカナダのお義母さん宅で夏休みを過ごす予定のジャック。自分は元上司の猫をまだ預かっている上、まだ新入社員 (入社して半年未満) なので、有給休暇がそんなにあるわけではないので、今回は家で猫とお留守番組。仕事を早目に終えた旦那がジャックを連れてカナダへと向いましたが、旦那も来週夏休みを取る予定なので日曜日の夜には帰って来る模様。自分も来週末から短い夏休みの予定です。
元上司の旦那さんは既にドイツから帰国していて、猫を引取りに行けるけれど... と言ってくれていたのですが、久々に猫のいる生活 & とってもいい猫 (猫って飼い主に似ると思う!) で、最近では一緒に寝ているぐらいなので、自分の方が情が移りまくりだったりします(^^)
今週末はまさに "亭主元気で留守がいい" な週末になりそうです(ワクワク) 色々とやりたいことがありすぎて、土日の To Do リストなんぞ作ってみましたが、さて、どのぐらい消化できますやら(^^?

2017年8月8日火曜日

夏休み 44 日目 ~ eSports ビデオゲームの大会、初体験(^^)

eSports... ってスポーツだったのか (そうなのか~っ?) という事はさておき、今週シアトルセンターの Key Arena で開催中のゲームの国際大会の Mid-Week チケットを貰ったので観戦して来ました(^^) 何気に赤い絨毯が敷いてあり、近くにいた会場のスタッフの人に一体誰がこの Red Carpet の上を歩くんです? と聞いたら、プレイヤー達です、との事。ちょうどロシアチームが会場に到着して Red Carpet を歩いて来るところに遭遇(^^)
Red Carpet を歩いていたこのお兄さんは、Virtus Pro というロシアのチームの Alexei Berezin さん (通称 Solo)というプレイヤーの人でした(^^) ゲームの観戦ですが、Key Arena の中で観る場合にはチケットが必要ですが、外に設置されたスクリーンで見る分には無料で、通りすがりの観光客や、近くの保育園の子供達と思われる一行が芝生の上に座って見ていました。
Key Arena の中はこんな感じにセットアップされていて、センターステージにはプレイヤーが使う PC が設置されたブースが設置されていました。一緒に行った人達と午前中のゲーム (Upper Bracket) を観客席で見て、その後ランチを食べにみんなで外に出ましたが、Key Arena の冷房が効き過ぎで会場内は寒いぐらいだったので外の熱気が心地よく感じました。今週の木曜日まで使えるパスなのでまた観戦に来ようかなと思っています。
夕方から夜かけて、この日最後のゲームが進行中だったので、仕事の後今度は夏休み中のジャックを連れて外の芝生の上でゲーム観戦でした。ジャックも既に似たようなゲームで遊んでいるので、興味あるかも? と思って連れて行ってみました。基本的には自分自身がゲーマーではないのと、あとはこの大会に出場しているアジア系のプレイヤー達の姿 (どちらかというとイケてない系=ゲームは上手いけど、彼女とかいなさそう、学校でもモテなさそう、スポーツも苦手そう^^?) を見ると、うちの子にはあんな風になって欲しくないかも~と (勉強もスポーツもできて、女の子にもモテる上、ゲームが得意 ← ゲームはあくまでも最後に付く追加のスキル的存在で^^?)という母親的心情もありますが、沸き上がる歓声に画面に見入っていたジャックでした。

2017年8月4日金曜日

夏休み 40 日目 ~ 今週のサマーキャンプは Blue Angels

すっかりバックログ化していますが、夏休み 40 日目の金曜日は、Sea Fair の航空ショー本番 1 日目で、ジャック達は Museum of Flight でのサマーキャンプの一環として朝一でブルーエンジェルスの 6 号機のパイロットの人の特別講演を聞けたり、と相変わらず恵まれたサマーキャンプを過ごしているジャック達でした。ジャック達ぐらいの年齢になるとビシバシ航空関連用語も習うので、子供ながらにものすごく物知り君達のように思えます(^^;;
青いユニフォームの 6 号機のパイロットのお兄さんを見ると、何となくサンダーバードを思い出してしまうのは自分だけ(^^? ちなみにパイロットから聞いた話でとても面白かったのが、高速飛行中に意識を失わないための方法でした。
「新入りは大概気絶してしまうんだ」とのことで、高速飛行中にかかる重力のせいで頭に血液が行かなくなって気を失うのを防ぐには、太腿にものすごく力を入れて、「フッ! フヌッ!」みたいな感じで息を吐き出しながら声を出すとの事。それを頻繁に繰り返すことで体内に圧力をかけて血液を脳へと送り続けるらしいです(知らなかった~)
去年はご隠居生活中だったので、ジャックがサマーキャンプに行っている間、自分は自分で航空博物館内を見て回ったりしながら、ついでにブルーエンジェルスの練習の模様を見たりしていました(ほとんどカメラ小僧状態でした^^;;)
航空博物館と空港が金網一つ隔てて隣接しているので、子供達はブルーエンジェルスの離陸シーンから見ることができ、ダイヤモンドフォーメーションでワシントン湖方面へ飛んでいくのを見送ったとのこと。ジャックが撮って来たビデオを見ると、子供達の嬉しそうな歓声とブルーエンジェルスの轟音がいかにも夏休み~という感じでした(^^)
自分も去年は空港脇の駐車場から見ましたが、機体同士が非常に近い状態から、短い滑走で飛び立ち、すぐにダイヤモンドフォーメーションに入るあたりでもぅシビレまくりでした(^^) ブルーエンジェルスは 2 年間の出向みたいなもので、エリートパイロット達による見事な飛行ぶりには、そんなに航空機ファンというわけでもない自分も目がハートになってしまいます(^^)

2017年8月3日木曜日

夏休み 39 日目 ~ 4人家族?

毎日近所の猫達がうちに水を飲みに来たり、餌を食べに来たりするのですが、最近子連れのアライグマ親子も明るいうちから出没するようになり、家族4匹でキャットフードを食べて帰って行くという状況。フワフワで丸いチビアライグマ達を見る度に、「一度でいいから抱っこしてみたい」と言う旦那なのですが、きっと実際には猫ほど柔らかい毛でもなく、ゴワゴワしていて抱っこなんぞしようものなら、ものすごい勢いで引っ掻かれそうなので、絶対ダメだよ! と言っています(ま、旦那もそこまでアホではないと思いますが...^^;;)アメリカの片田舎ではアライグマをペット代わりにしている人達もいるのですが、住宅地では嫌われ者的存在のアライグマです。ちなみにうちに来る子達は食べ物を探しにやって来る以外、特に何もしないので何年もの間実害にあった事はありません。